Calendar

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Entries

Recent Comments

いよいよ「事業仕分け」が始まる! 生中継はこちらから
坂本 好二 05/25
06/12
06/14
06/17
06/20
06/24
07/07
07/14
07/25
07/29

« [緊急告知]視聴者からの質問に直接答えます!『政治ホットライン』スタート!!
メイン
15:45〜16:40 事業仕分け生中継!「労働者派遣事業雇用管理改善等推進事業費」 »

いよいよ「事業仕分け」が始まる! 生中継はこちらから

────────────────────────
↓↓事業仕分け第3弾の中継動画はコチラ↓↓
(2010年11月15日〜)

【会場A】
www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/11/3_a.html

【会場B】
www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/11/3_b.html

■《THE JOURNAL》 トップページ
www.the-journal.jp/

────────────────────────

■会場A ライブ
Live video chat by Ustream

【会場Bはコチラ】
www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/11/3_b.html

────────────────────────

 民主党政権の予算削減の目玉である「事業仕分け」の第1弾が、いよいよ本日から3日間にわたって実施される。作業は民主党国会議員や民間有識者らで構成される評価者が3つのワーキンググループに分かれ、あらかじめ抽出された447事業を1事業当たり約1時間でスピード査定する。

 事業仕分けの特徴は、これまでテキスト資料のみでブラックボックスの部分が多かった各事業の予算内容が、完全公開の原則から国民の目の前で査定を受けることだ。すでに大手メディアからは「財務省のいいなり」「3兆円の削減は期待できない」といったピンぼけ批判が多いが、この作業の意義は「すべてが公開される」という一点にのみある。国民は、評価者のツッコミが甘ければ厳しく指摘し、作業過程そのものに改善の余地があるならば直接提言すればいい。それには多くの国民の参加が不可欠である。国民参加型の予算査定に、みなさんもぜひご参加を。

 作業の過程は行政刷新会議のHPで動画生中継され、Twitterでもテキスト中継される。

*   *   *   *   *


【第3グループも放送! 撮影:@ksoranoさん】
http://www.ustream.tv/channel/sorates

*   *   *   *   *

【事業仕分け第1弾 日程】
2009年11月11〜13日 9:30〜18:40(予定)

【動画生中継】
■第一会場(担当府省:総務省、財務省、国土交通省、環境省等)
http://mgj.heteml.jp/meta/hall1.asx

■第二会場(担当府省:外務省、厚生労働省、経済産業省等)
http://mgj.heteml.jp/meta/hall2.asx

■第三会場(担当府省:文部科学省、農林水産省、防衛省等)
http://mgj.heteml.jp/meta/hall3.asx

【テキスト中継】
■第一会場
http://twitter.com/search?q=%23shiwake1

■第二会場
http://twitter.com/search?q=%23shiwake2

■第三会場
http://twitter.com/search?q=%23shiwake3

【仕分け結果一覧】
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/3kekka.html

【詳細】
■行政刷新会議HP

http://www.cao.go.jp/sasshin/index.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6212

この一覧は、次のエントリーを参照しています: いよいよ「事業仕分け」が始まる! 生中継はこちらから:

» 【事業仕分け】ベールに包まれていた予算編成の過程が公開されるだけでも意義深い【国庫破綻】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 この10日に財務省が発表したところによると、国債と借入金、政府短期証券を合計した 「国の借金」の総額が9月末時点で864兆5226億円 に達したようであ... [詳しくはこちら]

» 【国道凍結】利権と結びついた公共事業については徹底的にメスを入れるべきだ【道路賊涙目】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 税金の無駄遣いを一掃すべく鳴り物入りで始まった行政刷新会議の「事業仕分け」だが、2日目の12日は内閣府や農水省など4府省の24項目、67事業について仕分... [詳しくはこちら]

» [新自由主義]基礎研究を破壊する「事業仕分け」 送信元 月よお前が悪いから
今、行政刷新会議の事業仕分けのワーキンググループ3(以下、3WG)で文科省・農水省・防衛省*1の一部事業の仕分けが始まっています。 この「事業仕分け」戸... [詳しくはこちら]

» 今週の言葉−本田宗一郎− 送信元 中年サラリーマンお父さんもりもりのビジネス講座
前回は松下幸之助でしたが、他にも戦後一代で大企業を育て上げた経営者は数多くおられます。その中から今回は新ハイブリット社“インサイト”で話題のホンダの創業者... [詳しくはこちら]

コメント (211)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

編集部の皆様のお陰で、今、生で1部会1件聞いたばかりですが、第一印象のみ申し上げます。
一般の民間企業は勿論、多少とも形を整えた集団なら、予算や計画策定に当って通常行なう単純な検討作業です。なぜ、優秀な官僚組織ではそんなことすら行われなかったのか、官僚トップを国会に喚問して、聞き質すべきでしょう。
こうでもしなければ、明治以来の腐りきった制度をぶち壊せないということなのでしょうが、またまた、呆れてモノも言う気になりません。不愉快で、筆が続かないので置きます。

これは、すばらしい中継です。官僚の言いワケの見苦しいこと見苦しいこと・・・・。予算のための予算。存在するため存在。からくりを駆使して細分化し税金が天下りを養うために公益法人に吸い込まれてゆく仕組みがよく分かります。

多くの補助金事業でムダ・無意味・効果が薄いとして「廃止」の結論が出されていますね。まったく当然だと思います。

こうした中継をリアルタイムで見続けるのはなかなか辛いものがありますね。
でも国民の目に晒すことでもしないと役人の意識は変わらないのでしょう、きっと。
新規事業をでっち上げて新たな天下り先を作っては補助金を流し込む、そんなバブルの夢からいまだに醒めることのないがん細胞のような役人たちが国と地方に五万といることに恐怖を覚える。
彼らの目にはこの国の凋落ぶりがどう映っているのだろうか?
私の見た「こども夢基金(?)」の仕分け作業では、仕分け人の何年この事業を続けるのかという質問があった。これに対し、官僚の「事業終了後も形を変えてこのような事業を継続する必要がある」という答弁には呆れてしまった。
事業効果も検証されていないようなものにいつまで税金を注ぎ込むつもりなのか?
政府には一般予算だけでなく、早いこと特別会計にも切り込んでもらいたいものだ。

第三会場の蓮舫議員、頑張ってますね。切り込み方が素晴らしい。是非国民の為に頑張って下さい。

こんなことを放置してきた自民党議員が国会で民主党議員を責める姿に怒りすら覚えますね。貴方方が何もしないで、官僚に任せきってしまった結果が今、借金大国となってしまい、受けられる筈の福祉も切り捨てられた。弱い国民が苦しんでいるのに、ホテルのバーや料亭で楽しんでいたんでしょう?

政権交代が、ここまで政治を変えたと言うことを映像で見せてくれていますね。

今の予算削減候補の447事業を精査した後は、数千社有る外郭団体もこの調子で切り刻んでください。公共事業部門だけでなく、資格や認可団体へも切り込んでください。そんな団体は、官僚が天下る為だけに存在価値が有るように聞いていますので。

ぼんやりした予算が多いですね。会社でこんな予算を出したら、それこそボロクソに言われます。

ようやく普通会社並みの予算になるのでは?と期待しています。

いかにお題目(農業生産性の向上とか地域振興など)を付けて事業を創造してきたかが分かります。

ただ議論が噛み合わない面も多々あるようです。これはお役人との目線の違いが大きいことの表れでしょうか。

説明に来ている省庁の方も大変です。自分が考えたものでもない場合や、官僚に知恵を出せとか言われて無理に作りだした事業もあるでしょうから。

役所の考える大儀名分は、なかなか一般社会では、特に企業ベースでは受け入れられないものが多いと思われます。

主計局は、万々歳といったところでしょうか。

官僚たちは事業継続の理由をあれこれと説明していましたが、私の見た範囲では“費用対効果”が十分にあると納得できるような案件は一つもなかったようです。大半が「廃止」「大幅予算削減」「地方に移管」で決着するようなものばかりでした。

この分では、目標の3兆円削減どころか10兆円に到達してもおかしく無いほどの無駄事業のオンパレード状態でしたね。

本日、会計検査院が過去最大の2364億円もの「ムダ」を指摘しました。財政再建が叫ばれる中で、公務員達は自民党政権下、逆にムダを爆発的に膨らました実態が暴かれたと思います。

政府・財務省・会計検査院は一体となってムダ排除に向けてまい進して欲しいです。ただし一番最後に、財務省・会計検査院のムダもしっかり切り落とすことを忘れずに。

亀井大臣がまた吠えてますね。「事業仕分けは権力の行使そのもの。外国人を入れるのはおかしい」と事業仕分けのメンバーに、モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン氏が入っている事と国民新党・社民党が入っていないことを非難しています。

私も事業仕分けに外国人が入ることに非常に違和感を感じます。
彼らが予算の中味をどこまで見れるのかは知りませんが国家の内実をこんなに軽々しく外国人の目に晒すばかりか差配させるなんておかしいんじゃないでしょうか。

事業仕分はとても面白い試みで良いと思いますが、人選とか方法にはもっと配慮すべきだと思います。金融・経済の現役アナリストが多いようだけど彼らの利益につながるような事はないんでしょうか?政治主導に自信が持てないのかなぁ?

私は、国家予算を組み替える事で無駄を省くと言う民主党の意見には大賛成ですが、これは急がば回れで少し時間がかかってももっと体制を整えて取りかかるべきであったと思います。

なんだか小泉前首相と同じ手法で抵抗勢力=官僚=絶対悪と云う構図になっちゃいましたね。それをネットで生で晒す。これじゃぁ官僚もやってられないんじゃないでしょうか。官僚の協力なくして国家の運営なんてできないですよ。
民主党には、官僚のやる気が起こるような手法を考えてバリバリ働かせて欲しいですね。

>主計局は、万々歳といったところでしょうか。

主計局は「切るべきものを切らない」ことで、恩を売ることができ、大きな顔をしてきたところです。

>私も事業仕分けに外国人が入ることに非常に違和感を感じます。

ロバート・フェルドマンは尾立源幸議員が誘ったみたいですね。
http://www5.diary.ne.jp/user/545754/

事業仕分けの意義

明治維新とはいったい何だったのか、もう一度検証する必要があるのではないだろうか。徳川時代の身分制度・封建制度を壊したことになってはいるが、はたしてそうなのだろうか。違うのではないかと私は思う。

壊したのは、出自によって定められた身分を自身の努力によってその身分及び立場になれるとしたというのが真の姿ではなかったか。だから、身分もそれにともなう権威も生き続けて、官僚制の支柱になってきたのではないだろうか。ひとたび手に入れた身分や立場は永久所持する欲にかられ、新たな門閥を作り出した。

今回の政権交代の主眼である官僚内閣制の打破も「官僚は身分ではない、職業だ」という言葉もそのことを指していると思う。今まで身分のように取り扱われていた(本人達もそう思い込んでいた)から、そこから発生する権威によって、指導・監督の立場に立ち、差配する力を発揮していたのだと思う。はっきりとその事に気付かなかった為、法の力によってそれをストップさせることが出来ずに今日まで来てしまった。

東京大学を頂点とする教育分野もそのことを追認する形になり学歴社会を生み、その枠組みの中で日本社会が形作られ、私達が生きてきたということだと思う。

今、事業仕分けという作業が始まったが、ムダを見付け、省くという直接的な効果もさること乍ら、権威であった霞ヶ関に対して、指示命令を下す存在が出現したことの意義の方がはるかに大きいと私には思われる。しかも、チームが政治家よりも民間人の方が多いという事で、より固定化しずらい形になっているのがより一層良い。小沢氏が仕分け作業チームの中に入る政治家の数をセーブしたことで、政治家が固定化した新たな権威となることに一定のブレーキをかける結果になったことも見る必要があるのではないか。

一旦、決まったものをチェックする立場と、ゼロから決める立場とどちらが上かといえば、チェックする立場の方が上であろう。政治・行政をより私達国民のものとするための維新第二段が始まった。

[久美子] 氏 (2009年11月11日 18:27)の「政治・行政をより私達国民のものとするための維新第二段が始まった」という発言どおり「事業仕分け作業」をテレビで見て、民主党の政治が動き出した、という現実を実感する事ができた、と思う。

久美子さん、私は明治維新はやはり封建制度解体⇒中央集権へと思います。東大やキー局(メディア)をはじめ様々なものが東京を起点とする仕組みになっています。地方分権を進めるにあたってはこれらの解消も必要だと思っています。身分制度については、旧特権階級を打破して新しい特権階級が生み出された、新旧の交代に他ならないと思います。これは時々で形を変えるが有史以来常に存在しているものだと思います。

事業仕分けですが、仕分け人に民間人が入ることは否定しませんが、やはり人選・所属は大変気になります。P太郎さんのご指摘のように旧政権時代に彼らPNPパリバ証券などの外資系証券会社は彼らのルールを日本国内に持ち込みやりたい放題でした。金融庁から行政処分を受けるリスクよりも利益追求に走るような集団に属するしかも現役の民間人を入れるなんて小泉-竹中時代と全く同じじゃないですか?
どうして格差解消を謳う民主党が、日本に大きな格差を作り出した彼らを選ぶのかが理解できません。
私には、彼らに自己の利益を考慮することなく公正で大局に立った提案が出来るとはとても思えません。今回のチームは民主党の人選ミスだと思います。

功を焦る必要はない着実にやれば良いのです。急いては事を仕損じるのです。

>民主党政権の予算削減の目玉である「事業仕分け」の第1弾が、・・・・
生中継はこちらから
国民参加の・・・事業仕分けの公開は最大の民主政権の国民にアピールできるコマーシャルです。作業の詳細を知る前に民主が動いたとゆう・・・行動に大きな価値があります。自民党政治がいかに官僚任せで、国会議員の仕事をしていなかったことが分かります。
国民に知る機会を提供することは民主への応援につながります。

と言いましても、
滑舌の悪い平野官房長様へ・・・・
>機密費の使途公開を拒否=平野官房長官(わたしを信頼して・・・??

通信社の見出しにありましたが、アングリするような見出しです。自公政治に替わり交代後の民主政権を応援しているのでございますが。 私を信頼して・・とゆうメディヤの見出しでありますが、うまくポイントを捉えた皮肉混じりの的確な表現だと思います。

平野様が好きでも嫌いでもどちらでもよいことで、ましては藪から棒に私を信頼して・・・と一方的にメディヤに揶揄されると笑いを抑えながら困惑してしまいます。政権交代が実現しながら自公時代の機密費の内容がオープンにならないのは幻滅いたします。今後発生するでありましょう機密扱いに関しましては、平野氏に一任するとしても、さほど興味のある話ではありません。鳩山総理や幹事長の決済が必要かどうかは存じませんが、出発間もない政権とはいえ、信頼する以前に、限りなく透明に近いブルーだと信用しております。

政権交代は政府の機密が本物かインチキか、公開すれば国民側に善悪の判断基準を示すことができます。政権交代で正義のリフォームが実現されなければ、何の為の民主政権かとゲンナリします。国家尺度の機密費単価が億で普通だと言われても国民目線からは納得できるはずがないです。機密費情報開示によって自民政治家と官僚のインチキや背任の公的浪費の類が、国民の前に情報提供できることに価値があります。

大事な機密費オープンの主眼は、長期の自公政治の弊害でなされたであろう、利権絡みの金権政治の内幕を知りたいが為の情報開示の一部です。どこまで前政権の悪事を曝け出すかはお任せ致しますが、個人的な平野氏の信用レベルで、国民から預かった蓄えの無駄な出費を隠すなどの稚拙な判断は止めて頂きたく思います。無意味に時間が経過してからの開示ではなく今現在でオープンすることに意味があります。

報償費??・・政権安全維持費の為の政党尺度ではなく、国民目線で情報を出して下さい。
ほとんど一緒かいな?総じて役所・ケーサツの裏金捻出世界のインチキ報償費と一緒のような気がしますが・・・・
辻褄の合わないその場しのぎの滑舌の悪い対応は、やがて2010年参議院、それから衆議院選において国民の反逆の一票になって跳ね返って来ると思います。

外需内需のマクロ経済政策のほうは素人のため、よく分かりませんが、わたくし類の平均的な国民目線で受ける、政権交代後の民主の政策は足踏み状態の感がします。自民政治に決別する正義の?切れ味が伝わってきませんです。

話題は違いますが、前近代的な総理ぶら下がり会見、金魚の糞取材を止め、官房長会見・談話を革新的斬新的に改めたほうが、じぇったいに善いと思いますがいかがでしょうか。

>民主党の「脱官僚」なんて口ばかりと不特定の浮動票ががゆってる・・・
民主党の情報開示、記者クラブの解放も中途半端・・・・
先が思いやられる・・・
大衆への受け狙いで裏情報開示は早めに、多くを実現したほうがよいと思うのですが?

「事業仕分け」は一見頑張っている様に思われるが、いわゆる民間有識者と言う者が本当に有識者なのか疑問に思われる。これまでの自民党政権下でも政府税調とか有識者会議とかの中に昔の名前で出ています的な方や声を上げたり、或いは政府よりの発言をする事によって委員の座を確保しているとしか思われる頓珍漢な発言者がテレビに映ります。ここで誰がそうだとは言いにくいですが、本当に実態の分かっていない人間が発言しております。困った事です。こんな仕分けを見せられるとこれまで何で民主党を応援してきたのか疑問に思います。自分の出来る範囲でかなり多くの老人や若者に民主党に投票する様にお願いしてきましたが、小生だけでなくかなりの人間が次の参院選挙ではアンチ民主になるのではと心配になりました。外人を事業仕分けに入れるのもちょっとおかしいみたいですね。

財務省査定もネット公開へ 事業仕分けにならう
http://www.asahi.com/politics/update/1111/TKY200911110385.html

財務省GJ!です。でも、財務省自身のムダ削減の事業仕分や査定をネット公開するんでしょうか? 自己査定じゃ甘くなるし。まあ、とりあえず現段階では応援してます。

<これでいいのか!?民主党>
結局、財務省の手先になっているだけだろう。何で事業仕分けに財務省の主計局がいるんだ!政治主導とは名ばかりで、財務省主導じゃないか!
事業仕分けの結論を他の類型事業にも適用して、財務省が査定するとしているが、これじゃ財務省の権限を強くするだけでしょう。
外為特会の埋蔵金は、どうなっているのか?これには、一切触らせないと財務大臣が頑張っているらしいじゃないか?
コンクリートから人へと予算を振り向けるなら、介護スタッフの給与を4年間で4万円上げるなんて、ケチ臭いことをするな!
4万円ぽっち上がっても、手元に来るときはせいぜい2万円程度になる。事実、自民党が2万円あげたが、ほとんど給与は上がらなかった。介護事業自体が赤字なので、運営費に転用されてしまったからだ。
今13万円程度といわれている介護ヘルパーの給与をせめて手取り20万円に上げなければ、安定した職業として成り立たないだろう。
今より10万円あげれば、手取りで20万円位になる。その上で、介護保険料に響かないように、道路特定財源の一般財源化や農業土木をやめることで予算をシフトするべきです。
ちなみに看護師は首都圏では初任給で30万円程度なので、理想からいえばそこの給与水準を目指すべきです。
亀井大臣ではないが、政治家は、大きな方向性を示し、役人に命令すれば良い。当然、省庁ベッタリの記者クラブはガタガタいうだろうが、中央突破すべきで、政治主導とは、財務省の手先になってチマチマ予算を削ることではない。
結局、民主党の中堅議員は、ミニ小泉が多くて、小さい政府なんてカビの生えた新自由主義の呪縛から抜けておらず、そういった人間が主導する事業仕分けは、削ることばかりで、政治家としての大きな絵が描けていない。絵を描くつもりがなく、市場原理に任せる新自由主義が思考の原点にあるから…。
鳩山さんが、どんなに素晴らしい所信表明をしても、上滑りしている。予算の細部に理念は宿らねばならず、仙谷ではどうしようもない。

事業仕分けは、「官僚の考え方」を一般に向けてさらけ出す効果がありますね。官僚が予算を作成するときは、ある理屈に沿って作成しています。その理屈が国民にとっておかしなものであっても、それは考慮されません。あくまでも「官僚の理屈」に沿って予算が作成されています。そして、執行後の検証はほとんど行われていません。

官僚って頭が良いといわれていますが、私はそう思いません。(文句の言われにくい)理屈をつけて、ほかの面倒なことは全て捨てるのが得意な人達です。

だから、政治家、国民が「その理屈はおかしい」ということを指摘してやらないと駄目で、独善に陥っているのが現状のようですね。その意味で事業仕分けって意味があります。今回だけでおわってほしくないなあ。

この作業は、政務官以上になれなかった民主党議員のガス抜きでしかないこと。その民主党議員のほとんどが、反小沢派と来たもんだ!!!

鳩山さんは今日、事業仕分けについて「最初の目標があると、達成されたら後はいいじゃないかという話になる。1円でも無駄遣いをなくすというくらい、一つ一つ真剣勝負をしてほしい。目標ありきではない」とおっしゃたようですね。

議員の皆さんは、真剣勝負で事に当たってくださると信じています。
国民とともに、戦っているのだと思ってください。
革命的改革のために燃えてください。
特に弱者のことに思いを馳せて、戦ってください。
鳩山さんのおっしゃた感動的名言「政治は弱者のためにある」をぜひとも、実践してください。弱者の心から期待を受けていることを常に感じて、お仕事に当たってください。そうして下さると私は強く信じています。強く、強く応援しています。がんばってください。

事業仕分けそのものに反対とか、手法が「なまぬるい」としてテーブルをひっくり返して「最初からやり直せ」みたいな極論・暴論が多いのに一寸びっくりです。

事業仕分けは始まったばかりであり、今回見送られた残りの3500事業についても全部査定する方針を示していますので、私としては、問題点を把握した上で、次回に生かしてゆくような前向き提案が一番良いと思っています。

亀井大臣が突然「自党も参加させろ」と発言しましたが、小沢氏によってメンバーを大幅削減されてしまいわずか7名しかいなかったわけですから、調査権限を持つ議員の応援部隊は大歓迎でしょう。むしろ、なぜ今まで手を上げてくれなかったのかというのが不思議です。恐らく本日のイベントの注目度が予想以上であったため、自党の名を上げるための功名心が出てしまったのかもしれません。社民党も便乗したくなったのでしょう。ちょっと微笑ましいような出来事です。

亀井大臣の「外国人を排除しろ」は問題発言ですね。世界中多くの国々で、外国人の政策アドバイザーは普通に存在します。日本は特に先進的で、明治維新以降、最も積極的に外国人の政策アドバイザーを登用してきた歴史を持っています。いまさら突然排外政策を採ったら、“民主主義の後進国”みたいな変な目つきをされてしまいます。私は、身内論理に囚われてしいがちな日本人の同士の思考から一歩はなれた“バードアイ”の意見というのはこの作業に特に重要だと思っています。この種のノウハウを有している外国人をもっとたくさん参加して欲しいです。

事業仕訳はやっと民主党が仕事をし出したなということである。
日経ビジネスサテライトでコメンテーター日本総研の高橋副理事長も仕分け人としてキャスターからいろいろ聞かれ、感想を述べていた。
中央集権がどうの、官僚主導がどうのという以前に官僚の組織そのものが腐っているのである。
高橋副理事長が言っていたのは事業仕訳は単に予算の帳尻合わせではなく、無駄な特殊法人や独立行政法人を見つけたり、縦割り組織の弊害を見つけたりといくらでも改善点が見つかるということである。
今回は440事業としても、全事業に実施して、徹底的に無駄のそり落としと特殊法人、独立行政法人の見直しを含む各省の組織改編と人事制度の改革を行ってもらいたい。
そのためには影響力のある経験豊富な民間人の活用は不可欠である。外人も良い。
広い、大きい視点から、無駄を徹底的に追及することである。
ネットだけでなく、NHKなどは事業仕訳の現場をテレビで放送すれば良いのである。
全国の高齢者に見てもらえば良いのである。
今まで自民党に守られて官僚組織はぬるま湯にいたのである。
徹底して事業仕訳をやるべきである。
亀井など口だけではないか、モラトリアムなど骨抜きである。
号令だけで動く官僚ではない。
今回の行政刷新会議で事業仕訳した事業評価と全く違う予算になるのであれば、来年の次官はじめとした高級官僚人事で民主党はきっちりとけじめをつければ良いのである。
最終的にものを言うのは人事権である。
そのくらいやれば平成25年度の削減額16.8兆円は問題なく、捻出できる。
それでこそ政治主導である。
あれだけの人数の民間人の起用は仙谷大臣の考えか、小沢幹事長のアドバイスなのか知りたい。
全事業やるのであれば、さらに政治家も民間人も増やす必要があるが。
とにかく本腰を入れてやって、大改革につなげてほしい。
その行き着く先は地方主権であると考える。
中央でやる必要のない事業はすべて切り捨てれば良いのである。
それは国家戦略局の仕事となるのかもしれないが。
そして中央に準じて地方も大改革が必要であるが。
日本の二大恐竜(政府と東京)撲滅のために頑張っていただきたい。
世界で一番住みやすい街ウイーンはわずか170万である。郊外は住宅ではなく、大森林である。
豚が怒る通勤地獄も長時間通勤もなく、文化水準も高く、余裕を持って生活している。外国人の移住も多い。国際都市である。
我が首都東京は世界一の都市圏人口3500万のマンモス都市であり、世界企業500位の10%強の本社が所在する世界一のビジネス都市である。
しかし、自動車の見本市は閑古鳥が鳴き、東証上場の外国企業は大減少、海外マスコミの支社は撤退とまさに恐竜である。中央集権の大弊害で東京始め日本中が死にかけているのであろう。

内閣の要、仙谷大臣、菅大臣に頑張っていただきたい。
平野長官は裏方、黒子として活躍すれば良いのであり、大阪の選挙区以外の国民は長官を知らないので信用もできない。
今や内閣の要といわれている松井副長官や総理以上の実力者藤井大臣は官僚出身であり、大きなことはできないし、期待もしていない。

 ここにコメントする人の多くは民主党応援団であろう。 
 今日1日の「事業仕分け」9事業700億円の削減を実施した。それは同時に民主党選出の「大臣」「副大臣」「政務官」の能力の無さも露呈した。
 事業仕分けは言わば「裁判員制度」と同じである。「仕分け人」=「裁判員」とみても差し支えないであろう。
もし「裁判員」の考え方が全て偏った考えの持ち主だった場合、この「多数決」に対して信用できるだろうか?
多数決はイコールコンディションでなければ成立しない筈である。
 最初から削減賛成派だけの「仕分け人」だけでは、結果は決まっている。ただの出来レースでしかない。それらを一般公開して国民の賛同を得ようとしている今回の「事業仕分け」は只の「魔女裁判」でしかない。
 これらのことが進めば今後官僚は新たに必用な政策案をだせなくなり、政治システム事態が弱体化する危険性もある。 
多くの人が「長年」続いた官僚政治を批判するが、私は「官僚」批判する人に問いたい。
貴方方は本当に「長年続いた官僚・自民党政権」時代にずっと「不幸」な生活を強いられてきたのかどうか?

民主党の一党独裁政権の中で、本当の「民主主義」とは何か?を日本国民は考えるべきである。 今の民主党政権は「小泉自民党政権」よりも危険である。

衆参共に過半数を維持している「民主政権」においてもはや障害となるものは何一つない。
いわば、「何でも出来る」のだ。

確実に減少する人口。
確実に増える赤字。
事業仕分けを見ていて、政権交代は遅すぎたのかも・・と。
今からでも間にあうといいのですが・・・。

次世代に  「あの時、政権交代させて正解だったね」 と言われますように・・・。


昨日、事業仕訳の中継を除きましたが、非常に面白い番組?ですね。スポーツ中継や国会中継並に面白いと思いました。1時間で1件は消化不良の感はありますが、見る側からすると丁度良い時間ですすね。もっと慣れてくれば、双方のやり取りが噛み合ってくることが期待できると思います。それと画質の向上を望みます。

フェルドマンさんを「外国人だから日本のことに口出すな」とするのは、浅慮に過ぎると思います。
日本における生活者の一員としてこの場に参加するのはごく自然なことだと思うのですが。
多様性や寛容さは民度の高さと正比例するのではないでしょうか。

それにしても、民主主義をあまり厳密に運用してしまうとマジョリティの側に立つ人間しか幸福にできなくなってしまうということが、今回の事業仕分けでよく分かります。

皆さん、自分が生活の全側面において多数派だという自信がおありで?

この政権が自分たちの首を絞めていることに早く気付いていただきたい。

世直し大工 さん

反論しますね。
>今日1日の「事業仕分け」9事業700億円の削減を実施した。それは同時に民主党選出の「大臣」「副大臣」「政務官」の能力の無さも露呈した。<

意味が解りません。もしかしてこの3人が全ての無駄を判断し削れば、この会議が必要ないとでも言うのですか?

>最初から削減賛成派だけの「仕分け人」だけでは、結果は決まっている。ただの出来レースでしかない。それらを一般公開して国民の賛同を得ようとしている今回の「事業仕分け」は只の「魔女裁判」でしかない。<

勿論、削減が目的の会議です。事業を続けたい(無駄使いを止めたく無い)方からすれば魔女裁判でしょうね。しかし国民全ての目線で見れば 良くやっているという感想が大半では無いですか?その為のオープンな会議です。省庁三役が独断で削るのでは無い意味もココに有ります。無能でもなく、独裁でもない開かれた政治です。

これによって省庁が弱体化は民主党の進める地方主権の道筋に従った方向だと思いますよ。上からの指令で地方を縛るより、権限財源を任せた地方独自の政治を促すのです。電子黒板が全国一斉に配って、その一部の利権が発生する従来型政治より、その予算を各県、各町がさまざまな取り組みを、考え工夫し行う教育のほうが 国民は受け入れやすいと思います。

>多くの人が「長年」続いた官僚政治を批判するが、私は「官僚」批判する人に問いたい。
貴方方は本当に「長年続いた官僚・自民党政権」時代にずっと「不幸」な生活を強いられてきたのかどうか?<

これもよく言う自民党支持者の言葉ですね。確かに自民党が行ってきた官僚主体の護送船団式の社会主義的政治は、国民生活を豊かにし国民総中流意識の出来る、良い国にしていただいた功績は有ります。その時代から国民が気づかないうちに官僚と与党、利権会社が結託し今の天下り無駄使いシステムを全国津々浦々に蔓延らせ、血税を垂れ流し続けてきた。

しかし時代は平成に変わり、バブル崩壊した後も、そのシステムを守ろうとするから血税が足りなくなり国民に負担だけを求め、自らの無駄を止めなかった。結局弱者は収入が減る中で、負担増と福祉切捨てを強要されて苦しみ、それでも足りず国債発行額が毎年積み重なってしまったのでしょ?

もう、過去の実績が与えた自民党政治の恩恵を感じれる時代は十数年前に終わっているのですよ。だからこそ、政権交代が起きたと思います。

>民主党の一党独裁政権の中で、本当の「民主主義」とは何か?を日本国民は考えるべきである。 今の民主党政権は「小泉自民党政権」よりも危険である。<

一党独裁では有りませんよ。
危険!?この言葉が意味するのはまたまた売国とか、外国人地方参政権ですか?

>衆参共に過半数を維持している「民主政権」においてもはや障害となるものは何一つない。
いわば、「何でも出来る」のだ。<

障害は沢山あり、そんな簡単な話ではありませんよ。大体参議院では過半数も無く、連立政権です。
しかも今の選挙制度では、妙な政治をすれば直ぐに政権が変わるのは理解できていますよね。だからこそマニフェストを重視し、国民との契約を守る政治を貫かなければ短期政権に成り、この政権が決めた政策も全て水の泡になる脆い物ですよ。
これからの政治は、一部の利権団体・自らの利権や票を当てにして政策を考えたり、お金を集めようとたくらむ愚策を国民が許さなく出来た拓かれた国に成ったのだと理解しています。

確かに良い事でしょう。
ただ、うまい話にゃ裏がある。

素晴らしいパフォーマンス。その裏には何があるのでしょう?
私も見えませんが…
どうも、うますぎる気がする。

<民主党はムダの本質に早く切り込め>

今回の事業仕分けの状況を見て、今まで自民党政権下で如何に官僚支配であったか、また(票が欲しい)族議員によって如何に政策が捻じ曲げられたかということを国民に知らしめた効果は大きい。

先の参議院選挙でも民主党が勝利したおかげで年金問題などが国民の目に晒されたことを思えば、悔しいけれども改めて政権交代の必要性を痛感させられる。

但し、今回の事業仕分けを見ても、天下り禁止や補助金の一括交付などの制度(仕組み)改革をしないで3兆円の削減が出来るとは思えない。

例えば「事業廃止」や「予算削減」などで経費の大部分を占める公務員人件費を削ろうと思っても、公務員人事や賃金制度を改革しなければ来年度予算には反映しにくいだろう。

また「地方移管」にしても、そのまま地方に予算をスライドさせるだけなら予算削減にはならない。やはり補助金の一括交付制度の導入によってはじめてムダが削減(小沢氏の試算では約6兆円だったが)されるだろう。

小沢氏はこのような事に既に気付いているのだろうが、小泉パフォーマンス的な「事業仕分け」作業が短期的には来年の参議院選挙にプラスとなると考えやらせているのだろう。つくづく小沢氏は策士であると感心するし、これでは自民党の消滅も残念ながら止む終えないかと諦めの境地だ。

診療報酬の部会、未だに厚生労働省の捏造データをもとに議論しています。(詳細は後ほど)

データの嘘を見抜けない仕分け人では、何を議論してもムダなばかりか有害。

ポルポト以下の愚者政治です。

官僚は、予算を削られれば仕事が無くなります。予算を維持しようと必死で屁理屈をこねているような感じです。

人口が減少し、国債がGDPを超えるような状況下では、民間のように官僚の人員を削減することが先決だと考えます。

しかし、官僚の人員を削減するには、まずは政治家(議員)の削減を優先すべきだと思います。

官僚の言い訳を聞いていると、現実ばなれした空しさを感じます。

<大門太一様>
うまい話の裏には、消費税の増税があると予測しています。
これだけ、役人と戦ったのに、予算が足らないというパフォーマンスでしょう。
全ては財務省のすじ書き通りに・・・。

私は、民主党支持だが、こと事業仕分けについては、世直し大工さんの意見に後半除いてほぼ賛成だ。
ここではっきりさせておくが、事業仕分けと云う手法の導入には最初から賛成だ。しかし人選や作業過程はもっと考えるべきであった。緊急を要す事は理解するが国家予算を取り扱うのだ、ここは時間をかけてでもシステムを練るべきであった。拙速に物事を進めると振り子は逆へも触れるものだ。選挙で大勝はしたが国民の40%は野党支持であることを忘れてはいけない。

かつて、土光臨調の時のメンバーは国民を納得させ目的を達成する為に様々な角度から考え抜かれた緻密かつ丁寧な人選であった。それ以降この手の諮問会議の人選はだんだん粗雑になり小泉政権時代にはメンバーが自己の利益追求の為に都合の良い改革を実施しているとさえ言われるまで不透明な財界主導人事となっていた。その小泉政権を否定し政権を得た政党が、小泉政権を支えた人たちと同種の人を数多く登用している事は理解しがたい。

外国人についても何度も書くが、彼らはアドバイザーではなく権力を行使する立場で国家予算の審議の場に参加しているのだから加えることには反対だ。

また亀井批判があるが今までのところ基本的な事で間違ったことはしていない寧ろ若葉マークの民主党閣僚の中にあり閣内では一番存在感もあり重石として鳩山内閣の不慣れな国会答弁や運営に大いに貢献している。
彼がのっけから諸問題を派手にぶちあげ世間の耳目を集めたことで政権はいたずらな批判にさらされることなく船出できたのでは?とさえ思う。評価しすぎかな?

TVで事業仕分けの映像を繰り返し流していますが、役人に対する敵愾心むき出しの蓮舫議員のやり取りを見るにつけ、はなはだ慙無いものを感じるのは私だけでしょうか?
事業仕分けが予算カットするためだけに存在するなら、何も役人を引きずり出して晒し者にする必要はない。
政府が予算枠を各省庁に提示して、枠内でやりくりさせれば済む話だと思うのですが、こんなパフォーマンスをやりすぎると逆に胸が悪くなりそうです。
これが友愛でしょうか?
むしろ官僚に対する粛清の嵐のような印象も受けます。
予算削減のやり方は他にないものですかね。

私は、今回の事業仕分けは国民に向けた「パフォーマンス」、もっと言えば「ガス抜き」であると感じました。

基本的に数字だけを見て、官僚が提示する事業をバッサバッサと切り捨てる。そして、削減対象となった事業に「無駄」というレッテル貼りを行う。これを"痛快"と感じる人もいるのでしょうが、個人的には支持できません。すぐに効果が目に見えるわけではない「未来への投資」まで全て「無駄」として削り取っているように感じたからです。
私は、とりあえず天下り絡みで一部個人の懐に大金が流れる構図だけを止めれば良く、それ以外に関してはもっと時間をかけて「本当に無駄であるか」を精査する必要があったと考えます。現状は「削減額を積み上げることが最優先」であるように思えます。

また、事業仕分けというのは、とても大きな権力の行使です。そこに民間人が(しかも外国人まで)入っていることにも疑問をおぼえます。容認(歓迎)されている方々は、民間人が「誰からも影響を受けず」「何の下心もなく」「純粋に日本のことだけを考えて」あの場に同席しているという担保が何もないことをどうお考えでしょうか。
これは危機管理の問題です。最低限、民間人はアドバイザーに留め、判断は国民に選ばれた国会議員が行うべきです。

私は今回選挙で自民党に投票しましたが、(自民党支持者ではない)この事業仕分けとこの件に対する主にテレビ報道を評価しています。
もちろん、議員メンバー数は訳の分からない干渉によって足りなくなってしまったり、時間的制約と何分初めての試みにより、いろいろ不手際が出ているが、この試み自体は今後も規模を拡大して続けていくべきであるし、年々、効果がでてくると思います。
また、今朝のテレビ各局のワイドショーではかなり時間を割いて放送していたが、「財務省主導」「時間が足りない」等々、今までの民主ヒイキの論調と異なり、公平な報道をしていた。

大企業の財務・経理部門に勤務している方々は、経験していると思いますが、国税局の税務監査というものがあります。
1週間~10日間、会議室を占拠して、会社のあらゆる帳簿・帳票類(電子化したもの)を検査していくものです。どんなに正直に帳簿を付けて会計士が監査し、納税にあたり税理士の指導を受けても、必ず指摘事項があります。
この指摘事項を企業側では「オミヤゲ」と呼んだりしています。

あまり、完璧に経理業務をこなして「オミヤゲ」が持ち帰れないと国税局に恥をかかせるのでは?
企業としては国税局に睨まれては大変ですから、そういう場合は「オミヤゲ」を用意し、それを指摘されると内心喜びながら、神妙な顔をして修正申告をしたりします。

今回の仕分けをテレビで見て、それを思い出しました。

「必殺仕分け人」は国税局です。
企業は各省の官僚たちです。

総合プロデューサーは財務官僚で、彼らは企業(各省の官僚)にオミヤゲ付きの事業の提出を命令します。あるいは財務官僚がカットしたい事業を指定して提出させます。

必殺仕分け人は、予想通り、オミヤゲ付きの事業を選び出し、削減を宣言します。仕事をやった充実感をテレビで全国に放送してもらい満足感と喜びにあふれていることでしょう。
企業(各省の官僚)は大袈裟に「それをカットされては困ります」と叫ぶが、心の内ではしてやったり。
財務省も民主党に花を持たせつつも各省にも恩を売れてバン万歳。

自民党時代の全てが官僚依存から民主党の全ては財務官僚の手の平で、に交代したわけですが、まー、少しづつでも効果が出れば良しとしなければいけませんね。

鳩山総理の資金スキャンダルも続々、新聞は報道してきましたが、テレビはアリバイ的にサラリと流すだけなのが現状でした。
今朝のテレビ報道を見ると、多分、年明けくらいから、各局は「バンソコウ」、「漢字間違い」「ホテルバー通い」くらいの頻度としつこさで放送し始めるのでは?

ハネムーンは終わりつつあるのかな?


toshibonさん

>TVで事業仕分けの映像を繰り返し流していますが、役人に対する敵愾心むき出しの蓮舫議員のやり取りを見るにつけ、はなはだ慙無いものを感じるのは私だけでしょうか?<

如何にも蓮舫議員の高飛車感を感じさせる国立女性会館の理事への映像を選んで、其の部分を何度も強調するマスコミにはまたしても怒りを覚えています。

どうでも良い?市橋容疑者の逃走を今更、ニュースやワイドショーの殆どの時間を使い、刷新会議報道ではこの部分だけを数分間流すだけ。確かに重大な事件は報道しても良い。しかし度が過ぎている。ノリピーの行き過ぎた報道にしろ、国民は白けていたと思うが。

蓮舫議員の戦いは、パフォーマンス(多少有るのは政治家だから多めにみて)も有るが、国民生活、国の財政を考えれば当たり前のこと。むしろまだまだ手ぬるいとも思います。一日で1200億の削減だそうですが、10倍でも1兆そこそこにしか成らないのです。

>事業仕分けが予算カットするためだけに存在するなら、何も役人を引きずり出して晒し者にする必要はない。
政府が予算枠を各省庁に提示して、枠内でやりくりさせれば済む話だと思うのですが<

それが出来なかったのですよね。自民党議員にはやる気が無かったことも有ると思いますが、元官僚の話では、省内で削減をしようとしても、圧倒的多数の切れ者官僚が僅か数人の大臣議員を丸め込むことなど造作の無いことだったと。中には議員さんの過去を調べ上げ脅しを掛ける話もあるそうです。

だからこそ、今のオープンな遣り方こそ削減作業が出来るのではないですか?
友愛政治を実現する為にも、官僚政治の打破実現にも この戦いを制する必要が有る。
NHKは5つも放送枠が有るのなら教育や、ハイビジョン、BS第2位でこの3つの会議を生で報道すべきです。ここにも国営放送と官僚組織の抵抗が有るのでしょうか?

ちなみに今、ミヤネ屋でこの会議が政権交代が齎した良い部分だと褒めていましたよ。もっと遣れと言うコメントばかりで安心しました。

でも蓮舫議員にも、家族にもSP付けないで大丈夫なのかな?

中々のもんですね事業仕分け。
私は小売の個人事業主ですので大した税金納めてるわけではありません。
しかし税は税。

長期に渡り自民党政権の(ずさん)が一気に浮き彫りになったような気がします。
[予算は使い切らなければならない]
???
医療福祉及び経済活性化の為にはある程度必要でしょうけど、国民感情からすると信じられない合言葉。

今日明日をどう生きるかの難民が増えてる折、一人一人の意義ある予算編成を強く望みます。

今回の事業仕分け賛否両論あるでしょうが、霞が関が変わる第一歩として評価したいと思います。


「友愛政治を実現する為にも、官僚政治の打破実現にも、この戦いを制する必要が有る」「今回の事業仕分け賛否両論あるでしょうが、霞が関が変わる第一歩として評価したいと思います」

[ウー]氏 (2009年11月12日 14:50) [H.N] 氏(2009年11月12日 15:29)のご両人のご意見に賛成です。民主党も初めての作業なので、いろんな点で、もたつくのは致し方ないでしょう。皆様方ご自分で新規の仕事を手掛けた経験はないのですか。時間も制限されている。あなた方の寛容を欠いた態度は、腐れ切った自民党で良かった、維新の必要はなかった、という意味ですね。自民党支持者と同意見なのですね。よくわかりました。今後一切容赦しませんから、覚えておいてください。

自民党は政治を全くしてこなかったということでしょうなぁ
選挙家であって政治家ではない  官僚は 自民には政策を言う人がいなかったので好きにやってました『本当は今までの体制はゼロから見直したほうがいいものが大半です』と正直言ったほうがよい

政府広報の事業仕分けを聴きましたが、委員のなかに「啓蒙」というは言葉が幾度がありましたが、「啓蒙」という言葉は広報担当者では絶対に使わず、啓発という言葉しか使いません。広報を啓蒙という視点とら得られている方が委員として発言されていることに愕然としました。

多少の不手際や判断の妥当性はともかく、仕分け作業自体を実践していることと、それを公開していることに大きな意味がある。
自民党には逆立ちしたってできなかったことだ。

判断基準やそれを予算案にどう生かすか、無駄を根源的に断つためにどんな制度改革を行えばよいか、それは仕分け作業の経験の上にこれから加えていけばよい。
自民党支持者の意見ならともかく、民主党寄りと思える人にもくさすことしかできない人がいるとは呆れる。

>多少の不手際や判断の妥当性はともかく

不手際はまだしも、判断の妥当性まで"ともかく"では駄目でしょう。予算が減らされた結果、職を失ったり生活が大きく変化する人がいるわけですから。

人員も時間も足りない中、見切り発車するのではなく、きちんと制度を作って来年(再来年度予算)から実行すべきだったと思います。

>あなた方の寛容を欠いた態度は、腐れ切った自民党で良かった、維新の必要はなかった、という意味ですね。自民党支持者と同意見なのですね。よくわかりました。今後一切容赦しませんから、覚えておいてください。

私も無一文で起業して14年、何とか食べてますのであなたに言われるまでもなく産みの苦しみはわかるが、この件は筋論も大切だと思っている。
メンバーの人選がその第一歩、あなたが言う腐れ切った自民党の象徴的で強力な支援者たちが混じっているから言っているのです。民主党は行き過ぎた市場原理主義を否定していたんではないか、格差を是正してセーフティネットを整備した上での自由競争を目指していたんじゃないのか?

事業仕分けは良いとは思うが、大事業は信義なくして成就しないと思う、民主党にはそこを大事にしてほしい、今はまだ手放しでたたえる段階ではない。

最後に一言、
先日の一橋容疑者の異常な逮捕報道・報道機関の暴走もしかりだが、どうも最近の世相は極端に一方へ振れやすくて危うさを感じる。
どうも非常にヒステリックな意見が多い。いろんな支持の仕方があるんだし是々非々有るのは当たり前。”今後一切容赦しませんから、覚えておいてください。”…他人の意見を頭ごなしに否定するあなたに良心は感じないなあ。

私はフェルドマン氏に寛容です。 が、 それはフェルドマンさんのいままでの言説をあまりしらないだけかもしれません。 彼の発現にはどういうバイアスがかかるんですかね?

また、私は事業仕分けは直接予算に反映されるものではないとおもっています。 そこらも寛容な理由。
 しかし、あんまり官僚たたきの場所になるのはまずいかもですね。(しかし、毎日事業仕分けの中味の話しが報道されているくらい注目されているのはすごいことだとおもいます。 どうせなら、延長戦であと300事業くらい足してやればいいのに。)

[sirokuma]様 (2009年11月12日 20:09)

民主党に対するマスコミの攻撃が執拗を極めているさなかに、背後から味方に銃弾を浴びせるとは、何事だ、利敵行為はやめてもらいたい、と業を煮やしたまでの事で、私が「今後一切容赦しませんから、覚えておいてください」と言ってみたところで、何もできやしませんでしょう? つまり、もう少し余裕を持って、民主党を見守らないと、またぞろ旧体制に戻ってしまいかねない、と危惧しているだけです。ご存じのように、歴史上、革命は必然的に反革命を招くのです。相手はそれを狙っているのですからね。革命内部で足の引っ張り合いを遣っていると、つけ込まれて、ひっくり返されますよ。一歩一歩、反省しながら、前進するしかないのです。民主党の執行部には、いらいらのし通しでしょう? 外務大臣然り。防衛大臣然り。官房長官然り。それどころか、無能無責任な事務員を雇っている御大将然り。だから、心配なのです。そうじゃないですか。そこへ後方からロケット弾をぶち込む訳にはいかないはずです。民主党に小沢一郎氏や亀井静香氏のような自民党OBのベテランばかりがいたら、もう少し手際よく処理するでしょうが、そうじゃないですよね。仕方ないじゃないですか。ないものねだりはやめましょう。脇を固めながら、ずっこけないで、匍匐前進するしかないのです。今のところ、自民党には反革命の力はありません。なぜなら、一般大衆が民主党を支持しているからです。そして、「常識!と良識!」を持って、成果を待ち受けているからです。「THE JOURNAL」に投稿する人が焦って、どうなります?

情報公開の偉力に驚嘆。
後期高齢者なので一部始終を見ていていろいろ教えられる。
官僚の作った事業のネーニングのうまいこと。
民主党のマニフェストから巧みにパクル。民主党議員だったらメスをいれるのを一瞬躊躇するだろう。
その点民間人仕分け人は容赦ない。
議員がすくなくなった分思わぬ効果を生んでいる。
蓮舫議員の阿修羅のごとき映像が地上波テレビで多く流されたが、全体を見ていると解説が見当外れであることは一目瞭然だ。
予算が一義的には官僚王国のためにあることを手口共々具体的に教えてくれる。
時間が短いというが一時間のうちに本質は十分みえてくる。
これ以上は蛇足か内容のない繰り返しだ。
これだけ可視化され公開されれば
後江程の財務省も変な真似はできないと踏んでいる。
政権交代の実感が濃くなった2日間であった。


>民主党に対するマスコミの攻撃が執拗を極めている

そんなことはないですよ。
自分は無党派層ですが、客観的に見て、これほどマスコミに甘やかされた内閣は少なくともここ数年はないと思います。
自民の議員であれば辞任に追い込まれるような疑惑であっても、責任問題に発展するような発言であっても、テレビではほとんど報道すらしません。

政策のみに関して、しかも批判ではなく苦言のスタイルで行われるコメントまで「マスコミの攻撃」と感じるのであれば、それは冷静に政治を観察できていないということだと思います。

外国人参政権についても、これくらいオープンに進めてほしいものですね。
小沢さんは国民に何一つ説明しないうちに、韓国の政治家に法案成立を約束しているようです。

外国人参政権法案で小沢氏「やがて片が付く」 韓国民主党代表に
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091112/plc0911121840011-n1.htm

なんかみんな民主党に結果を早く求めすぎじゃあありませんか?
自民党が60年かかって作り上げた利権システムを1カ月や2カ月でいきなり変えて結果を出せとは…。
あまりにも酷ではないでしょうか。官僚に至っては100年以上も自分たちの制度を維持してきたのではないのでしょうか?
マスコミも国民ももう少し長い目でせめて2,3年は結果を大目に見ようではありませんか。批判ばっかりしないでいいところを見ましょう。
天下が変わったのだから、前政権の物差しで測るのもやめましょうよ。

[匿名]様 (2009年11月12日 21:44)

あなたが比較している自民党内閣は、選挙で選ばれないで、首をすげ替えただけのインチキ内閣でしょう? 当然それは民主主義に反しているから、その存在自体が叩かれますよ。民主党内閣は、その意味では、甘やかされているのではなくて、「正当」な内閣ですから、批判の対象にはなり得ません。また、鳩山首相の政治献金記載の問題でも、贈賄の疑いがある虚偽記載ではないので、これまた検察庁に任していたらいいのであって、国会でも、マスコミでも、騒ぎ立てる程の事件ではありません。それにもかかわらず、「朝日新聞」や朝日テレビ、TBSテレビ等、執拗に嫌らしく追及している。各大臣の発言に関しても、討議中の議題ですから、意見が分かれても、当然であって、内閣が分裂して、政権が崩壊しかねない、という悪質な報道の対象ではありません。しかし、やはりマスコミは同じ悪宣伝を繰り返しております。

「自民の議員であれば辞任に追い込まれるような疑惑であっても、責任問題に発展するような発言であっても、テレビではほとんど報道すらしません」

あなたはテレビは一日中ご覧になっていますか。それは兎も角、具体的に例を示してください。その場合には、匿名ではなく、ハンドルネームでお願いします。

一休さん | 2009年11月12日 22:52さま

>結果を早く求めすぎ

結果なんてゆっくりで良いんです。

それなのに、まるで小泉劇場政治的な演出で、慌てて結論を出そうとする。こんな事業仕分けではどうにもなりません。手法があまりにも愚民的小泉竹中的です。

正しく現状を把握し、ゆっくりでも確実に前進することを期待して民主党に投票しましたが、これほど幼い政党だったとは、落胆は激しいのですよ。

私は医師ですが、診療報酬の配分(勤務医対策等)の結論には、心から落胆しました。現場の苦悩など何もわかっていないからです。

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/2-4.pdf

日本の医療は死にかけています。もうそれほど余力は残っていません。我々は死に絶えますが、その一方で、高級官僚はほくそ笑んでいます。悔しい限りです。

http://twitter.com/kimuramoriyo/status/5637455895

現在進行形の業務仕分け会議。傍聴していた医療政策局長は「いざとなれば政務三役に責任取らせれば良い」と記者達を前に豪語したそうだ。これが官僚のやり方。

■鳩山政権は順調と思います■

少し前までは,マスコミは鳩山政権の閣内不一致を殊更に喧伝していました.しかし最近はマスコミも息切れしているみたいで,不思議です.この点では
投稿者: 匿名 | 2009年11月12日 21:44 様
の指摘が当たっていると思います.ですから,
投稿者: 良心派 | 2009年11月12日 23:00
が心配されるようなことは無いと,個人的には思います.
確かに倒れそうな政権だと,
投稿者:青山浩二 | 2009年11月12日 14:25 様
ご指摘のように,
『多分、年明けくらいから、各局は「バンソコウ」、「漢字間違い」「ホテルバー通い」くらいの頻度としつこさで放送し始めるのでは?ハネムーンは終わりつつあるのかな?』
という経過になるのでしょうが,残念ながら,こういうことは起きないと思います.
即ち,マスコミは,鳩山政権は「4年間は間違いない長期政権」と思い始めているからだと思います.仮に献金問題で鳩山が倒れることがあれば,恐らく菅政権で民主党政権は継続します.そして,事業仕分けの手法で,マスコミ業界の癒着構造にもメスが入ることへの恐れもあると思います.
更に言えば,マスコミ企業内部にも当然自民党派と民主党派が存在する訳で,来年4月の人事異動では,国家権力に倣う形で当該企業内でも民主党派が優勢になるものと思います.

経済は補正予算の執行停止などマイナス材料ばかりですので,当面厳しいです.川の流れを止めた形になっており,新しい川を作ってそこに流れを作るには少し時間が掛かります.年が明ければ好転すると思います.

ところで,国民へのインパクトが大きい政治課題は外交です.これについては,以下の理由で,徐々に成果が見えてくるものと思います.
10日位前までのマスコミは沖縄問題での防衛大臣(現状維持しかない),外務大臣(普天間に集約),総理大臣(米政権と意思疎通を計る)の意見の不整合を指摘していました.
しかしこれも大分収斂してきた思います.具体的には,昨日のシンガポールでの岡田/クリントン会談では,沖縄問題についての基本政策について日米間での意見の統一を図るということで,合意したとのこと,来日中に行なわれるオバマの講演の席に,沖縄県知事,名護市長,広島市長,長崎市長を招待したとのこと,沖縄問題は日米問題であると共に,地元(沖縄)とアメリカの問題でも有ります.直接の当事者(沖縄とアメリカ)との接触は,新たな展開の可能性を示します.アフガン政策でも日米の溝は小さくなりつつある様に思います.
また,北方領土問題では国土交通大臣(北方領土はロシアが不法占拠している),総理大臣(メドベージェフ大統領と真剣に話し合いたい,内容は言えない),外務大臣(この件では発言なし)の3者3様の対応なのに,マスコミからの指摘はゼロ,不思議です.
鳩山メドベージェフ会談の考えられる結果ですが,双方が北方領土問題について話し合いのテーブルに付くと言うものでは無いでしょうか.
以上,外交上の死活の課題について,結果はまったく未知ですが,問題への取り組みの姿勢は,自民党政権では想像も付かないことです.その成果は徐々に現れてくるものと思います.

良心派様
ご丁寧にどもっす!
私はこれまで原理原則にこだわり続ける小沢にヤキモキしながらもそんな彼が好きで私なりに応援してきました。念願かなって今政権を取りましたがはっきりいってまだまだお粗末です。でも日本政治の様相が一変し音をたてて動き出した事を素直に喜んでいます。
だからこそ最初が肝心だと思います。
民主党政権が長期政権化する兆しを見せ始めると共に企業をはじめとする各種団体は権益を求め自民党から民主党へと大挙して動き始めています。
新政権へのチャンネルを求めて熾烈な売り込み合戦というところでしょうか。
そんな彼らにとり今回の事業仕訳チームなどは、タイムリミットに追われ焦る民主党政権に潜り込み恩を売る絶好の機会だと映ったことと思います。チャンスが民主党の側から転がってきた(笑)。だからこそ最初の人選は民主党の党是に即した人々の中から慎重に選ぶ必要があったと思います。

まっさらな民主党にこんなに簡単に取引口座を作らせちゃいけないと思います。民主党議員たちにはまっさらな民主党に口座を持つ価値が分かってないんじゃないかなぁ?今回彼らは民主党に恩を売りつつその中身(実態)を知る機会を得て組織の中での応援者作りとライン作りをやれれば大成功というところでしょう。
大盤振る舞いもいいところで笑えません。しかも選挙前に対極にいた人々にもおおらかに口座を開かせちゃった…これは浅慮とか狭量とかいう問題ではなく民主党の基盤作りにかかわる大切なところだと私には思えたわけです。今回の人選で民主党の立ち位置が分からなくなった、最初の、第一歩だからこそ原理原則にこだわるべきだと思いました。

猪倉徹さん 私の住んでいる町では人口6万人くらいに開業医が20軒以上(歯科医は含みません)。総合病院もありますが慢性的な医師不足で小児科はなく救急車の受け入れも複数だとままなりません。産婦人科もパンク寸前で遠い人は1時間もかけて総合病院に来るのですがなくなったら、2時間もかけて産婦人科に行かねばなりません。つまり そこには妊婦は住めないということです。開業医の多くはその総合病院から独立して2キロ以内に7,8軒が開業しました。彼らは週休2日で盆暮れも休み眼科医は手術はしないで高額診療。ゴルフ三昧で新型インフルエンザで焼け太り、技術も設備もない診療所もなぜ同じ診療報酬なの?おまけに免許証の更新もナシ。私も商売を30年以上やっているけど自民党政権でよかったことはあまりありません。一事が万事とは言いませんが、あなたが言っていることは私には説得力に欠けます。

猪倉徹さん 
私の住んでいる町では人口6万人くらいに開業医が20軒以上(歯科医は含みません)。総合病院もありますが慢性的な医師不足で小児科はなく救急車の受け入れも複数だとままなりません。産婦人科もパンク寸前で遠い人は1時間もかけて総合病院に来るのですがなくなったら、2時間もかけて産婦人科に行かねばなりません。つまり そこには妊婦は住めないということです。開業医の多くはその総合病院から独立して2キロ以内に7,8軒が開業しました。彼らは週休2日で盆暮れも休み眼科医は手術はしないで高額診療。ゴルフ三昧で新型インフルエンザで焼け太り、技術も設備もない診療所もなぜ同じ診療報酬なの?おまけに免許証の更新もナシ。私も商売を30年以上やっているけど自民党政権でよかったことはあまりありません。一事が万事とは言いませんが、あなたが言っていることは私には説得力に欠けます。

良心派さん

もうちょっと冷静になってもいいんじゃないですか。

>あなたはテレビは一日中ご覧になっていますか。
一日中というわけにはいきませんが、夕方と夜は複数局の報道番組をハシゴする程度には見てます。

>具体的に例を示してください。
そうですね。
色々ありますが、例えば岡田さんの「選挙中の発言は公約でない(一部ではサラッと報道されていましたが)」、鳩山さんの「日教組が選挙のときに応援する自由はある(違法行為にあたる可能性が高そうです)」、小沢さんの「キリスト教もイスラム教も排他的」あたりは、自民党議員だったら大きく取り上げられ突付かれる発言ではないかと思います。
個人的には、何の実現見通しも立っていない(そもそも試算すらしていない)段階でのCO2 25%削減公約も大問題だと思っていますが、マスコミは非常に好意的でした。

※そろそろ寝ますので、書き込みはこれでお終いにします。

 事業仕分けでお茶を濁すな。
 今回の事業仕分けは真の政治主導とはいえない。単に財務省主計局の公開出張所ではないだろうか。財務省主計局の手のひらで踊っているだけであり、財務省主導の予算編成のアリバイつくりではないか。当初の要求には削られても差し支えのないように水増しをかけているのが通常で要求額から多少の減額は当たり前の世界です。
 官僚同士の調整で決定した予算を政策の優先度から組み換え、或いは増減するのが政治家の仕事と思うが、今は完全に財務省主計局のアルバイトではないのか。
 この失敗の一番大きな原因は政務3役の段階で予算の事業ごとの優先順位が決定できないどころか官僚の決めた金額をそのまま認めた予算要求したことが原因の一つ。
 次に対象となる事業について主計局に基礎資料を作らせたことが一つ。
 はっきり言えば政権交代に備えた準備不足と今年に限って言えば予算編成完了にいたる時間不足がこのように財務省主導になった原因でしょう。
 本当の意味での政治主導は財務省の原案(概案)が固まった時点で政権公約の政策に従い組替えを行うことではないか。
 予算案は金科玉条のものでなく不磨の大典でもありません。12月が締め切りで全て決まってしまうと思いがちですが必要ならば与党で組替えるべきです。執行中の予算に不備があれば年度途中でも何回でも補正すべきです。
 文句はたらたら言いましたがこれでも前政権よりはましです。
 時間がたっぷり取れる22年度予算以降に期待します。
 
 

■誤記訂正■

昨晩の私のコメント
標題:鳩山政権は順調と思います,投稿者: 大野保志 | 2009年11月12日 23:31
に一部誤りがありました.下記の通り訂正します.

(誤):外務大臣(普天間に集約) ―> (正):外務大臣(普天間を嘉手納に集約)

失礼しました.

私は、仕分けの人選云々よりも、官僚の「苦しい言い訳」が気になりました。
何をゴニョゴニョ言っているんだという感じで、あれでは人を納得させることはできないでしょう。文言や句読点を捏ね繰り回して、人を煙に巻く技術ばかり磨いてきた弊害でしょうか。

事業を通そうと思うのなら、官僚には、納税者(=出資者)に対して、説得力を持ったプレゼンができる力を付けて欲しいものです。

[sirokuma] 様 (2009年11月12日 23:49 [mon] 様 (2009年11月13日 00:51)

早速のご返信ありがとうございました。よくわかりました。別に異議はありません。なお、失礼かとも思いますが、私は笑いながら、投稿の文章を書いております。その際、憤激の表現はどういう文体にしたら、効果的で、可能か、と工夫はしております。相手を励ます場合には、またそれに相応しい文体を選びます。文章表現は全て文体に掛かっておりますので。

妹尾さん

>今回の事業仕分けは真の政治主導とはいえない。単に財務省主計局の公開出張所ではないだろうか。財務省主計局の手のひらで踊っているだけであり、財務省主導の予算編成のアリバイつくりではないか<

今日、朝ズバで蓮舫議員が生出演してハッキリ言っていますが『この仕分け作業は国会議員だけでは無理です。財務省主計局の方の協力が必要』だと。

今回は失敗と言う考え方ではなく、明らかに前進して無駄の削減、外郭団体の削減に進んでいると考えましょうよ。

財務官僚は予算のプロです。其のやり口を今協力を仰ぎながら盗んで勉強すれば良い。そして其の経験を今度は財務省の無駄削減に活かせば良い。けして恩を受けたから其処は守るなどと言う浅はかな考えには成らないと思いますよ。

今はイギリス人(財務官僚)に中学校教師(民主党議員)が英語を教えようとするようなことです。だから留学し(今の協力体制)実力をつけてもらい、予算が成立した後は対等に英語を話せているでしょう。

私は今、焦らずに、自民党では出来なかった政治を暖かく見守る姿勢で応援しています。批判は次の選挙前で良いと思いながら。只、余りにも酷い公約違反が続けば反民主になるつもりですが・・・

ウーさん、仰るとおりですね。
私は、事業仕分け賛成組システム作り先行焦らずやろう派なんですが。
率直なところ、国民に与える効果は評価しますが、みんな簡単に言うなぁ!と云う感じです。
中小企業の税務調査だって2日や3かかかるんですよ。GNP世界2位の国家予算です。ふたを開けて覗き込んだくらいで解る訳がないんです。

先ずしっかりとした組織を作り、焦らずにやって欲しかったと思います。当然、財務官僚の協力は不可欠だと思います。財務省についての事業仕分けだけは、別のチームまたは組織でやる必要があると思います。

今後ですけど、選挙運動を兼ねてこれから1年間各議員が地元関連事業を実地検分し事業費の使用状況を評価して事業仕分け部会に定期報告するなんてこと出来ないんですかねぇ。暇だって言っている人もいるみたいだし。予算カットの話が多いから難しいかなぁ。

 民主党政権になり、天下りの廃止を行う方針に伴い、国家公務員の定年を60歳から65歳に延長することが議論されておりますが、地方公務員の場合、特に市町村職員については、天下り先がほとんんど無い状況の中で60歳になれば定年退職しているのに、国家公務員は天下りが無くなった場合に、65歳まで定年を延長する必要があるのか、地方公務員と同様に60歳まで勤務して定年になった場合に退職することでいいのではないか。国が定年を延長すれば地方も同様な扱いにしなければなりません。国も地方も財政状況が厳しい中で定年が65歳まで延長されれば、高い給与を支払っている職員を更に5年間雇い続けなければならず、(60歳で退職すれば、後の5年間は新規採用の給与で済む。)更に人件費が高騰します。65歳までの定年延長はについては、反対です。
 この問題については、多額な財政負担になるにもかかわらず、事業仕分けの対象になっているのでしょうか。大いに議論していただきたいと思います。

日本の税金は、こんなに無駄に使われていたのか………

役人のための無駄な出費が、こんなに多いのか………

なぜ、今までこういうチェックがほとんど行われずに、役人の好き放題にさせてきたのか………

日本が、いかにレベルの低い国であったか………

国民全員が、じっくりと反省しないといけない………と改めて考えさせられます。

うーん!何ですかね、1つ民主党の若手議員の方の物言いが威張ってる感じでね、官僚の方は人によってはへりくだった答え方で大変だな~2つは1事業を1時間で振り分けちゃって大丈夫て感じで、公開で行うならテレビで流せばいいのにパソコンで見る人なんてホンの一部の人ですよね・・・3つはここで浮かせても無駄を省くといいつつまた無駄かもしれない事業にまわすんでしょう。子ども手当てももらえないし、このまま民主の案ならあたしは超増税だし、むだをなくすとおっきな口聞くならね税金安くしてくださいよ!!でも増税なんでしょ!事業仕分けしても自分たちのマニフェストのためじゃね・・・こんなにバンバンやって景気は大丈夫。

<良心派様>
過日の叱咤は、私の書き込み「これでいいのか!?民主党」に向けての意図もあったと知りつつ、多忙に感けて書き込みをしていませんでした。
やっと時間ができましたので、私の意図を説明させて頂きます。
まず、民主党は、行政刷新会議がムダづかいや独立行政法人・公益法人・天下りへの切り込みを行い、内閣予算局としての役割を担う国家戦略局が、マ二フェストにそってゼロベースから予算を見直し、「コンクリートから人へ」の予算配分を決めるはずでした。
この両輪の内、行政刷新会議のみが力を持って走り出し、背後に財務省がいて、官僚に厳しい菅氏の権限を削いでいると感じています。
片山元鳥取県知事は、今週の週刊文春で、その危うさを小沢さんへの書簡というカタチを借りて指摘しています。
家でいえば土台「国家戦略局による各省シーリングに拠らない予算配分と内閣の方針」と「行政刷新会議による予算の削減」がセットで動きだすはずが、予算編成権(憲法上は内閣が編成権を持つ)は財務省にある。などと、博識で知られる藤井氏の発言を放置し、削れ・削れの大合唱です。
今回の事業仕分けについては、本来なら政務三役と省内各局の局長レベルで行うべきで、それを公開するなら判りますが、何の権限も持たない有志による事業仕分けであり、査定する側に財務省主計局がいて、政務三役の頭越えで事業が仕分けられています。
本来なら、100人超の与党議員が各省の各局に張り付き、全ての事案にコミットして、政治主導を行うべきで、これを行えば、財務省を含む役人のパワーは大きく削がれる為、このようなマヤカシのイベントが行われたと考えます。
(政務官を増員できる)肝心の内閣法の改正は見送られ、国家戦略室の局への法案も見送られ、土台ができない内に政務三役がドタバタと戦線を拡大し、始末におえなくなっているのが、現状ではないかと考えています。
まあ、平野さんの器量の問題なのでしょうが、故人献金を追及されたくないのか?会期を短く設定したい一心で、肝心の土台づくりを疎かにしています。
また、その様な大胆な改革を行えば、当然官僚とのバトルも予想され、仕切れないと踏んでいるのかも知れません。まるで、やる気も見えません。
閣内の意見が一致しないとの批判も、当たり前との論調もありますが、私は、力のある官房長官や幹事長が総理の意図を汲んで方針を示すべきと思います。
私は、今すぐに天下りを一人残らず排除するとか?ムダ使いを一円も無くせ!とかではなく、それに対する焦りではなく、土台や司令塔がない現実を非常に危惧するものです。

1、そもそもムダな事業計画にムダなエネルギー=税金のムダ遣いに怒りを感じる。
2、巨大組織は巨大な無責任で成立しているという現状をやはり感じ取れる。
3、民間なら15分で何億円という事業を決定付ける。全ての案件にメス入れるべき!

 事業仕分け人に市場原理主義者や主計官等を入れるのは、民主政権のサポーター的な者ばかりで固めると、野党等から極めて不公正だなどと激しく攻撃されるから、私は当然だと思います。要は市場原理主義者等を少数に留めておけばよいことだと思います。
 民主政権のやっていることは基本的には無血市民革命だと思います。無血市民革命での最大の問題は、当たり前のことですが、
(1) 革命を遂行しようとしている者が、旧体制側の者に、激しく攻撃されることと、
(2) 革命のサポーター達が成果の極めて速やかな実現を攻撃的なまでに急かすことと、
(3) 革命を遂行しようとしている者が、旧体制側の者に誤魔化され易いことだと思います。
 この投稿でも、(1)は置いておくとして、(2)も沢山おられて、私が尊敬する恵美さんも、焦りまくっておられるようですね。
 鳩山(政権)さんは、所謂偽装献金と資産報告書記載問題で、(1)の勢力から徹底的に攻撃されている最中(私は元秘書(鳩山さんの公的な秘書であると同時に私的な執事でもあったと思います)が職務怠慢以前に業務上横領をしていたのではないのかと感じており、横領を隠すために偽装したりしていたのだと思います)ですから、特捜が元秘書を略式起訴(逮捕しないで任意捜査をしていますので、99%略式だと思います)(特捜は年末あたりまでは起訴を引き伸ばして、(1)の勢力が徹底的に攻撃できるようにするのではないかと思います)し終えるまでは、(1)の勢力に対して、攻めていけないと思いますから、私は焦ってはならないと思います。
 民主政権は、短期的には壊されてしまったセーフティーネットを発展的に再構築し、中長期的には真の意味の地域主権国家を創造することに努力をし始めています。
 事業仕分けをネット中継で見ていますと、仕分け人の多くが事業の地方移管に熱意をもっていることがよく分かります。
 更に、各グループに政務三役(主として政務官)が出席させられていて、政務三役が、自分たちが(3)の旧体制側の者(官僚)に誤魔化されていることを、現在進行形で、強烈に気づかされていると思います。120年の官僚体制に、政務三役が誤魔化されないようになるのは極めて困難なことです。しかし、この、事業仕分けが、官僚体制に誤魔化されないようになるノウハウを政務三役に身に付けさせてくれるようになると思います。
 民主政権と官僚の闘いは、ここから始まるのです。
 4年をかけて民主革命の第一段階が終われば大変な成功だと思います。
 戦後が一段落するのに10年近くもかかりました。
 決して焦らないようにしましょう。

で、全体の15%だけがこの事業仕訳に回されてる(財務省は1桁!)
これで民主は主導権をアピールしてると思いますが、実態は財務省がイニシアティブをとってんじゃないでしょうか?
来年から「あっ君とこの新事業こっちの言う事気に喰わないなら仕訳事業にまわしちゃうよ!」みたいな事が横行しそうな気がします。

資源を持たず、食料自給率も低い日本は、外貨を稼がなければ国力衰退します。内需拡大だけでは国内資産は増えず、国際競争力は弱まる一方です。
そういった意味で、科学技術は日本の生命線といえます。一見生活に関係ないように思える技術が、別分野で重要な役割を担うことだってあります。
民間では手を出せないような、必要だけどペイできないようなものにこそ、国は出資するべきなんです。国まで「費用対効果」を重視してしまっては、科学技術の振興なんて望めません。

 >事業仕分け人に市場原理主義者や主計官等を入れるのは、民主政権のサポーター的な者ばかりで固めると、野党等から極めて不公正だなどと激しく攻撃されるから、私は当然だと思います。要は市場原理主義者等を少数に留めておけばよいことだと思います。


ご意見尤もですが、冒頭については意義があります。これはあくまでも与党提出の予算案を練り上げる場ですから仰るような野党への配慮は全く不要だと思います。従って民主党のブレーンでメンバーを固め民主党独自の予算を提出すべきだと思います。
野党の反論は国会の予算審議の場で聴けば良いと思います。

どうしても、もっと開かれた形が良いのであれば、いっそのこと野党のメンバーも初めから入れちゃえば国会審議の手間も省けスムースで良いのではないでしょうか。予算審議としては、変則的になりますが面白い試みになるかもしれませんね。

 事業仕分けの手法自体はよいとおもうのですが、憲法上、予算の編成は内閣が行うべきものであり、予算の審議は国会が行うべきものであるのに刷新会議って何って感じです。自民党から「なんの権限もない人達」と言われているとおり、刷新会議メンバーは内閣総理大臣が選任したに過ぎず、会議自体が諮問機関の域をでないはずなのに、さも決定権のあるような発言、罵声が飛び交うシーンを見ると憲法軽視とも感じられます。国会で審議しても、多数を占める民主党の決定に従うことになるので、刷新会議の結論=民主党の決定=国会の議決となるのでしょうが…。
 あと、何故民間人がメンバーに入るのでしょう?よくテレビに映ってる公認会計士さんは無償で出席しているのでしょうか?なんのために国会議員には政策秘書を雇うお金が支払われているのでしょうか?

事業仕訳について総理は今年限りと発言しているが、いったい誰がキーマンとして内閣全体を引っ張っているのかさっぱりわからない。
事業仕訳を通して、独立行政法人や公益法人、特別会計を含めた大改革に着手するのかと思いきや、単なる財務省の手のひらの上での財務省の代行にすぎないとは官僚の大笑いである。

今再度マニフェストと小沢氏の日本改造計画を読みなおしているが、民主党内の反小沢派、前原、仙谷、枝野は小泉後継ともいうべき財務省派であり、効率主義者、東京拡大主義者、地方切り捨て派である。
一方小沢派の中枢は、効果主義、脱東京一極集中、地方重視派である。
民主党は従来東京拡大主義、地方切り捨てであったが、ここ何年かで方針転換して政権を取ったにもかかわらず、行政刷新会議では反小沢派と財務省OB構想日本の加藤氏人選の財務省寄りの民間仕分け人により、財務省が目指す地方切り捨てを思い切り推進している。
小泉氏も財務省の言いなりで、地方切り捨てを行い、大批判を浴びたのである。
小沢幹事長はそれを見越して陳情改革を行ったのか、財務省が民主党の大分裂を図っているのか、とにかく今回の事業仕訳による地方の陳情攻勢で民主党内が二派の争いで大混乱に陥りそうである。
全ての責任は鳩山総理のリーダーシップのなさにあり、友愛や地方主権、特別会計、独立行政法人、公益法人の改革をどう実現するのか党内で道筋をつけていないで言いぱなしになっていたということにある。
そして内閣そのものが財務省中枢OBの藤井大臣と理念なき平野官房長官および松井他の官僚OBの小手先主義者が握ったことにより、抜本改革でなく、現実後手対応しかできない政権にしてしまっている。
207兆円の予算の1割削減は民間なら当たり前といっていたあの民主党はどこに行ったのか。
それとも戻ってくるのか。
我々はこの程度の理念なき事業仕訳では騙されない。
むしろ政権でやらない方が良い。

民間人が仕分けるからいいんじゃないですか。
民間人が払った税金を公開の場で民間人が使い道をチェックするんですよ。積極的に。
初めてだし時間的制約もあるから荒さも目立つと思うけど
今まで目に見えなかった、手を触れる事が出来なかった
政治家にさえ判断出来なかった問題を民間人が入って仕分けているという事
そこに最大の意義があると思うな、僕は。

平成22年度の予算を国家戦略局を中心に作ることを期待します。
その時今回の事業仕分けの手法を取り入れてやったらと思います。
説明を政務3役の政府側が行い(官僚がいてもよい)仕分け人を党の国会議員が中心に行って本当に国民のための予算を作ってゆくのです。政府に入らなかった新人も含めた議員が仕分けをするのです。この過程を踏むことで政策を具体的に勉強する事ができ、民主党の次代を背負う政策の専門家が育ってくると思います。
そして仕分け人の中に党員(必ずしも党員でなくとも良いが)も参加し地方や民間の声を取り入れ良い予算案を作り、国会の予算委員会に臨めばと思います。
この予算作りを数回行えば国民が本当に望んだ生活者の為の予算になり日本はこの疲弊と混迷から脱する事が出来ると思います。

平成23年度も間違いでした。
失礼しました。

これだけ、税金が無駄に、ほとんどが役人のために、浪費され続けてきたことが明らかになっているのだから………

今回対象の、445事業だけではなく、他の85%の事業も、すべて、きっちりと国民の目に見えるように、仕分け作業を続けてほしい。

特別会計とか、もっともっと無駄に使われている税金があるはずで………

財務省が守ろうとしている部分もすべて、仕分けしてもらいたいものです。

それができないうちに、国債だ、増税だという対応は絶対に認めない………と国民全員が思っているはずです………!!!

>科学技術は日本の生命線といえます。一見生活に関係ないように思える技術が、別分野で重要な役割を担うことだってあります。<

史上初の理数系内閣とか言っていたけど、いきなりスパコン凍結には吃驚しました。1番じゃなくても2番でいいんじゃない…そんな呑気な発言をするような人が仕分け人に居るとすれば何んともお粗末な人選としか言えません。
匿名さんの仰るとおりで、資源の乏しい我が国の未来(国益・平和の維持)は、物理・数学・化学・情報分野でのトップランナーであり続けると同時に、世界とコミュニケーションを取れる能力と教養(語学・歴史・文化・社会など)を身につけた人材を数多く育成し世界のあらゆる分野に送り出せるかにかかっていると思います。ムダどころか積極的に投資する分野だと考えます。

恵美さん、私も同感です。4年間のタイムスケジュール作りが大切で、今は民主党政権のベース作りの段階だと思うのですが…。国家予算なんて1か月や2カ月覗いただけで査定出来るわけがないんで1年目は全容把握と予算使途と実績の調査・評価、事業仕分け等のシステム作りをしっかりと行い体制を整えて切り込むべきでした。
今の民主党は焦りすぎです、マスコミ報道に流されず腰を据えた活動をしてほしいと思います。
急いては事を仕損じます。

公務員の仕事は、中抜きが多いこと。 それを国民に知らせた効果は大きい。 大雑把に言えば事業予算100取っても、50は公務員の人件費に使われ、実際の予算は50。 こんなんじゃ消費税増税など言えた義理じゃありませんね。 方向性としては民主のやり方は正しいと思うが、人件費への突っ込みが足りない。 やはり、官公労の影響でしょう。 それが、残念です。

<科学技術の事業仕分けは?>

科学技術、なかんずく基礎研究の分野は技術で生きていく日本にとって大事な先行投資である。

しかし費用対効果などを算定するのは極めて難しく、恐らく財務省は他先進国とのGDP比較で予算枠を決めているのかもしれない。(企業では研究開発費を売上高の何%で決めていることが多い)

さらに個々の事業については文部科学省や経済産業省の技官達が有識者(科学技術専門家や大学教授)の意見を聞きながら予算化しているのだろう。

ところで事業仕分けは聖域を設けないという方針は正しいと思うが、進歩の激しい科学技術に関する事業仕分けを政治家や経済専門家らの仕分け人で満足な評価が出来るのだろうか。

このような真面目なところにこんなのを転載するのは気が引けますが、彼らの方がよほどまともです。
http://hamusoku.com/archives/768639.html
http://nidasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-1386.html
この資源の乏しい、まして高齢化も進み、出生率も低水準を維持しているこの国で、もはや生命線は技術だけです。もともとこの国の理系の冷遇のされ方はおかしいと思ってましたが、この政権が維持されれば10年、50年後が怖くて仕方ありません。

> 1番じゃなくても2番でいいんじゃない…そんな呑気な発言をするような人が仕分け人に居るとすれば何んともお粗末な人選としか言えません。


そうですかね、
「1番じゃなくても2番でいいんじゃない」 じゃ、この疑問に対してきちんと答えられますか。
別に2番でもいいじゃないですか。
実際には いまは おそらく10番目に入っているどうかくらいですから、それが2番目になったら大変なもんです。おそらく2番目でも
かなりのことができるんでしょ。
よくはわかりませんが。それで何が不満なのか。

予算起案者の説明は、70歳になるまで知らなかったことです。
とても政治に関心がでてきました。
この町、この市では「仕分け作業」をやろうという気運がありません。
なぜなら、役所上がりの市長、商工会や中小企業経営者で構成される「自民党系議員社会」が継続している市町村では、とても仕分け作業を採用したい議員が少ないのです。全国3000市町村が首長、議員などの選挙で民主党的政治手法をとる議員、首長に代われば、「市民がリードして議会や財政改善に乗り出す気運が高まるで
しょう。
それまでは、仕分け作業によって
市町村の「無駄退治」のお手本を
全国に知らしめた「中央政府のデ
モンストレーション」だあると、
評価します。

事業仕分けは、既存の事業を無力化・弱体化し、民主党を通した権利構造に切り替えることが目的なんでしょう。
今後小沢さんを通さないと陳情ができなくなることとリンクしているとしか思えません。

滋賀県知事に対して「政権は代わった。なびいてもらわないとものごとは進まない」と民主党への協力を強制したり、都道府県議会議長会から反発を受けて「今後は陳情のたびに民主党が与党だと実感することになり、結果的には選挙でも応援せざるを得なくなる」と傲慢な発言をしたり、どこの独裁政党ですか?

勝本様
1番で無いといけない理由は、国防や経済など様々あると思いますが経済面で考えてみます。
省資源国家で貿易に頼らざるを得ない日本が世界のビジネス市場を相手に伸び続けるためには、好むと好まざると国際標準規格を獲得する競争に勝ち残り自社ビジネスを国際ビジネスへと大規模展開させる道を選ばざるを得ないのではないでしょうか?

グローバル化の波は金融や経済の世界だけでなくあらゆる分野に及んでいます。工業製品や技術の規格化…古くは、VHSvsベータ、最近では、ブルーレイvsHDDVD、ハイビジョンvsデジタルなどエレクトロニクス技術に限らずあらゆる工業製品や技術が国際規格化されつつあります。最近やたらと目にする国際標準化機関(ITU/ISO/IEC)のマークを見るとその流れは急速に拡大していることが実感されます。ネジ1本の規格からバーコード、携帯電話通信方式、テレビ放送方式など工業標準からビジネス標準まで扱われる標準化題材がすべて対象になります。そして、はっきりしている事は、国際標準規格を獲得したものが、その分野の国際マーケットを制覇するということです。

幸い工業分野は日本人が古来得意とする分野で、日本人はこの世界で様々な能力を発揮してきましたこの力を育てさらに伸ばしていくためには科学技術においても常に1番を目指す向上心がなくてはなりません。標準化された技術を超える新しい標準化企画・技術を生み出す努力への投資は、日本の現在そして将来の為に必要欠くべからざる事なのです。オールオアナッシングの厳しい国際社会で日本が先進諸国の一員として豊かな国として生き残っていくためには最新の技術導入はどうしても必要なことです。生き残る為に1番を目指すのです。

11/16の文部科学省で延長保育補助金など枠がある制度では、制度をいち早く知りえる役人の近辺が利用しているのが実態であると聞いている。つまり一般市民は残った枠内で取り合っているものと思う。今案件に限らず税金が役人のために使い続けられてきたのが今日の日本です。

過去の自民及び官僚の好き放題ゆるしてはならない。負けるな。防衛省にメスが必要です。国産戦闘機の開発に470億円。

>匿名さん
日米同盟がギクシャクしている中、防衛費を削るのは自殺行為では? 中国や北朝鮮の侵略を受けてもいい、というなら話は別ですが。

やはり同じことをただ規模の違いであっちの省,こっちの省でやってたな。
優秀な超難問クイズのような試験に答えて国家公務員に受かった人たち。中に入ると縦割りで自分の領域のみの保身的で楽な仕事しかない。縦割りは業際分野せまいから仕事が楽。国家公務員になっただけで安泰としている輩。志を持って入った人はがっかりしたろうね。また,キャリア以外は低賃金,長時間労働で寝る間もないし。やってられないよね。これからは優秀な頭脳を使って各省庁の垣根を取り払い,省庁を縦横無尽に動かなければならない難問の解決にあたれ。優秀な頭脳はそのためにある。優秀な頭脳は組織横断的に専門外の分野も研究して最善の方策を出すためにある。単なる定常業務の他に必ず他省庁との連携による業務をこなすことを義務とせよ。自己の天下りではなく国の最善の方向について活躍することを義務職務とせよ。そのような業務による専門性を身につければ天下り先など探さずとも民間からも引き合いが来るはず。今の官僚は前線では全く役に立たん。現場へ出よ。霞が関から動かず会議室で解いた解答はうそだ。

科学技術一番を目指して2番になれるなら優秀。日本は一番の科学技術大国? 危うい神話ではないか? 中小企業に頼った単品工業製品。自動車。電機。これらは中国にコストで抜かれる。いま重要なのは巨大システム技術。残念ながら日本は強くはない。いままで国益を担ってきたSO+YやTO—TA他の優秀企業が赤字となる状況。日本にはとんでもない状況が待っていることを覚悟しなければならないのかもしれない。

国の事業と地方の事業
仕分けで地方自治体移管と言っても地方には人材いないし,各県庁に人材配置するか育成が必要ですな。中央に技術的なうかがいたてないと動けない地方役人多いですから。

厚労省の介護予防事業の事業仕分け作業を聞いたが、実に頼りない担当役人の回答に情けないとさえ思う。たった1時間で「切られる」というが、この時間内で事業の有効性を説得できないような内容にこそ問題がるのだ。もっと厳しく仕分けして税金の無駄使いを暴いて欲しい。
昨日、市から「特定健診実施中・・・12月28日までに受信するように」との督促のハガキが来てた。3年前に受診したことがあるが、診察室の中を歩かせて「上手に歩けますね」など、何のためにやっているのかと思うようなことをさせる。独りで歩いて病院に来ているものに対してやることかよ!と言いたい。こんなことをするように国が指導しているのだろうか。被保険者としてはこんなことに1000円も自己負させられるのは御免蒙りたい。特定保健指導だというが、もっと効果のあがることができないのだろうか。検査にばかりお金を使うより、高齢者の健康増進にもっと効果的な事業ができないのだろうかと思う。

もう、いかにもと言う名称が付いている日本の、各種「特殊法人」、
そのやり口、やり方については、表に見えない形で、もう言葉に尽くせないほどの理不尽極まりない事案が、全国で、自治体を初め地方公共団体や、また直接的にも地域の住民に向けて、、薄汚い手口がもうそこらじゅうに溢れまくり、はびこっている。

●「UR」(旧.日本住宅公団)が全国展開で行っている整備事業(学校の校庭の、芝生整備等)の中での「UR」自体が自治体から入札で落札してやった事例のホンの一例の、実にとんでもない事例を紹介してみる。
☆大阪府堺市に、鳳公園と言う公園がある。「鳳」と言う名称は、関西圏の人なら南海電車で「鳳駅」があるので有名だが正にそこで行われた納得のいかない事案。ここで、公園内に車の侵入を防ぐためのU字型のステンレス製のパイプ列柵が平成12~3年ごろに装備設置された。ところが、あの中国のオリンピック開催直前に、この車侵入防止用に設置されたパイプが公園からソックリと抜かれてごっそり盗難に遭った。
平成13年度に整備した折(新規整備)に、「UR」が堺市から367万円で工事を落札している。落札した「UR」は、その事業を「JS.日本住生活(旧日本住宅公団団地サービス)」へ丸投げし、「JS」はそこから全く別の元受業者に丸投げし、それを受けた元受業者は、次の、「中抜きの業者」に流し、その中抜きの業者がまた別の「中抜きの業者」に流し、そこからまた別の「設計会社」に行き、そこから漸くその公園の工事本体の工事作業の人夫から材料から土木作業から整備全てを一括りで全て賄う土建の「工事業者」に至る。
「UR」は入札に参加するだけ。以下に続いたラインの業者はほぼ仕事らしきものは無し。最後に流されてきた「工事業者A」がほぼ全てのこの堺市の鳳公園のこの工事事案の作業を全てやる。
そこで興味があるのが、この最後の下請けの工事業者は、一体この工事の代金として一体幾ら貰ったかという事。つまり、その折に堺市から受注した「UR」から、数えて5~6社を経て漸く回ってきたこの公園の整備工事。「A社」に確認して吐かしたら、何と100万も貰っていないという。私がアレは堺市から367万円出ている事業だよ】って言ったら、「A社」オーナーが私に、「えーーーーー!」って驚いていた。
堺市が予算で組んで公園の整備費用として税金から出している金額は【367万円】、だが、この今回のこの事業での工事内容の、全てのほぼ99%をやった工事会社には、金額として約90万円ほどしか支払われていないで、実際に「A社」にはそれ以上が渡っていない。つまり、入札に参加したこの独立行政法人の「UR」が、その堺市からの出た予算を配分として末端の業者(工事のほぼすべてを賄ってやっている業者)に、公金の税金をこんな形で中抜き、ピンはねをして分配し、とんでもないことをさせている。
しかも、その作業には、現場で「JS」の名称入りの固有の作業服をわざわざ現場の工事関係者に名札つきで着用させ、いかにも「UR」の仕事を100%請けた「JS」の職員が、工事の現場で直接携わって工事をしています」などと見せかける行為までさせている。工事を実際にやっているのは全く違う孫受けの孫受けの孫受けの「孫受け」の業者。
最近の国民の批判などで、今一応表向きは、丸投げは止めさせようと、「UR」の事業事案については全て「JS」がやっているという事になっている。丸投げは一切やっていませんという事になっているが、実際の現場の実態は、偽装工作で、「JS」などとは全く違う者が、「JS」の社員に見せかけるように制服と名札を付けさせて工事をさせており、全く違う会社の従業員が工事に携わり、これが今も普通に全国の現場で行われている。
【この「UR」と、「JS」には、いわずと知れた国土交通省からと、余り知られていないが実は各自治体からの天下りの宝庫でもある。】
民主党の事業仕分けについては、このような所まで手を伸ばしていただきたい。予算が付いた事業が実際にその工事を請け負って直接作業をやった末端の下請け業者が実は一体幾ら手にしているのかを見れば、その事業の本体の単価が出てくる。そこで予算の単価がおのずと見えて表に出てくる。ここを是非ともやってもらえれば、国の予算など特殊法人を通じているものなどは4分の一で充分賄えるはずだ、さすれば国家予算全体で見ても大げさではなくても、100兆円ほど出てきてもおかしくないと思える。
もっともっと民主党は掘り出せてこれるのではないかな?
これは「UR」に関する或る地域のほんの小さな一例だが、各種特殊法人がこんな小さな事業内容にまで手を伸ばして税金を貪り掠め取っている実態がある。
全国の自治体、市の職員自体が、実はこう言う流れの実態をこれを知っていて、解っていてこれを普通に許して便宜供与を受けている実態があり、必要なモノでも、安く出来るものが実はとんでもない単価で予算をくすねて奪い取り、丸投げされて実際に工事をやった会社は、「鳳公園の工事は100万円あれば御の字の工事です」といってるにも拘らず、僅か100万円もかからない工事が、「UR」が関わって入札落札する事で、こんなとんでもない【400万円】近い価格に何時の間にやら作り上げられて税金を騙し取られている。
自治体の職員が、この件についても実はわざとわかっていてやったと思えるので、この件は、税金を返せなどと言う甘い追求ではなくて、【犯罪行為として立件】も視野に入れて、これを不正事案として今【背任行為に当らないか】を警察本部で検討してもらっている。「捜査二課」に捜査依頼をかけている。警察、大阪地検当局がやれればいいんだが。80万そこそこであれば、工事金額が実は入札の規定に入れなくてもいけるのに、工事費用予算を「UR」に落札させるために、作為でもって金額をわざと上げることで「UR」に絶対に入札の形を無理やり取り落札させる仕組みを作っているというこの図式についても、いかがわしく、捜査対象で調べてもらっている。
長文失礼。

中継が、見れなくなっていたんだけど………

人数制限がありってこと………???

公共事業
国や地方自治体全体に金を回すにはその施設の必要性があろうとあるまいと建設業に仕事をさせるのが最も手っ取り早い方法だったわけです。いろいろな職種が絡みますから,いろいろな所に金が回るのです。宵越しの金は持たねえとか。エジプトのピラミッドも農閑期に収入のないものに税を還付する手段だったとか。箱物,コンクリート,道路,,,,金額大きいですから,地方に回る金額も大きく。
大した技術でもない建設業が金額の大きさでのさばってたわけです。当然元請けは大きな利益を取り,談合がまかり通って族議員はほくほく。日本中に張り巡らされた建設業で潤うこの仕組みそう簡単には変わらない。しかし,必要のないものまで作って金を回すシステムは無くさないといけません。過疎の地方には金が回らなくなることも事実で食えなくなる人も出るのでしょうなぁ。民主党さん変革は大変ですよ。低級の土建国家を欧米並みの精神を持つ国に変えられますかな。変革は国民の質も変えねばなりませんよ。

徹さんと同じく、事業仕訳開始以来何度アクセスしても見られません。準備完了の後、スタートボタンをクリックしてもバッファー...の後直ぐに消えてしまいます。他の民主党のビデオは見られます。未だにそれ程アクセスが殺到しているという事でしょうか?

「理念先行の効果疑問施策」が一番怪しい政策だ。

 例えば私が個人的には好きな科学未来館。
科学技術への関心を高める理念には誰だって賛成だ。
 要は効果だ。効果がゼロでないことは誰もが知っている。しかしアレが無いと科学への関心が高まらないとも思えない。

今は多額の税金を使う余裕は日本に無い。

基金が出されていて更に運営も赤字なら、それは入館者が少なく、国民の科学技術への関心を高める施策としては失敗していると言う事だ。 学校教育とは別の話だ。

今の館長は国民受けする看板として利用されているだけだ。 館長の言葉でも、お金の流れはある組織を通して入り、支出もある組織を通しての支出が義務付けられて入ると言う。彼は自分でも疑問を感じるとテレビで語っていた。

記憶に新しい所でもう一例。
ついこの間だが、兵庫県の佐用町で地域的集中豪雨にて大雨による災害が発生した。家を失われた方など住民に多大な被害が起き、地域の方々は大変にお困りになられたことだろう。
国も、自治体からも、全国の国民からも色々な形での資金援助が行われた。それは非常にいいことだ。緊急の、被害、災害に対する対策予算、これは地域に取れば非常にありがたいことであるし、この名目だけであれば誰もその緊急出費の被害対策予算について文句をいうもの等はおそらくは誰しも居ないだろう。
もしも政治家が、いや民主党の議員の中でこの対策資金までも縮小などといえば、全国から先ず非難ゴウゴウだろう。これだけを取るとこの援助の資金がなければ困るから是非とも必要だと国民の誰もが言うと思う。
さて、実は、この今回の緊急被害対策資金の使われ方で、私にすればここで一寸した首を傾げたくなる事実があるのをここで書いてみる。皆さんは次に書くこれを読んでどう思われるでしょうかねえ。

今回佐用町に災害対策費として支給された予算のうち、一部分の費用が公立学校の校庭の芝生植えの整備に使われた。校庭の広さが約6000へーべ。この事案についての町役場の施策の目的は、【地域が被害にあって地域の住民が現状心がすさみがちだから、地域住民の気持ちのつながり、地域住民が地域の復興の為に地域の宝である子供達と手を取り合って協力して芝生を植えて、そういう協力体制を地域住民で作る事で地域が皆心をひとつにして、子供達と一緒になって地域を一日も早く復興させて、その方法として学校の校庭に皆が参加して手を携えながら皆で協力して地域の住民の心をひとつにして復興に心を通わそうと言う目的だ】と役所はこの事業の必要性の趣旨を訴え住民の協力の下行政の手でこれをやった。
目的、趣旨は、これだけを聞けばまあ結構良い施策であると思う。
問題はその中身である。
芝生の材料(苗)に、総額で86万円(植樹に関しては住民の手で植えたので作業に関わる経費は不要)、これの内容を聞いて、ああ町役場も結構頑張って鳥取方式を使ってやったとは、結構頑張ってるなあと瞬間思ったんだが、もっと中身に突っ込んで私が問いかけて役所担当者のその説明に一寸むっとしてきた。
芝生については住民の協力で僅か86万円で済んだという説明で、少しで済みましたと、ところがそこから先のそのほかにかかった費用、それらの後の内容については一切を語ろうとしないので、私が、【芝生は意外と良く成長して結構伸びるので、刈る機械が要るだろう?刈る機械はどうしたの?】って聞いてから私は腹が立ったのである。
担当者はグツが悪そうに「実は別に数百万円かかりました」。「何で?」って聞くと、「実は大きなトラクターのような草刈機を買いましたので、それに数百万単位のお金がかかりました」。学校の校庭のあの広さ、スペース、狭さになんでそんな大きなトラクターのような一人乗りの自動車のような草刈機が要るのかっ!!!」って、「もしもお前さんの自宅でそんなトラクターが居るのか、自分の家で想像してみろよ!」そういうことを考えた事があるのか?」一寸思わずその執行した担当者を怒鳴りつけてしまった。芝生に86万円の費用でそれを刈る機械に数百万も掛けるなんて、まして目的は地域が心を1つにして皆が参加して芝生を植えて子供達及び住民が協力する地域の繋がりの対策だったはずが、やってみれば意外と芝生自体の費用が小額予算で澄んだために、今回回ってきた緊急の被害対策費の使い道が思いつかず、こんな押し車形式の小ぶりなものでいけたものを大判振る舞いで、要らない、また今回の趣旨、目的にも合致しない莫大な予算をこんな不必要なものに短絡的に使い切る、このばか者が!」って私が怒ったわけ。
私なら、芝生は結構伸びやすいので春から夏の終わりごろまでは暖かい時期であれば、2週間に一度ぐらいを刈って揃えたりも必要になってきて、その際には趣旨の目的どおりに小学生と地域の住民がその折にお出ましをしてもらって一緒になって、一緒に校庭で横並びで推し車形式の草刈機(これであれば10万もかからない)で並んでニコニコしながら草を刈るという状況を作るが、そういう発想は思いつかなかったのか!」って、「そうすれば例え2週間ぐらいに一度は生徒と地域住民が協力できるという本来行政が今回芝生を植えるそもそもの名目で謳っていた内容に近いものになるではないか!」って、大型の草刈機であればこれを操作する担当の者をも必要になり、何でそんな予算の使い方をやるのか!って言ったら、無言で黙ってしまった。
結局は86万と、後は小型の押し車の安全な草刈り機で100万前後で済んだものを、桁が違う使い方で数百万円を使ってしまった。被害対策費予算といいながら、目的も良い事を掲げながら、実はこんなお粗末な税金の使われ方をしている。短絡的で生きた発想が一切なくて、施策が貧しすぎる。
民主党の今回の仕分け作業を見ていてもわかるとおり、今までの地方公共団体が自民党政権下で行ってきた全国あらゆる所で行われているあらゆる案件、事業でも、対策の目的の名目は確かにいいものも中には結構あるんだが、だが実はその費用が実際に地域住民に還元されずに、知らない、見えないところで役所と訳がわからん団体や輩連中に短絡的に手に入れられていて、町おこしのはずが実は特殊法人が膨れるだけの予算配分になっているものがもうわんさと有る。
そもそもの予算の名目の目的の、その結果としてのその対価が半減、いや物によったら意味も何にもなくただ団体に掠め取られているだけと言うものが滅茶苦茶ある。
一般の良識ある全国の国民は、表に見せないところで、見えないところでこんな被害を蒙っているのである。ここを全国的に改めていく、こう言う内容を見つけ出して行政に指摘し改めさせる。余りにも酷いものには法的に追求し【背任行為】だとして【刑事告訴】も持さない方法も民主党は事案によっては徹底して追及し、私はこう言う方法も視野に入れてこの際取るべき道だと思えるが。
今日書かしていただいた兵庫県の佐用町緊急被害対策費としてその被災地に出ている予算の使われ方のこう言う例については、この個別案件の一例について、全国の皆さんはどう思われるのだろう。この使われ方について。
<参考資料>
鳥取方式(鳥取大学準教授の先生の芝生植樹に関する案)で行けば、芝生植樹だけに関しての単価は、植樹作業自体を地域の住民でやれば、1平方が単価100円で可能と言っている。実際に可能。

そこで最近の実態で、ちなみに、「UR」が落札した案件で次のような摩訶不思議な市町村の予算出費事例がある。
.各地自治体の事業案件(不可思議単価事案)
☆兵庫県姫路にて芝生植樹整備工事「UR」落札案件費用(市税から出た予算)  作業費用として、2000数百万円。

☆大阪府高石市にて芝生植樹整備工事「UR」落札案件費用(市税から出た予算) 作業費用として1千数百万円

皆さんの地域でも、村でも、町でも、市でも、県でも、そこらじゅうで、回り周辺にはこのような誰がどう考えてもおかし過ぎる予算金額、単価が、表に見えていないがもう山のように有ります。今回の民主党の「事業仕分け」は、実際にその事業を直接現場で作業をやった人(企業=孫受けの下請け業者)に、市町村から付いている貴重な予算が、回りまわって一体幾ら渡っているのか。そこでその孫受けの業者が受け取っている金額が実は本当の市が使う工事単価であるはずなのに、ここまでに特殊法人は途中で莫大な比率でピンはねし(約70%~物によれば87%ピンはねしていると言う例もある)これを徹底的に調査をする事だ。実際にほぼ全ての作業、整備工事を丸投げで受けたその実際に工事をする工事会社に行くまでの途中の特殊法人がここまで搾取団体になっているかのその実態を、全国からとことん暴きまくろうではないか!!!

私の勤務経験から、不要と思われる件を以下の通り投稿します。
1. 経済産業省の外郭団体 財団法人日本規格協会(JSA)及び科学技術庁の外郭団体 財団法人日本科学技術連盟(JUSE)が行っている品質管理講習会は、公益事業ということで法人税率が軽減されているが、法人税率軽減の必要はないと思う。戦後間もない頃は公益性があったかも知れないが、現在は上記以外で、企業や団体が実施している。上記品質管理講習会は収益事業である。

2. 経済産業省の外郭団体 財団法人日本ウエザリングテストセンター(JWTC)の存在理由を精査する必要がある。この団体で行っていることは、企業にて行われておりこの団体の事業は不必要と思う。

私の経験から、不要と思われる件を以下の通り投稿します。
1. 経済産業省の外郭団体 財団法人日本規格協会(JSA)及び科学技術庁の外郭団体 財団法人日本科学技術連盟(JUSE)が行っている品質管理講習会は、公益事業ということで法人税率が軽減されているが、法人税率軽減の必要はないと思う。戦後間もない頃は公益性があったかも知れないが、現在は上記以外で、企業や団体が実施している。上記品質管理講習会は収益事業である。

2. 経済産業省の外郭団体 財団法人日本ウエザリングテストセンター(JWTC)の存在理由を精査する必要がある。この団体で行っていることは、企業にて行われておりこの団体の事業は不必要と思う。

本日ここに書くことについては、まあおそらく全国の人は「それってほんとに本当なの?」って一寸びっくりされる事だろう。私の率直に思った事なんだが、多分こんな悪辣な事案が独立行政法人の所で全国的に行われている事に、まずまだ殆どの国民が気付いていない事だろう。

彼らは、表では絶対に出さないし、知られてはまともに困る事だから、独立行政法人としては、彼らも表には絶対に出さない。

民主党の事業仕分けの中に、実はこんな隠されている、知らされて居ないとんでもない独立行政法人の理不尽な行為があるという事を今日は書いてみる。
私もこれを掴んだときには、まあここまで薄汚く搾取を繰り返しているとはと本当に驚き、まあこれは多くの案件の中でも【極み】のような行為事案だなあと。

☆現状全国に存在する無数の公団住宅、ここは当然として「UR」が所有、管理している。今日書く内容はその中で空き家募集の折に、次に入る人の準備体制の為に部屋を清掃するという業務がある。「UR」はこの作業を当然として「JS」に発注する。「JS」はこれを受けて、この「部屋の清掃(レンジ周り;風呂;トイレ;ガラス戸;網戸;洗面台周辺;壁面拭き;空調機、流し周辺;玄関ドア等一式)の仕事を「元受業者」に丸投げ発注する。元受業者は次の下請け業者に丸投げする。そこからまた実際にその掃除作業を直接全て現場で丸ごと清掃作業を丸かかえでやる【業者】に流す。ここで例えばこの独立行政法人の「UR」から結果として経過で色々な複雑な多くの業者をラインで経て、漸くたどり着いた最終的に流れてきたこの作業の全てを現場でやってしまう最終的に現場で全ての清掃作業を請け負ってやる【孫受けの業者】を仮にここでは【A業者】と呼ぶことにする。
さてそこで、この作業の費用金額だが、施主である「UR」は、個別居宅で3LDKでのその清掃代の金額はおおむね大体で10~13万円前後。これが「UR」が設定している金額。
では、最終的にこの清掃作業を現場で全ての作業をやる業者の【A社】には一体幾らの金額が支払われるのかといえば、大体13000円から15000円(ダイニングのフローリング部へのワックスがけがあればその折には清掃の合計で18000円)。この清掃の作業には大の大人が二人係りで現場一軒(3LDK)で約6時間ほど費やさないと部屋全体の掃除という事の完璧というにはこなせない作業量。それも作業をやるメンバーは清掃でも特殊な技術と特殊な薬品を使う講習をちゃんと受けたまあ言えば仮にも掃除のプロレベルが行っての作業工賃。
重ねて言うが、ここでいう作業をやる人は、無論【A社】の正社員。【正社員】だという事を良く念頭に入れておいて欲しい。
彼らは施主の「UR」所属職員でもなければ、無論だが「JS」の社員でもなく、無論元受の業者、次の孫受けの業者の社員でもなく、また臨時に派遣された派遣従業員の作業員でもなく、ラインで最後に孫.孫とラインで順々に回ってきた孫の下請けの孫受けの、そこの正式な【A社】自体の専属の社員なのである。
当然だが、「A社」も企業なので当然であるが会社としてのこの作業における利益を、この実際に受け取る作業代の中から上げなければならない。
仮に、この「A社」がこの作業における代金として、施主側から15000円を受け取ったとする。10万円ほどの工事作業の中から「A社」の取り分として。
「A社」は己の所の会社自体の利益をこの作業費用代金の中から得るしか道は無い。またこの作業に関わった「A社」社員には、当然だがこれらの収入の中から給与を払って貰わねばならぬ。この15000円の中から会社が5000円を会社としての利益として抜いたら、作業に関わった社員2名の取り分は、単純に1日で一人5000円分割分にしかならぬ。会社と現場との往復の時間を含めて勤務時間は約8時間程の労働時間。労働基準法についても、実働がこれでは、1日で5千円であれば、時給の問題点についても法令の最低賃金に関わる法にもぎりぎり引っかからないレベル。
つまり、社員については、法的には不当労働とは認められにくく正当と認められている給与を支給しているという事になる。文句を言われる筋合いはないと言うつもりだろう。
多くても月に12~13万円の給与となる。ちなみに作業を行う「A社」社員は、この作業を現場で行う折には、強制的に「JS」の命令で「JS」に所属している社員でもないのに、作業服を「JS」の正式の団体の名札付きの制服を着用する事を義務付けられ作業をやらされる。いかにも「UR」の事業事案は他には一切丸投げせずに「JS」がやってますと見せかけて偽装するために。

「A社」の社員である大の大人の人の給与が、この日本で、1日働いてもこの程度で働かされている。この原因なんだが、つまりは「UR」が直接こういう末端の「A社」に直接に発注すればかなりの部分が回復され多分かなり良くなるだろうが、でも、天下りの連中の給与が要るのでそうも行かないようだ。
「JS」が無くなるだけでも「A社」の取り分が少しは世間並み、つまりはダスキン並みの取り分の分配になるだろうに。

ここで思い出してもらいたい、麻生政権下で景気対策を大上段に補正予算で14.5兆円もの緊急補正が組まれた。この中から当然のように「UR」にも数千億円が国土交通省から拠出された。この莫大な国からの拠出金の中には失業されて家を失った人らにも空き家を優先的に与えるという国の方針にも協力する内容が盛り上げられており、今回の予算にそれ対応用の予算に上積みされている(国土交通省UR専属の担当者談)という。
ところが、その予算が国から出てるにも拘らず、目的が国民の一寸でも困っている内容を克服してあげようと出た予算でありながら、こう言う先程の掃除会社の社員とか、町の地域の中小企業の復興、進展や企業への景気対策、そこで働く従業員らへの還元のはずが、実は特殊法人の手だけにこの金が渡ってそこだけが膨れてしまって一切この末端の業者、従業員の方らには、収入が増えるどころか、まだ踏みつけてその踏みつけた所から我がらは利益を膨らませるという、もう私ら国民にすればあの緊急の景気対策の補正予算は一体何処に消えるのかとまあとんでもないことである。

こう言う緊急の景気対策なんだから、こう言う末端の業者の所に今まではたとえ13000円だったものを、補正で予算が付いたからとりあえず25000円とか、30000円でとか少し引き上げてやれば、全体的に景気対策にもなる。だが、実状はこの13000円は、補正が付こうが一切そのままで予算は独立行政法人関係で留まり全て膨らみ、国民からは見えなく消えてなくされてしまっている。
何のための景気対策かという事になる。

厚生労働省の天下り団体の雇用促進事業団の空き家募集事業についても、実態は全く同じ構図で、実態は同じようになっている。国土交通省の天下り連中は、一体、人間、国民の事をどう捉らえているのだろう、人間の細胞を持っているのかと疑ってしまう。馬鹿にするのもいい加減にしろって!!!

一寸長くなってゴメン。


↑ 名前を記載するのを忘れていました。
あと、余り知られていないことだが、特殊法人の組織の中には実は血縁関係者のまあ多いことか。だれそれ部長の親類だとか課長のおいだとか従兄弟だとかもうそいつら親類縁者まで全てをこう言う特殊法人の組織で面倒を見ているわけ。
大阪に或る公社が有るが、ここに200人ほどの職員が存在するがまあまあ半分以上が実はコネ採用。
同じ苗字の者が無数の組で存在する。つまり血縁の職員だという事。
天下りが問題になるが実はその団体で働くものが親類縁者全てをこれ税金の流れで面倒を見ているという本当に酷い状況、一般応募などいっているが形だけで実は嘘もいいところ。
大阪中央郵便局のある年の採用局員が37人。そのうちの36人の新規の採用決定者が実は局長や課長や親類やそういう血縁連中で占有されていた事実がある。
つまり、大阪梅田の大阪駅前のあのドデカイ大阪中央郵便局に行って、出て来た局員に、「、一寸聞くけど、君はどの部長の親類だい?どの課長の血縁なんだい?」って聞いても、ほぼ的に外れがないレベルという事。

今度行かれたら窓口で聞いてみてください!面白いですよ!

大阪市役所庁舎でもそう。職員で、部局、課は違えども、同じ名字のセットの組み合わせの組数がまあ多いこと多いこと。或る上階級の一人の職員の、こんな名字一寸何処を探しても全国一寸無いだろうと思える名字の者でも、総務の人事課で確認して聞いてみると、職員としてやっぱり3~4名存在する。ほんとに何で?って思ってしまう。血縁かどうかはプライバシーとかで公表してくれないがどう考えても身内か血縁者だろうという苗字の者が存在する。
世の中、役所等の現場は、あらゆる形で国民が今まで放置したお陰で、ここまで腐っているのが現状。
国民はしっかり見張っていくべきである。
その意味でも事業仕分けは物凄く意味合いが大きい。

事業仕分けご苦労様。
疑問をていします。
民主党はかねてから政治主導、政治主導と言いながら官僚を相手にしているのですか。各省にも大臣以下の政治家が居るのですから政治家に説明させればいいのではないかと強く疑問に思います。あれは官僚いじめのパホーマンスですか?さらに、今回提出された概算要求の中から仕分けしていますが概算要求を提出するのに現大臣は決裁していないのですか?もし、政治3役の一人でも決済しているのであれば決済した人の立場はどうなるのですか?何の権限もない人が廃止だ、削減だと勝手なこと言っていいのでしょうか?自分の省のことについて勝手なことを言われても何の説明・反論もできない政治3役はいりません。
業務仕分けは予算編成過程がある程度オープンになった点はみとめますがこのようなパホーマンスばかりしていると国民は早々に民主党を見放すと思います。

ヒデアキ様、疑問に思われている事柄ですが、確かにパホーマンスはあると思います。仕訳の段階で現大臣が発言するとぐちゃぐちゃになり、とても1時間で済まなくなります。しかも、現大臣は決裁も何も「ご説明」があってもあまりにも案件が多く、とても頭に入らなく、予算案に判を押さなければならないとすれば「めくら判」はしょうがないかと思います。今回の儀式は必要なのです。

初めて実況を拝見しました。 仕分けの切り込みが素晴らしいですね。これから毎年実施されるように願っています。予算を確保する方々は余りにいい加減であきれ返ります。

中継に登場してくるお役所の人たちは殿様的待遇による上から目線、民衆とはちがった特別な人間との思い込みなど散見され、まちがった人間形成をなしています。これらは日本の方向づけを誤ったものにし、そういった人間の思想を根本から廃絶すべきであると、これを見て改めて思いました。

ビジョンがないのによく事業仕訳ができますね。
驚き驚き!!!!!
日本人は上から言われると断れないのですね。この事業仕分は、ひん死の日本を死にいたらすでしょう。雇用不安、雇用対策、外貨獲得を先行しなければならないのに財務省主導で困ったものです。
民主党議員さん、誰か即効性のある雇用対策を早く打ち出して下さい。

ビジョンがないのによく事業仕分けができますね。
驚き驚き!!!!!
日本人は上から言われると断れないのですね。この事業仕分は、ひん死の日本を死にいたらすでしょう。雇用不安、雇用対策、外貨獲得を先行しなければならないのに財務省主導で困ったものです。
民主党議員さん、誰か即効性のある雇用対策を早く打ち出して下さい。

この事業仕分けの意義は、民衆を無視した、民衆を思いやらない、既得権益一辺倒の思想の根絶だと思っております。しっかりと、だいたんに斬ってください。応援してます。

このような生中継をされることは
大変画期的であり、我々国民が知ることの出来ない不透明であった部分であり、視聴率、支持率のUPに繋がっていることは間違いないです。
毎年実施していただきたいと思います。
ただ日本の財産である技術分野では、今後日本が世界で活躍をするために仕分けの見直しは必ず必要だと思います。
もうひとつ、国民は民主党のマニフェストより、自民党に限界を感じていたと思います。今問われている普天間基地問題など迅速に解決されることを期待しております。

我が家でも仕分けが始まりました。 歳暮や正月用品で、高級な蟹などが廃止となりました。国の仕分けに対するささやかな応援と思えば腹も立ちません。

国民に公開するのはいいことだけど、それで国民が参加したとこになるの?
訳わからん議論の末に必要な予算まで削られて、多数決の結果本当に困る人たちの意見を反映する機会すらないこの状況が、国民の参加といえますか?

特に教育と研究に関係する予算をたかだか1時間程度の議論で削っていいの?いくら経済状況が悪いからといって目先の利益ばかりを追って長期的な計画を必要以上に圧迫していいの?
長期的な目標のないところに改善はない。日本の将来を犠牲にしているということに気づいてほしい。

確かにこの「仕分け」は画期的なことだと感じる人は多いでしょう。政治パフォーマンスとしてはよく出来ているといえますね。

今回のこの「仕分け」に対して本日ノーベル賞を取った科学者から苦言を呈せられたことを諸手を挙げて賛同されている方々はどうお考えになるのでしょうか? もちろん、何故スパコンを日本で開発しなければならないのか? 何故、日本でロケットを開発しなければならないのか? これの説明を国民に分かる形で行って来なかった方々の怠慢もあります。が、日本は1945年以降、一般の人間を何も考えることが無いような政策をとって来たことが全ての要因となっているでしょうことはいうまでもありません。ですが、ある程度の国際政治的な事を考えれば科学の基礎理論を国内で十二分に育成しなければならない理由がお分かりになるかと思います。

例をスパコンに置きますが、今回本当に凍結状態になったとき、10年後20年後の日本の状況が楽しみです。「仕分け」を行った連中はどう責任をとるのでしょうか?bくは今から彼らの弁明を聞くのが楽しみです。

確かにこの「仕分け」は画期的なことだと感じる人は多いでしょう。政治パフォーマンスとしてはよく出来ているといえますね。

今回のこの「仕分け」に対して本日ノーベル賞を取った科学者から苦言を呈せられたことを諸手を挙げて賛同されている方々はどうお考えになるのでしょうか? もちろん、何故スパコンを日本で開発しなければならないのか? 何故、日本でロケットを開発しなければならないのか? これの説明を国民に分かる形で行って来なかった方々の怠慢もあります。が、日本は1945年以降、一般の人間を何も考えることが無いような政策をとって来たことが全ての要因となっているでしょうことはいうまでもありません。ですが、ある程度の国際政治的な事を考えれば科学の基礎理論を国内で十二分に育成しなければならない理由がお分かりになるかと思います。

例をスパコンに置きますが、今回本当に凍結状態になったとき、10年後20年後の日本の状況が楽しみです。「仕分け」を行った連中はどう責任をとるのでしょうか?bくは今から彼らの弁明を聞くのが楽しみです。

素晴らしい来年以後も是非続けてほしい。

やらないよりは一度はやってみた方がいい事業仕分け
やらないと分らない事もあるし駄目な点があれば改善すればいい
事業の見直し検討において、まず「止められないか」のスタンスから入るのは基本中の基本
議論に時間をかけるほど成果が出にくくなるという事もまた真理
裏を返せば本当に必要なモノなら短時間の説明、検討議論でも十分にその必要性を理解させられるハズ
結論を出せずに「次回へ持ち越し再議論」などというのは避けなくてはいけない最悪のパターン
密室で物事を決めず会場での一般人の傍聴に加えたりインターネット上での中継されたりと公開の場で行われたという事は大きい
時間が足りないと言うが、だからアノテンポが生まれ関心が高くなったのでは?
一番の無駄は天下り先や嘱託の元役人の人件費でしょ!
役人の質も悪い上に、その人の数が多く彼らプレゼンやディベートがないが為に本当に必要なところがカットの対象になっている印象が。。。
コンサルタントがクライアント先の改革を進める時にも、いきなりの“本丸”攻撃は抵抗も強く改革が失敗に終わりがち。からめ手からから徐々に入り込み気がつけば“本丸”陥落、というのが理想
民主党もそんな考えでいてくれるものと願いたいところ
国会議員の人件費も無駄だよね 数も多い上に質も悪いし世襲をするのに政治団体を使えば無相続税ときているし

ニュースを見ながらこの投稿をしています。
いろいろな分野の第一人者の方々が、熱弁を奮って、自分たちの分野の重要性を主張しています。
正に「総論賛成・各論反対」のオンパレード。
確かに、科学技術分野での研究開発は重要です。
しかし、事業仕訳で分かるのは、肝心の研究開発に予算が回らずに、各団体等の人件費やその他の目的で使われ消えてしまっているお金の多さです。
仕分け作業をなさっているメンバーの方々も、そこを問題にしているのだと思います。
ニュースではついついそれを見逃して、予算を削られてただただ怒りまくっている有名人を面白おかしくリピート紹介しているだけです。
また、期間と目的を限って作られて関連団体は、その使命が終わったら速やかに次の段階に入ってもらいたいものです。
返す返すも悔しいのは、本当の目的と夢に予算が回らず、官僚OBの高額な人件費に化けていることです。
早く、予算の使い道がきちんと管理できるようになることを祈っています。

事業仕分け大賛成
ってか今まで普通にやってなきゃダメな事でしょ?
「必要な予算まで削って…」って意見もあるけど
必要ないから削られる。必要かどうか判断するのは
今の時点では「事業仕分けチーム」なんだよ。
文句があるなら自分が事業仕分けチームに入る事だ。
あと官僚のお偉いサンたちも内容が無いよね。
科学技術等への投資って言うのは多少はわかるけど
投資回収も国民にわかりやすく説明して欲しい
税金使うなら「せめてもの」義務じゃないでしょうか?

>>本当の目的と夢に予算が回らず、官僚OBの高額な人件費に化けていることです。

すべてがそれにつきると思います。
びっくりするほどの高給をむさぼり日本をこんなにも借金着けにしたのですね。
自民党時代の官僚癒着、御用代議士闊歩で日本がここまで廃れてしまいました。

仕分けの時間に苦言を呈する方々も多いですが、時間はいくらあっても足りないでしょう。10年間かけて未だに結論が出ずこのざまですから。 物事効率よく進めないと借金が増えるばかりです。

仕分け自体は画期的だと思われますが,代償が大きそうですね.まあ仕方ないか.

ムダを省くのは必要でしょう。天下り官僚の高額な人件費が削られるのは当然だと思います。しかし、政府支出が削られるということは、日本のGDPが下がるということでもあります。また、政府の事業に支えられていた産業や雇用もあるということを忘れてはいけません。事業を廃止・削減すれば、雇用も減らすということに繋がります。失業率はますます急上昇するでしょう。政府が何らかの手を打たなければ、日本はさらに不況となります。事業仕分けを手放しに賞賛する人は、果たしてそれを理解しているのでしょうか?官僚がアタフタしてやり込められているのを見て喜んでいる場合ではないのです。民主党は「政権交代こそ経済対策だ!」と選挙前に言っていましたが、民主党が政権をとってから、日経平均株価は日本だけが世界から取り残されるかのように下がっています。つまり、世界のマーケット市場は民主党を経済オンチだとみなしているのです。円高も急激に進んでいます。けしてアメリカのドル安のせいだけではありません。事業を廃止するならば、日本経済を強く支援するような何らかの効果的な策を打つべきなのに、民主党は何も経済対策をしていません。このままでは今後の税収はさらに減り、ますます赤字国債に頼らざるを得なくなりますよ。

国及び地方を合わせて9百兆円にも及ぶ借金があるという、その利息を払うだけで毎年30兆円(?)近い国債を発行しているという、赤字国債を発行すればするほど借金がだるま太りになる、このことをまず前提に大きく広く国民にアピールしながら、図式で示しながら(ボードで掲示するなどして)仕分け作業の根本の意味を強調して欲しい。
分っている者は居るんだけれどもあえて言いたい。

概算要求を95兆円で出してきた省庁は自公政権下での概算要求を手直しもしないで(民主党のマニフェストを追加)出してきたので過去ずーっと変わらなかったのだなーと見ています。つまり、来年度分は全ての見直しは出来ないが次々年度分の概算要求は絞り込んでの内容になるかと思います。いかにムダを作ってきたかを衆目に晒してしまいました。予算の使い道をスリムにしないと次に行けないと思うので、新政権での躓きは目を瞑って経済対策に期待しましょう。

科学技術といえどもハングリー精神は必要だと思いますがね 最初から潤沢では何も生まれない
ノーベル賞取られた方々も当初から何もかもそろっていたわけではないでしょう ある分野だけぬるいということではまずくて ちゃんと監視されてますという心構えを持たせる意味で 削減を求めるのも必要でしょう

優秀な官僚の方々の中には、日本の将来を気にされている方々は必ず居られるはずです。 この仕分けを出発点に、彼らの平成の維新を期待したいと思います。

さきほど伺いました。いま事業仕分けの絡みで、病院から出てくる「漢方薬」が保険対象外になると。
医師の方もおっしゃる通り、今日本の病院では多くの方に漢方薬が処方されています。身内の方でも、約10年間病院から処方された漢方薬を飲み続けて、末期の乳がんを奇跡的に完治された方もおります。
削って良いところと悪いところの境目はしっかりしてもらわないと…国と国民との信用問題です。私たちを守ってくださるのが国であると信じてます。

過去これまでの政権が、国民に殆ど見せていなかった大元、民主政権が手元に捕まえて、国民に、公に晒す肝心の大本命の【本丸】がまだ公にならずに残っている。
つまり特別会計だ。
過去絶対に見せなかったこの中身に、この詳細に、この中にどれだけ鳩山政権が迫り大鉈で切り込めるのか、国民のためになるものへと差し替えられるのか、最大限の勇気と決断を持って腕を振るって掴みかかる事が出来るのかが、これからの民主政権の命の綱となる。
国民の期待に応える最大の本丸にどれだけ突っ込んでいけるのか、これに、国民は物凄い、いや今過剰とも思えるほどの大きな期待感を持って見ている。
あの選挙での鳩山さんを初め民主党をここまで引っ張ってきた政権にいてる現状の幹部たちの、あの暑い熱いあのときの夏の死に物狂いでの戦いを、思い起こし、この闇で利権がうごめくこの過去からの特別会計の使われ方の詳細を、何とか国民の目に、手に、取り返してもらいたい。
本予算などは切り込んでもたかが枠が決まっているので自民党はこの特別会計は口には出さずに本予算でそんな余剰の無駄は出ないとばかりを、あるわけがないなどと、財源は何処に有るんだと、そればかりをマスコミと同様に民主を攻め立てていた。がしかし、この特別会計の中に入れば、もうずぶずぶの内容が出てくるはずだ。
ここに今大いに期待する。

メディア、マスコミは何故か連日民主党のネガティブキャンペーンまがいを行っている。(特に読売系列)
コメンテーターは文句とインネンは付けるが、ではどうしたらいいのかについての具体策を誰も口に出さない。政治だけが国民にすべての事をやってくれるわけではない。国民自らが発想と洞察と先見、思考を持つ事である。政府はあくまでもその手助けをするのが役目本質である。

馬鹿な浅はかな司会者(キャスターといえるのか?)を抜擢し政治報道をまるで芸能ニュースのように扱って対談させるフジの日曜日の朝の報道番組を初め、また、そうかと思ったらTBSサンデージャポン、及びテレビ朝日のブロードキャスターのように、番組の合間に何と何と北朝鮮国家国営事業じゃあないのかあ?って思えるような企業、何とまあここのコマーシャルを堂々と流すとか、この日本は今一体どうなっているのかを、マスメディアは一体どっちを向いて国民に放送を提供しているのだろう。日本国民のほうを向いているのかそれとも朝鮮半島人を向いて放送しているのか、一体どっちなんだと思わせてしまう。本当に日本の報道かあ?って。

メディアとマスコミが今洞察力の無くなっていることに驚かされるばかりだ。国民はこういうことも良く知ることである。

一つのいい例として挙げてみる、
関西電力の社長が、ついこの間の27日だったか、直島経済産業大臣との懇談の後、記者を前に公に記者会見で、次のようなこういう事を発言していた。
【今、世の中は非常に景気が落ちていて、電気の使用量が極端に落ちてきている。こう言う折に「環境税」などを導入すると回りまわって国民に大きな負担として返って来る、こう言う電気使用量が現状ただでさえ落ちて来ているのにこれ以上電気の使用量が減ると非常に困る。】と、こういう事を述べた。
ここで関西電力のコマーシャル映像を思い出して欲しい。例の星野の出ているCM。この中で、関電は、エコをスローガンに、環境、特にエコに勤める事を大々的に訴えてこのCMを流している。じゃあ、電気使用量が全国的に落ちることは或る意味いいことじゃあないのかあ?って私などは普通にそう思うが(環境という事のみで言えば、景気の低迷による落ち込みを除けば)。今世界は電気使用量を兎に角抑えようと極限の努力をし製品の開発にしのぎを削っているし国民はささやかな省エネ努力で日々電気を節約に努めている。こう言う時期に電気会社のトップが【電気の使用量が極端に減ってきているときに、ますます減ってしまうではないかと、困る、というのは、一寸この環境の時代に常識を疑ってしまう。マスコミもこの会見場に居ていながら誰一人この社長の会見に異議を唱えて追求する者も居ない。まあ呆れてものが言えない状況だ。最近の記者は一体何を勉強しているんだ?って。

一方で公共の大手電力会社の社長ともあろう立場の者はこんな会見までしている。
そこには大手マスコミメディアが押しかけて聞いていながら、この、世界から非難を受けそうなとんでもない会見をこれを何とも思っていない、気付けないば◎者記者ばかり。メディアも、マスコミも、エコは大事だと大口開けて紙面やテレビの画面上で叫びながらその本当のところは実は何とも思っていないという事が良く解る事例だ。
また、こんな事例もある。
【北朝鮮は犯罪国家で酷い国だ】と放送や紙面で言いながら、実はその北朝鮮国家国営企業とのコマーシャルは平気で受けて金銭を手にする。この矛盾は彼らは一体どう説明できるだろう。
鳩山さんの内輪のお金の移動状況での追求など話にならぬ。
その事よりも、これらの、絶対にやってはならぬと国民が思っている内容、テレビ局、新聞社が長年に渡り現在も普通に北朝鮮国家とは裏では商いが互いに成立しているという実態。マスコミ、メディアのその対応の方が、日本国民、日本国家にとって、いや世界にとっても、私はもっと人間の本質に関わるとんでもない【大問題】だと思うが。
あの拉致被害者家族の横田さんらに一体どう説明が出来るのか、謝罪できるのか、一体どういう説明責任を果たせるのか。
メディア、マスコミが大きな声で叫んでいる最近の口癖で使っている【説明責任】と言う所から行けば、この【説明責任】という事を最重要視するのなら、これを求めるのなら、先ずはメディアや、マスコミに、先ずはここに焦点を当てたいものだねえ。
テレビや新聞は、過去からも現在に至っても、何故にあの凶悪犯罪国家の【北朝鮮国家国営企業(北朝鮮労働党司令部直轄企業)のテレビでの、新聞でのコマーシャルを日本の茶の間に届く公のテレビや新聞等で公に大々的に流し、その報酬として、あの悪の本家といわれる北朝鮮国家労働党からその金銭を受けるのか、これを何故引き受けるのか。
説明責任という事から行けば個々をまず杯の一番にやってもらわねば日本国民は納得しないだろう。

日本人は、目晦ましをされて、こうした目に見せられていないことを今現状平気でやられている。それも、まともな口をして、日頃政府を追及している彼らマスコミメディア組織自体が、これをやっていることの怖さ。
アメリカではまあ到底考えられない事だ。アメリカで北朝鮮国家国営企業の宣伝CMをテレビで流すなど絶対にやらないし、また国民がそれを許さない。日本ではそれが普通に茶の間に流れ、それも報道番組最中の合間にまでこれを流すなど、見識を疑うし、常識を逸しているし、今も拉致の救出で日々闘っている人の事を考えると、私など報道等のやっていることが到底考えられない。これこそ息の目を抜く行為である。
一寸余談がついたが、国の予算は見えていないところに実は隠された宝の山がある。企業でもそうで、まだ見えていないものに企業の将来、命運がかかっている。
このまだ見えてていない所に、民主党に切り込んで頂いて、隠された予算の数十兆円を、いや、100兆ほどまで引き出して来てもらいたい。


訂正です。失礼しました。

ブロードキャスター

サンデープロジェクト

関西電力の事で言えば、もう1つ笑えない内容がある。
一度本社に指摘をしたがその後少しは変わったかと思いきや未だ殆ど変わっていない案件がある。
関電は、社の広い敷地内に、結構な数の樹木を植えている。ところが皆さんも一度本社なり出先の事業所を見てきて内部を見てみてください。
関電のCMでは、緑を増やす、森を増やす、環境に優しい社会を目指すとあります。だが敷地内を見たら結構驚きますよ。
彼らが占有している敷地内の樹木については昔からずっと年に2回枝打ちの伐採に近い剪定で、緑の葉っぱなどその樹木に一枚も残佐内状況にまで切り刻み、緑の部分の一番エコに関係するCO2吸収に一番必要部分の緑の葉っぱ部分は綺麗に切り刻んで刈り取られ、樹木には哀れ葉っぱなど何も無い状態で、緑の部分は何も無いぐらいの斬り方で、樹木を見ると、まるで電柱の材木が立っているほどに切り刻んでいます。
これを年に2度ほどやります。つまり、緑の葉っぱが樹木についている期間は年間で僅かに3~4ヶ月間ほどの間だけ。新芽の時期にチョロっと。
マイカーの1台分の年間CO2排出分を実はそこそこの大きさの樹木2本で賄える計算になるとか。
つまり、樹木の緑の葉っぱが多い茂っていれば、車1台分は2本の序目で賄えるという事になる。単純計算だが。マイカーだから乗る時間数も短いので。
つまり、関電の敷地内に仮に20本の樹木が緑の葉っぱをつけて年中存在していればその関電の会社の敷地内に停車している関電所有の車10台分の1年間分のCO2吸収が賄える事になる。
自民党政権化での環境賞でのこの樹木の関係での数値計算に実はこの地方自治体が道路上で植えている樹木については全てが緑の葉っぱが年がら年中付いている想定で計算していたが、実は自治体はこの道路上の樹木は年間にこの関電と全く同じに年2回伐採し緑の葉っぱが多い茂っているのはこれも実は4ヶ月ほど。つまり年間の3分の2は樹木を植えていても環境と言う名の緑のCO2吸収の意味を成していないのだ。7~8ヶ月は伐採されて木の棒がただ経っているだけにされている。大阪などこの利権に群がる怪しいものがうろつき、この道路上の樹木を緑の葉っぱを残して年中緑が残るように何度要求しても、一切聞き入れない。予算があるから、精度が有るから、決まりがあるからの一点張り。首長にあわせろといっても絶対にあわせない。担当に伝えても首長には絶対に伝えない。担当と業者の利権の構図にこの環境が汚く利用され環境といって予算を造って使うが実はその逆に予算を無防備に使い果たしている。植える、増やすほうに使わずに、切手はなくなったからといってまた予算をつけるそこでまた伐採をしこの繰り返しで予算だけが毎年莫大に使われていく。でも緑は一切増えない。増やしていなくて作業のためだけに予算を必要としている自治体担当者と業者が存在しているからだ。
環境など待ったkルカんが得てなどいない。
おまけに、どういうつながりなのか市会議員までが口を入れてきて、この予算の使い方をこれを絶対にやめさせない。
用は当分切らずにそのまま延ばし放題にすればいいものを兎に角金を使いたいようで。葉っぱがなくなるように。


自治体の仕事をやっている緑の業者といわれる業者や、先程書いた関電のようなこういう事をやっている企業が世の中に向けて、CMを流し、その中では、わが社は何処よりも環境に優しく緑を大切に樹木を増やす事に努力している会社だと放送で茶の間に流す。
私は呆れてものも言えない。
【良く恥ずかしくも無いもんだねえ】って、もう2年近く前になるが、大阪にある本社の総務課担当に注意させてもらった。

だが、最近、関電の社敷地の近くを通ったが、以前と変わらずで、相変わらずである。注意させてもらった折には【まことにごもっともなご意見で肝に銘じて考えさせてもらい、早速に対応を考えます】といっていたが、その後つい最近でも現実何も変わっていない。
この手前の、前投稿でも書いたが、関電ともあろう本社のトップがこう言う記者会見をやってるトンチキだから、まあ今後コイツラの発する発言には、国民はあんまり重みも何にも感じない事だ。とんでもない連中が環境云々を偉そうに俎上に載せてのたまってるだけで、その本内容などはかすのような内容だという事。

(財)スポーツ振興協会、

 ↑ とんでもない組織。
昨日オリンピック選手達が口を揃えて、今回の事業仕分けでの「予算を切り捨てないで」との悲痛な訴えの記者会見を行っていた。
このスポーツ振興協会と言う団体は、実は日本における学校給食に関わる事業を一手に引き受けていることも事業内容にある。
そこでこの団体が引き起こしているとんでもない内容を今日はここに書いてみる。

学校給食についてはこの財団を通じてその業者名が指名決定され、見ているとすき放題で予算を使っている。自治体が組んだ予算が、ここのこの財団を経ていく事によって、実際の学校現場の子供達への給食の単価に予算が殆ど反映されずに、殆どが使われていない。
大阪の或る学校給食現場での例を書く。
その市の学童の給食対象の生徒数が4600人ほど、それを賄う自治体の給食センターには、センター長(=自治体の課長代理クラス=どうした事かこれが市の教育委員会からの出向)を初め、市の職員が17名、それに現場でかかわり他に正味作業をやる一般の雇用された作業員が18名存在する。つまりこの市の、この学校給食に関わっている人員は合計で35名、このほかに栄養士と衛生士が1つの学校ごとにそれぞれ1名ずつが関わっている。これも常勤で。
教育委員会は「給食はこの財団がやっているからそちらで聴いてくれ」と言う。
そこで財団に直接聞いてみた。
「給食の製造現場において、一般の作業員以外で市の職員がそこまでの多人数がそんなに必要なのか」と、すると、現場で給食を作るには、【現場の製造作業に於いては、市からの出向してきている「製造過程での監視指導員」が、作業の進行に当っては一般の製造作業員2名に対して、市の職員が割合として絶対に1名の割りが必要で、つまり、2対1の割合でなくては充分な指導が出来ず、作業員にきちんと製造してもらうためには絶対にこの人数分が必要で、作業を指導等の為にはこの人員配備がどうしても必要だ、と、またこれが市としての教育委員会での決まりで決まっているから】とこう言う。
そこで、では、市からの出向の職員の給料(コストと言う部分があるので)は一人当たり一体幾らほど支払われているのか?と聞いたら、当然市役所の職員の給与と同等ですという。それに出向手当てが少し加算されるとか。「平均でいくらか」と聞いたら、センター長が1000万を有に越えで、その現場の職員の平均は年収が700万越えほどだという。これに無論別手当が付く。
では、「同じその給食の仕事を現場で作業をやっている一般から雇用している人らの給与は一体幾らぐらいだあ?」って聞いたら、大体年収で100万前後(パート)だという。
では、一般から雇用していて現場で作業を直接やっているその人らは昨日今日来たような見習い程度の人らなのかあ?」って聞いたら「いや、中にはベテランが多くてもう数十年やってる人も大勢いてる」という。「じゃあそういう人らは何も指導らしきものを受けずとも全ての工程ももう殆ど熟知していてわかっていて、もうベテランで、もしかすると監視指導といっているその市の職員よりももしかして数段にベテランの人も結構多いんじゃあないのかあ?」って聞いたら、まあそうですねえと言う。「じゃあ、決まりかなんだか知らないが、その出向してきている市の職員などそんなに沢山の人数分は必要もないだろうが!」って言ったら、いや、この2対1と言う割り当ての指導の人数分は決まりですからこれを変えることは出来ないと言う。誰が決めたのかと聞くと教育委員会だという。
だからこれは教育委員会で聞いてくれと言う。

また、学校1つごとに雇用しているその栄養士と、衛生士についても、何も1つの学校などといわずに複数の学校の担当であっちこっちの学校を順々に巡回させれば済む事で、仕事の内容からして月単位ぐらいでメニューを作るぐらいで、そんな、毎日毎日学校1つに一人が常時常駐等させる必要など全く必要ないだろうに。
給与だってコイツラに年収が700万ほど支払ってるし、仕事の量からして楽すぎるだろうにって」そう言ったら、いや、学校1つに衛生士と栄養士は必ず一人置く事を決められているという。
もう呆れてものも言えない。
外注をしている給食の納入業者の虐げられた現状の問題にについては、(例えばパンとかご飯納入業者の事)その納入業者は、まだ真夜中の朝の2時ごろから起きて仕事をやっていて夕方の6時ごろまでシフト無しの交代性無しの状況で現状働いて、尚且つ給与は手取りで月14万ほどでやらされている。残業手当など一切出ていない現状がある。彼ら市の職員はのうのうと朝9時から4時過ぎになるとさっさと帰宅する(=彼ら市の職員らの実働時間は午前9時半から2時ごろまでで終了しその後は皆休憩してテレビを見て遊んだり昼寝で休憩)。ところがそのそこへ食材を納入している民間の業者は朝の2時ごろから夕方まで働いている。
市の職員は朝9時からで7時間労働で、民間のその納入業者の従業員がどれほどの過酷な条件で働かされているかを充分に知っていて認識もしていても、この給食事業予算の配分についての不公正極まりない状況を放置し、職員らは一切知らぬふりをし、何の是正案も市や自治体、特にn教育委員会に改正や対応の是正について進言する事もなく、何の提示もせずにただ自分らは給与が年間700万を越える。そこの給食センターに納入している民間の業者の従業員は社員待遇でありながら給与は僅か14~5万、年収で170万ほど。これはやっぱりおかしいだろうって。
こう言う組織、団体、自治体の施策はとんでもない。これはもう数年前から市に要求を出しているが一切是正しようともしない。労働局もこの納入業者の元で、社員で働いている人らについての現状の勤務状況についての労働時間の法令違反についてはタッチもしない。何度進言して言ってもやらない。

国民は給食費の事を良く問題にしているが実はこの財団法人のスポーツ振興協会なるとんでもない団体がやっている事業はこう言う理不尽極まりない組織として税金は使われているわけだ。
何が予算を削らないでだよ!って、もっと内情を良くつかめよって。
己たち公務員及び財団職員の給与及び、今まで使い放題で使ってきた財団の泡く銭を国民に1度返せって、私はそう言いたいねえ。
そして書いたこの給食の納入している民間の業者に、この奴らに渡って居て消えてしまっている怪しき予算をもっと配分してやれば、学童への給食事情も実はもっとスッキリし、ひいては周辺のこう言う業者や、もっと町おこしや、そこで働く従業員の方たちにも、例え少人数の方たちでも、その人らの生活が少しは是正され、この自治体で付いた予算を少しでも直接に振り分けて配分して上げれるはずだ。
こう言う自治体で仕事もしていない、暇で遊んでいる余ったどうしようもない公務員と、こう言う悪辣な怪しき財団が、【子供達への学校給食が大事だ】という事を全面に出しておいて、いかにも必要ダナ度と笑わせるな!って。
財団はあらゆる事で、実は、実態はコイツラ役所の職員と財団が殆どを丸呑みで食いつぶし、折角この自治体の予算を食い物にしている実体があることを国民はもっと知るべきだ。


むだ 無駄と言うが 結局その金は国民経済を回っていたわけで
 削減だけでは 景気が低下するのみ その金の有益な使い道をまとめそれを至急に実施しなければ何の意味もないよ

今回事業仕分けをしてみて、民主党もある程度は想定はしていただろうが、現場がここまで搾取とピンはね状況の予算に成ってたことに彼らも開いた口がふさがらないほどに改めて腹が立ったと思う。

まあ今まで調べようと思えば野党の立場で民主党もそこそこは出来ただろうが、でも今回実際に彼らが税金の使われ方を個別案件ごとに見ていって、見れば見るほど、報告を受ければ受けるほど、内情の詳細を掴めば掴むほどに、まあほとほと呆れた事だろう。

上記の給食での実際の製造現場で共に同じように従事する、市の出向の職員と一般雇用されている作業員とは何ら仕事の内容などほぼ同じでまだ一般の作業員が殆ど作業をやっている。つまり職員の方が殆ど楽に作業をやっているのである。
この一般の作業員の人らは大体1日に8時間労働の時給でパートとして働いている。彼ら18人の給与を全部合計させても僅か年間2000万円ほど。ところが市の出向の職員の給与は17名分で、1億3000万円ほど。
栄養士一人と衛生士一人を合計して2名で1500万ほど。
公務員関係19名で1億4500万ほど。一般から雇用された作業員が計18名で約2000万円ほど。この格差樽やとんでもないことである。明らかに雇用均等法に違反している行為だと思える。

つまり、一般作業員と市からの出向の職員を比べると、勤務時間も市の職員の方が短時間だし、作業も、指導者と言う、給与のためだけのただ無理やりに付けただけの肩書きをいい事に、殆どをこの一般雇用の人らに作業をさせている。同じ仕事内容にも関わらず、給与だけはもう途方もないほどの差をつけ、彼らの6~7倍もの給与を取っている。
これが自治体や国の事業として成立している事の理不尽さを国民はどう見るかである。
雇用均等と言う法律がある。給与も同じ状況の内容であれば同じような給与を払う事になっているはずで、現場で働いているのが公務員が混ざっていながら、その法の事は知らない素振りでそのことには一切口を出さずに、公務員が一緒の職場で働いていて、片や年収が7~800万円で、片や年収が200万ほどと言うのは、明らかに公務員が関わってやっている事業にしては、先ずおかしいだろうって。こんな事許せるのか!って。

この理不尽さを、地方の議会も、国会も、人権団体も、また国民自身も、これについては自分の子供の給食代がどうのこうのだけにニュースをとらわれてしまっていて、マスコミ、メディアもそれだけを伝えて、本質のこう言う悪辣な被害が発生している現場のシステム事態を糾弾もせず、何も追求もせずに、長年に渡り許している。
これを許しているのが実は自治体であり、そこから大勢の自治体の市の職員が天下りしている先のこの【財団法人日本スポーツ振興協会】と言う悪辣極まりない組織団体の存在しているお陰である。

私はこの件をもう20年近くマスコミ、テレビメディアに個人として、国民として連絡し、先ずは調査をしてくださいと、そしたら酷いこう言う内容が出てくるのでそうなれば一日も早くこう言うことを糾弾するようにと、強く強く熱く伝えたが、現状何の反応も見せず御覧のとおり、マスメディアの連中も彼らは今まで一切聞こうとはせずに、このとんでもない内容を何処も扱おうとはしなかった。

今回の事業仕分けで出て来たこの日本スポーツ振興協会の組織自体がもう悪の巣窟であると私は断言する。
子供達の育成とスポーツを通して教育をより豊に健康的に行う組織団体であるというその目指す目的のスローガンが、私に言わせればもう呆れて笑わせてしまう。良く恥ずかしくないなあと。日本の公務員は何時の折からこんな薄汚い搾取集団と成り果てたのだろう。これは法の治安を守る警察庁の表の国民には見せていない大きな犯罪、東京地検特捜部の知られては困る犯罪事案、これらが或る年代時期から急激に増加してきた事が大きな原因になってきているのではないかと思っている。つまり犯罪はばれなきゃ会いイと言う、ばれてもどっち道それを捜査するのは警察であり検察庁だその捜査をしなければその犯罪は表に出てこない。警察内部、検察内部からの内部告発しか世間に日の目を見なくなってしまう。田中角栄が東京地検特捜部に逮捕された当時の東京地検と今現状の東京地検を同じイメージで描くのは余りにも姑息で非常に危険である。以前の東京地検と現状の東京地検は全く違う。北朝鮮関連に天下りも現状物凄く増加している実態がある。角栄さんの頃にはこう言う利権は存在しなかったが、急激な機器開発によって今この内容での莫大なとんでもない利権がうごめいているところが大いに今の公務員全体に及ぼし、税金を誤魔化したり搾取する事の罪悪感がなくなってしまってきている。
昔はこんな事はなかった。
この法そのものにかかわり、法を司るべき立場の者等が、こう言う犯罪に近い事でも平気でやれるような土壌、構造を作ってしまう結果になっている。

公務員らが悪知恵を働かせて薄汚く国民を騙しての税金の搾取集団となった大きな原因であろう。

まあ、こんな財団法人日本スポーツ振興協会と言うような犯罪者(法令違反行為を現場で認識している)に近い連中の団体は、即刻で廃止すべき。とんでもない悪辣団体である。
虫唾が走る団体である。

政権交代して事業仕訳をみていると、官業政の癒着がまかりとおっていて大変な事になっていることがよく分かった。明治維新以来の大改革だと思う。自民党も自分たちではできなかった事を民主党がやってくれるのだから反対ばかりしないで欲しい。本当に国のため、国民のためを思うのなら。マスコミも重箱の隅を突っつくようなことをせず、暖かく応援してほしい。さて、オリンピック選手が関連予算を削られる事に反対して記者会見していたが、金メダルをとるために莫大な国費を使うのは反対だ。スポーツを国民のため、日本のためにやっている という選手がいるが、思い違いも甚だしい。スポーツは自分のためにやるもんだ。大半の国民はオリンピックなんてどうでもいいと思っているよ。莫大な予算をつかうなら反対という意見のが多い。なんならアンケートとって欲しい。民主党さん改革頑張ってください。

補助金と言う内容がある。
この補助金について、各地方の自治体が、その当初の申請とは違って、目的外にその補助金を使用した事に関して、目的外使用に関する罰則規定という法律がある。皆さんもご存知だろうと思う。
目的外にその公金を使用した場合にはその条文の中にはっきりと【5年以下の懲役、100万円以下の罰金に処す】とある。
これに該当する公務員が全国でも、もうわんさと存在している。

だが、現状この規定、この法律を自治体が重く受け止めて、実際にきちんと存在しているこの法律を普通に遵守して、結果として法律どおりに罪状を科した公務員が全国何処を探してもどうした事かほとんど存在していない。

日本は法治国家であり、世界でもかなりのレベルでそれが遵守されていると我々日本国民は誇りにも思っているんだが、だが、ことこの件に関しては殆どが執行されていない。
【5年以下の懲役、100万円以下の罰金】と言うのは、法令の中でも、罰則でも、かなりの重罪に当る法令事案。

例えば、地域に【憩いの家】を作るとかで国に補助金を申請して、仮にそれが認められて1000万円が補助金として拠出されたとする。
いざ建築して作ったら、実費が実は800万円しか要らなくて結果200万円余ってしまった。余った200万円を、本来はここでこの200万円を国に返還すべきなんだが、自治体の担当部署の職員がこれを国に返金するのは勿体無いので、まあ全く別の内容になるが、何処かの下水工事にその残りを使ったとする。

これは公金の目的外使用という法律に明らかに違反する事になり、これは厳しい法律に違反する。

つまりは、この先程の条文に引っかかる事になり、それを行い執行をしたその自治体の職員は、本来は法令に基づき、【公金の目的外使用に関する罰則規定】に違反し、【5年以下の懲役100万円以下の罰金】と言う刑に処されるのが普通なのだ。

この200万円を一度余ったのでとりあえず一度これを国に返金し、改めて別使用の項目で国に申請をして、その上で200万円を申請して、それで国からそれが認められ拠出されて下水道目的使用での申請どおりに200万円を使えば、これは、これで有れば、何の問題もない事になる。

だが現実各自治体では、現状この目的外使用状況は、日常的に普通に行われているのが実態である。

それは、こう言う法令違反行為をやったとしても、自治体の職員、つまりは公務員にいたっては現状何も刑事告発されて逮捕される事が現状発生していないからだ。
個人が、個人のポッポ内々して盗んだという対象のものは、もうこれを越えている内容。

この目的以外に公金を使った場合においては自治体の首長が普通に刑事告訴できる案件なのである。

ついこの間、滋賀県庁で、実はこれと全く同じことがおき、何とそれに関わったとして900人を越える県庁舎職員が、この不正な法令違反をやったという事で、関わっていたという事で、県庁内での内部処分をされた。まあこれは極当たり前で内部処分は当然だし、そんなものは刑事告訴とはまた別のレベルで当然やることだし、だがここで一寸待てよと。

これって、【5年以下100万円以下の罰金】という刑に処せられる案件のはずであり、こう言う内部処分などでお茶を濁すなどとんでもない話である。
見ていると県民もマスコミも、この件については大人しく、ただ嘉田知事の謝罪の会見を何も言わずに聞いているだけと言う状況、報道の者等は何の反応もしていない。関わった職員は処分しますと言い、嘉田知事が県民に謝罪をしていた。それで後は終わりになっている。
この件を実は新聞社の読売に、「おかしいんだけど、読売として何故告訴刑事告発をしないんだと嘉田知事に対してマスコミは追求をしないんだあ?」って聞いたら、「内部でもう処分をしていますから、お金を盗んだわけじゃあないから」ってそういう。
そこで私が、「こう言う法律があるのを知っていますか?」って例の条文を言ってあげて聞いたら、社会部の記者の彼が、「えっ、ほんとにそんな法律があるんですか?」だって。
笑わないで下さい。これが今の大手マスコミの社会部の現役の現場で活動している記者の内容です。
現場の社会部の記者から聞こえたですから、もう唖然です。

日本のマスコミ、メディアのレベルが落ちているというか、犯罪事案に対する新聞としての捉え方、角度、洞察力と言う部分では、現状は能力的にもう救いようがないほどに昔とは格段の差が出て来てきている事に愕然とした。

芸能ニュースばっかりを追いかけて話題にする状態が今頻繁すぎて社会部の記者も脳天が抜けてんのか知らんが、本質の方の部分と言う中身に突っ込んだ所は、余り奥深くは考えが及ばないようである。だから、滋賀県の嘉田知事が記者会見していても、ただその言っていた事だけをそのまま書くだけでことニュースでテレビで流すならそのままを伝えるだけでは意味も無い。
あくまでも【報道だ】と言うものであるのならだ。
あれなら、報道しても何の意味もない。

【法律では、こう言う条文があるが、これについて首長として今回の件をどう判断、指導対処する積りなのか、今回の知事の公表された内容は、「公金の目的外使用と言う公務員として実刑をも伴うような非常に重い重罪に値する内容ですよ」と、「公金ですよ!、どうするのか」との追求をするべきだっただろうが!って私は怒鳴ってやった。
そろいも揃って、その記者会見場で大勢集まった各社のマスコミもテレビメディアも、ただの一言もこの法律に関わる指摘も追求もしていない。もう恐れ入り屋である。お前たち記者だろうが!って。
マスコミもメディアもアレでよく報道だといえるなあと、呆れてしまう。

この件を、大津にある滋賀県の地方検察庁の特捜の検事に問い合わせて聞いてみた。この法律に法って立憲する積りはあるのか?と、健治の回答を聞いて俺はもうあきれ果ててしまった。
検事曰く、
【この法律は民間の業界団体向けの法律で公務員がこれをやっても一切積荷はなりません】だって。
つまりこれと同じ事を民間の団体個人がやったら5年以下の懲役100万円以下の罰金刑になるが公務員はそれをやっても積荷はならない】だって。
これ本当ですよ、私は耳を疑ってしまった。
刑法に引っかかる内容で公務員は何もなくて民間の国民は逮捕されるんだって。
呆れてものも言えないレベル。
私が日頃現在の警察庁も地方の県警本部も、検察庁も地方の検察庁も、腐りきった犯罪集団になってきているといってたことが、正に正夢であり、目の前で見たような気がした.
これからの、在日の者はべつとして、日本国民の日常の安全と言う観点では私は非常に心配である。

とんでもない薄汚いやからが権限を持って、法律と称して何でもかんでもを勝手気ままに己たち利権に都合よく執行しだしたら、国として、人間としての社会ではなくなるからだ。
内閣副官房長に就任していた漆間元警察庁長官、彼は、愛知県警本部長時代には、当時地元でも彼に向けては色んな不正に関する情報が飛び交い、相当の不正事案の疑惑をもたれていた人物だった。それがどうした事か、警察庁の長官となり、何時の間にか日本の警察のトップにまでなり、まだそれだけでは足らずに、その後、あの腐った内閣の麻生内閣の下での日本の全国の公務員の、公務員としての最高のトップの階級にまで上りつめた。
世の中 .... 程、旨く .... よく生き延びるというが。
残念ながら先人のいう事は明晰だったようだ。日本国民とすれば悔しいが、情けないが、事実のようだ。

上記した、大津地検特捜検事問い合わせの件、

【公金(この問い合わせの折は補助金対象)の目的外使用に関する罰則規定】
と言う法律について、

まあ大津地検特捜部検事からの回答、私の問い合わせに対して無防備で検事がのたまったこの内容に流石の私も一寸呆れ果てたものだから、東京地検特捜部と、東京警視庁、財務省の主計局、総務省、厚生労働省に連絡をして早速見解を求めてみた。

東京地検特捜部は、即座に犯罪事案であり、公務員、民間人の区別などあるはずもない、つまり5年以下の懲役、100万円以下の罰金という事になる、と言う回答。

東京警視庁、
個別の案件によるとの回答、
「つまり物によったら犯罪にはならないのか?」と聞いたら、「いや犯罪は確かにそうだが、だが罰がそうなるとはいえない。」との回答。
ええっ????どういう事?
つまり内部処分で済まそうという判断。
財務省主計局、
先ずは即刻で返金命令を出し、対応として処分相当を通知するという回答。
「それでその先は?公務員は刑は受けなくていいなどといっているノー天気な検事が何処かにいてるんだが、」と言ったら、
「うちとしてはこの法律では公務員、一般人の区別は、それはありません。でも警察が訴える事なので、うちとすればそこまでは、、」とこう言う回答。

最後に総務省、
「公務員と一般人で、区別のある法律などありえません」の一言で、ちょん。
「ではこう言う事案が出てきたら、全て部局でも警察に直接告訴して訴えるんだな?」って聞いたら、「うーーーーン」、で、そこから先は物言わず。
警察や検察庁の検事らが、この内容の法律を出される事を、まあ一番に嫌がる事なのだ。
嫌がるのは極普通で、あの北海道県警で発覚したり、愛知県警、愛媛県警、千葉県警を初め裁判所にまでもあの薄汚い裏金が存在した。
全国の公務員が薄汚く書類の改竄等で作ったこの欲の突っ張った【ドロボー資金の裏金】が、実はこの【公金の目的外使用に関する罰則規定】と言う法律に引っかかってくるわけ。
あの漆間元内閣官房副長官、例の小沢さん事案で超有名になった元警察庁長官の彼もこれに疑いがかかり、現役の県警本部長時代に、この裏金、つまり有罪になれば【5年以下の懲役、100万円以下の罰金】になるやも知れぬこの重罪の内容に関わっているのではないかという疑惑をかけられていた時期がある。
県警内部からの内部告発もあり、これだけの重罪が、罰が存在するこの【公金の目的外使用に関する罰則規定】と言うこの法律にかかり、もしも関わっていれば重罪の罰を受けるかもしれないという疑惑をかけられていた時期があったのである。
だが、それは一体どうなったかといえば、県警本部内で、内部調査の結果何もないとの発表一本で、この件はちょん。
つまり事実は無いといってるわけ。
でも県警内に所属している警官が事実だと内部告発してるのに、内部調査って一体どうやって調査をやったんだろうねえ。民間の第三者機関の、「法律に携わっている者」等に、果たして徹底的に調べさせたのかねえ、そういう専門に調査をさせればいいのにねえ。

その地域では相当追求されていたが、何時の間にか何故か突然に本当に突然に、マスコミも触らずになった。追及が消えてしまった。何故だろう、へへ、怖い怖い。

警察がこの公金の目的外使用を事件として扱わない場合には、これって警察などいらねーンじゃあねーーのお?
公金の目的外の使用だぜい?
これが民間だったらどうなるか、もしも車1台の費用だといって200万円会社から出金させて、だが実は150万円だったら、残りの50万円を、内部で限られたものが何処かに隠していたら、これってクビで、会社は告訴するよな!そんな金銭で会社の金を誤魔化すような奴を会社は絶対に雇用を継続しないで、即刻で懲戒免職にする。そうすれば失業の保険での雇用保険も支給を断られてもらえなくなる。これが世間一般の常識であり、普通なのである。

所で、今回の天下り廃止法案がもたついている原因はもう国民の皆さんが良く知っていますよね。【警察庁】【検察庁】からの脅し。
この法案に一番反対している省庁が、実は警察庁と検察庁だという事を皆さんはご存知だろうかねえ。
☆いっそのこと、

「警察庁関連者、検察庁関連者は、今後一切、あの、世界でも犯罪者の極悪非道の犯罪国家北朝鮮国家国営企業関連の、この日本の国内の各地に何千という単位で存在している犯罪国家北朝鮮国家国営の大企業(単独の企業で年商が何と3兆円を有に超える企業がある)、大団体、組織、裾野の団体、企業には、警察庁、検察庁関連の者等が現前と天下りしている。こいつらを、今後一切そこには天下りはまかりならぬ、許さぬ」って言って、そういう徹底した縛りをかけた法案を、何人かの有志の国会議員でこれを取りまとめて、仮に国会にもしもこの法律を提出したら、国会でその法案の採決が行われる前に、おそらまた誰かが斬殺されるか何かで亡くなる人が出てくるだろう。

民主党の議員で、故石井弘嬉先生は、この件を徹底的に自己調査をやり、国会で証拠を掴んだから追及できると、喜んでいたその矢先に、その追及の国会審議の開催の前日に、あの自宅玄関前で奥さんらの見ている前で無残にも徹底した殺傷傷を浴びせられて斬殺と言う形で虐殺された経緯がある。

この北朝鮮関連の警察関連の天下りに関して、これを国会で追及すると、何故か国会議員の誰かが殺される。
こういう犯人は、こういう事を陰で操って命令しているやからは、では警察官僚なのか?って疑いたくもなってくる。
この日本で、本当にこんな事が繰り返されている。追及すると逮捕されるか殺されるか、そのどちらかを選択させられているのが現状だ。
さすが、北朝鮮国家国営関連の企業団体組織に天下りしてるからか、良く犯罪国家北朝鮮のこう言うやり口、手口、工程の要領を、まるで己のように熟知しているのか、よく解ってるようだ。不思議だ。

警察官僚の北朝鮮企業団体への天下り禁止法案を決定して、国会に提出して出せる国会議院は、一体何処のどの議員だろう。

石井先生斬殺事件のお陰で、あのときにかろうじて摘発目前で、逮捕直前で助かって逃げ切った警察官僚、それに繋がっていた北朝鮮と密接な関係を作っていた悪徳政治家は、一体誰だったのだろう。

石井先生のような、根性持っている議員が今この日本に居てるのかな?疑わしい。
それをいいことに今、国民の目にも目障りになるほどに好き放題でのさばっているのは、一体何処のどいつだろう。

鳩山さんを追及する前に、己たちの北朝鮮との密接なる裏の関連を日本国民に全て告白して、「申し訳ありませんでしたと」国民に謝罪せよというほうが、国民が思ってることだと思うが。
これは表で出さないだけで、裏で莫大な金額が動いている。己が権力、権限を都合で使い分けて使って、言わずと知れた【みかじめ料】という奴だ。この動いている裏の莫大な資金は、実は日本国民から巻き上げたものであり、それが回りまわって実はその莫大な金の一部が警察官僚、天下りの警察、検察の官僚、に流れる仕組みとは、日本は今腐ってるぜよ。

これこそが、もっと大きな国家としての問題だと思えるが。
拉致被害者のご家族が泣いてるぜよ!。何と詫びるんだよ!って。

「表では拉致された人は本当に可哀想だといいながら、裏では、北朝鮮関連に、全国の県警本部長を初め、相当数の警察、検察のキャリアを初め、物凄い数で天下りする。警察官僚だけではなくて酷いのはこの北朝鮮とは実はマスコミの大手新聞社、テレビ局も総なめで実は北朝鮮国家国営の企業とは極懇意に今でも普通に取引をやっていて、国民には北朝鮮と親密に金銭の取引があるなどといわないが、裏では全てやっている。莫大な資金である。これも日本国民から流れてきた金の一分がこう言う形でマスコミ、メディアにも流れているわけだ。

【上が濁れば下はそれを防げず】
舐めてるよな、純朴なる日本国民を。
奴らは、国民の皆が知らないとでも思ってるらしい。
東京地検特捜部にこの件を言ったら、もう答えられなくて、もう恐縮しちゃって、ただただ、はい、はい、はあ、の連続で、無言で20分ほど一切答えられない、泣きそうな声で、途中、はいとか、うう、、、とか、それだけ。

国会議員の中でもうあの人もか、あの人もかって、もう何十人もが一斉に逮捕される可能性があるなんて冗談では済まなくなくなるかもよ!。もしも警察庁と検察庁の北朝鮮国営企業関連団体組織への天下り禁止と言う法案を作りでもしたら。
仕返しに徹底的にアナの石ころまで突いて調べ上げるかもね。あの野某が応援していた京都府下の小さな市での市長選挙で、反対側の候補者を、対抗馬の人の周辺を半年も前から何故か国の機関の公安部を使ってまで、そこを使って徹底的に穴探しをして、遂に当選されちゃった後に遂に公安がそれらしきものを見つけてきて(今裁判中)それをねたに辞職させちゃったもんなあ。おかげで何と今その野某が推した市長さんが思惑通りに繰り上げ当選、佐.某って言うんだけど、これが市長やってる。

この地は、戦前戦後も通じて、実は北朝鮮からの深夜の密入国者の滅茶苦茶多かった地域。当然工作員も多い。ところが奴らが何時の間にか日本人になってしまっているものが多く存在している。不思議なのは何故に野某がこの地の市長に拘ったのかという事。
それは、実は京都に、大きなドデカイ北朝鮮の国家国営の大企業の本社が存在している。日本での北朝鮮の今や司令塔。そこのトップが実はその先程のあの市長選挙の区域地域に戦後の日本に隠れて密入国をしてきていたと言われている。
そこの戸籍の問題が微妙に関連し、そこで市長には野某が推す市長が、公安を使ってでも、その戸籍登録情報に誰にも触らせないようにとの思惑から、どうしても右向けといえば右を向く者が、そういう市長が必要だったとも巷の地元で囁かれている。

政治家から身を引いた現状奴は、どんな権限で、今や国に対しても何ら何処の何者でもない者が、日本の税金そのものである公安を使うなど、言語道断である。

もってのほかで、そこまでやる最大の原因は、この、問題の海岸の地域に、当時この京都に本社を置く北朝鮮国営企業のトップが密入国をして来たと言う事実を表に出したくなかったのだろうとの憶測が流れている。

ちなみに、この企業の、この日本に戦後に密入国してきているこのトップに、国民の皆様驚かないでくださいよ!事も有ろうに何と何と、何故か誰かが奴を【推薦】までして、この日本国から【叙勲と言う【勲章】が贈呈までされている事実がある。

密入国の犯罪者に、当時一体何処のどの政治家が、そんな輩にお墨付きまで与えて、日本国家の【勲章】を渡す必要があったのか、大いに真っ黒けの疑念満載である。

【推薦】をした政治家はいったい何処の誰でしょう。
誰もが知っている大物らしい。
「北朝鮮人は皆困ってるんです。日本から何とか助けてあげましょう、助けないのは人間じゃあない」などと、声高に大きく叫んでいて、日本の政治を或る意味裏で一時期牛耳っていた男。もうお分かりですよね。
小物だった男が、金某の子分になって何時の間にか日本の中央の権力を手にした。経団連の場角もがこんな連中に資金提供して献金するなど世界の常識からすれば論外の沙汰である。


民主党よ、絶対にこんな密入国者に勲章を与えてるような自民党の腐った政治家の奴らの、腐った犯罪者連中の勢力には、断固として拒否し、北朝鮮からの密入国者は、戦後密かにこの日本に潜入した連中、こう言う連中を、この日本からたたき出すように要求をします。再度、日本国家に対しての入国の許可申請をして、その上で日本国家から正式に許可を得られれば、正式に日本国に入国をしなさいって。
法を遵守せよって。
こんな警察関連の北朝鮮国営企業関連団体への天下り禁止法案が、もしも国会で通りでもしたら、北朝鮮国家国営企業組織団体で、その組織で現状大いに面倒を見てもらっている連中、身内ごと食わしてもらっている連中が、奴ら、川上で口を大きく開けて産卵後のシャケと同じように大きな腹出して干上がっちゃうと思うじぇよ。

雇用促進事業団、
こう言う団体がある。
実はこの直轄のような組織で、雇用能力開発機構と言う組織が存在する。所謂、失業者などに職業訓練学校を仕切っている団体。

今年に、年が明けて初頭のまだ寒い2月の末頃、正式には2月の27日(金)28日(土)の両日に、たまたまだったんだが、私は伊勢志摩に行く用事があって、あるホテルに泊まった。観光ホテルなんだが、夜になって、結構な団体の人数がそのホテルの宴会場の何処かの部屋で、宴会が行われていた。
参加者は結構な人数のようで宴もたけなわの様子。
翌朝になって、ホテルを出ようとして何となくホテル玄関のところの黒板に眼が行った。そこには、「、、、、、様ご一行」というチョークで大きく縦書きで書かれた名称、団体名が書かれていた。それを見て私は一寸驚いた。

【歓迎、雇用能力開発機構ご一行様】と書かれていたからだ。

その折は、NHKを初め全国の新聞テレビで、確か全国各地では現状派遣村なるものが作られたりして世の中が騒然としていたその真っ最中のその直ぐ直後の時期。

失業問題が物凄く社会問題で出ていて、現状相当厳しい状況に置かれている無職の労働者、失業者が溢れて、そのことでどうしたらいいかをみなが頭を悩まし、国会でも、雇用促進事業団や雇用能力開発気候のその存在、及びその活用が、効用だ叫ばれ、機構自体の機能についての喧々諤々の論議が省庁を初め全国的に国民の間からも出ているこの真っ最中に、まあ呑気なことにに、雇用能力開発機構のメンバーが、大勢が塊で宴会旅行にきていて、で、こんな結構高い観光ホテルで数十人もが宴会やっているとはって、一寸信じられなかった。

厚生労働省は現場はこうなってる事を一体どう思ってるのか知らんが、アレを目の当たりで現場で目にしてみると、この国は、いや、この国の公務員は、またそれに殉ずる行政に携わっている者等も含めて、一体どうなってしまったのかと、私は自分の頭をたたいてみたくなってくた。これは夢じゃないのかとさえ思ってしまうほどにあきれ果てたのである。

今一番必死になって省庁挙げてこの困っておられる方らに、支給及び援助の手を差し伸べねばならぬ正にこの緊急のこの折に、何と言う体たらくだと、憤慨が頂点に立った。
朝そのホテルのチェックアウトでまもなく出てきたそいつらに、何時もの私のように、怒鳴りつけようと思ったが、だがあいにくに実はそのホテルは私がちょくちょく使ったりしてるので、今景気が悪いといっていたそのホテルに対して一寸迷惑がかかってはと、そこで一寸ついそれは踏みとどまった。
だがまあ呆れてものも言えない。

おそらく数百万円の費用がかかったと思えるが、コイツらは、そんなお金などへとも思っていないことだろう。
金曜日に既にこのホテルに入っていたので、おそらく委託された行政での仕事もその日は放り出して来ているのだろう。
宴会をやったこの金曜日の日の給与もおそらくは仕事をしてることになっていて、日当に換算して1日分の給与計算として一人4万円以上が給料として出ているはずである。
2月も末なので、時期からして、20年度の切りの予算の金が余ったのか何か知らんが、平日の業務日に、こんな宴会までして給料が出る、こんな事が許せるのかと。
失業者の直接の痛みを共有して手助けの最前線にいなきゃあならぬ者等が、直接の現場の者等がこんな事を良く平気で出来るなあと。

このホテルまでのここまでのそいつらのこの交通費、平日での不当な給与、宴会の費用、これらあわせて数百万円があれば、あのときの東京渋谷で集まった派遣村の人に一人に1万円づつ渡しても数百人に、暖かい食べ物が食べてもらえるような、食べさせて上げられるお金が出来ていたのである。

このこいつら雇用能力開発機構の連中の宴会の費用が、この時期に税金(雇用保険料)で賄われて使われている事に非常に腹がたつ。
それも平日も重なっている事がもっとそれに輪をかけて腹が立つ。

長妻さんには、仕分けを、その現場の中身を良く掴んでいただいて、こう言う団体には金など、予算など一切つけるなって言いたい。
奴らのこの宴会の費用は、経理上の名目はおそらく【研修】か、【会議】とか表から見たら解らぬような、そんな何かの名目にされて支出されてんだろうなあ。

雇用促進事業団が事業としている雇用促進住宅と言う内容の事業がある。
雇用促進事業団は、次に入居する人の為に空き家を提供するんだが、その折に実はその清掃の作業を、あのダスキンと契約をしている。ダスキンは事業団から依頼があれば即刻でその空き家を清掃するわけだが、この価格の件で今日はここに書く。

ダスキンはご存知の通り、CMでもおなじみの清掃事業をも独自の講習を行った掃除の専門スタッフに作業をさせている企業。

民間の市民からの、一般の清掃依頼の注文で、現状のダスキンに発注をかければ、価格は、一軒(マンションの2DK~3DKのスペース範囲)の場合であれば、その作業の費用代はおおよそ11万円から13万円ぐらい。

これぐらいの金額でダスキンはやってくれる。

では、雇用促進事業団の住宅の場合にはどうか、ダスキンに発注した場合にはどうなるか、同じスペースで大体条件も同等で、その清掃の作業代金は、その価格は3万円少し。
民間の一般人が、部屋を掃除して
欲しいとダスキンに発注したら、その清掃の金額は、おおむね11万円~13万円ほどで、雇用促進住宅がダスキンに発注したら、何故か一気に4分の一の価格の3万円少しにまでに引き下がっている。
雇用促進事業団との契約時の価格の設定に関しての状況について、どういう事かを、ダスキンに問い合わせたら、総務及び営業の担当者が、
【雇用促進事業団の住宅だからです】だって。

つまり、こう言う国の税金が拠出される天下りの団体組織相手の場合には、特殊法人の団体から発注されたら当然のようにこう言う価格設定の構図になっているというわけ。
それでも私が前記でここに書いたような、あの、独立行政法人都市基盤整備機構「UR」=(公団住)が、配下の特殊法人の「JS=日本住生活」に発注する形で搾取行為でピンはねするやり方、ああいうようにやらせているあの内容よりもまだこの形での清掃の金額設定はまだ少し上乗せになってはいるが。
どちらにしてもこの中身を見るとああいう特殊法人の連中は一体何様だと思ってるんだろうねえ。

ダスキンの場合には、雇用促進事業団とは、3万円と言う金額になっているので、少しはあの「UR」が現場の作業企業に支払っている金額よりは倍以上の価格になっているので、「UR]ほどまで酷くないがそれにしてもなあ。
どっちもどっちで悪辣な部分はまあ同じようなもんだ。問題は国からは1軒につき、10万円以上の国民(住民)から出ているにも拘らず、正味作業を全てやっている現場の作業会社には、ダスキンには3万円少し、他の業者(専門のプロ)には、13000円など、まあ酷すぎるだろうって。

「UR」はこれを10万ほどで住民から発注を受けて、実際に現場で100%作業をやってもらう民間の孫受けの作業企業には、「UR」から、この作業で何と僅かに1万3千円しか渡されておらず、支払っていない。
大の大人が2名がかりで6時間ほどかけて部屋中を清掃してもらって僅かに1万3千円しか支払わない事を平気でやっている。この搾取と思えるこの莫大な差額分からはじき出した搾取金は、現状おそらくは「JS=日本住生活」の方に、名目を変えて、違う項目にして帳簿を見ただけでは解らぬように埋蔵させているはずだ。隠されていると思える。

でも、雇用促進事業団は、国(厚生労働省、財務省)には、1軒につきやっぱり10万円以上かかっているとの報告を、厚生労働省を通じて今でも財務省に申請を出させている。
「UR」は、国土交通省を通じて財務省に申請をさせ、麻生内閣時に補正予算でこの名目をまんまと国土交通省から拠出させている。

結果こう言う名目で騙すが如くに国費を拠出させて、そのとんでもないこの実際に支払っている金額との差額分を、奴らは「JS=日本住生活]なり、何処かで溜め込んで、隠し搾取しているのである。

大阪梅田の飲み屋街に、【 . 】(←◎◎か)と言う漢字一字名のスナックがある。
ここ、過去数十年に渡り、自治体の或る部署の人事を決定する権限を持つ幹部職員数名が、晩秋の11月頃から、~12月、~翌年の年度の手前の人事の決定されるホンの手前の3月の13日頃まで、連日連夜、真夜中の12時ごろまで延々と接待を受けていた事案がある。
接待されている側の者等、コイツラ【昇格の人事決定審議会のメンバー】の面々は、毎日毎日常に変わらずで、それを接待する側は、大阪の各地域、各方面地域から出向いていて、奴らの目的は、現在の地位よりも上の、全て、地方公務員の幹部への昇格を願う者等で、この昇格に合格する事を願って、これをひたすら願って、目指してやまない大勢の公務員らが、この審議官らを甘い接待攻勢をかけて何とか昇格への便宜をしてもらおうとしていたのである。
数十年前からこれは慣例のように延々と続き、その審議官になっている者等も、実はこの道順を越えて今の幹部職員へと昇格してきているのである。
だから平の者等がこう言う接待攻勢をかけてくるのは極普通で自分も平当時そうやって漸く今の地位に座っているのである。だからそのことが悪いとか言う認識を全く持っていないのである。
自分もそうやってやったんだから接待されるなど当たり前だとでも思ってるようである。
つまりこの方程式がもう決定された公理のように決まっているのである。
こう言う流れを経て現状その地位を獲得しているものがどれほど存在している事か。
こう言うことの意味合いに所謂職員の採用と言う部分も一緒に絡んでくるのである。
新人の新卒の採用にもこれが普通に行われ、つまり審議官にすれば利得のチャンスの窓口は窓の外にもうわんさとお客さんは物凄くいてて、これを捏ね上げてこねの採用になっているのである。

地方の自治体でこういう事は普通に行われてきた。
私が実際に調査をして、現場を掴み実際のこの目で現場を現認、見たのはまあ大阪の場合なんだけど。
つい2~3年前に、大分県教育委員会での審議官の賄賂事件、教頭が校長に、平職員が教頭に昇格させてもらうために、こう言う接待攻勢など全国何処ででも行われていると思える。

大阪ではこれは数十年間続いていた。奴らその審議官らは、飲み終わると店の女の子を片手で抱きながら、統帥したように目もうつろで、もう片手には寿司の土産を持ち【おーい、また~~~♪」などといいながら店のビルの階段を下りて出てきて、道路上に「お疲れ様でした」って顔を直角に下げてお辞儀をしている5~6名の地方公務員の職員を一瞥し、【じゃあ~】と一声を言って、接待側がずっとわざわざ呼んで待たしていた呼びつけの「日交」のハイヤーで大きな顔して帰っていく。

その車が角を曲がって消えるまで公務員の連中は酔った頭を挙げることなく下げながら、何時までも頭を下げて見送っている。こんな地方公務員連中がいてたわけ。

一般市民であれば、もう呆れてものも言えない現実。
これって本当に夢じゃあないかとさえ思ってしまう。だが事実これが数十年に渡って行われてきた事である。
ここのスナックのバーテンに取材をしたら、その男はこう曰く、
「うちの店は、秋11月頃からはもうこの連中が売り上げの殆どです。】って、こう言う。その時期のその店の客の殆どが、売り上げの殆どがこの同じ連中のグループの公務員で占められているというのだ。
また続けて、「あそこが来店してくれなくなったら、うちの店が営業持たないですよ!」ってこう言う。
つまり、それほどその部局のメンバー関係で一軒のスナックの経営が成り立っているようである。

あいつら一体何処からその接待の資金を使ってるのだろう。「日交のハイヤー」って結構高い。公務員が全てを自腹でなど先ず考えられない。何処かで税金がその中に入っているはずだと、そこを調べたが担当が一切内部資料の説明を出してこない。何度要求しても出さない。
もしかすると小学校などでは、生徒の父兄から何口とかいって、公立でも生徒から直接実は寄付を集っている金額が有る。
これの使い道は学校は一切公表していない。

こう言う事実があると、「具体的に回答するように要求を出し刑事事件で告訴しろ」と、もう100回や200回できかないほど押しかけて担当に要求をしているが、【内部調査の結果一切そういう事は有りません】の一点張り。

自治体に存在する公正部署の第三者委員会の弁護士も、この件には一切触ろうとしない。
警察本部も何故か脚踏みして一気に逮捕へとはまだいっていない。

大分県教育委員会で、教員の昇格についての便宜供与に関する賄賂事件で2~3年前に全国的に激震が走った。
アレがおきる20年も以前から、私はこの件を、徹底して大阪市、大阪府教育委員会に対し、きちんと調査し回答をしろと、追求しているが、未だに無しのつぶてである。
大分の事件が発覚後、奴らが「常店」にしていたその梅田に有ったそのスナックは、現在閉店して、今はもうその場所にはない。
何処かへ移転して違う場所ででもやってるのかも知れないが、今日現在まで、今その所在の消息が取れずに、私自身はもう証言が取れずに一寸困っているんだが。

時期を同じくして(大分の事件発覚の折)、大阪市教育委員会の、当時もずっと数十年に渡ってその昇格の審議の担当をやっていた幹部連中が、どうした事か、そのタイミングでごっそりと大阪市の外郭団体の幹部へと、一気に昇格して天下り移動してしまった。
突然にである。
それを掴んで、私はそいつに直接連絡して問い合わせたら、
そいつがしゃあしゃあと、「今はそれ(教育委員会の昇格等の決定の審議委員会には職務として現状携わっていませんので、無関係の部署についての解答は一切出来ません。一切答えられない」とこうのたまいやがった。
「個人攻撃は困ります。組織での仕事でしたから。私がという事ではありません」とこう言う。
「クソ野朗が!」って怒鳴ってやった。

腐った連中の存在する場所に、こんな部署に教育委員会が存在したら、そら世の中の子供達の教育なんて正義を教えることなど出来ぬはずである。
政治の内容を教育の現場では絶対に教えない。自分らの勤務評定も一切ノータッチで誰にも触らせない、こういう犯罪事案は、内部で調査した結果そういう内容は一切ありませんでしたで終わり。

腐った日本、腐った大阪市、大阪府、腐った教師ら、一体どうしてここまで腐ってしまったのか。
市民、国民が放置し、ほったらかしてきたせいで公務員の世界が追いはぎ集団になってるようだ。

ひとつ面白いデーターがある。
現状、全国の公立の小学校、中学校の校長職、教頭職についているものの大学当時の専攻科目を見たら面白い事に気づく。

いかにも昇格のための接待攻勢の必要性が、意味が、そこでわかってくる。
現在その校長、及び教頭職籍に座っている者等の殆どが、実は体育会系を専攻して大学を出て教職についている。
体育会系といえばつまりは部活の例のあののりのクラブ活動である。先輩のいう事は絶対で白を黒だといわれても白とはいえない。
体育会系の部活を経由して卒業してきたものは上司へのゴマスリともち上げを徹底的に学生時代からその要領を叩き込まれる。
つまり、校長へのゴマスリと持ちアゲをあののりで徹底的にやるわけだ。
ところが大学時に理工系上がりの教師は、こういうゴマスリでのし上がる行為のようなことは、特にこういう事を軽蔑し嫌う節がある。
つまりそういう流れで校長に現在なっている校長にすればやっぱり体育系の部下の方が可愛くて、自分を思い切りたててくれて気持ちがいいもんだから、そういうものが昇格試験の折に、この校長からの教育委員会への内申書の評価が一段と高くなるわけだ。

接待もされてるし、学校では毎日のように「校長、校長」と持ち上げてくれる。
知能指数の低いこういう体育会系の校長の連中にすれば、ことのほか馬鹿だから、これがひたすら心地いい、気分がいいのだろう。

結果、理工科系の、数学専門の教師だとか、理科だとかの教師は、結果どうやっても精々教頭どまりで、校長へは昇格試験での校長の推薦が思わしくなく、まず昇格が出来ないという道順になる。

全国の公立での小学校と中学校のうちで、体育会系の校長がほとんどを占め、次に社会科の担当の教師が続き、数学と理科の科目を担当していた教師の、校長への昇格試験での合格例は先ず殆どがいない。
皆さんの地域の公立の自分の地域での、小、中学校での、現在いてる校長の前歴(現場での教師時代に過去に一体何の科目を教えていたのかを)を一寸参考のために聞いてみてください。
まあ、体育の関係と、社会科の教師で占められていますよ。不思議なくらい。
つまり接待攻勢が何処の現場でも成立している可能性があるわけです。
これが何を意味するかはもうお分かりですよね。
いかに現場の昇格システムが腐っているかを如実に示しているわけです。何のための校長職かを。

極論で言えば、この間事業仕分け会場で久しぶりに見たあのノーベル賞を取った田中さんのような、ああいう接待攻勢など逆立ちしても出来ない人、ああいう人は、もしも仮に彼が学校の教師だったら、絶対に公立の小学校中学校での校長への昇格の試験には、絶対に合格しないようにされているという事です。

接待攻勢と、いかに校長へのゴマスリで、昇格が持ち上げられるかの、その力関係で昇格が決まるという、もう、悪の巣窟状況になっています。

だから、現状全国の校長に知能指数の低い連中が物凄く多くなり、もうそこ等辺の交通整理をやるだけの能力しか持たないような、そんなレベルの脳の構造、人間の胸のうちに、生徒が傷ついた心の中に、校長自らが静かに潜む心の部分に優しく入っていってあげられるような、そんな精神的な心の学問をわかるような、そういう校長など殆どいなくなってしまっているわけです。

接待が成功したものが昇格するというこの馬鹿共の集まりの校長組織。
ちなみに、私の子供の行っていた地域の中学校の校長は、私が日頃「このバカタレが!」と、何時も言うので、その校長は、私がその学校に電話をすると、呼ばれて受話器をとって出て来たときに、普通に、
【はい、アホの校長の....です~!】といって電話に出てくる始末です。
呆れてものも言えません。こんな奴をどの審議官が校長に推薦したのか意味がわかりません。
こんな馬鹿が校長に推薦され、現在校長職についています。
ちなみに、コイツの出身校は、順天堂大学体育科です。

独法の団体で行われている一寸普通では考えられない内容の高額な住宅手当と交通費手当て。
この内容はもうテレビの報道で出しているので内容はほぼ皆さんに伝わっただろうと思えるのでここにはもう書かない。
でも私が掴んだ次に書く内容は、この今の世の中、国民や市民に取れば、実は或る意味もっと酷い例があることを、今日は書いてみる。
大阪を始め全国に交通公社と言う自治体の管轄下の組織がある。
「....市交通公社、交通局等」と言う、所謂アレである。
全国に存在する。市バス、市の地下鉄等の事業を行っている。

ここでいう、ここで働く職員は一応、市の公務員になる。
彼らが住んでいる所で、【職員寮】と言う名目での、そこらへんの公団住宅や、市営住宅などと同じような団地風の建物の「集合住宅」がある。

ここに住んでいるこれの職員の条件について、今日は書く。

ここに住んでいる者はほとんどが妻帯者で、一応家族単位ぐらいの住民になっている。
この今日書く内容を私が気付く、見つけられることの切欠は、ホンのつまらないことから始まったのである。

実はその寮(初めは市営住宅だと思っていたら実はその大きな建物は市の職員の職員寮だとわかった)の近くに事務所を持つ国会議員の事務所を、或るとき用事で(或る国会議員に、君など国会には要らぬからという事を告げて、辞職するように口頭でじかに迫った)訪ねたときに、ここのこの区画のこの市の職員の寮という場所に気付いた。

街並みを見ていても、その辺の地域の周辺の、その地域の中で、この職員の寮と言うものが、建物などではなく地べたの部分で、まあ見るほどにこれはアカンやろうと思えるほどに一番汚くしていることに気付いたのである。周りにも相当気分悪く見られているだろうと思えるほどの酷さ。

断っておくが、建物や施設器具等が汚いのではない。その寮が占めている大阪市の土地の敷地周囲、周辺の周囲、ここが、その建物を囲む道路に面した周囲の溝から、周囲そこらじゅうに到るまでが、その地域、町内に住んでおられる住民がおそらく我慢させられているという状況なのである。

多分、その寮の住民などで少なくとももう数年に渡って一度の掃除もしたことがないのだろうけど、見るからに滅茶苦茶汚くしている。
その町内でも、その一角だけが地域の回りでも際立っていて、そのことに気付いたのでそれ以降私が何度となく市に何度も連絡して、
【自分らが住んでいるところぐらい、住んでいるお前ら職員で、当番でも決めて、一寸位は、たとえ二年に一度ぐらいでも(これ皮肉)自分らが住んでいる敷地ぐらいは自分らで片付けろよ!もう周辺の地域でお前んところだけが、雨が降っても溝は土でふさがり、雨が排水されずにたまらず水が溢れて道路上に溢れるし、もうそこらじゅうにゴミをほうり散らかしっぱなしだし、いい加減にしろ!、日本の、大阪の地域に住むのなら、ブタや羊じゃああるまいし人間の大人としての常識ぐらい持てよ】って、市の担当者にこう言ったら(もう2年間ぐらいの間に数十度)、それから一度だけ、ホンの一寸だけ、寮の入り口敷地のゲートの入り口の所の、雨が降ったら排水するための多くの溝のうちのたった一つの溝の排水溝の、そこがもう数年もの間詰まってるところの砂を、たった一箇所だけ一寸取っただけ。

実はこの雨が降った折に、この排水溝の場所が詰まっていると、冬場の雨、集中豪雨などでの雨が排水せずに道路上に溢れて、特に冬になれば、冷気がきつい夜や早朝などには、夜間に冷気がきつい翌朝などには、この水が、そこの辺りが凍結し、凍って、実は子供達を始め、通学や、老人歩行や、通勤の自転車、車の通行などに非常に危険なのである。

まあこのコイツラ公務員が住んでいるその敷地の状況はここまで言えばどういう状況の場所になっているかが大体掴んでいただいたと思うが、これを踏まえてここにはとんでもない問題があるのである。
地域の現状の事情は多少わかってもらえたと思うが、今日書く内容はここから。

この住宅は間取りのスペースが一応3DKと、2DKになっている。改めてもう一度書いておくがこれ大阪市の交通局職員寮の内容。
家賃は、それぞれおのおのが、

23400円と、

25900円ほど。

問題はここから。

この寮の所在している場所は、大阪梅田駅までは、その寮の自宅から、自転車で5分かからないほどの距離に位置している。2キロを切る距離の位置にある。
私が、問題としているのは、まあその敷地内、周辺地域住民が、眼を覆うぐらい汚く放置されている事も無論だが、実は、この周辺の家賃はこのスペースであれば大体は9万を有に越えて10万円から12~14万ぐらいの相場場所。

まあそれをこの価格で職員だからと言って住めるのは非常に恵まれていると感心していたら、実は未だこれだけではすまない特典があるという事が解った。

所謂手当てと言う奴。公務員が訳解らん手当てをつけているのはもう全国的にも常識になって来ているが、この職員寮の住宅にも、とんでもないと思える内容の職員への手当てが、普通に当たり前のように支給されていた。

この制度の出来た(もう数十年も前の、世の中の家賃が、何処の都会のマンションでも3DKで3万円ぐらいだった当時の設定での住宅手当のままになっている)目的、名目は、家賃が23400円と25900円は高い家賃なのでこれに各11000円と12000円を、毎月補助して、別手当てとして、手当てを出しているという事らしい。

交通公社のご家族の職員はつまり月に12000円ほどと11000円ほどの家賃を寮の費用として市に支払っているという事。
これは、この視から出ているこの住宅手当は給与に反映されるので、この手当てだけにとどまらずに将来の年金支給額にも繁栄されて、実は将来の年金の支給額が増える仕組みになっている。

見てると、家族で敷地内には高級車を含め殆どが車を駐車して大阪でもど真ん中に近い地域でこうして物凄いほど空間の空地が含まれるほどのだだっ広い敷地に、悠々と市民の税金をつぎ込んで過ごしている。

その地域には、そこのその寮の立っている敷地周囲だけが突出してまあ見てられないぐらい汚い区域になっている状態だが、自らで職員で掃除をしようなどと思うような人種は住んでいないようで、公務員が調子に乗って、奴らはこういう汚いから片付けろよ!などと市への苦情があったら、あれば、また市の税金で掃除でもすればいいと思っている。現実に私が追及したら「今市の予算の枠でそういうのがあるから、それでやりますから、もう少し待ってください」だって。
【ふざけるな!って怒鳴りつけてやった】

自らがどういう立場であるのかという事の認識が、家族、女房も含めて常識がなさ過ぎるようだ。アレだけその地域が(その寮敷地内、周囲の敷地)汚くなっていれば普通は嫁さんらでも自発的に普通はほうきを持って出てきて、散らかっているゴミを拾うか掃除をするかしそうだけど、そういう人種は一切見当たらない。これが公務員の人種かと呆れてしまう。

市営住宅に住む一般の住民の人には、市営の住宅を管理する市は、【1週間に一度ほどの住民参加での強制的に全体住民に出てきてもらって掃除をさせることを義務付け、そしてそれをやります】という念書にまでサインをさせて、ようやく許可を与えて住む許可を与えているのである。
市民にはそういう事を義務付けて半強制的に要求をさせていながら己たちは税金でやりますからと平気なコイツラ、
市の職員寮はこの状況。
オマケにまだ優遇の手当てまでつけている。3DKに住んで今日日、1日の住宅の家賃がわづかタバコ一個ほどの負担で住める住宅など、全国の集合住宅での世間を捜しても、こう言う優遇されているのは、公務員寮だけだろうって。
市の給与に関わっている担当の回答は次のとおり。

【制度で、どういう優遇されているといわれるような、そういう条件であろうと、住宅手当を出す事は制度上決められていますから、何処の一般の会社でもこれは普通に行われていますから。】

この一点張りであった。
【いや、一般の企業は条件は違うぜ!】って私がいったが、
【それ以上は答えようがありません、制度がある以上変えられません】とこういった。

そこで一寸突っ込んでみた。
【そうか、制度があるから君らは制度どおりにやると突っぱねるんだな?】っていったら【そう、制度上仕方ないですから】って言うので、
【では、裏金を作ったら実は5年以下の懲役100万円以下の罰金と言う罰則の規定は、これは制度どころか、法律できちんと決まっているが、大阪市からこれを適用されて刑事告訴したという案件を一切聞いたことがないが、今正に君は制度があるからと言ったよな!」であればこの法律については何故警察に刑事告訴しないのか、法律で明確に条文で出ているが】といってやったら、【それはそれでまた全く別ですから】とこう言ってきた。
【ふざけるなよ!、良く考えて物言えよな!、君は先程から聞いていたら、制度は敗れない、絶対にそうすると言ったよな!、ではこの公金の目的以外への使用に関する罰則規定と言う条文に書かれているこの懲役も付くような重罪の罰則については、これは一体どうなってるんだあ?】って言ったら、ここでとうとう遂に黙ってしまった。
【そのうちに、また直接課長に会いに行くわ】といって、電話を切った。

もう数年になるが、以前に、まあこう言う事実があったという事です。

大阪には、平松と言う改革を唱える市長が居てる。
私に言わせれば、MBS(毎日放送=TBS系)と言う放送局出のアナウンサー上がりの、まあ偽善に満ちた普通に能無し市長であるとの捉え方をしている。

タレントの在日朝鮮人とであれば、コンタクトは直ぐに取れて、直ぐに面談なりをやるという、もう呆れるばかりかおっちょこちょいの酷いもんである。

大阪市の度重なる裏金実態があっても、これだけ法令違反行為が重ねられてきてとんでもない状況に置かれていることにも法律での罰則、裁きと言う部分でのそれについてのどんな頭をしてるのかもう無頓着としか思えずに、その実態の事実状況を一般常識としても全く認識できずに、市長自らが直接乗り出してじかに追及して徹底する事も無く、部局の公正の部署の所属する職員によって調査をさせており、その調査を直接やるその職員の中にも実はこの法律に違反していた連中がいてる状態での部局調査という事になっており、実際の事実を解明など出来るわけもない。
己が犯罪で逮捕されるのを逃れるために自らが関わっていた事を一切除いて、いい加減な調査?ばかりで、しかも【市民にはそれをやっている】と見せかけて、実はほぼやっていなくて、中身の本質は一切雲のかなたで、その理由は、その犯罪行為を実際に手を貸して己がやった張本人の者等に調査を任せてさせている状況で一体何が出てくるというのだ、って。

テレビ局の元アナウンサーだったという事からか(まあテレビでもお世話になるからなのか)、一般の日本の血族を繋いできた所謂純日本人ではなくて、大阪を地盤の在日朝鮮半島出身血族の血を持つお笑いの連中、朝鮮半島血族タレントには、即コンタクトが取れるらしい。
私ら日本人の目から見てると「一寸、おかしいのと違うの?」と見えてしまうほどに、特に、或る種いびつな角度での、テレビ局とタレント双方からの怪しき思惑からの仕立て上げられたような偽装人気があるようで、一寸バカらしくて見てられないときもある。

これは東京日本テレビ製作放送の、大阪では系列の大阪読売テレビ放映での、あの毎週金曜日午後8時からの仮想大田総理大臣番組での、メーンの太田光を初めとするその日本テレビ、つまり、読売グループ系のグループ挙げての鳩山さんネガティブキャンペーンの一環での、その番組を、作為的な思惑の入った悪質極まりない個人的(読売グループとしての思惑)な構成に仕立て上げ、いかにも、一般国民がそう思ってるように仕掛けて操作をやっている行為の表れであり、ここが、ある種、大阪市長を取り巻く状況と、構成されている部分とが一種良く似ているが。
大田光が先々週見せた失礼極まりない暴言、普通であれば許されないような発言を、番組中に大声で吐き続けさせ、しかもそれをもう何度も何度もそこだけを羅列させ、且つ、司会者の女もそれを肯定するように進行し、放映される前の段階でそれは充分に構成でカットもチェックも可能なはずなのに、そこは、読売グループの怪しき思惑通りに、大田に発言させている。
彼は戦前も戦後も血族を通じて、間違いのない純日本人なのかねえ。
発言を見ていると、純粋日本人とは思えないような発言に思えてしまったがこれは私だけなのか。
一寸考えられないものだったが。

日本テレビには注意をしたが。
【たかがそこ等辺のとんでもない輩レベルのタレントが、一体何時から何様になったのか】と、【一国の総理に対して、公に全国に放送される番組上で吐く文言ではないだろう!】って。
北野誠などの発言を問題にするなら、あの暴言は看過できないほどの失礼極まりない暴言であった。
つまりテレビ局は己の利益に直接金銭が絡めば北野誠などは締め出して己の金の実入りの少なくなった原因が鳩山政権だとののしっているもう見苦しくて見てられない、CMが極端に減り、他の事業内容でもグループでの全体の収入も色んな角度の旨い汁も吸えなくなってきてしまい、憎っくき鳩山とばかりに、もう最後の血反吐を吐いた断末魔の叫びのように見えてきている。

呆れるばかりの育ちの悪さを露呈している輩が一国の総理に対してとんでもない暴言を発していて、それをテレビ局は普通に笑いながら放映するなど、総理に申し上げたいという姿勢など微塵も感じられず、少しは身の程を弁えろって。
まあ育ちの悪いものは、こう言うことを良くやるんだが。
親の教育が成っていないと、こんなとんでもない輩が公でメーンに起用されるほどの馬鹿をやってしまう。
常識もなければ本当に日本人血族経営のテレビ局がやっているテレビ番組なのかと一寸疑ってしまうような状況であった。

【読売グループ】って、まさかまさか、この純朴な国家である日本国に、あのかつての戦前、戦中、戦後に及びあのでんぐり返っていた終戦後に於いての、あのドサクサにまぎれて、京都のあの北朝鮮国家国営の司令部労働党管轄で直轄下の組織経営であるあの年商がこの日本国内で単独でも3兆円を有に越えるようなあんな密入国者の経営しているようなそんな企業ではないでしょうねえ。違う事を願っている。

いま、どでかくなった「読売グループ」って、あそこの創始者は、当時のあの暗い日本の海岸の、夜陰を縫って戦前戦中戦後にこの日本国家に半島から食うものも食えずに海を渡ってこの日本の国に紛れ込んで密入国してきた朝鮮半島人者による起業ではないでしょうねえ。

あの大田の発言などを見てると、またその番組での司会者のテレビ局のアナウンサーの発言を見てると、また、番組の構成を計るに、ちょっとその国籍までも疑ってしまうような流れと構成になっていたように見えたんだが。

まあ、あの日本の歴史には良く出てくる【東郷平八郎】さんも、実は朝鮮人血族だという事があるぐらいだから。

終戦当時には2000万人いてた朝鮮人が、何時の間にか現在公安が公表している数が60数万人から100万人の間ほど。

えっ、それって不思議だよね、あの太平洋戦争が終結した瞬間には2000万人もの朝鮮人が実際に日本にいてたはずが、その後300万人が故郷である祖国の朝鮮半島に帰国したといわれている。
ではその当時日本にまだ残っているはずの残りの1700万人はその後この日本国内で一体何処の国の人になって住んで、生きながらえて来ているのかねえ。
日本の国は、現在、多くても100万人ぐらいしかいてないという。では彼らは消えてなくなったのか?って!おかしいだろう?って。

これについては、実はつまりこういうことだ。

当時日本に存在していた2千万人近い朝鮮人は、そのうちの300万人ほどが祖国朝鮮半島に帰還し、まだそのままこのわが国に残った朝鮮人だった1千数百万人がそれ以降に、この日本国内で、どういう手段をとったのか、どうやったのかということ。
今となれば、私には確かめようもないが。だが、事実らしき内容は幾らでも騙られて今に到っている。
松本清張の砂の器でも、あの犯人の和賀英良は、己の身元を隠すために、焼け野原の大阪で、全く他人の籍に勝手にもぐりこみ、そこの者に成りすまし市の方に十ロクの申請を出してそれが認められて、全く違う人間としてその後生きていくことになっている。
偽装の戸籍を作り、偽の住民登録を完成させている。この時点でまあ例えば密入国してきた犯罪者の朝鮮半島人が、その日から日本国籍を持つ偽の日本人として登録されてしまっているのである。公的なものであり後から追求も何もされることがない登録である。

その後、その日本国内に残った朝鮮人は、何時の間にかそこから日本人に成りすまし、日本人であるが如くに日本人としての日本の国籍と、住民登録をし、そのときからあら不思議、朝鮮人が何時の日にか日本人に、名前も、国籍も、戸籍登録も手にしてしまい、日本人に入れ替わり、現在に到っているのである。
日本の今大手といわれる大企業、その中でも、誰もがそこらじゅうで口にしている大企業で、現状存在している大企業何十社と言うものが、実はこれに類し、該当しているのだが、日本の純朴なる日本国民は、マスメディアに騙され、その実態を知らされることなく、国民の殆どはそれを知らされていない。警察庁も、公安調査庁もそれについては一切公に出さない。何故か、それはそういう企業に特に常に天下りしているからである。
話しは具体例に行くが、日本国家が支給している生活保護費の1年間の合計額は平成19年度、20年度で年度ごとで、大体2兆6千億円程で推移している。

このうちで、在日朝鮮半島人に支給している生活保護費が一体幾らぐらいかを日本の日本の国民の皆さんはご存知なんだろうか。

在日朝鮮半島人への生活保護支給額は、日本国家の生活保護予算合計額の半分以上の金額の、1兆4000億円も支給されているのである。つまり生活保護日を受けているものの10人のうちで約6人までが実は日本人ではないという事。

つまり、今現状、生活保護者が増えてきていることが問題だ云々が言われているが、実は国の生活保護予算のうちで、その予算の半分以上の1兆4000億円が実は実際は日本人への支給ではなくて、在日の朝鮮半島人に支給されているのである。

日本で今生活保護支給者は100万人を越えているが、予算の半額が朝鮮人向けだといっているが、でも、この、それでも半分近くがまだ4割強の人らが日本人だといっているが、この中身にも実は非常に疑わしい部分がある。

日本には、今現在在日朝鮮人の在住者は公表では一応60万人少し。しかし戦後には1千数百万人の朝鮮半島人が実際には日本にいてたはずである。

この内容を考えると、実の所、日本に現状在住している在日朝鮮半島人には、殆どが生活保護費が支給されているといってもいいぐらいの比率計算割合になる。

上記の密入国云々の内容も入れて考えてみると、当時に国籍も、戸籍も日本人に成りすまして現在に到っている在日の朝鮮半島人、戦後に国籍を違法に切り替えて、現状日本人として暮らして日本に居てる連中もその数値に当てはめれば、入れれば、おそらく日本中で生活保護を受給されているものは、在日の朝鮮半島出身血族の者等が殆どに上ってきているのではないのかとさえ思っている。
そうなれば、日本の生活保護予算と言うのは在日している密入国者等も含めてそういう名目の予算だと名称を変えて日本国民に納得してもらうべきだと思う。
日本人の生活の困窮者には、実は殆ど支給されていないという実態がこうしてみると良く解ってくる。
国の、生活保護費合計予算の金額と、日本全体で保護費を受給されている人の国籍別度合いとか、その比率の人数割りでの支給額とかを、数とのバランスで見ると、あながち間違いではなくなってきているのかも。
そうなってくると、日本政府が現状支給している生活保護費が、日本人への支給だといっているが、予算の殆どが実は朝鮮人に対して支給しているといっても過言でなくなる可能性が出てくることも考慮しなければならんだろう。

昨年だったか、一昨年だったか、大阪市の余りにも節操のなさに私は唖然とした事がある。

それは、当時大阪市のど真ん中に有った広大な大阪市が所有していた市有の敷地、大きな敷地が、実は、日本国民、及び、大阪府民、大阪市民の殆どが、殆どその売買についての内容の中身の深刻さ部分を全く知らされずに、また市民らにもそのよしあしの判断材料すら殆ど提示される事なく、この、大阪市の持ち物である貴重な広大な価値ある敷地を、いとも簡単に相手がどういう種類の者かを解ってやっているのかわからずなのか何時の間にか解らない所で奴ら北朝鮮国家に売り渡して決まっていった事案がある。

北朝鮮国家国営の企業に売買された事案がある。
大阪の首長平松は、この件の対応を見ていると、自身が本当に日本人なのかを本当に真剣に疑ってしまうようなこの事案。普通の日本人であるなら、あの犯罪国家北朝鮮になど絶対に売ったりしないと思えるんだが。

誰が普通に考えても、あのドロボー国家である北朝鮮国家に、大事な大阪市の一等地の大きな敷地を売り渡すなど、どう譲ってもそれはやったらダメだろうって、ダメだろうって誰でも判断が付くはずなのにである。

売買先があの犯罪国家北朝鮮国家国営の企業だと知っていながら、大阪市のあの平松市長は、それを自分の事のように大喜びで、いいところに引取ってもらえて嬉しいと、あそこで有れば大いに大阪市のために貢献してくれるだろうって、溢れんばかりの喜びを表して記者会見をやっている。

コイツは日本と言う国を一体何だと思ってるんだろう、って。売れて金さえ入ってくれば相手がドロボーの犯罪国家でもそれでも金が大事でいいのか!って。やっていい事とやってはいかん事があるだろうって。
ここで浮かんでくるのが、北朝鮮国家のこの【国家国営企業M】(年商が3兆円を有に超える大企業)とは、実はテレビ局とはもう極親密に繋がって商取引が常に常態化して、その親密度は国民には殆ど明らかにしないがもう数十年と言う昔からの歴史があり、テレビ局はまだ協力までしてあそこと常に取引が繋がっているのである。
TBSも、MBSも、テレビ局として実はこの北朝鮮国家国営企業とは大いに取引関係がずっと続いており、「みのもんた」の、【朝ズバ!】でも、今日の大きなニュースの、この極悪犯罪国家北朝鮮国家が行っている犯罪事案の、武器の大量密輸事件を報道の中で取り上げながら、その実、その報道の合間のコマーシャルではしゃあしゃあと、北朝鮮国家国営企業のコマーシャルを堂々と流している神経、やってることの訳がわからんこの偽装行為。

「亀田興毅のボクシング世界タイトルマッチ戦」放映時でも、また局が肝いりの色々な「報道番組」中の合間にも、この北朝鮮国家国営企業の宣伝コマーシャルを堂々と流しているのである。つまりは取引関係にあるという事。

そうそう、思い起こせば、現在の大阪市長の平松といえば、元はといえばこの「MBS=大阪毎日放送=東京TBS系列」で、報道もかねていた正真正銘の局のアナウンサーであった。当時、北朝鮮に対しては何と言う酷い国だ、こんな犯罪国家は、、、、等と報道ではそう喋っていたのだが。

この平松市長は、今回のこの取引においては、市の土地でもあるので前面に立って、それまで所有していたこの広大な大阪市のど真ん中に有った大阪市が独自に所有していた広大な土地の売買における取引で、売り先の相手が犯罪国家北朝鮮の国家国営企業だと解っていながら、売買における取引での取りまとめを行い、結果、これをあの犯罪国家北朝鮮国家にいとも簡単に売り飛ばしたのである。
これをやったのも、この平松市長と議会。
この件を事前に耳にしたので、私は「これをやめるように」大阪市に強硬に反対し、相手が北朝鮮で、なんで市民に納得してもらえるのか、拉致被害者家族にどう説明ができるのかと、モーレツに抗議したが相手にもしなかった。

この買い取った企業が、北朝鮮国家国営企業であることを問い詰めても、担当者は、

【中身については一切知らない、】

【売る相手は企業であって、何処の国なのかとかは一切知らなかった、】

【現状その企業を、日本国家が認めているから】

【警察が何も言わなかったし、公安からも何も言われていない】

売買契約が成立するまでに、奴ら担当は私に対してこう言う説明に徹していた。

これが今の日本の首長のレベル、認識です。
相手が犯罪国家であろうとなかろうと、要は目の前に大金を見せられて(この金も実のところは日本国民から不法機器によって搾取されたもの)金が入ってくるなら、相手がどんな国の泥ボーとでも取引してもかまわんと言う態度にしか見えぬ。

よりによって、事もあろうに相手があの極悪犯罪国家の北朝鮮国家国営企業に、何で?って。
大阪市所有の貴重な広大な土地を売り渡す事はないだろうって。市長の個人の持ちもんじゃあねーーぞ!!って。

金さえ入れば相手などどんな犯罪者でもかまわんといえる行為。

ちなみに、この市の広大な土地をまんまと手にした北朝鮮国家国営企業は、これで北の海岸京都についで、南の海岸に面する大阪のど真ん中にも、北朝鮮国家司令部の労働党の拠点、日本における国家司令部をおくことが出来たのである。

これで日本列島のど真ん中の、日本海海岸の京都府と、太平洋海岸に面する大阪湾を、縦串で突き抜けたわけで、縦割りで京都から大阪湾へ突き抜けたのである。
奴らの工作員の目論見通りである。今後、大阪湾からの覚せい剤の密輸、偽タバコ、偽造紙幣等の極悪犯罪物資の密輸行為が増大するかも。非常に心配である。公安の仕事をまた増やす行為をやったのである。
馬鹿もいいところ。

金だけに固執する馬鹿で能無しのとんでもない市長が首長になると、地域はこんな被害に遭い、こんな常識では考えられないとんでもないことをやらかすのを、我々市民は、国民は、見てるだけしか仕方がないことが、非常に残念である。
こんな能無しで、犯罪行為の法令の正当な執行も普通に執行させられないような市長は、要らぬだろうって。
また、金のためだったら法令は二の次で、優先しないように見える行政をやるような愚か者の市長は、次の選挙で、即刻で叩き落すべきである。

ちなみに、全国各地からもしも仮に大阪にこられたら、一寸でも行政の事に興味のある方であれば、もうそこら中に、如何に大阪の行政をやる者等の見識が低すぎるかが良く解りますよ。

大阪北部区域で、ひと時電車に乗ったら、その電車車輛の一面全体に一寸驚く。ナンダあ?あれはって。
側面に大きく、面一杯に車輛の側面に、北朝鮮国家国営企業の宣伝が大きく書かれて張り巡らされていたり、もう呆れますよ。

あの犯罪国家北朝鮮国家国営企業で、それもあの世界でも犯罪行為の中心だと名指しをされている本丸の北朝鮮の労働党の司令部直轄のこの【A企業】を、大阪市ごと行政が市を上げて応援して、公的機関の車輛にまで宣伝をさせている国など、こんな国は、世界中何処を探してもありません。
とんでもない国民得の冒瀆である。
ちなみにこれを管轄している所へ、実は例のこの間前記した教育委員会から、例の幹部がどたばたと突然に横滑りで2年ほど前に移った者がここで管轄している。
金と言う部分では、あの極悪犯罪国家、悪の巣窟と言う意味合いからもこいつらが北朝鮮国家とどうも奴ら同士認識が共通しているようだ。
国は無論だが、こういう大阪と言う地域でも、行政が携わる内容、事業、ここら行政のあらゆる分野の所まで、下部組織の部分にまでも、実はきめ細かく腐り果てている公務員の実態が良く出てきているのである。

北朝鮮国家国営企業の企業名を、日本国民が、大阪府民、大阪市民、つまり、何も知らない赤ん坊からご老人までの、全ての人々が、或る子供は通学で、或る人は通勤で日々利用する大阪市私鉄の電車の車輛全体に、ペイントで直接大きくがりがりと描いたように書かれて宣伝されている姿は、私らのような普通の日本人にすれば、もう異常としか見えない。

こういう事を公の機関が、地域自治体が、金をくれるからと言うだけの目的で、内容を考えもせずにやってしまう行政には、呆れてものも言えない。
これをやっている大阪市の市長はついこの間この企業に大阪市のど真ん中の広大な市の所有地をいとも簡単に売り渡してしまったのである。
相手は北朝鮮だぜ、いいのかあって。
あんな連中に、一旦売り渡したら絶対に後戻りは出来ないぜ!、解ってるのかあ?って。
それとも、大阪市の平松市長は、日本国とば別に、北朝鮮国家がそのやっているとんでもないあらゆる犯罪行為を、普通に容認して、あの犯罪国家北朝鮮と市としても極親しく付き合うのかあ?って。

冗談もいい加減にしろ!って。

人間はやっていい事といけないことがあるぐらいわかるだろうにて。
つい先日テレビで見たが、あの険しい状況のミャンマー政府から、政治的迫害を受けているご家族が日本に対して、難民扱いで日本に入国し家族で在住たいとの要請があったが、日本政府はまたして待たして漸くご主人一人の入国しか認めず、それも期間が3ヶ月と言う期間限定の在住許可と言う非常に理不尽な扱いをし、お陰で危険が迫っていたご主人だけがとりあえずにその条件で日本に入国してきて、近くの工場で働きながら、まだ国に残してきているご家族を呼びたいと、日本国内の支援者の力も借りて日本国家に改めて再度国(自民党政権時)に要求したが認められずに、ご家族の願いは聞き入れられずに家族はとうとう遠く離れ離れになってしまった。

彼は家族のためにお金を作ろうと無理をして働いていて、まもなく計ったように過労がたたって、ご主人がご病気になられて、働けなくなり、仕方なく恥を忍んで生活保護申請をやったが、それも入国時のその期間限定の在住許可と言う部分でそれも認めてもらえずに、彼ははるか遠い故郷の家で一日も早く日本に呼んでもらって家族一緒に過ごしたい、それだけを願って待っている子供達、奥さんに、或る晩一本の電話をしている。
今となってはお金もなくなり、家族で一緒に日本でと言う夢も果たせなくなり、道は閉ざされて、【日本政府が認めてくれようとしない、もう絶望して生きる力もない、死にたい】と、奥さんに、泣きながら電話で告げて、その翌朝に、彼は絶望の中で電車に身を投げて自殺をした。

彼が短期間ではあるが、働いていたその日本にある工場の人らは、彼の事を、
「本当に真面目で、日本の法令をきちんと守る心の優しい人だった。あんな人こそ日本で何とか家族一緒に過ごさせてやりたかった。」と、自殺した事への無念さを皆がそう言っていたそうである。
自分のせいではなくて、たまたま国の方針がとんでもない場合の命の保障、国民個人の尊厳が守られずに、自由がなくて、家族にまでも迫害が迫ってきて、何とか家族を助けようといたたまれずに仕方なく命がけで祖国を棄てるまでもせねばならぬその無念さに加えて、この日本国家の対応は一体何なんだろうって。

当時まだミャンマーに残されていた奥さんが、自殺をされたご主人からの電話の内容で、【死にたい】と言っていたので、これは普通ではない、死んだら大変だと、早速日本国家に即刻で連絡をして、【主人の電話がこう~こう~になっています、何とか主人を助けてください】と伝えたらしいが、その連絡を受けた日本政府は、その瞬間に何も動かず、何もすることなく、その人を見にも行かずに、ついに翌朝自らで電車に飛び込んで死んでしまうという最悪の結果につなげてしまった。

本当はご家族を一日も早く日本に呼べて、家族みんなで一緒に暮らせる事を願っていたはずが、こんな日本政府の理不尽さで貴重な人を、これだけ大事な人の命を奪ってしまった。

北朝鮮国家金日成当時に、奴の勅命で北朝鮮国家から秘密裏に国家使命を受けて、日本国内での搾取犯罪が目的で、労働党司令部の工作員として日本海の暗い海岸に夜陰に紛れて戦後に密入国してきて、アレから年を経て、今現在は、現状はこの日本国内で、年商が3兆円にも上る業績を挙げている企業が、何の法令に掛ることなくそのまま存在している。
奴もそのまま永住している。
明らかに密入国者で、しかも金日成の勅命を受けた最高レベルの工作員として潜入してきている事が明らかに解っていながら、或る時期日本の自民党で力を持っていた政治家が、国家公安委員長までやって、この工作員の永住を認め、しかもその上に日本国家としての叙勲と言う勲章までをも授与している。
こんな国は世界中何処を探しても日本国家だけ。
或る時期、或る国民的に絶対的人気があった自民党の政治家に、この政治家に追われる事になり、結果的に自民党政権内での力を失い、長い間力を誇示していた奴がとうとう政権の中枢から去ってしまう羽目になったが、その超人気者が出現するまでは、その人気者の台頭があるまでは、この日本国家を、政権を裏で操り牛耳って、時の総理大臣を数人まで決定させれる力を党内で発揮していた輩。

だが、実の所、その中身は、実は日本の国民には見えないところで裏では密かに北朝鮮国家の特命で密入国してきている工作員の人物に、日本国家の勲章までをも授与させているというとんでもない輩なのである。
流れを見てると、つまるところ、奴は結果として、実は北朝鮮国家のコネ樽の人物だったという事が解った。
こう言う事実を、日本国民は良く知っておくことだ。
本来はそんなに難しい話ではなかったはずのあの拉致被害者救出と言う問題が、何故か、一向に前に進まず、中々解決されない。
あの日本国家が北朝鮮に要求している拉致された方らを一刻も早く還すように要求していても、何故か何時まで経っても解決しない。北朝鮮がこれに耳をかそうとしない。
こんなものを解決させるのは、実は、いとも簡単なのである。
日本国内に今も堂々と現存している数千という北朝鮮国家国営の企業の総資産、総資金を、北朝鮮国家国営企業の全資産を、日本政府として今日にもすべて凍結させれば、北朝鮮は明日にも破綻し崩壊し壊滅させれるのだ。

日本政府がこれを今日にもやればあの犯罪国家はその当日にも拉致被害者を日本に還す事だろう。

ところが、この北朝鮮の工作員が経営(北朝鮮国家国営企業=キムジョンイル直轄の企業)している企業のトップらに、日本国家の勲章である【叙勲】まで与え、しかもその北朝鮮国家国営の企業には警察庁と検察庁関係者がもうわんさと天下りし、その上、彼らの退職後の老後は、あの犯罪国家北朝鮮国家から面倒を見てもらっているので、拉致を救出するために北朝鮮の資金を凍結させろって警察庁や検察庁、公安調査庁に対して何度要求しても、無視状態。
それをやると数千と言う法曹界に関わっている関係者の、退職後の老後の金銭的利益が消滅してしまい、それだけが心配なのだろう。

警察庁等が、北朝鮮企業の資産の凍結を政治的判断で政治家にやらせようしないのは、阻止しているのは、裏に、現実それが有るからなのだ。
ここには、莫大な利権がうごめいているのである。年間、数百億単位で動いている。
一切何もやろうとしないのは、そういう事なのである。

己たち(警察関連者検察庁関連者政治家連中への、北朝鮮から還流してくる資金が、実は奴らの老後の生活費の方に回ってきているのである。
拉致被害者を救うより、その北朝鮮から回ってくるその金の為に、そのことが最大の優先順位であって、結果、拉致被害者を救おうなど全く思っても居ないのであろう。
これはテレビ局、新聞社も同罪だと思っている。北朝鮮企業がなくなれば、奴等も同じように非常に困るからだ。ところがこの北朝鮮から奴らに回ってくるお金は、実は日本国民から搾取されたものなのである。警察検察もその金を受け取りマスメディアも結果その金を受け取り、政治家も結果それを許すことで潤う形になっている。

安倍元総理は、日本でも唯一それを打破しようとの姿勢で戦った唯一の政治家である。
彼の行動、実行を表では言えずに影で一際疎んじたのは、実は北朝鮮擁護連中の周辺なのである。
奴らは、一時も早く安倍さんの退陣を願ってやまなかったのである。
安倍さんがやろうとしたことであれば、己たちに金が回ってこないと極端に怖がったのである。
マスメディアもその仲間であり、拉致被害者の救出が今も出来ないのは、全く同罪である。

【日本人拉致は酷い事案で、まことに可哀想だが、極悪犯罪国家北朝鮮から秘密に手元に渡ってくる国民からの搾取したその莫大な金が、それが欲しい】と言ってるようなもんである。

日本が太平洋戦争で破れ、本土の主要都市の殆どが焼かれ、都市機能が完全麻痺し、色んな内容が消滅した。
終戦を迎えた昭和20年8月15日、この日の時点で日本国家として国が掌握していた日本国内に存在する朝鮮半島人は、この時点で約2000万人だったといわれている。
そこから終戦により日本国家の占領を逃れた祖国へ朝鮮半島人が帰国の道を辿った。その朝鮮半島へと帰還した人数が、約300万人だったといわれている。
つまり、残りの1700万人もの朝鮮半島出身者の数が、そのまま祖国に帰らずに、この日本国内にそのまま残ったわけである。

アレからもう60年を越え現在はどうであろう。日本国内には公安調査庁や外務省等が一応公表している部分で言えば何と僅か100万人にも満たないという。
つまり、日本国内全人口の約200人に一人ぐらいの確率だという。
本当にそうだろうか。かなり疑わしい。

これは一寸どう考えてもおかしくないか。当時から比較しても日本人でさえ戦後からついこの間までは日本の人口は緩やかに増え続けてきたはずである。アレだけ多かった朝鮮半島血族の者らだけが、戦後から今までにこれほどに極端に人数が減るものなのか。
いやそれは絶対にありえないと思える。
では終戦時に日本国内に残った朝鮮半島人1700万人は一体何処へ行って何処に消えてどうなったのか。疑念は深まるばかりである。
ひとつだけしか、その答えは見つけられない。
それは、彼らがそのドサクサをいいことに何時の間にかどういう手段を使ったのか何をやったのか知らんが、兎に角、絶対にやってはいけないやり方の、【違法に原本不実記載の戸籍等の手続き】をやって、何時の間にか日本国籍を取得し、何時の間にか、日本国の日本人として戸籍の原本もそうなるように違法申請したという事だろう。
現在公表で出ている部分での在日の朝鮮半島人の数等を考えれば、現実の事を考えれば、それしか考えられないと思える。

余談だが、
もう数十年前になるが、或るご老人から、あの当時の噂として、次のようなこんな話があったという話を耳にしたことがある。それは、
【今のうち(戸籍の復活申請が可能な期間中に)に、大阪に行けば、自分らでも旨くやれば、朝鮮人と言う柄から外れて、正式に、誰にも文句を言われずに日本人になれるぞ】って、
【朝鮮人が一斉に大阪に殺到してきていて、密入国の連中も一斉に日本人に成りすまして今のうちに登録をしようと必死らしい】という噂が流れていたという事を聞いたことがある】と言っていた。
【全国の朝鮮人や、戦後に日本に密入国して来た者が、これ幸いとこのチャンスを逃すまいと、大阪は法務局も焼けてしまい戸籍の原本自体が消滅して無いから絶対にバレないからといって、奴らが今もう一斉に大阪で日本人だといって、不正申請の登録の手続きをやっているってそう言っていたよ。】ってそう言っていた。

今我々が思う部分で、この不正行為が頻繁に行われていたのではないかと言う疑惑について、検証できるとすればひとつの不審な内容がある。
それは、ちなみに、あの強烈だった3月の米軍の「B29」による大阪空襲、物凄い量の焼夷弾の雨の中で、大阪の市民がアレで死んだ人数が意外と少なかった事にも驚かされる。東京空襲と比べて、大阪の空襲による死者数が、その死者数が東京空襲のものと比較して、余りにも少なすぎるし違いすぎる。
これは、それまでの大体の合計人数と、復活登録をされた人数分との比較でそれが解る。余り差がないのだ。いやそれどころか、ものすごい数で増えているという事が解ってきた。
事情は色々勘案できるがその人工形態が一寸異常になっている事が解ってきた。
詳細を今調査をさせているんだが。
今、あの終戦の年昭和20年8月の15日から、昭和23年ごろまで(消滅による特別事情での戸籍の復活申請の期限は一応は昭和22年までになっていた)の当時、原本の消滅による復活申請の手続きをやった者らの数、その期間に大阪に戸籍の復活の登録をした者の人数を調べさせているんだが、おそらく昭和20年の終戦当時よりも登録者が異常に増えているのではないかと想像している。数百万人と言うどころかもしかしてもっと多い人数が当時登録されたかも。それが事実だとすれば、それは日本人の手で復活の戸籍登録の申請手続きが行われたのではなくて、実は日本人に成りすました朝鮮半島人が、当時の大阪の事情を知り尽くして、ドサクサにまぎれてそれも大阪の法務局の原本記録が焼けて記録がなくなったのをいい事に、不正に復活と称して違法に偽装した朝鮮半島人が日本人だとして登録された可能性がある。

それであれば、終戦時にわが国に2千万人いたいう、アレだけ日本国内に当時居てた朝鮮人の数の1千万人以上がどうしたことか終戦を期してこの日本国内から一瞬のうちに消滅し消えてなくなった意味が、これで辻褄が合ってくる。

皆さんのご近所ではいかがですか?
本当の日本人が、
本当に日本人が、住んでますか?
まさか、あの当時、偽装して日本人に成りすましている朝鮮半島人ではないでしょうねえ。

結論。
私は差別する積りは一切ない。正式に日本国家の法律を守り、正式に日本国家から日本国内に居住する許可を取って、その上で日本に在住すべきである。
許可が不正に行われているのであれば、これは即刻で一応半島に戻ってもらって、改めて日本国家に入国と居住の許可申請をやり、その上で、正式に許可を得て日本国内に住むべきであるというだけである。これが持論である。

日々テレビを見ていても、日本人ではないものが物凄い数で出ている。
あらゆる、お笑い、バラエティーを初め、歌番組、ワイドショウ、ニュース報道番組でも、明らかに日本人ではないと思える者等が、何の事は無いまるで自分は日本人であるかように、堂々と、
【これは一寸我々日本人の感覚ではわからないなあ】などとコメントをして、いかにも自分は日本人だと、何と図々しく平気で喋る滑稽さ。

【あれれっ???お前さん日本人じゃあねーーだろうが!お前さんは何時から日本人になってるんだあ?】って、テレビに向かって私はついついそう言ってるんだが。

教育委員会がやっていることでとんでもない内容があるので今日はこれを書きます。
就職に於いて、ミスマッチと言う言葉がある。
今日ここに書くのは、学生さんが卒業する時の状況の折の内容。
ここでは新卒の高校生について。
新卒の生徒の就職先とのミスマッチの事である。

このミスマッチと言う部分において、今年のようなこう言う日本全体がもう酷い状況が起こる以前から、前から、新卒の生徒にとって非常に理不尽な事が実は学校の現場で普通に、平気で行われている事を、国民はあまり知らされていないので、その実態を書く。

日本国中に若者のフリーターが物凄く多いと言う問題提起が、国民の間でも数年前から取り上げられだしてきていた。
だがそれの原因が一体何処にあるのかを、その本質を殆どの国民が「いや、最近の若者は辛抱が足らないからだ」とそういって実際の内容に気付かされていないのである。

その原因の殆どが、実は学校の現場で、それが見え難くされていて気付かされないような仕組みになっているのである。学校は生徒の就職先企業については、ご両親と相談して決めたと必ず弁明する。だがここが実は違うのである。実は相談といっているが実はアレは相談ではなくて君はここへ行くのがいいという事で言い含めてここしか無理だぜっていう事を言い続けるのである。生徒にしても親にしても新卒の機会を逃せば非常に就職がまともな企業、普通の労働条件が不利になるために、教師から、君はここしか推薦枠で推薦できない、ここしかない、ここを受けろといわれたら、もう断れなくなり、そこを受けざるを得なくなるのである。
これを称して教師はご両親の了解のもと協議をして決定したといっているのである。奴らの都合のみの言語なのだ。

具体的な例として、学校現場で今でも、今日も、こんな就職難の時期であっても、将来に不安を持ち働く事の生活設計での人生そのものに不安を持っている生徒に対して、学校でまだ行われている実態の例を出して書いてみる。

新卒で就職希望の生徒さんが、100人いてる学校が存在したとする。ここに会社、企業からの求人が100社あったとする。
教師が先ず考えるのは、この状況でどうやって100人の生徒を100社の企業に均等に振り分けて全ての企業さんに生徒を当てはめられるかを先ず第一に考える。
生徒が何処に行きたいか、何処を希望するかを一応聞いてみる。
例えば今年度トヨタ側から、大阪市内の学校に対して10人の求人があったとする。
すると、教育委員会はこれを大阪市内にある公立の学校25校の内で、その打ちの10項を勝手に選び、選ばれた学校の1校に対して一人だけの求人を認めるという事をやる。
つまりトヨタから大阪の学校に対して今年は10人欲しいといってきていても、教育委員会側がひとつの学校からはどんなに希望者がいてようが1校に一人しか割り振りをされないのだ。これを決めるのが教育委員会。

そして、その教育委員会から一人だけを選ばれた学校の進路指導の教師は、先ずは卒業生の中から校内で生徒一人を選抜する。
これも教師が選抜する。生徒の希望とは違う所で選抜される事になる。
つまり、仮にたまたまその学校で3名の生徒がトヨタの入社試験を受けたいといっても、学校はひとりだけしか認めない。トヨタは別にその高校から一人だけなどと特定して決めてるわけではなくて、大阪市内の全部の高校から10人を希望としかいってきて居ない。

だが、それを教育委員会は全ての学校に均一に人数を分割して割り振り、割り振りを決めて、どんなにひとつの学校からトヨタの就職試験を受けたいといって希望者が一人以上いてたとしても、これを絶対に許可させない。

そこで進路指導が決定選抜した生徒一人がトヨタの就職試験を受ける事になる。
炙れた生徒が、たとえ就職試験だけでも一応受けさせてほしいという事は一切許可されない。
つまりトヨタを受けたいと思っていても、これを決めるのはあくまでも教師であり、受けさせてもらえる生徒を選ぶのも教師が決める。
教師から選ばれなければ、道は閉ざされ、受験の機械さえ奪われてしまう事になる。
就職は当人の問題であり教師の問題ではないはずである。とkじょろが、教師がコイツで無ければならないという決定を下しそれを命令の如くにやるのである。
教師に推薦されないものは、推薦されなければ、この場合は、トヨタを受ける事は許されないのである。
漏れた生徒は、仕方なく違う企業を受けざるを得なくなる。そこで起きてはいけないことが起きる。

人間は不思議なもので一応就職試験をその目当ての企業を受けて新卒で受けて、仮に滑ってしまえば、そこで一応の諦めがつき、ああ俺はここで無理だったと諦めもつくが、ここの部分をさせてもらえずに、教師が決めてお前は受けさせない、ダメだといわれて、その目指していた企業を諦めさせられれば、次に違う企業を受けて、もしもその企業に受かったとしても、その第一志望とは違う会社に入社しても、その企業で一寸でも辛いことでも有れば、今日日の子である、「俺は本来はここを受けたくなどなかった、俺はトヨタを受けたかったのに受けるチャンスさえも教師に拒まれた、こんな嫌な会社で辛抱など出来るか」と思ってしまう。
企業など新人の頃は誰もが毎日が怒こられてるようなものである。好きで入ったものと、教師に決められて入社したものとでは、そもそもの会社への忠誠心と言うか、意欲が違う。希望していた企業であれば相当な部分まで辛抱が出来るのだが、元々希望などしていなかった企業なので、ちょっとの事でも嫌気が差して辞めてしまう子が増えてしまう。
昔はバイトなどはあんまりなかったが、今の時代は若ければ何とか月に10万前後の小遣いぐらいは自分で何とか稼げる。学生で卒業したばかりの子にすれば、月に10万円の小遣いは結構大きい。そこで納得してしまって、そっちを選んでしまう。
ところが彼らが25~30歳と行っているうちに地獄の貧困になってしまうのだ。
問題は、企業の募集に対して、生徒の就職先を、生徒ではなくて教師がそれを決定して、生徒の仕事先を教師の手の中からはずさない所に大きな問題があるのだ。

企業が10人必要だとといえば、普通に考えれば企業は大阪市内の学校全てで1校ごとに均等割りで募集人員を一人づつでなければダメだという企業などない。
何処からでもいいのである。用は面接や書類専攻し検討で採用を決定するのである。みんなの学校から一人筒で無ければならぬ等企業が考えるはずもない。
ここが教育委員会を通じないと出来ない仕組みにしていてこれが進路指導協議会と言う組織を存続させるための防波堤にしているのである。ここを通さないと絶対に新卒の生徒は就職できない仕組みを作って、要りもしないこんな進路指導協議会と言う組織をつくり、己たちの権限と利権を貪っているのである。

その企業の募集人数が仮に10人で、それが一つの学校から10人来てもらってもいいはずなのに、学校同士の校長の面子で、市内の学校全ての学校にその求人の分を均等に配分し、学校間の人数割り当て差別を無くすのが目的で、ひとつの学校に割り振られた人数が、この配分人数以上の企業への受験を、その人数分を越えた数は教育委員会と学校が絶対に認めないという、もうあきれ果ててものも言えないことを今のこの時代にもやっている。

これを統括している組織が、【全国進路指導協議会】と言うもうとんでもない遊びの利権組織。

この組織の会長は、全国で選抜された校長の代表で、東京晴海高校の校長が勤めている。全国を幾つかのブロックに分けて、近畿ブロックでは、以前は奈良の高円高校の校長が、その後、和歌山海南高校の校長が近畿ブロック進路指導協議会の会長を勤めている。この組織など何の用もない、何の活動もしていないのに、意味ある活動をしているという事で、全国の校長がその都度集まって会議と称して宴会をやっている。

こんな組織がこの新卒の生徒の就職の現場の生徒さんの就職先の企業名までも現場の教師に決めさせ生徒の意思が反映されない形は非常に理不尽である。
あの高校野球のこの間のドラフト精度に参加していたあの大リーグを希望していた投手の生徒も、現場の教師にその決定権が有りあの生徒には一切決定権などないのである。つまり自分の将来の就職先を教師が決めていて生徒はそれに従うしかないというのが実態。
こんなばかげた事が、この時代に、まだ教師が訳も解らん教育委員会からの意向の権限を持ち、今のこの時代にもまだ毎日教師が生徒の就職先の企業名を決めるという事が行われている。就職先は生徒の人生そのものであり、生徒がここを受けたいといえばダメでも一応はその企業を受けさせてやるべきで有りそれを教育委員会が平等に生徒に企業を割り当てるという名目のもとこんな事が誰も非難せずに行われている。
教育委員会がクソだといわれる本質は、こんなばかげた組織の持つはずもない権限をひけらかしての暴挙である。

そら、ミスマッチがそこらじゅうでおきるのは当然である。
生徒に希望する企業を自由に受けさせてやればいいのである。その生徒が、行きたいと思うその企業の就職の試験を、一応、受けさせてやればいいじゃあないかって。

【いや、学校同士が平均しないとダメだからなどと言うとんでもない理屈で生徒がその企業の試験を受けたいというその夢を阻止しているなど、もう言語道断である。】
教育委員会、進路指導協議会代表の各地の校長ら、及び参加している各学校から来ているこの組織での現場の教師代表、及び教育長らに何度抗議をして直談判をやってもまだこれを絶対にやめようとしない。
現状、高校の新卒の生徒にとっては自分の希望の企業の就職の試験すらも自分で出来なくて教師が決定する権限を持っているのである。自分の将来を決めかねないような大事な企業の入社試験を生徒自身がそれを受けたいという希望、また実際にそれを受ける権利まで、なんで奴ら教師がそれを持って手放さないのかが訳が解らん。

ここ20年近く、街に若者のフリーターが溢れている現状について、識者といわれる者等、及び企業の人事担当、及び、マスコミ、メディアのコメンテーターら、一寸もう一度現場での内容、起きている実態が何故起きているのかの本質の部分を見つめなおしていただきたい。
ここにも、実は学校現場、教育委員会、この馬鹿連中が、己たちの評価を付けられる事を嫌がり、その結果こういうミスマッチという不具合が発生し、その結果、若者が食を転々とし低所得者となり、結果年金未払い、市民税もまともに払えない、病院へ行く費用の医療費もママならず、結婚も出来ず、親の面倒にゆだねている実状を引き起こしている事に、もっと注目すべきである。

いまや、マスコミ、メディアで働く人らは全てと言っていいほどが大学卒であろうし、地域での学校現場の教師達も、全てが大学を出ているために、高卒での新卒の生徒が、自分で就職をするときに学校の教師が生徒の就職先の企業を決めるなどというこのとんでもない内容を、そんな事があるとも思っていずに、また現場の教師も自分らでそれをやっていてもおかしいなどとは思ってもいずに、一般国民も余り実は知らないのではないのかと思う。

大学卒であれば、当然のように自分の働きたい企業は自分でその希望を持って就職試験の願書をその企業に対して自由に送付も出来るし自分でそれらをする事を自分の意志で出来るんだが、選ぶのが普通であるが、自分で就職先の企業を自分の目線で自由に選べるが、所がである、高校卒業者の就職に関しては、現場の進路指導の教師がその生徒の就職先企業を教師がそれを決めているのが実態で、生徒が自分でここに行きたいので自分が希望する夢に見ていた企業を、この企業の就職試験を是非とも受けたい、或いは面接試験だけでも何とか受けたいといって教師に伝えても、教師から、【君はここは受けられない、他の者が受けるから君は他を探せ】とこうなる。
受ける機会さえ奪ってしまうのだ。
希望だけでも聞いてやって、希望していた企業の試験を受けて、それで尚且つ滑って、それで無理だったら仕方が無いが、そこに行くまでに不思議な事にどういう権限か知らんが教師の選択権があって、絶対に生徒が受けたいといってもそれは許可をされないのだ。

これは、他の学校同士が、その就職について一校だけが抜きんでたり、競り合ってはダメだという事でその競り合い競争を除くためと言うお題目で、就職試験を受ける為の企業宛の願書の送付については、他の学校との均等性を保つためと言う理由で、学校ごとに同じ人数に振り分けてしまうために、ひとつの学校からその目指す企業を受けられる生徒数が何人と言う枠内でしか教師は許可しない。
その企業は10人欲しいといっていても結果、ひとつの学校からはどんな事があっても一人しか企業宛の就職試験の願書を送る事は許可されないのだ。

何の事は無い、学校同士の面子の為に、生徒がこの企業に行きたい、ひとつの学校から例えば3人とか言うように複数希望していたとしても、進路の教師がその中から一人を教師の判断で選別決定し、小さい頃からの夢だ、地元で是非ともこの企業を受けたい、就職したいと複数の生徒が思って願っても、学校同士の釣り合いという事から教師の面子でそれは拒まれ、生徒の希望はそこで跳ねられるのである。

私は、複数の全国の学校現場の進路指導の教師、教育委員会、全国進路指導協議会ブロック毎に、
【一応生徒が受けたいと言ったら自由にその企業を受けさせればいいじゃあないか、何で受験をすることすら認めないのか、一応受けさせてそれでも滑ったら、そこで滑ったら本人は仕方がないと思うだろうし、そうなれば生徒だってその時点で諦めもつくだろうに。
それをその受けるチャンスの夢さえ教師が受けさせもさせないという、夢を断ち切るようなことを何で生徒をそんなに自分らで教師が思う企業に生徒を割り当てようとするのか!いい加減にしろ!
何様じゃ!お前らは!
教師にそんな権限があるのか!】と言って追求したんだが、何処もが、【制度ですから、これは学校に求人票が来ているのであって、生徒が希望通りに自由に出来る権限はありません、そういう話ではない】この一点張り。

これは、人権にも関わってくる。
生徒の一生を決めかねない就職という人生最大の基点の就職と言う希望の選択の決定権を、生徒の希望が阻害され、これを現状教師がそれを決めているのであって、生徒にはそのあそこを受けるという最終の決定権は一切持たされてないのが実態。
菅副総理、湯浅さん、良くここを読んでください。現状全国で起きている職場現場での【ミスマッチ】というのはこうして起きているんです。
現状で、就職を希望している新卒の高校3年生の生徒さんに、高卒で、新卒の生徒に、今現場で唯一与えられている決定権は、これは、教師があらかじめ決めた就職先企業を、君がそこを受けるかどうかと言う問いかけに対して、そういう場合に対峙して、その内容に【イエス】【ノー】とどちらかを応える事のみなのだ。
【ノー】といえば、当然学校からの推薦はなくなり結果就職先は斡旋無しで無就職と言う状況で卒業する結果になる。
これが実際の現場の現状だ。
現状大変だ大変だと、テレビでは必死に進路指導の教師が走り回っているように報道されているが、だが、その中身にはとんでもないこういう事が含まれていて、その中身には実はこう言うことが前提として存在して、その上で教師が動いているだけである。

高校卒業し、新卒で学校から就職をしておかないと生徒にとっては人生においても先々非常に厳しい内容がその後に付きまとってくるのが現実である事を、今や昔と違って生徒自身もご両親も百も承知しているので、教師が決めた就職先企業へと、仕方なく進路を選び、その自分が選んだわけでもないその企業へと結果就職して行く事になるのである。

それが有るため、それで入社しても、あちらこちら全国でミスマッチと言う現象が全国的に発生して、それが現在全国で社会問題として起きてきている若者の無職状態、派遣状態、低所得状態、フリーター状態、貧困、犯罪を起こす、無法状態、結婚が出来ない、路上生活、こういう原因の殆どが実は元はといえばここの原点でそれを引き起こしている事を、全国の人も、政治かも、企業の方も、マスコミも、メディアも、学校の現場も、皆がこのことに早く気付くべきだ。

識者らは、すべて大学を出ている方がほとんどで、こう言う高校卒と言う現場での経験を持たない人らばかりで、マスメディアの連中も、大学を出て、自分で希望した企業を一応は就職試験で受けさせてもらった人らばかりだと思えるので、こういう事には殆どが見ていないので気付けないのだろう。

高校の高卒の新卒の生徒さんらは今こういうとんでもない状況に置かれている。
自分の希望する職場への就職希望の申請の書類送付も認められておらず、学校の決めた、学校が許可した企業しか就職希望は叶えられないシステムになっている。

昔と違って今は就職先は狭き門になっているが、そういう時代であればあるほど生徒に生徒自身が希望する希望の企業を、滑る、通るは別問題として、とりあえず本人が希望しているんだから、なら一応受けさせてやるぐらいはさせてやって何がおかしいのか!って。

全て受験のチャンスを与えてやればいいものを、教師の面子の都合で自分らで都合の良いように、希望する就職先を生徒に選ばせるのではなくて、ここを受けたいという最低限度のこの生徒の希望を、この最後の決定権を生徒ではなく教師が常に持ち続けて、幾ら生徒が希望しても、学校の都合に合わせて、許可を教師の頭一つで選択し、その決定権を譲らず、これを絶対に手放さない。

重ねて言うが、もうミスマッチということに関しては全てとは言うわないが、殆どの事例が、この学校の現場で今も行われている教師が生徒の就職先の企業を決めていて、生徒にその選択権が阻害されている実態が、これが殆どの原因である。

本人と、企業、職場とのミスマッチという内容が、高校生の就職を希望する新卒の生徒の、【我慢弱さから来ている】とばかりに短絡に馬鹿の一つ覚えのように報道してきたマスコミ、メディア、識者といわれるコメンテーター、彼らは、ここを見間違えている事に早く気付く事だ。
この点を良く見つめなおして欲しい。

私が常に【犯罪組織教育委員会】、【クソ教育委員会】と言って来たのは、奴らの責任から逃げる体質や利権に群がる構造が、結果こんな所にまで及んでいるからだ。

この原因の本質は、教師の勤務評定をやられたくないという、ここにあるのだ。
ここに大きな奴らの原因があるのだ。
学校で企業の求人数を学校ごとで振り分けて平均で分割して(企業は何も分割など希望も何もしていない)受けられる生徒の数を学校ごとで均等に振り分ける事により特定の学校の教師の評価を比べさせないようにしているのだ。

それによって新卒の高校生は自分が希望する就職先の企業を、自分の意志では選べないという仕組みを作っているのである。入社試験で合格を出すのは企業であって学校の教師ではないはずなのに学校で先ずハードルを貸せて生徒にそのハードルを自らではずせないように仕組みを作っているのである。毛kj化両親や生徒はその進路の教師や担任にぺこぺこしていなければその選抜の対象からはずされるのである。
まるで大阪の教育委員会で行われていた平の教師が教頭に、教頭が校長になるために教育委員会の人事幹部を夜な夜な夜な飲み屋街で接待攻勢をかけてへつらっていた内容と全く同じことを、教育の現場、生徒にまで求めているのと同じである。
結果両親はまるで先生様先生様と言う状況にならざるを得なくなるのである。教師のサジ加減、頭ひとつで就職先の選別、推薦が決定するからだ。息子を何とか良い企業にと思えば当然その進路指導に旨く思ってもらわねば絶対に選抜推薦されない仕組みをつくっているのだ。お前ら教師だろうが!って、何処まで卑しいンだって、根っから薄汚い奴らだという事が良く解る構図だ。

この間ここに書いた例の件、まるで自分らも教頭、校長になるためには連日教育委員会の理事クラスの人事担当者を夜な夜な接待をして金も沢山使ってんだから、お前ら生徒も俺たちに旨い事しろとでも言ってるようなもんである。

この訳の解らん【教師が決定する】というこの権限が存在するために、こういう薄汚い事が存在してくるのである。

本当にクソ教育委員会である。
こいつらのお陰で、こんなばかげた被害が存在しているのだ。

新聞社よ、テレビ局よ、内閣よ、民主党よ、こんなクソ教育現場で行っているこんなふざけた権限など、今直ぐにでも、今日にも撤廃させろよ!って。

私はもうこれを数十年前から現場には要求をしてきているが、何処の自治体も、無論教育委員会も、文部科学省(旧文部省も)も、私が要求している事をやろうとしない。
お陰で新卒の生徒さんは、アレからも数十年と、未だに自分の希望する企業の就職試験さえも教師の許可なくして、教師に逆らへば絶対に許可してもらえずに、行きたいと思っている企業の就職試験さえも受けさせてもらえずに泣いているのである。

マスコミ、メディアは、本当に対極的に国民のためにやろうと考えて日々ニュース記事を書いているのだろうかねえ。
本当に思ってやっているのか!って。
芸能ニュースのように政治家のもうホンの小さい言い回しを捉えてブレるだの一言一言を捕まえてもうネズミが欲を齧るようにしか報道していない。報道に関わるものとして、日本国家の大新聞、大テレビとして、情けないとは思わないのか?って。
まるでそこいらのけんかしている相手が、相手の悪口三昧を紙面に並べてるだけしか記事にしてないぜ!
そんな下らん事でしかネガティブキャンペーンが出来ないのかよって。
もっと、日本国家の事で書けよ!、
防衛問題だけが日本国家の内容ではないぜ!、
もっと考えろよ!。
自らはあの犯罪国家国営企業とは極親しく企業取引を屋って利益を取っているにも拘らず表では拉致被害者を助けたいという。君たちは北朝鮮がまともな国だとでも思って取引をして利益を取っているのかあ?
一体どっちが本当の顔なんだあ?
一度でいいから新聞、メディア、は、北朝鮮とは現状どういう付き合いをしているのかを君ら国民に説明責任があるだろう?って。
何故説明しないんだあ?
北朝鮮から実は利益を貰ってますってなぜいえないの?
その金は元をただせば北朝鮮国家が日本国内で行ってきた内容の中から支払われたものですと、何故公に公表しないの?

【わが社はあの後極悪犯罪国家の北朝鮮と、その国家国営企業と、現状実は緊密な取引があります】と、日本の国民向けに、なぜ公表しないのかねえ。
都合が悪いわけ?
国民に知られるのが都合が悪いんだったら、今日にも北朝鮮との取引をやめちゃえばあ?
それも出来ないの?


国民全体にとってどうだこうだと報道すればいいのに、もう個人攻撃でネガティブキャンペーンのように、つついてほじくるのみで、そのことででは日本国民がどれだけの損失を蒙ったのかを明らかに出せば?
個人攻撃で一体どれだけ国民が被害を受けてそのことで日々の生活にどれだけ影響を及ぼしたのかを書けば?
かけないだろう?
それで行けば新聞、テレビ局の方が国民にとんでもない被害を齎してるぜ!、
北朝鮮と取引するなど国民は絶対に許さないと思うが!、この点で説明責任はムシロマスコミメディア側にとんでもないほど大きくあるんじゃあないのかねえ。
どうよ!

マスコミ、メディアの、大極的な内容を、ここ数年見たことがない。
民主党が政権をとってからの読売新聞など、そこ等辺の朝鮮半島人が情報操作の工作で良くやる、仲間内の組織を引き裂き作戦というまるで北朝鮮のおはこである分裂作戦を地で行くような外交工作のような内容になってきた。
マスコミとすれば、もう下の下である。

北朝鮮国家国営企業と取引が存在するメディア、マスコミ新聞社は、やっていることがまるで最近北朝鮮に似てきているようである。新聞の紙面を見ていると兎に角政権を引き裂く事に没頭しているようだ。これは日本国民にはプラスにならない。一寸記者のレベルが極端に落ちてきていることが原因のようだが、まるで芸能記者のレベルにまで落ちてきている。

法律も知らない、現場で質問も出来ない、もうレベル云々を計るどころじゃあない。
【これが現状の日本において、現在最大部数を誇る新聞社かと、ほとほとあきれ果てている読者が、実は私なのである。

これでは、まるで北朝鮮で新聞を読んでいるようである。最近そう思ってしまう。北朝鮮が外向けに出す報道は多分こう言うモンだろうと思って想像しているんだが公思うのは私だけなのかあ?
新聞社さん、テレビ局さんよ、北あの犯罪国家朝鮮と比べて、本質の【欲】と言う部分での現状あなた方は、比べて一体何処が違うのかを書いて来てもらえればありがたいが。


食を転々とし

訂正
職を転々とし

大手新聞社、テレビ局が..
....彼らが、過去から現在に到るまで何十年と言う期間にわたって、日本の国民の目にはその中身の意味する所を一切意味をわからせない状況を作ったうえで、その状況にしておいて、今でもあの極悪犯罪国家国営企業と取引をやって、何度もの忠告も聞かずに相変わらず北朝鮮国家国営企業とは極親密にそれをずっと続けてきている現状、相手があの北朝鮮である事を百も承知の上でその企業と普通に取引をしている神経が解らん。
東京警視庁管轄の管内で、或る年の1月から9月までのその僅か9ヶ月の期間中に、逮捕、摘発、行政指導、これらの法令違反行為名目で、東京警視庁管内に現状存在している北朝鮮が関連している事業所数の1300事業所のうちで、その中で、僅か9カ月間で、実は100箇所と言う事業所で、こう言う日本の法律において、搾取行為を初め、法令違反行為で指摘を受けている実態がある。

彼ら日本の大手マスコミ、テレビ局、彼らは良識の報土をやっているといってるが、裏では実はこのとんでもない国家の極悪犯罪国家、ドロボー国家の北朝鮮国家国営企業と普通に取引をしている。

これで、彼らが日本国家で存在して良識あるマスコミか?って、メディアの良識って一体どういうもんだあ?って。

総務省にこの件を問いただしたがこの件での正式な見解の回答はまだ得られず状態。

これについて、
マスコミ各社、テレビ各局は、この件のいきさつについて【己たちの立ち位置】と、その北朝鮮などとどうして取引をやっているのか】と言う経緯、その内容についての、マスコミだ、メディアだ、テレビだって大きな顔していうのなら、日本国民に対して、正式に【説明責任】が必要だろうが!って。
マスメディアは、最近【説明責任】と言う語を、馬もブタもこういって政治家に求めている。

であれば、この北朝鮮国家から結果として利得を受けている実態についての説明責任が、お前らやれよって、出来るのかよって、
日本国民にきちんと納得してもらえるようにする必要があるよな!

私の想像では、日本国民はこの件については、マスコミや、テレビ局が、日本国民の知らないところで、国民に明らかに隠す(自分らの取引をしている相手が実は相手があのドロボー国家である北朝鮮国家国営企業であることを)が如くに、裏で実は結果北朝鮮国家と親密に取引をやっていて莫大な利益を得ていたという事が、そのことが紛れもなく事実と知れば、日本国民は、顔から火の出るように真っ赤にして怒鳴りつけて怒るだろうなあ。
絶対に許さないと思うが、

北朝鮮国家国営企業=キムジョンイルの直轄の労働党司令部直轄企業 ← つまりは世界中が認めている犯罪国家、犯罪者集団が仕切っている国家。
そこが経営している国営企業と日本のマスコミ、テレビ局が親密に取引を交わして利益を得ているなどこれって躰の良い還流だろうって。犯罪者国家からお金が動けば之って汚い金って事にならないのかねえ。
この還流と言う意味は、この、利益として奴らが手にしている莫大な金額は、元をただせば、それは実は日本国民からの搾取されたお金であることを考えれば、当然そういう事になってくる。
僅か1300軒のうちで、その全体の中で、安倍さんが総理大臣当時、北朝鮮関連の国家国営企業対象として、徹底した取締りが行われ、そのお陰で現場は、東京都下だけでも、ホンの9ヶ月間という本当に極短い期間中にも関わらず、警視庁と公安委員会の所轄する法案の法令違反行為が有ったという事での取り締まりが行われた。
その結果、内容は、明らかに搾取に繋げる目的出の行為が目立ち、搾取がこれほどまでに普通に横行していることを掴み、一斉に逮捕を含め、摘発と行政指導をやった。その意味で日本国民に取ったら阿部さんはこの意味では良くやっていた。だが警察庁や検察庁の連中は非常に苦虫状態であっただろう、福田総理のときにバレた【朝鮮人からの違法献金】、それらもあったからこそ、奴らはこれはヤバイと、結果思案のあげくに強引にその後に内閣に漆間などと言う元警察庁の長官なるものが政権の中に入ってきたのである。

安倍さんが退陣した途端に、この北朝鮮国家国営企業対象のこの取締りはそれから一斉になくなった。あの期間中が北朝鮮に取ったらとんでもないタタリの時期、期間であった。

このお陰で、警察庁と、公安調査庁、検察庁の、全国の関係者の彼らと、北朝鮮国家が何らかで関係する関係組織団体へ、及び企業への彼らの天下りが、以前から凄かったが、それにも増して、もっと増大し、極端に一斉に増えることにも繋がった。別に幹部らだけがと言うわけでもなく、全国の所轄に所属していた末端の連中までもがそれに習うようにまで広がってしまった。
これは、摘発と逮捕を免れたいとの一心を、あの犯罪国家、ドロボー国家の北朝鮮国家労働党司令部が模索し、何とか搾取がバレての逮捕を免れたいとの考えた結果の術だろう。
つまりこれは、体の良い、【全国に配置されている、警察庁、検察庁関連者への「みかじめ料」に匹敵する支払い】と言うことなのだろう。そういわれても反論できないと思えるが。

問題は、大手新聞社と、テレビ局がこの警察庁と検察庁と公安調査庁の連中が全国で何らかの形で天下りや便宜供与を受けている実態を、何故日本国民にきちんとシリーズで捉えるなり徹底して報道しないのかという事。
彼らのところにも、みかじめの天下りしてる者が存在しているのかな?
マスコミ、メディア、テレビ局にも。

【説明責任を果たしていない】と、ことあるごとにここ数年言い出した。マスコミ、テレビは、自らを恥ずかしげもなく、恥ずかしげもなく大口をたたいているが、偉そうに言ってるが、良識あるとか偉そうに言うなら、己たちが先ずはドロボー国家北朝鮮国家国営の企業と取引をしていて、お陰で会社に莫大な利益を上げて会社は潤ってますと、総白状しろよ。
お前ら正直に白状しろよ!

それと、警察関連者、検察庁関連者、公安調査庁関連者、全国に存在している元警察官、つまり、退職された警察官の中で、退職した警察官で、実は北朝鮮国家から老後の面倒を見てもらっている者等が、北朝鮮国家から便宜供与を受けている警官が、実は存在するという事も、日本国民に報道で出せよ!
己たちの利得の為に、日本国民への責任を忘れ、報道と言う本分を忘れ、国民の思いと、純朴な精神をもてあそび、国民の思いを元からないがしろにし、金さえ入ってくるならその相手が、泥棒国家であろうが、犯罪者であろうが、犯罪国家であろうが金さえ貰えばいいというこの精神は一体誰から教わって育ったのかねえ。
我々日本人として、やってることが考えられないんだが。

自分らの親からそんな事を教えてもらって育ってきたのかねえ。
もう呆れてものも言えないほどである。

【警察庁】だろう?
【検察庁】だろう?
【公安調査庁】だろう?
【新聞社】だろう?
【テレビ局】だろう?

こんな連中が、はなから、己に金さえ入ってくれば相手が犯罪国家であろうが何でも構わんと言う精神でやっているので有れば、こんな奴等、こんな国民にとって害悪のみの連中は、この純朴なる日本国家から消えてくれ!
要らんだろうに。

お前ら、あの犯罪国家北朝鮮にでも行けよって。それの方が合っていて、お前らなど居なくなれば、そうすれば日本国家も明るく良い国になったとなるんじゃあないのかねえ。

新聞社さん、テレビ局さん、反論が有れば何時でも受けますよ。

北朝鮮国営の企業から取引で利益を得る行為は、回りまわって日本国民から搾取された金銭が結果還流されているという言い方が気に入らなければ、私は別の言い方をしよう。北朝鮮国家と同罪だといってやるよ。

純朴で、何も知らされていない日本の国民(アメリカのメディアはこの実態を昔から知っていて、日本のマスコミ、メディアが北朝鮮と裏で利益の部分で繋がっている組織だと痛烈に批判してきている)だけが知らされていない事実。
世界中でこれは常識なのに日本では、日本のマスコミ、メディアは、金の為に絶対にこれを伝えない、この知らされていないことでの日本国民の被害や重大である。

つまり、マスコミ、テレビメディアは、日本国民に対して、重大な裏切り行為をやっており、国民に対して誰が見ても信頼を失う背任行為である。

マスコミ各社、テレビ局各社は、国民に向けて、一日も早く、日本国民に対して、「実はわが社は長年に渡りこのドロボー国家北朝鮮国家国営企業と、拉致と言う悪辣犯罪事案が存在しているその裏で日本の国民には内緒で親密に長年に渡って取引を継続してきていた経緯を、それによって莫大なる利益を得ていた事実があることを、公に国民に向けて説明する責務がある。
君らが好きな言葉、【説明責任】。
これを果たして、謝罪すべきである。

全国の皆さんは、札幌にある札幌ドーム球場という球場をご存知でしょう。
札幌市が管理管轄している球場で、プロ野球の日本ハムがホームにして入る立派な球場である。

無論、国民からの貴重な税金が投与されているし、札幌市役所の公務員がこの管理に関わっている。

そこであのテレビ中継されたときの、そのシーンを頭で描いて思い出して欲しい。
ピッチャーがキャッチャーに向けて投球し、バッターがそれを迎え撃つという野球の醍醐味の緊迫したシーンがテレビ画面いっぱいに映し出されるんだが、ここでもう一度その画面を注視していただきたい。
その瞬間の中継の画面の中に、実は有ってはならぬこと、日本人にすれば絶対にあってはならぬこと、絶対に許せない内容が、そこに大きく映し出されていて、とんでもないものが映し出されている事に、おそらく日本国民は余り気付かされていない。

これは、日本の各社マスコミ、テレビメディアも、百も承知で解っていて、でも国民の目を欺いてそれを国民に伝えない。

そこには、実はあのドロボー国家北朝鮮国家の国家国営の企業の、ド派手な宣伝の看板が大きく何処よりも目立つように宣伝され映し出されているのです。

これについては、札幌市のこの地域に所属している国会議員、市会議員、北海道庁、札幌市役所の彼らに、もう数年も以前から、
【常識で考えろ!一体日本国民の気持ちを何と心得てるんだ?】と、
【即刻で撤去させろよ!】、撤去させるように要求をしているが、彼らは全て何の反応も見せずに、一切撤去されない。

北海道新聞にこの件でどう思うのかを聞いた。まず、
【御社は、御社の姿勢として、北朝鮮国家がこれまでやって来ている犯罪行為等についても、またそれら全てを含めて、あの国が現状やっている行為行動等すべてについて、やっていることに対して、【支持をする立場ですか?それともアレは極悪犯罪国家でとんでもない酷い国だという思いの姿勢を持たれてそれを貫くのですか?】って聞いたら、即座に、
【微妙です】って答えた。

私は唖然としたがまあ一応札幌ドーム内に掲げられている犯罪国家北朝鮮国家国営の日本国内にある企業の看板が、大きく掲げられていることについての内容を伝えたら、
【別にどうってことない、おかしくはない】ような回答が返ってきた。

まあここまで日本は麻痺させられ日本国民はマスコミ、テレビメディアにこういう事が起きていても何でもないというように慣らされてしまうようにされてしまっていることに、もう、一種怖さを感じている。
こう言う内容は北海道だけではなくて、これはもう全国単位で行われており、大阪市など北朝鮮国家に大阪市が独自に所有していた広大な大阪の一等地の市の土地をいとも簡単に奴らに売り飛ばす馬鹿までやり通すぐらいだから、呆れるというよりも恐ろしく、自治体のトップまでがそこまで無頓着で無防備さに怖さを感じている。

これは、アメリカからしょっちゅう注意を日本向けに流してきているのに、一切これを伝えずに、日本のマスコミ、テレビメディアが、こう言う北朝鮮国家が日本国内で行っている事をひたすら隠しまくって本体の本性を報道しないが為の、そのお陰で日本の純朴なる国民が、本当は何が行われているのかの何も知らされない状況に置かれてしまっているのである。

私は、これまでの日本のマスコミ、テレビメディアのやってきた罪は、もう取り返しが付かないほどの、とてつもない事への被害につながり、われわれ日本国民への裏切りが物凄く大きいと思っている。

終戦当時の、米軍による大阪空襲時の大阪法務局戸籍原簿の消滅による日本人の生存された方たちのその折の戸籍の復活申請により、大阪から転出、大阪に転入した人数、移動の記録、復活申請による戸籍の復元された人たちが一体幾らほどいてたのかという事の人数が判明した。
申し訳ないが中身の詳細まではここには出せないなくぃようになって居る。
一寸奇妙すぎる内容になっているので、中身について、他に残っている資料とも重ねて調査をし、もっと詳しく解った状況でないと、そのままはまだ出せそうもない代物である。

貴重な記録の資料が出て来た。
総務省も、今回のこの私の提案に、一寸、目から鱗だったようで、
【そういえばそのことは一寸おかしすぎますねえ】といっていたが。
結果、彼はこの件を調べる事に非常に興味を抱き、この件を一寸調査確認をして当時どういう状況であったのかを、現状存在する資料の記録をもう一度事実それが本当の事なのかどうかを、そのときの激変した戸籍登録による人口の移動、推移状況を、彼が個人的にも調べてくれるそうである。

戦後日本のあの無茶苦茶な時期にこの大阪で、
【一体何が起っていて、何がわからない部分があって、そして今現在記録として残されているものが本当に正確なものなのかどうかも含めて念入りに各所轄に残る資料を目を通しながら調べてみるとか。
私はその職員に、
【将来君が公務員を退職する折にでも、この事案を君自身が個人的にも調査した内容の記録を、当時の日本の置かれていた状況、朝鮮半島じんの当時の動向を考えて、時代背景を入れて【戦後の日本の特殊地域大阪で何が起きていたのか】と銘打ってでも、一冊の本を出したらどうだと言ってやった。

【君は、一声かけて、こんな短期間でここまで調べる能力があるのなら、君は責任ある内容で充分に資料を公表出来る能力を持っている。誰もが、特に、マスコミ、メディアテレビ局らも揃ってこの子トン居は目を開かず口を閉じ、全くタブー視されてきたこの内容に、公務員が、元公務員でも良い、切り口鋭く突っ込みを入れて、日本国民に知らせることが出来る。頑張れ!と言ってやったら笑っていた。
そうすれば、今現状、この不景気な時期にも、この日本国内で、【儲かっている】【儲かっている】といっている大きな企業も、実は日本人オーナーの企業ではなくて、朝鮮半島人の企業であることも周知され、判明する事だろう。
現状、日本人企業は競争に総破れ状況である。日産のトップが外国人だとは何処のマスコミでも書くが、日本人なら何処の誰でも知って居るような大手企業が、実は朝鮮半島人の企業で、新聞テレビは、日本じんのように報道でも見せかける。
こんな必要がなぜあるのか。
恥ずかしげも鳴くうそを書く。
日本人オーナーの企業であるかのように書く。
おかしいだろうって。
【出の元をただせば自分の出身地は実は大阪出身だ】という歌手、俳優、芸能関係者、お笑タレント、また企業のオーナーって、まあ異常に多い。これって、偶然なのかあ?って。
日本のトップ人気の連中も、テレビでは自分は大阪出身だといっている。

国籍が日本人でもないのに大阪出身の日本人だといっている事に、私は非常に危機感を持っている。

安倍総理の目指した、
【戦後レジュームからの脱却】、そのために必要な、戦後にあった全てを明らかにするには、課題は多いが、でも各省庁を横串で刺して、所轄の担当の公務員は調査をして、あの時(終戦時)日本の大阪と言う地域で一体何が起きていたのかの貴重な資料を、もうそろそろ誰かの手で日本国民に公に知らせることは非常に大事である。

誰もが隠してきたこの朝鮮半島人の終戦時の動向、ここのパンドラの扉を開けるのが正に君だぜ!ってその担当官に熱く言ってやった。背番号制という事もあり、在日外国人の参政権に関する法案の問題も具体的に俎上に出てきていることだし、日米安保50周年と言う節目もある。

【まともにやれば、、、、出てくるだろうなあ。
全く知らなかったような、実は、、、、、と言うような驚く内容が】

全国の皆さん、
新年明けましておめでとう御座います。

新年を迎えての、第一日目の読売新聞の一面が、紙面目一杯広がって、民主党小沢幹事長の献金問題が取り上げられ、尚且つ、今日の読売新聞はまるでそれ一色で、他の1面から始まって各面でも、もう国民の全てが今のこの日本、日本国民にとって、このことに勝る大事な事はないかの如くに演出し情報操作をし、今の日本にとって一番大事な事はこれだといわんばかりの表示の仕方で報道されている。
この記事を書いている奴の名前を出しておこう。

読売新聞社会部次長、
大沢陽一郎と言う男。

君は、東京地検特捜部の検察庁がやってはいけない行為の、【法令違反】を犯させてまでの内部しか知りえない個人情報、捜査情報、こういう外に漏らしては一切ダメで法律違反になることを承知の上でそれを聞きだした行為、これは罪にはならないのかねえ。

君は機密にしなければいけない情報、内容を、情報を取ってきているという事になるが、それはいいのかあ?
こういう事をやったら、その漏らした検事は、職務上の罪だと、君は新聞記者をやっていて、社会人でありながらそれを検事に何故言わないの?
当然として、守秘義務がある役職の者から、内容を漏らさせる行為は、これは聞くけど犯罪ではないのかねえ。法令違反にはならないのかねえ。結託しているという事にならないのかねえ。君と、検事が新聞紙上に出す事を互いが了解をしてやっている行為であり、解釈上、厳密に言えば、社会通念上はこれは明らかに共同正犯になると思えるがねえ。
そうではないのかねえ。


まあまあそれはそれとしてだが、さてさて、
日本国民を舐めたもんだ。どういう育ちをして新聞記者になったのか知らんが、現状日本国民が今求めている最大課題は、そんな鳩山さんや、小沢さんの事ではない。

そんな事もまだ解らん奴が、現状日本で最大発行部数を占めている読売新聞の社会部の次長かなんか知らんが、全く世間を知らん子供のようである。
読売新聞が執拗にやって来ている、掲載してきているネガティブキャンペーンのここまでの展開を見ていると、意志として、国民のほうを向いていないことがはっきりと良く解る。鳩山さんの献金内容についても同じレベル水準の興味、所謂俗人が持つねたみ範囲であり、今まともな日本国民はそんな事にかまっている余裕など持っていない。
テレビ局が街頭でインタビューをやれば、それを答えr手居る者等が実は商店街でパチンコを打っている在日の朝鮮半島人にばかりに聞いて国の政治は?鳩山さんは?小沢さん主導?とまあ、パチンコで生活保護受けている矢から連梅雨うにそれも日本人でもない者等にインタビューして何になるの?って。
テレビ局ももうホントばかばkkリ。常識でわかるだろう仁手。
商店街で歩く者等オバチャン連通など、朝鮮半島人が物凄く多いのを良く認識しておく事だ。アレは日本国民の意見ではなくて、戦前、戦後に、実はこの日本に夜陰に紛れて密入国をしてきて居る連中なのだ。そんな犯罪者らに日本の政治に者など言わせられるかよって。
街頭でテレビ局のマイクを通る人らに渡しているスタッフの連中だって、また、スタジオでコメンテーターで座っているタレントらでも、インタビュアーの連中だって実は、朝鮮半島人が物凄く多いのもまあ呆れ果てる。
ここは日本だぜ!って。一瞬、ん?ん?って、ここは本当に日本なのかと、間違えそうになる。


お金に関する事案でも、悪辣極まりないのは、そんな事は自民党の中に入ればもう腐るほどある。
この具体例については後日核。
議員事務所に直接怒鳴り込みにいったことがあるし、議員辞職しろよって迫った事もあるし、それは具体的に、後日書く。この件だって読売新聞社会部具体的に懇切丁寧に当時伝えたが、その折にも、読売は何にもせずじまいで終わっている。

だが、読売は実はこれを何故やらないのかが、読売グループの、実は内の懐に入ってくる内容になるので、その思いにあることがあるからだろうけど、、、フフフ。
笑ってしまう。いや、呆れてしまう。

本質の行政の予算の、その中身についての、実際にどういう形での執行をされるのかの、そこの過程についての内容、経過に関する中身についての核論の議論に、今全国民は一番注目し、期待と興味を持って耳と目と頭を働かせているのである。利得に目のくらんでた奴らには、この国民全体が思っていることの本体が、馬鹿連中にはワカランらしい。あえて、馬鹿といわせてもらう。
まるでモノ欲しさの赤子並である。
仮に、読売新聞が今日の全国紙の朝刊のように、ここまでわざわざ大きく一面で書いてやる事を、ではまあ百歩譲って許すとしてだが、読売新聞としては、日本国民に向けて今やるべき事はもっと他にあるだろうが!って言うのが私の意見である。

自らがここまで長年に渡って己の欲得の為に、しでかしてきている全ての日本国民への大きな欺瞞と裏切り行為について、この件について読売グループとしては説明をする義務があるだろう?って。

無いとは言わせないぜよ。国民は馬鹿ではないぜよ。騙せないぜよ。

過去に、公務員を結構逮捕に持っていった経過が存在する私から、読売新聞さんよ!、読売グループ各社さんよ!、君らに対して私からの次の件での説明責任を求める。その内容の具体例を書こう。

【読売新聞社、及び、読売グループ各社、及び社自体が経営に関係する団体、組織に於いては、過去、現在も、今の状況においても、ここまで継続的にここ数十年間という永きに渡り、あの世界中からドロボー国家、凶悪犯罪国家と名指しされている、あの、ろくでなしのドロボー国家北朝鮮国家が実質経営している国家国営企業である企業と、君らは、直接的、間接的に利益を上げるための目的で、奴ら犯罪者国家連中と、ここまで、いや、今も親密に数十年間と、実は親密に取引をしてきているよな!
この件に関して、イエスか、ノーか、とりあえずこれについて答えてよ!どっちだあ?】

取引はしていなかったのかどうかを、ここで書いて、きっちりと日本国民に説明責任を果たして、国民にそのことできちんと答えて説明して欲しいが、君らに正直を求めても無理なのかねえ。
この件で、日本国民へ、きちんと対応をしたらどうだね?
きちんと、誠意ある対応で応えてきて欲しいねえ。

現状、わが日本国は、我が日本国の国籍を持ち、且つ日本国の血族者の国民全体も、この件に関しての対北朝鮮に対しては、全部、全体の認識として、あの犯罪国家北朝鮮に対して、一応極悪犯罪国家として指定しているほどに悪辣国家だと認識をしている。

その国家が外貨を稼ぐための資金集めの手段として、国家事業として犯罪組織を起業し、北朝鮮国家自体が国を挙げてそれを主導で指揮し、極悪犯罪事案で賄っているあの北朝鮮国家、言えばキリがないが麻薬の製造、密輸、販売、偽造紙幣、偽造タバコ、不法武器輸出、拉致、振り込め詐欺、略奪強盗の類、保険金殺人、搾取行為、もうこの世に存在しうる犯罪といわれるものの全てを、これを、ことも有ろうに北朝鮮と言う国家自体が指揮主導でそれを先導し、もうあらゆる犯罪の総元締めのような国なのである。
現在、日本国内の大阪近辺だけで、本国から派遣されての日本の近畿圏での北朝鮮国家司令部からの本格的な工作員といわれる者等が現在実は1300人存在しているといわれている。近畿だけでである。

ところが、北朝鮮国家司令部は、この日本国内の近畿圏に存在しているこの連中の1300人の工作員に対して、日本国内でこいつら彼らがスムースに動けるその手助けをする要員、それが彼らひとりにつき、彼らの手足として動く部下としてその手先としての役割をする者等5名を、この工作員一人一人につき、一人が必ず5人を別に日本国内で探して見つけて確保する事を命じている。
これが出来なかった工作員は、祖国北朝鮮国内に残っている家族が即刻で国家司令部から処罰される事になる。だから彼らは命がけで日本の国内に存在する在日の朝鮮半島出身者をかき集める。

結果どうなるかといえば、犯罪者国家北朝鮮国家司令部の工作員1300人と、手足で動く者等が工作員共々でその時点で、実は、
1300人×5=6500人となる。
オマケに、彼らには肉親や家族が存在するので、また生活保護支給を受けている者等が殆どで、普通に計算すれば、少なく見積もってもそれだけで約20000人~30000人を越える事になる。

近畿圏だけでも実はこれだけの人数があの犯罪国家北朝鮮の手足としてあらゆる犯罪行為に加担をして過ごしてきているのである。しかも、日本国家から生活保護まで支給をされて。

ここで最初の件に戻るが、
読売新聞さんよ!
いや、社会部次長さんの大沢陽一郎さんよ、デスクを初め皆さんに改めて聞くんだが、次の事に応えてよ!もしも答えられない様なら、まあ言っとくけど鳩山さんや小沢さんらに君らが常にずっとやり続けてきている説明責任を求めるぞ発言をどう認識しているのかを答えて欲しいねえ。
読売グループの認識での説明責任と言うこの意味についてもさあ。

まさか、己の行為については隠して、都合が悪いから出さないなどはいけないよな!、通じないよなあ。特に新聞社と言うまあ言えば良識があると世間で一応評価されている分野の業種だからそこはなおさらだよな。
もしも答えられなければ、
【何だ、読売グループって、己の金の出入りに国民から責められそうな内容は一切説明どころか逃げまくって答えないが、他人の場合には大きな顔して正義の御旗とばかりに発言して我が日本国民を煽動して情報操作で徹底的にマインドコントロールするが如くに、先導しようとしているようだと思われても仕方が無いんじゃあないのかねえ。
ここに私が具体的に書いた内容については、私の想定だが、おそらく日本国民のほぼ全てがそんな酷い事を読売グループはやっていたのかと非難ゴウゴウになると思えるがいかが認識しているのかな?

一度日本国民に対して、読売グループとしての、己がやっていたあのドロボー国家と実は国民には知らせていませんでしたが、実は影で商売の親密な取引をして莫大な利益を実は北朝鮮国家国営企業から手にしていたという事を告白すれば?
それについて日本国民がどう思うかの、それらの長年やって来ていた事実事案、そういう行為についての国民からの評価、日本国民に向けて、新聞社やテレビがそこは得意な【世論調査】をやったらどうかねえ。
私がここで提案するよ。是非ともやってもらいたいねえ。

自分の会社が、こういう事が社会的責任上、こんな犯罪国家と取引をしていたということが果たして許されるのかと、ましてや横田さんらの拉致被害者が存在しているこの状況でのこういう事が許されていいのかどうかをね。それにマスコミと言う立場でそれをやっていたという事の重みも含めて日本国民が一体どう思うのかをね。
必ずやって見てね?
今度、東京日本テレビの起用日放送の太田光総理と言うあの番組ででも取り上げてみたら?
公開投票にしてやってみれば?

これについてのアンケートをよろしく。
読売グループを上げてやっていただきたいねえ。でなけりゃあ、日本国民から見放されて、企業自体の存続さえ危なくなると思うがねえ。
あんな犯罪国家北朝鮮国家国営企業と実は影で取引をして利益を上げていたという事が日本国民に公に知れればさあ。
面白い事になると思えるんだが。
社会部の大沢さんよ!。
次長さんとやら、偉いんだろう?
上記した内容についての私方の問いかけについて、あなた方の所属している企業の責任として、ここに答えてきてちょうよ!!
よろしく頼んだでよ!
頼むで?ほんま。

【読売新聞社、及び読売グループといわれる各社団体、組織の皆さんは、こう言うここまで私が書いたあの犯罪国家、ドロボー国家でもあるあの北朝鮮国家国営企業との間で、親密なる取引での交際、取引はありますか?】
答えてこいよな!
この件は、そういう事を、実は連中は平気でやれる神経を持っているという事への国民の怒りと言うものが、爆発しかねないし、これは最後もしかすると、企業の存続にも関わるぐらい大きいとんでもないほどの問題になるとと思うぜよ!

鳩山さんや、小沢さんの心配どころか、読売グループ自体の、企業存続に関してその土台からひっくり返りそうな内容になるかもよ!。
いいのかあ?
こんな状況で国民向けに何にも説明責任を果たさずに推移していても。
私は過去から、もう数十年に渡ってこの件は読売には直接に、もう何度も注意勧告をやってきたんだが常に聞く耳持たずに延々とあの犯罪国家国営企業と未だに親密に取引を重ねてきていて、それによる利益は莫大である。この利益になっている金額は、お金に印がないので、元をただせば、実は日本国民からの搾取された金額が含まれているのである。その中には生活保護費が費やされ、その国から支給されたものがかなりの部分を占めているのである。
搾取された金額が実は国の生活保護費が含まれ回り巡ってこういうマスコミや、テレビ局企業に結果として還流されている実態が、これが私はおかしいと言っているのである。

マスコミ、メディア、テレビ局ら各社が、私が掴んでいる内容の中で、これら各社が、及びその関連グループも含めてが、彼らが、あのドロボー国家のその国家司令部直轄の日本国内に今現存している北朝鮮国家国営企業と、日本国民には全く知らされぬ状況で、実は親密に取引をして、そして、それにより莫大な収入を得ている実態についての私からの問いかけに対して、彼ら各社及びグループ、団体から、今日現在にいたってもまだここには回答がよこされていない。
私は、純朴なる日本国民として、彼らは日本国民に対して説明責任があると私は強く思っているが、今日現在未だにまだ解答を書いて来ていない。

あれだけ鳩山さんの件や小沢さんの件で、アレだけ正月元旦の新聞紙上の一面一杯を使って、説明責任を要求、求める文面で書いて報道しているそのマスコミメディアの彼ら自身が、自分たち自らが行ってきている日本国民なら誰しもが許しがたい内容であると思える件の、もう長年に渡ってやめることなく長年にわたって、今現在も変わらず、延々とこの犯罪国家北朝鮮国家国営企業との親密なる取引をやって、僅か数億円とか言うレベルではなくて、長年の延べで言えば、各社合わせれば、その何十倍何百倍ともいうべき莫大なる収入を北朝鮮国家国営企業から得ていることに関しての、日本国民への誠実なる説明責任を果たそうとしていない。
こんな北朝鮮と言う特殊国家の、搾取とドロボー主体で生き延びてきているような国家体制の、その国家の指揮監督して直轄している日本に今現存している国家国営の企業からそれを受け取っている事に関して、日本国民にはどういう事かを全く知らせない、説明がなされない形で、犯罪国家直轄で動いている連中の奴らから、取引で莫大なる収入を得ている現状については、そのことの説明については、【ぐす】っとも書いて答えてこないなあ。

これが今のこの日本国家で偉そうにして、正義の御旗の如くに胸を張って突っ張って報道している連中の、日本国民には一切見せていない彼らの秘密の部分であり、それが、現在もこの今も、普通に彼らの常識としての当たり前の取引として、進行しているのが実態なのである。

日本国民はこう言うことを踏まえた上で、今後新聞テレビを見ると奴らの思惑、金に対して如何に銭ゲバ振りを発揮しているのかという事が、また、当然であるが金を手に入れるためなら日本国民が思う普通の国民感情、普通の日本国民が抱いている正義感の常識を、彼らはその観点をほぼ持ち合わせていない組織だという事が、皆さん、これで良く解るでしょう。

偉そうに日々報道で流しているが、本質の部分では、報道の意味する所の本質の部分、ここを全く解っていないようで、日本国民の方など殆ど見ていないという事が、良く読み取れて、お分かりだろう。
彼らは、銭さえ稼げれば、相手がどうであれ、ドロボー国家が国家経営する企業でも、それがどうであれ関係なく、何でも取引するようなこの姿勢は、この姿勢は日本国民は絶対に許さないだろう。

将来、このしっぺ返しは普通に己に跳ね返ってくることだろう。日本国民はそれほど馬鹿ではない。日本人でもないのに日本人だと名乗り、日本人に成りすまして日本人として偽装でこの日本国家で戸籍を取った者等は別として、密入国をしてきている連中はいざ知らず、本当の日本人というのは、世界に類を見ないほどの伝統ある正義感が強い人種なのである。

【武士の一分】の精神は今もまだ充分に生きているのが、この日本国家、日本国民なのである。

日本国民に今までマスコミ、メディア、テレビ(NHKは、最近朝鮮半島人の、日本国内への違法侵入の歴史、戦前戦後の頃を通じて当時の日本への密入国してきた朝鮮半島人による日本国籍の違法取得に関する内容をまだ少しづつだがドキュメント報道形式で報道しだした)、警察庁、検察庁、公安調査庁ら彼らが、報道、直接の問い合わせ等にも、「あの企業は」北朝鮮の国家国営企業だとは一切公表してこなかったし、いまも一切それをしないので、日本国民はそれを知る手段そのものが殆どなくて、全く知らされていなかっただけなのである。
だが、ここ数日こうして私が書いた事で、かなりの日本国民がそれを知ることになっただろう。
彼ら(警察等、マスコミ.テレビ関連等が)が、何故にそれを隠さねばならぬのかのその意味も、隠す事の意味する事が【何なのか】もおおよそ見当が付いてもらえたことだろう。
知ることが出来た事だろう。
拉致被害者救済の事業局の人らはこう言う不誠実極まりないと思える内容については、憤りを持ち、これが今も続いている子tに内容に泣いているのである。

もうかなり以前になるが、私は拉致被害者を救う会の事業本部の幹部とこの件を出して話をしたことがある。
その折に、私が
【現状日本国内に存在する北朝鮮国家国営企業の総資産を、国として強制的に凍結させれば、日本から拉致された被害者がそのことで要求すれば救出しやすくなると思えるのですが、それを政府に申し上げてはどうですか?】と、問いかけた事がある。そのときに、その方は、
【いや、警察庁、公安調査庁、検察庁の連中が、その北朝鮮国家国営企業の関連する業界、団体、組織に、階級に拘らずもう全国的に相当幅広く天下りしているんですよ。実はそれが有るので、天下りしているので、実態はそれゆえに貴方が言われている事がそれが出来ないんですよ。我々としてもそれをやって欲しいんですが、、、、、。】

私が、そこで、
【それと、マスコミ、メディア、テレビ局だって、日本国民向けには、表では北朝鮮国家となどそんな事をやっていないように見せかけて、その実は、北朝鮮国家国営企業との取引で莫大な利益を得ているから、利益を得ている実態が有るので、これも拉致被害者を救出に非常に大きな壁となって障害になっているのではないのか?】って聞いたら、
【それも、日本国民なら、人間であれば、本当に拉致された被害者を一日も早く救いたいという気持ちがあるのなら、彼らがやっていることは言語道断で、本当はやめないといけないのに、彼らも銭儲けが大事なようですね。でも、我々は弱い立場で、言いたい事は山ほどあるが、でも私たちは誰にもすがる思いで一日でも早く救出をと願っているので、、、、彼らがやっていることは私たちにすれば、本当に腹立たしいです。でもこれを言うと,また彼らが私たちの救出への願いにまた水を差される可能性があるので、彼らを非難することは、それは現状それは言えないんです。】
こんな弱いものの弱みに付け込むような、言いたいものも結果としてそれを言わせないようにまでさせているこの実態、そういうはがゆい思いをさせていることに、マスコミ各社、テレビ局は、一体どう考えているのかねえ。

私は日本人として、この、日本の警察庁、検察庁、及び全国に配備されている各県警本部、各地方検察庁、及び、マスコミ、メディア、テレビ局が、北朝鮮国家国営企業及び関連する組織、団体と、こういうかれらと親密な取引、付き合いを継続し、その流れを今でもやめようとせずに持続形成していることが、結果として、全日本国民の願いであるこう言う弱い拉致被害者を救出への道、それを周りで手助けをされている運動家の方々の目指すものを、大きく阻害していると思える。

読売さん、もうそろそろ、ご返事が聞きたいねえ。私の問いかけに答えてきてよ。
説明責任と言う意味を含めて答えてきて欲しいねえ。

それと、話が変わるが、どうした事か、私がつい最近ここに書いた投稿分の或る一稿が、消えている。圧力かな?
それとも管理人さん独自の良識の範囲なのかな?

「A-1」

上記投稿分に関しては回答が来るのを真摯に待ってみよう。

さて、内容がガラッと変わるが、
大阪のど真ん中の、大阪駅北側の地域に、大きな空き地で梅田北側エリアと言うのがある。
全体で、広さが20数ヘクタールもあるという。
今ここの地域をどうやって開発するかでかんかんがくがく激しいやり取りが交わされている。市民も巻き込んで大きな話題になっている。
これに近い内容で、もうかなり以前になるが実際に有った内容で、一寸面白い内容を今日は書いてみる。
何十年も前になるか、大阪梅田駅前にその当時とんでもない無法地帯がその周辺に存在していた事がある。
阪神百貨店裏の一角の地域で、現在、大阪駅前第一ビル~駅前第四ビルと、4つのビルが現在立っている場所。
ここは、これが建設されるまでは、在日の外国人らが無法を極めていた地域で、夜になれば普通のサラリーマンが正装では一寸歩けないほど危なくきつい場所であった。ここに都市計画と称してこの危ない連中をここから追い出す目的でこのビルが建設される事になり建設された現状この地域は今やごく普通の官庁街のような雰囲気に生まれ変わる事になり、それまでとは考えられなかった状態の普通の人でも、深夜普通に安全に歩ける場所となった。
その意味ではこの区画整理と都市開発計画は成功だったといえる。

大阪の顔である梅田と言う土地に在日の外国人らが何時の時点で、どういう手段でそこを勝手に自分らのものにして占有できたのか知らんが、兎に角何時の間にか、彼らがその地域を所有し、その地域を何時の間にか我が物顔で占領していた。

話はここからだが、実は、この都市開発での、当時とすれば大きな近代的な立派なビルの建設にあたって、まあ当然といえば当然なんだが、やっぱりというように当たり前のように不正な【談合の内容】が水面下で噂として浮上して話題になり出した。専門筋で、巷ではもうその話で持ちきりと言う状況であった。
私がひょんなことで知り合った或る工事業者と会って、とんでもない内容を、話を聞くことが出来て、その件で、実は読売新聞他各新聞社に、取材したその不法内容を細かく具体的にその業者の証言だとして、伝えた事がある。
内容はこうである。
【自分は、4個ある駅前ビルのうちのその一つのビルの工事をやっている下請けの業者です。【@@建設←大手】の下請け業者ですという。
「或る日、突然に事務所の電話が鳴って、直接は全く付き合いがなかった或る大阪選出の名前も通った大物国会議員から、【自分の事務所に来てくれ】とその議員の秘書から、突然に連絡を受けて言われた」と言う。

電話の途中で、「どういう御用事ですか?」と聞くと、「電話では詳しい事まではいえないが、君らが工事をやっている駅前ビルの入札に関しての不正な談合の件で直接詳しく聞きたいことがある」と言われて、その下請けの業者の社長は、即刻でその議員の事務所を訪れた。かばんには100万円の札束一束を入れて。議員の事務所に行くので挨拶代わりだと思って持って行ったとか。

その国会議員の事務所で話になり、議員から直接に、唐突に
「何もかも解ってるんだ、国会で問題にするぞ、追求するぞ」って切り出してきたそうで、「いやそんな事は私の知っている範囲では解りません」といって知らないですといったそうだ。
そしてそこで、「これはホンのお食事にと思って持ってきたものです、どうか受け取ってください」といって、そこで直接封筒で手渡したら、議員の秘書がそれを受け取り、中を開けてその百万円の束を掴んで見せて、それを見た議員が、いきなり「私を舐めてるのか!」と一括してきたと言う。
そこでその下請けの工事業者は、「事務所に帰って改めてお伺いします。」といって、今日のところはこれで失礼しますといって早々に引き上げ、翌日早速またその国会議員の事務所を訪れ、今度は百万円の束を5個、つまり、500万円を、無造作に国会議員に手渡した。現ナマで。
それを受け取った国会議員は、「わかった」、とそれだけ言ったそうだ。
工事業者は、それで、もう早々に議員の事務所を引き上げてきたそうだ。
ここの部分の事情をよくよくその土木業者に聞いてみると、まあ、もしかしたら、いや、多分談合は上で(元受)やってる?だろうと、でも上までこう言うことを繋いでしまうと、今後の自分達の工事に差しさわりが出るので、自己判断で500万円で済むならという事で、うちの方(土木業者で)で食い止めて、この建設工事の元受の親である大手建設会社の方までは、この件についての実務的(この支払った金額の資金流出の負担に関して)には、実際上げなかったとか。

これを直接聞いて掴んだ私は、早速その国会議員に対して、「自らで警察に行くように要求」し、「即刻で国会議員を辞職するように」と、口頭で強行に勧告し伝えた。
煮え切らない返答の態度で終始していたが、返答に詰まってもいたが、結果認めることもしないし、否定もしない状態であった。

その折は、梅田の駅前ビルはまだ建設の途中で完成がまだ成されていない時期で、このままでは埒がいかないので、警察に連絡して調査をやってもらおうと思っているので、そこで明確に答えてくれるようにと議員に伝えた。
だが彼は警察に出頭する事もなく警察もこの件で何故かいっさい動かず。

私は、それと同時に、当時新聞各社にもこの内容を詳しく伝えた。
だが、どうなったかといえば、当時、読売新聞は、大きな新築のビル建設の状況で、大手建設会社がそれを請け負っていたと言う事情が働いていたのかどうか知らんが、兎に角触ろうはしなかった。

他の各新聞社も、その後も伝えてもこの件はいっさい取り上げもせず、いっさい見向きもしなかった。
駅前ビルの場合には、貴重な税金が投入される事業で、これにことも有ろうに大阪の国会議員が脅しとも取れる内容で業者に口を聞いて絡みつき、100万円渡したら、それだったら「なめてんのか!」って一括して怒鳴りつけ、結果その業者が日を改めて500万円持って来たら普通に受けとって何も言わないなんて、普通の感覚ではない。
これなどは悪代官張りの国会議員が、まるで地回りのやくざまがいでみかじめ料を取っているようなものである。
北朝鮮国家国営企業が、現状日本国民から搾取した金の一分を、めぐりめぐって警察庁や検察庁や公安調査庁、マスコミ、メディア、テレビ局に渡ってくる構造と、全く同じ構図のように見えてしまうのは私だけかな?
北朝鮮から流れる警察庁関連等へ流れるみかじめ料と意味からすれば、そう大差なく同じ意味合いの構図である。

恐喝されるようなネタを常時出して、わざわざ作っていたり、そういうのを常に作ったこういう大手建設の業者も業者だが、それに卑怯に脅しで立場を利用してまだその上前をはねるなど、もう言語道断で、こう言う情報に食いついて卑しくつけ込む国会議員も、もう腐り果てている。

大阪にはこんな国会議員が存在していたという事を今日は書いてみた。そら、現在一人で頑張っている橋下徹知事が、ひときわ誰よりもすがすがしく見えるはずだよなあ。今までが、今も、現役の市会議員、府会議員で、とんでもない中身の連中が屯しているからさ。

緑を増やす事に力を注ぐ、人間に優しい社会を目指す環境に特に力を注ぐ議員ですといいながら、そのくせ、自宅裏の市の公園の樹木の伐採には、何の事も無く切り刻むように市に要求し(自宅マンションの窓から枯葉が飛ぶのが気に要らないという理由で)、大きな綺麗な公園の緑豊かに覆い茂った樹木を、無残にも己の窓から葉っぱがたまに入ってくるからと言うだけの理由で公園事務所に言って切り刻ませるこの神経、いまやその公園には、大きな木の棒が立ってるような姿だけで、枝なし葉っぱなしの、まるで電柱のような姿で木の棒がつんと立っているような姿を晒してそびえている。無残の何ほどもない状況である。

コイツが緑豊かな都市づくりを掲げて議員として当選しているのである。そら橋下さんも、【議員をソックリ入れ替えよう】と言うはずだぜって。

枝ごと切り刻んで、伐採し現状電柱のような軸棒のみがつんと立っている。材木でいう【柱】を、公園の周辺に均等の間隔で立てているような光景になっている。
これが緑を増やす事を大事に思っていると宣言している議員かよ!って。

こういう、何とも思わず、命など欠片も考えぬ、自ら邪魔だと、覆い茂った緑豊かな木々数十本をいとも簡単に市の職員に勝手に偉そうに命じて切り刻ませる輩議員が存在する。これは市会議員だが、国会gフィ員ももうとんでもないものが最近までいてた。

それも名前の良く知れている大阪選出の国会議員である。
駅前ビルの件のその当時のその議員は、今や現在はもう引退しているんだが。

当時新聞社はこの内容にいっさい無視状態であった。目もくれなかった。
今更マスコミ新聞社が、テレビ局が、日本国民のために我々はやっていると言っていることがあっても、それ自体が、もうあきれ果てる。これまでを見ていてそんなわけねーだろうが!って。
それこそ日本国民に対して、正直に白状しろよって!

腐りきっているのはどっちだよって言いたくなるよなあ、日本国民とすれば。

説明責任を求め続ける、と叫ぶように、宣言するように紙面上に強く書いて来ているお立場位置で、それであるなら記者さんとして、次長さんとして、大沢陽一郎さん、記者として、マスコミと言う立ち位置から考えてみて、私が書き連ねてきているこれらの事に対して、こういうのは一体どう認識されているのかねえ、どう思うのかねえ。
答えてきてよ。

一部の参考資料なんだが、
日本人の金が、実は毎年30兆円~~・・・・

その積み重ねが・・・・

1.佐治信忠5800億円【サントリー】★

2.福田吉孝5600億円【アイフル】(サラ金)★

3.武井保雄5500億円【武富士】(サラ金)★

4.糸山栄太郎4900億円【新日本観光】

5.木下恭輔4700億円【アコム】(サラ金)★

6.毒島邦夫4700億円【サンキョウ】(パチンコメーカー)★

7.岩崎福山4400億円【岩崎産業】★

8.孫正 義4300億円【ソフトバンク】★在日中国人と主張、
だが、親は何故か在日朝鮮パチンコ屋★

9.堤義 明3700億円【西武鉄道】★

10.森  章3200億円【森ビル】★

11.柳井 正3200億円【ユニクロ】★

12.伊藤雅俊2900億円【イトーヨーカ堂】★

13.重田康光2600億円【光通信】★

14.滝崎武光2600億円【キーエンス】★

15.船井哲良2300億円【フナイ】★

16.吉田忠裕2300億円【YKK】★

17.神内良一2200億円【プロミス】(サラ金)★

18.山内 薄1800億円【任天堂】★

19.岡田和生1700億円【アルゼ】(パチンコ)★

20.辛格浩(重光武雄)1700億円【ロッテ】★

21.福武總一郎1500億円【ベネッセ】 ★

22.大島健伸1400億円【SFCG(旧:商工ファンド)】★

23.盛田英夫1300億円【ソニー(レイケイ社長)】 ★

24.馬渕健一1200億円【マブチモーター】社長家族殺人の犯
人が取得した不正旅券で、朝鮮名が記載。

25.韓昌 祐1100億円【マルハン】(パチンコ=企業としての年商は、表に出ているだけで、マルハンだけで3兆円を有に越える)★

>>別の参考資料>>
ちなみに、日本での、或る戦いの歴史の中で、或る一時期の英雄とたたえられ、日本の歴史にも名を残して、教科書でも学校現場でその足跡、功績を教えてきているあの東郷平八郎は、実は、彼の父の名字は、実は【朴=パク】、つまり日本人ではなかったという事。

日本国民に、彼が朝鮮半島人であったことは一切正直に教えずに、その後の将来の日本国家を担って築くべき力を注いでもらうその原石の卵でもあるその日本の清清しき子供達にまでも、実は当時、及び、戦後~現代を通じて、マスコミ、メディア、テレビ局、政治家、国家、全てがこのことに封印し、まあ言っちゃあ悪いが彼ら全てがグルで、真相は伝えずに、嘘八百並べてゆがめて伝えてきたこの日本の過去から現代にわたる歴史、この日本国家の、この戦後からをもう一度全て晒して、今現状この日本は一体どういう構造になっていて、マスコミやテレビ局に所属している社員、彼ら企業内の社員の国籍、民族構成は一体どういう構成になっているのか等、また、日本国家としての、また地域自治体としての、それらの部署で一体これがどういう構成で社会がなり立っているのか等を、今ここで公に検証し、また国民に全て知らせるべきである。
正直に、全てを包み隠さずに。これをするべき時期に来ていると思える。
あの政治評論家としてテレビにも良く出ておられるあの「三宅久之」氏も、つい最近であるが自分の口で「自分の先祖は、実は朝鮮半島出身者だ」と、自らでテレビで発言し、公表していた。
それでいいのだ。
そうすべきなのだ。
特にマスコミ、新聞社、テレビ局で報道に携わっている者等は、ここは特に、己の出身国、素性を公に明らかにしてからコメントなり記事評論をやるべきである。公に、評論を、新聞やテレビという形で書いているんだから、日本国籍だとか朝鮮半島出身者血族だ等ぐらいは、表で出してから記事を書くべきである。

なぜなら、人間と言うのは育ってきた国家、その国家の歴史と言うものを自ら抱えて人間は生きてきているのである。
だから日本人が日本の政治等を書く場合と、朝鮮半島人が日本の政治評論を書く場合では違いが出て当たり前で、そこを明確に出した上でコメントを書いたりテレビキャスターとして発言をしてもらいたいものだ。

でなければ、日本人が喋っていると思っていたら、実は朝鮮半島人が日本人に成りすましてこともあろうに日本の政治家に文句を並べていたりする事が私はおかしいと言ってるんであって、そういう人は朝鮮半島に帰還してもらって、自分の国である朝鮮半島の政治について、そちらの方で大いに批判なりをやってもらえばいいと思える。
あのよど号の犯人だって、日本はダメだ、北朝鮮が素晴らしい国だといって命がけで北朝鮮へ亡命したんだから。
そういう日本国家に文句があるなら自分の祖国の朝鮮半島に戻ってもらって、そっちで政治に対して苦情を言えばいいんで日本国の事は日本人が政治を行うのが筋だと思うが。

日本に在住する日本名を偽証で名乗って、いかにも錯覚をさせて目晦ましで日本人に間違えるように見せかけて存在している者等は、即刻で自分は朝鮮半島出身者だと公に、公表すべきである。

大勢のあらゆる分野のテレビタレント、及び、かしこぶっているコメンテーターらしき連中は、こういう連中は、一時も早く、それを即刻で公表するべきである。明治以来本当に日本人なのかどうかを。実は朝鮮半島から当時内緒でこの日本の海岸にやって来て渡ってきた祖先が存在しているとかをさ。
仮に、テレビで、発言者の出身の国家が、実は朝鮮半島であったなら、その番組を見ている日本国民は、一応それを朝鮮半島人による発言だと、そう踏まえたうえで発言を考える事だろう。それはそれでいいのである。身元素性を明かしてその上での発言なら。
おかしいのは、日本人でもないのに、日本人に成りすましていかにも日本人が日本の政治について文句を、評論を言っているんだと見せかけていることが、またそれをテレビ局がそのことにおかしいと感じていない事が問題だと私は言っている。タレントの中には、当人自身が朝鮮半島人は明らかなはずなのに、自分の出ているワイドショウで、
【我々日本人とすれば、これはおかしいよなあ】などと、まあしゃあしゃあと答えている様子がテレビで流れる事がある。言語道断である。
【お前は何時から日本人になったんだあ?】って、テレビに向かって怒鳴ってやったが。

そこでだが、日本政府等、各地方自治体の教育の現場、それら全体として、こう言う問題に日本国家として今なにが出来るのかを、民族問題も含めて国民すべてでこれを論じ合い、その上で、過去の戸籍の記録は、特に戦後当時に大阪で登録された者などは、念には念を入れてもう一度厳重に過去に遡って調査して、不法なものは即刻で彼らの祖国に強制送還して出て行ってもらって、改めて日本国家に対して彼らに入国の許可手続きを新規でとって貰って正式に在住と入国を法務省に認めてもらうべきである。
入国許可が認められずに叶わぬものは、自分の祖国である朝鮮半島で暮らしてもらえばいいことだ。

不法に書類申請を改竄して日本人として戸籍登録されているものが、戦後間無しの状況での、あの折での大阪を初め焼夷弾により死亡された日本人の記録を偽で成りすまして日本人となって偽装したり、また、消滅した都市部地域での、特に大阪での日本人の人口移動動向から計ると、別枠といっていいほどの相当数の偽日本人が突然に出現したとしか思えぬ過去経過動向資料として残っている。

何故マスコミメディアがここの部分をこの現代の今までわざととしか思えないほど封印し調査を一切せずにここまできていることに愕然とする想いである。
残された日本国家の大事なここの部分を一切表で調査をやらないマスコミメディアなど一体信用が出来る組織なのかとあきれ果てる。
本を読む読書推進団体の補助金が減ったとマスコミメディアは民主党の事業仕分けに批判的に伝えるが、ところが、大人の、それも、日本の歴史などといえば一番この報道などは知っておかなければならぬところでありながら、実際は何も知らぬ格落ち記者ばかりである。
君らもこの読書推進基金の手助けで本読みを手伝ってもらうのか?
そのためにこの予算を削られると困るっていってるの?、、、笑
新聞社やテレビ局がこの日本の戦後のあの時期に起きていたこの人口の戸籍登録偽装工作内容について、一切触ってこなかった。怠慢としか言いようがない体たらくである。
日本国民の皆さんで、もしも、こう言うことに興味をお持ちの方は、この機会に是非自分で資料を調べてみてください。誰が考えても明らかにおかしい記録になっているなあと、当時の、その記録とその結果の処理記録を見て、よくまあこれでおかしいとは担当の戸籍の職員が何故気付かなかったのかとか、そういう普通の目で見て異常状況の処理状況になっていますから、そこで私が行っていることが良く理解できて解るはずですから。
一度ここらで戦後の全てを洗いざらい出してみたら、日本国家も結果として、隠したい人らもなくなり、気兼ねなく正々堂々と発言も出せるのではないのかと思う。

こう言うことに反対しているものらが、マスコミ関係、メディア関連、テレビ局、芸能タレント関連内には特に多く、そのものらこそが、実はこの朝鮮半島出身者の血族を持津ものが多く、一般社会よりも、異常なぐらい多いという話もよく聞いているんだが、それは本当なのか。


「A-2」

何故、数十年前に行われた都市開発計画での、その当時の大阪駅前ビル4棟建設当時の内容を出してきたかというと、今回もこの開発計画にまたわけも解らん団体、特殊法人らが群がってきて結果工事、整備管理費用が異常に高額になって、そいつらの食い扶持のためにこの大阪梅田北ヤードの空き地がそいつらを食わすために利用される二の舞にならないかを、これを私は非常に心配をしているのだ。
大阪市長が何しろあの平松と言うボンクラ市長で、北朝鮮国家国営企業に対してでも平気で大阪市の大事な土地を、相手がドロボー国家なのに何の事もなく、すっと何にも感じずに売り渡すような抜け作だからだ。

今回の工事予算とか、整備等に於いて、もう考えられないほどの高額の予算単価が付けられて、それで、何時も全国何処ででも行われているような、悪辣に薄汚くよだれをたらして税金食いつぶし団体に付入られて、ボケ施策に陥らないかを、これを非常に心配している。
それでこういう昔起きていた内容であるが、大阪駅周辺での、梅田での一つの例として、当時こういうとんでもない利権に群がる事までが裏で起きていた事実内容を書いてみた。
今回のこの開発の事業もやっぱり当時と同じでまたもやこれがまた繰り返されないかと心配しているのだ。

もう既に、今日までに、私から見れば、ああやっぱりなあと言うような、よう解らん【~~機構=特殊法人】、【~~組織】、【~~団体】らが、この新規である新しい大きな事業だという事で、大きなお金が動くという事で、早速にそれを食いつぶそうと寄生虫のようにこの開発事業に食いつきにきている。

私の思案を書いて見る。
結論で言えば、今回の大阪梅田北ヤードを、大きな何処にもないような芝生が全体を覆いつくした緑の絨毯状の自然公園にすればよいと思っている。
アメリカの、あのマンハッタンンのような大都会の真ん中に広がる憩いの場の緑が空から見ても拡がって見えるようなそういう立派な大自然の公園にすればよい。
これをやると一番嫌がるのが公務員の天下り団体、特殊法人、「~~機構」等である。公園では食いつぶすのが非常二割が会わないからだ。
それでも、大阪万博後の吹田の万博公園などは、公園なのにこんなもんからでも利権を食い、公務員による税金の食いつぶしが万博の閉幕後もずっと延々と行われて来ている。
今でも相当の連中が、万博跡地公園の旨みを逃さず離さずにこれを掴んで未だに食いつぶしているんだが、この今回はこの徹を絶対に踏ませずに、公務員関連者組織は立ち入りさえ許さずに、排除し、梅田はこれをやらさずにこの開発事業をせねばならぬ。

今、全体で広さは確か、24ヘクタールの広さ、このうちで、既に7ヘクタール分はもう既に近々に高層ビル建設で話が始動して結論も出ていて着工に取り掛かるようなので、決まっているとかで、これは今更もうはずせないようだ。

残りの、17ヘクタールについてなんだが、憩いの広場である公園を作る場合の予算を、私なりに、一寸見積もりの予算を浮かべみた。シロートなりに。

17ヘクタールという事は、つまりは、17万㎡。
これであれば、芝生を全てに敷き詰めて植えたとしても、「鳥取方式」で行くと、芝生原材料代は、
単価、1㎡分で100円なので、17万㎡だから全部植えても合計で1700万円なり。

芝生を刈るトラクター、多く見積もっても3台分で、約200から300万円ほど。
これに、芝生を刈る人の人件費だが、芝生は2週間に一度ほど揃えて刈るようにすれば綺麗になるので、月に2度ほど、市内を掃除する場合に市が直接公募で募集している作業員の方を月に2度ばかりその作業に来てもらって、刈る作業をやってもらえばいい。

これに一度の50名ほどを月に二度だから、月に100名ほどの作業員の方に来てもらって草刈の作業についてもらう。

一人の一度の1日の日当の経費(日当が現状7000円ほど)が、約7000円なので、この人らを年間に、延べ人数で1200人ほど雇ってもらう。
この費用が、約、840万円なり。
公園の側周部に植樹する樹木300本、(楓、欅など)
これが、多く見積もって約2000万円から4000万円。
後、幾つか設ける芝生に補給する水道での放水装備整備、設置費用、これが、広い範囲なので、一寸見当も付かぬが、約1000万~2000万円程までで充分だろう。パイプ等の材料費、及び工事の費用も全てを含む。

公園での草刈等については、地域ごとに公園事務所が存在するのでそこの職員がその草刈とか水道の放水の作業時には、草刈の指導時の指導、放水は公園事務所に常駐している市の公務員の係員が、日を決めて当番で市の職員が担当すればすむ。給料を月給で市が払っているのでコイツラの人件費用の経費はゼロ。
市の公園事務所の市の職員などは、奴ら日頃仕事など殆どない状況で遊んでいるんだから、こんな作業の用事などは、何時でも何の事もなく一寸出かけていけば即できるはずだ。

後は芝生を植えられるような土地に整備する土木の費用が掛るが、ここの部分は一寸わからない。広さもあるし、色々とレベルがあるので。
それでも1億に近いような数千万円もは掛ら無いと思える。

ここで、トータルすると、
梅田北ヤードを全て公園にしてしまうという内容においての、当初予算は、私の見積もり予測では、

芝生代(当初のみ)1700万円
トラクター3台   300万円
公募作業員代(毎年)840万円
樹木代(当初のみ)3000万円
(小さな苗木を植えればこれより格段に格安)
水道放射設備   1000万から2000万円

これに、土地整備の費用が掛る。
これは一寸わからぬ。公園で芝生を生育させれる状態を保つように土を入れたりの工事が付いてくるので。
だが、この広場への土要れと、樹木が育つような公園にするための土地の整備工事自体に、当初費用が1億は要らないと思える。

結果合計で、アレだけの広さでも、まあ見積もっても2億も要らなくて充分に大きな公園が完成するだろう。
大阪市は数百億円使って開発といっているがそんなお金など使わなくてもいい。
公園にしておくと、後の世に、あそこを途中で何かのために緊急に何かのためとかで市としてこれが今絶対に必要だとかが発生したときに、いざ何かをというときに、何のものにも後々変化が可能な状況に置いておけるという事にもなる。
公園を作っておいて、大阪市民が、府民が、また県外からもここを殆ど利用しなくても、そのときに新しい事を考えたとしても、そこまでにかかった費用がたかが知れているので、市の予算を無駄になどせずにすむ。
その後に何とでもなる。

過去にあるように失敗を繰り返したように、初めに、当初に大きな箱物を作ってしまうと、それに、そのビル内に公務員や特殊法人が色んな名目の名称をつけて数百人数千人と群がってきて、もう奴らの給料だけで維持費だけで大阪市民が莫大な負担をかぶる事になる。
今必要なのは、梅田のようなアレだけの広さがあるんだから、大きなのんびり出来る、誰でもが普通に芝生に寝っころがれる公園にすれば気持ちのいい大阪のイメージ、緑と水の都のイメージが作れる。
こんな機会は大阪ではもう二度とめぐってこないだろう。
大きなゆとりのある大公園を造り、緑の森にでもしたら良いと思える。
管理は、今現状存在している大阪市の職員が居てる公園事務所が面倒を、管理をみればいいことで、それであれば職員の給与も今以上に負担する事もなく、増えることもなく、大阪で現状失業している人らを、年間延べで1200人もの人数分を、単日と言う内容では有るが、でも、あの人らにすれば、月に100人が日当を得ることも可能になる。
作業金額が少ない云々はあるが、これはまた徐々に考えればいいことであり、この1200人分で、大阪市の職員一人分の給与で充分に賄える金額なのである。
1200人の日当を払ってあげられることにもなる。

雇ってあげられる。

特殊法人とか大阪市の外郭団体などには一切この事業には絡ませないで、この事業での新たに特殊法人を作ることなく、これであれば年間の人件費費用は僅か900万ほどで住むレベル。

これに関わる人件費の費用は、現状の大阪の中堅職員の公務員の、一人分ほどの給与を支払うだけで一年間の公園内の除草、清掃と芝生刈りの作業代が出てくる。
僅かこれだけですむ。

こう言う内容での公園は、一度作ってしまえば、後は、次の年からは、人件費は、一般の失業されている方で、それ(その日当)だけを求めておられる日雇いの大阪市の作業で集まる公募に集まった方たち、この人らを延べ人数で1200人ほどでも、これらの人に作業をやってもらっても、年間で日払い分の総合計でも、もう1000万円も要らなくなる。それだけですむ。

後、維持費で掛るとすれば、消耗する電球等、電気代、一寸したメンテナンス費用、水道代、トラクターのガソリン代、除虫のための作業費用、ごみ収集の費用、ぐらい。
メンテナンスなどは一般の作業会社にその度毎に発注すればいいことで、年間委託ではなくて、個々の機会ごとにそれを発注という事にすれば、非常に安く済むし、これでやれば、食いつぶし団体の特殊法人だとか、意味分からん何とか開発センター、何とか開発機構のような、こんな税金の貪り団体組織も、今まで全国各地で起きているような、【管理を任されている団体だ】とばかりに、市から莫大な委託費用を貪り取られる事もなく、この公園に関しては、こういう奴らは一切必要はなくて、全て全く要らないし、費用は、格安ですむ。

いかが?

「A-3」

    

昨日、今日と、大阪のテレビ報道番組に、大阪維新を目指す国民期待の星である橋元知事が出演されていた。
色々な課題に於いて、彼の推進して来ているこれからの国民と、行政の有り方についての、政治的な行動、発信、指針について、これらについて全国各自治体、地域の団体、組織、あらゆる角度からの方面、また、過去から延々と今までに繋がってきていた利害団体等からも含めて、彼の行政に対して賛否両論はあるかもだが、今まで、ここまでの知事在籍期間の過去2年間の彼の目指そうとして発信してきている内容、やって来ている事業仕分け政策、切り捨ても含めて、彼独特の行政に関わる執行に対して、私はほぼ全て指示をしている考えを持っている立場である。
さて、大阪北ヤード開発に関して、今日、「NPO法人.大阪釜が崎支援機構」に連絡をした。
大阪市に対して、この北エリア北ヤード開発に関しては、今度こそは今まで書いて来ていた税金の搾取内容である税金の貪り団体である公務員の食い扶持をあてがうような特殊機構等の団体が加わる事のない本当の民間の市民が直接関わって参加する事業にすべきだと、貴方の所からも大阪市に対してプレゼンも含めて訴えて欲しい」と伝えた。
マスコミ、メディア、テレビ局は、自分らへの税金が利得として収入として回ってくるかどうかだけで、それが関係ないとなるとほぼ動かないし、今のマスコミ、テレビ局はそこしか見ていないから、市民のためになることの本質などは全く見ていないので、貴方のような組織団体がプレゼンを作って、強く訴えていくしかありませんよ!」って言っておいた。

メディア等は、奴らは、こう言うことに一切調査もしないし、何もしない組織だから、あなたたちのような市民支援団体こそが、こう言う時にこそ市に対して大きく訴えて、その上で、自らがそういう企画のプレゼンを大阪市にして欲しいと申し上げた。

無論、昨日書いた私の提案、プレゼンを聞いてもらった。

その支援機構の方は、「それは非常にいい案ですねえ、それであれば我々がやっている多くの困っておられる人たちへの、身に直接なる、実質的な直接支援にも繋がるし」と言ってくれた。
現状、釜が先を含め大阪市で高齢者で失業をしていて収入が途絶えている方で、生活保護を受けていなくて頑張っておられる方も相当いてるという事なので、そういう重労働とか技術職でなくても公園の草刈程度であればそのかたらも作業が充分に可能なので、その芝生を植えた人数の方に、その働いた分の収入を手渡して挙げられるし、市の大きな公園であれば、自らでここのこの公園は私たちが綺麗にしてるんだというそういう誇りも生まれるだろうし、地域で悲惨にされている方らにこそ、こう言う事業の一端をになわせてあげられれば少しでも現政権の民主党の目指そうとしている趣旨にも繋がってくる。

何も企業が絡んで、それに繋ぐのにまた特殊法人の天下りの常態化しそうな団体の、「~~大阪北エリア開発機構?」なるものが作られて、そこに、もう大勢の公務員や元公務員ら職員が、また天下りや、出向と言う形でたむろする事になり、仮に、そこに50人公務員や元公務員が存在するだけでも、年間数億円と言う人権費用が税金で賄われることになり、これだけはもうやめようよと、何としてでも避けなければならぬ。

もうこういうことは今後は一切無くすようにしないといけない。

私のプレゼンをNPO法人の方に伝えたら「是非そういう案を考えてみて市の方に伝えたい」と言っていたんだが、さてさて平松という目先の利権を貪る団体と繋がっている彼にそういう切ろうとする決断が出来るのかどうかだ。

この梅田ヤード開発事業のその開発の市としての指針、事業計画の中身、その中身が解った時点で、その中身によっては、この際、この平松と言う能無しの人間の、心を持たない利権誘導型政治推進の市長は、次の選挙では、無残にと思えるぐらいにもう叩き落して、市民を中心に一般人を中心に税金の配分、還元を考えられるような、そういう物を選びたいものだ。
こんな当たり前の事が指摘されるまでもなく、人間としての心の配分が普通の意識でできる人物を市長に入れ替えねばならぬ。目先の銭金だけに動く輩の市長などもう一切要らぬ。
次の市長選挙には、モーレツにこの平松市長を叩き落す行動をとりたいと思っている。
橋下さんとではよくもまあこれだけ差がある市長も珍しい。

平松は橋下知事の人気にだけあやかって橋下さんとあたかも融合しているように見せかけているが、中身が全く異質である。
そもそもの本質的に人間そのものの持っているものが違いすぎる。

大阪市民の一番の失敗は、この時期に、この時代に、また、こういう人間自体の本質を大事にしようという思いが強くなっているこの現代、時期に、毎日放送と言う、もうあの極悪犯罪国家ドロボー集団組織である北朝鮮国家とべったりのそのテレビ局自体に所属していた局社員を、大阪市長に当選させてしまったことである。
悔やんでも悔やみきれない。

北朝鮮国家が人間の尊厳、命、生命、治安、これらを一番に考える国ですか?そんな事がありえない国ですよね。

そういう犯罪国家と直接親密に取引を交わして莫大な利益を上げているそういうテレビ局の局社員を、大阪市民はわかりもせずに情けない事に大阪市民は大阪市長というトップに選んでしまった。
この事こそが大きな過ちだった事に気づくべきである。

人間の心など一切持たぬ、そういう犯罪国家国営企業と親密に取引をやって、銭を稼げるんであればドロボー相手でもかまわん主義のテレビ局、放送会社のそこに所属していたものが国民や一般人間の心の事など考えるはずがないという事を一般国民、大阪市民はこのことに一日も早く気付くべきである。
こんな輩連中にやらせることが果たして奴らが本当に任せられる相手なのか、、大事な市民や国民の税金を預け、市民が信頼して期待し委託して税の執行を任せる相手なのかを、もう一度考えて、次の選挙では、奴を絶対に叩き落すべきである。

平松のあの造り笑顔を見ていると、それは、純朴なる日本国民に向けているのではなくて、【自分】(←いろんな意味がある)に向けているように見える。自分が笑っているのであって自分が満足しているのである。
ここが実は国民や市民とは意識が全く違う所である。

日本国民としては、このまま、まだ彼が主導で大阪市の行政に携わる事は、私自身は実に怖い感がする。
鳩山さんが本質的に目指そうとしている政治とは、奴がやっていることはもう裏表のように怖い気配がして、非常に危機感を持っている。
民主党は何であんなとんでもないものを大阪市の市長候補に推薦したのだろう。
一寸誤算だったと、間違ったと。

民主党首脳部には、一時も早い段階で気付いてもらいたいものだ。

「魁」から民主党に移り変わるときに、鳩山さんはさきがけの代表だった武村(元滋賀県知事の)までをも誰もが考えもしなかったほどにその折にこの人は要らないとバッサリと切り捨てたほどの聡明極まりない強烈な決断力を持っている政治家であるのに、大阪市長の平松のように、こんなとんでもないものを推薦するとは、一寸貴方が目指そうとする国民自らの政治という道を、推薦した政治家そのものを間違えていて、大阪の地では見間違えていますよ鳩山さん!。

人間の本質部分が全く異質の奴である。こんな市長は一時も早く退陣してもらって、関西から次に出てくる市長に期待したい。

このまま、この新規事業目当てに天下り団体がこの開発事業に関わってきて、結果今までのやり方と全く同じの、その機構に大阪市から委託されたら、何の仕事も無い、ただそこで遊んでいても高給与が貰える大勢の天下りの公務員、及び、退職公務員、出向の公務員、及びそいつらの、身内の子供連中、親類縁者、及びそれまで市と利害が関わってきていた知人の血族者からなるそういう連中の塊の職員だけでも、有に100名ではきかなくなり、その人件費だけでも、仮にその人数にしたとしても十数億円必要になる。これは毎年必要になる。
そして、公園の管理という名目で特殊法人側へ委託される費用がおそらく20億円はくだらないだろう。この20億円の金額の殆どをコイツラ特殊法人側が搾取し、実際の事業を全て作業から何から何まで現場でやるのは、その特殊法人から丸投げされた孫受けの業者、そこからまた孫受けの業者へ、そこからまた、孫受けへと順々に何もせずに寄生虫の如くにファックスでの発注伝票を一枚のみコピーで次々と孫受けへと順々に送るだけで、順々に下請けに流され、もともとの事業の仕事の作業の全体、」仕事自体は全てが丸投げされる。特殊法人に仕事は無い。
でも視から莫大なる委託費用が入ってくる。
これが搾取だといっているわけだ。
それを市長が自らこのシステムを認めてやらせているのが大阪市の平松市長である。孫受けの最下段に位置する孫受けの業者には最初に市が請け負わせたこの全ての事業に関わる全ての費用の予算のうちの、僅か10%ほどしか支払われない。つまり90%近くは奴ら特殊法人側でピンはねし搾取しているのが実態なのだ。
こんな事許せますか?。
市民の皆さん!これを大阪市は平松市長のもとやっているんです。幾ら韓国をしても一切こういう事から離脱しません。教職費用の搾取についてもこの構図で全く同じシステムで教育委員会組織の外郭団体がこのシステムで綺麗に税金を搾取して持っていっています。

最初にこの事業を市から受けているはずのこの法人では、この法人はこの事業に直接の仕事は一切なく、一切仕事らしきものはないといっていい。

公園であってもこう言う丸投げが普通に行われて横行している。
年間に、単年度計算でも、おそらくこれだけの公務員、退職小屋とわれ優遇されている元公務員関連の者等による税金の搾取、税金の食いつぶしが、もうあらゆる所で寄生し行われている。

新聞社や、マスコミ、メディア、テレビ局は、こういう現場で実際に作業を行う人らの手には、その末端の孫受け業者には一体どのくらい支払われているのかその比率は幾らぐらいの予算割合なのかを調査ぐらい城よって。
奴らが新聞やテレビで報道する場合には、ただ特殊法人が随意契約で取っているという所までしか報道していない。
実は問題の大事な所はその先にあって、そこから先の、その特殊法人が請け負ったその事業予算で、そこからもう完全丸投げされた業者、ここには、実は末端の丸投げされた工事等の会社には、その予算の一体幾らが支払われているのかを、ここを調べろよ!って。
これが一番大事だろうが!って。
これで以下に無駄で搾取が行われているかがわかるんだよ。
具体的にさ。
小沢さんや、鳩山さんの事を調べる手間をかけるんだったらこう言う特殊法人のところに入っている搾取8斤の明細を個別案件ごとに調査をやってみろよ!
それこそがマスコミメディア、テレビ局が今早急にやることじゃあないのかあ?
私が報道の極右長だったら局員に徹底的にここの末端の孫受けの業者には特殊法人側から一体幾ら支払われたのかを、尊母実態を徹底的に調査をやらせるがなあ。
日本国家の事をkジャンが得たらこっちの方がもっともっと大事なはずだぜ。
何の資料も持たない私でもこれだけ現場で調べられるのにマスコミ新聞社がここを調べられない事に記者として、テレビ局として報道に関わっているものとして、誇りはもう持っていない奴ばっかりかよ!
金だけが目当ての連中かよ!お前ら記者だろうが!、恥ずかしいと思えよ!。

姫路市で行われた空き地への芝生植樹事業でも、私の試算とは懸け離れた10倍近い予算金額で落札され、且つ維持管理の名目で、委託費用で年間延々と、莫大に負担となっている。全てが税金である。
これだって、特殊法人へ発注と、年間委託をやめて、民間に草刈とか緊急時などの整備を、個々にその本当にそれが必要時のときだけに発注をすれば、もうほんの僅かな意地管理予算の費用ですむものを。
何も管理をこういう職員が天下りしている団体や機構に発注せずとも民間に小さい業者で幾らでもあるのに奴らは必ずこう言う機構を通して結局業者に丸投げする。
どっち道気候がこの事業を直接など一切やって居ないことを知っていて今でもそこに、天下り団体の特殊機構に発注するそのことが私は信じられない。

機構をスルーさせてから、その、そのことで、機構でそこで予算の殆どを、もう7割から8割の事業費用を搾取させているのである。
何にも仕事をせずにピンはねするのだ。街金融よりも悪質である。
要っておくがこれは全てが税金なのだ。

この7割も8割以上もピンハネさせているのをやめさせて、事業に直接草刈業者又は作業を直接やってもらうために前記したその地域での一般の高齢者で仕事の無い方たちを市なり自治体が一般に公募して、日当で支払ってあげれば、そしてこれを継続してあげれば、少しでも地域のそういう困られている住民への税金の還元にも繋がるし、そのことで生活保護はまだ受けなくても言いと言う肩も出てきたり、その元々付いている予算の事業費用も10分の一ですむ。今はこの人らにやってもらうときにも実は特殊法人が関わり、中途でこの作業をやる人らの手に渡るまでに既に殆どの金額をピンはねしている。
税金をピンはねし、搾取し、結果、現場の直接作業をする人にはそういう人へは、ホンのわずかしか渡っていないのである。これ税金である。何故こんな特殊法人が8割も9割もピンはねししかも仕事も無しでそれを受け取り、実際に作業する一般人にはホンの僅かしか配分しない。もう一つ言えることは、公務員は、特殊法人の職員は、奴ら自身のの受け取る給料は、これは経費ではなくて維持費だといっている。
一切経費と思っていない。
もう民間では考えられない。
人権費用は常に要るものでこれは原価計算の経費ではなくてもう決まった維持費であり国が決まって支払うべき紋だという解釈でもって考えている。
だから、給与で30億円かかっていても、そいつらが年間でやってる仕事の価値が、たとえ年間で500万円でも、何のおかしいなどとは思いもしない連中なのだ。

これの具体的例があるのでこれはまた書く。
大阪市の或る部署でのその部署に所属している職員の給与が、そこだけで数十億円もの使ってやった一年間の事業が、実は全てで僅か500万円分の事業しかやっていなかったと。
それにもっと頭にくるのは、それが約2年間も同じようにそのままで推移しているのにそのことに何とも思わず、
その部署の職員らに延々と年間給与として30億円近い人件費を支払い続けているのである。
何の実績も何にも出せずに続いてても、何のおかしいとも思っていなかった大阪市の部署がある。
これは今度書く。


これらの特殊法人を省けば、こういう事業などに関しては、それに当てる予算は、もう税金は余るほど存在している。今は奴らにピンはねされているだけなのである。

市が、県が何かを作るといえば、特殊法人の何とか推進開発機構がかんできて、途中でその付いている予算の殆どを綺麗に搾取するし、おまけにここに犯罪国家の北朝鮮がそこにもかんでくるという場合も多くある。
もう腐りきっている。

幾ら韓国をしても一切こういう事から離脱しません

間違いを訂正。



幾ら勧告をしても一切こういう事から離脱しません

「A-4」

具体的内容を書いてみる。

残念ながら、角度を変えれば、「なぜなの?」「何で許しているの?」とも思えるんだが、現状わが日本国内には、私がつかんでいるだけでも、北朝鮮国家国営企業事業所の数が、少なく見積もっても全国に5000以上の事業箇所が存在する。

ここに全国に配備されている警察官、この方たちの中で、上層部で天下りをされた者、この人らを除いて、この連中はこの中からのぞいて、是とは全く別に、すでに退職をされた元警察官の方たち、この退職された方の中で、全国での各地域の所轄の署で勤務していたころに、一時期でも「保安課」(=風俗担当)に所属していた経緯のある方、全てといっているわけではないんだが、ほんのごく一部の者らだが、全国に存在する5000ほどの北朝鮮国家国営企業の事業施設において、もろに直接的に便宜供与を受けているという実態がある。

5000箇所のうちで、その一箇所で、平均で4人の元警官が便宜供与を受けていたとすれば、全国で約2万人の退職した元警官が関与しているという事態になる。

仮に一人が月に20万円だとすると、年間では一人で240万円になる。240万円×2万人=480億円。
年間是だけのお金が北朝鮮国家国営企業から元警察官に直接的に(この場合には途中で中抜きする奴はいない)便宜供与されていたとしたら、仮に是が事実だとしたら、日本国民は怒りませんかねえ。
事実本当にそうだったら、是は怒るでしょうねえ。
全国の県警本部の中で、日本のある地域の県警本部の所轄に所属していたことがある元警官数人が、北朝鮮事業施設内で、いかにもおかしな行為、行動が実際に目撃された事実があるんです。

実は、ある県警本部の所轄に勤務していた元警察官(現状、もう警察官はすでに退職しているんだが)が、事もあろうにその地域に存在する北朝鮮国家国営企業の事業施設にて、犯罪行為である便宜供与を受けていたのではないかと思えるようないかにも疑わしい行動、行為をやっていたという目撃情報内容です。
是が事実であれば、是はまあ言えば、警察官だけが持っている特権、職場で持っていた特権での「みかじめ料」である。

私が率直に思うのは、現役時代には、北朝鮮国家国営企業事業所についての法令違反行為を、【わざと見逃して】おいて、その見返りとして、己が警察官を退職後の、その後からの面倒を、こういう形で見させていると想像しているんだが。
この時には4人が目撃されている。
北朝鮮国家国営企業の、その企業の一つの事業施設内でおきていたことである。

ここで、年配の方は思い出してもらいたい。
1975年前後ごろだったか、全国でゲーム機賭博摘発と言う事案があったのを思い出してもらえることだろう。
あの折にゲーム機賭博をやっていた業者も逮捕されたが、実は日本国民は絶対に忘れてはならないことは、当時、警察署の「保安課」に所属していた現役の警察官が、日本国中、全国で異常なほどに逮捕され、及び懲戒処分がなされたのである。

大阪府警本部だけの例で言えば、府警本部全体で所属する警官の合計数が、約2万5000人前後。

この中で風俗を担当していた「保安課」所属の警官の数は、5000人もいてないはずである。
そのわずかな中で、実は108人もの現役の警官が逮捕や懲戒処分になったのである。
全てが「賄賂と便宜供与」事案。

いかに腐っていたかが良く分かる。
取り締まるべき所轄の、それもその風俗を取り締まる担当の部署で、そこに所属している警官で、5人に一人もの割合で賄賂や便宜供与をやっていたというこの地獄のような内容、こいつら大勢のそれも現役の警官がそれに関与していた。

この不正を行って現金を受け取っていた悪辣で薄汚い警官らが、如何に多かったのか、この数には、私はもう目もくらむほどである。

情けないというかもうあきれてものも言えない。
警察を見たら犯罪者だといっても過言でないほどの数なのである。

その中で、その当時、実は私は、ある現場で、業者から直接数百万円(実は200万円なんだが)の札束を手で、現ナマで、そのまま無造作に受け取る現役の警察学校の講師の姿を、この目でしかと目撃したことがある。

是は、その時、府警本部には即刻で連絡したんだが、当時煮え切らない態度だったが、私が即刻で怒鳴りつけて、
「逮捕しろよ!」って言ってやった。

日本の警察の如何に腐り果てていたかが良く分かる事実であり、歴史の恥の事実である。
つまり昔も、あの当時も、今も、事警察、検察に関しては、手口の内容は、形を変えているだけで、ほぼ変わっていないということだろう。
ここで書いておくが、大手新聞社の社印連中も、組合の連中も、当時、このゲーム機賭博の機器で賭博行為のゲームに熱中し、良くやっていたのを、私は毎日のようにゲーム屋や喫茶店で目撃している。
言っておくが、私は、あのゲーム機なるものは嫌いで、一切やらない。
当時、表通りからでも、店内の中の様子がよく透けて見える状況でやっていたので、表通りから中を眺めて良く見ていた。

「A-7」

ここに、元警察官であった者、

ゲーム機賭博で逮捕された大勢の現役の警官らが、その折に、一つの教訓を得た。
「わからないようにやればばれないし逮捕されない】ということを。

その結果、どういうことがその後起きたかと言うと、表からでは一切不法なものが行われているかが一切分からない装備を開発した。

ここの部分をここ以上に詳しくはここにはかけないんだが、唯一つそれを裏付ける事象が存在する。

平成17年の2月頃であるが、ある北朝鮮国家国営企業が特許庁に申請をした特許案が違法行為に繋がる内容であるにもかかわらずその案がなぜか特許庁に認められ、このことで、北朝鮮は犯罪行為によって金銭を搾取することがいとも簡単に可能になり、下支えが出来、実はこのことから、この退職後の元警官に対して、彼らが一番望んでやまなかった、この長年奴らが望んでいた「表には誰にも分からない形での賄賂、便宜供与」が可能になってしまった。
特許が認められる以前からこの装備はすでに配備されていたが警察考案は手を緩めっぱなしでやってきていたが特許庁が是を特許として認めたことにより違法であるんだが北朝鮮事業施設では大手を振ってそれをすき放題に駆使して、国民から搾取のし放題と成っている。その金が実は警察や検察、及びマスコミテレビメディアへと還流されているのだ。

是を知ったら日本国民が怒らないわけがないだろうにって。
小沢さんや鳩山さんの事案どころか、そんなもの小さい小さい。
国家の警察組織全体が、すでにそのものがここまで腐ってるということになってくる。

特許庁の担当者に、
「もしも是を装備すれば明らかに法令違反、こんな法令違反になる装備をなぜ特許として認めたのか!」と、問い詰めると、
これに直接関わってきた審議官の責任者である担当者は、
「これについては、この設備を現場で実際に装備しなければ、実際に使用、使わなければ、これは逮捕はされませんから」とこう言ったので、
【お前さんはあほか!使えば法律に違反し違法行為になるものを、特許庁は何で特許として認めたのか、ふざけるな、相手はあのマフィア国家であるあの悪辣国家の北朝鮮だぜ!そんな国が、これを使用すれば犯罪行為で逮捕される、だからやめと請うなどと考える国かア?
こんな内容に特許権と言う絶対的なものを取得させてしまえば、やつらのことだ当然現場で使うだろうに!、ばれなきゃあ何でも良いの国だぜ!お前ら何考えて案件に対処してるんだア?」って追求したが、認めてしまったためにもう今となっては後戻りが出来ない状況になっている。
まあ唯一取り消しと言う決定も可能だが是については今のところやる気配はない。

私のように常に疑いを持っているものからすれば、うがった見方で行けば、この特許申請案件は数年間にわたって実は是は犯罪行為になるとして実は何度も特許庁から拒否案件であったのが、或る日突然に特許が認められてしまったのである。

このことによって、もう現状は、日本国内に存在している北朝鮮国家国営企業事業所施設内で、この特許を認められたこの内容の装備を使えば、退職後の元警官に【便宜供与、現金を手にさせること】などは、もうチョチョイノチョイで、全く証拠も見せずに逮捕も免れて朝飯前の装備なのである。その渡している金の原資は実は国民から搾取方法、今回特許で認められた装備によって、ばれないように搾取したものである。

今現状、これが全国的に北朝鮮国家国営企業の事業所施設において常備された状態で普通に行われていると思っている。
つまり犯罪行為で得たその事業所の上がり分が実は退職後の元警察官に還流するというとんでもないことに使われているということだ。見返りは、逮捕しない、と言う警察、検察が持つ特権を使うことで。

この北朝鮮国家国営企業をテレビで大々的に応援するがごとくにコマーシャルや新聞紙上で宣伝し、その対価として莫大なる利益を得て手にしているのが、実は、今回も小沢さんや鳩山さんに説明責任といって突きつけて執拗に追いかけてきているあのマスコミ、テレビメディアであり、それを応援しているのが実は検察庁であり警察庁である。
直接便宜供与と言う形で賄賂に値する方法で、手口で莫大な金銭を手にしている。
この還流してきている金額と言うのが、実はその原資となるものが、国や、自治体が支給した生活保護に支給された資金までもが含む、北朝鮮国家国営企業が日本列島内で、国民から法令違反行為でせしめた不法資金の一部から出ているのである。

今話題になっている小沢さんの土地購入にゼネコンからの資金が注入された云々の追及をマスコミメディアはやっているが、ではちょっと聴くが、このコマーシャル契約によって手にする資金のその一部がこの犯罪行為によって北朝鮮国家が国民から不法にせしめたものが注入されているとしたら、マスコミ、テレビメディアはこの件で【説明責任】を果たして果たすのか?ってことになる。

さあ、どうよ?
答えてきてもらいたいねえ。

マスコミ、テレビメディアの皆さんは、日本国内に存在する北朝鮮国家国営企業と取引をやって、その結果莫大なる資金を今もずっと続けて得ていますか?

警察庁さんよ!
東京地検特捜部の検事さんらよ!

私がもう数年も以前からこの不正賄賂となるであろう案件の実際の具体的名称まで伝えて捜査をやれと、もうここまで100度ではきかぬほど要求してきたよな!
あれだけ具体的内容を伝えても、まだやらないのはなぜなの?
私が説明していることを、追求していることを、この本庁舎全体にマイクを通して、庁舎内放送でみんなに聞かせたらどうだとまで言ってやったんだが。

己らの犯罪行為で、具体的で誰が見てても分かるような内容、明らかなものについては、捜査をやらないのかな?それが本道だとでも思ってるのかねえ。
強制捜査で、直接やれば、全国でもうアリのごとくに、元警察官らと、その北朝鮮事業所が、無数に逮捕摘発されて、実態が如何に日本の警察組織、検察庁組織が腐り果てて、下品極まりない銭食い虫の守銭奴に成り下がっているのかが、その実態が即刻で出てくるはずだ。
こういうことを書いたり、こういうことを公に伝えたものは、やっぱり今までと同じに直接殺すのかな?
今はもうそれをやると国民にバレちゃうぜ!これだけ私が書いているんだからさ。
そういう今までの手法では国民をもう抑えられない時代が来ていることを良く知るべきである。
民主党の党大会で誰かが大きな声で叫んでいただろう?
【事業仕分けだ!】って。

今まではそうやって隠して逃げ延びてきていたようだが、そうやって来ていたようだが、(現にこういう案件を追求していた当時民主党の国会議員だった石井先生が自宅前で惨殺されている)時代はすでに変わっている。
もう警察庁や検察庁の犯罪行為を国民が許して見逃すわけには行かないのである。

「A―8」

今の、マスコミ、テレビ局、メディアのやっている手法が、どこかのやり方にまあそっくりである。

それはあのマフィアの国、北朝鮮の瀬戸際外交手法とそっくりである。
北朝鮮は、6カ国協議で、常に分裂工作をやって、みんながまとまって北朝鮮に追求をやる足並みを常に乱そうとする手法、これが、今の日本のマスコミ、テレビメディアは、まるで北朝鮮からこういう手法を学んだのではないか。瓜二つである。
これは国民からすれば、彼らがやっている行為は目に余り、本当に薄汚い行為である。

とに角民主党の中で干されていそうな一歩地球に足を突っ込んでるような渡辺とかを呼んできて、とに角ぼけて失言をさせて、「こういう反対者が存在している」と、もう大げさに大げさに見せ掛けで書いて出しているが、今民主党でこの渡辺のようなボケ老人の政治方向に付いていくものなど、もう民主党内にはほぼ誰もいてない。

それが万が一しゃべらなければ、何とかネガティブな返事を導くような発言をぶつけて、とに角民主党に都合が悪い内容をしゃべらせようと、もうそれに必死でやっていて、普通にしゃべっても、その中でちょっとでも返事の表情だとかで、ネガティブに持っていけそうな言葉だけを拾って、それでもって狙いである非難発言に近い発言が出ることになるような、とに角誘導でそうしゃべらせるような質問をして、
【小沢氏内部でまたまた批判発言、内部批判がでている】などとあおって書いて出す。
是はマスコミテレビメディアでは最低の手法である。
これは、河原乞食の芸能人への取材であって、一国の政治家、投手、党代表らに浴びせる内容ではない。
下種で品がなさ過ぎる。
つまりわきまえと言うものを全く知らない餓鬼の取材手法である。

王道でなぜ取材できないのか。
法に照らしていけば今やっているテレビ局も新聞社も、大きな違法行為の共犯者であることを知ってやっているのだろうか。

東京地検特捜部から取材したといっていること自体が是は違法行為である。
法令違反行為で持って出した内容について気をつけなければならぬはそれが違う場合に、さてさてその時に首をかけてお前ら責任をとって会社を辞する覚悟でやっているのかと言うこと。
これらをやっていることは
言っておくが犯罪行為だぜ!

機密厳守のはずを、違反して出しているわけで、検察自体が、是は明らかに法律に違反している。

かつて防衛庁での機密漏えいと言う大きな事件があったが、機密とされるものを検事と共謀で表に出す行為は共同正犯になる。
刑を受ける覚悟でやっているのだろうかねえ。

前科はもうすでにこれで付いていることになるが、(先々決定されているが)ほんとにその覚悟が出来てやっているのかねえ。

機密を表に出しただけで、これは明らかに犯罪行為である。記者は、検事が記者らにもらすことが、これ自体が明らかに犯罪だと知っていながら、それを聞き出して、検事もそれを記者が公に記事に書くことを予定してもらしているし、それを記者は表で公開しているということは、これらの内容は明らかに犯罪を互いが認識した上で行っており、つまり、共謀罪も成立するだろうし、共同正犯にもなるだろう。

この手法はまさに北朝鮮とそっくりな手法である。
いったい日本の新聞、テレビ局は北朝鮮になりたいのか。それともすでに北朝鮮とは長い付き合いなので仲良くなりすぎて、いまや奴らドロボーに身包みごと取り込まれて手法まで身についてきたのかア?
それとも、元からお前ら日本人の企業ではなくて、元からそもそもが北朝鮮国家国営の企業なのかア?
いったいどっちよ?
マスコミ、テレビメディアは、犯罪国家北朝鮮と親密に長年にわたって、取引をして、国民からすれば何で?と思えるほどの莫大な収益を上げているのは、いったいどう説明するの?

拉致国家と普通に取引を交わす神経はいったい日本国民に対して人間として許される行為なのか。
聞きたいねえ。

ここの部分は逃げられないぜ!、
説明責任が当然発生するはずだが。
鳩山邦さんのアルカイダ友達の発言の折には、新聞テレビは彼に対していったいどう発言して非難ごうごうしたあ??
覚えてるかア?

それであれば、北朝鮮と取引をしているほうが、私はもっと悪質で国民から非難されてしかるべき行為であると思えるが。

しかもお前らごく親しい付き合いであり、その取引先である北朝鮮国家国営企業からお前らに入ってきた、入金になった莫大な原資は、実は国民から搾取されたものが多く含まれているということがある。
説明責任は新聞社、テレビ局自身にあるのじゃあないのかねえ。日本国民に向けてきちんと説明をしろよ!。
お前たちはそろいもそろって群がって、なぜドロボー国家である北朝鮮とまで取引をやり、結果莫大な利益を上げていたのかをな!!!。


日本国民が今、出来る抵抗といえば、新聞の非買、非読運動だな。購読拒否運動、
読売、毎日、産経、朝日、この大手新聞社発行の新聞については、今とりあえず購読をやめる運動をやろうよ!。
こんな北朝鮮のような姑息な利権隠し確保のために、現政権の政治家を何とかつぶそうと必死になるような、こんな新聞社はつぶれてしかるべきである。

【ここは一度みんなで新聞の購読をやめよう。】
【みんなで読売新聞購読をやめよう。】
【みんなで毎日新聞購読をやめよう。】
【みんなで朝日新聞購読をやめよう。】
【みんなで新聞の購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】
【みんなで購読をやめよう。】

新聞社、テレビメディアは、警察、検察庁の連中の、過去において、また現状も含めて、実際の天下り先を、この際、日本国民に向けて、全てを公に国民に晒すことが出来るのか?
それだけの度胸がお前たちにあるのかねえ。

ここもはっきりと出す覚悟があるのかねえ。なあドロボー国家北朝鮮とそっくりな手法でやっている新聞社、テレビ局よ!
全国の警察のやつらの天下り先を、全国の検察庁のやつらの天下り先を、是を出す勇気がお前らにあるのかねえ。
出せば、天下り先の殆どが、北朝鮮国家国営企業関連団体組織だと、万一他にあるとすれば、せいぜいマスコミ、テレビメディアだろうけどな。


「A-9」

全国の皆さんおはようございます。
いよいよ国会審議が始まりました。
与党提出の法案が出来るだけ早く通ることを祈っています。

今回の国会に提出されたものの中で、そのうちで在日外国人への参政権を与える法案についてのみ、私は今の段階では一応は反対です。
他の法案は一日も早く通るように期待しています。

在日外国人(ほぼ在日朝鮮半島人対象)全員に参政権を与えるという問題は、今現状日本国内に在住している在日朝鮮半島人については、この際一度本国にお帰りいただいて、そして正式にわが国へ再度入国と在住と永住の許可の申請をしてもらって、そこで法的にも許認されたものは、その時点で改めて再度日本コ国に入国してきてもらって、そこで法務省に正式に手続きを改めてやってもらって、正式に許可の出たもののみの在住を認め、そうした経緯をたどってからその上で日本で済みたいというものであれば、その者らに参政権を与えるのであれば、私は賛成である。

正式に日本に入国した経緯もなければ、戦後のどさくさに日本人に成りすまして長年日本国内で日本人として偽装して(戸籍の上でも申請書類偽装工作の改ざんによる申請手続き)現状日本国内で在住している者らは、とりあえずこの際即刻で調査をし、違反が判明すれば即刻で国外退去を求めればいいと思っている。
これだけでも、おそらく数百万人という数が判明することだろう。

こういう正式な入国と正式な戸籍の登録が調査の上で間違いがなければ、違法性がなければ、改めて日本国内での在住許可を発行してそのものらに永住許可も与えて、そのものらには正式に在日外国人で朝鮮半島人だとしての参政権を与えればいいと思っている。

密入国者であろうが、とんでもない犯罪行為を繰り返しているものらとか、日本国家内で在住するのに的確でないもの、これらは即刻で入国を拒否し再度の入国は一切受け付けなければ良いだけである。
日本国家の国民性は、もとよりいうまでもなく、質実剛健で、質素に、順朴、勤勉がモットーの国民性を持ち、その気質が基本であり、犯罪を目的で入国してきたような不埒者は、即刻で国外退去させ、本国へと帰ってもらう、そうやれば良いだけである。

現状日本国内に在住している在日の朝鮮半島人は、殆どが正式に日本国家への入国の許可などとっておらず、密入国者が殆どである在日の朝鮮半島人で、そういうやつらは、もともとがわれわれ日本国家にはなじまない連中なのだ。

いろんな事情で密入国してきたことは判明しているが、後の正式な法的処理がいまだにタブー視されてパンドラの扉を誰も開けようとしていない。
もうここらで政治家が腹をくくって公開し調査を改めてやるべきである。
是をやれれば警察庁と検察庁の天下りと言うこの形態も解消の道をたどることだろう。

ちなみに、今現状、北朝鮮国家国営企業で日本で最大の企業として君臨している北朝鮮国家国営企業Mのトップは、日本国内には、正式には手続きとして法務省から入国の正式な許可は出ていないはずである。つまり密入国者である。

なぜなら戦後に日本国内の山陰の闇夜の京都海岸網野あたりにひそかに入国(密入国)してきているからだ。本来なら即刻で今でも法に照らせば即刻で国外退去になる案件でもある。

だが、どういうわけか、いまだに国外退去処分にはなっていない。まだ日本国家からこの男に日本国家の勲章まで授与させている。
おかしいだろう?っテ。
日本の勲章はどこかの誰かの推薦がなければ絶対に出さない、授与はしない。
ということは、誰かが推薦したということ。
誰の推薦で是が行われたかは詳しい人はもうご存知だろう。

【北朝鮮は貧しいんです、助けてあげなくてどうするんですか!どうか助けてあげようではありませんか、助けましょうよ!】と叫んであの犯罪国家きたっ朝鮮に穀物を大量に北朝鮮に援助させたあの男、、全国向けで、大声で叫んでいたあの一時期自民党を牛耳っていたあの男、あの元政治家の推薦によるというのがもっぱらのうわさ。彼は今日と選出で地元中の地元。
この企業の関連する団体には、ずっと延々、日本国家の怱々たる組織である【警察庁と検察庁】の御偉いさんが、もうアリがむさぼりつくようにわんさと天下りしている。
テレビ局、新聞社も、この国家国営企業のコマーシャルの取引関係にある。
日本国家の法務省は基本として、戦後、つまり、昭和20年8月15日以降に朝鮮半島からの日本国内に入ってきてそのままいつの間にか日本の国内で在住している者については、日本国家内での永住許可は、国として、法務省としてこれらの者についての永住を一切認めていない。
つまり、本来は即刻で国外退去処分しなければいけない案件である。
だがそれをやっていない。なぜか、
そこに「みかじめ料」という、特権を持っている者らの天下りシステムが存在しているのである。
その天下り先から収益を上げて利益をむさぼっているのが実はマスコミ、テレビメディアなのである。
現状のこの日本国家において、では今、日本国民にむけて、背任行為と思える裏切り行為をやっていてとんでもないことをやっている連中は、この日本国内でいったいどこの誰だということになるが、日本国民は馬鹿ではない。
誰が問題でどこの誰がこれらを推進しかくさくしているのかが良く分かることだろう。
これらをかくすために、ここまで国民の意識、認識を、本当の実態から見えないように、間違えた方向に情報操作をやっているのは、いったいどこの組織で、どこの企業なのかが良く分かることだろう。
是ではっきりと分かることだろう。

話は変わるが、

数年前になるが、当時本当にちょっとだけしかテレビ報道で取り上げられなかったんだが、
名古屋市で明らかになった「水道のメーター設置工事に関しての、【談合事件】。

この工事予算についての、官.業の癒着が発覚したことがある。

この談合事件でのその談合に参加していた企業に実はあの朝の報道ワイド番組のTBS【朝ズバッ】で有名なあの【みのもんた】が、現在オーナーである「ニッコク」が参加していた。

これって、【行政と金】、税金と、それを騙し取ろうと参加業者が企てた不正事案の大問題】だったんじゃあないのかねえ。

今日もみのもんたは、政治家に対して、
税金を食い物にするとは何なんだという意味で民主党の小沢さんを追及していたが、よく思い出してもらいたい。
「みのもんた」自身の会社が、この名古屋市民の税金を、記帳な税金を食い物にして業者動詞でそれを食い物にして税金を騙し取っていた張本人じゃあないのか入って。
数ヶ月間の取引停止と言う思い処分をどう思ってるのかねえ。
あのときに、彼はテレビで又は新聞紙上で説明責任を果たして謝罪をきちんとやったのか?ッテ。
騙し取った税金を返したのか?ッて。

テレビ局はなぜあれを追及しないんだア?
みのもんたであれば、それは説明させなくて済むのかよ!って。

自らが関係している団体組織で、犯罪行為である談合と言う絶対にやってはならんことを長年続けてきておいて、その結果莫大な貴重な税金が談合によってとんでもない高額で執行される結果を生み、国民、市民に大きな損失を与えることを長い間ずっと続けてきていながら、知らんフリはないだろうに。

金返せよ!って。
税金だぜ!って。
ふざけるな!って。

国民の税金だぜ!って。

不正事案が発生したら、特に【みのもんた】クラスなどは、あれだけテレビにも出てるんだから、それについて正式に税金を結果として騙し取る行為になっていましたと謝罪しろよ!って。

国民に正式に説明責任を果たして謝罪をしたのかア?
してないよなあ。
国民を馬鹿にすんなよな!

表では国民の税金ですよ!!ッ帝位ながら裏では談合で税金を食い門にする。
これ、あのドロボー国家の北朝鮮国家国営企業と懇意に、親密に取引しているマスコミ、テレビメディアと全く同じ体質だな。

お前さんら、まさか同族じゃあないんだろうねえ、同族なのかあ?。
やってること、言っていることが、余りにも皆こいつら【そっくり】すぎるぜよ!

いまや全国で、北朝鮮国家国営企業の手先として何とこの間まで現職の警官だったものらがその手先で活動をし脱税の手助けまでやっている事案がある。
これって全国で仮に1000人いてたとしても、それだけでも20億円になる。
10000人いてたら、200億円にもなる。こんなにあるわけないだろうとまあ普通の人間であればそう思うよね。
ところがこれが実にリアルなんだよねえ。

全国に北朝鮮の国家国営企業の事業所が日本全国でまあ5000箇所ぐらいはある。
ここで一人の退職警官トグルになっていれば全国で5000人。
現場で今現状目撃されているだけで一箇所だけでも、この手助けしている元警官が、そこだけでも4名が目撃されている。
これ4名平均で行くと、5000箇所だから、当然、20000人ということになる。

これをみれば、全部が全部でないとしても、年間だけでも、まあ有に4~500億円はくだらなくなる。
是を単純計算で行くと、20年間で延べ約1兆円もの金額が積算されることになってくる。

是ってすごいよなあ。
そら絶対に手放さないよなあ。
是だけの利権だもんなア。

是をなくするにはどうするか、
是は本当に簡単であり、警察官連中、検察官連中の北朝鮮国家国営企業関連団体組織には、やつらの一切天下りを禁止させれば、この金額は税金として日本国民に還元されることになる。
まあ税金の対象額を決定して計算をしなけりゃあならんが、それでも数千億円分がおそらく国庫に入るはずだっただろう。

これだけ日本国民に損失を与えているものの、その原因は、いったいどこにあるのか。
国民の皆様はもうお分かりですね。
警察庁、検察庁がつくった天下りのシステムが是だけ日本の国家をその土台さえも揺るがしかねないところにまでゆがめてきているのです。
この利権を消滅させられることを今の段階ではなんとしてでも阻止したい考えであり、そのことがやつらの最大の目的であり、今それをつぶすために命がけのことをやっているということだろう。

まあ薄汚いやつらである。
検察の誇りと言うものなど、さらさら持っていないようだ。

もう見ていて薄汚い下種な下品な守銭奴が、今まで自由にずぶずぶで使えていた北朝鮮から回ってくるあぶく銭を、国民に取られまいと、必死でその不正な薄汚い銭入れのチャックを取られまいと必死にやっている姿がもう浅ましくて見てられない。検察もここまで腐り果てたかと。

本来は手になど出来ないはずの汚れた莫大なる汚れた北朝鮮のあぶく銭を、このたび政権が変わったことにより、小沢さん率いる民主党に取られたくないがために、せっかくじゅくじゅくで潤って続いてきていた悪徳連中が、今まさに命がけでこの利権を守ろうと、必死で小沢さんを追い落とすつもりのようである。

今回の検察庁がやっている小沢事案は、是は、今まで手にしていた金を、民主党には取られたくないという警察、検察が戦っている構図であり、必死で抵抗して阻止しようとしているのだ。
今まで奪えていた北朝鮮利権を、これを政権与党の民主党に奪われるのがいやだというその低レベルの泥棒の所業である。

ここまで腐り果てたか、東京地検特捜部よ!
世間知らずの今の検察庁の捜査陣よ!、
日本国内で詐欺行為にてドロボーしてきて蓄えた北朝鮮利権を、今後、この莫大な資金を、今までどおりにお前らは手にしたいのか、

それとも法に照らして日本国民の手元に入るように国庫に入れて、その後説明責任を果たして普通に還元するのか、
どっちだア?

この汚れた搾取で集めた莫大なる北朝鮮国家国営企業の資金を、お前らは、いったいどこに持っていくつもりなのか!。

ちょっとおせーーーてよ!!!

やつらが、北朝鮮国家国営企業の関連団体に天下りでもらっている給与らしき金額を、その総額を省いた状態で、除いての金額が、これに関わっている金額が、こんな年間、20億やそこらの数字じゃあないことは、もう警察関係者であれば誰でも知っていることだろう。
世の中、上が汚れるとこういう結果になっていることの典型である。
末端でやっている現場の所轄の警官のうちで一部の者らまでもが、警察官を退職後に、ナントまあ北朝鮮の脱税の手助けにまで手を染める時代とはあきれてものもいえない暗黒の時代である。

何が東京地検特捜部ガンバレだよって。

私に言わせれば、東京地検特捜部よ、自らの警察庁、及び検察庁内部の、全国の数万人の是に関わっている連中を即刻で逮捕させろよ!って。自らが正義だというなら先ずは身内の犯罪者らを一掃しろよ。
これを検察庁はやれるのか?って。

「A-10」

テレビ局、新聞社、これら各社に問い合わせを行うと、異口同音の返答が返ってくる。

【各社とのやり取りの内容、もう各社とも同じ返事ばかりなので一括してちょっと書いてみる。】


【君のところはなぜあの犯罪国家北朝鮮と親密なる取引をやって利得を稼いでいるのか、なぜやめないのか】

各社の返答
【私どもは北朝鮮などとは一切取引などしていません、(←どうやらそれをやるとまずいことだとは一応は認識はしているようだ)どういうことですか?】

私、
【こういう企業(具体名、企業名、具体名を提示)と、長年にわたり取引をやっているよな、ここは北朝鮮国家国営企業であり、あそこは特殊な組織の国なので、北朝鮮企業と言うのは、まあいわばあの金正日総書記の直轄の企業である。】

各社の返答(急に沈黙)
【.............】


【日本国民に対して恥ずかしいとは思わんのかア?、あれだけ拉致被害者がまだ日本に帰還されていないこの状況で、その犯罪、テロ行為の当事者であるあの北朝鮮と普通に取引をやるその人間としての神経がわからん。君らの仕事の内容から行けば、特にこれは許しがたい内容であり、到底許されるべきことではないと思えるが、どうなんだア?】

各社
【そういうことは一切していませんので。お宅が言っている証拠はあるんですか?】


【警察庁、検察庁、公安調査庁、ここで聞けば、この、名前を挙げた企業が、この企業が北朝鮮国家国営企業であることはみな知っている。聞かずとも君ら自身もそのことは十分に知っていて、それを長年金銭欲のために、相手がそういう国だと認識していながら知らぬ顔してやり続けてきている。マスコミ、テレビメディアとしての信条、基本精神から行けば、また、広い意味で言えば一人の人間としてやってはいかん事ってあるだろうが!日本国民として、到底国民が許さない内容である。】

各社
【そう思うのはあくまでもあなた自身の独自の意見、主張であり、あなた個人の意見であり、あなたはそう思っててください。私どもとは違いますから。】

是がここ十数年続いてきた私とマスコミテレビメディアとのやり取りです。

この十数年の間に、ちょっとパンドラの扉を空けてくれそうな記者とめぐり合えたことがあったんだが、
ある大手新聞社の社会部の中堅の記者が、私の内容に非常に興味を持ってくれて、もう十年ほど前になるが、その記者とカメラマンと私の3人で、或る内定調査をやったことがある。
だが数日後に、その記者から、
【是に社として、お前は一切関わるな】と直属の上司から言われてしまったと。
【言われて私としてはもうこの件では一切動けません】と言う返事をもらったことがある。
せっかくいい調査員が出来たと思っていたら即刻でこれだ。

それから1ヵ月後ぐらいに、何と彼は(記者)あのはるか離れた中東のドバイへと転勤して行ってしまった。ドバイへと発つ直前に直接彼から話を聞いたが、この転勤は、本当に【突然の辞令】だったと言っていた。

【面白いこと(記者としての鼻が動き出したという意味)が起きているんですねえ、知らなかった。これは興味があります】と彼は海外への辞令が出る前の、私と共同で調査をやっている途中には、そう言っていただけに、こんな突然の辞令が出てしまうとは、ああ、又上から圧力がかかったのかと、もう情けないなあとそう思った。

新聞社ともあろうものが、こういうことを平気でやるということが映画ではよく見ていた光景だが、実際に是をやるんだなあとつくづく思ってしまった。

それ以来、そこの新聞社とは、この関連での起きている犯罪事案は、この件では他の連中にはその後も変わらずに直接何度か具体例を伝えてきてはいるが、だが彼のように調査、取材に協力をしてくれる記者は、その新聞社からはその後一切出てきていない。
今は、現われていないのが現状だ。
結果私が単独で動くしかなくなっている。

犯罪事案があっても、新聞社、テレビメディアにとって誠に都合が悪い内容であれば、どちらもがそれを表で報道をしないことになり、結果世間の人らにこういうとんでもない事案があるということを知らせる手段がもうネットしかなくなる。

でも国民の殆どは、テレビ等でニュースを知る以上、テレビ局で都合が悪ければ番組中にも絶対に是を表で報道はしないことになり、結果当然一般国民に知らされずで、実際にはこいつらを関係して何が起きているのかをほぼ国民は知らされていない。

そらそうだ、
新聞社も是を書かないしテレビ報道でもこれを絶対に報道しない。都合が悪いからだ。空国民が知らされていないので知っているはずもないよなあ。

起きている犯罪行為に、それらに長年くっついて利権に群がる警察、検察、公安、そして及び結果としてそこから収益を上げている新聞社、テレビ局、これらが群がっている構図を、国民が、不通に日常のニュースでは表で知る手はずがもぎ取られているのだ。

ある意味、あの人権のない自由発言が封鎖されている中国の検閲のような状況で置かれている、是が今の現状である。

腐った利権構造をこの際表でさらして全て出させることこそ平成威信ではないのか!
国民は是を求めて腐った自民党を叩き落したのではなかったのか!、
変わったけどここの部分はまだそのままで生きたいと検察警察庁は必死でその消滅へ切り崩しを阻止しようと、今もう抵抗の限りを警察権力で検察権力でやろうと必死である。
そのターゲットが鳩山さんであり小沢さんと言うこちである。
ここをつぶせば警察検察マスコミテレビメディアは今までどおり薄汚れた北朝鮮利権を掴んだままで過ごせるからだ。

下種で薄汚くて身も毛もよだつ組織である。
それに加担して、隠し隠ししながら裏で国民には分からないように姑息に収益を上げているマスコミテレビメディアって、日本国民にとって、いったい存在価値などあるのかといいたい。
必要価値があるのかといいたい。
こんな者らはみんな要らないだろうって。

「A-11」

今失業者が街に、地方にあふれている。
よく言われるのが、仕事先がないといわれる。働きたいが仕事がないといわれている。

ここで冷静に全体像を見てみよう。
今労働者といわれるものの年齢は60歳を超えてもまだ働くべきだとよく言われている。
是にはいろいろな金銭的余裕とかがあるだろう。
だが思い起こしていただきたい。昔は55歳定年であった。殆どの企業が、それが56になり58になり60歳になり出した。
つまり、いつまでも働いている人が定年を迎えないのだ。

それであれば、最近減少してきたとはいえ、新卒で毎年130万人余りが仕事を求めてもどこかで多くの生徒さんが失業者として街にあふれてくる。
55歳になったら申し子とはやめよう運動をやったらどうなるだろう。

でも企業では歳が行ってもいつまでも勤める人が残ってしまい、結果次に新入社員で入ろうとしても、人員が現場ではいつまでも残っていく社員がいてる限り、そこでだぶついて、当然そこで人があぶれてくる。
つまり新卒の生徒が年々とだぶついてくるようになる。

政治家も、エコノミストも、コメンテーターも、こぞって老人になっても働こうなどといってきた。
是が素晴らしいと常に強調してきていた。
ちょっと待てよと。

結果このことでいつまでも仕事をやめない人間が増えてきて、結果職場での鉢が決まっている職場の現場は、或る時期の期間は当然人員がそこでだぶついて当たり前である。

ここ10年から15年前頃から特に歳が行っててもみな働きましょうなどと政治もそれを推進してきた。
年寄りの労働について、麻生太郎などは、この件で、耳を疑うようなひどい暴言を吐いていたことがあるが、結果として、こういう発送の政策が、意識誘導が、現状の中間層の30才代前後の人らの職場が中抜きで無くなってきている。
無論新卒での入社と言うのも是も当然募集が減ってきている。

もうこの際、55歳まで行ったらもう働かないようにみな定年にすればいい。
そしてそれ以上働きたい意思のある人は、地域でのボランティアでのみ認めるというようにすれば良い。
つまり仕事はもう若者に任せて高齢者は、社会に出てきた若者を手助けするという形態の社会構造に作り変えていくというようにすれば、仕事がないということはほとんどなくなるのではないか。

働くことのほかに、ボランティアと言うものの意味合いを、学校の教育現場から教え込み、歳の行った人は、ひたすら若者のために生きる。
若者は高齢者の力添えで社会の一員に育っていく。
みんなでみんなを手助けし、みんなで一つの理想郷を作っていくんだという意識を、国全体の大目標にして政治が率先する。

そういう社会になれるように改革を進めてもらいたい。
今のままでは、高齢者もまだ働かねば食えず、若者は仕事が無く食えず、どっちもが共倒れ状態になってきている現状。

ここはもう企業はせいぜい56歳定年か、昔のように55歳定年で仕事の現場を一応は離れてもらって、そこからは若者に現場をゆずってもらう。55歳で仕事から離れた人には、若者や、地域の活動に参加してもらって、積極的に若者を社会の一員として育て上げるという大きな人間育成の社会構造目標、是の重要な位置に立ってもらいたいものだ。

こういう社会構造にすれば、人間同士の協力関係、地域社会でのみんなの助け合いの街と言う意識も高まってくることだろう。質素に勤め、日本人本来の姿をよみがえらせることが今壱番求められていると思える。
今は高齢者までが現場で直接働いているために地域の活動にも参加など穂飛んで画で傷にほったらかしの社会構造になってしまっている。
ここを直さないと日本自体が危ない国になってしまいかねない情勢まできていると思える。
そうすれば警察官僚、検察官僚、現場の警官これらのの天下りも無くなり、不正な犯罪も減ることだろう。

国の目標と言うものを、構造から考えていく、そういうもっと目標を具体的に大きく構えてはどうだろう。

「A-12」

「A-12」

穂飛んで画で傷

殆どが出来ず

訂正です。

事件捜査をやっていて、或る者を容疑者として、警察がその身柄を確保し逮捕して、結果その容疑者を外の社会から遮断した状態で、刑事なり検事がその取調べの途中で、新聞社や、テレビ局の事件担当記者らに、その取調べの内容を情報で出すという行為が現状日本で頻繁に行われている。
いま、民主党小沢幹事長の案件でも、東京地検特捜部は駄々漏れ状態での検察側に都合が良い情報のみをもらして出しているということがおきている。
是は一応は法令違反行為であるんだが、
今日私がここに書く重要な内容は実はここから。
検察と警察が如何にいい加減に自分らに都合が良い嘘の内容を平気で流すのかの典型例を、今日はここでつい最近起きた事件で取り上げる。

この事件に関わった刑事は次に書くこの内容を良くこれを読んでいて欲しいものだ。
無論マスコミ、テレビメディアも。

もう世間では忘れかかっているかもだが、この事件についてはまだ裁判での判決はまだ出ていない案件。
大阪で、昨年に、北朝鮮国家国営企業の、或る事業所施設内で、或る男による無差別放火殺人と言う悲惨な、むごい事件が発生した。

この事件で一人の或る男が逮捕され、大阪府警に身柄を拘束された。

逮捕拘束中に、彼が捜査陣の問い詰めに対して次のように供述しているとの言い方で、捜査関係者の話として次のようなことを供述していると新聞社とテレビ局は次のように連日報道をした。

★【自分は世の中がいやになって、殺すのは誰でも良かったと供述している】と、あたかも無差別に誰でもいいから殺してやりたいということが動機で放火をやったと思わせてしまう供述をしているというように見せかける情報にしてマスコミ、テレビメディア、報道に当局は流した。

警察の調べで、捜査陣に対して犯人の男がこういうように供述していると、こういうように全ての殆どのマスコミ、テレビメディアは報道した。

だが、私に言わせれば、是は全くのでたらめだ。
じかに捜査に当たった捜査官と話をしたが、相手は私の問い詰めに抗弁が出来ずに具の根も出なかったからだ。

犯人である男は自分が犯人であることは認めており、だが、彼の動機は、その折に施設内に居てた人を無差別に、その人らを殺そうと狙って、そして誰でもいいから皆殺しに殺そうなどとしたわけでは全くない。
是は警察当局が作り上げた全くのでっち上げの全くのでたらめの作り話である。

そう供述していると嘘の情報を警察当局は、報道各社に日々垂れ流し、実は真実のその男の実際の動機を警察当局や検察当局やマスコミ各社、テレビメディア各社、これらが都合が悪いから、本当の動機を隠したのである。

では大阪府警は、この男の供述を、何故でたらめにでっち上げて嘘に作り上げて事実ではない内容まで作って嘘を報道陣にこれが動機だとして漏らし情報操作をし続けたのか。

これの、この男の本当の動機、事件を起こす動機の部分で、この男の本当の事実の動機が、これが一般国民に、もしも知れ渡ったら、知られてしまうと、警察当局、検察庁当局、また、北朝鮮当局、そしてそこに繋がるマスコミ、テレビメディアも、それを知られるとそろって困ってくるからである。

バレるととんでもないことに繋がる可能性があるので、大阪府警捜査陣はそこの部分を何とか動機の部分を、
【こいつは異常で気が狂って、もう世の中に嫌気がさしてどうでも良くなって、それでみんな誰でもいいからたまたまそこに人がいてたから皆殺しにしようと思ったと】、そうしてしまえば、真実を知られずにすむ。都合が悪い事実を知られずにすむからだ。

どっちみちこれだけ大きな犯罪を結果として起こしているので、どうって事ないので、そういうことにしてしまおうと、そう考えたのだろう。
国民からそういう動機でやったと思わせておけば、国民もあの状況だから、状況で別にそうだろうと思ってしまうだろうという、そういう魂胆の基に警察が仕組んだ検察が仕組んだ明らかな情報操作である。

犯人が供述しているとしてこれを聞き出したとされるマスコミも、これにしておけば実は自分らにも都合がいい訳で、そうだそうだとばかりに、この事件をただ単なる馬鹿がやけくそになって誰でもいいから皆殺しにしようとしたということで処理しようとしているのである。

私のようなものが、もしも出てこなかったら、この事件は、単純な分かりやすい事件で、動機もやけくそでやったような、おそらくこのままだと警察、検察から全く違う動機を作り上げられて、勝手にネジまげて掲げられて、彼はただの世を捨てた、ただ単なる残虐な狂人に近いようなことにされて、おそらく死刑判決になってしまうことだろう。

さてでは真実はどういうことなのかと言うことになるんだが、この男の真実の動機は、良識のある人であれば、普通に誰にでも分かることでしょう。

昔、全国で発生したゲーム機賭博で、店でぼろ負けして、その負けた客と店とが大喧嘩をしている姿を見たことがあるが、実は今回の動機は、まさにそれなのである。

つまり北朝鮮国家国営企業事業所の、法令違反の機器仕様に対しての、機器装備の不正操作事案に対しての、その北朝鮮企業の法令違反機器に対しての、この仕様によって自分の所持していた資金を、この事業所で騙し取られたと、搾取されたと思って、そこで彼はそのことが我慢がならずに、搾取されたのが我慢できずに腹を立て、そこでその搾取した野郎を許せないと、我慢ならんと、その北朝鮮国家国営企業事業所をいっそのこと燃やしてやろうと、それで火をつけて放火したのである。

だから、彼は、何も、その事業所内で遊んでいる一般の大勢の人、その人らを狙って巻き込んでわざわざその人らを狙って皆殺しにしようなどと思ってそれをやろうとしてやったわけでは全くないのである。

ここが、警察が嘘の動機をつくり、架空の動機をでっち上げ、警察庁、検察庁の都合のいいような、都合が悪いものにバレないような動機に祭り上げて、勝手にでっち上げて嘘の供述を新聞社とテレビメディアに、取調べの段階で彼がこう供述しているなどと、事実とは全く違う事実無根の内容を流し続けて、真実を表の国民には隠したのである。

嘘の情報を警察、検察はマスコミテレビメディアに垂れ流したのである。
よく見ていると、マスコミ、テレビメディア自身も、そのことは実は知っていて、その上で、それを知っていて、だがわざと真実を隠して、警察、検察から出てくる供述内容を、それをでたらめだろうと、嘘だと知りながら、報道で出していた疑いが強い。

こういうことが実はつい最近でも実際におきていることを見れば、今回の民主党の小沢さんに関わる案件、鳩山さんに関わる案件、これらについて、検察庁と、警察庁が実に薄汚く、もうぶら下がっている北朝鮮利権、このあぶく銭を失いたくない一心で、ズズ
赤く避けたざくろのような、下種な唇の欲の皮が突っ張った見苦しい姿をさらし、そのくせ赤子がやるような餓鬼のような稚拙な手口で、検察が、情報操作で流して、明らかにとんでもない情報操作をやっている。国民に対して誠に失礼であり、国民を馬鹿にしている。
この大阪の事件は、確か2月に入ってからも裁判が行われ、いずれ判決が出ると思うが、よくもまあ、欲のためとは言いながら、警察当局や検察当局がここまで乞食のように金にむさぼりつく卑しい薄汚い姿をわれわれに見せつけられ続けると、われわれ国民としても、もうこんなやつら、こいつらなんか、一切必要などなくて、要らんだろうと思ってしまう。

この放火事件でも、北朝鮮国家国営企業の犯罪行為を一切この折にもここの場合の件でも国民には一切隠し、表で出さずに、ただ単純極まりない一人の「世の中を捨てた犯人」の、ただの独りよがりだけの犯罪だとして嘘の情報操作で処理をするつもりでいる。

とんでもないことである。

私が直接大阪府警本部に要求して突きつけた内容、それは、その北朝鮮国家国営企業のその事業施設内で遊んでいた大勢の者の中に、大阪府警だけではなくて、退職した元警官が今回焼けた施設のその施設内に設置してあった無数の防犯カメラに、2週間分は保存しているといっているんだから、そのビデオカメラにまさに大阪府警本部にかつて所属していたことがある元警察官が何人か映って映像として残っていないかどうかを、早急にそこを徹底的に調査しろよと要求した。

ここが実は一番大事なところで、全国で是が行われている可能性はもう十分にあるのである。
退職した元警官が、北朝鮮国家国営企業施設内で、やつらの手先として脱税の手助けをやるとすれば、北朝鮮国家国営企業は絶対に法令違反機器を装備しているということと直結するからだ。

そこを重点的に徹底して調べろよと言ってやったわけ。だが、捜査陣からは、やつは気がおかしくなって誰でもいいから殺したいと思って火をつけたの一点張り。
薄汚い奴ら(警察、検察、マスコミ、テレビメディア)め!って。

是は今回のあの事件を私が冷静に見て、その後の警察から出てくると称した捜査状況を見て、又その後マスコミ、テレビメディアを通じて出てくる新事実だとして、供述内容だとして出てくるものを見ての、私の率直な感想。

薄汚いやつらの集まりである。
新聞購読をやめよう。
読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、産経新聞、これらの新聞の購読をやめよう。
スポーツニッポン、サンケイスポーツ、日刊スポーツ、スポーツ報知、これらの購読を全国的にやめよう運動をやろう。

一斉に暫くやめてみよう。
マスコミ、テレビメディアのやつらに、国民に向けて、本当の真実を伝えるだけの信条、心があるのかどうかを、それだけの価値のあるやつらかどうかを、一度全国的に是を確認するのも一つの見識になると思えるんだが。
この4大新聞の購読を、この際一斉にやめてみよう運動をやってみよう。
こいつらの傲慢さを自らで思い知らせる意味でも。

「A-13」

犯罪者と商取引をしている連中が正義だの説明責任だの笑わせるな!って。
新聞社、テレビ局が、自らは全うなことを言っていると自信を持って言うのであれば、まずはあのドロボー国家、犯罪国家である北朝鮮と、いまだに親密に長年取引を交わして莫大な利益をむさぼっている自らのやってきている自分らの行状、行為について、日本国民に隠さず、正直にきちんと説明してからだろうが!って。

それと、ニュース報道での現場からの報告のシーンで出てくる記者の連中って日本人にやらせろよって。
社員なのか、局員なのか、所属の記者かなんだか知らんが、テレビのニュースでの報道番組中に、よく出てくるシーンで、現場からの報告と言うシーンがあるんだが、あれって、何ゆえに日本人にやらせずに、何で朝鮮半島人にニュース報道時の現場報告をさせるんだア?
日本人記者がいてないの?

何で日本人にやらせないんだア?

それとも、日本人での報道部の社員、局員は、日本のテレビ局には現状存在していてないのかア?

映っている現場報告している者って、どうしたことか、日本のテレビ局なのに日本人はいてないようだが、是っていったいどうなってるの?
朝鮮人ばっかりのようだが。

テレビの報道部って、日本の人らがやってるんだろう?
まさか朝鮮半島人が経営し、日本のテレビ局なのに朝鮮半島人が企画、意思、の放送をやっているんではないんだろうねえ。
今日本に存在しているテレビ局って、まさか朝鮮半島経営者のテレビ局ではないはずだよなあ。

日本のテレビ局なんだよなあ。日本国民が今現状見せられているテレビ放送って、日本人がやってるんだよなあ。
見てると朝から晩まで、ずーーーと、どの番組でも、映っている者ら殆どが、まあ見ているとどれもこれも朝鮮半島人ばっかりの出演しているものだからちょっとここは本当に日本なの>って頭をひねってしまいそうなぐらい日本人って殆どいてない。
なのでちょっと間違えてしまいそうだよなあ。

見てると、あれって、番組の中に、正真正銘の本当の日本人なんていてるのかア?
日本のテレビ局なら、日本人がメーンでやれよ、
放映している番組、一日中、いろんな番組も含めて、殆どが朝鮮半島人でやってるようだが。
是でもお前ら日本のテレビ局なのかア?
それと、もう一つ、ワイドショーとかニュース番組でも、何のためにお笑いの朝鮮半島人や、コメンテーターに朝鮮人ばっかりを呼んでくるんだあ?
いい加減でやめろよ!って。

日本の政治について日本人のことでやっているのであれば、日本人のコメンテーターをスタジオに呼ぶべきだろうが!。
日本の国民について朝鮮半島人がガチャガチャ言うこと自体がおかしいだろうが!って。
それもあたかも自分は日本人だと見せかけて、日本人がこう思っているなどとしゃべっている。
日本国民をなめてるのか!って。
ふざけるのもいい加減にしろって。
過去にわれわれの日本国家に闇にまぎれて密入国してきた過去経歴、経過を持っている者が、そういう犯罪事案を持つものが、えらそうに日本の政治に口出しなどするな!って。

「Aー14」

書き連ねてきていることを大手各新聞社、大手テレビ局に、ここにこういうことを書いているから質問に答えてこいともう何度も伝えておいたが、今日の時点まで、各社から、この犯罪国家北朝鮮国営企業から莫大な収益を得ているという内容について、企業として、マスコミ、テレビ局として、いったいどういう認識でそれをやっているのかを問い詰めてるが一切ここにも何の弁明も、何の説明も、どういういきさつでそうなっているのかの説明責任をも発しようとしない。
こんなことで許されるのかア?

仮にもマスコミ、新聞社である。
仮にも報道を携わるテレビ局である。
この、今おかれている日本と言う国は、日々起きていることでいったい何が真実で、何が欺瞞に満ちていて、正義だ云々だ、政治倫理だ、道義的責任だ云々と、口ではたいそうな正義感だという態度で大口たたいていっせいに全国民向けで報道し、まだ不確かなものにまであたかもそれが真実だなどと思わせて世間を情報操作で誘導する。

己たちの都合が悪いことが今回のように私から追求されたら、一切公には説明で出さずに、ひたすら隠し、逃げられるだけ逃げ通そうとしている。
言っておくが、是は現実に行われていることで、事実である以上、この件から、マスコミ新聞社、テレビ局の面々は、国民からは一切逃げられないぜよ。
言っとくぜ!
私がひとたび事実をつかんで突き詰めたら、お前ら、諦めろ、もう逃げ道のたどり着くところは日本国内にはその用件を許せる逃げ場書は一切ないぜよ!

こんなことをやっていて国民には一切謝罪もせず、面の暑いのは北朝鮮犯罪組織となんら変わらん連中である。
人間のくずである。

そのくずらが偉そうに国民に向けて、もう連日、新聞、テレビで、自分らが国民世論の主導権を持ってるがごとくに情報操作を繰り返し、撒き散らす。
是が果たして日本国家のためになるのか、日本国民のためになるのか、もっと大事な部分があるだろうが!って。
警察庁、検察庁、こいつらが何十年と全国的に行ってきている数千億円にも上る莫大な不正便宜供与(みかじめ料)金の取得の実態、法律を駆使して、国民の治安、安全を守るべき直轄の国民から負託を受けている連中の彼ら自体が、こんな犯罪行為をやり続けていることに、テレビ局、新聞各社はなぜ追求をしないのか!、
1週間内定調査をやれば、やつらの犯罪行為、北朝鮮施設内での便宜供与資金取得の実態が、その証拠が出てくる案件だぜ!
なぜやらんのだア?
やれないのかあ?
それともやると己たちの取引がまずいことになって莫大な利益が吹っ飛ぶからかア?
どっち向いて新聞記事を書いてんだア?どっち向いてテレビで報道番組やってんだア?
元東京地検特捜部の検事がテレビでコメンテーターで今回の小沢さん事案にコメントしたりしているが、その語ってコメントを出しているその本人が、裏では実は北朝鮮国家国営企業関連団体に、きっちりと天下りしてるんだぜ!
これっていったいどうよ!
政治家の事案にコメントするなら肩書きのところに【北朝鮮国家国営企業団体組織に天下りしている事実を、そのことを国民に知らせて、画面でもそのことをきちんと正確に表示してから、その上でコメントをぬかせって。
現状も北朝鮮組織に今現在天下りしているようなやつが物言ってて何をえらそうに言ってるんだあ?って。

日本国民がそのことを本当に知ったらテレビ局にはもうものすごい数で抗議が集まるはずだぜ!
やってることがおかしいからさ。
誰が聞いても怒るだろうなあ。
鳩山政権どころか、この件が表に出れば、テレビ局がやっていることは、まあ日本国民の100%が、全員が抗議するだろうなあ。

お前らのところにも警察庁、検察庁関連者が天下りしていることはすでに分かっているが、そいつらの全国8に散らばっている仲間が、現実犯罪行為に手を染めている実態をなぜ直接に警察庁、検察庁を問い詰めて追及しないのか!。
都合が悪いわけかア?
お前ら自体がそのそいつらの悪事の恩恵を、旨い汁を日本国民には内緒で、蔭でくすねているからかア?

現在の日本国家において、何が偽装工作していて、何を隠し立てし、その結果国民にいったいどれだけの裏切り行為をやっているかを、なぜ国民に知らせないのか。

自らの都合が悪いこと、このことに関したら、報道に携わっているものの見識を疑うまがいの態度で、自らが追求の矢面に立たされて問い詰められたり追求されたら、もうひたすら逃げ回り、一切に答えようともせず、説明もしようとしていない。
お前らが常に言って書いて追求の旗印に掲げている【説明責任】と言う言葉は、いったいどこに消えてるんだア?
お前らにとっては【説明責任】と言う言葉はないのかア?
自分らで口にはしても自分が追及されたらこれはこの【説明責任】という言葉は無いのかア?

己の国民を裏切る行為については一切説明も何にもせずに、他人に向かって【説明責任】と言う言葉を使うのは、自らに唾吐く行為だろうが!
違うのか?
私が言っていることがおかしいとか、違うというなら堂々とここで議論しようじゃあないか!

■君ら、マスコミ、新聞社、テレビ局各社には、ここまでに、もう何度となく私がここに書いていることは通知してるよな!、
君らはここをすでに確認もしているはずだよな!、

なら、日本国民が見ているここで堂々と答えてこいよ、

個別に聞いてみようか。
まず、日本国内の全国紙で最大部数を誇っている読売新聞さんよ、及びテレビ局の日本テレビ、読売テレビの諸君!、
答えてこいよ!
待ってるぜよ!!!

東京本社、読売新聞、社会部次長の大沢陽一郎さんとかよ、君で結構ですから。
答えて来いよ。どんな弁解をするのか聞きたいねえ。
あれだけえらそうに【説明責任】を求める、それを一時も早くやれと要求を出している張本人なんだからさ。
自らの会社の件ではどうこたえてくるのかねえ。
楽しみでもある。
待ってるからよ!

ここを見ている日本国民もきっと待ってるはずだぜ!
どう説明するのかをさ!

法的にどうかと言う部分、人間の本質に関わる道義的にどうかと言う部分、日本国民に対してどうかという部分(裏切り行為云々)、現状犯罪国家である金正日直轄の北朝鮮国家国営企業と何の躊躇もなく普通に取引をしている実状についての企業倫理のその感覚、人間としてやって良いことかどうかと言う部分、拉致被害者の気持ちを、まだこれでもかと逆なでする行為、被害者家族に救う手助けの手を差し伸べているがごとくにまんまと見せかけて、その実は、裏ではその北朝鮮国家国営企業から莫大なる収益を上げ、日本国民には北朝鮮国家国営企業と緊密に取引をしていることを一切見えないようにして、その実態の中身を明らかにせず、詳細を知らせずにあの犯罪国家から結果として莫大な収益を、拉致のテロが行われたことが判明したその後にも延々途切れることなく犯罪国家と取引を交わし続け、収益を上げているという、この日本国民であれば国民全体が怒るようなことを平気でやり、それをあたかもしていないがごとくに振る舞い、これらは、日本国民の、誰が考えても裏切り行為であり、言って報道で自らで出していることと裏でやっていることが矛盾した行為である。

是を偽装工作といわずして何と言う。
まるでドロボー国家組織の北朝鮮国家司令部がやる行為と全く同じ手法である。
偽装工作の典型である。稚拙な工作員並みである。

ましてや、国の機関の総務省から許可されてはじめて行える事業であり、新聞社や、テレビ局と言うまあいわば一番倫理観を持って報道してもらわねばならぬところが、業務内容が【報道】という、まあいわば世界中の人間の知る権利の手段の一番最前線にいてる重要な範囲に位置する立場の企業でありながら、こういう国民をまるで裏切る行為で、やってることと言ってることと、国から許可されていることと、その許可と言う意味の重要性を認識もせずに、ただ裏腹な行為を長年続けてきていることへの疑惑。

これを、国民に聞いてもらうと都合が悪いのかア?
なぜ公表しないのか、なぜあんな犯罪集団国家と付き合いをするのか、報道の最大中心に存在している者らのすることか?って!。
日本国民をなめずに答えてこいよ!

つい先日、朝鮮半島人の密入国の内容に触れたんだが、

日本国内で現状起きている金銭に絡む、強奪事件だとか、振り込め詐欺だとか、保険金殺人による詐欺だとか、とに角、今日本国内で起こっているお金を不正に奪うために引き起こされている事件案件の約75%が、実は、朝鮮半島出身の血族を持つもの、これによる犯罪行為なのである。

金銭を取得する目的での凶悪犯罪行為事件簿でいけば、日本国内で起きている犯罪事案で特に凶悪な金目当ての事件、これについては、戦後から実は日本人自体が興した事案は殆ど増加せず、朝鮮半島出身血族を持つものの犯行がここ二十数年に、極端に急上昇して伸びているのである。

日本は今危なくなってきたとよく言われる、だがあれはちょっとニュアンスが違って伝えられがちであり、本当は、日本に存在している朝鮮半島出身血族を持っているものの犯行だけが、他と比べても異常なほどに増えて、まして、なかでも青少年にもそれが非常に顕著で、本来の日本人ではない朝鮮半島出身血族を持つ両親から生まれた連中、これらの経歴を持つ青少年が、ここにきて異常な状況で犯罪行為を重ね、ものすごいレベルで増幅してきている。とんでもない状況にまできだしてきているのである。
中学校を訪問すればよく分かる。クラスで犯罪事案に絡む行為を起こした事案に関係している生徒、これらの問題児は殆どが日本人ではないという場合が多いのである。
大阪でも普通のその辺の中学校2~3校をじかに見て回ると、半分まで行かずとも、生徒数の3分の一が実は日本人では無くて朝鮮半島血族者の学生に、現場はもはやなってしまっている。

教師すら、日本人血族教師はいちだんと少なくなり出しており、教育委員会自体の幹部クラスにも、朝鮮半島出身血族者が多く、それらの教師のコネで採用されたためなのか、いちだんと朝鮮半島出身血族を持つ教師が、ものすごいレベルで増加してきている。

相当数でシェアーを占めてきている。

結果この純朴であった日本国内はいまや治安の悪い非常に危ない世の中となってしまったのである。

だが是はもともとの日本人が行っている犯罪事案ではなくて、全く違う人種が日本国内にいつの間にか日本に潜入し、住み着いて、そこで行っている犯罪である。

アメリカの黒人のように、自分の意思でアメリカに来たのではなくて無理やりに連れてこられた経歴を持つアメリカの黒人とは全く違っていて、自分の意思で日本にもぐりこんできた経過をたどった朝鮮半島民族、だから、今存在していることの意味でもアメリカの黒人と日本の朝鮮民族とではその意味が全く違うのである。
おまけに、まだ日本人にまで成りすますとは、もってのほかであり、言語道断である。

あの見るに忍びない、聞くに堪えないようなあの無残な事件の、【闇サイト】で集まった三人が金目当てで結託して、母子家庭で育ったたった一人のOLだった親思いの結婚を間近にしていた大切なお嬢さんを、彼女が最後まで命乞いをしたにもかかわらずむごい状態で虐殺した事件、また、つい最近では、千葉大学女子大生放火殺害事件、
これらもいずれも元からの日本人の仕業ではない。

あの悪名高い、犯罪国家北朝鮮の幹部工作員だった【シン.ガンス】。
やつの日本国内で偽装して名乗っていた名前は、【立山】、

次の漢字の【組み合わせ】をよく見てほしい、

シン・ガンスの日本名【立山】、

■【立】+【山】 =【辛】

【シン(辛)・ガンス】の日本名は【立山】と名乗っていた。そういう名前であった。【立山】と言う造形の苗字は、【辛=シン】の漢字からとったものなのだ。

キ ド= 木 ド【木】+【ド】=【朴←パク】

日本には、ものすごい数で今でも在日の朝鮮半島人が実は日本人に成りすまして日本名を騙り、偽装して在住していることを良く知っておくことである。

NHKの資料調査による発表では、戦後間無し(昭和20年8月15日直後)の、日本の国内には、実際には2000万人の朝鮮半島人が日本国内に当時在住していたと公表していっている。
それがなぜか今日本国内に在住しているものは、多く見積もっても、わずか100万人ほどだといわれている。
嘘だろうがって。彼らが本国の朝鮮半島に帰還したのは記録では一応は300万人といわれている。
今いてるのがたった100万人までだって、ありえないよなあ。

100万人が存在しているといっているんだが、じゃあそういうこととして、そのうちの50万人を超える人数が、実は実数として生活保護世帯になっている。

仮数でだが、つまり今日本に在住している朝鮮半島出身者の、2名に一人が、実は日本国家からの税金を生活保護費の名目で支給されているという実態がある。

その、金額的には、日本の生活保護費の年間合計額2兆6千億円(ここ最近はもっと増えているだろうけど)のうち、彼ら朝鮮半島出身者に割り当てられているのが実はその合計のうちの半分を有に超える1兆4千億円以上が回されて支給されている。

支給されている日本人世帯よりも優遇されている条件も付随している場合が細目的には中にはある。

日本人向けの国や自治体からの生活保護支給額予算が、実は朝鮮半島人に半分以上が支給されていることを日本国民はよく認識をすることだ。

ちなみに、千葉大女子大生放火殺害の容疑者、犯人として現在身柄を確保されて警察に拘束、逮捕されている者の、そいつの名前が、実は、【タテヤマ】。

朝鮮名は、実際の本名は、実は、【 辛・・・】という苗字だったりして。

小沢さんの身辺に、いかにも右翼らしき内容で脅迫らしきものが寄せられていると報道ででている。

全国の国民が本当にそれは右翼からだろうかと思っているのだろうか。
もしもそう思っているのであれば、いや、報道等を通じてそう思い込まされているとしたら、私はそれは、方向違いの全くのでたらめだと思う。
今日は、
今回起きているとされる小沢さんへのいくつかの脅迫事象事案が、報道では、【右翼からだ、右翼らしい】との、私に言わせれば、もう全くの的外れもいいところで、そう思える私個人の持論を、今日はここに書いてみる。

今回の小沢さんへの脅迫等の事案報道を見るにつけ、ここで日本国民が忘れてはいけない過去に起きた残虐極まりない事件事案をここでこそ思い起こして欲しい。

テレビ報道も、大手新聞社も、当時あの事件が起きたときに殆ど数日報道しただけで中身について、殆ど触ろうとはしなかった。

今回のことが、当時起きたあの事件のそれと、構図が全くそれに重なってくる。

以前に、自宅玄関前でご家族の見ている目の前で惨殺と言う形で殺害された民主党代議士であった石井弘嬉代議士事件の、あのときの内容と全く同じ構図に見えてくる。
漂ってくる背景が。あのときのことを髣髴させる。報道の仕方もしかり、警視庁からの漏れた内容で出している内容も当時と全く同じ状況である。

石井先生は当時、もう政治生命をかけての大犯罪事案のその実態をつかんでいた。それも、国の機関の犯罪であり、それに北朝鮮とごく親しくつながりのある当時の政権を牛耳っていた豪腕の政治家が、くしくもそれに絡んでいることもつかんでいた。

あの時、北朝鮮に繋がる警察、検察、及び北朝鮮懇意の政治家の、その連中の犯罪行為について、徹底的に独自に調査をし、判明してきたその犯罪事案を、政治仲間の他の誰にもその内容を知らせずに、独自に調べ上げ、ようやくその該芯部分をつかみ、証拠になる証言もつかみ、だが外にはその時点では誰にも告げていなかったようだが、だが、ただ自分の妻である奥さんのみには、自分が今やっている内容について、その一部を極秘に知らせていた。こんなことを書くと、先生の奥さんが狙われるのかな?
奴らもそこまではしないと思える。
この犯罪事案を、日本国民に公に晒すすことで、それに都合の悪い連中から命を狙われることも百も承知で、身の危険を先生自身がその時点で察知していて、もしものことを考えて、内容の一部を奥さんのみに、内容の一部を伝えていたのである。

石井先生がつかんだ国家犯罪事案の、そのつかんだ目指す調査のターゲット、その、日本国家のなかで、国の機関として絶大なる権力を持つその組織、そこで延々と行われてきているその犯罪構造、国民には全く知らされない形で行われてきて、その国民への裏切り構造を、そういう事案を持つ国家の組織の犯罪と直接戦うにあたって、危険は自らで承知のうえだが、先生の万が一を考えて自分が殺されでもしたらと、その時のために奥さんに一部ではあるがその内容を伝えている。

日本国家、国民にとれば、日本の国自体をゆるがせる内容であり、時の政権中枢にいてたあいつら連中にすれば、これらを国民に公に晒されてバラされれば、これほど怖い内容はなかったであろう。

また、そのこの事案を知っていてそこから旨みをせしめてきていた政権の幹部らも、その折の石井先生がとっていた行動は、そいつら政権にとって見ればこれほど疎ましくて、存在自体さえも居なくなればいいと思っていたことであろう。
これほど嫌でわずらわしい政治家はいなかったことであろう。
石井先生のおかげで、いつ一瞬で政権を転覆させられるかも分からぬような大犯罪の構造内容だったから。

石井先生は、日本の政治家として、日本国民の方を真摯に向いて、日本国家で、強大な権力を持つ特権の組織が行っている大犯罪事案を追求する舞台が、ようやくついに国会と言う場で整って、いざこれからその大犯罪の詳細を、どこのどういう国家組織がこの犯罪行為を行い、どこのどういう政治家が是を導き、そして、その特権を悪用しての莫大な不正資金を得る現場での犯罪行為をするにあたってやっている者ら、それらを、構造的にどいつが背景で行っているのかを、それを国会の場でいよいよそのときが来て、そのことは国家組織の中枢、その周辺、政治家の周囲も今日それが石井先生の手で公に晒されるということをそれを知っていて、そして公に晒そうといざ自宅を出て、国会で全てを晒すそのまさにその直前に自宅玄関前で惨殺された。
誰が考えてもこの因果関係があるだろうと誰もが思えるよなあ。

この国家機関が行っている犯罪事案が、国民には晒されぬままに闇の中に消されるというのは、それはあってはならんよなあ。

薄汚いその絶対的権力を持つその国の機関であるその組織に対して、表には形では決して見せていない奴らの、その見えていない真っ黒な銭に群がるその塊の組織、そういう背景に敢然と一人で対抗して、政治家の中でも、自分以外の仲間にもしもでも犠牲者が出てはいけないとの先生なりの配慮と、又別の意味で、せっかく独自の調査でつかんだ情報が、やつらその組織にもしも漏れては大変だとの思いで、それを、ことがことだけに、国家を揺るがす事態の内容であるだけに、ひたすら警戒して本当に一人で行動をし、奴らと敢然と戦うと言っていたあの石井先生が、それを果たせずままに、殺害されてしまった。
国の機関である犯罪集団のこの殺害をもくろんだ連中にすれば、そういう奴らの喜びようは、おそらく計り知れなかったことだろう。

おかげでこの巨悪の大犯罪事件事案は闇に葬られかかっている。
だが、今回政権交代が起こり、この犯罪集団の連中にすれば、政治主導と言う思いもかけなかった権力構造の権力の配置転換がおこり出してしまい、奴らには思いもかけぬことがおこり出してきた。
是は困るといち早く思い出したのである。

奴ら組織にすれば絶対にやってもらっては困る状況が出来つつあることに危機感を持ち出した。
非常に困る状況が出てきだした。
民主党は、実は、是を狙っていたのである。
一番の内容が、今回国会に提出される予定の、【国家公務員法改正案の法案】である。

これを、もしも民主党の提出どおりに国会で議決されて衆参を通過したら、この石井先生が目指していた国の機関である犯罪組織のこの特権を持っているこの犯罪組織が、過去から今まで、ずっと続けてきていた犯罪行為、銭をむしりとる行為、まあ早く言えば、国から己が持たされている特権をいいことに、体の良い脅しまがいでの【薄汚く「みかじめ料」というものをくすねてきていた内容】、それが驚くなかれ年間だけでも数百億円と言う莫大な特権を持つが故の旨み、この旨みが、今回の法案がきちんと法律どおりに施行されれば、現場でその通りに施行されたとすれば、それで一瞬で目の前でその数百億円と言う莫大な北朝鮮組織から流れる不正な金の収得案件が、消えてなくなるということになる。

ここで国民の皆さんは、石井代議士の事件が、今回の小沢さんの脅迫事件案件が、実は右翼の者らの犯行でないことが、よく分かったでしょう?

ここが今小沢さんを、検察庁が必死で叩き潰そうとする最大の背景である。

国民の皆さんは、実際に現場で退職後の警官が「みかじめ料」をせしめていることを、殆ど知らされていない。
この総額は、日本全国で北朝鮮国家国営企業施設内で、年間数百億円にも上る。
20年間で、およそ1兆円にもなろうかと言う莫大な金額なのである。是を不正に特権を使って脅しまがいでせしめている連中がいてるということです。
この特権を使って不正にせしめている金額の中には、国への税金を納めるべき金額や、国から支給される生活保護家庭への支給費なども含まれているという、あきれてひどい状況。
悪辣極まりない腐敗構造です。

是は実は脱税を手助けする行為を退職後の警官が手伝うことで浮かび上がらせて資金を作り、本来は税金で国家に納められるべき金がせしめられて奴らの手にくすねられているのである。

それも、手先で協力しているその相手が実はあの犯罪国家の北朝鮮と来れば、そら国民は怒るだろうって。

民主党のあの殺された石井先生は、是をつかんで徹底的に国会でこの国の犯罪事案をやり続けてきている国の特権を持つ機関と、それに繋がって共謀してきた或る政治家らを追及して、国民にこの実態、実状を公に知らそうとして、その直前に殺害がされたのである。

言っておくが、右翼が、また思想的にそれまがいの団体、個人、組織が、まかり間違っても、絶対に小沢さんや、殺された石井先生を、狙って殺そうなどとは絶対に思わない。是はありえない内容なのである。
右翼にすれば何のメリットもない内容だからである。
戦前や、戦中や、戦後の、あのころの、それらともう間近のころの時代背景当時の右翼は、いまやすでにその精神も、信条も、目的意識もすでに受け継がれることなくいまや死滅している。
つまり思想で動く右翼はいまや日本国内には存在しないし、そういう右翼思想のみで動くものなど、今の日本国家内には存在すらしていない。
絶対に誰一人としていない。

奴らの目的はただ【金】だけである。
現在の、いや、もう30年も以前から、奴ら右翼と称する連中の目的は、思想ではなくて、【金】のみの目的で動く輩である。
それで行けばある意味、あのビンラディンよりも、或る意味内容的にははるかに下種で、外道をやっているのである。

つまり、彼らに、小沢さんや、石井代議士を狙う意味はないのである。
では何故右翼だといってそういうことがおきているのか。
それは、本当の狙う理由を国民に気付かれないようにと、ごまかそうとしているからなのだ。

この事案は明らかにある目的の元に、どこかからの依頼である。
このどこかから野と言うのは右翼とは全く無関係のないようだということだ。
この案件は冷静に見ればすぐ分かる。
石井代議士、小沢さんがいてると、そのことで誰が都合が悪いのかを考えればいい。
すぐに分かるはずだ。
右翼といっているのは警察当局と検察当局の仕組んだカモフラージュの何ものでもない。国民は奴らのでっち上げと作為工作に騙されないことだ。
マスコミテレビメディアもこの作為工作のほうが自分らにとっても利得権益が消えて飛んでしまいかねないので、そっちのほうが都合が良いので、そう書いて報道している。
どこまで銭食い虫の薄汚い奴らだ。反吐が出る。

【石井代議士を殺してくれ】と言う依頼を、あの金に困っている食いつぶれの下らんそこらへんの右翼といわれるあの男が誰かに依頼されたのだろう。
動機が、あいつ個人の内容などでは、まかり間違ってもそれはない。

この、都合が悪い連中の上層部が機密に奴を使って内密に依頼をしたのである。事件捜査を扱う側がそれに関係していれば、捜査などほぼするはずもなく、つまり、石井先生の殺害された事件、小沢さんへの右翼と証する脅迫事件、これらを捜査当局は、如何にもっともらしい理由を引っ付けて、是はただ単に右翼の個人が勝手に思い込みでやった行為だと思わせて、その上で、国民に対しては、本当の内容はひたすら隠し、脅し行為をやっている行為がいったいどこからの依頼で行われたのかなどは、是が絶対に国民にはバレないように、それを国民に事実とは違うことでどういうように見せかけて処理をするのかだけを、そこだけを気にすればいいだけで、操作など一切するつもりもないのである。

特権を持つこの国の機関が行ってきた犯罪行為を、これを今すぐに止めさせれる方法はただ一つ。

警察庁と検察庁と公安調査庁に関係、所属したことがある退職した元公務員に関して、こいつらには、日本国内に存在している数千箇所にも上るあの犯罪国家、北朝鮮、その北朝鮮国家国営企業関連の団体、組織には、北朝鮮組織団体には、退職後においても、就職等の類する行為は、一切させないことだ。

是をやれば、今、現状、日本の或る国家機関が特権を持っていることをいいことに北朝鮮国家国営企業から個別に結果として全国的に広がって行われている「みかじめ料」のせしめる行為内容で、不正にせしめてきている法令違反の国家資産が、奴らの手元には行かずに、年間旨くいけば、数千億円もの税金が日本の国民に返って来て国庫に入ることにもなる。

日本国民には隠してひたすら水面下で行われてきたこの凶悪公務員犯罪が、この内容での組織関連に類するものに関しては、即座に消滅でき、消えることになるだろう。こいつらの犯罪事案が実際に祖bんざいしても奴ら自身が操作をしない限り絶対にこれらの犯罪は摘発できない。
私は提案する。
当局を見張るべきアメリカの「FBI」のような組織を是非つくるべきだ。
でなければ、仮にも警察内部での犯罪行為を、今の現状ではどこの誰も捜査できない形態に現状なっているのである。自分らの犯罪行為は一切捜査をやらないので、絶対に表にでないことになるし、犯罪行為が延々と続くことにも成っている。
はじめに戻るが、問題は、小沢さんの脅迫事件、また、過去に起きた、民主党石井弘嬉先生の事件で、殺し屋を雇った張本人は、実は国家組織の中に存在していたと私は今もそう思っている。

この件は東京地検特捜部にはもう何度も問い詰めたが一切是についてのコメントはない。捜査は終了したの一点張り。

東京警視庁も一切この内容にはいくら要求しても触れることさへかたくなに拒むのが現状だ。

まあ自らの内部を捜査、調査しなければならんところから捜査をやるなんてことをやるような、そんな東京地検特捜部の検事など、今の状況はただの一人もいない。

今存在している東京地検特捜部の検事連中は、あのロッキード事件時代の東京地検特捜部のあのころの検事意識とはもう雲泥の差があり、目の前にぶら下がる出世と金と銭に群がる腐った輩の組織と化しているのが今の警察庁、検察庁、公安調査庁である。

是は一人の国民として普通に私が今の現状を見てそう感じているところである。
石井先生を殺すようにその依頼をした張本人が、あの直接刃物を振りかざした木っ端門ではなくて、いったいどこのどいつだろう!!!!

石井先生を殺すように依頼を掛けた張本人は、いったいどういう組織で、どういう機関で、どういう奴らだア?

上記を見て国民のみんなが、ここまで読んでみて、これらを冷静に見渡すように見て、あれら事件、今回の小沢さん脅迫事件事案、これらは、本質はいったいどこにあって、どういうことからあれが起こり、どういう奴らがそれにかかわり、本当の中身はどこにあるのか、あの一本気で正義感の人一倍強かったあの理想的な政治家だった石井先生を、殺すところまでやったそのわけは、いったい何だったのか。

実態は何かを、今こそ、政権が変わったここでこそ、日本国民は、新聞報道の欲に目がくらんだ報道、テレビ局の金に群がる構造、こういう連中が流す報道に感化されることなく、冷静に、大人の目で考えることが大事である。

■読売新聞東京本社社会部次長の大沢陽一郎さん、えらそうに新聞に書いているようだが、自らの会社の犯罪国家の北朝鮮との取引で得ている利得案件については、この都合が悪い内容については、逃げっぱなしですか?
回答待ってるぜよ!

「A-15」

操作など一切するつもりもないのである

捜査など一切するつもりもないのである。


訂正です。

読売さんよ!
東京本社さんよ!
一昨日も、私がここに公開質問状を出しているから答えてこいと連絡したよなあ。

覚えてるはずだよなあ。
だが逃げ回って一切でて書いてこないなあ。
お前ら本当に新聞記者なのかア?
報道に携わる連中なのかア?
まさかそこらへんの北朝鮮工作員が毎日新聞に記事を書いているなどと言うことはないよなあ。

そこんところの本当のところはどうよ!まるで北朝鮮の記者じゃあないのかと思ってしまいかねないような内容になっているんだが。

テレビ各社にも、新聞各社にも、検察庁にも、警察庁にも、県警本部にも、以前まで自民党にいてた或る政治家の事務所にも、以前から何度となく、連絡を直接受けているものだけではなくて、そこに所属する全ての者らに、社内全体で、私が連絡して発言している内容を、これらの内容を、新聞社屋内、テレビ局屋内庁舎全体で、当時の自民党全体で、全国各地の自民党の県連本部にも、とに角全てを録音して、内容全てをとぎらセルことなくスピーカーで流して、この内容を全社員、又は全てのものに聞こえるようにしたらどうだと伝えてやったよなあ。

新聞社、テレビ局は、現在何かにつけて毎日のように、説明責任と、是にくっつけて、【内部での自浄作用】が働かないのはどうしてか?、なぜみなはだんまりで答えないのかと、常に書いたりテレビで報道していかにも理不尽だといわんばかりの態度だよなあ。
マスコミ、テレビメディアは【おかしいだろう?】って、常に相手に対して追求しているよなあ。
今回の件で、【民主党内からは何の発言もでてこない、是はおかしいだろう】と追求しているよなあ。

では改めて読売グループ全体に聞くが、
【君らは、現状長年国民には殆ど知らされぬ状況であの犯罪国家北朝鮮国家国営企業とごく親密に交際があり商取引をやり莫大なる利益を得てきてるよなあ、拉致された被害者があれほどの数存在していてその犯人が実は北朝鮮だと判明した以降も代わらず何の抵抗感も持たず延々と取引を重ね不通に莫大な利益をせしめているよなあ。
日本国民に申し訳ないなどとはお前らは一切思わないのかねえ。
日本国民に対して、世界の人々らに対して、又活動している人権委員会に対しても、【申し訳ない行為だ】とは思わないのかねえ。

金さえ手に出来れば相手がとんでもない犯罪者らであろうがなんともないなどと思ってるのかねえ。この件でちょっと聞くが、
読売グループとしては、

■【君らには社内での自浄作用は働いてるのかア?】

【社員である記者は、己が勤務している自社がやっているこの国民からすれば人道的にも絶対にやってはいけない行為で、明らかに日本国民をはじめ良識ある世界の人々に対しても、そういう人々らへの明確なる裏切り行為だと思える内容について、何にも言葉を発せないのかア?
それについて、答えてこないのかア?

【自浄作用ってお前らが常に書いたりテレビで報道している内容】だぜ!!
いったいここはどうよ!!
どう言い訳で逃げるつもりだア?


■そういう奴が、新聞紙上で、テレビ報道でえらそうに物言うな!ッて。
書くんだったら、物言うなら、報道で出すんだったら、記者なら、
【命がけで物言えよ!、記事を書けよ!】
それが報道に携わるものの信条であり、精神だろうが!
たとえそれが己が勤務している自分の会社であろうが、こと報道と言う仕事をやっている者であるという認識があるのなら、自社の問題であろうがどういう内容であろうが、国民にリスクを与えてしまうとかの、道義的、法的な部分も含めて、全てにおいて日本国家、国民にとって直結する内容などは、自社が都合が悪かろうがどうしようが、報道の記者であれば自らが進んで命がけで暴露して、表で公然と批判が出来るだろうが!!って。

情報入手については、えらそうに【機密だ】と大見得張って抜かすのであれば、それであるなら、自らの犯罪行為及び道義的責任部分もきちんと書いて出せ、そうしろよ!って。
テメーら、報道の記者だろうが!って。
恥ずかしくないのかあ?って。

命を張れないような記者なら、はじめから報道の記者など辞めろ!って。
それが出来ないような者は報道に携わる資格などない!と言うことが分からんのかア?
それが出来ないような奴ははじめから新聞記者だなどとえらそうにいって書いてくるな!

お前らのような奴らは、間違っても新聞記者なんかではないんだよ!

ただのそこらへんにたむろする井戸端老人のねたみ感覚のレベル。

都合が悪くなると逃げ回って、こそこそ隠れて、ひたすらうわさが消えていくのを待つような状況をやるのは、まるで北朝鮮犯罪者らと全く同じ心持のようだ。
屑が!
「A-16」

もうかなり以前になるが、知っている方も全国にいてるだろうと思えるんだが、現代の若者の方はおそらく知らないと思えるので書いておく。
過去には、わずかな金でも食いついてむさぼるような行為を、こういうことまでもが現実にあったということを知ってもらうために書く。

そこまでやっていたのかと、そんなに金だけでテレビ局はやっているのかが良く分かる例として、おそらくあきれることだろうと思えるので、ちょっと参考資料として書く。

テレビ局や新聞社が、税金である国民の金を狙って如何に企業展開、企業経営しているのかの実例の典型例を、今日はここに書く。

単純に現在と比較すると、その得ていた金額は、金額的には、そんなにも大きくはないなあと思われるかもだが実はこの内容は、日本の国会でまで取り上げられた問題なのだ。

もうかなり前になるが、日本には、「日本中央競馬会」という組織がある。ここから実はテレビ局に国民の税金の金が、普通に当たり前のように渡ってていたという内容。

テレビ局が、テレビで競馬中継をやるにおいて、中央競馬の中継をテレビ局がテレビ中継で放映してくれるお礼として、日本中央競馬会からテレビ局に対して協力金等の名目で、いくばくかの金銭が渡っていたのである。

テレビ局が、日本中央競馬会から名目をつけて資金を受け取っていた当時、テレビ中継は、全て午後の2:30分前後から午後の4;00までの放送であった。
国会でこのテレビ局に中央競馬会からお金が渡っているということが国会で問題になり、【とんでもない】と、所管である時の農林省は、国会できつい追及を受けていたが、こんなものは禁止だ、廃止だ、というような情勢になった。

テレビ局には、その後この日本中央競馬会から拠出されていた税金の一部の資金は、その時点で、この名目では打ち切られることになった。

そしたら、その放送を、中継放送をやっていたそのテレビ局は、そこからどうしたか、そうなった折に、テレビ局はその折にいったいどういう行動に出たか。

もう笑ってしまうんだが、単純明快な、ごく分かりやすい行動に即刻で出た。中継の番組の3分の一分を突然にぶった切って、中継の時間を即刻で短時間中継という番組時間構成に変えてしまった。
そのやり口、手はずは、驚くばかりで、敏捷に即刻で変更させてしまった。
もう即刻であった。全国の競馬ファンの人は何の前触れもなく突然に変わってしまった。

テレビ局というのはここまで銭ゲバで、まあ、ロマンだ何だといい子ぶって言ってたが、その実、中身は、実はそれは国民向けの偽装した見せかけもいいところであったということ。

実は目的は【手に出来る金】しかないんだなあと、私はその時につくづく思った。
テレビ局に渡っていた金額が国民の税金の一部だという意識などは奴らはほぼ考えてもいなかったのだろうというのが私の感想。
それが、実はテレビ局、マスコミ体質の本性だろうと、まあ私は普通にそう思った。
是は私のその時に感じた率直に受けた私の感想。

それまで放映の番組中には、当時、【志摩・・何とか】と言う詩人までを常に番組放送中に同席させて、いまでいうコメンテーターの形で座らせて、その(故)志摩さんに、

【馬はロマンであって、お金が目的で競馬を見るのはちょっとさびしい思いがする、競馬は特にそういうもんじゃあないものなんだ。そんなもんじゃあない】などと、ずっとそう語らせておいて、番組中に常にそう言わせて、競馬はお金ではない、ロマンだと、切々とこういうスタンスを精一杯伝えているように見せかけていた。

テレビ局はその後番組を午後3時から、午後4時までの1時間番組に構成したのだ。
まあ、G1の折には番組を延長させてはいるが、あのときのすばやい身軽い行動は、もうあれで良識ある人は私と同じに思ったことだろう。

あそこまで即刻でやれるのかと。

税金が流れていた時期はあれだけ長い時間やっていて、それが問題視されて追及されて廃止になったとたんにあれだけの身代わりを見せるのかと。

今回、民主党が掲げる特殊法人、特殊団体、存在する怪しき各種無数の協会、協議会等の国や、自治体から出ていた資金、是を事業仕分けで徹底して見直していけば、テレビ局、マスコミメディアに流れる税金も相当が絞られ拠出される資金も少なくなることだろう。

特に、私が知ってわかっているだけでも、マスコミや、テレビ局らへ、文部科学省関連や、スポーツ振興協会等を通じて流れる国民に見えない莫大な税金等について、マスメディアの奴らに、今まで国民の目に分からずに莫大に流れていた金が、民主党政権で徹底的に締め付けられて、実入りがかなり少なくなることだろう。

是をマスコミ、テレビ局は極端に嫌がって、この今まで黙ってても流れてきていた莫大な税金の分捕りのために、本来ならこんな奴らが途中でピンはねするべきではないのに、国民の貴重な税金の分捕り合戦での敗北を嫌って、それを何とか阻止するために民主党たたきの報道に明け暮れている。

大阪府の橋下知事は、府の庁舎に初登庁した当日に、庁舎内に無造作にあふれて群がる新聞の多さに驚いて、早速手始めに【こんな無駄はやめろ】と、新聞は共同でみんなで見れば良いといって取る部数の調整をさせたら、大阪府の庁舎内の新聞代の無駄だけで、なんと何と年間8000万円も節約が出来たという。是だけ新聞社は国民の金を無駄に支出させて平気だったわけだ。

是だけでも全国の自治体全てでやれば、全国でもう数十億円に登る。
是だけでも、実は貴重は税金で、こんな銭に群がる連中にのマスコミの手助けをしていたわけだ。

是をいの一番に橋下知事がやったおかげで、新聞マスコミはは初め一斉に徹底して橋下知事のネガティブキャンペーンをやっていた。
もう見え見えの嫌がらせだ。

ところが市民からの、府民からの、国民からの、知事への絶大なる支持が、新聞社やテレビ局のネガティブな思いの思惑どおりには進まずに、一向に支持率が下がらないので、それまで、新聞社や、テレビ局にとって、都合が悪いことをやる知事だと、その思惑が見え見えの報道で通していたが、まだ懲りずにネガティブ報道を続けてきていたんだが、新聞社テレビ局が国民から、府民から、市民から逆に新聞社が攻撃されだしてきた。

ネガティブキャンペーンを張ってやっていた報道について、私は新聞各社、特に読売新聞には、もう何度注意したことか、言葉尻のニュアンスのそこだけを取り上げてあげつらうことの連続であった。
こいつら本当に記者なのかと疑ってしまうほどの下種報道。

お前んところは、いったいどこの国の新聞社だよ!って。

己の会社に都合が悪ければ、相手が政治家であろうが何であろうが徹底的につぶそうとする。

政治家は国民から選ばれた存在である。
選挙で選ばれれば、国民は、府民は、県民は、市民は、暫くその政治家に政治、行政を委託し、ゆだね、託すことを決めて投票をしている。

たかがそこらへんの新聞社が、己の利害に走って都合が悪いと一斉に世論を、結果として小野が都合よく情報操作をやる。

いくら仲がいい友達でも、片方ずつ別々に「君の事をこういうことを言ってたよ」「こういうことを彼は言っているが」と、こういう言い回しでちょっとだけニュアンスを変えて伝えたら、是をやれば大抵の者は仲たがいを起こす可能性がある。
分断工作をやれば普通の人でも仲が良かった友達でも、その仲を壊しかねない。
この分断工作の方法は、北朝鮮工作員が最も得意な分野であり、特にこの方法でやる工作方法であり、一つの意思で固まっているところに「あいつは君の事をこう言っていたよ」と触れ込むのである。
薄汚いこの工作方法は、犯罪国家北朝鮮工作員が最も得意とする方法であり、金正日の直轄の部署の工作員らが、こういう工作員がやる常道手段である。

日本のマスメディアは、是に徹して、とに角分裂させることのみに動いて、己たちへと渡ってくる国からの税金を何とか確保しようと情報操作の工作ばかりをやっている。

北朝鮮からの資金まで受け取り、日本国民からの税金まで分捕ろうと、マスコミテレビ局は死に物狂いで焦っているのである。

日本国民は、こんな北朝鮮まがいの工作に明け暮れる新聞社、テレビ局などの、操作報道で情報操作をやられないように気をつけることだ。
今回の民主党が出す法案を、その提出を見て、国家公務員法改正案と、今後起こるであろう本丸の【事業仕分け】が、是が結果として、マスコミ、テレビメディアにとっては非常に都合が悪く、税金を分捕れないことがだんだんと目に見える形で分かってきて、是は大変だと思い出したようで、こいつらを、相当焦らせているようだ。

「A-17」

大手新聞社、テレビ局、

こいつらに、これら企業に、
日本国民の、大事で貴重な予算が、税金が、それも目を疑うような莫大な予算が、国民には殆どが目には晒されずに、表には見えないようにされて、如何に流れているかを、日本国民は、果たして知っているのだろうか。

これを、テレビ局も、新聞社も、えらそうに、税金の無駄が多いだのどうのと抜かして書いているが、実のところ、自分らのところに莫大な国の予算が流れ込んでいることには一切触れようともせずに、国民には知らされることなく一切表に出さない。

よく特殊法人への官僚からの天下りという内容が取り上げられて問題になっているんだが、
特に民主党政権はそれを一切禁止しようと今まさにやっているんだが、その目的は天下り団体へ流れている莫大な国民の税金を、あんなばかげた泡のような天下り団体に税金を吸い取られるのを禁止し、天下り団体を通さずに、何とか国民全体に直接税金が配分されることの方法を今も日々試行錯誤している最中である。

だから問題はこの天下り団体への税金の流れを、自公政権当時とは全くラインを変えてしまおうと、仕組み自体をそもそも変えようと、菅さんなどは徹底してそれをやろうとしている。

でも是をやられると、無論官僚は困るだろうが、だが余り知られていないが実はテレビ局や新聞社も是には非常に困る内容があるのだ。それをやられるとまともに困るのがテレビ局であり新聞社なのだ。

この民主党が政権をとって、鳩山政権がやろうとしているこの今までやられてきていた税金の配分方法、その資金の今までの流れの仕組みを、是を元から0ベースで変えてしまおうというこの内容、この内容に、実は新聞社、テレビ局は、ものすごく反発をしているのである。
だが、表にそれを出してやったら国民から総すかんを食らうのでそこは見えないように隠してとに角そのことをやろうとしている小沢は鳩山というこの政権の体制を、徹底して叩き潰そうとしてやってきているのである。

こう振り分けて物事を考えていくとなんで底までテレビ局や新聞社が、特に読売新聞、日本テレビ、読売テレビ、これらがこの意志が非常に強いようだ。
つまり読売グループには日本国民の税金が相当回りまわって奴らの手元に渡っているということだろう。
国民向けには、いかにもこの特殊法人への天下り云々での税金の流れを、あたかもこの内容にはテレビ局として、新聞社として反対しているかのように巧妙に見せかけて、その実、彼らは、この民主党政権がやろうとしている税金が特殊法人に流れる仕組みを止めるとか、変えてしまおうというこの内容を、これを本当に実施してやってもらっては、誠に都合が悪い内容があるのである。

新聞では、テレビ報道では、天下り団体は悪だどうのと表ではそう見せかけて言いながら、裏では民主党が掲げる天下り法人への税金の流れを止める動きには、モーレツに反抗をしているのである。

ではこれが彼らにとって、何故都合が悪いかといえば、早い話が、新聞社、テレビ局の収益が、この国民の税金が回ってくる今までの自民党が続けてきたこの天下りシステム、天下り団体へ税金が流れていくシステムが是が奴らには実に都合がいいからだ。

国民には、国民の貴重な税金、予算が官僚の天下りの特殊法人を経てテレビ局や新聞社に莫大に流れ込んでくる今までのこの構図、こんなことがあることなどは、日本の国民には表に一切見えぬ形で、その実、裏でちゃっかりと姑息に税金が回りまわってテレビ局と新聞社に転がり込んでくるようになっている。

是が自公政権当時のようにそのまま国民に見えないように税金を旨く掠めて取れるシステムが続けば、テレビ局も新聞社も誠に都合がいいわけだ。
このシステムが変わらずに、今まで通りにラインが同じで繋がっているほうが、彼らには格別に都合がいいのである。

このシステム、今まで行われてきていたこの状況が、もしもこの民主党政権で廃止及び、予算の大幅なる減額がされると、テレビ局、新聞社には、国民からの税金がその分回ってこなくなり、縮小されれば当然として天下りの特殊法人側からでてくるその分が大きくカットされて、そのうち見てるうちに収益(国民の税金から回ってくる収益)が莫大に減るということになる。

ではその具体例で書いてみよう。

新聞社が、特殊法人との間での現状取引等に関して発行するもの、及び、全国に広がる各種特殊団体との間での取引による莫大なる収益、
また、テレビ局がいわゆる天下り団体の特殊法人との間で取引されている契約の存在、内容、天下り先の特殊団体と関連する映像を含む取引分での莫大な収益分。

これらは言っておくが、原資はすべて貴重な国民からの税金が結果回りまわって特殊法人からテレビ局や新聞社へと流れていくのだ。

日本国家の、その国庫を預かる財務省から出た税金であるこの予算、ここからあの悪名高い天下り法人、この特殊法人に予算、資金が流れ、ここと取引をやっているテレビ局、新聞社、ここに莫大に回りまわって流れていくのである。
つまり、天下り団体への国民からの税金の配分が縮小、減額されれば、当然特殊法人から結果としてテレビ局や新聞社へ流れていく莫大なる税金であるこの資金は、当然減少してしまい、テレビ局や、新聞社は非常に困るのである。

だから、巷では民主党がやっている事業仕分けに霞ヶ関が反抗しているだなんだとうるさいが、確かに彼らも命がけだろうが、余り知られていないが実は一番反対して思っているのは、やられると困ると思っているのは実はテレビ局や新聞社なのである。

国民に一番目に見える形で日々報道を流す立場の者らが、表で国民向けで見せている顔と、裏で腹で描いている内容は全く違っていて、このために、テレビ局も新聞社も、今モーレツに民主党政権をつぶしにきているのである。

大阪府の、橋下知事の行政改革について、初めの頃にはもう何でも無いようなちっちゃな言い回しまで揚げ足とっては、徹底して誹謗に近いような、非難的に、ネガティブキャンペーンを張っていた新聞社が、全国からの新聞社、テレビ局への思いも寄らぬ大量の抗議が余りにも続きだして、是は新聞の購読部数にも影響すると思い出したのか、急に絶賛方向に転換して報道しだした。

つまり、えらそうにふんぞり返っている新聞社もテレビ局も、腹を見れば、実はその中身は、国民の税金の使われ方とか、国民への格差是正を願うとか、税金への公平なる税金の配分等を考えるとか、こういう内容など、こっから先も実は考えてもいなくて、己が入ってくる金ならたとえ相手がドロボー国家であろうが、犯罪国家であろうが、それが国民の貴重な税金であろうが、手に入るものならどんなことでも良いという現れである。

こんな輩が偉そうに発行している新聞、こんな輩が報道しているテレビ局、こいつらは明らかに薄汚い守銭奴であり、少なくとも、こと【報道】と言う部分に携わる者らとしては、もう最悪の根性を持った連中である。


■■■■■■
こいつら本当に日本人なのかを疑ってしまう。
■■■■■■

まさか、
■【過去に、わが国へ、この日本へ、日本の海岸から闇にまぎれて日本の持つ資産を薄汚く奪うために、朝鮮半島から密入国してきた祖先を持つ奴らではないよなあ。

そんな輩連中がもしもこの日本の報道と言うところに在職してやっているのであれば、是は最悪だよなあ。
であれば、もうこんな連中、テレビ局も、新聞社も、もうこんなものは日本国民にとっては一切要らぬだろうって。

■■■■■
新聞社さん、テレビ局さん、
改めて、もう一度聞くが、

■【あのドロボー国家の北朝鮮国家国営企業と、君らは親密に取引をしていますか?
真実を述べよ!

日本国民に説明する責任、義務があるぜ!

これは、小沢さんや鳩山さんの問題よりも、日本国民全体にとっても、日本国家の主権と言う意味合いにおいても、人間社会での基本部分でもある【命】という部分においても、格段に大きな問題であり、もっともっと重大で、重要な問題だぜ!

その犯罪国家北朝鮮に、結果として、新聞社とテレビ局が、大いに資金面で加担をしていることにも繋がってくる問題になるんだが、そこはどうよ!

答えて来い!

「A-18」

何年も以前から、
私は、もう20年近くも前から、東京地検特捜部、及び全国の地方検察庁、また、加えて、東京警察庁本庁、及び、全国の県警本部に対し、これら全てに、

■【君のところ(その庁舎の担当部署の或る程度の役職者に直接問い合わせて回答を求めた)には、、君が見聞きした事例として、知っている部分も含めて、裏金と証する公金である国民からの税金の使われ方において、目的外使用という公務員が絶対にやってはならぬ犯罪行為を、法令違反行為を、一切やっていないと、自信を持っていえるのかどうかを、それがどうかを、もう、現在に至るまで全国のあらゆる部署に、もう数百回できかないほどに、毎年にわたって何度も何度も毎年のようにそれら担当の監察部署に問い合わせて、この回答を要求してきた。
ここまで、こういう経緯を経てきているんだが、当時も、つい最近の2ヶ月ほど前にも、全国各地に確認を取ったんだが、その中で、東京地検特捜部と、東京警察庁、東京警視庁、ここに対して、
【全国の警察本部、全国の検察庁において、国民からの税金である「公金」の取り扱いにおいて、犯罪行為である仕様、行為、法令に違反して、法律ではきっちりと「懲役5年100万円以下の罰金」と言う罰則の存在する行為である国民の目から隠して税金を作為的にあらぬ方法で、許されるはずも無い方法で隠匿したりする所謂裏金を創るというこの法令違反の行為が、全国に蔓延し、頻繁に行われているのを、お前たちはそれを摘発逮捕するために国民からその任務を託されているにもかかわらず、なぜ逮捕摘発しないのか」と。

滋賀県庁内でおきていた、裏金を捻出するのに関わっていたとされる職員の数が、内部調査で、ちょっと調査をやっただけでも、900人を超える滋賀県庁舎職員が、この犯罪行為に直接加担をし、もう滋賀県庁自体が、モラル云々どころか、まるで犯罪者集団である県の職員が、己が県の行政を行っているという破滅状況の状況になっていることが明らかになった。

滋賀県民が良くこのレベルで我慢が出来るのかが、私は不思議で仕方が無いほどである。

滋賀県民は、滋賀県庁が、県の知事自身が内部的処分だけで済ましていることに、良く黙っているなあと不思議でならない。
どこまでおめでたいのだろう。

そこへ持ってきて、新聞社がこの法律についても全くの無知であり、何にも知らぬ記者が記事を書いているんだから、この国は本当に愚か者の国である。
国民性が、純朴と言うレベルをもう超えている。
馬鹿としか言いようが無いレベル。
実はこの折に、読売新聞大阪本社と、滋賀県の読売の大津支局、ここに、君がこの滋賀県庁の謝罪会見を聞きに行ったのかと問い詰めたことがある。
法律にある、「公金の目的外使用に関する罰則規定」と言う法律をこいつらはその時点でまあ今でも信じられないんだが、私から知らされるまで奴は全く知らなかった。
私の説明で、
【そんな法律があるんですか?どこにあるんですか】と返事が返ってきたのには、私はこいつら本当に記者なのかと耳を疑ってしまった。

過去から現在まで全国各地で表面化しているこの自治体を初め中央監督官庁内での裏金捻出の事案、これらが公表されるたびに、この法律を一切知らなかったものらが現場で取材なり、記事を書いていたのかと思うと、日本の新聞社っていったいどこのレベルだ!って。

法律の全部を知ってろなどとはいわない。
だが、公金を不正に裏金として隠匿しそれを国民の目に分からぬように隠匿してきたこの行為が公表された事案が出たら、その時点でそれは法令のどこに引っかかってどのくらいの罰則規定があるのかぐらいは、その取材をする直前でも良いから、最低限度は法律を調べて事前にそれを確認しておいて確認をして、そこから取材なり記事を書くのが筋だろうにって。

よく東京地検特捜部からのリーク云々の問題が今良く出てるんだが、新聞社、テレビ局はその抗弁として、みながみなこういう露出したとされる記事については、わが社が独自に徹底的に裏づけを取って、たとえもれて出たものでもその裏をきちんと取ってから報道しているんだという。
もしも、そう言ってることが、それが本当だと言うのであれば、
この言っている抗弁が、今回の裏金に関する法令の罰則規定の存在については、その一部でさえも調べずに、ずさんであり、言っていることが真逆で、まさに全く反しているといえる。
抗弁の辻褄があわん。

このレベルがこいつら新聞社、テレビ局であり、言っていることと実際にやっていると言っているこの徹底した確認作業というものが、実は嘘もいいところであり、抗弁ももう子供レベルの、言ってることが全く繋がらないし、全く違っていて、分かっていないようだ。

新聞社も、かつての昔はいい記者がいてたよなあ。いったい今どこに消えたんだろうねえ。
以前には、一つ壁を作って、トップ屋と呼ばれる命を張ってでも事件、不正事案、こういう内容の記事を伝える凄腕の一匹狼もいてた時代がある。
こういう記事を書こうと、命を掛けて是(裏と現場)をとってくるというような、そういう一匹狼のような潜入記者のようなつわもの記者が一般にも存在してたし、各社にもそういうすごいのがそれぞれ居てたよな。

話は初めに戻るが、

実は、東京地検特捜部と、東京警視庁、東京警察庁の担当者は、私のこれまでの問い詰めに対して、全く同じ回答を過去からここまで次の回答に終始し答えをしてきている。
それは次の通り。

■【全国の県警本部においても、全国の地方検察庁においても、無論東京地検特捜部、警察庁に於いても当然だが、法令違反である裏金と言うものなど一切存在していないと確認している。絶対にそういうものは存在しないと認識している】

是が、過去から現在のほんのつい先月までずっと私に答えてきていた奴らの回答である。
そこで今回の件が発覚して早速こいつらに確認と要求をやった。
そしたら、次のような経過の内容であった。

■■■■
★今回、神奈川県警本部管轄の全域の所轄署も含めて、これらの全て100%の部署で、この、法的罰則としては、
【5年以下の懲役、100万円以下の罰金】と言う、とんでもない重罪の行為であるこの【裏金】の存在が明らかになったと、県警本部自らが国民に対して謝罪会見をした。

私は神奈川県警本部にももう何度と無くこの裏金の存在を問い詰めて確認したことがあるが、そのたびごとに【いやそんなものは存在しない、われわれはそんな法令違反行為は一切していない】、こういう回答に徹し、この連続であった。

ここで明らかになったことは当時の私の問い詰めに対して、奴らは、私に嘘の回答をしていたわけである。国民から託されてやっている職務でありながら、国民に嘘を伝えて自らの犯罪行為をひたすらごまかして作為を持って騙し、バレることを恐れ、ひたすら今までただバレないようにと、ただそれだけのために隠蔽しようと日々やっていたわけで、これは断じて許しがたい。

是は国民を愚弄し、薄汚さにも程がある、是は悪質極まりない行為である。

長くここまで書いたが、ここで今日書きたいことを最後に書く。

この神奈川県警本部の裏金の存在の公表における謝罪会見時に、実はテレビ局も新聞社も彼らみなその会見場にいていながら、なんでこの法律に照らせば【5年以下の懲役刑、100万円以下の罰金】と言う法律があるが、これを県警本部内で今回の裏金隠匿に加担をしていた、まあ全員になるが、署員の皆には、当然起訴がなされ、逮捕するのでしょうねえと、一人でも報道の記者なり、テレビ局の者らが、一言でも追求して物言って問い詰めたのかどうかと言うこと。
新聞社に問い合わせて聞いてみた。
読売新聞横浜支局の記者に直接聞いたら、そういうことは一切聞かずにただ県警本部の謝罪発言の内容のみを、その発表のみをただぼけーーと聞いていただけで、その発表だけを報道するだけで、この法令違反の罰則等についての追求も無ければ何の質問もしていないようだ。
まあ、現場に居合わせた記者らがその法律さえも知らないレベルだkら仕方も無いんだが。
こんな馬鹿連中の取材したものが日々記事にされて垂れ流される。
国民は偉い迷惑であり購読料がいかにもったいないかが良くわかる。

鳩山さんとか小沢さんには、もう説明はしているのにまだ重ねて執拗に説明責任と言う抗議をし、執拗にマイクを突きつけてそれをやる。
是が当然だとやるテレビ局、新聞社が、何故に国民の直接警察に配分された税金を勝手に隠匿しその使い道の明細書も一切公表しないで、その中身の書類も公表せず、それを普通に目の前で記者としてその場にいてながらおかしいとも思わず、県警本部には何の抗議の追及をもその場でも、後からも一切やっていない。

お前ら、本当に報道の記者かア?って。
本当に記事を書くレベルの能力を持ってるのかア?
新聞社も、テレビ局も同じように警察庁からの天下りを引き受けているようだから、それがあって、やつらを追及も出来ないのかア?

5年以下の実刑の懲役または、100万円以下の罰金と言う重罪だぜ。
新聞社も、テレビ局も、政治資金の虚偽記載による罰則は5年以下と言う思い重罪だなどと始終言って記事にも書いてるし、テレビでも言って報道を繰り返してきているよなあ。
じゃあ、聞くが、警察庁、検察庁、こいつらが是に該当する犯罪を犯しても新聞社やテレビ局は一切その罪について、警察本部の今回加担していた全部署の警察署員、この全ての署員、職員全員を即刻で5年以下の懲役になると追及できるのかア?
やってみろよ!

言ってることと違うじゃあねえかよ。
自分ところへ天下りしている連中に関わることであれば、お前らは一切この法令違反行為に科せられている罰規定で、刑事罰で奴ら警察官全てを、神奈川県警本部であれば、所属の警官は職員を含めて数万人規模の警官が対象になるが、こいつらの全てを、正規の法律にのっとって公平校正に懲役刑に追い込むつもりがあるのかねえ。
追求をやらないのかア?
どうなんだあ?

【貴方のやった行為は、5年間の懲役と言う長い期間まで備えた重罪であり、懲役刑が存在すると、追及をやるのかア?

それを、県警本部の全員を逮捕させるようにマスコミ、テレビ局は徹底的に追い込んでいく気構えで、徹底して連日大きく取り上げて追及をやめずにやり続ける覚悟をお持ちかねえ。

国民のためにやるというなら、お前ら新聞社をほめてやろう。

私は一昨日、神奈川県警本部に確認を取っておいた。
【お前らのやった行為は、「5年以下の懲役、100万円以下の罰金」が科せられる重罪だ、その認識はあるのか】と正したら、
■【よく分かっております】と答えたので、
【法律のことを知っていて、これがどういう罰則になるかも知っていて、今回こうなったんだから、じゃあ、当然として、逮捕、起訴してこれら全ての警察官及び職員に対して即刻で懲戒免職とし、公職を解職し、逮捕させるんだろうなあ】と追求したら、

■【今、上で、内部での処分等について検討しているところです】

私【おかしいことを言うねえ、内部での処分?ふざけるな!
是は完全に法律に違反した懲役刑も5年と言う重罪である。内部処分だけですむはずが無いだろうが!
内部での処分は当然で、それと重ねての逮捕、起訴と言うことだろうが!
お前ら、鳩山さんや、小沢さんの件でどれだけ逮捕しようとやっていると思っているんだア?
己らの犯罪行為は一切逮捕無しで起訴も無しかよ!
ふざけるのもいい加減にしろや】

■【よく検討したいと思います。重罪の罰則規定があることも、今回の件がそれに該当することも承知しています。その上で今検討している最中です】

是が、一昨日の、神奈川県警本部の、私の問い合わせに関しての私への回答。

大事なことは、今回の事件内容が5年以下の懲役、100万円以下の罰金に該する罰則があることを彼らは認識し知っているということであり、今回のそれが是に該当することも彼らは知っているということだ。

新聞社よ、テレビ局よ、私が奴らに突きつけてある内容について、今後君らがやるべき行動、新聞社の調査でのノウハウ、テレビ局でしか出来ない独自の調査ノウハウで、これらを十分に使って、国民の期待にこたえて、その真実の実態を国民の目にさらさせること。罰則をきちんと受けさせることを要求し続けること、
これらに関して、新聞記者として、テレビ局記者として取材なり調査などはやるんだろうなあ。

天下りが自分のところにいてるから都合が悪いからそれは穏便にと言う行為をもしもマスコミテレビ局がとったな、これはある意味国民への裏切り行為であり、今まで新聞社やテレビ局が言い続け、紙上で、テレビ報道で追及してきていたことは、自分らには都合がいいことだけを全国に映像で流し、それがたとえ国民には絶対に公表しやらねばならんことでも、こと自分らの利益が減るとか、都合が悪いことについては、国民には一切隠し、ひたすら隠し続けようとしていると見られるぜ!

これらは、大きな人間として全体を見れば、これは、こういう行為は、国民への背任行為とも受け取れるし、犯罪行為とも見られかねないぜ!

今回の事件が、今回の裏金の内容について、これがどういう罰則にかかるかを、神奈川県警本部監察の担当は知ってたぜ。
認識して知っているんだぜ!
5年以下の懲役、100万円以下の罰金になることを、是を内部処分と言う形式で済まそうとしているとしたら、テレビ局、新聞社は、是をそれでいいと放置するのかア?

日ごろえらそうに言って記事に書いたり、テレビで報道しているのに、まあまあ、女の腐ったようなガキの赤子レベルで、筋玉付いてんのかア?
腑抜けの薄汚い野郎だぜ。

日頃テレビや新聞で、己たちが自らが言ってること、こいつらが書いてることは、信用できねえなあ。こうなると。
新聞社やテレビ局の連中の言ってることは、実は嘘だったということになるなあ。

そらそうだよなあ、都合が悪いことは表に出さずに隠し続けて、新聞社や、テレビ局に都合がいいことは、特にそれが金になることのためには、たとえそれが相手がドロボー連中が組織する北朝鮮国家国営企業であったり、泥ボー国家国営企業関連の団体、組織、こんなどう考えても普通なら手を引く相手とでも、銭が欲しいからと、ねんごろに仲良く擦り寄って組む体質のような輩連中だったと言うことになる。

そんな奴らが報道で出したり記事で出している内容など、信用など全く出来ねえよなあ。

「A-19」

神奈川県警本部所轄の、管轄地域全地域での5年以下の懲役、100万円以下の罰金と言う罰則が科せられる内容の犯罪事案が、今回発覚したんだが、これについて、今日も、昨日も、テレビ局による報道においても、新聞社による報道においても、一切追及の姿勢が見られない。

この内容が、日本国民全体の、税金に直結する内容であることは馬鹿でもない限り誰でも分かる。

確か新聞社、テレビ局は、法令に違反ではなくても、政治家には道義的責任と言うものがあるとまで公言してきた。
そういう事例があれば、誰かれなく公正に公平に追求する姿勢を貫くとまで公言してきている。
日本国民の誰もがテレビでそう聞いているし、また各社新聞の紙上でも、
【決して権力には屈せずにわれわれは今後も追求する】と、まるで正義の道しるべをしているがごとくにそう力強く書いてきている。

ではちょっと聞きたいんだが、警察とは権力も何も無い組織団体で、存在などへのような吹いてみたら風船のようにどこかへ飛んでってしまうようなそんなものなの?
国民にとったら日本の警察権力、日本の検察権力など全く何の役にも立たないし権限も執行も何も出来ないあっても無くても同じものだという認識なのかねえ。

今回の神奈川県警の全ての全部署で行われていた公金の隠匿、裏金捻出行為、公文書、私文書等の偽造、偽装隠蔽工作、改ざん事案、奴らが知らぬうちに行われた行為では無くて明らかに己たちが分かっていて意志を持って作為的にこの犯罪行為を犯したものらを、何の追求もしないで、何の要求もしないで、日本国民が思っている意識とは、相当かけ離れた認識で警察庁に対応しているが、この新聞社社会部、報道部、テレビ局報道部は、いったいどんな認識を持った連中が日々報道に携わって行っている組織なんだア?

お前ら、まともな報道機関なのかア?
機能してねーーぜよ!

まさか、過去から現在まで、己たちも犯罪行為を国民に知られぬところで実はせっせとやっていて、それを何とかバラされないように、逮捕されないために、隠すために警察権力にへりくだって、ごまかそうとでも思ってるんじゃあないんだろうなあ!!

まあ、あのドロボー国家北朝鮮と親密な取引を交わして莫大な収益を蔭で得ている実態が、実は是が警察権力と密接に繋がるラインの内容になるので、警察本部を追及するとその後にいらぬ邪魔をされて己たちに入ってくる莫大な北朝鮮国家国営企業からの収益が無くなる恐怖を持っていると思ってるようだなあ。
図星のようだなあ。

それで、こういうとんでもない警察本部で起きている犯罪行為については兎に角騒がずに、一切知らぬ存ぜぬで、そのうち国民が忘れるだろうと、今のうちに内密に通り過ぎてこの事件は無かったものにしたいと、そう思っている行動にしか見えねーーんだが。

違うかア?

この新聞社と、テレビ局が今やっている行為は、道義的責任レベル云々どころか、是は警察本部の犯罪行為を出来るだけ日本国内に知らせぬように、ひたすら隠そうとしている行為にしか見えぬ。

鳩山さんのお金に関する問題は、わが親からの譲り受けであり、すでに収めてある国民の集めた税金の、【その中】から騙し取ったものではない。
今回の警察本部で行われたものは、もともと警察本部に渡された明らかなる税金、その大事な予算を、奴らが勝手に隠して、国民の目に触れない形にして己たちが勝手になんにでも使えるように隠匿していた重大犯罪であり、こんな犯罪者組織に、国民が支払った税金で警察としての職務行為を委託していることが許せない。

公務員の、予算と言うものの認識を、規律を、根本からひっくり返す事案であり、是は事案と言うレベルでは無くて是は悪質極まりない【犯罪事件】である。

犯罪の認識を持って、作為もあらわに書類を改ざんして、公務員として不適格極まりない行為であり、まして法律で5年以下の懲役とまで断罪されるべき法律が実際に存在し、今回の事件事案がそれに該当する事案なのに、新聞社よ、テレビ局よ!いったい何してるんだア?
追求は?
要求は?

どうしたんだア?
やらないのかあ?
日頃えらそうに知ったかぶりで言ってることとは、違うんじゃあねーーのかア?
法律があるんだぜ。

この内容であれば、新聞社、テレビ局は、当然徹底的に追及するのが普通である。
みのもんたの経営する自治体の水道めメータ設置に関する業務をやっている「★★★★」という企業、ここも、以前に犯罪である談合と言う、税金が絡む内容に対しては企業としては特に絶対にやってはいけないこの公正取引を妨害する犯罪行為を長年平気でやっていた。
とんでもない輩連中である。そんな奴がテレビで偉そうに税金が騙し取られている云々を抜かしている。
先ずは、現在オーナーであるお前の企業が先ず先に、過去のここまで結果として価格を引き上げそれによって税金を騙し取ってきたその国民からの税金を、まずは今までのものを全て生産して返金返納して、そういうことをやりましたので、仕事は、企業は、即刻で解散廃業しますぐらいやれよ!
日本国民に謝罪しろよ。
してねーだろうが。

各地域において長年にわたって平気で結果として不正な仕組みで税金を騙し取っていた。

さてテレビ局も新聞社も、是を徹底的に追及したことがあるのかねえ。また、番組を通じてその毎回毎回、毎日出るたびに、私が現在オーナーをやっている企業が実は談合と言う犯罪行為を犯してしまい国民には多大なるご迷惑をお掛けしました。騙し取った税金は即刻で返納いたしますと、などと毎日毎日謝罪を繰り返しているのかア?
鳩山さんなど、毎日のように謝罪してるぜ!

犯罪事案で行けば、国民に直接被害と言うことでいえば、みのもんたの会社が行っていた談合と言う不正犯罪事案のほうが、見方によらずとも明らかに重大に重い犯罪内容だぜ!

奴がテレビで、正式に記者会見をやって謝罪会見で、国民に向かって、【税金を騙し取ったとで誠に申し訳ないと、その時の書類等を提出公開して、内容の詳細の説明責任を果たして謝ったことでもあるのかア?税金の騙し取り行為をやったんだぜ!
テレビ局よ、なぜ追及しないんだア?

みのもんたを追求したらテレビ局の銭の入ってくる金額が減るからかア?
又お前らそれかア?

公共事業を、或る期間【受注業者指名停止処分】と言う非常に重い行政処分まで受けている会社だぜ。
現状そこのオーナーが、「みのもんた」だぜ!

何で徹底的に追求しないんだア?

TBSの早朝の【朝ズバ!】、夕方6時45分からの【ニュース報道】で、まあ世間知らずのばか者がしゃあしゃあとまことしやかにえらそうに語っているが。

到底似非にしか思えないような解説委員とやらの連中よ!、
何で、みのもんたに、直接、あのときにはどうやって犯罪行為をやってたんですか?事情を説明して下さいと、説明責任があるでしょう?と、なぜ言わないの?

毎日、番組でも日常顔合わしているんだろう?
人間であるなら、そんなことは普通に出来るはずだぜ!
毎日毎日、顔合わせているんだからな。

お前ら、えらそうに言ってるが、こんなことこそ国民の意識とはかけ離れすぎてるぜ!、
なぜ追求しないんだア?
税金をネコババしていた行為について、その当時の契約時に関わる書類の提出、明細、いきさつ、どうやってそういうことをやっていたのかを、時系列にまとめてその年度毎にどこの誰と会ってどういう会話を交わしてどういう形でそういう犯罪行為をやっていたのかを、徹底的にその中身の生々しい実態を当人を追及してやってみろよ。

税金をごまかしてたんだぜ!
なぜやらないんだア?

結果として税金のいらない予算まで騙し取られていたんだぜ!
よく工作された、まるで北朝鮮労働党司令部まがいの、出来た完璧な重い重罪に値する犯罪行為だぜ!

日本国民の感じ方とは、鳩山さんが違いすぎるなどとお前ら番組中によく言ってるよな、だが、お前らこそ目の前にいてるものの説明責任を果たさせよと。
目の前にいてるものの追求さえも出来ねーー連中が、国民が見ているテレビ報道で、えらそうに物言うな!って。

今放送されている日本のテレビ放映において、殆どの番組で映像に出てくる出演者らを見ていると、そこ映るものには、超人気者である司会者ら、他共演者らにも、日本人など殆ど出てなくて、朝鮮半島血族の連中ばかりが出演して番組をやっていて、この日本のテレビを見てるとき、キムチの臭いさえも画面から出てきそうで、もう反吐が出そうで、うんざりである。ワイドショーに始まってお笑いバラエティー、もう日本人を出せよ!ッテ。
タレント、及び芸能界には、今、日本人っていないのかア?って。
もう恐ろしい状況である。
いまや、日本のテレビ番組は、どの番組も、一日中全てが朝鮮半島放送になってしまっているのが実態である。

それと、国民の意思だなどと繰り返し言ってるようだが、お前らの言ってるごまかし行為など、日本国民が指示などしてるはずも無くて、誰も指示などしてねーーよ!って。

お前らを指示してるの、日本国民ではなくて、朝鮮半島出身族人じゃあないのかア?
お前らのようなさ。

番組内で、出演者全員の、出身国、系列の血族がどこの国なのか、出身国を日本国民にきちんと分かるように明記して、その上で政治や日常の日本の世間の情勢、日本のことをしゃべれ!って。
まずは、己の出身の国のことを、それを画面で出せよ!

しゃべってる奴の出身国が分かれば、言っているコメントも本人が国のことを明らかにすることで聞くほうもそのつもりで聞くし、内容に寄ったら、より信憑性が出てくると言うことgファおきてくるかもし得ない。
映像で映ってる段階で、自分の国籍等を偽って偽装している状況でものを言ってても、信用など出来るか!って。

日本の血を持っていない、元は朝鮮半島人でありながら書類を改ざんしたり、日本に密入国してきた偽装日本人者が、あたかも日本人ぶって、あたかも日本人だとして、コメンテーターやら、俳優やら、バラエティータレントや、お笑いのタレントら、元スポーツ選手らが、あたかも自分は日本国家の日本人だとごまかした上で日本の政治を語ったり、もうとんでもない、お前ら、朝鮮半島へ言ってしゃべれよ!ッテ。
日本のことに朽ちだすな!ッテ。
ましてお前の国でもない、よその国のことで、政治家のことになど出しゃばって偉そうのもの言うな!って。

お前ら一度本国へ帰れよ!

改めて正式な入国の手続きをして日本国家から正式に日本国民だと認められたら入国して来い!

日本人たる証明内容の実証が出来ないものは、認められないものは一切日本には入国するな!

朝鮮半島出身者がえらそうに日本国家のことに口など出すな!って。

北朝鮮などというとんでもない犯罪国家と裏で親密に金のやり取りをやっているテレビ局、新聞社など、そういう連中であるテレビ局、新聞社など、お前らのような連中を日本国民は、信用など出来るはずもないだろうが!
いい加減で分かるだろうが!

所詮、お前らはどこまでいっても、瓦乞食版程度の、そういうレベルの位置に存在している組織団体だということだ。

大阪の高級クラブが居並ぶ「北新地」のクラブのママらが、昔よく言っていたことがある。

■【間違っても、警察官と、新聞社の連中には、絶対にツケ(掛売り)は、するな!】

.....是は「北新地」では、【水の格言】であった。

それほど奴らは信用が置けないとんでもない連中だと見抜いていたのである。
是は京都の高級料亭でも、同じ見立てであった。

警察関連と、新聞社関連が、如何にいかがわしき連中の集まりの集団で存在しているかということの、常識の証である。

世間の常識とはかけ離れていると新聞社やテレビ局は常にそういっているが、お前らのほうこそが世間とはかけ離れた意識しか持っていないいかがわしいし、信用できない連中だと思われているいうこと。
是が世間の常識だ。

いつ犯罪行為を犯しても不思議ではない連中の集まりだということが、是が日本国民がお前らテレビ局、新聞社、警察関連に思っている不通の常識的な認識だ。
是が世間の常識だ。

巷では、サントリーとキリンの合体話がご破算になった。
当然だろうにって。

■日本の企業と朝鮮半島の企業が合体など出来るはずもない。
無理だと初めから思っていたぜよ!。私は初めから。

「A-20」

枝野さん、テレビ報道で曰く。

【与党の出している予算が今国会を通過した時点(行政刷新担当大臣就任と同時に同時進行で調査のそれは進める)で、闇の特別会計を初め、独法、公益法人らの天下り組織が過去ずっとやってきていた理不尽極まりない搾取行為を一切やめさせるべく、徹底した事業仕分けで、徹底的に内容を洗い出し、結論として廃止を含めてやっていく】と、こう述べている。

われわれ国民にとったら、願っても無いことである。
私もこういう独法の搾取行為についてはもう20年以上前から、もう限りないほどに新聞社、テレビ局、衆議院会館の自民党議員に、具体的な内容の個別案件を伝えてきていたが一向に前に進まず、私たち国民のこういう声は新聞社、テレビ局は一切逃げて報道してこなかった。

こういう態度にもう何度怒鳴りつけて連絡したことかわからないほどである。
われわれでも是だけ調べて現場で確認がすぐに取れる案件なのに、新聞社やテレビ局が、やる気があれば一日で内容をつかむことなど十分に可能だったはずが、奴らは、にたにた笑いながら、今までそういうことを一切やってこなかった。

仕方ないので、民間人の私は、直接国会議員の事務所に押しかけたり、新聞社に乗り込んで内容を伝えたが、結果として今まで何もしようとはしなかった。

表ではこういう天下り法人のやっていることがひどいというニュアンスで伝えながら。実際には殆ど真剣にはやっていなかった。

■私は、是だけ情報を伝えてきたのになぜ新聞社やテレビ局が、私が伝えた内容を結果として聞かなかったことにしたのかの意味が分かるようになってきた。

それは10年ぐらい前に気がついた。
何故やらないのかは、理由は簡単。
【新聞社、テレビ局は、もう無数の天下り法人の特殊法人と、深く商売で取引が存在しているからだ。】

つまり新聞社とテレビ局は、これら天下り法人へ国から渡る補助金等の予算の規模が縮小して予算の減少と言うことがおきてしまうと、自分らへの予算が激減してしまい、せっかく今まで旨く国民をだまして国民の目には一切見えないように旨く税金を特殊法人を通じて掠めて奪っていた国家予算が、今までのようにべらぼうには自分らへわたってこなくなってしまう恐怖があるからだ。
それで、私が直接伝えてきた内容などは一切記事にも、触ろうともしなかったのだ。

あのドロボー国家組織の北朝鮮国家との取引関連でも同じ仕組みで、現状法人化している警察関連、検察庁関連からの天下りの特殊団体、組織からも、還流する形で日本国民の貴重な財産が、奴ら新聞社、テレビ局に、形を国民には気付かれないように、中身の真実部分を見せないように変えて、ラインで莫大な予算が奴らに回ってくる仕組みになっている。

是があるから、新聞社、テレビ局は、こういう天下り団体の特殊法人の犯罪行為や、法令に明らかに違反する行為について一切記事で国民には気付かせないようにひたすら内密に極力勤めて隠し続けてきているのである。

取引に、大きく国民の税金を掠めて奪うことが出来なくなり邪魔が出てきては困るからだ。

だから、新聞社、テレビ局などは、天下り法人がやっている法令違反行為のピンはね行為、これらを一切追求などする気もないのである。

銭のためなら、銭が減るとなると今回の民主党へ陰湿としか思えぬやり方でやったり、無いことをさもあるかのごとくに作り上げてニュアンスで書き立てる。
もうマスコミのテイをなしていない。
まるで新聞社と、テレビ局が、銭闘をやっている構図に見えてくる。
相手がドロボー国家の犯罪国家北朝鮮であろうが、法令違反が明かな天下り法人の団体、協会、組織のこいつらであろうが、不正行為をやっているということの事件情報の通報、連絡にも、一切触ろうともしないのである。

私の想像だが、奴ら新聞社とテレビ局は、まだ奴ら天下り法人にそういう情報をつるんで流し伝えて、それをまだ隠蔽させることに力を貸しているのではないのかよさへ思ってしまう。

今までの状況を見ていると、犯罪国家北朝鮮国家組織も、新聞社も、テレビ局も、警察庁、検察庁も、こいつらはやっていることが、こと国民の税金を掠め取る意思については、策略も、手段構築についても、そういう税金の銭を奪うことについてだけは、それが収入で入るか、入らないかの部分で、もう本当に狢のごとくに良く似ていて卑しく、同類の狢で、同じ狢でグルでつるんでいるようだ。

枝野大臣、
こんな犯罪者連中らを見逃すことなく、奴らに狡猾に逃げられることなく、徹底的に兵糧攻めにして、ものも言えないほどにやせ細らせる攻めで、元から干上がらせることを期待します。

こんな犯罪者のような奴らに貴重な国民の税金を掠め取られてたまるかの意気込みでやってください。

今後しょっちゅうつかんでいる貴重と思える犯罪に近いような具体的内容を、国会の事務所、県連事務所、他にも、民主党の本部にも、いろんな方法、形、手段でもってお伝えしていきます。
その節は、秘書の方宜しくどうぞ。

ところで朗報がある。
大阪府に、あれだけひつこく私が伝えてきていた例の【住宅供給公社】を、【廃止する】方向を、橋本知事がつい最近宣言して打ち出した。
橋下知事が誕生する、以前の知事時代から、私はこの組織を一日も早く廃止するように追及してきていたが、橋下知事になるまでこの話は一切聞く耳を持たなかった。

この組織の、日頃の勤務内容、業務内容、これが目を覆うばかりにいらないものばかりでやってきていて、もうとんでもないひどい組織実態だから、廃止せよと、百回近く、ひつこく廃止するように知事室の側近にも、総務とか、行政改革担当らに徹底的に向こうがもう嫌だと思うぐらいに伝えてきたが、ここにきて、大阪府の意向としてついにこれを【廃止】と言う方向に決定したようだ。
橋下知事は、とに角結論が早いのでもう気持ちがいい。

知事は是でないとあかん。


予断になるが、新聞社、テレビ局が政治の、政権与党に関してのアンケートと言うのをとっているがあれって本当に本当の数値を報告しているのかがちょっと疑わしいので、私は私独自で、一般の人にアンケートをとってみようと思う。
質問の仕方、質問時の言葉の使い方で回答が質問者の都合が良いように大きく触れ幅が出ると思えるので、質問の言葉を新聞社や、テレビ局の調査方法の言葉は使わないでやってみようと思う。

それで果たして民主党への支持率、鳩山さんへの支持率、小沢さんへの支持率と言うものを私なりの言葉での質問で調査をやってみる。
結果はここで公表しようと思う。

質問の言葉の使い方や、やり方も、質問時の問いかけ文言のニュアンスの言葉の使い方で、回答は大きく触れ幅が出るとも思えるので、そこらへんも内容を公表するつもりである。

年度の違う3つの年代層の高校卒業時の名簿を元に、彼らに質問形式でアンケートをとってみる。
また問い合わせた折に、もしも可能であれば、その質問をしたその人と、家族として一緒に同居しているご家族の意見もデーターの人数に入れて、これに加えて入れてみようと思っている。

いずれにしても、現在30代、40代、50代、これらの人らが卒業した三世代の、東大へも例年だいたい決まった数で入学者が当時存在していた或る公立の進学校の高校卒業者、この人らに連絡を個別にとってみて、支持云々の、鳩山政権与党についての正直な素朴なところのアンケートをとってみようと思っている。

果たして、新聞社や、テレビ局がアンケートと称して報道で出しているデーターが、本当に本当なのかどうか、また、質問の言葉の、その問いかけ時の文言の使い方のニュアンスで、仕方で、その支持回答の支持率に、どれだけの触れ幅が出てくるのかを、それを自分なりに確認してみる。

大勢なのでちょっとすぐには出来ないがでも頑張ってやってみようと思っている。
ネットでやると、偽者のなりすましが出てくるので、正確には出てこない可能性が大なので、個別にやってみる。

自分の年代の同級生に確認したら、いまのところは、民主党になってよかった、民主党には精一杯頑張ってもらいたいというのが殆どだった。
「支持しない」など殆どいてなかったので、是はもしかすると質問の文言の使い方で誘導回答をさせられているのではないかと思えるので自分で確かめないと気がすまなくなってきて、これをやろうと思っている。

自分の周りには、少なくとも、創価学会員を除いた場合には、ほぼ民主党支持であった。

今の私の周りには、民主党を【支持しない】という者は、まあ偶然かどうか知らないが、日本人に聞いて回ったんだが、ほとんどいなかった。

私は、そういうものらばかりを選んで会ってたわけではないんだが、結果そうであった。

是は、もう一度、きちんと自分で調査をやるべきだと思ったので、今回是をやってみようと思ったわけだ。

果たして今新聞社や、特に読売新聞社や日本テレビ、TBS、毎日新聞らが民主党はもう支持率ががた落ちでひどいと言っていることが事実なのかどうなのか、報道で出しているアンケート数値が、本当に一般的に公正公平に出てきた数値データーなのかどうかを、私なりに検証してみる。

自分の周りで確認したら全く違う状況だったんだが。

【民主党頑張れ!】コールが殆どだったが。
【民主党を支持しない】などと言うものは殆どいてなかったんだが。

新聞社や、テレビ局は、いったいどこの国(まさか北朝鮮でアンケートとってきたんじゃああるまいが)で、どんな連中に聞いて回ってんだろう。

支持が落ちているなど、信じられんが。

【余談】、
日本の国家予算を、純朴なる日本国民に見えない形で貴重な税金を薄汚く莫大にくすね、事業予算の80%以上にも上る例があるほどのピンはね行為、国民の常識では考えられないような「街金融」並の割合でピンはねしている天下り団体の徹底追及をやってもらい、結果として一日も早い段階で、これらの腐った連中を枝野さんに叩き潰して欲しいものだ。
国民の皆さん、枝野行政刷新大臣が本腰入れて是を本当にやると、壱番嫌がるのは、実は新聞社とテレビ局なんですよ。
国民の皆様、
薄汚い新聞社や、テレビ局、警察、検察庁らにまんまと騙されないように。


「A-21」

暫く時を要したが、ようやくアンケートが取れた。

現在、全国に散らばって居住する或る年度ごとの、3つの年度の、地域でも有数の進学校であるその一つの公立高校の、住居地、職業も、当然だが今の現状いろいろな多種多彩な職種、住まい環境、ご家族構成で頑張っておられる方たち、卒業をされてから大学を経てそれから各種職場に着き全国に散らばっている方、あるいは、高校卒業時と同時に社会人となられた方たち、それらそれぞれが違う世代の、当時のその高校卒業生を対象に、今の日本の国の政治を動かせている民主党中心の政権に関するアンケートをとってみた。

高校を卒業していまや社会人となり、すでに30代、40代、50代の年代に達した人らを、今回は対象にしてみた。率直に回答をもらえた人らの合計が139人。

--------------------------

結果数値の対象人数は、合計で139人。

【質問1】

■現政権の民主党に期待、及び応援をしたいと今の時点で思っていますか?

●YES   88人  63.3%
●NO    26人  18.7%
●判らない 25人  17.9%
-------------------------
【質問2】

■現政権の民主党が掲げている政策の目玉である【子供手当て】について、今のこの日本の現状において国民全体にとって適切な政策だと思いますか?

●YES    76人 54.6%
●NO     39人 28.1%
●判断が難しい24人 17.3%
--------------------------
【質問3】

■鳩山総理を、日本国家の総理大臣として、支持、及び期待をしますか?

●YES  91人  65.5%
●NO   33人  23.7%
●分らない 15人 10.8%
---------------------------
【質問4】

■小沢幹事長の目指そうとする政治、政策、及び、これまでの政権の中での彼の様々な行動について総合的にみて、支持、期待をしますか?

●YES   52人 37.4%
●NO    48人 34.5%
●どちらとも言えない
      39人 28.1%
--------------------------
【質問5】

日本の政権が、長年の自民党体制から今回民主党中心の政権に入れ替わって、このことは国民にとって、日本の将来にとっても期待が持てると思いますか?良かったと思いますか?

●YES   74人  53.2%
●NO    41人  29.5%
●判らない 24人  17.3%
--------------------------
【質問6】

日本国民にとったら現状の民主党政権よりも、やっぱり自民党が政権をとっていた時のほうが、数段良かったと思いますか?

●YESU  22人 15.8%
●NO   93人 66.9%
●どちらともいえない
     24人  17.3%

---------------------------
【質問7】

現状、日本の大手新聞社、及びテレビ報道に関しての質問。

. ここ半年余りの、マスコミ、テレビ局の報道の仕方、やり方、方法について、マスコミ、メディアとして公平、公正な立場からの、適正に報道をしていると思いますか?
. それとも不適切なやり方だと思いますか?

●適切な報道をやっている。
  28人  20.1%

●公平さを欠き、不適切だと思う
  103人 74.1%
●どちらとも言えない
  8人   5.8%%

---------------------------
【参考】

★上記%数値において、今回の人数一人当たりの%数値は、
0.7194%

【注意】
★上記アンケートの収集の手段において、対象者を、中には一軒のうちで、ご家族の方らも含めてアンケート人数の収集をやっているご家族も存在する。
よって、アンケートの対象になった方たちの年代層は、初めの目的の対象外であった20代も、60代の年代層の人たちも、ごく一部だがほんの一部含まれる。

【感謝の辞】
全国に居住されている今回アンケートにご協力して頂きましたかたがた、突然の不躾な質問にもお怒りも無く真摯にお答え下さいました方たちには、私から心から御礼を申し上げますとともに、感謝を申し上げます。ご協力有難うございました。

―ーーーーーーーーーーーーーー

◎【アンケート結果からの私の率直な感想】

●日本国民は、自民党政権から民主党中心の政権に入れ替わったこと、すなわち政権交代したことを普通に支持をしているということだ。あの今まで続いていた一般の国民からは乖離していた、利権団体と政治との癒着構造。
及び、それにもまして、国民が一番怒っているのは、そもそもはそんなもん持つはずも無い筈の訳の分らん権力をほしいままに使い分け、結果己が利得をこともあろうに税金からむさぼってきた連中、この腐った公務員権力構造はもう嫌だと、是をのんびりと見逃してきた自民党政権時代に戻ることはこれだけはもうゴメンだというのが良くわかる。

●また、ここにはアンケート結果を記載しなかったが、ここに記載していない【例のあれ】のアンケートを実は私はとっている。是も実は国民の皆様にも協力してもらった。

【例のあれ】とは、次の件。
●東京地検特捜部、
●退職警察館のその後の事案、
●新聞社、テレビ局の、ドロボー国家北朝鮮との親密なる取引行為についての国民の認識度。
●現在日常24時間中放映されている韓国発のドラマ等では全く無くて、日本の各局のテレビ局発で、及びそれぞれ日本のテレビ局製作の番組に於いて、そこに出演しているタレント、俳優、キャスター、事故等ニュース報道時の現地レポートをやるもの、及びコメンテーターらしきものら、及びお笑い芸人、これら現状日本のテレビ番組に現在毎日毎日日常の番組に出演している彼らの中で、果たして正式な日本人の者は一体いくらぐらい居てるのか。
過去に、日本国家に正式手続きをして正式に入国許可証を得て、その上で日本への入国の許可を得て日本に在住しているものが果たして居てるのかどうかを、それが実は非常に疑わしく、是ぐらい怪しいということも、今回同時に伝えた。
テレビを日々見ている日本の国民の皆さんは、そのことをご存知かどうかと言うアンケートも今回良い機会だからとった。

日本人街かに甘っちょろくて朝鮮半島人にだまされているかが良く分った。
少なくとも、今回の対象者のところには、テレビ局も、新聞社もこの件を都合が悪いのでひたすら故意に作為を持って隠そうとしているが、隠しているが実は系列家族が殆どが密入国の過去暦を持つ不届き者で犯罪者であり、即刻で国外退去処分が科せられる処遇が正しい案件だと、それを、警察が利権(関連内容の「みかじめ料」のため)のために、そのままに見逃しているんだ、と、そう伝えておいた。
本当の実態を伝えておいた。

今回いろんなことが判ったが、マスコミ、テレビ局などのアンケートには、新聞社の思惑に近い回答を出すような、導くような、誘導しているような聞き方、質問によって、ああいう今のアンケート結果がでているということがよくわかった。
是は、国民のためには害しか及ばさない明らかなる奴らの個人的な都合による情報操作である。
テレビ局、新聞社のもつ下種でおぞましい情報操作の何ものでもない。

それが今回良くわかった。
新聞社の世論調査、テレビ局の世論調査に、如何にいい加減であるのかが良くわかった。
この奴らの悪質極まりない情報操作のその目的の中身について、その奴らが描く利権の構図の実体を読む力を、国民はこういうときほどしっかりととした目を、頭を持つべきである。

腐った新聞社よ!
利権食いつきだけが目的の銭ゲバ集団、腐れ組織のテレビ局よ!
お前ら、日本人の企業になれよ!

今日、いまや大イベントとなった「東京マラソン」が行われる。

都庁内に設置されている東京マラソンの事業本部に確認したら、担当者の説明の中で、国民が思う今注目されている自治体での事業仕分けの部分で、ちょっと面白い案件が見つかった。

東京マラソンは、事業としては或るマスコミと共催で行うと言うことになっているということらしいが、一つ【何で?】って思うことがあった。

東京マラソンのような大イベントを行うに当たっては当然だが相当な事業予算が発生する。当然国民や市民、企業、団体からの寄付と言うことが予算上かなり大きい位置を占める。いや、ほぼ全てといって良いほどだ。
つまり各方面からのスポンサー付き事業運営、展開と言うことになる。

東京都庁内に東京マラソン事業本部と言うものを設置して、そのメンバーには都庁からの職員と、電通の社員がそれに加わっている(都庁職員談)とか。ここで事業展開、費用等を協議して決めていくとか。

問題なのは、全国からの寄付、スポンサーから集められた資金総額の金額が、この資金の全額が、東京都庁に入るのではなくて、実は、この寄付されたお金やスポンサーから寄せられた資金の全額が、とりあえず全て全額が【電通】に入金されるとか。
何で?って。
一部ではなくて、何で全額が電通に入るの?って。電通っていったい何様?

電通に入金された総額が、電通の裁量の元に、使い道を決められ無論個別内容ごとの事業金の配分も、全て電通が行い、東京都庁には結果報告状態で、この資金の使い道を使われた後に事後報告として東京都庁が知らされ聞くという流れで行っているという。

民間企業であれば、事業の個別毎に、是にはいくらかかる、是にはいくらかかるだと、普通は自分のところで使い道のその必要な金額を、個別毎に個別ごとの業者等と聞き合わせて調整しその上で事業に必要な経費、金額を設定し、そこでそれを行ってもらう取りまとめの業者に委託するなり、直接業者と内容をつめたりする。
是が普通であるのだが、東京都庁が東京マラソンでやっているのは、とに角スポンサーと寄付金江御内外にツドル発信をし、集まったその総額の資金を、先ずはまる私で全額電通にとりあえず渡してしまって、その後に是がいくらかかったとの事後報告で済ませてやっているのである。

これであれば、国民の目から、都民の目からはその資金の使われ方が見えにくく、まるで電通が事業を行うのを東京都庁が電通に変わってスポンサーを見つけてあげる努力の全てをやり、寄付させる発信も都庁が行っている。

東京マラソンといいながら、東京都庁が鳴り物入りでやっているといいながら、実は電通と言う企業のまるで独断専行の、牛耳り状況のイベントにほかならぬ状況である。
集まったスポンサーからの資金が本当に適切な金額で使われているのかも極めていぶかしくなる形態をなしている業態である。

成功しているからこういう内容は表で指摘をするものが殆どいてないが是は明らかに行政の怠慢であり、●投げ行政の典型である。

■因みに、大阪府が今度橋本知事提唱で行うといっている大阪マラソンの場合の大阪府の是に対してのやり方の指針を大阪府の担当者に聞いてみた。
東京マラソンはこういうようにやっているらしいが、大阪府も是に近い状況でやるつもりなのかと問い合わせてみた。
【もしも仮に大阪府でそういうやり方でやれば、知事が烈火のごとく怒るだろうし、不眠もいぶかしがるだろうし、まあ大阪府はとに角直接業者と掛け合って事業資金を個別に決定していきます。増してや寄付による資金、スポンサーからの資金は当然として大阪府自体で全て総額を管理し、業者に資金ごと丸投げなどまあ考えられないし、今の大阪府ではそんなこと考えられませんし、しませんよ!】と答えてきた。

表向きかどうかまだ分らんが、大阪府のこのマラソン事業本部担当者は、一応私が思っている普通の感覚で回答してきた。是が当然であり、東京マラソンの主催者である東京都庁の行政は税金の予算が潤沢だからかどうか知らぬが、貴重な人様から集めたお金をこいつら何と思ってるのだろう。

まあ大阪マラソンについては、まだやられていないが大体われわれの思っている形で大阪府は一応やってくれることを期待するが、是を見てると、東京マラソンってまあずさんな行政の一端が垣間見えてくる案件である。

石原さんも結構優雅?な行政をやっているようで、大阪府の橋下さんとはここらでも大きく差が出てくる。つまり、税金とか、寄付で集めたお金だとか、こういう人様から集められたお金に対する行政担当の必要な認識度、その行政官としての基本姿勢、意識自体が、是を一つとってみても先ず違っているようだ。

マラソンイベントの事業予算としての金額が、私が思う大阪府のようなやり方でも、結果として同じ額が必要で費やしたと、仮にそうだったとしても、でもそれを行っている行政の直接担当のそれをやるにあたっての人様のお金に対しての行政官としての責任と言う意味合いでの感覚は、この東京マラソンイベント事業に関して、その中身について、やり方についても国民からの期待、意識からは、相当かけ離れた違いがありそうだ。

電通といえば、マスコミ、新聞社、テレビ局と、間接、直接的に取引関係としてグルグルの企業である。
こういう企業がこういうイベントの事業で、都庁とぐるぐるに成っていることには、テレビ局も、新聞社もこの内容には一切批判内容の報道を出そうとしていない。

事業仕分けと言う観点で行けば、おかしいだろうなど誰が考えても分る事案である。

大阪府の橋下知事だったら烈火のごとく起こるだろうしこういうやり方は絶対にしないといっていることを思えば、東京都庁よ、もっと子k住民や都民のために、行政官として真剣にもっと仕事をやれ!って。

東京マラソンが行われるが、寄付金とスポンサーからの金額はごっそりと東京都庁を通過せずに、一瞬でも留まることなく、集まった資金の【全額】が、そっくりとそのまま電通に入る仕組みについて、皆さんはどう思うのだろうなあ。
私は、人のお金を預かる行政の姿勢として、この東京マラソンでやっている東京都庁のお金の使い方の流れがおかしすぎる仕組みだと思うが。

大阪市が、平松市長が100%200%だとも記者会見で発言して見せた今回平成22年度分予算、これを公表したが、よく見るとその予算の前年度つまり、平成21年度分との比較数値の部分で、いかにも巧妙に見えなくしているが、増減数値にいかさまが存在しているので今日はそれを書く。

人件費について、市は21年度と比べて、35億円余りを削減したという数字が入っている。
是だけを見ると、「おう、減らしたのか」と市民は錯覚する。
表でその意味を知らさないことで、ただマイナス35億円と数値で表して見せることのみで、錯覚させる手法をとっているのだ。

人件費は何も減ってなど居ない。まだその人件費に肩代わりして事業費をその人件費につけて市の予算を使う仕組みに見えないように入れ替えて、実はその人間に関係する費用は大幅に増えているのだ。

平成22年度予算に計上した退職予定者の人数分数値は、一応700人少し余り。
この退職することによる人件費は、(仮に止めささずに現状のままでそのままで給与を支払っていると仮定した給与額総合計は約65億から70億円)700人ほどで約70億円ほど減る。ところがこのうち、再任用といってそういう制度を使って希望者はほぼ全員がその部署部局と、総務局人事課の推薦をとり、希望したものはほぼ100%再雇用される。
身分は、今まで道理の公務員として。
それとは別に、市に残らずに、大阪市の外郭団体に再就職する。ここは、皆さんもご承知の通り、ほぼ元公務員が束になって居てる団体。ここには当然として大阪市からの委託事業費(税金)が流れる仕組みに成っている。よってここに再雇用された大阪市を退職した元職員は、ここでの給与は、べらぼうに高額なのだ。

この高額な給料を払えるわけは、実は大阪市からの予算が絶対に年度ごとに途切れることなく確実に飴のように莫大に余剰状態で流れてくる仕組みがあるからだ。

話は戻るが、この大阪市を退職して外郭団体に雇用されたもの、こいつらの給料を払うためにまたまた大阪市の莫大な予算が繰り込まれるのである。また、大阪市自体も、再任用と言う仕組みを使って、せっかく公務員を退職しているにもかかわらず部局が執拗に推薦をして、推薦して市の直接職員として、公務員として再雇用して給料を延々と払い続けているのである。もう65も67歳もなってまだ大阪市の職員も無いだろうにって、公務員って無いだろうにって。聞くと、いや一年契約になっていますからだって。いかにも短期だと見せかけたいらしいが、表向きはそういうことでやってるから永続でずっと雇ってるわけではないという形は見せてはいるが、実態はずっと延々、まあ早い話が極端に言えば死ぬまで雇い続けているのが実態だ。

今年度だけでも数百人が再任用され、数百人が外郭団体に再就職し、民間の全く大阪市とは無関係になって再就職したものは皆無らしい。
是が実態である。
人件費を減らしたが財政はまだ苦しいなどと平松は言っているが中身はとんでもない。全くその以降がやられていないのも関わらず、まるでいかにも朝鮮人がやるような、それまがいの偽装工作の偽装で、市民には人件費削減したといっているだけ。
嘘もいいとこ。

人件費を事業費用に名目を変えられて、実は人件費が外郭団体への委託料と言う名前に置き換えられただけ。人件費が痛く料として加算されただけでおかげで大阪市を退職した奴らを養うために、まだ増額されている。

まあざっくりといえば、やるべき事業費を事業仕分けだといって予算を削って、己たちの食い扶持の外郭団体への委託料、それを予算として国民に見えないようにして流し変えただけである。

それと職員を永久に雇用し続ける形は一向にやめるつもりなどなさそうである。
平松のような奴を大阪市長として、大阪市民が選んだツケである。
今度は奴を選挙で叩き落すべきである。

また事業仕分けが始まりますね。民主党のショウみたいなもので余り関心はありません。もっとン内々で実質的な討議を重ね結果を出されるよ望みます。人民裁判や魔女狩りを思わせるショウは民主党離れに繋がるのではないでしょうか。

>>井上さんとやら、

現状、テレビの報道、新聞で伝えられているニュース報道、これら日々伝えられている内容が、
事実内容を隠蔽した状態で、偽装工作した内容報道をしていることを見るにつけ、それらが、実はテレビ局、新聞社の個別の利益に関わることでのみ動いている現状、それを一般国民に正しいかのごとくに信じ込ませようとしている情報操作の実態、これらに、日本国民の私として、私は本当の現実の実体を伝えているだけ。

最近の報道には、マスメディア自身の、自己企業にとっての都合の悪いことにはひたすら隠し、報道の仕事が本来の本質でありながら、本末転倒の隠蔽と言う手法で内容を巧妙に言いまわして違ったものにして一般国民に伝えようとしている。
そういう実態が今頻繁にある。

ここ1年余りが特にひどく、報道の真実を伝えると言う点で、彼らテレビ局と新聞社がやっていることに非常に危機感を覚えていて、己たち自身の自分の企業利権に繋がる発言に終始していることに、こいつら、本当にマスメディアなのかと、あきれ果てている。危惧を持っている。

私のように、一人の日本国民としてのごく普通の当たり前の意見であると思っている。

北朝鮮問題については今まで新聞社、テレビ局が本当のことを伝えてこなかったので実は真実はこうだということをあからさまに書いたということだ。
殆どの内容が、私がじかに動いて、相手の顔を見て、直接直談判で直接突きつけて得た、つかんだ内容である。
聞き伝えのような甘っちょろい内容ではない。

あのご家族の目の前で、自宅玄関前で残虐に切り刻まれて惨殺された故石井先生とも、実は、その殺される一週間ほど前に、直接話もした。
その時の内容は、無論、あの犯罪国家北朝鮮国家と絡んでいる【輩】の犯罪事案について、話をした。

>>人民裁判や魔女狩りを思わせ
るショウ


言われているようなものではないことを分ってもらいたいですね。
日本国民のためになることであれば当とかは私は一切関係ありません。
確かにこの間の衆議院選挙を問わず、以前から民主党に投票はしていますが、ですが、是々非々で望んでおり、全部が全部民主党支持と言うわけではありませんので、あしからず。

私としては、民主党政策にも、中には否定的なものもありますので。
日本での外国人在住者に無条件で参政権を与えるもろもろの法案の是非の問題とか、北朝鮮国家高級高校への学資を無条件での支給しようとする政策には、大阪府橋下知事と全く同意見で、真っ向から反対していますので。

私の書いていることは人権侵害にはなりません。
正式に入国の手続きをした者のみがこの日本国家で在住して下さいといっているだけであり、日本人でもない者が、テレビに出演してあたかも日本人のように見せかけて日本人だと偽装して、公に公言して日本に在住することは、これはダメだから、やめて、もしも、密入国をした経歴があるのであれば、一度本国に帰ってもらって、その上で正式に日本国家の法務省から永住の許可を得て、それから日本に来てもらって、住んでくださいと言っているだけ。

辿れば、少なくとも、明治に至る頃までの間の内容において、正式に日本人でも無いのに、そして、また正式に日本国家との間で日本人になったとの手続きがまだ済まされていないのに、うやむやのうちにいつの間にか知らぬ間に日本人になっていたり、また、何にも手続きがされず密入国してきた者までもが、公の放送中に【自分は日本人だ】と言うことが、それがおかしいだろうが!と、私はごく普通のことを言っているだけです。
正式に手続きをして、そこからものを言え!って、私はただそう言っているだけ。

1、住宅供給公社(住まい公社)、
★要らない組織

2、UR都市基盤整備機構
3、JS日本住生活
★やみ専従
★自治体、及び国の予算をきちんと正当な価格で現場に配分していない。いわゆるピンはねの本丸の組織団体。

4、雇用能力開発機構
★全国に存在する組織内の職員の半分以上が、実は血族血縁者の、親類縁者のコネ採用職員であふれている組織。

5、雇用住宅促進機構
★国からの事業を丸投げ委託状態。その金額も、正当な価格設定で委託をせず、予算を結果として内部留保でピンはね状態。


6、日本スポーツ振興協会
★実は早い話が要らない組織団体。自治体からの委託事業については、全て再委託で丸投げで外部に不当極まりない価格設定で委託している。結果事業予算の殆どを内部留保に入れてピンはねが横行している。
ここがあるおかげで、退職した公務員、現役の出向公務員をべらボーな給与でもって食わせている全く必要も無い組織であり、自治体の窓口でも十分に可能な業務内容をやっているだけ。全く要らない組織。

7、全国自治体の、
【ゆとりと緑振興局】
★自治体で起きている「植林と言う名の予算の裏での、表で見せない蔭で一斉伐採に使われている予算」のおかしさ。
植林による緑を増やすという本来の目的とは違う向けの、蔭で行われている不合理な実態。
ここにも、自治体から委託された業者による順々と孫受けへと丸投げ構造が存在し、実際の事業費の5倍ほどの騙し取られ予算が使われ、貴重な税金が現場では植林の予算のはずが殆どの費用が実は伐採と言う形で発生して捨てられている。
全国自治体でよく追及されている部局であるいわゆる環境局と同様に、ここの緑に関する予算の使われ方は、無駄の典型的部局である。

8、全国自治体の、
【社会福祉協議会】
★「介護に関する役所の現場職員の無頓着」

9、全国の自治体に有る保健センター、
★保健師を初め、センターの課長職を初め、まともに国の意思通りに稼動していない。職員の意識が全くなっていない。命の部分を対象としている業務であることの意識、認識に著しく欠ける。
この事業における現場の窓口で直接対応するべき職員の意識が、そこらへんの公園事務所で水を撒いている程度のレベルの感覚で業務が進行しているのが実態。
こんな奴らが、一人ひとりの命の部分のセーフティーネットの仕事を任せさせて大丈夫なのかが大いに疑問である。この件での具体例は又後日書くことにする。


10、全国にある、就学援助組織
【○○育英会】
★この組織は、有志の方らのご寄付とか善意のお金、自治体からの貸付金で事業運営がまかなわれている。就学援助金の貸付等が主な事業内容。資金の中には貴重な寄付金と言う善意のお金が含まれている。
そこでだが、
全国の皆さんは、ここに座っておられる理事長、他の役員連中、自治体からの出向職員らは一体どういう立場なのかをご存知だろうか、
常勤の理事長の給与は、自治体の税金から支払われる。この理事長は自治体の幹部だったもので、自治体を退職後、ここの理事長に就任天下りしている。
年収の給与は、お決まりの1000万円を大きく上回る。
貧しい子供たちや、交通遺児などそういう子供たちへの援助を目的に作られた組織で働く?いや、そこに居てるだけのものらの給与が、こういう莫大なものでいいものか。
ヨーロッパ等でこういう事業が行われる場合、その職員や理事長、センター長等は、殆どがボランティア活動である。名誉に思って自治体等で活躍された人が最後のご奉公で奉仕でそこで勤めるのが殆どである。

日本は、情けないことに、公務員の守銭奴振りが見え見えで、そういう就学の援助等の団体でさえも、そういう奉仕活動に近い事業にまで、こういう腐った奴らが金目当てに天下りで高給を取る。
こういう理事長が歴代順繰り順繰りに自治体から退職後に指定席のごとくに天下ってくるその図太すぎる欲ぼけた神経を疑ってしまう。ここまで腐ってるのかと。
子供たちへの全国からの善意の寄付を集めた就学援助の団体だぜ!って。
何を考えてるんだ!って。

奴ら一人の莫大な年収分のこの給与の額で、この額で、援助を必要としている生徒さんらを、一体何人もの生徒の就学援助費用がまかなえて可能に出来るのかを、こういう理事長としてやってくるこいつらは、奴ら考えたことでもあるのかねえ。

そんなことを思わないような奴が、こういう目的の事業の理事長には、当然としてふさわしくねーーだろうが!って。
こういう組織は無収入で良いだろうが!って。

公共の職員を長年勤めてきたんであれば、その恩返しでもやれるだろうが!って。名誉職と言うのを知らんのかねえ。
奉仕が名誉職なんだぜ!って。

公務員が如何に守銭奴に腐り果てているかがよくわかる実例である。

これらは、ごく一部、まだまだある不当にやっている特殊団体、特殊法人。
今後まだまだ羅列して書いていくつもりだ。


今朝、テレ朝のスパモニ内で、岐阜県高山市の、社会福祉協議会への国からの補助金が一部カットされたと言う内容について、テレ朝がレポートしていた。

内容を見ていて、こんなところにも仕分けがと言う思いは思ったがだがちょっと待てよと見方を変えてみた。

内容は(是は高山市の社会福祉協議会職員の返答)、
「高山市が行っている老人憩いの場というセーフティーネット事業において、岐阜県高山市所轄の総合福祉センターからその事業を丸ごと業務委託された、その地域の「社会福祉協議会」に、例年支給されていた補助金が、国からの補助金180万円が、これが来年度予算から民主党の事業仕分けで今回カットされることになったというもの。

事業内容を見ているとなかなかいいことのようにも思えるし金額的にもそう張るものでもないし、カットになったことはまあちょっと残念だなあと思ってしまった。

ここでちょっと思い出して欲しいんだが、全国にある社会福祉協議会と言う代物、こういう団体のものには、いまどきおかしいだろうがと言うものが非常に多くて、非常に問題が多くて、その補助金も必要の無いものが全国にはものすごく多いのも事実なんだが。

超問題のある大阪市で例を取って書いてみる。

岐阜県高山市にあるこの社会福祉協議会のこの事業にのみに限っては、これに関しての場合には、まあ必要かもで、そこで働いている市役所を退職後にその社会福祉協議会で働いている元公務員の人2名だが、この人らは身分は高山市の職員と言う身分ではなくて、嘱託として雇用されており、あそこでは、事務局長でも、給与は15万円で雇用されている。市の公務員の当時には課長職であったそうだ。
当然給与は当時は結構な給与をもらっていたと思える。
gフェん剤は嘱託の身分で、勤務状況は地域をこまめに歩いて直接地域の人らと接触もし、地域のために、聞くところでは結構頑張っておられるようである。
市に在籍していた当時には課長職で相当な給与をもらっていたはずであるが退職後の今の社会福祉協議会でのもらっている給与は、わずか月給が15万円。もとのもらっていた給与から考えて彼にすればほぼ奉仕状態の給与での勤務状況で、本当に市の職員当時とは雲泥の差の条件で執務し、薄給の奉仕に近い給与となっている。

それも定年前に肩たたきでの退職であり、そこらへんの全国の社会福祉協議会で勤めている公務員にはなかなか出来ないことを高山市に有る社会福祉協議会の彼らはなされているようである。

それを考えれば、大阪市社会福祉協議会の実態など目を覆うばかりの実態である。
大阪の社会福祉協議会は、基本大阪市からの出向の職員がつまり公務員として、市の職員としてその身分のままでこの社会福祉協議会のメンバーとして座って在籍している。
つまり、退職等の職員をあてがうとか、嘱託等の身分ではなくて、身分は公務員のままで、それも市の課長とか課長代理という役職をやっていたものらクラスのものが、もう遊びに来ているが如くにそこに在籍し、出向職員と言う立場なので、そのことでの手当てまでもが付く。
結果こいつら、大阪市の社会福祉協議会の職員の給与、年収は、一人で1000万円を有に超える。

高山市の、そこで同じ社会福祉協議会で働く職員、この人の給与が年収で200万円いかない金額。
比べて、大阪市の場合だと、社会福祉協議会の職員の給与が、一人で、年間で1000万円を超える額。

■是はやっぱりおかしいだろうがって。県が違えば是だけ違うのかア?って。地域自治体としての国から補助金をもらってるものらとすれば、同じはずであるのにである。
福祉事業としては同じ目的、同じ業務をやってるはずだぜいって。
一体、どうなってんだア?って。

早速大阪市の市政改革室と、行政改革の部署にこのことを伝えた。

社会福祉協議会で行う事業で、大阪市と、岐阜県高山市の事業内容で、それに携わる人らの給与が、これだけの、是だけ大きな格差の給与差が出る違いは一体何なのか、そんなに大阪市と岐阜県高山市とでは福祉に向けての対策、労働に差があるのか、内容の高度さを要求される度合いがそこまで差をつけるほどの内容差があるのかを答えてみてくれよ。
と、担当者に正してみた。

【業務内容についてはおそらく余り差は無いでしょうねえ、そして、聞いていると岐阜の職員の方は地域に直接出向いて、直接お年寄りに手をつないで一緒に現場でやられておられるようですし、そこまで手を差しのべて社会福祉協議会そのものの本来のその趣旨である地域活動とともに手を携えての福祉活動と言う部分に、日々熱心にやられているようですねえ、社会福祉活動に汗を流しておられるようですねえって、まるで、人事のよう。

それで行けば、大阪市の各社会福祉協議会では、そういうところまではしていなくて、市との連携、地域のごく一部の役員さん等との連絡、連携だけで、実際に現場に出向いて個々ごとにご老人と手を携えてというところまではやっていませんねえ。
殆どが住民がそのままで動いているというのが実態ですねえ。

と言うので、
【それであれば、大阪市の社会福祉協議会など要らないだろうに、もっと実働で動けるようにしないと何にもならぬ。
ましてや社会福祉協議会などと言う名称までつけて、いかにもそういう福祉の手助けを市が手伝うという趣旨でつけていながら、実は公務員が想像を絶する高給で、現場では何もせずに、ただ市の担当者との連絡を取り合うだけで日々過ごしている実体は、もう必要の無い組織になっているだろうが!もう今年度のみで、こんな組織に出向させて予算で高給を払っている連中は、大阪市の本庁に早急に戻して、もう、この際こういう福祉団体で働く人らは公募して一般に公募するか、市を退職した者に嘱託と言う身分でも良いけど、とに角薄給できてもらったりしてやれば良いではないか。
給与はボランティアレベルの低給だがやってくれと、ボランティアでできる人を公募し、今のような職員は、即刻で早急に本庁に戻ってもらえと言ってやった。
税金の無駄もはなはだしい。

そうすれば、大阪には区が20以上あり、それぞれで、各社会福祉協議会にはこういう連中が最低でも2名づつ以上が所属して居てるので、そいつらのその給与だけでもあわせれば年間で数億円と言う莫大な金額が浮き、お金が、予算が縮小されて、そのお金で福祉にそれを回せる。
又、大阪で余ったら、そのお金をこういう岐阜県の高山市のようにボランティア状態に近い形でやられている事業に補助金カットせずに、可能なのであればだが、このお金をそちらへまわせれば良いわけであり、これこそ、民主党が掲げる【予算を根こそぎ引っ剥がして組み替えて配分を根こそぎ変える】ということに繋がり、そこから必要な使い道の優先順位を付けられるわけだ。

こんな大阪市がやっている社会福祉事業など、即刻で中身ごともう一度ゼロにしてやめてしまえって。
現状そこで働く職員から、もうガラッと変えてしまえば、事業としての本来の目的である予算を出来るだけ使わずに汗をかいて、それぞれの地域住民への相談、福祉に手を差し伸べれるわけだ。

現在の社会福祉協議会はこの相談と言う部分で、自らは一切動かず、一般人の相談に行った数、人数、その集計作業、その統計を取るだけで、今月は職員が何件の相談の相手をしたという記録だけの作業をやっているだけで物事の解決策の相談には程遠い状態の業務しかやっていない。
奴らはそういう人が何人いてたかの数のみの集計をしているだけ。それでこの数によって予算が増えるわけだ。中身ではなくて何人そういう困って相談に来たかの数だけが知りたいだけ。それで奴らは是だけ相談される人が居るから対策費が是だけいるというように予算を取るわけだ。だがその予算はその中身には一切活用されずに、ただ扱った、窓口に来た人数、その数値、それだけが必要なのだ。
数の集計のみの作業に是が、そんなことのみに費やされるだけなのだ。
こんなもの福祉行為でもなんでもない、アンケート取りだけの業務行為である。それに予算の全てを費やしているだけで問題の解決にじかに自宅を訪れて聞いてみるとか当は一切や労ともしない。奴らは何人が相談に来たのかのその数のみに予算を費やしているのである。

こんな作業に高い税金を払って職員を雇う必要も無い。
予算を捨てているようなものだ。

岐阜県、高山市社会福祉協議会。

中身を再度聞いてみた。
ここの職員は考え方においても社会福祉事業に携わるべく本当にボランティア思想が中身で仕事に対処しているのかどうか、資金面での事業ごとの執行の過程においても、本当にそうなのかどうかを。

民主党の事業仕分けが本当におかしくてひどいものだったのかどうかを、今回は、この間とは突っ込みの角度を変えてみて担当に再度確認してみた。

結果全国にある、社会福祉協議会の持っている問題点を、ここの高山市の社会福祉協議会もやっぱり持っていた。
確認してみて、
是であればこの間の事業仕分け作業でこの高山市の社会福祉協議会への国からの補助金等の予算が削られたことは、是がやられたことはやっぱりそれなら仕方が無いなあと思った。

民主党が事業仕分けするのも致し方ないと思った。

聞いてみた要旨は次の通り。

■私、
【社会福祉協議会の年度ごとの事業資金となる予算は、国からの補助金が高山市に支給され、その一部が当然市役所から福祉事業の予算として社会福祉協議会に支給され、それで行うということになっていると思うが、それとはまた別個に、一般国民、県人、市民の方ら一般の人からの有志の方からの心づけや寄付等も当然その事業予算として社会福祉協議会に集められてプールされるよな、そういう寄付のお金も含んでいるよな?  そこで聞くんだが、昨年度社会福祉協議会が収入として入った全ての金額、この金額は、残金がただの一円も無くなったのかア?
事業をやるときには高山市からの通達で行っているらしいが、その時に、社会福祉協議会には今いくら資金が残っています、後是だけの金額が足りませんと言う形で高山市に連絡しているのか?

それとも、高山市から、この事業に国から是だけの補助金のお金が出るからこの額でやって欲しいといわれたら、社会福祉協議会にその折にいくら残金として使っていない予算が残っていて、補助金が無くても残の予算が今まだ残ってますからできますよと言うことは一切言わずに、足りていたとしてもそのまま頂きますといっているのかどうか。

予算の予備があろうが、そういうことは全く関係なく、ただその補助金をそのまま何にも言わずに満額受け取っているのかア?
その事業がもしもそのときに500万円必要だとして、社会福祉協議会にその折に予備でたとえ200万円のお金が仮にその時に協議会側に残っていたとしても、200万円あるから後300万円で良いですと、あるからそれはもらわなくても出来るとは言わないのかア?
一切言わずに、その残っている予算のお金で少しつぎ足してもらえればいいという場合においても、あわせればその事業が出来る金額があったとしても、あっても、それでも補助金でもらえる金なら、何も無条件で余分であっても、もらったお金は当然であるがごとくに、お金は余るけど、必要だと言って受け取っているのかア?】と聞いた。

社会福祉協議会曰く、

【国からの補助金を断る筋合いはありませんので当然受け取ります。あなたが言うように、何か個別の福祉事業をやる上で、もしも仮にその時に社会福祉協議会に予算で余った金額があったとしても、あくまでも国からの補助金と言う名目で渡されるものですからあまっていようが関係なく頂きます。】

こう答えて来た。

この発想が、そもそも根本から問題なのだ。
国民や地域の人からも寄付を受け、集め、それと高山市からの予算移譲で成り立っている社会福祉協議会がその年度にやる事業をやっていて予算がいらなくなって遣わずに残るケースがあるはずである。
また、このご時勢である。割安ですむ場合も有る。
その折には、是だけまだ資金は使わずに残っていると、あるので足らず分だけを市のほうからとか国からつけたして下さい、そうすればこの事業は出来ますのでと、何故そういえないのかと。

予算は足りていますから、残金は全てはたけば何とかなりますとか、そういう全てを吐き出して、その上でどうしてもいくばくかが足りないということで、是だけ足りませんと、この事業は絶対に必要ですからと、こういう流れでやればいいものを、協議会に当時金が残っていてもそれは確保したままでただ補助金等をひつこくテレビ報道を通じてまで要求するこのこういう自治体の委託団体の特質、ここが今のこの日本の一番の行政部分での問題点である。

是を変えてしまわない限りこの国は変われないし、国民が豊かになどなれずに公務員の天国を国民が支えるというとんでもない下種な社会構造は一向に変わらぬ。

■補助金云々がでた折に、その折に、資金が協議会に少しでも残っていたなら、それを全て吐き出してから、そこから後是だけ足していただければその事業が出来ますと、こう何故言えないのか!と。

こうして再度もう一度聞いてみたら、再度確認をしてみたら、この間民主党が事業仕分けして予算をカットしたのはひどいといっていた高山市の社会福祉協議会の言っていること自体がおかしくて、民主党が予算をカットしたのはごく当たり前であり、ごくまともであることが分った。

ひどいのは、民主党が事業仕分けしたことによって予算がカットされ減額になって、それなのにこいつらは自分らの都合のいい事業の予算は例年通りにそのままで執行し、年度に協議会自体に収入として入ってきた予算の余っている含み資金はこういうものには一切吐き出さずに、そのままに抱え込んだままで、そのくせテレビ向けで全国に向けて、【事業仕分けのおかげでカットされた】から、社会福祉協議会が大事にしてきた事業の【老人へのお世話事業】が出来なくなったと、都合いいように勝手な言い回しでマスメディアを通じて理不尽だと報道させる。

■こういうとんでもない公務員のご都合主義の我欲気質は、今日にもやめろ!と怒鳴りつけてやった。テレビ朝日の朝のスーパーモーニングの中で放送されていたが、その折には鳥越さんだったが、山口さんもこの包装をもう一度見て見直して欲しい。公務員の言っていることを丸ごと放送しちゃうと公務員の都合のみで進行し、公務員の都合は、聞いているとまんまと国民はだまされるので、そこらへんをよく見て欲しいものだ。

今回の事業予算は、わずか180万のお金、この予算も無いのかと問い詰めたら、そら内部資金はありますけど、だって。

それなら一円に至るまで全て吐き出してそれの予算に使えば良いではないかと突きつけてやった。

非営利団体の社会福祉協議会が、含み予算を持ってどうするのか、残りが残っているなら、全てそういうところに使えば良いだろうが、いちいち国の事業仕分けの精だなどと都合よく言いやがって、もうおろかな餓鬼論はやめろよ!って言ってやった。

いい加減で、国に国にと言う、もうそういう愚か者の発想はやめて、自ら集めたお金があるのなら、そのお金を先ずは全て吐き出してそれに当てて、その上で足らなければ要請すれば良いではないか、自分らのところに内部に抱えて残した予算の、その余ったものは出来るだけ抱え込んで、国に国にと頼んでいるから、いつまで経っても赤字ばっかりになるんだ!!
国に頼んでいればいいという、そういう金だけを当てにする。
ふざけんな!って。

内部に余分なお金がまだ少しでも残っているなら、まずはそれを先に使ってやれば良いだろうが!
それでやれば良いだろうが!って。

こういう流れの会話になったが、後半になって、そういうように問い詰めたら、もう一切返事が返ってこなくなった。
私が問い合わした初めには、
【民主党の事業仕分けで予算を削られてお年寄りにやっていた福祉事業が出来なくなりました、ひどいです】って勢いよく言っていた奴が、急にしょんぼりしちゃって、
【はい】、【はい】、【はい】、【はい】、、、、、、、、、。
それしか答えられない状況になっちゃった。

どいつもこいつも、どこの自治体も、自治体の公務員や、国の公務員が、少しでも関わっているようなどういう団体でも、どういう組織でも、まあ公務員の腐り方、ひどさが目に余る。

自民党と言う長期政権の下で、まさにそこで野放図にこぼされていく餌を薄汚く漁る犬状態だった読売グループが、こぼれの落ちてきていた自民党から、いざ、政権が自民党から離れて政権交代した途端に、犬状況でむさぼりついていた餌の、そのこぼれが激変して激減し、わずかとなり、焦りだし、ひねくれものの乞食状態になっている。

政権交代と言うことが、実はこんなところにも現れており、国民の収めた税金、また、国民の懐にまでも、長年にわたってひたすら卑しく恥じも知らずにむさぼりついてきていたその汚らしい実態が出てきて、是まで自らが都合よくカーテンで隠された状況で国民から見えなくして結果中身が国民には知らされずに見逃されてきていた内容が、今回の政権交代でぞろぞろとで出してきだした。

欲のために、余りにも浅ましく、人間として、報道を携わるものとしての方法論も、恥を知らずなりふり構わずにわきまえずに、ただ欲に突っ張って思惑を見え見えでさらしだして(当人らは素性が素性だけにまだそれが恥だとは気付いてさえも居ないようだが)その姿をここ暫くモロにあらわにしだしてきた。

奴らの実態はそもそもがその本体の実態は、人間として普通に見ていると、そこらへんのチンピラがたかりをかけるがごとくの情報操作で、まるで薄汚い狐状態だったという事が、今回の政権交代と言う激変でよく現れた。
その卑しき本性を国民の目にさらすことになっている。
ここまで国民にさらしだしていることに連中はまだそのことに気付いていない。
日本の新聞社のレベルの低さと、金にむさぼりつく薄汚さが、ここまでひどかったのかと、ここに来て全国の日本国民によく見えてきている。

見ていると、今の新聞社、テレビ局で日々やっている報道は、その発想の根本部分に於いて、その家庭、学校、素性、その育ち、そういう人間が大人になるまでの人格構成の部分で、報道するもののその本人がその元になっているものが、現場でその言葉の使い方の進行の展開の仕方、その報道の目線の角度、手法も含めて、現状や面がやっていることは日本人にはちょっと理解しがたいような、やり方の方法がまるで島田伸助や、明石屋さんま、上沼恵美子レベルで、今までここに至るまで、いろんな世界、さまざまな社会の激動も見てきた我々とすれば、ひたすら夢中で日本の歴史を生きてきた者として、普通の日本人感覚からすれば、こいつらのやっていることはちょっと下司過ぎて到底許しがたい状況である。
日本の新聞社、テレビ局の、報道に携わる者らの余りにもおろかな低レベルさに、欧米の記者から辛らつに非難が出ていても、そういう内容は国民には一切知らせずに報道せずに全く自覚すらしていない。
記者のレベルの低さには国民である我々は、その下司で、薄汚い欲の塊のような連中のやり方に本当にあきれる果てるばかりだ。

実は日本の検察庁にも、このことがいえるのである。
■あの田中角栄を逮捕したロッキード事件当時の捜査部門に携わっていた連中と、現状の東京地検特捜部の今存在している連中、こいつらとを比較すると、現状の奴らは手に入れる金まみれの薄汚いハイエナのような連中が仕切り、現在の東京地検特捜部は、もう日本国民が正義を貫いてくれると信じたあの昔の東京地検特捜部では全くないのが実態である。
あの昔の東京地検特捜部とはその心根からして金欲にまみれた薄汚い連中にと取って代わられ、もう国民とすれば、日本の正義はどこに行ってしまったのかと思って間違いが無い。

その警察庁、検察庁のその薄汚い構造を暴くどころか、その金にむさぼりつく手錠をかけられるべき内容を持つ警察庁と検察庁の実態を、この現状を、実態を、行状をただひたすら隠そうとし続け、報道で一切触れず又追求などはさらさらせずに、グルになって隠しているのが実は【新聞社】なのである。
なかでも、特に読売新聞社。
あの、たかが聞屋上がりの渡辺恒夫が何をトチ狂ってるのか、一体何様のつもりなのか身の程知らずに偉そうに、わが国の、この日本の政治にまで口出しをするのなら、己が会社の記者連中が警察庁と検察庁の犯罪については一切隠して出さないことを普通に怒鳴りつけろよ!ッ手。
己の足元の管理もろくにまともに出来ぬものが、事もあろうに偉そうに、ましてやお前らたかが聞屋レベルが偉そうに口出しできる世界ではない。そこらへんの居酒屋ででもで与太ってるぐらいで十分にだろうが!って。お前らは、所詮はそのレベルなんだよ!。
大きな顔してカメラに出てくるな!。
いい年してんだから恥を知れ!
恥を!

捜査技術についてはそうは変わっていない、と。
われわれ普通の日本人の感覚から行けば、日本人ならそんなことはやれないだろうとか思ってしまうんだが、だが奴等を、時々の事件及び犯罪行為の具体例を出してその折ごと伝えたときの奴らの対応を見ていると、見ていると、異常なまでに訳もわからんものにむさぼりつくその薄汚さ(ひたすら金に関係するものに。それも、己に入ってくるのか入ってこないのかだけが根本の発想にあるようだ)あの到底理解に苦しむ様子、素性がそのままである。

具体例でちょっと書いてみる。
昭和50年前後の折の所謂あの【ゲーム機賭博事件】、あのときに実は国民の多くもその違法賭博行為をやっていたようだが、実は、読売新聞社の当時の現役の社員連中が数百人レベルで、近くの喫茶店等で違法と知っていながらそれをやっていたのだ。

当時はまだコンピューターによる字詰めが完全ではなく人の手による活字詰め作業が行われていて、読売新聞大阪本社だけでも約2000人ほどの社員が、この作業を担当し、それをやる社員が当時ものすごく大勢いてたことがある。
伸也の2時ごろまでその作業をどこの新聞社もこういう活字を手で詰めていく人らがそれぞれのその作業に携わっていた。

この連中の何人かが、その後に全国規模で事件として発覚した汚職警官が存在したあの大掛かりな警官の不正汚職事件に発展した【ゲーム機賭博行為】、これをそのゲーム機を設置していた店舗や施設で金を賭けてやっていたのだ。

この事件は当時大阪府警本部に所属する警察官、及び警察関係者だけでも、大阪府警の場合だけでも、合計で108人もの現役の警察官下警察官の者が逮捕、摘発、懲戒処分等の処分をされたのである。当時の大阪府警察学校の当時の現役の校長がビルの屋上から投身の自殺をしたことでも有名である。だが私はこの自殺に疑問を持っている。私はこの自殺は自殺では無くて実は殺人だったのではないかと今でも思っている。

この当時、新聞社は、テレビ局は、汚職等はほんのちょっとだけ新聞報道で紙面で出したが、実は、新聞社、テレビ局の、自らの己の会社の専属の大勢の社員が、実は実際にその賭博行為に相当数で現場で直接それを行っていたことには、記事の紙面には一切触れずじまいである。

こやつらは、己らがやったとんでもないこの賭博行為については、国民には一切知らそうとはせずに、反省の記事も書かず、恥も知らずに、このことにはその後も一切触れないのを常道としているようだ。
つまり、警察庁や検察庁、テレビ局、新聞社も含めて、奴らは、金に関することであれば、恥等事は一切知らない存ぜぬという細胞で育ってきている輩のようだ。

こいつらは、人間の犯す本当の犯罪と言うものを、根本から、幼い頃からダメだという意識を育まずに、また自分の家でもそういう倫理についても、おそらく家族みんなで語り合ったことなどもうとう無くて、又親からは、薄汚くてもいい、とに角旨くひたすらすり抜けて人生を生きる方法のみを教えられて育っているようである。

人間の痛い部分の根本部分を見れない心根に育っているようである。
そういう人間の一番大事な部分、命の存在部分、心の痛さを紡ぐ部分、これらをほぼ教育されていないようである。
是を教えられずに育ったら、人間とすれば欠陥でダメだろうというその肝心なそこが、抜け落ちていて、育つ環境の中で親からはそこを知らされずに育っているようだ。

こんな連中が、偉そうに日本の大新聞の記事を書いている。
それも口の利き方が、ペンの進み具合がまるで指導するがごとくの言い回しで、言葉の使い方で。

お前ら(読売新聞)に言ってやるよ!

【少なくとも、現状いてるような、現在、新聞社でテレビ局で今報道の記事を書いているような連中、そんなレベルの新聞社、テレビ局の連中が、日本や世界の政治を動かせられるなどと思うような事は先ず無理であることを自覚するべきであり、こいつらなどには、自分らでは能力的にも到底到達できないであろう正論の社説を、いかにも正論ぶって、あたかも正論かのように見せかけて記載するこの恥知らずさを、国民は知っている。

正論になっていないのに、当人らは是が正論だと書き、我々から見たら普通にそれは捻じ曲げた正論まがいにすぎず、それをあたかも普通の国民の意見だなどと情報操作の江作で記載して載せ、こういうやり方、情報操作を必死でやる手法は、まるで【北朝鮮工作員】と全く同じ手法である。

【仲間(党内の人間同士を)を告げ口状況で分断させる手法とか、政策で支持される内容については、あれはまあまあ良かったがだが是は!と言うようにいい政策についての政策の中身には一切わざと触れずに、そこからは国民の目線は離そうとする手法、是は、北朝鮮工作員がもっとも得意にする手法で、奴らが最重点的に訓練を受ける内容なのだ。

そういえば、
■現状の【テレビ局】、【新聞社】には、北朝鮮のものがわんさか居てるということを、或るジャーナリストがつい先日テレビの生放送で喋っちゃった。もう司会の者のその折の顔の表情のうろたえようったら無かった。

それを見ていて、よく言ったなあと、俺は、思わず笑ってしまった。こんなことすら今まで誰も口にさせなかったのである。

このことを日本国民は、どこまでご存知なのだろうか。
実の実態は、テレビ局にも新聞社にも、テレビ番組にも、番組の制作側にも、周辺の関係者にも、現状、今の今も大勢の北朝鮮者が存在しているのだ。

書類上の記録として残るものは、彼らは全てが密入国者である。
ここを日本国民はよく見極めておくことである。
ただの一人として正式に書類上の手続きを経て日本国家から正式に居住を条件で日本国に入国してきた朝鮮半島人は一切存在しない。
つまり今存在している者らは過去記録上は全てが密入国者なのである。

日本国は、歴史上、朝鮮半島人、及び特に北朝鮮人に対して、北朝鮮から日本国家への居住を含む正式に入国の許可を正式に国として手続きをさせて書類も整えて正式に入国を認めた者は記録上も、国家政策結果としても一切存在していない。
法務省には、正式には、全てが不法入国者扱いとして記録されているのである。
ただ、終戦のドサクサで日本人に成りすまして朝鮮半島人でありながら現在日本人に成りすまして、戸籍上も成り代わって偽装して日本国で現状日本国内に在住するものが数百万人いてるとも言われている。
記録を見ればすぐその奇妙さが誰でもわかる。。
■不思議なことに、あれだけ激しい空襲だった大阪空襲で、大阪空襲では大阪に住んでいた当時の日本人が記録として、殆ど死んでいないのだ。
東京空襲ではあれだけ大勢が空襲で死んでいるのに、大阪ではなぜか、記録を見ると、死者は異常に少ないのである。
大阪の法務局の戸籍帳簿が空襲で消滅してしまい、日本国籍を持つ当時の大阪在住だった日本人の戸籍登録の原本そのものが証拠となるものがなくなり、記録が消滅したことで、全国で無法の限りを尽くしていた朝鮮半島人が、朝鮮人がその折に突然に日本人に成りすましたというのがおおよそのみんなの判断なんだが。
それは空襲の規模による死者の数と、現在記録されているその誤差がちょっと考えられない数値になっているのだ。
つまりあれだけ激しかったはずの米軍のB29による大阪大空襲でも、不思議なことに大阪人は殆どが死なずに生き残ったことになっている。
そんなこと信じられると?
誰も思わないよなあ。

日本人家系で当然だが日本人としてあの空襲で死んだはずが、あの世から見ている、何と何と、不思議なことに自分はまだ生きていることになっていて、自分の家系の末裔になぜか朝鮮人の血がいつの間にか知らずうちに入ってきてるということになる。しかもそいつは日本人だと名乗って。
空襲で死んだはずの、死んだ自分は先祖代々日本人だが、今自分の名前で生きている偽の自分は、朝鮮人の血を持つものとは、これ如何にである。

あの大阪空襲で亡くなった人は死んでも死に切れないだろう。あの世で恨んでると思うが。財産もそいつらに搾取されちゃって。

【俺の系図の血を、お前ら一体どうしてくれるんだ!】って、その偽者に対して大声で叫んでいることだろうに。

きっと叫んで怒っていることだろう。

さあ、いよいよ事業仕分けが始まる。
昨日までの報道を見ていると、私が書いた
■【UR】、、、都市基盤整備機構、

ファミリー企業である
■【JS】 、、(日本住生活)

これらは当然だが入っている。

この2組織は、犯罪行為と思えるとんでもない業務行為を行っている組織である。


また別に、それと、全く要らない内容が殆どの組織であって、この組織が必要も無いのに在るおかげで、わざわざそこを通じてやらないと出来ないとんでもない組織がある。
全くこんなところを経由させて申請など全く必要も無いにもかかわらず、市民の申請内容がここを絶対に通過させないといけないようにわざとさせている、そういう内容をわざと作って存在させることで自治体の予算から委託料をせしめ、要らぬ公務員、元公務員がここでのうのうと食いつなぎ、とんでもない組織団体になっている。

そうなっているんだが、そこに必要も無いのにわざわざ申請させられるために、わざわざ市民は会社を休まねばならず、その上、その団体の担当者の勝手都合に合わせて予約日を勝手に決められて告げられる。
その当日には絶対にそこへ申請にいくことになる。区役所の戸籍課で十分処理が簡単に出来ることなのに、市はどうしてもここに食わせてやりたいらしくて、わざわざこの住宅供給公社なるものを経由通過させなければ、申請内容が認められないことになっている。
戸籍係で物の10秒ですむものがここを通過させることで半日以上の時間を拘束され、会社を休まずには申請が出来ないようにされている。

ここは市から委託されているといっているが、全く邪魔な組織であり、すぐにも消滅させても国民市民は何の不都合も無く、かえって申請が楽になる。
要らぬ団体、組織、公社である。

天下りと、退職した元公務員が大勢でわんさかとそこで食わせてもらうための組織。

全く要らない組織。
■【住宅供給公社】、、(住まい公社)

橋本知事が進めようとしている【大阪都】構想、

是を実現したら、公務員と、元公務員に渡っていた大阪の税金が府民市民の手に戻ってくる。
まあ今の段階では推定の概算であるが。
だが、よく考えて欲しい。
府民と、市民には一切還元されていなくて公務員と元公務員にそのまま使われて今までただの一円も市民や府民に一切使われていなかった無駄な金額だけで、この金額だけでも実は大阪だけでも8800億円にも上るという。

この8800億円と言うお金があれば、梅田から関空までの間をモノレールで結ぶ工事を完成させてもまだ3000億円ほどあまってくる。
それほどのお金が実は今まで市民と府民には一切使われていなくて、公務員と元公務員の費用にのみ使われていた。

この莫大な8800億円と言う金額のこの莫大さと言うものが、改めてその大きさがわかることだろう。

まあ仮に概算予定額で1000億円誤差があっても、まだその額はものすごい金が余ることになる。

この金額が今まで市民や府民に使われていたのならまあちょっときついが、実は今まで市民や府民にはこの8800億円は一切使われずに、毎年ただ公務員と元公務員のみがこの恩恵を得ていたとなれば、是はどう考えても橋下知事にはすぐにでもやってもらいたいものだ。
予算で支払われているこの贅沢な出先機関や二重行政での新聞購読料も目に見えて激減するだろう。


市民、府民からすれば、この8800億円と言う公務員の手から莫大な取り返したこの金額のその使い道に国民はものすごく夢が出てくる。

市民府民へのサービス向上、医療体制の整備、科学技術分野の特別特区構想、あの山中教授の研究にも、大阪をあの教授の研究特区にして、世界中からこの大阪に先端技術の研究開発者を集め、人類の生態学からしての究極の研究であるから、そこに桁外れの思い切った予算を投じることも可能に出来る。

他いろんなことの政策の可能性の分野が広がり、【大阪都】が、日本中で、もしかすると飛びぬけた特区に成るかも。

首長が替わると内容が行政の中身が是だけ違うのかと言うことが日々見えているところに、今の知事の、橋本知事の存在が市民府民にとって見れば大きくなっているのだろう。

読売新聞は、橋下知事が当選して初の登庁時のその当日に、大阪府庁舎内の庁舎内での新聞の購読数をその日の内に大きく解約させて、年間それだけで8000万円もの予算使用を削減させた。
こんなことをやった知事はいまだ聞いたことがない。
このことが大きなインパクトを与えた象徴的なことであった。知事がどういうことをするため日時として乗り込んできたのかを府の職員、各市町村に大きく影響を与えたのである。
この今まで野放図に誰もやろうとしなかった新聞の購読数を徹底して無駄だと激減させたことの意味は、そのことのみの内容以上にものすごく大きかったと思う。

だが、読売新聞社はこのことで何をやりだしたかと言うと、このことがあって、もう橋下知事に対してその日のうちから徹底して因縁をつけているのかと思われても仕方がないほどのネガティヴ記事ばかりを載せていて、アラ捜し集中を始めて追求しだした。
もうまるでそこらへんの低レベル極まりない状況であった。

だが圧倒的な国民の支持があるので、追求がなかなか難しくて、それでも薄汚くねちねちと言葉尻を捕まえては追求することをただそれだけを探すというもうあきれた能無しの姑息な報道に徹していた。

でもいつまで経っても橋下知事の支持率が下がらずに、どうやって人気を下がらせようかと、もう必死で、そのきっかけの発言を探すことのみを、まだいまだに懲りずにやっている。

奴らは守銭奴である。

読売新聞社グループって、一体ここは何人(なにじん)なのかと疑ってしまうほど。
本当に日本のことなど一切関係なく思っているようで、己のところの、わが入ってくる予定の金が減ることのみが気に成っているような愚劣極まる新聞社の行状をさらしている。


その行状は見ていると薄汚い乞食根性そのものである。
くれるものは相手がドロボー国家であろうが喜んでよだれをたらして内緒で何でも食うし、国民向けには偽装の正義の御旗をかざす偽善極まりない者らの集まった組織である。

橋下知事が、大阪の地域で、府民や市民が全く気付かされずに長年気付かれずに公務員が今まで不当に使い放題で食っていた8800億円を、【大阪都構想】で大阪市民、府民に一日も早く取り返してくれることを大いに期待している。

将来、まだ子供である私の子供の世代に成った折に、あのときに、こういう大胆な構造そのものを変えてしまった知事がいてたと、そのことが今の良い社会、地域になったといえるような、そういう内容になっていてほしい。

大阪市民、府民は、次の統一地方選挙で、【大阪維新の会】推薦で出る候補者を、今度こそはなんとしてでも議会に送リ出さねば成らぬ。

大阪市の能無しの欲ぼけ市長のあの平松など、市民にとって、ひいては府民にとっても、今日にも居なくなっても何のこともない。
今にも引きずり下ろすべきである。
あんな者は要らぬ。

平松市長が何もやらない、もう行政の能無しと、庁舎内で頻繁に起こしている犯罪行為、こういう犯罪行為をやる公務員を、即刻で逮捕させ、木っ端微塵に一掃しないと、大阪の浮上はないし、この国は良くならない。
ここが原点である。

20日頃から再度事業仕分けが始まる。

メディア、マスコミはこの事業仕分けで己たちの取り分になる国からの予算が激減することを怖がっている。

でも日本国民に向けて、事業仕分けをやってはダメだとは、表向き間違ってもいえない。

そこで手段を講じて徹底的に事業仕分けをやりだした民主党政権をつぶしにかかっているというのが実態である。

東京マラソンの予算の使われ方の例題一つをとっても、その集められた予算の金の流れを見ていても、こういう本当に小さなイベント事業予算規模にまでも、ましてや国民からの寄付が混ざった運営費予算にまでも、マスコミ、メディアは姑息にもその旨みを作っては食いついている。

国民は皆があれは東京都が全て予算管理をしていると思っているはずだ。
大きな間違いなのだ。
あの予算は全てあの【電通に】ストレートに入金される仕組みになってる。
東京都の手には一切ただの一円たりとも残さないようになっていて、集まった金額の合計は一円も東京都が消費に手をつけることなく、全て電通の懐へと入る仕組みになっている。

一端全て電通に入ってからそこから電通側から是にいくらかかりましたとの事後報告となるという仕組み。
つまりほぼ一切チェックはせずに電通の言いなりでの使われっぱなしなのだ。
電通からの事後報告でのみその予算の動きがわかるという仕組み。

国民の寄付が混ざった予算が都庁は一切気にもせずに、電通に全てその使い道を○投げしているのだ。

ご存知の通り電通といえばマスコミメディアが愚だグダにぶら下がっており、こういう予算の使われ方のチェックが行われることを、実はマスコミメディアは一番嫌がっているのだ。

橋下知事側近にこの状況を聞いたら、東京都がこうやって居ると、直接聞いたら
【大阪では考えられない、橋下知事にそうするなどといったら、われわれは怒鳴りつけられますよ!】ってそういっていたが。

石原さんよ、
拳銃撃って笑ってる場合じゃあないぜよ!
国民からの熱い気持ちの寄付が混ざっているものを、いとも簡単に何の規制もかけずに丸投げで集まった金額の全てを電通に預けて使い道は後付けの事後報告させるなど、一般の企業なら言語道断だろうが!って。

寄付した国民は電通に金渡したわけじゃあないぜ!

東京都庁に預けたわけだぜ!。

自分でいるものを自分でチェックして使い道を都庁自身が先に決めろよ!って。

どういう個別の予算がいるかなどのアドバイスを電通に聞くというならまだわかるが、電通側から是にいくらかかりましたとの事後報告で済ましているなど、お前ら本当に行政やってるのかあ?って。

今回の事業仕分けでぜひとも枝野さんにやっていただきたいのは、
特殊法人への予算についてチェックされるのは無論だが、その予算でたとえば1億円の予算が居るとしたときに特殊法人は事業を殆どの場合に○投げしているのが殆どだから、そこでだ、【UR】から発注されたものが、いくつもの天下り組織を順繰り送りしながら実際にその事業の作業をやっている孫受けの孫受けの下請けの業者、実際にこの現場でそれの全てといって良いほどの事業の工事の全てを行っている企業に、一体いくらその特殊法人が支払っているのかを、その明細を、そこのところをぜひとも徹底的に追求をやって欲しい。

是はひいては実は雇用対策にもなるし、失業対策、景気対策にも繋がるのだ。


予算をつけるのは、景気対策だとよく言われるが、実は特殊法人のところに殆どが吸収されて特殊法人がやっているという事業の殆どを実は下請けの一般企業がそれを請け負っている。その一般の請け負っている末端の業者が、一つの事業に群がるいくつもの天下り組織を経て、その末端の実際に公示の全てをまかなっている業者には、一体いくら支払っているのか、その末端の下請けの業者がいくら受け取ってその事業を完成させたのかを、一体いくらその特殊法人がピンはねしたのかの、その実例をあの事業仕分け会場でさらし者にして欲しい。

【UR】のことで以前に私が書いたように、
120000円で【UR】が受けた事業が、【UR】から仕事を請けて作業の全てをやる末端の一般の企業に渡るまでに実は4箇所ほどの天下り組織を通過して、そこからまた一般の元受に行き、そこからその工事をやる業者にたどり着き、そこで実は13000円しか支払われていなくて、残りの87000円は、実は、途中に食い込んでいる【ファミリー企業の【JS】、→別の元受業者、→ 仲受け業者 → 仲受け業者、孫受け業者、 → 実際に現場で全ての工事をする業者。
このように中間に全て公務員の天下り先が入り込み【A4版】のFAX伝票一枚を途中の複数の天下り組織で経由させて、全てを小市浦○投げにして、結果、その工事を100%行う末端の下請けの工事業者には、実は12万円ではなくて、13000円しか支払われない。
■是って景気対策になど一切ならぬ。
まだ景気をいびつな虐待社会に向かわせているような構造になっているのだ。下請けの業者でまじめに働く従業員の生活を食い物にしての特殊法人の成り立ちなのだ。

材料も、妊婦も、実際の工事も、車も、全てまかなって工事をやるのはこの末端の一つの工事会社なのだ。ここまでくる特殊法人の4箇所ほどは、ただ注文のFAX伝票一枚順送りで流すだけの作業なのだ。決まった講じないようなんで設計をするわけでもなければ何にもする用事は無い事業。
工事会社だけが正味偉い目をして全てまで完成させる。その業者の取り分が実は一番少ないというもうあきれた構造が普通に自民党政権で続けられてきているのである。

嘘だと思ったら、ダスキンに一度問い合わせればその実態がよくわかる。
ダスキンはまだ3000円ほどもらっているが。
他の業者が全て13000円しかもらっていない。
予算は12万円のはずが特殊法人が巨額にピンはねし、まるで街金融まがい。それよりもきついかも。

実際に工事をする業者の社員は実際殆どが月給、12万円とか14万円ほどで働かされている。
中間4箇所ほどで抜いて行ったこの天下りの複数の組織の連中は、月給が70万とか80万以上とかもらって、この件では、仕事は事務の女の子にFAX一枚送らせるだけ。

是で景気対策だといって予算が国から出されているわけ。
是が景気対策になるってかあ?
嘘ツケえって!

これで、景気対策になるのは、テレビ局、新聞社だけだろうがって。

テレビ局や、新聞社は、大きな予算を景気対策で出せばよくなるという。この予算は殆どが特殊法人にわたる。そこからテレビ局新聞社には恩恵が渡ってくる。

この景気対策の予算で結果もっときつい労働時間を課せら、もっときつい条件で働かされる末端の業者の従業員が発生している

恩恵を受けているのは特殊法人とそれにぶら下がった公務員の天下り組織までである。

その先の、特殊法人の仕事を最終的に請け負う末端の下請けの一般の業者には、もう甘い汁などではなくて、地獄の過酷な赤字工事を予算が有るうちだけ加重にさせられるだけ。

予算のたとえ80%がこの末端の下請け業者に支払われていれば、そこまで行けば、この日本の景気は末端が潤い、雇用も増え、物凄い勢いを持ち直すだろう。

景気対策の予算のうちの、実は85%が以上が、公務員の天下り先の組織、団体が、そっくりとピンはねし搾取構造になっているのだ。

あの失業で派遣村が日本国内で物凄い問題になっているちょうどあの寒い冬のあの時期に、雇用能力開発機構が、豪華な温泉旅行をやって、酒盛りの宴会をやっているというのが実態なのだ。
能力開発機構の職員の団体が、伊勢の高級ホテルで宴会をしてそれも、土曜日、日曜、祝日ならまだしも、それであればもしかして自らのお金で会費を皆が集めて旅行かとも思わぬことも無いが、事もあろうに何十人もの雇用能力開発機構の職員らが、そいつらの団体が、普通の曜日に伊勢志摩のホテルで宴会をやっているである。

【派遣村】など頭に入ってないのだろう。奴らには。あそこに集まった人らのことを、彼らはおそらくごみのように思っているのだろう。
【湯浅さん】の発起したその意志が雇用能力開発機構の奴ら、彼らには一切届かぬこの国の心の貧しさ。
こんな奴らは今すぐにでも全てクビ通告にしてもいいとさえ思える。そういうレベルの奴らである。

今度の事業仕分けでは、ぜひともこの特殊法人が発注して行った工事等の事業について、それを下請けで実際に現場で行って作業をやった下請けの業者に、最終的に{UR】は、一体いくら支払ったのかを、ここを国民の目に是非見える形にすれば、こいつら公益法人、独立行政法人、そこから恩恵を受けているその下の天下りの組織の何々協会とか団体が、どこまで悪辣なことをやってきているのかがはっきりと国民に晒せる。

【UR】は、末端の業者に最終一体いくら支払ってその工事をさせているのかを是をはっきりと表に出させて欲しい。

【UR】から次に○投げさせる途中の複数の特殊法人、団体にも、初頭の予算の一体いくらの金額が、最後の実際に工事をやる下請け業者には渡っているのかも。

ここが一番大事なところ。

個別案件で、たとえば【UR】から出た折の予算が12万円の予算が、最後の下請けの業者までたどり着いたら、実は13000円しか渡っていなくて、その工事の予算は本当は実は1万3千円しか要らないということが、国民にも目に見えてバレてくるので、ぜひとも是をやって欲しい。

日本の予算など、こういうものは全て5分の一の予算で出来ると思えることが、普通に見えてくる。

天下りの組織が日本国民の税金を本当に食いつぶしている実態がまともに見えてくるはずだ。
食ってるだけではなく手渡しに言わせれば下請けの業者を虐待して工事をさせているとしか思えぬような理不尽な価格設定にして己たちの贅沢に回せているというのが実態である。
その予算に実はマスコミ、新聞社、テレビ局が、それにまだぶら下がって、それも食い尽くしているのだ。

事業仕分けをやられて先ず目先で最初に減収になって困るのは、実はテレビ局、新聞社なのだ。

今日の事業仕分け。
警察が関わる様々な協会と名づけられたものがある。

交通安全協会。

公安協会等。

20年ほど前のことだが、或る土建会社の社長と話をしたときに、路上の横断歩道工事で支払われている税金、費用を皆さんは知っているのかな?
【一体いくらぐらいするか知ってるか?】と聞かれたことがあり、私は即刻で、
【交差点4箇所で、まあいいとこ40万円ぐらいなの?】って答えたら、
【誰でもそう思うわなあ】って笑われた。
【あれって大体200万はするんだよ】って言われた。

この道路上の工事は、実はこの警察の天下り団体である協会が一手に引き受けて工事を仕切っている。

道路上の交差点の歩道上を白癬で区切るために引くあの白い線を引いているあの作業工事。

一つの交差点で、大体200万円ほどの費用が税金でかかっている。
皆さんは本当に?って思いませんかあ?

天下り団体がもう張り巡らして見えなくして仕組んだ結果、表で国民は余り知らされていない。

ほんとにそんな大金がかかるの?って思ってしまうのは、私だけなのかねえ。
一本の歩道で、人が通れる幅分の斜線をはさんで含めて一筋の歩道の白い線を引いたら、工賃が大体40万円程らしい。交差点だから先ず4箇所と言うことになる。
啓で約200万円ほどらしい。

まあ当時だから今いくらかはちょっとわからないが。
時はバブルの頃。

あんな簡単な作業で、その金額になるのであれば、自分でもやりたいなあと思わないかなあって、その方はそう言われた。

見ている限りでは、ちょっとだけの単純な作業とも思えるんだが。
白く引く線にする材料費といったって、それがどれだけのもんじゃいと思える代物。

実はこの工事を直接指名してもらって実際に現場で工事をする業者は、この工事を請け負うために、一つ大変な作業が待っているんだが。

先ず書類の多さ。
仕事を請け負って、指名されて、この歩道の線引きの工事の許可をもらうための申請書類が、実はあのA4版のコピー用紙を重ねて、その高さが20センチ程の高さにも成るほどの量の書類で申請しなければならない。

この書類を作るだけで、もうへとへとになるほどの量だとその社長が言っていた。
それだけの書類を出させて始めて許可をさせる仕組み。

つまり協会を無事通過させて工事を請けるということは、是ぐらい大変なんだと、この協会が存在しなければならんのだと見せ付けているだけの、そのことのためだけの見せしめの作業をさせるわけ。

ここを通さないと工事は請けられないぞと、常にこの協会の存在を位置づけさせて絶対にこの団体は必要な組織だと見せ付けているのだ。
私らに言わせれば、こんな薄汚い凝り固まったような協会など、吹っ飛んでなくなりゃあ下請けの工事会社も、どれほど楽なことだろうと思ってしまう。
こんなもんとうの昔に要らんだろうにとも思えるんだが、奴らは自分のところに申請をしないと工事はもらえないぞと見せ付けているのだ。

今日の仕分けで運転読本のみが対称にされたが、もうあらゆるところでこの協会は腐りきった組織である。

民主党。枝野、連法、又その他の仕分け人の方々がんばって、明日の日本のために^^^^宝くじなどの役員即刻退陣;当たらない宝くじがこの始末お前らの飯の種か@@@@@@

やはり実況生中継をすべて見ることが大事である。私は日本国民として、本当の現場を見させていただき、そのうえで、一個人として、判断を強い確認、回答できると思います。今、テレビの報道などでは、民主党に対しての批判も大変です、私は本当に平等な立ち位置にいて何事も見るようにしております。あまり本質を知らないで、隣の人が言ってるから、知ったかぶりをして、同調しておられます。事業仕分け、頑張れ。民主党頑張れ。

事業仕分けのコーナーに、こんな話はどうかなあと思ってちょっと書いてみる。
意外と国民の皆様はこういうことに気付いていないと思えるので。

大阪に、大阪駅梅田コンコースというかなり広い空間の場所がある。
ここに、飲み物の自動販売機が数多く設置されている。
もうかれこれ20数年前のことだが、この梅田コンコースに設置されている自動販売機って一体いくらぐらい売上げるのかを、大体でいいからと言うことでコカコーラ本部に聞いたことがある。

その回答に私もちょっと驚いた。

むろんその当時だが、そのときで、実は1台で、年間2億円(一日約6000本以上)ほどを売り上げるという回答。

コカコーラは1日に、あのコンコース内の自動販売機に、実は6回ないし8回ほど補給で常に補給車が巡回してまわっていて、その中の缶コーヒーなどの在庫を常に品切れしないように確保維持させているとの回答。

是、単純計算で、あの梅田駅内にいてる駅職員の給与を、一人均年収600万円としても、職員100人分の給与を、一缶100円のそのなかの荒利だけを当てはめると、1本荒利60円としても、自動販売機5台分で、その100人の職員の給与がまかなえるということになる。

面白く言えば、ここにいてる職員がもたらす金額と、自動販売機がもたらす年間の売上から上がる利益金額が、ほぼ同じぐらいと言う皮肉な結果になった。

つまり、数字遊びの形上数値だけで行けば、この職員の力量金額と、固定させて設置されているこの自動販売機が生み出す力量が数値的には同じと言うことになっちゃったという話。

世の中でよく言われる経済が成長さえすれば世の国民の生活は楽になるとよく言っているものがいてるが実はそうではないということがわれわれ世代のものがここ暫くの政治を見てきて普通に思っていることである。
国民も、もうそろそろ、過去の夢物語のような自民党政権がやってきていた
【経済成長さえやれば国民は楽な生活が可能だ】ということの、このまやかし部分が、今回菅さんが所信表明演説で語って国民に訴えていた
【経済成長だけでは国民の生活はまともにはならない】という彼の持論内容が、このことに少しは気付きだしたのではないか。

自販のジュース缶1本100円、
たかが100円と言う無かれ。

この100円を一本一本売ることで、この小さな積み重ねが、実は駅員さん100人ほどの年間給与分をまかなえるほどの力があることを、国民も、政治家も、もう一度、良く考えてみることである。
お金の価値は計り知れないということを。
事業仕分けであぶりだしてきた金額が、
【言っていた額と違うじゃあないか、少ないじゃあないか】と言う者がいてるが、だが良く考えてみて欲しい。
実に数千億円と言う金額がちょっと触っただけでも出てきている。
大手の一つの企業が、わずか3ヶ月ほどで数千億円と言う額をあぶりだしたということを考えたときに、その出てきた額のその大きさが、一体どのくらいのものかは、誰が携わっても想像すればわかるというもだ。
まだまだ是から随時事業仕分けはやられることだろうし、是はその事業の範囲のいろいろな種類ごとの規模といい、その過去からの仕組みの強固さを政治判断で玉砕する作業といい、想像を絶する物凄いことになっていくと思える。


今町にあふれる企業の、
【100円均の店舗】
【 99円均の店舗】
【ユニクロ】
【ドンキ】他、

これらがここ暫く国内で急成長で、企業ごとに、莫大なる利益を上げてきている意味が、実は、国民意識の原点部分をつかむ心理の中にその店舗戦略が的を射て突っ込んでいるのではないか。
暫くはこの現状が続きそうだ。


だが、国民の求める像の心理の奥底には、普通にここらが基本にあるのではないか。

【一本100円】
100円を馬鹿にする事なかれである。

■国民から預かっている税金は、例え100円でも無駄にしてはいけないということだ。

■【裏金】、

■【表に出せない不正手段でのプール金】、

どちらも薄汚い手法で作った資金である。

是の存在が、あの国立大阪大学でも発覚した。
阪大といえば、われわれの学生時代には、憧れの進学校であった。

地方から行くものとして、東京の東大、早稲田までは、実家から離れすぎて少し距離がありすぎるということで生徒は、京大、阪大へと言う狙いを持つ学生が多かった。
東京まで単身行って、まだわずか18歳の少年が一人で東京で生活をするには、東京近郊に親類が存在しているという場合には可能だがと、そう思ってちょっと親側が不安に思って躊躇するという場合が多かった。

だがそこを目指すことが、当時の学生に取ったら将来のこの日本を背負うような人物になりたいとの、その夢につなげるという過程での、その夢の架け橋が、実は東大でもあった。
京大でもあったし阪大でもあった。学生の、当時のそのことへの思いはすごかった。
それはまだ未熟ではあるが、純真そのもののロマンに似た夢でもあった。

夢でもあった。
今ではちょっと考えられないが、全国で一人ひとりの名前つきでの全国での自分の成績順位が発表されていた難解極まりなかった当時のあの東大模擬試験を、真剣に受けた記憶の人は、今、日本全国に物凄く多くいてることだろう。

そういう【”格”】のあったあの阪大が、今、学内で普通に不正犯罪行為の国民からの税金が含まれた資金の中から【裏金】を作り、普通に【ありもしない架空請求での金銭の搾取行為】、【カラ出張】による不正搾取をも行い、おまけに、学内の教授の部下に渡される給与から上司であるその教授が、その部下の者らの給与から、キックバックまでさせていたとは、もう、情けないと言うか、もう腰が砕けるほど愕然としてしまう。

どこまでこの国は腐り果ててしまったのだろう。
ついこの間の事業仕分けでの件で、
【科学技術にたいしての国の予算を削るなどとんでもない】と、新聞テレビを良い様に味方につけて、ごく当然のように叫んで怒っていたのではないのかよ!って。

ノーベル賞取得学者らが公に抗議の記者会見までしていたのと違うのかよ!って。

現場がこうなってしまっている以上、研究員には資金を直接支給をするが途中に絡む特殊法人の【何々機構】だとか、この教授に国の予算を直接渡すのではなくて、国からはもうこれからは、現場の研究生に直接【預け】と言う形にして、その金の使い道を、この現場の研究生にチェックさせ、決めさせれば良いと思える。

だから今度からは国の予算は全国全て予算については、使い切りをされないように、
予算は今後、全国つづ浦々まで、全てを【”預け”=預かりと言う形】と言うこの形にして、渡す折には、きちんと、
【この金はあくまでも預け金ですから、この中で必要なものを明細を出して報告して下さい、そのうえでそれが満たされていない内容については全て強制的に国に無条件で返還させます】と言うことにすればいい。

もう今までのように是にいくらの予算と言うように渡さずに、予算を渡す形を、これを、全国全て、
【預け金】と言う形にすればいい。

予算ではなくてあくまでもこれを全て預けと言う形にする。

そうすればこんな裏金と言うことがかなり出来なくなることだろう。
予算が全てが【預け金】と言うことになれば、自治体や特殊法人に渡したとしてもその持ち主はあくまでもまだ国にあり、国の所有権が離れておらずに最後までその金はあくまでもどこまで行っても国の金であり続け、
たとえば国がどこかの地域で今まさに緊急に大金が必要になれば、別に新たな緊急の予算を組むのではなくて、先に預けている全国に配分して預けている金で、まだ余分に残っている金を、これを緊急に全国から回収し、その【預け金】をいっせいに全国から回収してその集めた金で、集金した金(預けた金のまだ残っている預けた金額)で、緊急での予算に使えばいい。

だから、これからの国からの金は、今後は全て【預け】いう形にすればよい。
今までのように渡してしまって後はもう返ってこないということにはせずに、あくまでも税金は全てが【預け金】と言う形で全国に配分すればよいと思える。

山崎豊子が書いたあの【白い巨塔】の舞台が実は現在の阪大である。
山崎豊子も一度ペンを折るような不正を疑われるような事案が発生した時期もあったが、まさか阪大でこんな事案が発生するとはもう日本は、本来の日本国家ではなくなってきているように見える。

■自宅玄関前でご家族が見ている面前で見せしめのようにむごたらしく斬殺されたあの民主党代議士だった私の尊敬してやまない故石井弘旗先生が書いた、あの官僚がこの国を食いつぶすというあの闇の行政の実態を暴いたあの本が生かされずに、今まさに先生がなくなられた今でも不正行為が同じように行われているとは、先生死後にも全く反省もされずにいまだに変わらず、本当にこの国はいまや腐り果てている。

亡き先生にどう顔向けが出来るのだろう。
残されたわれわれの力の無さを通関している。

病院で処方箋が切られ、その処方箋に基づいて薬局の徴収する金額で、現状、どう考えても、是って良いのかあ?って思う内容がある。

国民なら、皆さんも今年の四月より薬局で発行することが義務付けられた【調剤明細書】と言う書類、是を手にしたことだろう。

その中でちょっとおかしい、是はどう考えてもと言うものがたぶんあるはずだろう。

【例】病院で、4種類の錠剤を処方されて、薬局でそれを受け取ると次のような明細書が出てくる。

病院での処方箋によっての薬局で、薬をもらうときに、薬剤料以外にかかってくる料金で次の料金がかかってくる。

薬品 A錠剤  調剤料 89点
薬品 B錠剤  調剤料 89点
薬品 C錠剤  調剤料 89点薬品 D錠剤  調剤料 89点
(ちなみに、1点は、10円)

この点数(料金計算点数)は、あくまでも、医者から処方された薬剤そのものの料金ではない。薬代とは全く別に薬局で支払わされる必要な料金。


薬を処方されて、その錠剤の薬をそろえる作業のみで、この場合、薬局で、
89点(890円)×4種類錠剤=3560円の支払いが必要になる。
無論この料金と言うのは、薬剤料金は含まれずに、薬剤については、この4種類の錠剤料は、又それとは別料金として支払わされることになる。

これって、ABCDの4種類の錠剤の薬品を薬局の従業員が手でそろえるのに、錠剤の種類ごとにそろえる手数料が、是だけの金額が実は必要になっている。

たとえば私が風邪を引いて、

抗生物質錠剤、
消炎剤錠剤
鎮痛解熱剤
胃腸薬

この4種類の薬剤をもらったとする。
是全てに薬剤ごとにその調剤のそろえる料金が別々に必要になる。
つまり、この4種類一括でまとめて調剤料がいくらと言うのではなくて、その4種類ごとに薬ごとで調剤料を薬ごとでわざわざ別項目にして、そのことから発生するその薬の調剤と言う作業代を徴収するのである。

薬ごとに別々に手数料として薬局は料金を徴収するシステム。

一人の人に3種類の薬を一つの袋に入れる作業に、何故に、それぞれ薬ごとにそろえたからと言うことでの手間賃にするのか、そこが意味が解らん。1種類の手間賃で良いだろうが!って誰でも思うはずだ。


一人の人に、この上の例の場合であれば、調剤する手数料は89点、つまり、890円こっきりでいいはずが、種類が違う薬をその人に調合したからと言うことで、薬ごとに890円かかりましたということになっている。


つまり調剤料代が、薬代では無くて全く別の内容で、薬局の手数料として3560円もの金額が払わされる。

風邪で薬をもらって、その時の薬で、その薬代ではなくて、なんで、これは抗生物質にはいくらの手数料、消炎剤にはいくらの手数料、鎮痛解熱剤にはいくらの手数料、胃薬をそろえるにはいくらって、何で薬局にこんなばかばかしい金食い虫にさせてるんだあ?って。

その風邪で来た患者さん一人で調剤手数料など、薬の種類があろうがどうしようが手数料など一種類まとめで良いだろうが!って。


まあ、特殊な漢方薬でもであれば粉を混ぜ合わせて調合すると言うこともあるだろう。
だが、そんなことをするわけでもなくて、錠剤をただ数だけそろえて袋に入れて出す薬局の手数料だけで、この3560円と言う金額はちょっとおかしいだろうにって。
私に言わせれば、是は89点。
つまりこの人が支払う薬剤をそろえる手数料は、890円で十分だろうが!って。

まあこの点数の数値は何日分と言うことでいろいろ点数に誤差はあるんだがそんなことは全く関係ない有様だ。
誰がこんなことにしたのだろう。
本当にふざけてる。

その別にして薬剤ごとにそれぞれに手数料が必要な意味を薬局に確認したら、、

【飲む時間が違うから。薬の種類が違うから】

厚生労働省よ!
いい加減にしろ!って、
お医者さんに支払うのならわれわれも文句は言わない。
何で薬局に是だけばかばかしい金額を払わないといけないのかねえ。


もう20年近く前から私はこの薬局か病院かで、この薬を処方したらそのレセプトを患者さんにその場で渡すべきだともう今までに300回は有に超える状況で、早く明細書を出させろ!と直接要求をしてきて、ようやくそれが今年の4月からスタートした。
このことはああようやくだなあとわざわざ厚生労働省に連絡してようやくだなあと電話をしたんだが、だが、始まってみると実はこんな内訳になっていて、こんなとんでもない内容の明細が入っているとは。

日本の行政は、一体どこにお金が流れるようになっているのかねえ。
患者さんは、本来は医者に払うという基本部分についてはそうは文句は言わないと思えるが、薬品に対しても薬剤そのものの料金についても文句は余り言わないと思える。
だが、薬品の料金ではなくて、その薬品をそろえるあの薬局での手渡し作業、この連中にとんでもない金額が流れる仕組み。

この明細のほかにも、今回始まった薬剤のレセプトについては、薬剤服用暦管理指導料、及び情報提供料と言う名目で、45点。
つまり450円支払わされる。
つまり、先ほどの調剤をそろえるその作業第3560円と450円、つまり、薬品価格の料金ではなくてその薬局には実は薬別で4000円がこの薬局に手に入るようになっている。
一人の患者さんが薬局に薬をもらいに着て、薬代とはまったく別で4000円が取られているということになる。

管理といったって、大きなチェーン店でちょっと確認を取ってみたが、実はその患者に手渡したその薬局のみが情報を管理しているだけで、もしもその店舗が後々廃業でもしたら一体その情報はどうなるのかといいたいねえ。

実際に確認してみたが本部でその店舗ごとでの情報を一切把握などしていなかった。
記録を持っていたのはその店舗のみだった。
大きなチェーンのはずがずさん極まりない参上だ。
金だけは情報管理料と言う名目でせしめているのだ。

つまり、ただそう言う決まりだという名目だけつけて、患者が文句など言わぬのをいいことに金をむしりとっているだけなのだ。大きなチェーン規模でやっていて、その本部は、金だけはデーターで上がっているがそのレシピの中身については一切そのデーターを持っていないのであれば、何の意味も無い。
私が問い詰めた大手薬局チェーンはそうだったがほぼ全国みなおんなじだろうと思える。
データー管理などほぼ出来ていない。

まあ私はこの管理料他の料金について、これを一切支払わないということで薬局側に告げ、過去にさかのぼって現在からさかのぼること4年間分ほどを、4年近く分の還付を求め、今それの処理をさせているが。

全国の人もこの件で一度で良いですからこの明細書について、何故こうなっているんだと、それを告げて、薬局側と交渉してみてください。

この現在薬局側に要求して薬局側が一応変換するということになって現在地域の自治体との間で計算をしなおさせて還付の手続きをさせている。
この金額がなんと10数万円にも上る。
私のことだけでも、私にすればこんなものは必要ない、いらないと思える金額が、実は知らされずにずっと薬局に支払われていた。
まあこういう事務に詳しい方はこういうことはわかっているのだろうが私のようにわからずに払っていたものが全国には物凄くいてるはずだし、ほぼ全て文句も言わずに払っていたことだろう。

それも私が必要が無いから返せと要求したら、そこで初めて戻ってくることになったんだが。

行為海に覚えがないというか、まあ自分にとっては必要が無いものにお金を渡すことは無い。
この金額がお医者さんに渡るというのであれば、私は文句も言わずに支払うんだが。

まあとりあえず、私の分だけでも十万円を超える金額が返ってくることになるんだが、是もこういう薬事行政の中で透明性が出たことによるものであり、是はいいことだと思える。
20数年、もうくどいぐらい何度も何度も当時の厚生省に要求してきて、初めの頃は一切耳も傾けなかった官僚も、今になれば、こういうことにようやく官僚も踏み込めるということがわかった。是は一つのいい例である。
初め要求の頃にはこんなレセプトを患者に見せるなどと言うことなど、絶対に無理だといわんばかりの霞ヶ関の担当の対応だったことを思うと、今となれば懐かしく思っている。

是が実現したことは、ちょっと感慨深いものがある。

全国の、現在治療を受けて病院からの処方で薬剤を薬局で受け取り治療をされている方、一度で良いですから、この明細についている内容の金額は何なんだと、どうしてそれが自分の場合にとって必要な金額設定なのかの説明を求めることから始めてもらいたい。
さすれば、是は薬局に支払うべきものなのか、いや私は是は必要ないから払わないということの自己判断が良く解ると思うので、これを是非要求してみてください。

薬局からのその書類をただいつものように受け取るだけでなく、こういう分野での日本の法律が末端の現場で一体どういうようになっているのかを知る上で、税金でまかなわれている国家財政を考える上でも、国民の義務と言う部分などを考える意味でも、非常に大事ですから。

わかっている人には私がいちいち書かなくても、是は必要ない内容ですけど。

厚生労働省にこの件で再度問い詰めてみた。
新たな疑問点、いや、疑問と言うよりも私の中に、こんなにも薬局だけが一人勝ちの制度って本当にあるのかと言う”疑惑”部分が出てきたということもあって、こんなやり方はどう考えても不自然でちょっとあくどすぎる手段であり、ただ単なる患者さんから調剤料、情報料をもらう云々の内容だけのみではなくて、この中に実は厚生労働省独特の利権の絡んだ何かが、厚生労働省と、薬品会社と、薬局企業とのこの3箇所のトライアングルでの、そいつら村族だけでの都合のいい内容が実は中に含まれては居ないのかを、隠された何かが実は裏であるのではないかと一寸確認をしたかったので連絡をして直接厚生労働省の担当と話をした。

私の場合に、「こういうことがあり、結果薬局との交渉でかなりの金額が薬局として返還するということで話がついた」云々を、先ずしゃべってみた。


患者さんや国民にすれば、なんでこんなことがやられているのかと、これはまあやっぱりちょっと不自然すぎると、そう告げて問いかけてから、本題の本丸を聞いてみた。


【薬局でのあの金額を受け取れる厚生労働省が決めている制度、システムは、この、患者さんが治療を受けて薬を受け取るまでのこのラインの間で行けば、ひときわリスクも何も無くただ薬の名前を医者が書いた処方箋どおりにただ患者さんに薬を手渡すのみ、薬局自身の能力で患者ごとに適切に薬を選んでいるとか、こういう薬を使用しなさいということもなく、医者の書いたそのままをただ手渡すだけで薬局にまあ私の場合だと5000円ほどが行くたびに払わされている。
薬局には、薬を何を処方するかとかの選択をするとかのそういう医者のような重い責任も全く無く、揃える手間といっても、一寸しっかりとした、もう小学生?でも出来そうなレベルでの薬のそろえる作業で、あれだけの金額を発生させているのは、それも、その金額には税金が大きく関わっている。
所謂税金の還流と言うことをまさか厚生労働省は天下りと言う形でそれを得ているのではないだろうなあ。
是はもしかして、この金額が、あの総額が全て全部正味で実は薬局にだけこの金額が全て渡っているのではなくて、薬局が受け取った金額が実はそこからいろいろな形を作って巧妙に何通りにも薬局から分かれて行っていて、この名目の金額がもしかして厚生労働省の天下りを引き寄せられる資金になっていないのか、または、この薬局が患者から受け取ったこの金がもしかしてまさか、薬品会社に薬の供給の見返りとあわせて、薬局からまさか薬品会社にこの金の一部がキックバックされ還流されているのではないだろうなあって。そして薬品会社に天下りしている厚生労働省の連中の給料にこの金が回りまわって渡っているのではないだろうなあ!って、私が直接担当に問い詰めてみた。
奴はものも言えずに暫く黙って何も声が出ない、言葉を出せなく成っちゃった。

この内容を、テレビ朝日の朝のスパモニで山口さんにぜひとも提言してもらってテレビ局報道としてこの件の中身がどうなっているのかをぜひとも解明して頂きたい。

厚生労働省は私の問い詰めにもう何も答えられなくなって黙っているだけでした。
ぜひともテレビ局でこの件を調査されたし。
この中身が、実は国民が知らされていない形で、過去から国民が文句を言わない、気付かれないのをいいことに精度ですと表向き行っておいて実は己たちの利権の屋カタニしているのかも。
厚生労働省が制度と言う名の下に税金を還流させているかもしれません。
大疑獄事件事案になるかも。

私の問い詰め方が一寸きつかったかもだが、それにしても、
【キックバックされているということは無いんだろうなあ。】
と詰め寄ったら、厚生労働省はおたおたしだして、ものが言えなくなりましたから。

■山口一臣さん、勝手なお願いで申し訳ありません。
あの、斬殺された今は亡き民主党代議士だった故石井先生を限りなく尊敬している私としましては、こういう疑問は鉄は熱いうちに打てですから、ぜひともお願いしたいです。

何にも無ければそれに越したことは無いんですが、今日の厚生労働省(薬剤調整課)担当者のうろたえぶりを見ていると、普通に何かありそうですから。

前原大臣が、今日はいつもよりも一寸格好良く見えてしまった。

実は、昨日のニュース報道を見ての私の気分。

大きな天下り団体の法人2箇所が、行政刷新会議の意向通りに解散させられるというニュース。

まだ今の時点では、解散と言う手続きがそれが全て完全収束するまでまだ安心は出来ないが、前原さんの会見での発言を聞いている限りでは、少なくとも国民にとればこれは最近に無い非常に意味のあるまあいいニュースである。

今日、大阪市庁舎の選挙管理委員会に連絡した。

今日のその主旨は、

【市内各投票所で、投票所内に於いて、投票の手助けをする担当の方たち、現場で投票者の身元確認やら、立会人等をやる、例の、あの人らのことであるが、あの人らを、生活保護支給者の方たちの手を借りてあの業務をやってもらえれば良いのではないのかという提言のために。

生活保護支給者の方たちに、あの作業をやってもらって、その支給した日当分を市が戻してもらえば、吸収すれば、この今までのように一般人を個別に採用して日当を払って出て行くお金、予算が、保護支給者であれ、ば是は市のほうに逆流して返ってくる(収入があればそれは支給額から差し引かれるので)ので、この投票所での経費の人件費の費用が結果として支出分が相殺されて要らなくなるんだが(彼らの、身に入った収入分は、毎月渡される保護支給額から差っぴかれることになるから)是をやったらどうだと言ってみたわけ。

保護支給を受けるということは、流れとして一時的であっても大なり小なりやっぱり国や市町村のお世話になっているわけであり、是は国民からの手助けによるものであり、まあその意味で、役に立ってもらえるのであれば、こういうことでの自治体、市民への貢献ぐらいは、やってもらっても良いのではないのかと。

ただでさえ生活保護支給予算はもう目いっぱいにまで来ている。
であれば、この人らに無理強いと言うわけではないが、健康な人であれば、日曜のこの選挙の当日だけでも、一日だけのことなんだから、事前に簡単な面接をして、この支給している方らにも市の赤字解消に少しでも貢献してもらうことができないのだろうかと言うこと。

生活保護支給をされている方たちへの自治体の現状は、市の担当も、この、生活保護支給を受けられている方については、これらの人らに対する認識は、全くその人らのことを人間として見ていない、まるで迷惑な【ブツ】扱いまがいなのだ。
よってこういう内容を伝えたときに、イの一番に彼ら市の担当者から返ってきた発言が、

【そんなことできるわけが無いじゃあないですか、選挙ですよ、厳正に正確にやらにゃあならん内容なんですよ!】
って、さっそくこう返ってきた。

まるで、そこらへんをあさってうろついている野良犬のようにでも思っているのだろう。

人間として全く信用していない、物体のように思っているのだろう。

私が今日薦めた提言によって、もし是を生活保護支給の方たちの力を借りてやれたとすれば、今度の参議院議員選挙において積算して対象にすれば、現状のように、仲間内で選挙のたびごとにその予算をいつも楽して手にしているその地域のごく一部の者らだけの村族連中の手から離して、生活保護支給者にそれをやっていただければ、概算だが、おおよそ1億円ほどの予算がいらなくなる。

一度は市の選挙管理委員会からその生活保護支給者へ日当として支払われるが、次の月の支給時にその手渡した日当分の金額と同額を、支給額から差っぴいてやれば、税金は出て行くことは無くて生活保護支給者自身も、こういう今状況ではあるが、でも少しは自分も自治体の役に立てたとも思えるだろうし、予算も1億円ほどが浮くことになる。
是は大阪市だけでの該当額である。

ただでさえ財政赤字の大阪市、犯罪者を毎月のように出している腐った行政部署、だが、こういうことをやってでも財政を少しでも助けねば成らぬ。

今回は国政選挙だから国からのお金だが、国の財政も是をやれば数十億円できかないほどの額が全国規模で助かるはずだ。

大阪に、高速道路で、湾岸線と言う道路がある。立派な道路である。

もうかなり前に工事されて完成した高速道路だが、大阪都心の南部を大阪湾をぐるりとまさに湾岸をたどるように、走るように作られた良い道である。

是は確か第三セクターで造られたものだが、話はここからだ。

実はこの莫大にかかったこの湾岸線の建造に関わる建設工事費用、この積算された実際の建設工事予算費用の中から、この中から、実はこの件に直接、間接に少しでも関わった国の建設関連の道路族政治家、又近畿圏選出の国会議員の古手の大物政治家、近畿圏のこの予算議案に関わる地方議員らに、この建設業者から、こぼれの無いように満遍なく、それぞれの受け取り分の額が、大物、小物によっての金額の多少はあるが、とにもかくにも満遍なくそれぞれに総額で、それぞれ合わせて、56億円と言う莫大な額が建設会社からキックバックされた。
無論お分かりの通り、是は紛れも無く税金である。官僚が是に手を貸し、大手ゼネコン(下請けは言いなり)、国会議員、地方議員、これらが密にして造ったシステムからの分配方式を使って。


使う予算を、必要だからと作る建造物に、それにかかる必要とされるその予算から、国民の見えないところで薄汚く税金を掠め取っている国会議員、この地域の地方議員、これらがもう腐り果てて存在していたのが、実は大阪と言う土地なのだ。近畿と言う土地なのだ。


是は、ここの工事に直接実際に関わって工事をやった、或る大手建設会社の下請けの土建業者社長(カシミヤのコートに身を包んだ小じゃれな格好をした、ひときわ小柄で金髪のいなせな社長)が、私とたまたまコーヒー一杯飲むだけで、その喫茶店でボロッと漏らして教えてくれた内容だ。

【あいつら(政治家)ハイエナ以上だよ!
【薄汚いことは奴ら(ハイエナ以上)以上と言うことは、はっきりといえる!】って、この社長は、大手ゼネコンからその中継役で、政治家に金を渡したと吼えていた。】
【何でそれを拒まなかったのか!】って聞いたら、
【もう建設省(今の国土交通省)自体がそういう仕組みになっているんだよ。われわれもそれをやらないと、この工事の権利は絶対に手にすることは出来ないからさ。それをやることが前提の上にキックバックのシステムが組み込まれていて、それを許容することが条件でこの工事の予算が、国の予算が俺たちにまで工事費用と言う形で渡ってくる、付いてくるんだよ!

まあ言えば、同じ釜(つけた予算の工事費用総額)の中で(その釜の中には無論政治家も入った状態)、まあ言えば、みんなでその配分の協議が殆どで、建設をどうしようこうしようと言う内容など殆ど後回しで、無くて、この総額から誰にいくら、どこにいくら渡すというこの内容が一番初めにまずあるんだよ。
予算の総額が決まるまでにさ。予算の合計額が一応決まったら誰にどれだけと言うことがより金額がはっきりと決まるんだよ。】

【一寸聞くけど、じゃあ、この工事云々で皆が集まって協議をするという場合には、いくら工事費用がかかるのか、工事費用がどうのこうのの、その肝心な内容の詰めよりも先に、その前に、先ずは先に、誰(政治家)にいくら渡すのか、どこ(団体、官庁)にいくらの金額をキックバックで渡すのかが中心で話をするということになるのかあ?
そういうことが先ずは先にくるわけかあ?】

■【勿論!その通り、そういうことだ】

聞いていて私はこの日本は一体いつからこんな搾取野郎のドロボー集団の集まりに成ってしまったのかと、本当に情けなくなった。

このままではダメだと思い出して、それらの当時の政治家に直接連絡して、生の声で、直接「議員辞職せよ」と強硬に詰め寄ったことがある。無論東京検察庁、新聞社、テレビ局みんなにお知らせしたgファドコモ個の件は取材もしていないようであった。
それとも、官邸を脅して、官房機密費でも莫大にもらって報道をしなかったのかねえ。


今回の選挙で、又再度生き残った全国の古参の自民党の議員よ!、
公明党の議員よ!
過去を振り返ってみて、ここ大阪と限らずに、こういうことはおそらく過去に全国で行われていたはずなので、わが身で思い起こして、身に覚えがあるかどうかをちょっと考えてみてよ!

まあこのことで、私が議員本人に直接連絡させてもらった大勢の複数の議員さんは、このことは痛く針が刺さるごとくに、今もたぶんあの折のことはよく覚えていると思うが。

ちなみに、
56億円の内容だが、もう一寸詳しく聞いているんだが、

実は初めは53億円で話が決まっていたものが、途中で文句が出て結果後に3億円増やされたといっていた。
53億円だったものが56億円に増えちゃったということ。

この3億円増えたことが、この時の姑息なこの欲の皮が突っ張った要求の仕方が、この土建会社の社長には非常に気に入らなかったようで、前記の、
【奴らはハイエナ以上だ】という言い方になったというわけ。

政治家の皆さんよ!、
関係官僚の連中よ!、

欲を掻くのも程ほどにしろよ!って。
調子に乗るな!って。

その金は一体誰の金だと思ってるのかねえ。
■【お前らの金じゃあないぜ!】

自民党よ!、
道路族よ、
公明党よ!、

一体誰がこんなシステム作ったんだあ?

国民をなめるのもいい加減にしろ!って。

それで今度の参議院選挙で、自民党、公明党は勝利したという。

俺に言わせれば、

では国民の皆さん!
又今回私がここに書いたこの建設予算食いつぶしシステムの内容、こんなことを今後も奴らに変わらずそのままさせててもいいんですか?って。

自民、公明党に今までと同じに勝たせるということは、つまりは変わらずにそのままでそういうことですよ!って。

【それでいいんですか?】


分配されたこの莫大な資金は一体どういう流れでどういうことに使われたのだろう。

あぶく銭のように国の予算が手に入ってくるわけだから、こやつらは、大概がよこしまでスケベな奴ばっかりだから、手にした時点でもうバブル状態の気分になって、スケベ根性丸出しでいい歳したおっさんが、身の程知らずに毛バイクラブの女にもたぶん下水に流すように使われたんだろうなあ。

国民から集めた金がこんなもんに使われて下水に流されてきた是までの政治が是が腐っていたわけで、こんなことに二度とならないように国民は大きく目を光らせておく必要が或る。
最大悪いのはこういうやからを国の予算に関われるようにした国民に瀬金があるわけであり、こんな連中を国の予算の執行のライン上から省けばいいわけであり、そういう奴らに道など通用しないんだから意味合いで行けば、【懲戒免職】と同じ意味合いを全てそいつらに課せていけばいいだけである。

法で守られている云々など全く関係ない。
政策に不満があるものが裁判をかけてくるなら、新政府は胸を張って、あの国鉄当時と同じように受けてたてばいいのだ。

何を遠慮する必要があるのかといいたい。
今までどれだけ国民に対しては背任行為をやってきたかを考えたら、今まで野放図に使い果たしてきた国の予算を、今すぐ国民に返してくれと、まだ返金させたいぐらいである。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.