Calendar

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Entries

Recent Comments

茨城空港の開港日が3月11日に決定
em5467-2こと恵美 11/23
怒りの鉄拳 11/23
信貴明 11/23
山ちゃん 11/24
山ちゃん 11/24
HN 11/24
けろち 11/24
成瀬謙三 11/25
本田 勉 11/26
匿名 11/26

« 起動時間にこだわる、グーグル「Chrome(クローム)OS」公開
メイン
現場感覚のない事業仕分け報道 明日から第2ラウンド開始 »

茨城空港の開港日が3月11日に決定

 茨城空港(小美玉市)の開港日が来年3月11日で確定した。開港日が正式に決定され、今後空港運営の事業が具体化される予定だが、いまだに国内線就航の見通しは立っていない。

 国土交通省は1999年事業着手当初、札幌、大阪、福岡、沖縄の国内4路線を想定していた。しかし現在就航が決まっているのは、韓国のアシアナ航空1社のみだ。

 国内4路線を想定して茨城空港の需要予測は年間約81万人とはじき出されていたが、国内線が未確定の中、県は開港後1年間の観光客を約10万人と予想している。

 需要予測については茨城空港に限らず全国の空港でその甘さが指摘されてきたが、11月22日の朝日新聞に興味深い分析が掲載されている。

 2000年以降に開港もしくは滑走路を拡張した30空港の需要予測値と実際の乗降客数の比較調査によると、着工前の需要予測よりも実際の乗降客数が上回ったのは約1割にすぎなかった。

 先週の「事業仕分け」でも甘い需要予測は指摘されているが、茨城空港は予測通りの集客を達成できるだろうか。

【関連記事】
■空港需要、甘すぎた予測 達成4空港のみ(asahi.com)
http://www.asahi.com/politics/update/1122/TKY200911210393.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6275

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 茨城空港の開港日が3月11日に決定:

» 【空港建設】徹底した事業仕分けを断行し、過去の負の遺産を暴き出すべきだ!【需要予測】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 今年度の税収見込みが38兆円台にまで落ち込むとの予測が閣僚から出ているが、連休明けの24日から事業仕分けの第二ステージが開始される。  それに対し、民主... [詳しくはこちら]

» 茨城空港 送信元 交通機関に思うこと
計画や需要予測がずさんだったのも事実だが、それにしてもタイミングが悪い時期に開港するものだと思う。2010年3月に、国内線就航ゼロという状態で開港する茨城... [詳しくはこちら]

コメント (15)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<自民党の負の遺産>
茨城空港、何とかメトロポリタン空港でしたっけ?成田も近い茨城で、茨城空港が上手くいくとは近所の住民も含めて誰も考えていないでしょう。
日本は貧困率が高い国になってしまったのですから、土建の土建による土建の為の公共事業をしているゆとりはありません。
空港特会は、羽田のハブ空港化に集中投下し、もしゆとりがあるなら、世界一高いと言われる発着料を値下げして、羽田ハブ空港化を推進すべきです。
また、空港特会はまずは一般会計に計上して、羽田ハブ空港化に使うべきです。県知事は茨城空港について、今すぐにでも転用を考えなければなりません。
ゴーカート場にでもするんですかね?

以前、自民党の都議会議員と話をした時、羽田が国際化したらこれだけの人数の人間が来るから、空港にホテルを増やして等等と威張っていたけど、彼らは公共事業のことしか考えず、近隣のホテル(京急、JR駅周辺が集客に苦しんでいる事に関してのアイディアは無かった。結局は政治家は自分の身入りしか考えておらず、現状無視のお祭り政治しかかんがえていない。結局こうして自民党の地元からの信用が落ちて落選に繋がる。政治家は国益優先で政治的決断をすべきだ。彼らは政治屋として、自分の職だけを守っているのが現実だ。町のビジネスが苦境になろうが何もしない。茨城空港に国内線が就航しない。何か計画に誤りと甘さがあったのだろう。国土交通省は書類さえ出来れば補助金貰える。こう云う地方が果たして自立できるのだろうか?

こういった前政権の「負の遺産」の積み重ねが800兆円を超える借金となって、今まさに国民を押しつぶそうとしています。

事業仕分けを見てて分かりまましたが、無駄を削減するのは重箱の隅をつつくような大変な作業の積み重ねですが、税金を湯水のごとく使うのはあっという間ですね。

前政権の悪政ここにきわまれり。

茨城空港と言うのができるんですか。
関西の神戸、東海の静岡と並んで要らない空港ですね。

普天間の代替空港にできないんですかね。
無理としたら、次に完成する空港は普天間の代替も兼ねると言うのはどうですか。

あるいは、赤字空港へ沖縄の米軍の空港を持っていくとか?
赤字を垂れ流す空港等の設備は、どうすれば国民に還元する方法を考えるべきです。

できもしない出鱈目な予想で造り得は許すべきではない。

<ナゴヤシミン様>
残念ながら茨城空港は内陸部の為、騒音問題で基地は厳しいかと思われます。
可能性としては、海上にある関空です。

開港前からいらない空港って、いったい何なんだ!!!関係者全員、市中引き回しの上、獄門、磔、晒し首だ!!!早急に一般会計と特別会計を統合せよ!!!

需要予測の甘いのは何も空港に限ったことでは無くて、高速道路や港湾やダムも同じですよね。しかし、自治体も国も自民党も全てが無責任、おまけにその責任を追及しないマスコミ。結局、このような大型公共工事の是非をまず国民、市民が意思表示できない。で作ってしまえば後は税金で穴埋めしてくれというのは、余りにもシステムとしておかしいです。

こんなデタラメな地方自治体に税源を与えて大丈夫ですかね。国以上に腐っているのは地方議会ですよ。神戸空港の建設でも30万以上の署名を集めながらも、住民投票は行われなかった。建設費の3000億以上の金があれば、地震で被災された方ももっと救われたと思います。

まあ、少子高齢化の日本でこれ以上交通機関が要りますか。これからどんどん利用者は減ってきますよ。益々、建設コストは償還できなくなる。どう考えてもこの国に97もの空港は必要ないし、JALの破たんや羽田空港のハブ化と合わせてしっかり国家の方針を打ち出すことが必要ですし、佐賀、神戸、静岡等採算がとれない空港は早く廃港にすべきです。

茨城空港開港に関連し、日航の経営再建を妨害する≪最大の問題≫【企業年金】について申し上げたい。

日航の退職者の年金は、【厚生年金平均25万円】のほか、【企業年金平均30万】が支給されているといいます。
勤続年数満35年間も中小企業に勤め、退職金も少額で、結局、毎月20万円にも満たない【厚生年金】だけで生活している私にとって、正しく、雲の上で生活をしている人々の問題です。

日航の【企業年金】には、≪退職金の一部≫も導入したOBもいるとのことですが、退職金を何に投資して失敗したかは国家の責任でなく、疑わしい銀行に預金したり、株式投資で大損したのと同様、全く個人の問題です。この何十年も続く低金利の≪銀行金利ゼロ円≫の時代に≪金利4・5%で運用できる≫なんて、いくら長年務めてきた会社だからといっても、まず疑ってかかるべきで、言いたくありませんが、自己責任の最たるものであります。

今後も、その≪金利4・5%≫を減額するに、日航OBの2/3の賛成が必要とのことで、昨日も提案者の社長が出席して大会が開かれています。2/3の賛成に応じない人々は、私には≪国民の税金で、規定通りの企業年金を払いをせよ≫と、主張しているとしか思えません。

そのOBの、2/3の合意前提として、今月末には【政府保証の銀行融資1250億円】が行われ、来春早々にはさらに数千億円の融資が予定され、そして今後、どれほど巨額な何兆円もの税金が投入されるのか、想像も出来ません。そしてこれらの投入が継続して行われないと、【法的整理】に陥るといいます。だったら、一日も早く【法的整理】に踏み込むぺきであります。

私は日航の【法的整理】を、心から歓迎します。ささやかな私の生活にも影響する、これ以上の≪国の税金の投入≫が許せないからであります。

会社更生法などの【法的整理】を行っても、全日空をはじめ、日本の空には飛行機は飛んでいます。そして日航も≪過去のしがらみをぬぐい去り≫、新しく生まれ変わって【新・日航】の飛行機として日本の空を飛ぶこと、間違いありません。栃木空港には飛来しないかも知れませんが……・

こうして日航OBも、厚生年金20万円で生活する私と同じように、≪厚生年金平均25万円≫プラス≪法的整理の・残務資産企業年金≫の、地上での生活に入られることをお勧めします。

訂正。
先ほどの【法的整理後】の【新・日航】が、≪栃木空港には飛来しないかも知れませんが……≫と書いたのは間違いです。

正しくは≪茨城空港には飛来しないかも知れませんが……≫であります。
栃木と、茨城を間違えるなんて、それほど【茨城空港】に関心がなかったからであります。


茨城空港は、航空自衛隊百里基地を拡張したものだ。
たとえ茨城空港がなくなろうとも防衛予算を使わず拡張できたことは航空自衛隊に大きく貢献している。
ついでに、今後普天間基地の移転先として誘致すれば沖縄県民のためにもなり、国からの補助金等で茨城のためにもなるのでは。

 百里基地の滑走路が2本になったからいいんでないかと。自衛隊の拡張では地域の反対も強かっただろうし(^^;
 羽田空港の拡張費用よりは安そうだし・・・。

百里基地拡張ならば、防衛予算でやるべし。
民需としての空港は、どう考えてもペイできない。

何しに行くのさ? 茨城へ直接。

茨城に用事があるなら、
各社が競合して航空料金が下がった羽田経由で行けば十分。

結果責任で、担当各部署のお役人たちは自腹で赤字補填(足りるわけないが)して、国民に償うべし。

大型店舗を出店して大赤字なら、会社の担当幹部が責任取らされるのと一緒。

初投稿で提言です。
茨城、伊丹、神戸、関空、普天間問題を総括して、その利用法を再検討できないものでしょうか?
伊良部の離島下地島にある航空機練習場を普天間の代替案、茨城空港もしくは神戸空港を航空機練習所とする。
伊丹空港は、関西電力に売却し、広大な面積を利用し、太陽光パネル及び風力発電による施設に変換する。
仮に航空機練習場を茨城空港にするなら、神戸空港は潮流発電施設に転換できないでしょうかね。

全くの素人考えです。

茨城空港は滑走路を安普請で作ったため、緊急時に軍用機がアフターバーナをふかして離陸したり、輸送機が荷物を満載にして離着陸するには支障があるそうです。
逆に、緊急時でない場合は既存の滑走路で十分運用に足るため、航空自衛隊にとっては、殆どメリットはないそうです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.