Calendar

2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Entries

Recent Comments

« 茨城空港の開港日が3月11日に決定
メイン
【録画放送中!】11月24日事業仕分け 第2グループ »

現場感覚のない事業仕分け報道 明日から第2ラウンド開始

 明日から行政刷新会議の事業仕分けの第2ラウンドが始まる。《THE JOURNAL》取材班は第1ラウンドに引き続き、24日からの3日間も生中継を行う予定だ。

091123shiwake.jpg

 《THE JOURNAL》取材班は10月末に行われた静岡県の事業仕分けを取材し、国の事業仕分けの現場に立ったが、「これと同じような事業が3,000も存在するのか...」という感想を持っていた。

 ところが新聞やテレビの報道では、「仕分け事業はほんの一握りだけ」「たった1時間で何がわかる」といった、現場の感覚があるとは思えない言葉が連日並んでいた。1事業1時間の仕分けでも、経営感覚が"マヒ"しているとしか思えない官僚の答弁に何度も出会う事ができる。

 《THE JOURNAL》でも一部録画放送しているので、事業仕分けのそのものの批判をする前に、ぜひ見ていただきたい。

 例えば「メール相談事業」は、年間約12,000件のメール相談を受けている事業だ。

【録画放送中!】

 1日平均35件ほどの相談を受け付けるために、相談員(委託)が全国に28人配置されている。1日たった2件のメール相談に年間500万円の対価は妥当か?を問われた担当者は「そこは丁寧にスーパーバイズするということで...」("00:17:30"頃)と回答をする。その他にも、回答をごまかすことは当たり前で、具体的な成果数値を上げずに「一定の成果」をうたうような官僚答弁の例をあげれば枚挙にいとまがない。
(その他、「典型的な官僚答弁「一定の成果があります」は"00:12:20"頃、典型的な官僚答弁2「回答(数値)のごまかし」は"00:15:30"頃」)

 テレビでは、蓮舫(れんほう)氏と国立女性教育会館の神田理事長とのやりとりが延々と流され、新聞では「公開処刑」という言葉が並んでいた。一部だけを強調しているような事業仕分けの報道は、現場感覚の乏しさを感じる。

091123shiwake3.jpg
記者たちは仕分け後に官僚を取り囲んで取材を始める

 現場に来ていたフリージャーナリストの上杉隆(うえすぎ・たかし)氏も同様にメディアに対して疑問を投げかけているが、明日からの後半戦で既存メディアがどう報道するか、ぜひ《THE JOURNAL》読者もメディアチェックをして頂きたい。( 上杉隆ブログ「事業仕分けへの批判に異議あり! 霞が関牽制の意味は大きい」

【関連記事】
■いよいよ「事業仕分け」が始まる! 生中継はこちらから(11/11)
■事業仕分け資料(行政刷新会議HP)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6277

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 現場感覚のない事業仕分け報道 明日から第2ラウンド開始:

» 【情報公開】我が国から記者クラブが無くなった時が民主化が達成された時だ【静香ちゃんGJ!】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 先の総選挙による民意を受け、鳩山政権が発足してからまだ2ヶ月余りしか経過していない。  この間、 「でも、 民主党 さんの思うとおりにはさせないぜ。 こ... [詳しくはこちら]

コメント (35)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

マスコミが民主党に好意的な報道しないという批判をわざわざこんなとこでする必要があるのか?
新聞などでは提示されていない、仕分け人の選定基準、仕分けの選定基準をありのままに載せて、情報を提供し判断を仰げばいいんじゃないの?

 機関紙じゃないんだから、まずは当たり前の情報提供をするべきでは。
 それができないなら、ここはそういう場だということを自ら証明することになるんだけど。

おやおやさん

>マスコミが民主党に好意的な報道しないという批判<

これは事実ですよね。あの蓮ホウ議員の一部の追求場面を延々と流すテレビ報道。ここはその偏見報道をを明らかにする場ですよ。しかも最近の報道は更にヒートアップしている感じがしています。

でも上杉さんは流石のコメントをしていますね。全てに同意できるのでスッキリしました。

明日からの第二ラウンドも、時間の取れる限り視聴して、みんなでこの歴史的改革を語り合いたいですね。

NHKはなぜ、
事業仕分けをニューの時間に申し訳なさそうにしか、放映しないのでしょうか。

当地区選出の前自民党議員は「どこそこの工事に国の予算を付けました、地元にこんなにお金を持ってきてやっているんだぞ」と脅迫的な新聞折込広告を年2回発行しておりました。
この議員さんは、このような事業仕分けには反対するでしょうね。

NHKが事業仕分けを詳細に解説・分析しないのは、なぜなのか、教えてください。

野球やサッカーの実況中継を観る時に、音声を消して映像だけを観ていると、選手の表情や動き、試合の流れなどがダイレクトに伝わってきて、臨場感と同時に真剣さを感じます。同じように、出来ることならばテレビで仕分け作業の実況中継をして欲しいですね。もしそうなったら仕事を休んででも見たい。高視聴率間違いないと思います。浅間山荘(例えが悪いかも)の時のように・・・。

>ウーさん
いいえ、事実ではありません。
このトピタイの記事やあなたが「好意的じゃない」と思ってるだけです。
例えば旧政権の絆創膏やらカップめんの価格やら、その時に同じこと感じましたか?
結局はダブスタなんですよ。

>蓮ホウ議員の一部の追求場面
あなたはこれを流されることを「民主党叩き」と思うみたいですね。
逆に私は民主党支持者ではありませんが、枝野氏や蓮舫氏のこの行動は
評価したいと思います。民主党がそもそもやると宣言している無駄の削減とは
こういう軋轢を生み拒否感を与えるものです。嫌われるのを覚悟して
あえて主張に沿ったことを実施している彼らについては支持しないながらも
政治家としての覚悟を感じますね。
耳当たりのの良い言葉を並べて政権取ったのに、無責任に先延ばしにしている
閣僚連中に比べればよっぽど潔い。

事業仕分けですが、マスコミはどちらかというと、批判的に報道しているケースが多いようです、特に、テレビのワイドショーでは、その傾向が強いようですね。

蓮訪議員の矢継ぎ早の質問が、よく放映されていますが、明らかにカメラが向いていたので、自らの演出によって、あのようなパフォーマンスになったように見受けられます。森田建作千葉県知事と似たキャラクターの方と思いました。

概ね事業仕分けは、情報公開されたという点に評価が集まっていると思います。第2ラウンドが始まりますが、要求側も理論武装してくるでしょうし、第1ラウンドでの反省点もあるでしょうから、より中身の濃いものになることを願っています。

>旧政権の絆創膏やらカップめんの価格

こういう報道が旧政権を助けてたように思います。
こういう報道ならつっこめるから。
マスコミ、そこしかつっこみどころないのか、って言えるから。

官房機密費の報道があの時出てたなら、旧政権は打撃だったはず。
ほかにも、いろいろな新事実が出てきている。
事業仕分け自体がそう。密約も、記者クラブも。

絆創膏やカップ麺のせいで支持率落としたと考えてるならちょっと甘いと思います。

>fugumiさん
>こういう報道が旧政権を助けてたように思います。
は?大丈夫ですか
あなたは、旧政権へこの手の批判報道”しか”されていなと記憶してるようですね。
ほんのちょっと前のことなのに。

贔屓の引き倒ししてしまう気持ちはわかるけど、せめて基本的な事実認識くらいはまともにしましょうよ。

めちゃくちゃ過ぎるにも程がある。

 とりあえず、現状の仕分けの最大の問題は①議事録ができるのが遅そうなことですかね。 世論がリアルタイムで議論しているのに議事録がおいつかないというのは・・・・。
 次のステップの問題として、②仕分けにはいらない事業をどう扱うか。③仕分け結果をどの程度予算に反映させるか。 という問題はもちろんあります。

おやおやさん

投稿者: ニューススパイラル による本文のどこに>マスコミが民主党に好意的な報道しないという批判<があるのでしょうか?
念の為に、3度読み返しましたが「民主党」の「民」の字も出ていません。

この主が言いたいことは、マスコミで新聞記事やテレビ放映の編集をする責任者、それと批判する評論家は現場に来て、実態を見ろ。或いはネットの実況やここにある録画を見てから論評しなさい。そして読者は、録画を見るなどして報道姿勢や評論家の論評をチェックしよう。そう云う趣旨でしょう。

日曜日のサンプロで田原氏が、例によって何様かのつもりで、枝野・蓮ホウ氏に批判をぶつけていましたが、最後に足を運んでないことが明らかになりました。要するに他人の批判の「また聞き」で批判していた訳です。

こういう馬鹿な《元々田原氏は馬鹿ですけど)政治評論家(これも?)に対する警告と同時に、少なくとも本誌の読者は、現場(含むネット視聴)を見てから発言しようということでしょう。

上杉隆さんの現場を見ての論評、真に、的を射てます。
また、オリーブ・ニュースでは、マスコミや評論家の批判に対し下記のように徳山氏が「批判を批判する」と書かれています。氏はネットからの情報ですが、上杉氏同様的を射た論評です。
http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?m=0&i=12

つまり、貴方は>マスコミが民主党に好意的な報道しないという批判をわざわざこんなとこでする必要があるのか?<と書いて、この投稿の本来の趣旨を打ち消そうとした。そうとしか思えません。
なぜ、そのようなことをするのか?それが疑問です。

この本文に対するコメントとしては飯田さん、sumitakaさん、そしてshousiminjpさん、このようなコメントが的を射てると思いますし、特にshousiminjpさんのご指摘には同意します。

「マスコミが恐れているもの」
マスコミは官僚組織が民主党に押さえ込まれることを恐れているようですね。官僚組織と言う巨大な壁が崩壊したら、次は自分たちの番だと言う恐怖感でしょう。
 それと、マスコミの主張が輿論とならなくなってきたことことに対する焦りも感じます。いずれにせよ、情報が徐々に公開され始め、国民が自分の頭で考えだしたら、マスコミの役割は終わってしまうでしょう。事業仕分けのネット公開はその手始めですね。民主党に本当に情報公開されたら、商売上がったりになると気づき始めたのではないですかね。

>hamano torakitiさん
>なぜ、そのようなことをするのか?それが疑問です。

あなたが1人でわけわからない定義立てて冗長に語って、疑問が沸いただけでしょう。
もう一度自分の文を読み直して短く纏めてみれば疑問も解決するんじゃないですかね。

それにしても何でそんなに「無謬の聖人君子」に民主党をしたがるのかな(そして自分自身も)。
ここの民主党支持者でも、是々非々で褒めるべき所は褒める、批判すべきところは批判するという当たり前のことをしてる人もいるのに、「”好意的に報道しろ”なんて言ってない!」「悪意的に報道されてる!」なんてこと事実を捻じ曲げたり文章を変な解釈したりして。
もっと正々堂々と清濁併せ呑む支持ができないもんかね。

なんか脆さを感じる。

マスコミの仕分けに対する批判、サンプロの田原キャスターは現場も見ずにする批判。国民に対して失礼だと思わないのか?この官僚の答弁を聞いていると如何に社会ずれした勝手な現実無視な仕事をやっているかあきれてしまう。まるで無理やり仕事を作って勝手にやっている様に思える。結局予算は税金を使い切り足りないから増税させろと言うのが彼らの狙いだ。政権交代は時代の要求だった。マスコミは未だに政権交代について来られない。民主党政権では彼らにもメリットが無いという事らしい。

おやおやさん

>いいえ、事実ではありません。
このトピタイの記事やあなたが「好意的じゃない」と思ってるだけです。<

失礼しました。私が事実だと思うことは主観の問題ですよね。ただ、上杉さんや徳山さん、その他多くの有識者の方も同じ感想を書いていることはご認識してくださいね。

>例えば旧政権の絆創膏やらカップめんの価格やら、その時に同じこと感じましたか?
結局はダブスタなんですよ。<

ダブスタって言葉を盛んに使っていますが、お好きですか?自分ではそう思ってませんよ。

私は小泉政権末期から言ってきましたが、マスコミは自民党びいきだとの認識です。(ネットウヨとは間逆の認識)以前にも口論したことある話ですが、新聞社をあげて民主党バッシングする某社、経団連のつながりや記者クラブ、内閣の下部組織の検察の利害関係上、与党に偏ったテレビ番組編成、出演者、ニュース報道を行い続けたと理解しています。

カップ麺や漢字の間違い、失言などは、その政治家個人の力量でどうにでもなる問題。今の鳩山さんに対しても同レベルのバッシングは有ります。それこそ小泉総理ならそのカップ麺やホテルのバー程度の話では、逆に支持率を上げてたかもしれませんよ。

しかし、民主党、特に小沢・鳩山報道は検察と前与党とマスコミが団結した実力行使(国策捜査)&異常なバッシングだと思い続けています。同じ処理をした自民党議員(森、二階、尾身)はスルーを貫いて(結局無罪放免でしょ?) 誤報を含んだ報道を数ヶ月に渡り続けていましたね。総理になれた筈の男を訳の分からない理由での秘書逮捕劇と、その後の辞任劇を民意とはかけ離れた力が行った。同時に死に体だった麻生政権の支持率アップ。

ちなみにその間、麻生・与謝野さんの疑惑がでても追及は殆んどありませんでしたね。党の存続や選挙に影響のある大きな問題では自民と民主では、扱い方が全く違っていたと思っています。

>枝野氏や蓮舫氏のこの行動は
評価したいと思います。<

意外ですが、賛同していただき嬉しく思います。この政策こそが政権交代が齎した、画期的出来事です。このまま全て、数千の事案も予算成立後の行政刷新会議の通年事業として、厳しく審議することを国民の大多数が望んでいると思いますよ。

連ホウ議員への言われなき中傷に対しての同性として物凄い不満がある

最近、連ホウ議員の’過去’を各マスコミは暴き立てている。その大部分は、「タダのグラドルだったじゃないか?グラドルごときが国家の財政を取り仕切る、とは何事」という主旨です。
これって、大変な女性差別であり職業差別ではないでしょうか?まさに男性視点での物の見方だと思います。
しかも、報道番組・ワイドショーなどで、男性がこういう女性差別的な発言をするのはまあ「理解の範囲」でしょう。元々男性はこうですから。
しかし、女性キャスター・女性司会者・女性コメンテイターがこういう発言をするのは信じがたい事です。
連ホウ議員への視点を各マスコミで見るにつけ、この国はまだ大分遅れているなあ、という感じです。連ホウ議員、こういう中傷に負けないで頑張って、と声を大にして言っていきたいと思います。

ところで、新型インフル問題ですけど、これって、前政権の枡添大臣が差配した事が今になって、「マイナスの影響」となって出てきているわけでしょう?どうして、この事をマスコミは指摘しないのでしょうか?接種の時期とかワクチンの容量の問題(10ml入りは無駄が出るようで)とか優先順位の問題とか、全て、「この新型インフル対策を民主党にさせるな」と枡添さんが指示して、総選挙までに手配を済ませたそうです。
こういう事を何故、大マスコミは報道していかないのでしょうか?
腹が立ちますね。

"仕分け、選手から反対意見を 予算削減にJOC呼びかけ"
という報道が出ていますが、JOCは、無原則な市場主義を支持して、オリンピック選手を自民党(清和会)から立候補させていたのであるから、国に頼らず、自分たちでスポンサーを探してきて運営すればよい。

事業仕分けは面白いですよ。
ネットで中継しているからそれを見ていればマスコミの報道がずれているのがわかる。
批判しなければマスコミじゃないように書く人もいますが、材料がオープン化すれば比べられますから、マスコミの度量も俎上に乗ることになり、自民党時代はああだったくせにとかいう揚げ足はあまり意味がないと思います。
リソースの開示がなされていないものに関してはこれは容赦なく批判すればいい。

「日本の生きる道は先端技術」

かつてマレーシアのマハティール元首相はイスラム諸国会議で「イスラム教徒は13億人もいるのに欧米に対抗するためにテロに走り、ユダヤ人は1400万人しかいないのに『民主主義』を考え出し今では世界を間接支配している」と指摘した。

よく知られているようにユダヤ人の力の源泉は「金融」「石油」「食料」「情報」を支配したことにある。日本でも小泉・竹中らが「金融立国」を目指し、田中角栄は石油メジャーに頼らない日本独自の「石油資源開拓」を試みたが失敗した。

近い将来、日本は勃興する中国、インドに取って代わられ、少子高齢化や巨額の財政赤字のもと衰退の坂を転げ落ちるだろう。現在、民主党が行おうとしている事業仕分けや脱官僚依存、地域主権は大事なことかもしれないが、果たして日本の衰退を阻むことができるのか。

やはりここは(ユダヤの独占分野とぶつからないよう留意しながら)日本の産業を工業化社会から知価社会へ劇的に進化させる柱を育てることが必要だ。その芽はすでに環境技術やバイオテクノロジー、半導体、核融合などで育っている。

これらの技術の裾野は自動車産業などの比ではなく、新たな産業革命の到来を予感させる。問題はこれらの技術の実用化に向けてのスピードを速めることであり、そのためには国家レベルの集中投資や人材育成を行うべきだろう。

鳩山首相も菅副総理も理系出身者であり、少し勉強していただければ理解も早いはず。「科学技術立国」こそ日本を衰退から救う切り札となるのは間違いないと思うが。

事業仕分け人の一人が下記のようなコメントをされています。(カナダde日本語より)
■ 土居丈朗  :慶應義塾大学経済学部教授
事業仕分けは、これまで密室で行われてきた予算編成の作業過程を、国民に公開し、誰がどのような意見を言ったかを明らかにした上で、予算内容の是非を問おうとした点で、画期的なことだと思っています。

私は、構想日本の事業仕分けをお手伝いしたことがあって、構想日本の方からお誘い頂き、行政刷新会議ワーキンググループ評価者(仕分け人)になりました。以下は、私見であって、行政刷新会議の公式見解ではないことをお断りしておきます。

事業仕分けは、あくまでも必要性に疑義のある事務事業についてその要不要を問うまでものです。したがって、事業仕分けの結果がそのまま政府の決定になったとして、利益を得たり損をしたりする人がいるかもしれませんが、それだけで全てと見るべきではありません。事業仕分けの結果を受けて事業の廃止・見直しが行われて、削減された金額が、別の優先度の高い政策に充てられれば、それによって利益を得る人がいます。したがって、事業仕分けが行われた結果そのものから受けた損得+事業仕分けを受けて節約された予算を組み替えたことによって受けた損得、の合計として、結果を評価すべきです。

さて、仕分け人は、1時間ほど話を聞いただけで評価を出しているわけでは決してありません。11月第1週から連日のように朝から晩まで(文化の日も休日出勤で!)担当部局等からのヒヤリング等を重ねて、現地調査(私も赴きました)までして、本番に備えて勉強して、評価を出しています。これまでの研究の蓄積や成果も活用しています。

おやおやさんに:

>なんか脆さを感じる< のではなく、貴方のレスに「何か虚しさを感じます」。

これに対するレスは必要ありません。あったとしても、当方からは致しません。
レスを頂いた御礼を最後に申し上げます。

相変わらずマスコミは1時間程のヒアリングで事業仕訳など出来るわけがないとネガティブな論調が多いが民主党はもっと積極的にアッピールすべきと思います。
本当に宣伝の下手な政党です。
民主党独自に動画ネットを活用して記者会見や来年以降の予算編成を国民にオープンにしたらと思います。放送法にでも引っかかるのでしょうか。政党助成金もたっぷり入るのでしょうから宣伝にお金を掛けてほしいと思います。

マスコミ(特にテレビ)は、自民党時代は特に、現在でも、失言続きの鳩山政権・民主党に相当甘い。

これ、私だけでなく、私の同僚たちの共通認識です。

田原総一郎氏が民主・小沢批判をしているとよく書かれていますが、批判されていることをしているのだから当たり前のこと。
しかし、田原氏は、もうマスコミ内でもパワーを失っているし、「サン・プロ」一番組なんてたかがしれているでしょう?

おばちゃんたちに影響力があるのは、朝のワイドショーですよ。

ここでは、各局とも、連日、繰り返し(午前中だけで、同じ内容を3回くらい繰り返している)事業仕分けについて報道しています。
ここでの常連コメンテイターは、大谷、鳥越、デーブ・スペクター、森永、かつてのレモンちゃん、みごとに民主応援団。

彼らの最近の常套句「仕分けは財務官僚のお膳立てと言われていますが、まー、良い事ですよ。今まで分からなかった予算編成の裏が国民にも明らかになって。来年もぜひ、続けて欲しいですね」

これのどこが、民主批判なんですかね?

ところで、ほんとうに、この仕分けで、国民の皆さん(寝っころがって、センベイかじりながら、テレビ見ているおばちゃんたち)が、経済大国・日本の予算編成の過程が理解できたんですかね?

財務官僚が見せたい場面だけ、見せてもらって、理解したつもりにさせられているんじゃないのですかね?

そういう風に考えたことありませんか?
民主党、支持者の皆さん。

私は、一民間企業の予算編成、何回かしたことありますが、企画部員や経理部員以外に説明するのとてつもなく大変でしたよ。

しかし、私も、この事業仕分けについては、ある程度評価はしていますが、大絶賛・大感激するほどのことではないと思います。
ここで削除した予算を素早く何に使うかが評価の分かれ目だと考えています。

青山さん

>マスコミ(特にテレビ)は、自民党時代は特に、現在でも、失言続きの鳩山政権・民主党に相当甘い。これ、私だけでなく、私の同僚たちの共通認識です。<

狭い世論ですね。私は数百人の多種多様の方々と政治議論をしていますが(好きなので)、基本的にマスコミはどっち擁護なんてことは言わないが、今の蓮舫報道や小沢報道は悪意に満ちていると言う方が圧倒的に多いですよ。貴方にこの議論は2回目ですが、おやおやさんに言ったとおり、自分の主観だけですよ。せめてアンケートでもあれば納得できますが。

>田原総一郎氏が民主・小沢批判をしているとよく書かれていますが、批判されていることをしているのだから当たり前のこと。<

では何をしたのでしょうか?真実を知りたいのですが?

>財務官僚が見せたい場面だけ、見せてもらって、理解したつもりにさせられているんじゃないのですかね?<

まあ、今回の仕分け業務を選んだのは財務省です。でもそれ以外を選んでも同じですよ。全ての無駄を調べてほしいと国民が望んでいます。マスコミが貶すように言う『財務省主導』だから何なんですか?要はその後の筈ですね。

ウーさんのおっしゃる通り、民主党に対する批判が甘いか否かは、主観の問題なので考えても意味なさそうです。

ただ、闇雲に批判のための批判をするのは不快だから止めろというのが、多くの国民の感覚なのではないでしょうか?何のために批判するのかという真っ当な目的意識が見えないと「マスゴミ」と呼ばれることになる。批判だけでなく良いものを良いといっても問題ないでしょう。批判するなら以下の点のどれかを踏まえて、何が言いたいか分かるように報道してほしい。

●仕分け作業の必要性について
多くの国民は、予算編成過程がガラス張りにされた意義は非常に大きいと考えているので必要性を否定するなら、かなり説得力ある理由が必要。

●仕分け作業の問題について
多くの国民は、現段階はPDCAサイクルの「Do」の段階と考え見守っている状態だと思います。多少の問題点があろうとも今は行動の時。その状態の国民に現実無視の問題点のみ伝えるネガティブキャンペーンは、品位を疑われる結果になる。

●仕分け作業の結果について
仕分け人の言い分、関係者の言い分を公正に。100の内容のうち、1だけを報道して、世論を誤誘導しようとする行為は止めるべき。そのような行為に多くの国民が気づき始めている。100全てを報道することは不可能だし、我々には理解できない。だが、100の内容の核心部分の1を報道してほしい。その努力をして欲しい。

例えば、

科技予算削減は「不見識」=野依さん、事業仕分け批判(時事通信社)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091125-00000061-jij-soci

野依さんの立場(当事者)としては極めて当たり前の主張だし、筋が通っている主張に思えます。しかし、仕分け人の言い分がほとんど(全く)報道されていないのが気になります。

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov13kekka/3-17.pdf

上記、行政刷新会議のHPの資料を読むとそれなりに納得できる理由です。報道は両者の言い分を補足説明してくれればいいのに、一方の言い分だけを意図的に垂れ流していると感じてしまいます。

今でこそ自分で調べて両者の言い分が分かりますが、ちょっと前まではこうはいかなかった。報道関係者のみなさんは、我々の情報レベルが上がっているという現実を踏まえ仕事に臨んでほしいと思います。

上杉さんは「新聞・テレビ等ではそれ程高い評価を得ていないようだ」という記述にまったくソースが記載されていないのが水掛け論の原因になっていると思います。毎日の「社説ウオッチング:事業仕分け」のサイトを見た限りでは、新聞の論調は概ね事業仕分けに好意的なようです。「公開処刑」というのはテレビの話なんでしょうか?私はワイドショーはよくわかりませんが、報道2001やサンプロでは公開処刑という言葉は聞かれず、なごやかなムードでした。「削減額が少ない」「財務省主導」については各紙言及してますが、批判というより激励というニュアンスです。上杉さんが何を見て批判ばかりと感じたのが疑問です。
東京新聞は「事業仕分けのような個別作業に入る前に、鳩山政権はいったい今回の予算をどんな形にしたいのか。そこがさっぱり見えてこない」「景気は二番底に陥る懸念もある。戦略がはっきりしないまま個別の事業仕分けに取り組んでも、それで日本経済をどうするのか、多くの国民は方向感をつかめない」と一番批判的で、検察にも従わない新聞だけにさすがに鋭いと思いました。事業仕分けだけ見れば、どう見ても正当なもので、おかげで内閣の支持率を維持できたわけです。だが、全体を見たとき「何で国家戦略局を先に機能させなかったの?」という疑問がどうしても出てきます。民主党の公務員優遇の方向が露骨になるにつれ、むしろそうでなければならなかったのだな、と妙に納得してしまいました。実際事業仕分けのニュースばかりがクローズアップされて、公務員改革法案提出延期のほうは目立たずに済んだわけですから。

「スパコン予算はどうも胡散臭い!」

スパコン予算についての論議が沸き起こる中、ノーベル賞学者や国立大学の学長らが「スパコンの予算を切るべきではない」と発言している。

はっきり言って(ノーベル賞学者や大学の学長といえども)ITに素人の彼らに、仕分け人が指摘したスパコンの開発経緯や技術的課題を理解しながら発言しているとは思えない。(IT専門家の多くは仕分け人の結論を高く評価している)

これは予算を復活させたい役所からの依頼(スパコン予算が削られれば、あなた方の研究予算も削られますよと耳打ちする役所の常套手段)で彼らが発言していることは間違いないだろう。

スパコン設備や運営組織を設立し、そこに天下り先を作りたい役所の思惑が見透かせるなか、スパコンの話はますます怪しげである。菅副総理や仙石大臣には十分気をつけてもらいたいものだ。

事業仕分けに於ける、連ホー議員絡みの報道の何処が悪意に満ちているのだろうか?件の切り取り映像を見るに、国の為、使命の為に精力的に頑張っているように、どう見ても写るのだ。枝野氏にしろ、連ホー女史にしろ巷では株を上げているに違いない。相違があるのは、同じ物を見ても人によって感じ方が違うと言う事なのだろう。それは、主観による報道姿勢への認識の相違であり、論ずるには向かない議題であると云う事だ。個人的には”おやおや”さんの論は筋が通っていると思えるが、それもまた主観か。さて、この事業仕分けは第一段階、叩き台であるそうだから、一件あたり一時間での判定であるとしても問題はない、寧ろ対象組織やその運営に疑問があればバッサリと切ってしまう今の手法がより合理的に思える。この調子でどんどんやれば良い。逆に菊田議員?であったと思うが、政治的判断とやらで委員の意見を無視し、要求通りとしたようなスタンドプレーは徹底的に排除すべきだろう。第二段階以降、更に精査の上必用と思える件については予算が付けられる前提であるから、ここで甘いと意味がない。

>ウー様

今回の事業仕分けについては、私もかなり評価しています。
財務官僚主導であっても自民党政権下ではできなかったことでもありますしね。

ただ、来年は、是非、官僚の席に大臣・副大臣も加わってもらいたいですね。本来、彼らが事業責任者ですから。

それから、今回、もしかしたらと期待したのですが、岩手県で建設続行中という西松建設受注のダム工事の仕分けもしてほしかったですね。

さて、マスコミの民主タタキの件ですが(他の方のおっしゃるとおり主観の問題ですが)
昨夜、民主党の幹部とスポンサーの京セラ会長が、料亭で会食したとか。
早速、今朝のテレ朝のワイドショーで、落合レモンちゃんが「事業仕分けで、予算を削っている時に、幹部たちが贅沢三昧・・」とコメントしてましたが、そこでお終い。

昨年のことだからウーさんもご記憶と思いますが、麻生前総理がホテルのバー通いの際のテレビ報道。
連日、庶民が苦しんでいるときに何たら・・・の報道だけでなく、それに伴う非難コメントの雨あられ。
ご丁寧に民主党幹事長へも取材「民主党は庶民派ですから、会食は居酒屋でしかしません」
ホテルのバーはホステスがいないから、安くてサラリーマンの御用達なのに。

定額給付金を受け取る、否についての「麻生はブレタ」の度々の報道とそれについての批判コメントの嵐。
対して沖縄基地の県外・国外、年内・来年のブレまくり発言については、報道のみ。
麻生氏だったら、報道・コメントとも批判・非難の雨あられでしょうね。

各々、記憶にありますよね?

青山様

私、今日まで全く知らなかったのですが、自民党も昨年事業仕分けのようなことをやってたみたいですよ。

この議員のブログに書いてありました。
http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-79b1.html

そうなら、自民党も少しはアピールすればいいのに。
でも、公開したちゃった方に、アピール度では勝てないですがね。

>竜一様

自民党無駄遣い撲滅プロジェクトチームのことですね。
河野太郎がリーダーだったと思います。彼のブログにも書かれていました。
彼は、先日の総裁選挙のときに明らかになりましたが、異端児、ある意味で小泉氏と同じく変人です。

たぶん、それ故に、自民党として宣伝もしなかったし、報告書も正式に取り上げなかったのだと思います。

彼は長妻氏とも共同で年金改革の研究もしていたはずです。

青山さん

コメントが減ったログに成ったようですから、私の主観で贔屓報道を語ってみます。

森政権までは、ワイドショーで政治を取り上げることは少なかった。しかし小泉総理以来 視聴率が上がるとのテレビ側の判断で 政治、政策が毎日のように取り上げられ、民衆うけには天才的な小泉様は 見事にマスコミを利用し高支持率を維持して郵政選挙を制した。

小泉勇退後も、ワイドショーは視聴率の取れる総理の話題を追いまくるが、安倍・福田共に小泉様には程遠く、自滅して支持率が続かない。

自民党の最後の切り札として、漫画好きでオタクに人気の明るいキャラクターがこのワイドショー政治に合うとの判断で?総裁に選ばれた麻生総理だったが・・・

その頃の国民は既に、小泉改革の嘘を実感し、自民党政治はノーと言う調査がでていた。その実態が蔓延し 早く国民に民意を聞けと言う声の中での、意味の無い引き延ばしを続けた麻生政権。

現実には、政策も信念も無く官僚に全てお任せだった。次々に出る失言やブレ、高飛車の性格、カップ麺報道、ホテルのバー通い等、ワイドショーのネタにはもってこいの総理であった。だから徹底的に叩かれウケタ。しかし・・・

けして犯罪、疑惑に対しての自民党報道をマスコミは絶対にしなかった。小沢や鳩山には検察が動き、リーク報道を繰り返すが、自民党議員には検察は全く動かない。

検察.警察組織のトップは民主党が行う改革に反対の検挙権を持った官僚組織である。今までどおり、優雅な生活を送るためにはズブズブな関係の自民党が良いに決まっている。

今も尚、小沢・鳩山・そして菅副総理にも献金疑惑を出してきている。

言い方が悪いが、政治家で突付かれて何も無い大物が居るのだろうか?多分、国民はそこまで求めていない。それが此れだけ、疑惑で叩きながらの政権交代であり、鳩山内閣の高支持率だと思う。

安倍、福田、麻生、与謝野、石原各議員にも疑惑は出ているが検察の動きが無く報道もしない現実。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/04/1100.html

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=200001309&tid=bcsaj8a56ba4ga1v4siubcta1wd0bch3abbbo&sid=200001309&mid=84

麻生総理時の自民党バッシング程度なら、小泉さんのような天才が出れば済むような小さな話。実際その程度なら毎日民主党には経済政策が無いだの、財源が無いだの,閣内不一致だの同レベルの批判は有るが別にかまわない。
しかし民主党のバッシングは、犯罪に絡む【党の存続】【政権選択の重要】に関わる大問題なのです。

民主党議員だけが疑惑が真実あり、自民党議員の話は嘘だと思っていますか?そして小沢秘書逮捕、鳩山献金疑惑のタイミングは偶々だと思ってますか?

>ウー様

たぶん、あなたとは、マスメディア(新聞ではなく、テレビ、それもワイドショー)の捉え方が異なるのでしょう。どこまでも平行線なのでしょう。

ただ、事実誤認があるようで、
>その頃の国民は既に、小泉改革の嘘を実感し、自民党政治はノーと言う調査がでていた。

小泉氏は、政界引退を表明後も各新聞の次の首相は? の一位になっていたはず。


>小沢や鳩山には検察が動き、リーク報道を繰り返すが、自民党議員には検察は全く動かない。

小泉氏や麻生氏に西山建設や母親から献金がありましたか?
多分、森や二階にはあったぞ!!の声が出るでしょうね(笑)

私は、特捜部長ではないので、想像ですが、「一罰百戒」人員に限りのある特捜としては、一番大物の小沢を逮捕したかったのでしょう。

「管理職の残業手当」支払い違反でマクドナルドが捕まりましたね。ほとんど全ての居酒屋が違反しているのにです。

それだけ、小沢氏は地検の長年の友?なんですね。
しかし、これからも「国策捜査」の批判はするのでしょうかね。


>言い方が悪いが、政治家で突付かれて何も無い大物が居るのだろうか?多分、国民はそこまで求めていない。

もちろん、橋を建てろ!票を金で買え!息子の就職の世話をしろ!等々政治家に要求するのも国民ですから。
だから、普通、大人は、後で自分にも返ってくるかもしれないと考えて「秘書のやったことは政治家の責任」とか「故人献金は私の金だけ。母親から金なんてもらっていない」なんて言わないものです。


最後に、ウーさん、あなたもおっしゃっているように
「次々に出る失言やブレ、高飛車の性格、カップ麺報道、ホテルのバー通い等、ワイドショーのネタにはもってこいの総理であった。だから徹底的に叩かれウケタ。」

そう、麻生さんは徹底的に叩かれた。でも鳩山さんや小沢さんは、普天間基地問題のふらふら発言、高級料亭での宴会、高級すし屋での夫婦の会食、お坊さんの前でのキリスト教侮辱発言をしてますが、徹底的に叩かれていますか?

本当は、政治・政策に関わる発言・行動のみマスコミは、与野党公平な基準でもって報道(批判・非難)すべきですが、日本のマスメディアは論理よりも情緒を優先するし、その方が多くの国民の好みにも合っているのが現実です・・・・

マー、どこまで行っても水掛け論ですし、この板のテーマは事業仕分けですので、ここらで終了。

では最後に

>>ただ、事実誤認があるようで、
>その頃の国民は既に、小泉改革の嘘を実感し、自民党政治はノーと言う調査がでていた。<

小泉氏は、政界引退を表明後も各新聞の次の首相は? の一位になっていたはず。

総理に成って欲しい人調査では小泉が一位は その通りですが、麻生政権下で何回も自民党自体が調査して【選挙すれば負ける】ことが判明して引き伸ばしていたことは周知の事実。

ネットウヨの皆さんは貴方と同様 麻生叩きのことを言い、だからマスコミは民主党には甘いと言う。これ何度も言うように明らかに人柄の問題ですよ。それで視聴率が取れた。高飛車で失言続きのキャラは国民の支持がえられる筈ありません。
そうそう、蓮ホーさん報道のごとく。でも真の人柄、人物像は見抜く力が付いてきてバッシングは残念でしょうが最小限に収まってますね。

結局、検察の異常な逮捕やその後の執拗なマスコミ報道のことはスルーですね。もしマスコミが民主党ビイキなら、小沢を擁護もしくはスルーして、自民党に調査の行かない検察批判を繰り返した筈です。その気なら疑惑議員に必用に迫って見せるでしょう。子供殺人の母親に迫ったマスコミのように。

犯罪は政治、政党には致命的なのですよ。だから小沢秘書逮捕前と逮捕後の支持率が大幅に変わったのです。

小沢さんのミスや鳩山総理の献金疑惑は問題なのは当たり前です。しかし、それ以上に一方だけを調べ検挙し、対立政党を見逃す大問題。それも投票に影響の有るタイミングで。

今になって二階秘書を調べると言うお茶を濁すようなことで、国民に中立をアピールする腹は見え見えです。


政府与党は、「事業仕分け」によって、「霞ヶ関」という「パンドラの箱」を開けた。
願わくば、「パンドラの箱」に残った小さな光「希望」を大切に見守り育てていって欲しいと、切に願う。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.