Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

参院補選、神奈川・静岡いずれも民主勝利
匿名 10/26
ケイ 10/26
H.MIYAUCHI 10/26
匿名 10/26
梅光 10/26
KAD 10/26
ちゃ 10/26
BB 10/26
sakebuningen 10/26
sirokuma 10/26

« 行政刷新会議、小沢幹事長「新人外せ」
メイン
神戸市長選、民主単独推薦の矢田立郎氏が「約8000票」差で当選 »

参院補選、神奈川・静岡いずれも民主勝利

25日、参院神奈川選挙区の補欠選挙(投開票)がおこなわれ、民主党新人の金子洋一(かねこ・よういち)氏[47、元内閣府職員]の当選が決まった。

この選挙は、民主党参院議員だった浅尾慶一郎(あさお・けいいちろう)氏[みんなの党]の辞職に伴う補選で、任期は2010年7月25日までとなる。

得票数は以下のとおり。(得票順)

金子洋一[47、民主党]=1,010,175
角田宏子[42、自民党]=792,634
岡田政彦[43、共産党]=230,143
加藤文康[47、諸派]=24,793

------------------------------------

同日、参院静岡補選も投開票され、土田博和(つちだ・ひろかず)氏[59、民主党]が当選した。

得票数は以下のとおり。(得票順)

土田博和[59、民主党]=567,374
岩井茂樹[41、自民党]=404,763
平賀高成[55、共産党]=97,631
矢内筆勝[48、諸派]=12,106

この選挙は、静岡知事選(7月5日投開票)に坂本由紀子(さかもと・ゆきこ)氏[60、自民党参院議員、知事選は落選]が出馬したことにより行われたもの。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6113

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 参院補選、神奈川・静岡いずれも民主勝利:

» 【参院補選】「革命的」な社会改革の実現に向け鳩山政権は兜の緒を締め直すべきだ!【ジミン瞬殺】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 歴史的な結果に終わった先の総選挙を受け発足した鳩山政権であるが、日本郵政の社長人事の問題もあって、 ネトウヨ同人誌惨経のみならず、ケケ中マンセーな電波芸... [詳しくはこちら]

コメント (11)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

自民党に期待しないというか
民主党が政権党なので民主に入れたというのが本音かなと

投票率は低迷っていうところは、誰からの勝利じゃなくて何かの敗北ですかね。

割の合わない任期ですね。しかし、自民党に再生の期待を今だに自民党が有権者に感じさせていない事の表れでしょう。自民党支持者こそ可愛そうですが、今の党体勢では無理でしょう。TV朝に石破が出てましたけど、何も自民党には政策はなさそうです。選挙からのネガティブキャンペーンで国会は始まる様です。民主に政策批判しか出来ない。これでは参議院選とて危ないでしょう。政局と政策は使い分けが必要。麻生は民主は政局だけと言っていたけど結局大敗した原因は政策も政局も民主に負けたという事でしょう。政局のスペシャリスト小沢氏には勝てない、政策も官僚任せだったので出来ない。マニュフェスト作成みてそれがハッキリしてました、その弱さを。

神奈川28.67%と静岡35.64%の投票率ですか…低いですね。
これだけの低投票率でも民主党が大差をつけると言う事は自民党が持っていた強固な組織票・公明票が失われた結果とも言え自民・公明の脱力感が漂うような結果ですね。

時を同じくして行われた神戸市長選も民主推薦の現職市長(官僚の権化と言う人もいますが。)が再選を決めました。こちらの方は無所属の対立候補が大善戦し接戦を演じました。31.51%前回は上回ったけれどもこちらも低い投票率です。
私は神戸市在住で職場は市役所のすぐ近所ですが、選挙期間中に候補者の誰一人も目にする事がありませんでした。
総選挙では小選挙区で各候補者を間近に感じられるけど、より生活に密着している地域行政の首長選で候補者の生の声はおろか姿を見かける事もなく主義主張を知ることが出来ないと言うこの事実は見直しが必要ですね。

選挙は民主主義の原点です。時代にあった選挙システム作りは急務だと思いました。
せめて、選挙管理委員会の公式HPを作り各候補者の政見放送をするとか公開討論をやり放映するとかの工夫をして欲しいものです。


低投票率になるだろうと思っていましたが、ここまで低いとは、、、。小生の周りの人たちも前回の衆議院選挙に比して話題にしておりませんでした。家内ですら、旅行から帰り、3分前に滑り込みセーフで投票しました。本来なら、前もって投票しておくべきでしたが、今度ばかりはその気にならなかったみたいです。

来年には有権者がもっともっと熱くなる様に頑張りましょう!

神奈川の28.67%、よくここまで達したナ!が実感です。投票に行った午後2時に、地元投票所の投票率が8.6%でした。当地に選挙カーが1台も来なかったことから、投票率は上がらないとは予想されたが驚きでした。匿名の方も述べられて居られますが、選挙システムを再考する必要があると感じます。

地元では話題にもなりません

只、みなさん大差との認識があるようですが、民主対自民でみると10:7~8と衆院選に比べ僅差との見方もできます。

結局は 小泉旋風、政権交代旋風の風任せのハヤリモノから抜け出せていないわけで
依然として政治に対する関心の低さが目立った選挙でした。

そんな世の中から生み出された
政治家の先生方に同情致します。

「地方選挙結果」
補選の勝利は自民党の基盤が崩壊したことを証明したと思います。それよりも地方選挙の結果の方が重要に思えます。民主党は地方組織を整えないと「地方分権」など夢のまた夢。
 民主党の弱点、(1)情報発信能力の未熟さ(2)地方組織が未だに「痴呆組織」。今後の課題だと思います。

予想通りの結果になりました。さて、編集部の方が、先日、指摘されましたが、オムライス福島はどうするのでしょうかね?まぁ、民主党の衛星政党になるしかないと、私は考えます。たとえ福島や辻本らが、いくらわめいたって、例えるなら、お釈迦様の手で暴れまくる、孫悟空ぐらいの存在しかないのだから・・・・。    これから、社民党にとっては、これからの行く末を考える上で、ちょうど、いい時期じゃないのかな~。「今度の参議院選挙は、議席を増やすぞ~!」なことを、オムライスは、社民党の集まりで言ったそうだが、そうじゃないでしょう?例えば、社会党からの負の遺産に対しての総括とか(私の記憶が正しければ、一度も聞いたことがないが・・・)、日本共産党との合併を視野に入れた連携とかの方が、実りがあるんじゃないのかなぁ~?

匿名(10/26 14:03投稿)になってしまいましたが私の投稿です。
KADさん、私の住まいの近くにも市長選の最中選挙カーは1台も来ませんでしたし、中心部に居ても選挙の気配すら感じませんでした。ただ僅かに選挙を感じさせるものは、広報の看板に貼られた3枚のポスターだけでした。

たまたま私は、藤原と言う方のこのサイトへの投稿がきっかけで新人候補のHPを見る事が出来ました。確か投稿の中で面白い戦いをするので期待して下さいとコメントされていましたが民主党推薦の現職を追い込み接戦に持ち込みましたね、どんな戦いだったんでしょうか?一般の方はどこで情報入手したのか興味があります。
新人候補は風に頼らざるを得ないのでしょうがイメージだけで選んだとしたらそれも怖い話ですし。もっと問題なのは実は多くの人にとって現職がどんな人かさえ良く解らないんですよねこれが!

こんなに姿の無い選挙でも民意が反映されていると言えるのでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.