Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

« 海江田万里、民主党の経済政策を分かりやすく解説
メイン
文部科学省も会見開放へ »

酒井法子被告の初公判傍聴整理券を日比谷公園で配布

東京地裁は、10月26日(午後1時半から)に予定されている酒井法子被告(本名:高相[たかそう]法子、38才)の初公判の一般傍聴席抽選整理券交付を、傍聴希望者が殺到することを予想し、日比谷公園(東京都千代田区)で行うと発表した。

一般傍聴者約20人は、26日午前9〜11時にリストバンド型整理券を配り、11時半〜正午に公園内3カ所に当選番号を掲示し決定される。

日比谷公園での整理券交付は麻原彰晃死刑囚の判決公判以来。(当時約122倍の競争率)

------------------------------------------

傍聴席整理券獲得に関して下記のような求人がネット上に見られます。

お仕事内容<裁判傍聴席の整理券獲得のお仕事です>

裁判の傍聴席の整理番号を獲得してください。
お仕事内容は【並んで、番号をもらうだけ】です。
獲得した傍聴席は報道番組の制作のためにご提供いただきます。

番号の配布には年齢の上限下限はなく、誰でもOKなので家族や友だち同士で参加しても大丈夫です。

記録的な最高視聴率30.4%をマークした事件の裁判なので、報道史に残る場面の雰囲気を味わいたい人におすすめです。

裁判が行われる日は10/21(水)・23(金)・26(月)で、いずれも別の裁判です。
1日のみでも参加いただけます。

◆給与:1勤務(60〜90分予定)1500円
※傍聴券獲得(当選)の方へは5000円の報奨金プラスで支給いたします!
◆支払い方法:月1回
◆交通費:なし
◆勤務地:東京都千代田区 日比谷・有楽町・銀座
◆アクセス:日比谷線「霞ケ関駅」徒歩1分

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6096

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

一所懸命生きてる庶民には分からない。こんなくだらない事件が毎日毎日報道されている日本、やっぱり能天気だ。
早い話が、それほど重要な事件なら、根本的な密売ルートの解明と、罰則の強化をこそ論じるべきではないのか。
問題点と改善策を論じない報道や、証拠調べも前例主義で何も国民の正義を守る意思の無い法廷など、事が自分と周辺に及ばないことだけを画策する人間を日々増やしているだけのことだ。
もっとも、アルバイトさえままならぬ諸兄には乞うご容赦!

のりピー事件がテレビで「記録的な最高視聴率30.4%をマークした事件」だからといって、マスコミが蟻のように群がるほど重要な裁判なのでしょうか?
ドラッグの流通ルートや芸能界(だけではない)の汚染状況など、全体像が少しも解明されないであろう裁判にどれほどの意味があるのか疑問です。
アイドルの薬物事件は確かにスキャンダラスでドラマチックなものかも知れないが、これまで洩れ聞こえてきたきた風評を追認するだけの色褪せた裁判に終始するのではないかと、始まる前から失望しています。
傍聴希望者だけは記録的にぎわいとなっても、「報道史に残る」ほどの裁判とはならないないでしょう。
マスコミ諸氏には、事件の核心に迫ることのない生ぬるい裁判を追い駆けるより、足利事件に代表される警察や検察、裁判所の闇に迫るような報道に精力を傾注していただきたいものです。
「5000円の報奨金」
お金に窮しているフリーターの方、当たるといいですけど。

というか裁判を公開してくれないものですかね
米国ではTVでやってるんでしょ
いろんな意味で裁判所は閉鎖的すぎる。裁判員制度にしてもね

世界がひっくり返るほど激変しているときに、トウのたったチンピラ女が、覚醒剤をやったからといって、なぜニュースになるのか、まったく理解不能である。

確かにくだらないなぁ・・・
それと問題は報奨金の少なさではないか?ここまでやるのなら獲得時の報奨金は宝くじ並みにすべきだと思う。

現状では、元アイドルと三流サーファーが覚醒剤を常用していたってだけの話です。
これが、覚醒剤人脈が芋蔓式にどんどん明るみに出て、政財界の大物にまで至り、逮捕・起訴されたというのであれば、報道史に残る場面といっても良いとは思うのですけれども。

現状の捜査範囲に留まっている状況で、この程度の事件が『報道史に残る場面』なのだとしたら、「報道って、腕章を着けることで公然と野次馬ができる特権を持っているだけで、実は大したことやってないんだなぁ~。」と思わざるを得ません。

まあ、逆の見方をすれば、元アイドルごときに、ヘリコプターまで飛ばして延々と実況中継した、マスコミのレベル低下を露呈する象徴的出来事であるという意味では、将来、マスコミ関係者が、自戒を込めて自嘲・自虐的に語り継ぐ『報道史に残る場面』と言えるのかも知れません。
整理券を獲得できた人は、マスコミのレベル低下を示す『報道史に残る場面』を目の当たりにできることでしょう。

Rio 様の意見に大賛成!

「マスコミのレベル低下」そのものです。もういい加減にして欲しい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.