Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

« 加藤登紀子:「68年」ていったいなんだったのか?
メイン
オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞 »

ドイツの「政権交代」 ── 二大政党の退潮

水島朝穂氏(早稲田大学法学学術院教授 憲法・法政策論)

※水島朝穂氏のHP『今週の「直言」』より転載
http://www.asaho.com/jpn/index.html

 9月27日はドイツの総選挙の日。4年前も同じようなタイミングだった。日本では「9.11」総選挙で小泉自民党が大勝したあと、やや遅れてドイツでも総選挙が行なわれた。1998年に社会民主党(SPD)と「緑の党」の連立政権が誕生し、その2期目の途中でシュレーダー首相(SPD)はかなり無理をして連邦議会を解散した。選挙の結果、保守のキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)とSPDの「大連立政権」が生まれた。小選挙区比例代表「併用」制をとるドイツ、小選挙区比例代表「並立」制をとる日本。その違いは一般の人には分かりにくい。簡単にいえば、ドイツは比例代表制、日本は小選挙区制を軸とした制度と考えればよい。今回はそれぞれの制度の問題性がさまざまな形で浮き彫りになってきた。

 この4年間、日独ともに、性急かつ強引な新自由主義的「改革」が行なわれた結果、雇用、医療、福祉、年金など「社会的なるもの」が大幅に後退した。それに対する国民の怒りは大きく、総選挙を前にして、ドイツでは「すべての政党が社会民主主義的になった」とさえいわれた。日本でも、麻生内閣の末期は、「定額給付金」に見られるような節操のない「ばらまき」が行なわれ「マニフェスト」においては子どもに対する税金投入を競い合うような状況が生まれた。総選挙の中盤以降、自民党はネガティヴキャンペーンを展開して浮上をはかったものの、これがまったくの逆効果となった。自民党支持層の700万ほどが民主党支持にまわり、小選挙区効果が目一杯発揮される結果となって、政権交代が行なわれるに至ったのである。

 さて、ドイツの選挙結果は、CDU/CSUが33.8%(1.4%減)で239議席(13増)、SPDは23.0%(11.2%減)で146議席(76減!)。これは戦後のSPDの得票率・獲得議席数としては最低である。自由民主党(FDP)は14.6%(4.7%増)で93議席(32増)、左派党(Die Linke)が11.9%(3.2%増)で76議席(22増)、「緑の党」は10.7%(2.6%増)で68議席(17増)と、二大政党以外の政党が躍進した。
091007mizushima2.jpg

 この結果は、ドイツにおける「二大政党制の終焉」を意味するといってよいだろう。二大政党はともに得票率を下げ(その程度に大分違いはあるが)、大連立政権は、国民から大きな批判を浴びたわけである。その一方で、 二大政党以外の3党は、2005年は5%条項(このライン以下の政党は議席配分を受けられない)を少し上回る程度だったが、今回は3党ともに堂々たる二桁台にのせた。毛色の違う3党の合計得票率は37.2%に達し、CDU/CSUの得票率を超えた。
091007mizushima1.jpg

 これは、比例代表制を軸にした「併用」制効果がはっきりあらわれると同時に、あまりにSPDが弱体化して、小選挙区でCDU/CSUが「勝ちすぎ」た結果、いわゆる「超過議席」(Überhangsmandat)が、過去最大の24議席も発生することになった。定数598に対して、確定の総議席数は622に増えた。今回の総選挙の問題点の第一のものである。少し説明しよう。

 ドイツの制度は比例代表制が基本なので、598の議席全体に対して第2投票の結果に基づいて州ごとに、各党への比例配分が行なわれるが、配分議席数よりも、小選挙区での獲得議席の方が多くなった場合、その増加分について、総議席を増やすことになっている。比例代表制を軸としつつも、小選挙区における「顔の見える選択」を尊重するための工夫といえる。CDU/CSUはこの超過議席の恩恵を受けて、議席を増やすことに成功したわけである。

 ところで、2005年の総選挙で生まれた超過議席は、SPDが9議席、CDUが7議席だった。それまでの選挙でも大体、この程度の水準だった。しかし、今回は24議席もの超過議席が生まれ、CDU/CSUは、得票を減らしたのに22議席も増えることで過半数を得るという、何とも後味の悪い結果となった。

 実はこの超過議席の仕組みについては、連邦憲法裁判所が2008年7月3日に違憲判決を出していた。直接選挙と平等選挙の原則に違反するというのである。ただ、「適切な期間」(日本の最高裁が定数不均衡訴訟で使った表現は「合理的期間」)というものがあり、立法者は現在の任期が経過する前に、したがって総選挙の前に、選挙法を改正するよう義務づけられることはない、とした。そして、法律の改正のために、「遅くとも2011年6月30日まで」の移行期間を設定した。その結果、今回の総選挙は現行法で行なうことが可能となったわけである。CDU/CSUが政権を維持したのは、連邦憲法裁判所の「適切な期間」という判決にも助けられたわけである。

 選挙前はさまざまな連立組み合わせが取り沙汰されていた。大連立はもうあり得ない。残りは「信号連立」(赤SPD、黄FDP、緑「緑の党」)、ジャマイカ連立(中米の国、黒、黄、緑の三色旗)、赤赤緑連立(SPDと左派党と「緑の党」)である。選挙の結果、最も議席数の多い組み合わせは、「黒黄連立」となった。CDU/CSUとFDPの合計得票率は48.4%である。過半数にわずかに足りないが、前述のように「超過議席」の恩恵をCDU/CSUが最も受けて、FDPとの合計議席数は332議席となった。これで、得票率が48.4%なのに、議席占有率は53.3%となった。

 次に、今回のドイツ総選挙で問題となりうるのは、戦後最低の投票率である。もともとドイツは日本に比べれば、投票率はきわめて高い。最高は1972年の91.1%。長らく80%台が続いた。2005年は77.7%ということで、これでも投票率の低さが問題視された。今回はそれよりもさらに低く、70.8%だった。日本では考えられない高い数字だが、ドイツでは「戦後最低」ということでショックをもって受け止められている。

 投票にあえて行かないことで、すべての政党を不信任にするという効果を狙った積極的棄権者を含め、選ばない人々(Nichtwähler)が全有権者の3割近くも存在することが、ドイツでは問題とされている。

 さらに、5%に満たない小政党(ドイツでは「破片政党」と呼ぶ)の得票をゼロカウントして議席配分を行う仕組みも、問題がないわけではない。今回、ネオナチの共和党やNPDは得票を減らしたものの、それでも、計83万票(1.9%)を得た。そのほか、ドイツ家族党、動物保護党、連帯市民運動、ドイツ中央党、環境民主党など20以上の政党が選挙に参加した。これらの小政党の合計得票は、第2投票(比例部分)で約260万票(6%)に達する。このなかで最も「健闘」したのが「海賊党」である。プライバシー尊重、著作権法改正、特許制度廃止、インターネット規制反対を掲げた政党で、845904票(2.0%)を獲得した。もし、5%阻止条項がなくて、完全比例代表制で議席配分をすると、「海賊党」は11議席を獲得することになる。だが、実際は「海賊党」を含む小政党に対する投票は、すべて死票となった。

 第1投票(小選挙区で個人を選ぶ)で3議席以上か、第2投票(政党名で選ぶ)で5%以上を獲得した政党しか議席配分を受けられないという、連邦選挙法の「5%・3議席条項」については、平等原則に違反するという訴訟が提起された。連邦憲法裁判所は、1957年1月23日に合憲判決を出している。その理由は政党の機会均等の要請と、「議会の活動能力の確保」とのバランスである。極小政党が多数議会に進出して、議会の活動に障害が生まれることを阻止するという目的のために、5%のハードルを設けることが正当化されている。ただ、政党間に差別的取り扱いが行われることは事実なので、裁判所は「議会選挙により遂行される国家政治的目的を確保する上での、必要不可欠な場合に限られる」という歯止めもかけている。ただ、地方レベル、例えば北部のシュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州選挙法は、デンマーク系住民の政党(SSW)の存在を想定して、小選挙区で1議席でも得られれば議席配分を受けられるようにしている。この州におけるデンマーク系住民の「民意の反映」を考慮したものである。連邦全体についても、議席配分における「足切り条項」については、なお見直しを求める動きがあることにも目配りが必要だろう。

 もうすぐ誕生するCDU/CSUとFDPの「黒黄連立政権」は、戦後ドイツ発足以来の最低投票率の上に、小政党が得た6%の得票をゼロカウントにして、さらに超過議席を加えて過半数を獲得することで成立したという意味では、必ずしも安定政権とはいえない。「緑の党」のJ・トリティン代表は、超過議席による「だまし取られた多数派」と非難している。左派党は早速、連邦憲法裁判所に再び違憲訴訟を提起する構えである。

 日本で二大政党制がもてはやされているが、ドイツでは完全に多党制に移行した。4年前に始まった5党制は、今回の選挙によって定着したとみていいだろう。比例代表制を軸とするドイツの制度が結局、5党制に落ち着いたわけだが、日本では小選挙区制効果を最大化するような選挙が4年後も続くのだろう。だが、極端な結果を生む小選挙区制を基礎とした現行制度が、国民にとって果たしてよいものなのかどうかは、また別問題である。現在の民主党を中心とする政権がいかなる政策を実施するか。慎重にかつ、緊張感をもって見守っていく必要がある。ただ、民主党の「マニフェスト」には選挙制度改革も含まれていたが、間違っても、自らの政権維持に有利になるような「改革」は行うべきではない。その意味で、あの「マニフェスト」にある比例部分の削減については見直しが必要だろう。より根本的には、現行選挙制度について、この15年間の運用全般を十分検証した上で、野党とも議論を重ねて、より「民意の反映」を重視する方向で見直していく必要があるだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6040

コメント (13)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

「もともと多党制では?」
筆者のデータを引用して考えると、選挙前はCDU/CSUが226議席、SPDは222議席、自由民主党(FDP)は61議席、左派党(Die Linke) 54議席、「緑の党」は51議席ということになる(合計が選挙前後で合わないのが気になるが)。つまり、元々ドイツでは多党制だったのだが、今回の選挙ではSPDが一人負けしたということだ。それをもって「2大政党制の終焉」というのは論理的ではないと思う。もともとドイツは2大政党ではないのだ。英国や米国で4-5個の政党ができた訳じゃない。
 議会制民主主義といっても欧州大陸と英米とは異なっている。ただ、ドイツの例を見ても判るように、完全に権力が移行するのは2大政党制である。今回もCDU/CSUは政権にとどまっている。失政をすれば権力が完全に入れ替わるのが2大政党制で、一部入れ替わるのが多党制といえる。
 どちらが優れているかというお話ではなく、歴史的背景の違いと推測する。欧州大陸では歴史的に騒乱が絶えなかったたため、民衆が極端な権力移行を望まなくなったのではないだろうか。
 翻って、わが国では権力移行自体が長年行われなかったわけで、ようやくそのシステムができかかった途端に「多党制」というお話をされると、何か政治的裏があるような胡散臭さを感じてしまう。
 

社民党や共産党が1桁しか議席を取れない今の小選挙区制には疑問を感じます。
しかしせっかく政権交代がなされたところで選挙制度の議論をするのは無理があるでしょう。どんな制度にも一長一短があります。まずは新政権に約束を実行に移してもらいたいと思います。
あえて選挙制度の話をするのなら、参議院をどうするのか。国民の様々な階層、地域、職業を代表するような参議院を作って欲しいと思います。

かつて小沢一郎氏が福田内閣当時、ドイツの連立内閣を参考例として、民主党との連立を主張した事がありましたが、日本人は連立と言うと、自公の連立しか思い浮かばないので、小沢一郎氏の判断と提案は間違っている、と思いました。水島朝穂氏の[ドイツの「政権交代」 ── 二大政党の退潮]を読みますと、ドイツは日本の制度とは違うので、単純に他国の政治体制を持ち出して、論を進めるのは、やはり妥当性を欠く、と考えます。そういう観点からも、この論説の転載は、極めて有意義だ、と思いました。記憶違いと事実誤認がありましたら、訂正してください。

 日本とドイツの歴史的背景の違い,現状の違いを正しく認識することなしに,単純に現在ドイツで行われていることが日本にもマッチするとは思われません.言い換えると,日本にはまだ民主主義というものが根付いていないのではないかということを考える必要があると思います.その最たる拠り所が,55年体制以降,選挙による政権交代が行われてこなかったことではないでしょうか(そのような先進国がないのは指摘するまでもないでしょう).
 ドイツもヨーロッパの中では王政や貴族による政治から一般市民による議会制民主主義への変革は遅かったと認識していますが,日本は明治政府を樹立するにあたり,そのヨーロッパの中では後進のドイツを手本としていたくらいですから,いかに日本が遅れていたかと思わされます(ヨーロッパの政治制度が進んでいるとしてよいのかという観点はありますが).そして,今も欧米に追いついてなどいないのです.ヨーロッパでは,市民一人一人に民主主義が根付いているのです.しかし,日本では,明治政府樹立以来,ずっと改革は上からの指導で行われてきて,国全体として経済的には発展しましたが,市民一人一人の民主主義というものに対する意識としてはまだまだこれからの状態ではないでしょうか.
 民主主義とはどういうものなのか,政権交代とはどういうものなのか,それを国民一人一人がまず実感するためには,民主主義が日本の市民に根付くまでの期間は少なくとも,死票が多いという問題点はありますが,現在のような政権交代が起きやすい制度が必要ではないでしょうか.その結果として,政治とは官僚が国民を導くものではなく,国民に主権と責任があり,国民が国家の選択に参加できるものだということを実感できるのではないでしょうか.言わば,ケネディが,”国家が自分に何をしてくれるのかを考えるのではなく,自分が国家に対して何をできるかを考えなさい”と言ったように,国民が自立して,選挙でその権利を行使し,その責任を国民が背負うということができるということを実感できるのです.
 ですので,寝た子(国民)をそのままに寝かしておきたい勢力の人々からするとやっかいな制度に見えるかもしれませんが,日本人が民主主義の主役としての市民として自立するまでの経過としては少なくとも,現行のような選挙制度が必要ではないでしょうか.

今回の総選挙関連での 論評で ジェラルド カーチス コロンビア大教授 のが けっこう注目を浴びたと思いますけど、要は、 日本には小選挙区制度は 合わない、理由は 日本は 同一性の高い民族であり、社会的にも歴史的にも 分裂が固定化したことはないという 趣旨だったと思います。
この点が 日本が参考にする英国とは違うから、小選挙区制は合わない というようなことなんでしょう。

小沢一郎は 英国の議院内閣制の信奉者であるように見えますが、ジェラルド カーチスの この意見からすると 間違った方向に行っていることになる。

ただ、ドイツは 英国と同様に 階級が存在していると聞いていますから、 そうであるならば
それぞれの階級を代表する政党が 小選挙区制の中で争うということであってもよかったはずだ。
ジェラルド カーチスの 言い方からすれば、 そうなるのではないか。 でも、ドイツはそうはなっていない。

まあ、私は、 日本は いまの小選挙区制を中心とした制度でいいのではないかと思いますけどね。
かつて、日本は 中選挙区制という 比例制を やっていたけれども、派閥政治が横行し、総裁(=首相)は派閥のボスのほうを見て政治をやっていた。

中曽根康弘的な 言い方をすれば、 中選挙区は 日本人の文化にあまりにも合いすぎるので、問題だと
いうことになるのかな。
日本の文化的な傾向からすると、リーダーは 共同体を形成する人々の意見の一致の上に立つことを要請されるので、利害調整型になる。(徳川家康、武田信玄、源頼朝)  日本で大方 成功したリーダーは 利害調整型です。

しかし、今の日本で必要なのは 強いリーダーだと思いますね。 どんどん変革を推進していかなければならない。そういう時代状況なのです。強いリーダーを生み出すには、大統領制でないとすれば、 議院内閣制では
日本においては 英国型のほうが いいと思っています。


注:
ジェラルド・カーチス米コロンビア大教授は31日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、「選挙のたびに浮動票が一斉になびき政権交代が続けば、重要な政策が遂行できず日本は取り返しのつかない下り坂に入る」と警告した。さらに「日本のように(右派や左派の)固定票がなく、同質性の高い社会には小選挙区制度は合わない」と分析。世論の雰囲気に影響されにくい中選挙区のほうが日本の政治風土に適していると指摘した。

浅山 in 武蔵野の大地さん

ジェラルド・カーチス氏のことは知りませんでした。大変いいことを教えてもらいました。ネットで調べて下記のNHKの記事(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/7079.html)を読みました。今回のカーチス氏の講演を実際に聞いてみたかったですね。どうも記事が演者の正しい意図を反映していないのではないかと疑ってしまいます。中選挙区は「日本の政治風土に適している」のではなく,「日本の国民性をよく反映している」が正しい講演内容だったのではないでしょうか。
中曽根氏がそんなことを言っているのは知りませんでしたが,僕は氏の意見に賛成で,中選挙区制は日本の国民性に合いすぎてダメだと思います。だから,ハマると強いですが,いったん軌道をはずれ始めると修正不可能になります。日本社会はどうしても馴れ合いに陥る傾向があります。最近,国家予算の記事を読むたび,歴代政権はなぜ,こんなめちゃくちゃな予算を組んできたのかと悲しくなります。もちろん一国民として今まで恩恵を被ってきたのかも知れませんが,税金上げるかわりに郵貯の貯金を勝手に国債にすり替えて税金の埋め合わせをするような国はもうこの先長くないですよ。国家予算は,国家というひょっとすると虚構かもしれない構造を虚構でないことを証明するための数少ない貴重な存在意義のうちの一つです。それが,こんなめちゃくちゃな予算を長年通してきて,自民党歴代政権は背任罪どころではすまされないはずですよ。日本は個人レベルのモラルは高いにもかかわらず,集団になるとどうしようもなくなるほど歯止めがかからなくなります。
今の日本はダイナミックな政権交代するぐらいでちょうどいいですよ。また,時代に合わなくなってきたら選挙制度を考え直せばいいだけです。

日本の自民党や民主党は,欧米の伝統的な右左,保守リベラル,支持階層といった判断基準ではとても説明できない形態をとっていると思います。自民党が公共事業をばらまいて赤字を作り,民主党が子供手当を餌に公共事業をカットして財政再建を行うというこの状況はイギリスやドイツの政党構造とは大きくかけ離れており(本来,公共事業=労働階層のはず),ねじれにねじれてしまっています。水島氏のようなドイツ研究者の方にはこんなことは当たり前すぎて面白くないのかも知れませんが,各党の主張に触れずにドイツの選挙制度と結果だけに言及したがために,今回のコラムがいまいち面白くなくなってしまったのかなと思います。

冥王星さま

> 中曽根氏がそんなことを言っているのは知りませんでしたが

この点について 少し述べさせてください。

中曽根さんが首相であったころ、 首相公選制の導入に関心を見せたことがあって、
それとの関連での発言でした。 ですから、 かならずしも 小選挙区制との対比で
中選挙区について述べてものではありませんでした。

なぜ日本は首相公選制がいいのかという点について、「中選挙区は 日本人に合いすぎるので、
むしろ それとは異なる首相公選制を導入して変化をもたらすようにしたほうがいいのだ」というようなことをテレビを述べていたのを記憶しています。

まあ、あれですね、首相公選制とのは 時々出てきますね。大体は 個人的に人気のある指導者が ほとんど
一度は 口にします。 小泉さんも 一度 口にしていたと思います。 かつての 石原慎太郎も 口にしていました。

ただ、それとは別に この中曽根さんの 中選挙区について語った部分はおもしろいと思いました。

さらに 述べさせてください。

この中曽根さんの 当時言ったことは ひじょうに よく考えられた発言だと思いますね。
たんなる場当たり的に いったものではない。

つまりは、国会議員を 中選挙区制を基にして選んだ場合、それとは別に首相を公選制で選ぶことで、
首相が 国会議員の間の派閥の力学に過度に影響を受けずにするという 考慮なんでしょう。

つまりは、 中選挙区制 + 首相公選制 
という組み合わせで、首相のリーダーシップが侵食されるのを食い止める策を講ずるということなんでしょう。
私は、この構想はいいと思いますね。
今の時点では わたしは 小選挙区制がいいと思っていますが、もしも中選挙区に戻すということならば、
中選挙区制 + 首相公選制  にして 戻すべきだと思っていて、 この中曽根さんの考え方に賛成です。

浅山 in 武蔵野の大地さん

そういうことでしたか。首相公選制が日本の議院内閣制とどうかみ合うのか僕自身知識がないため具体的なイメージができないのですが,僕自身は首相公選制はちょっとどうかなあと思っています。

いずれにしろよくわかりました。ありがとうございました。

> 首相公選制が日本の議院内閣制とどうかみ合うのか

かみ合わないでしょうね

わが国でもいよいよ本格的な政権交代が実現した折り、ドイツ総選挙についての最新の分析、論考に際して、ひじょうに刺激を受けました。ありがとうございます。水島明穂先生の今後のご活躍をお祈りします。

今回のドイツ総選挙では、社会民主党の退潮が著しかったとのことでしたが、少し先生が書かれた今回のテーマと角度の違う話となりますが、ドイツ社会民主党は、早くからバート・ゴーテスベルグ綱領を採択して、マルクス・レーニン主義路線とは完全に決別し、現実的な路線を敷き、国の防衛に関してもシビアに対応してきた。ドイツに日本は学べ、とか安易にいうべきではないことですが、わが国の民主党がよき意味で、保守派に対して有効に対峙できる、日本ならではの現実的政党を目指していったほしいと思う段階であるかも知れません。

わが国の場合、自由民主党などという前世紀の遺物がドンと独占的に日本の政治を壟断してきた状況であったので、比例代表制中心の選挙制度を採用して、本格的な政権交代が実現しえたかどうかはわからなかったと思います。過半数割れはしても、それなりの議席数を確保し、保革共存のようなことでやり過ごしていた可能性が高かったとも思います。また、ドイツ社会民主党のようなリアリズムの政党がなかなか日本では生長しなかったうらみもやはりあったわけです。それとて安易に、まさしくドイツより半世紀遅れているんですとは思いません。わが国の今回の政治選択には大きな前進があり、4年後に再び自由民主党にひっくり返されないように、民主党には、正しい緊張感を持って現実政治に臨んでいただかなくてはならない。話をまとまりつかなくしましたが、保革共存政治がもたらした混迷の轍を日本がわざわざ踏みしめる必要はありません。

先の投稿について、二点訂正の必要のあったことに気が付きました。
一点は、13行目
(誤)日本ならではの現実的政党を目指していったほしい
(正)日本ならではの現実的政党を目指していってほしい

もう一点は、今回の水島朝穂先生のご論考への返信として、3行目にて、水島明穂先生と記しておりました。
御名前を取り違えて記しましたことに言葉もなく、謹んで訂正の旨ここに記させて頂きます。

失礼致しました。
ありがとうございました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.