Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries

Recent Comments

オバマVS鳩山 IOC総会で激突!?
文闘春潮 編集長9/x 09/29
みちのく 09/29
sk2z 09/29
マリアンヌ 09/29
oka 09/29
satocotori 09/29
LEE 09/30
たけ 09/30
hiroko 09/30
ガイガン 10/02

« 白昼の秋葉原で、外国人参政権反対のデモ隊がデモ批判者を集団殴打
メイン
「事務次官ポストを廃止せよ」という片山善博の提言 ── 国家戦略局で実現して欲しい! »

オバマVS鳩山 IOC総会で激突!?

国連で手を取り合った両者が、土俵をかえて争うこととなった。

10月2日コペンハーゲンで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会に、鳩山首相が出席の方向で日程を調整している。そしてそれを追うように28日、米ホワイトハウスはオバマ大統領がシカゴの支援者として出席することを発表した。ルラ大統領(リオデジャネイロ)、フアン・カルロス一世(マドリッド)に加え鳩山首相(東京)が出席を決定したことをうけ、大統領自身が出席に踏み切ったとみられる。

 ホワイトハウスは当初国政を優先するためにも、ミシェル夫人を米国の代表者として派遣を予定していたが、大統領自らが地元シカゴを直接売り込むことになる。

 《THE JOURNAL》ブロガーの相川氏は首脳の参加状況が勝敗の行方を左右するとコメントを寄せる一方、「結果次第でメディアの報道ぶりは激変するでしょう。勝ったら、東京五輪大歓迎で、五輪や石原知事批判をぴたっと封印するでしょう。負けたら、それはもう非難ごうごうでしょう。そういう姿勢もどうかと思いますよ。記者としてのみならず、人間として」と五輪招致関連を報道するメディア側にも注目する。

■関連記事:五輪の呪い 招致活動は壮大なギャンブル(9.25)
http://www.the-journal.jp/contents/aikawa/2009/09/post.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5994

コメント (23)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ボルトや北島に心を熱くしたのでそれだけでオリンピックあってもいいんじゃないの(東京という意味ではない)ぐらいに思ってますが、それはそれとしてオリンピックって『単なる興業』かなとは前々から考えています。特に開催地選定委員とかいう人たちを下にもおかぬ腫れ物にさわるようにおもねった表情でもてなしをする様を映像でみると興業権争いという語しか浮かびません。平和の祭典はちょっと気恥ずかしい。種目の伝統は体技という名の兵技・戦技そのものだし東側が国威発揚の手段としていた歴史は少年の目にも明々白々だったし。

今現在特に東京開催反対でもないしオリンピックあって結構だけど、大人になったからにはオリンピックをどう踏まえておけばいいか頭のいい人の言葉を聴いて自分なりに再整理しておきたいと希望しております。

今、東京に招致することに賛成しかねていた私は、鳩山さんが出席を決めた時、正直いやな感じがしたものです。しかし、その後オバマ氏も日帰り出席と聞き、しかも4候補国のいずれも国家代表が最後のアピールを行なうと聞いたので、その限りでは、「ま、いいか」という程度にトーンダウンしました。とはいえ、できれば他国に決まって欲しいと今でも思います。
環境や先端技術を始めとする日本の底力を示し、観光地としてのアピールにも最良の機会となり、ややもすると世界からスルーされ始めていた日本の存在感を取り戻すいいきっかけになるであろうことは理解できます。
でも、東京在住の私は、またぞろ公共事業大国よろしく我が物顔に都内各所で工事が始まり、全てがオリンピック準備を理由に、銀行問題も、築地問題も、苦しむ国民もうやむやにされかねないだけでなく、特に不明朗な問題を先送りしたまままと知事がめでたく幕引きになるようなことだけは許せないのです。
やはり今は、まともな国に、東京に立て直してからにしたいと考えるのです。

「楽しみ鳩山演説」
コペンハーゲンでどんな鳩山演説か行われるか楽しみです。石原知事とは違った切り口での演説を期待したいですね。オバマ大統領も鳩山首相参加を聞いて参加を決めたということですが(本当かな?)、極秘日米首脳会談が本当の目的だったりして。
 「民主党は元々東京五輪招致に反対だったのに何故IOC総会に出席するのか!?」との批判が結構あるようですね。マニフェストに謳ったわけでもなし、そんなに目くじら立てなくてもいいように思いますが。例えは悪いですが、あるバンドのコアなファンが、バンドが売れ出した途端にバンドメンバーがCMやらTV番組に出演し出したのを見て、「昔はTV出ないって言ってたじゃないか」と非難しているのと似てますね。日本のトップなんだから、五輪のような国際的イベント招致の先頭に立って、国民のリーダーだってことをアピールしなきゃ。ピッツバーグで始球式するのも、大相撲の賜杯を渡すのも、根は同じ。首相は政治だけしてればいい訳じゃないです。
 でも、東京五輪は正直不要。

あくまでも、オリンピックは都市間で誘致合戦をしている以上、IOCでの演説のように国が関与するというのは、何か違う感じがします。

なんていうか、高校生同士の音楽コンクールの審査に、過保護な親がしゃしゃり出て、うちの子の演奏の方が巣晴らしいに決まってるんだから優勝させろ、と口を出しているような印象を持ちます。

オリンピックについては、補助金などの都市と国家間との関わりは内輪に留め、国は表に出るべきではないと思うのですが。

逆に、もし、国が首を突っ込むんだったら、サッカーのワールドカップと同様に、国同士で誘致合戦をして、開催都市を固定しなくてもいいのではないかと思うのです。日本オリンピックにして、東京・名古屋・大阪というように会場を分けても支障はないでしょう。

<おちあい様>
おちあい様に一票です。私も都民です。都議会議員選挙で石原都政にNOを突き付けたのに、石原さんを助けてどうする!
バラク&ユキオで普天間問題等秘密会談でもするなら、多少は大目に見たい。
それにしても内政の課題が山積するなか、誰かが「亭主げんきで留守がいい」作戦をしかけているような気がする。杞憂ならいいのですが...。

総理はアリバイ的に参加するだけ。
実際の目的は総理大臣としての欧州デビューでしょう。
オバマ大統領も来るんだからチャンス。
(時間は足りないだろうけど)
ピンポン外交ならぬ、オリンピック誘致外交
ってことで。
したたかだと思いますよ。

朝日ニュースターのニュースの深層9/24(木)なぜ東京でオリンピックなのか
ゲスト:谷口源太郎
録画しそびれましたが、何点か皆さんにもご紹介したい内容でした。これで本当に東京で出来るのかと思った。
都知事は、皇太子様を特使として宮内庁に働きかけたが、スケジュール的に不可と聞いて、「この小童役人がッ」と宮内庁職員をどなりつけた、とか。
計画に無理があること鳩山さんに届くといいのですが…という最後の言葉は届かなかったのでしょうか?

昨夜、徳山ダムから帰還しました。

サマランチ時代はカネやモノや便宜供与でIOC委員の票固めを水面下でしていたとききます。今はそれができにくくなり、まじめに各候補都市の開催計画書を分析して判断するとなっていますが、計画書の中身でどの都市がよいかなんて判断できないのが、実態です。計画は計画でしかなく、しかも、いずこも素晴らしい話のてんこ盛りです。

開催の理由付けもそれぞれの都市でもっともらしいものを引っ張り出してきます。結局、有権者個々人の好みや気分、その時のムードなどに大きく左右されてしまう傾向になっているようです。

それで投票直前のプレゼンがきわめて重要となるのです。

今、国際的に最も旬な政治家は鳩山さんです。ユ二ークなご夫人と仲良く手をつないで登場し、演説でもすれば、IOC委員も面白がって東京に投票するかもしれません。IOCとはそういうものだと思います。

新しさとかスマートさ、珍しさやユ二ークさ、それに「環境」といったものに世界の今のセレブは弱いのです。もともと計画の中身では勝敗はきまりませんから。鳩山さんはオバマのあとに登場した政権交代の首相で、「チェンジ」を代表する政治指導者はオバマさんからすでに鳩山さんに「チェンジ」しました。そういう訳で、鳩山ご夫婦がそろって出席すれば、東京が勝利する可能性もありうると思います。別にそれを望んでいる訳でもありませんが。

自分の責任を他人のせいにするのがお得意な石原都知事ですから、五輪に選ばれなかったら、また鳩山首相のせいにしそうですね。

都民としては五輪など全く乗り気じゃないんですがねー。

石原の腕白お坊ちゃまのご機嫌を損ねるより、恩を売っておくほうが得策だと判断したのでしょうね。

八ツ場ダムにも影響あるかもしれないし。

鳩山さんがナイスな演説して、なおかつ僅差で敗れてくれればいいなあと思ってます。

gatos さんに賛同。

ところで五輪招致合戦なんてそもそもがまともなコンペとは思えず。

鳩山、頑張れ!!

とにかく、オバマも鳩山総理もスペイン国王もヨン様もエリカ様も、五輪招致合戦「みんなでやろうぜ!」

東京五輪招致団、50人に“30万円スーツ”を支給 これでは世論の支持も上がるまい
http://diamond.jp/series/sports_opinion/10072/


記事によれば、デザインには招致委員会会長である
石原慎太郎都知事お気に入りのデザイナーを起用。
スーツの生地は糸から織った特製で日本の伝統と文化を表す
「紫木蓮」と「深川鼠」の色合いを生かしたものだそうだ。
この上下にネクタイとワイシャツ数枚の一式で30万円だという。
これを総会に出席する関係者約50人分オーダー
(プレゼンで登壇するのは10人)。合計すると1千500万円である。


だが、オリンピック招致の予算の多くは税金で賄われている。
多くの人が苦しい生活を強いられている大不況下の今、
30万円のスーツ代は庶民感情を無視しているとしか言いようがない。


記事から。


1,2,3とあるので皆さん読んで下さい。


税金でスーツ作る前に新銀行東京の借金を慎太郎の資産で穴埋めしろ!と言いたい。


庭に水をまいているフリをして小学校に通う子供達に水をかけたり、
小学校の運動会の練習にも、
「政治家の石原慎太郎だが運動会の練習がうるさくて、
小説が書けないから今すぐ止めろ!」モンスタークレームしたり、
裕次郎の常連のホテルでも従業員にクレームばかりを言い最後には、
「こんなホテル泊まるな!と裕次郎に言うぞ!」と、
捨てゼリフを残す石原慎太郎。


民主党政権を批判と八ツ場ダム中止にも文句を言うくせに、
鳩山総理にプレゼンに来てもらいと思う事事態、
ムシが良すぎるし慎太郎は考えが甘いと思います。


東京での開催は大反対です。

東京はどうせ落選するだろうが、首相が出かけないでそうなったら、そのせいにされかねないので、どなたかも指摘しているように「アリバイ」づくりだろう。首相は「社交=おつきあい」も大事だが、「本業」もしっかりお願いしたいもの。

Fさんに大賛成

鳩山首相の目的は首相としての対欧州外交デビューが真の目的ですね。
そこで、10日で3回もオバマ大統領と会談して、その親密さを自民党に見せ付ける、これが目的でしょう。
そうして、今まで融通の効かない外交をしてきた自民党との違いを国民に見せ付ける、これも「隠れた目的」でしょう。外務省が念入りに半年くらいかけて下準備をして、やっと外交ができた自民党と比べて、民主党は、外交の面でも
フットワークが軽い所を見せ付ける、そうして、それが官僚主導ではない「自分の言葉による外交」の出来る民主党、という事をアピールする事も狙いでしょう。

オリンピックの東京への招致には、基本的に反対です。
鳩山さんにしても、積極的に支持しているわけではないと思います。あくまで推測ですが。
政府のスタンスはむしろ、都との関係ではないでしょうか。石原都知事を敵とするのでなく、ある意味で、さまざまな懸案について話し合える、ときには譲歩を引き出せる関係を作りたいということではないかと思います。これは外交術としては悪くないと思います。もともと東京が勝つ可能性はそれほど高くないと思いますし、これまで特に民主党がオリンピック推進に一役買ってきたわけでもない。鳩山さんが石原さんに対するリスペクトとして、応援演説をすることが特に鳩山さんの名誉を傷つける行為とは考えません。むしろ賢い方法かなと思っています。

最初は、え〜と思ったけど、石原さんに貸しをつくるってことになるのかななどと思い、よい方向な気がしました。オバマさんも参加することになったらしいし、よい機会になりそう。
元々反対というか呆れてたというか絶対選ばれることはありえないと思っていたけど、万が一そういうことになったとしたら、本気で環境問題を考えた方式にしてもらいたいですね。ついでに築地移転撤回して豊洲を会場にとか...あとは東京外環道なども環境を壊すのでやめる方向で...とか思っていたら、今日基本計画から整備計画に格上げというニュースを目にしましたが、どうなるんだろうか。

石原都知事を人間として心底軽蔑しているので、招致成功の場合、彼の勝ち誇った顔など見たくないという個人的感情もありますが、鳩山さんの国連演説を聴いて以来、東京オリンピックは日本にとって色んな意味で機会になるのでは・・・と思い始めています。

この先、日本経済は環境問題着手で動き始めるのは必至でしょうから、この度のCO2・25%削減案は世界に向けかなり注目度が高いので、経済的だけではなくマインド的にも示し続けていく上で、オリンピックはいいチャンスになるのではないでしょうか?
競技と平行に徹底したエコを世界に発信する、謂わば“エコ博”的なものを取り入れることが出来れば、新しい先進国としての日本をアピールできると思います。それにプラスして“友愛・共生”精神を上手く表現できれば、本当に美しい祭典になるのではないかと想像します。
鳩山さんがそのマインドをどのようにプレゼンするのか、ちょっと楽しみになってきました。
政権交代後、世の中が方向転換し始める期待感から、個人的な石原都知事に対する嫌悪も、些末なことのように思えてくるのが不思議です。

相手をシカゴと限定して考えれば、あの街はミシガン湖沿いの本当に美しい所で、交通も整備されており、アメリカの新旧が上手く組み合わさったカルチャー的にも優れたスポットでもあるので、オリンピックの成功も容易く想像できますが、世界のトレーディング会議の度にパンクしてしまう宿泊状況や、ダウンタウンを少し離れた場所のいきなりの治安の悪さ等、東京都比べると突っ込みどころは満載な上、オバマ大統領は人気があるとはいえ、なんとなく世界中に蔓延しつつある(漠然とした)アメリカ離れは無視できない様な気がします。

IOC の在り方にも大きな疑問はありますが、もし本当にスマートにシェイプされた良心の新しいオリンピックが開催できるのなら、ここは是非鳩山さんに頑張ってもらいたいと思います。
出来れば、石原都知事を座敷牢に閉じこめて貰えれば、もっとこの招致を支持するのですが・・・。

東京オリンピック大反対。鳩山氏はコペンハーゲンで、東京招致は間違いでした、シカゴを支持します、と言っていただきたい。石原面目まるつぶれ、皆保険制度で苦しむオバマに恩を売る。一石二鳥のこの案が採用される可能性はまあゼロですね。

東京でのオリンピックは反対ですが、各国のトップが来る以上、日本も出ないわけにはいかないのだろうと理解しています。

が、海外で少々ウケが良いことを勘違いしないでほしい。
今は地に足のついた内政の方が重要だと思います。
各大臣は頑張っていますが、今の状況は全体として、官僚にとって好都合にはなっていないかと心配です。

民主が勝ってから日経は下落。経済オンチの亀のおかげで外資が日本から流出中。世界で経済が回復している所は世界中から投資資金が流入してきている所のみ。
日本が景気良くなるためには東京の地価が上昇しないと無理です。民間のビルの建替え需要やリニューアル需要喚起しないといつまでたっても内需なんてないよ。ここまでの民主の不祥事や金融政策の失敗を隠してくれる。参議院補欠選挙でのいいイメージにもなるし。無理してでも行くでしょ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.