Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries

« 岡田克也外相がフリーランスにも記者会見を開放
メイン
鳩山由紀夫フォトアルバム(3/7)by 蛭田有一 »

どうなる!?鳩山外交デビュー戦 国内外から期待の声

 国連の潘事務総長は9月17日、日本の温室効果ガス削減目標について触れ、「この公約を世界に宣言することを望む」と語り、事務総長自ら鳩山由紀夫首相にエールを送った。

 国連本部で外交デビューを迎える鳩山首相だが、そのデビュー戦を前に環境問題だけでなく国内外の各方面から期待の声が寄せられている。

 国内では鳩山連立政権発足前日の9月15日、全国216の女性団体が、国連の女性差別撤廃条約の選択議定書に批准するよう民主党へ要望書を提出した。「これほど多くの女性団体が、共同で政府側に要望書を出したのは初めて」(東京新聞2009年9月16日)。ちなみに、この議定書に批准していないのは経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国では日本と米国だけである。

 つい先月、国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)から女性差別解消に向けた日本政府の取り組みの遅れを指摘されており、これまでの自民党政権が着手しなかった問題が鳩山代表への期待の声として形を変えて浮かび上がってきている。

 国連への米国出発まであと2日。鳩山首相が背負う期待の重さはすでに重量オーバーか!?

*  *  *  *  *

関連記事
■女性差別解消「進まぬ日本」...国連委が総括所見[yomiuri.online(読売新聞)]
■「核廃絶 国連で訴えて」 高校生、鳩山首相に手紙 米大統領の長崎訪問も要請[西日本新聞]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5930

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

国民がこれまでの政治に対していかに閉塞感を感じていたかを表わしてますね。

>鳩山首相が背負う期待の重さはすでに重量オーバーか!?

どうか、この、国民の期待に応えて欲しい!
すでに過積載の感は否めないので運転(政権運営)は慎重に(笑)

こんにちは(いま19日3:00頃です)

僕らは日本という国は民主的な国だと思っていたけれど、
海外からみれば、そして、女性や
マイノリティのひとたちからみれば、
決して民主的ではなかったのですね。
いままでの政府が表に見せなかったことがいろいろ、現れている。

これだけでも、政権交代の意味はあったというべきですね。
鳩山さん、いっしょにやっていきましょう。

当地の私の周りの人たちも、”日本は変わる”と期待しています。
まあ、私が吹聴しすぎたせいだけどね。(W) 
 新しい大統領や政権になるとすぐに変わると思うせっかちは日本人に限らずどこの国でも多いもの。 
という私も超せっかちなのでとにかく変化をすぐに期待してしまいがちだけど、上記にもノモト様が書かれているようにすでに過積載の状態。 着実に進んでくれることを願っています。
 それにしても「核廃絶国連で訴えて」の高校生のニュースはいいですね。こういう若い人達が活発に活動している様子に触れるにつけ日本もどっこいまだまだだと元気付けられます。
 鳩山総理にはこういう若い人たちの思いを大切に受け止めてほしいですね。
 国連総会での鳩山総理の演説に期待したいですね。

> この議定書に批准していないのは経済協力開発機構(OECD)加盟30カ国では日本と米国だけである。

なにがネックになっているのかな。もしかしたら、 この問題かな。
夫婦同姓強制問題、 つまりいわゆる夫婦別姓問題ですね。 民主党は 政策項目に 夫婦別姓選択性を実現するといっているはず。とするならば、
女性差別撤廃条約の選択議定書に批准することの大きな障害はなくなることになりますね。

夫婦別姓選択性を持ち出すと、
決まって保守派知識人が暴発するので、そこが見もの。

<鳩山さんは上々のデビュー>
サミットでオバマに立ち話しかしてもらえなかった麻生、なんちゃって外交通とはうって変わって、今回の訪米では、各国から会談の申し入れが殺到しているようですね。
失言をしなければ、上々の外交デビューになりそうです。
心配なのは、ついつい調子に乗って日本に不利な発言や約束をしない事位です。
やっと、国際会議の総理の配信映像を観ても恥ずかしい思いをしないで済みます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.