Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 足利事件の菅谷さんに選挙権が与えられていない!
メイン
注目選挙区レポート!【福岡8区】麻生太郎×山本剛正 »

TV局に宣戦布告! 8月30日19〜26時 選挙特番「総選挙2009 歴史は動くのか!?」 豪華キャストを発表!

 8月30日の投開票当日、テレビ各局の「開票速報」を横目で見ながら高野孟主幹と田中良紹氏を中心に、様々な論客や政治家が次々と登場する全く新しいタイプの「言いたい放題・開票同時進行ライブ討論」特番をネット上で放映します。

 スタジオでは、仲間で居酒屋に集まってサッカーを観戦するがごとき雰囲気で、脇にはテレビのモニターを数台置いて各局の「開票速報」と開票状況の進展に応じた解説を横目で見ながら、この総選挙の意味、各注目選挙区の事情、今後の政局の展望などを自由闊達に論じ、それに各党の幹部・候補者や識者への電話インタビューや視聴者からの電話による質問・意見を織り交えて、立体的に構成(というと聞こえはいいですが、つまりは何でもアリのハチャメチャ精神で進行)していきます。

 テレビ各局の「開票速報」も解説も結構かったるいもので、それは、昨今は「出口調査」の精度が上がって実は開票前にほとんど大勢は判っているが、テレビとしてはそれを口にすることは出来ないという事情が大きく作用しています。当方はそんなことは関係ないので、テレビの報道ぶりへの批評も含めて言いたい放題で、議論をどんどん先に進めていきます。ネット史上希に見るこの試みに、是非ともご参加頂きたいと思います。

 8月30日、日本が変わる。日本が変われば世界が変わる。そこから本当の21世紀が始まる。

*  *  *  *  *

■放送日時
2009年8月30日(日)19:00〜26:00ごろ

■視聴者による電話質問コーナー「コールイン」
23:00〜24:00ごろを予定
※電話番号は当日、「番組の中」「トップページ」「特番ページ」でお知らせします。また、コールイン以外にも、生放送の最初から最後までコメント欄を開放し、質問やご意見などを番組に反映させていきます。(コメントを番組中で公開させていただく場合があります)

■URL
http://news.www.infoseek.co.jp/special/shuinsen2009_j-is/hotjournal08_016.html

■最大同時視聴可能者数
約20,000人

■キャスト(敬称略)

メインパーソナリティー
高野 孟(《THE JOURNAL》主幹)
田中良紹(ジャーナリスト)

スタジオゲスト
平野貞夫(元参議院議員)
二見伸明(誇り高き自由人)
三枝成彰(作曲家)
宮崎 学(作家)
中村美彦(ラジオパーソナリティー)
山口一臣(週刊朝日編集長)
横田由美子(ルポライター)
神保哲生(ビデオジャーナリスト)
渡瀬裕哉(選挙プランナー)
蓮舫(参議院議員)
鈴木 寛(参議院議員)

電話出演
財部誠一(経済ジャーナリスト)
辺 真一(コリアレポート編集長)
森永卓郎(経済評論家)
渡部恒雄(東京財団上席研究員)
木村三浩(一水会 代表)
下桐 治(日刊ゲンダイ社長)
宮根誠司(フリーアナウンサー)
竹中平蔵(慶應義塾大学教授)
松尾貴史(タレント)

電話出演(政治家・候補者)
山本一太(自民党)
塩崎恭久( 〃 )
鳩山由紀夫(民主党)
仙谷由人( 〃 )
海江田万里( 〃 )
青木 愛( 〃 )
山本剛正( 〃 )
岸本周平( 〃 )
高木陽介(公明党)
鈴木宗男(新党大地)
渡辺喜美(みんなの党)
東国原英夫(宮崎県知事)

その他、まだまだ出演交渉継続中!!

※出演者は変更になる場合があります。当日もどうなるんでしょう。。スタッフのキャパをとっくにこえております...m(_ _)m

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5434

この一覧は、次のエントリーを参照しています: TV局に宣戦布告! 8月30日19〜26時 選挙特番「総選挙2009 歴史は動くのか!?」 豪華キャストを発表!:

» [政治][経済][真理] 送信元 Be elegant.
投票に行ってきた。 今回の選挙では、あまりにも各党(特に民主党と自民党)の公約がひどいものだったので、プロテストの意味で(断じてレイジーではない)棄権し... [詳しくはこちら]

コメント (82)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 テレビとこっちと両方を目で観ることはできそうだが、両方同時に会話が聞き取れるだろうか?

 とりあえず試してみます。

初めて投稿します。
50歳のおやじです。
今回の出演者として、佐高信さんと金子勝さんがいないのはどうしてでしょうか?
というよりもjournalのジャーナリストとしてお二方は参加の意思がないのでしょうか?

期待をしていますが、当日はどうしてもテレビ優先となるのでなんとしてもビデオ放映をしてください。

竹中平蔵氏の電話出演だけは勘弁してほしいね。気分が悪い。

The Journal的に不評な人でも、意見をぶつけ合ってその火花が日本をよくすると思えば、どういう受け答えをするのか楽しみというものです。
まぁ居酒屋雰囲気での番組ということですから、激論にはならないでしょうけど。
投票するときは自分の確信する意思信条を持って、番組を見るときは少しだけの期待と神様的メタ的な視点で見たいものです。

当日楽しみにしております。

すいません。
佐高信さんと金子勝さんは、jouranalの「有識者」ではなっかたのですね。
それはさておき私も31日は夏休みをとって、30日からおいしいい酒を飲もうと思います。

それにしてもこちらに投稿される皆さんはすごいですね。時々長いコメントで理解するのに時間がかかりますが。
とにかく30日は日本にとって、私にとってすごい日になるのでしょう。乾杯!(既に前祝してます)。

分からんこともないが「東国原くん」は要らんのでは。自信過剰の勘違い人間は観たくないのだか。

鈴木ムネオさんの話は楽しみですね。
新党日本の田中康夫さんや、社民党の保坂展人さんも出て欲しい。

東国原さんはどうかな・・・呼びたければ呼んでもいいけど。

神保さん、ニコニコ動画と掛け持ちですか?

両方見なければ。

TVより面白そうな選挙速報になりそうですね。

「そのまんま東」はくだらないテレビにお任せして、ここではキャンセルして下さい。
程度が低くなります。


また、竹中も「屁理屈・誤魔化し・弁解・すり替え」で反省のかけらも無く、ただ単に自分達の失敗を「改革を止めたから」と今の自民党のせいにする。自民党を、そして国をぶっ壊す基礎を造った共犯者なのに、、、。今更、弁解させてどうなりますか?明日、国民がそれを判断するのですから、、、、。

em5467-2こと恵美様ファンとしては、電話で参戦されたら良いのにと期待します。

<高野様>
30日は台風がくるらしい。雨にも負けず、風にも負けず投票に行くぞ!
それにしても豪華な出演者ですね。
高野さんの人徳なのでしょう。
もし、政権交代できれば、祭でわいわい、タガをはずして楽しくやりたい。
そんな時に竹中の言い訳じみた詭弁は聞きたくない。酒がマズくなる。

>つまりは何でもアリのハチャメチャ精神で進行・・・。

ウーン不安

どうしても居酒屋なんですね。以前、酔いどれ談義でしたっけ、最終泥酔でしたね高野さん。

それにしても是非一度、高野さんの人徳と人脈を使って小沢さんと機会を作って何かジャーナルを通じて小沢さんのコメントがほしいです。「小沢、出て来ーい、何とかしてよ。」

私がジャーナルにアクセスしたのは、3月小沢秘書事件で真相が知りたくて検索していたからです。そして同じような方も少なくなかったと思います。事件以降ジャーナルにアクセスが一気に増えたのではないですか。その辺も知りたいですね。

*新型ウイルスの報道が盛んですが、是非投票に行って下さい。最後のお願いに参りました♪

楽しみにしております、でもまだ気を緩めてはいけません、再度神奈川に住んでいる娘達一族に5区と17区の民主候補の投票依頼する。さて今朝も朝ズバのみのもんた、民主300議席などの報道にこれでは2大政党にならないなどと岩見とうなずきあい、明日の選挙のの参考にしてくださいとのたまっている、ふざけるな2大政党とは国民の為にならない政党には退場してもらうものではないか、拮抗していると前に進まないではないか、今までの自民党の議席のことは言わず何かにつけ民主への政権では困るだけの輩もテレビのまえからの退場を願いたい。
皆さんに聞きたいことがあります教えて下さい、8月26日の創価学会会館の駐車場が満杯になっておりました、いつものことながら選挙の前にはこのような状態が見られますが、会館内でもし選挙活動が行われていれば選挙違反になるのでしょうか教えて下さい、それとも課税されない恒例お布施集めなのでしょうか。

創価学会の婦人部がやっきになって動いています。総決起集会をやって各地の知り合いに訪問、電話攻勢です。まるで公明党=創価学会は創価学会に主導権があります。大田代表は絶対に落とせないと集中して学会員の構成が全国から有るようです。婦人部は怖い。自分の意思は無く、上から言われたままです。地方区は自民党支持を訴えています。あくまで宗教活動の一環として行い、勝利、奪還の言葉が飛び交い、地域に於いては地方区で当選させれば会館作ってやるとハッパを掛けられております。自民党を支えているのは創価学会婦人部でもあります。選挙に宗教を持ち込んでいないのでしょうか?布教の一環と言ってますが、他の国民に迷惑掛ける結果に成らなければよいのですが。

「井戸を掘った人を忘れない」
確か中国が田中角栄氏に贈った言葉と記憶しておりますが、明日はこの言葉を小泉純一郎氏と竹中平蔵氏とついでに武部氏に贈ります。
あなた達のお力添えで遂に平成維新が達成されます、3人のお名前は日本の政治史に残されるでしょう。
感謝、感謝、感謝。

何はともあれ、やっとここまで来たかという感じです。新聞各社、マスコミが民主党の単独過半数獲得を報道する終盤、小沢氏を始め引締めに相当ご苦労されたのではないでしょうか。読売、産経が選挙後の民主党勢力図を描き、自民党派閥論理で小沢氏の数の勢力が党内抗争の火種になるとさっそく書いている。過去の田中軍団よろしく、小沢軍団が形成されるのだそうだ。政治は数の論理である。数が力なのである。それの何が悪いと言うのか。そのために政治家は力を持つ努力をするのだ。自公が数の論理で国民無視の強硬な政治をして来たことへの批判は無いのだろうか。ある筈も無いのだが。自民党のこれまで、数にあぐらをかき、横柄で国民を馬鹿にした発言をして来た皆さんが葬られようとしている。「得体の知れない風」と言った某女性大臣もいるが、彼らは大きな歴史の転換、歴史に刻まれるだろうドラマを理解出来ない。とても哀れな皆さんに成る。小沢氏にとって長く時間のかかった出発点を迎えようとしている。とりあえずその出発点を祝おうではありませんか。

>20.000人~

足りますかね?(笑)
パンクするぐらいアクセスがあれば、それはそれで楽しいか?

ま、なにはともあれ焼酎をちびちびやりながら最初から最後までお付き合いしま~す!

世川ブログ(http://blog.goo.ne.jp/segawakousuke)
      「小沢私論(一部)」より、(転載許諾済) 

 「今度こそ、あいつも、もう、駄目だろう」と思われながら、小沢一郎は、1993年以降の政界を、しぶとく生き抜いていく。そして、新進党解党の後、自由党という、戦後日本では稀有な、理念的保守政党を結党する。
 何が稀有だったかと言うと、まがい物ではない政治理念を、つまり、有権者に媚びない、明確な政治思想を、前面に出した点だった。やがて、小沢自由党は、小渕政権と連立を組む。仕掛け人は、小沢一郎を、「悪魔!」とまで呼んだ、感情派政治家野中広務だった、と小沢一郎は証言している。
 どうでもいいことだが、僕は、自民党を政党でなくした張本人は、この野中広務という寝業師だ、と思ってきた。野中広務は、自民党議員の政権維持欲だけを煽って、社会党と組み、さきがけと組み、自由党と組み、公明党と組んだ。その度ごとに、意味ありそうに語っていたが、だけど、この4政党に、共通点など、どこにもありはしない。数の論理だけにとらわれた、政権維持のための、ただの野合、数字の組み合わせだ。
 小沢一郎流に言わせると、以下のようになる。
 「社会党は自分たちで首班をとりたかった。そして、自民党は政権を取りたかった。双方の利害が一致したんです。」「それは欲得の話ですから、社会党もすぐ乗ったということですね。」
 「要するに、社会党内で『自分たちで内閣を組織できるのに、文句があるか』『社会党から首班を出すためなら、どの政党と組んでもいいじゃないか』という主張が通ったというこでしょう。それこそ日本政治のいい加減さですけどね」「『社会党と自民党が接近している』という情報は頻々と流れていた。ところが、これもまただれもが『まさか』と思っていた。その『まさか』の禁を犯しちゃったから、社会党はつぶれれちゃったんです。」「そもそも社会党にイデオロギーなんてなかった。もちろん、自民党にもないです。だからお互いの談合で『自社さ』政権ができたんです。彼らは同じような体質なんです」
 野中広務について語ることなど、平成政治の本質を探る上では、何の意味もないが、一時期でも保守政界に君臨したこの男こそ、政治理念を置き去りにして、平成政界を撹乱した政治家だと、侮蔑してやまない。理由も必要だろう。野中広務は、今でも、二言目には、「政治家は信義が一番だ」などと言っているが、僕は14年間、特定局長だったから、さまざまな郵政族議員を遠望してきた。
 特定局長会は、票は出すがお金は出さない集団だった。総勢1万8千人いる。一人1万円出せば、たちどころに、1億8千万円が集まる。だが、局長会の大恩人である田中角栄元首相も、金丸信元自民党副総裁も、小渕恵三元首相も、特定局長会とは親密すぎるほどに親密な政治家だったが、一度たりとも、全国の特定局長から、お金を吸い上げようとはしなかった。それが、組織の誇りだった。
 そうした歴史を反故にして、特定局長たちからお金を吸い上げた政治家が、たった一人いた。野中広務だ。兄だか弟だかの経営する「西日本ツーリスト」という田舎旅行会社を通じて、近畿の特定局長や郵政局職員のお金を吸い上げた。当時、月に一回、海外旅行の募集だもんな。俺たちは、特定局長なんか旅行代理店の社員なんか、わからんよ」近畿地方の特定局長たちのぼやきを、何度も聞かされた。僕は、こういう政治家の「倫理に関する発言」を、信じない。
 旧社会党の保守版のような彼の薄手の主張に、たとえ一時期でも、大勢の政治家たちが、彼を怖れ、彼に従った。それが、自民党国会議員の知性の劣化の始まりだった、彼こそが平成政治の堕落の象徴だ、と思っている。しかも、そんな彼を、マスメディアは何様かのように持ち上げて、意見を聞いた。阿呆としか言いようがない。しかし、間もなく、小沢一郎自由党は、連立から離脱する。野合を目論む野中広務と、小沢一郎が、合うわけがない。いつかは必ず来る道だった。
 小沢を憎悪する自民党勢力は、自自連立解消に乗じて、自由党国会議員の半数以上を取り込み、「保守党」という愚劣な政党を結党させる。小沢一郎に離反した彼や彼女たち、具体的に言うと二階俊博、野田毅、小池百合子たちのことだが、彼らは、実は、自由党が、小沢一郎一人でもっている政党であることに気づかない頓馬ばかりだった。自分たちが何者かであるという錯覚を生きている自惚れ屋ばかりだった。
 自由党分裂に当たって、離脱組の国会議員たちは、もっともらしいことを言っていたが、それが、単に、政権与党にいたいだけの権力欲のなせる業であるのは、一目瞭然だった。
 しかし、小沢一郎を憎悪する勢力は、具体的に言うと、野中広務たちは、数の論理に絡めとられていたから今度こそ、小沢一郎に止めを刺した、と、有頂天だった。だが、その直後の衆院選で、不純物の離脱によってさらに純化された小沢自由党は、比例票において、650万票という票を獲得する。それに対して、離脱組の保守党は惨敗する。これは、事件、だった。なぜなら、それは、650万票が、「自由党」という政党に対してではなく、「小沢一郎」という一個人に期待する票であったことを、政治に関心のある誰もが直感したからだ。
 個人政治家に対する支持票が650万票というのは、それまでの政治家では、決してありえなかった。かつて僕の属していた全国特定局長会は、「全特百万票」と言われ、その神話だけで、自民党最大の族集団「郵政族」をつくって、権勢を誇った。650万票がどれほどの脅威であるか、想像がつくだろう。この、小沢一郎650万票は、何を意味するのだろうか。僕たちは、この650万票が、沈黙しながらも、<知>をもって平成政治を見つめている存在の確かさを、証明した、と読むべきなのだ。だが、マスメディアも政治家たちも、あえて、そこを無視して通り過ぎようとした。たった650万、という風に。しかし、誰もが無視しても、おそらく、小沢一郎一人は、<無言の知>の存在を確信したに違いない。この時から、小沢一郎は、それまでの視線とは、また違った視線で見つめられるようになる。誰から?もちろん、650万人からだ。
 その違いに全く気づかなかったのは、マスメディアという愚か者の集団だった、と僕は思っている。彼らは、相も変わらず、豪腕だとか、わがままだとか、金権体質だとかといった、それまでと同じトーンで、嫌いな小沢一郎を批判し続けた。馬鹿としか言いようがない。その時期から、小沢一郎は、それまでに増して、鮮明な政治理念を前面に出すようになる。そこには、小沢一郎の<自負>が感じられた。この国にわずかに残された、<知>を重んじる大衆が自分を支持している、その<自負>が感じられた。それは、こんな言葉にも表れている。自由党のままでいるのが政策的にはいちばん純粋だし、いちばんわかりやすい。そして、自由党の仲間にとっても自由党でいる方がハッピーだった。しかし、自由党が多数をとって政策を実現するには時間がかかる。ところが、日本に残された時間はそんなに長くない。僕もそんなに若くもない。」「改革を早く実現するためには、薩長も手を握らないといけない。政治勢力を大きくして多数派を形成していく以外に方法はないだろうと考えた」「自由党の面々にとって、民主党との合併はほんとはものすごく不利な話なんです。衆院選の比例区で自由党は五、六百万票を獲得しています。だから、時間はかかるけど、小選挙区で当選者を一人ずつ増やしていこうと考えていた。(中略)・・・、だから、みんな腹の中では合併に反対だったんです。」「だけど、僕は『政権をとるためならしょうがない』と言って、みんなを説得した。民主党との話し合いで、 僕は何も異論をはさまないで、民主党の言うとおりにしたんです。」「(民由合併で)我々が耐え忍べば、政権への道が開ける可能性が高くなるのだから」それから後の、民自合併、そして今まさに目前にある政権交代までの道のりを支えたのは、小沢一郎の、<自負>に支えられた「読み」であった、と読まなければ、平成政治16年間は解読できない、と僕は思っている。
 日本大衆の不思議を感得させた小泉政治に対して、小沢一郎は、次のように語る。「国民はこのままじゃダメと思っていて、変化を求めているんです。そして、小泉首相ならば、なにかそういうことをやってくれるのかもしれないという錯覚を持った。その結果、05年の総選挙(引用者注:郵政選挙のこと)で自民党が圧勝した。」
 「簡単なことなんです。小泉首相のパフォーマンスだけで、自民党にあれだけの票が入るんだから、変化を望んでいる国民に対して簡明なシグナルを送ることができれば、完全に勝つ。絶対に勝つ。」「小泉首相なんか選挙で一言もマニフェストに触れないで、ただ『イエスかノーか』しか言わない。それで票が集まるわけですから、政治的には日本人はまだまだ民度が低いです。」「中身のあるしっかりした政策は、そうそう簡潔に説明はできない。だから難しい。」
 「日本はまだまだ未成熟な政治風土ですけども、それでも国民の大多数は頭の隅で何となく、このままではいけないんじゃないかと考え始めていると思います。そういう人たちは、ワイドショーを見て左右される人よりはるかに多いでしょう。」当時、小泉政治の背景にあるものを読んだ政治家の発言としては、卓越したものであった、と僕は理解している。あと数日で結果の出る、2009年8月の政権交代選挙は、国民の意識によって、自然発生的に生じた、などと思っている人間がいたとしたら、その人は、実に幸福な人間だ。
 この選挙の<軸>は、民主党党首を辞任しようがしまいが、表に出てこようが、後ろに姿を隠していようが、あくまでも、小沢一郎だ。政治思想を不要とした小泉劇場の背景を読み、政治思想こそが必要だと、小泉純一郎とまったく対極から訴え、小泉とは全く異質の<知>の劇場を作り上げたのは、小沢一郎だ。この、16年という長い歳月をかけた<小沢劇場>に気づかない人間たちに、平成政治を語る資格など、ない。

豊後の小兵衛代理投稿

とにかく楽しみ
すごいメンバーですね。
圧倒的勝利で、政権交代が起きることを願ってきましたが、どうもその通りになりそうで、今から震えがきています。腐臭がしてきた”そのまんま”さんは祝酒がまずくなりそう。
気分は正月前夜、大晦日。
正月ではないですが、お年玉が欲しいですね。それは法務大臣の納得のいく人選。
法務大臣は小沢さんとか、(無理ですね?)
せめて郷原信郎さんとか、高野さんあたり、もうご存知ではないかと、ぜひ酒のつまみとして、俎上に上げてください。
バンザイはしますが、小沢さん、鳩山さんの裁判の問題が気にかかります。

'05年総選挙で大勝した総理が1年で辞めてしまい、それから1年毎の総理の投げ出しがありました。
選挙の顔として選ばれたはずの総理は完全にビビってしまってひたすら任期を先延ばしにしながら政敵に対する策謀を巡らし(笑)、それでも自党に国民の支持は集まらずとうとう任期満了選挙になってしまいました。
そしていよいよ明日、新しい日本の夜明けが訪れようとしています。
イラつきながら「まだかまだか…」とこの日が来るのを4年間待ち続けていましたが、振り返ってみればあっという間でした。
それもその筈、日本の民主主義の歴史から見れば120年の中の経った4年ですものね(笑)。

まるでドラマのような4年間でした。

<豊後の小兵衛様>
ただ、ひと言、小沢総理が見たかった。

em5467-2こと恵美さん

> ただ、ひと言、小沢総理が見たかった。
 ここには書きにくいのでグループMLに書きましたが、まだいろいろあると私たちは考えています。

 序でながら、明日の投票日、農村部で投票所への足のない方々への送迎用の車・運転手の確保に、介護が必要なところには手慣れた人材の配置(投票依頼は絶対にしないこと)、そして事情で家を離れられない支援者には名簿を渡し(コピー厳禁・必回収)、投票確認の「応酬話法集」(違反防止)配布などなど、各事務所は終わったかな。
 選挙区によってはこれで、2~3000票は拾える。同じことを、都市部で組織的にやれば1万票でも可能だが、これを今でもやっているのは、創価学会くらいのものだろう。
 共産党は「手足がない」と漏れ聞いた。

豊後の小兵衛

 

ご存知と思いますが、TVを見ない方もいらっしゃるので、民主党サイトより

 鳩山由紀夫代表のテレビ出演予定をお知らせします。

8月29日(土) 
■NHK総合 衆院選特集『党首を追って』19:30~20:45
 鳩山由紀夫代表
 ※選挙遊説密着取材(2回目) 放送時間内放送

こと恵美様
小沢一郎が必ず日本の為に必要なな時が必ず来ます、間違いありません、必ず来ます。

明日はパソコンから離れられなくなりそうですね。ズーッと張り付いて見ていますし、コメントもしたいなあ。受け付けてるかな?

自民党大物議員の敗戦の弁やコメンテーターの豹変振りも見たいのでHDD,ビデオ、DVDと3台セットでテレビ番組は録画予定。
朝日系は生でパソコンと見比べ、日テレ系、フジ系、TBSが録画番組を、月曜は休みですのでジックリ鑑賞しているつもりですが・・飲み過ぎ注意だな。

<皆様>
はげまして頂きありがとうございます。
贅沢は言うまいと、自分に言い聞かせてきたのに...。つい、愚痴をいいました。
まずは政権交代、そこからスタートですね。
小沢代行の力量は、今の政治家の中で、ずば抜けています。なのに、代表を辞めた今、二木氏は朝日ニュースターのパックインジャーナルで「田原さんと話したりしていると、小沢さんはチルドレンを含め150人位を掌握する。これが、問題で、民主党の党運営が思う様にいかない時は、小沢さんは民主党を飛び出して自民党と組むのではないか?」といい出すし...。二木さん、あなたもか?!このサイトでもお馴染みのY田女史も、朝日ニュースターの番組のアシスタントとして「民主党がそんなに勝つと小沢さんのグループが大きくなってしまうと、言われていますが、どうなんでしょう?」なんてゲストに聞いてるし...。
皆さん、小沢さんと膝詰めで話した事があるのでしょうか?
あまりに失礼で、悔しくて仕方ありません。
この人達は、小沢さんに政界を引退しろと暗にいっている。「説明責任を果たせ」と責めたて、辞任するまで、手綱を緩めなかった。辞めたら辞めたで、今度は裏から糸を引く悪人呼ばわりをする。
小沢さんの能力を知ろうとしないのか?それとも何らかのチカラが働いているのか?

豊後の小兵衛氏へ
貴殿のご指摘と同じように、ブログで「ひとりで500万票集める男」という表現をしている方がいますね。まさに至言です。
 以前にもここで書きましたが、多くの国民は「小沢民主党こそが、自分たちが長年支持してきた保守政治を体現してくれる政党」であることを肌で感じてきたのです。それが、前回の参議院選挙から本日までの情勢につながっているのでしょう。
 ここで重要なのは、国民が支持しているのは「小沢が主導する民主党」であって「単なる民主党」ではないということです。マスコミは、ご指摘のように、ここを勘違いしています。田中角栄の時同様、自分たちが小沢を叩けば国民はそれについてくると信じているようです。が、現実はそうならないのでマスコミ自身が戸惑っているようです。西松の時のヒステリックなまでの論調は、マスコミの狼狽を表しているのでしょう。
 小沢氏に残された時間、すなわち我々<無言の知>に残された時間は少なく、今回がおそらくはラストチャンスでしょう。悔いのないよう全員投票に行って欲しいです。

明日の朝、歩いて10分程の体育館に投票用紙をもっていく間のわくわく感と緊張感が楽しみです。
あまり「小沢さんこそ」とか、「鳩山さんなら」ということではなく、自身の気持ちとして1票を投じます。
小選挙区は民主党候補、比例代表は、社民党です。共産党さんが候補を出さなかったので。というのも、民主党の候補さんが9条を護るかどうかのアンケートに無回答なのが気になりました。

竹中と東国原は要らないなぁ~。

em5467-2こと恵美様

「出る杭は徹底的に打つ」
これが、日本マスコミのやり方です。

かつて、総中流などと呼ばれていた頃の日本人の多くは横並び志向のためか、突出した人が叩かれるさまを見て喜んでいたのかも知れません。だから、マスコミも大衆迎合して、出る杭を叩く記事を掲載してきたのでしょう。

でも、今、日本は危機的状況にあります。この状況を打開するには「出る杭」である小沢さんのような人が是非とも必要であり、国民はその出現を待望しているのです。

それなのに、愚かなマスコミには危機感がないのです。危機感がないから、国民の待望を察知できずに「出る杭を打つ」やり方を止めようとしないのです。
日本の回復と成長を邪魔しているマスコミの罪は大きいと思います。(しかも、マスコミは絶対責任を取りません。取るつもりもないから無責任な報道ができるのです。)

政権交代をきっかけに、この際、マスコミ再編成も起こればいいと思います。
既得権益に胡坐を書いて、国民の資産である電波を借りて営業しいるという感覚が麻痺しているような大手テレビ局や、記者クラブ制度に頼りきって、国民目線での取材能力が無くなっている大手新聞社は、潰れてしまっても構わないです。

民主党政権になったら先ずマスコミ改革をやってほしい。
構造改革が一番遅れているのは所謂大手のマスコミです。
記者クラブ(談合クラブ)の廃止を希望します。

最高裁判所裁判官国民審査の白票は信任ではなく、棄権とすべきだと思う。マスコミは裁判官の名前すら報道しない。フェアじゃない。

ここにきてインフルが再び活発になり出したようですね。最後の最後までなんともドラマティックな展開がよく続くものです。

老婆心がましくて恐縮ですが、
投票に行かれる皆様。
元気な体で日本の夜明けを迎える為にも、予防と体調管理を徹底致しましょう。

高野様 ご無沙汰しています。
今日、高野様の夢の市民革命が達成できます。心からお喜び申し上げます。
投票率が75%以上いくと思います先程、投票に行ってきましたが、異常な状況です。投票場には人が溢れていました。NHK,共同通信の記者なども投票者の多さに驚いていました。
自民党は悲惨な状況になる恐れがあります。

今、投票して帰ってきました。近くの公民館が会場でしたが、今回は受付でかなりの人が並んでいました。こんな事は初めてです。暑さだけでなく、公民館の中も外も熱気が感じられました。

マスコミの民主圧勝の報道が逆効果にならなければ良いがと思います。

豊後の小兵衛 様

出ましたね、世川ブログの「小沢私論」
小生にも特定郵便局長の友人がいまして、その話は聞いていましたが野中氏が火付け役とは、彼も知らなかったと思います。

彼が、入局していたときには「天引き」されてましたから。政治は一寸先は闇ですね。

ー日本の夜明けが待ち遠しいー
 一家揃って投票してきました。我が家の投票率は100%です。今日が日本に真の国民主権による議会制民主主義を定着させるという小沢さんの願いの実現に一歩近づく日となることを祈っています。
 何故、マスコミがここまであくどく小沢さんを攻撃するのか? それはマスコミ自身が既得権益者集団に取り込まれ、体制擁護の重要な一翼を担っているからです。平成11年に故竹下登氏の呼びかけで政・財界がマスコミを自陣営に取り込む為に「三宝会」という組織が作られています。私はここで「お主も悪じゃのう~・・・」の越後屋活動=権力の腐敗が加速していったと推察しています。
 今夜は政権交代を願ってここに投稿されている皆様と一緒に勝利の美酒を味わえることを確信しております。

em5467-2こと恵美様

毎度情報発信有難う御座います。
★小沢総理が見たかった★
私も小沢さんに絶大な関心期待を持って政治を見て来た経緯があります。角さんに学びさらに時代背景を的確に捉えた政治家は他に見当たらないと云っても過言でないと思っています。
自公が駄目であることに異論がありませんが だからと言って民主党一人勝ちは 小沢さんの政治信条からすれば疑問を感じる時がやがて来るのではないかと?
やがて反小沢派の馬鹿連中の執拗な攻撃に嫌気差し自民党再生に
いや ごめん自民党でなく別な党を立ち上げ最終目標の模索も有りでないか?
来年の参議院選までは反小沢も政権の名の下に結束するであろうがその先に大いなる関心を持っています。

長期政権への積年の恨み、今こそ晴らす!労働者を分断し友人を引き裂き利権に群がり権力による弾圧。我々は忘れない。今日の1票
生涯わすれない。

東国原知事を出さないでください。
お願いいたします。

山嵐さん

 GMLの「麻生語録集」は使えますね。PDF(Wordfileだといたずらされる可能性あり)にしてあんこさんのHPに載せましょうよ。

 世川さんも、水沢の小沢選対事務所までは快調だったのに、「オンナ」を求めて北上に移ってから怪しくなりましたが、まだ生きているようですね。
 それも何かをつかんだらしく、「目覚めたらきちんと書く」と宣言していますから、期待して待ちましょう。

 豊後の小兵衛

 

<Rio様>
レスありがとうございます。
>愚かなマスコミには危機感がないのです。危機感がないから、国民の待望を察知できずに「出る杭を打つ」やり方を止めようとしないのです。
日本の回復と成長を邪魔しているマスコミの罪は大きいと思います。<
Rio様のご慧眼さすがです。納得です。国民世論をリードするはずのジャーナリスト(もちろん高野さん田中さん他の一部ジャーナリストは除き)が、国民の足元にも及ばない。日本のマスコミは、自民党と同じ体質=世襲や大企業経営者の子弟、政治家の後継ぎが優先的に入社しています。人的資源の劣化がマスコミを弱体化し、市中の人々の意識と著しく乖離しています。
<草坊主様>
レスありがとうございます。
お言葉ですが、民主党をここまで大きくしてきた小沢さんが、なぜ出ていかなければならないのでしょう。
小沢さんばかりが苦労するのは見ていられません。
私は叶うことなら、反小沢のピーチク議員に出ていって欲しい。
<投票してきました>
8時30分頃、私が済む、東京・渋谷のある投票所では、かつてない状況でした。「なんじゃコリャ!」凄い行列、係員が慌てて「お待たせして済みません」 といいに来た。皆、静かに順番を待っていた。小泉郵政選挙も混んでいたが、70人も行列していなかった。しかも、空気感がまったく違う。
4年前は、ショートパンツの若者達がガヤガヤとはしゃいでいたが、今回は皆がおしなべて寡黙、30代の夫婦が多く、大人の雰囲気でした。全国的に見ても投票率が低い、ここ東京山の手で、革命的な高投票率を実感した。
8時が楽しみ〜。

民主比例区8人不足 →あなたの一票が自民を救う?!

緊急警告

選挙調査で最も信頼度が高いNHKの調査では民主党は比例区候補者8人不足 →他党に(惜敗自民に!)回る可能性!

2009年8月29日(土)8時0分配信:産経新聞も同じ指摘

民主、追い風強過ぎ?比例候補足りず他党「棚ぼた」も
…比例代表ブロックの候補が足りなくなる可能性が出てきた。公示後の候補追加は認められていないため、
ブロックによっては、他党が「棚ぼた」で議席を獲得することもありそうだ。予想を超える民主党の追い風が選挙区で落選の憂き目を見た自民党大物候補を救済するケースも出てきそうだ。…

そこで以下の提言をします。

・国民審査の一票は全判事オール一罰×を

・選挙区の一票は勝てる野党(主に民主)に

・比例の一票は民主以外の真正野党、社民党、国民新党、新党日本、新党大地等に


主権者の会のお薦めは;
・北海道 →    新党大地
・東北・四国・九州 →社民党
・北信越・中国 → 国民新党
・北関東・南関東・東京・東海・近畿 →新党日本

■ NHKの最新世論調査
http://www.nikaidou.com/2009/08/nhk_5.php

投票いかなくていいなこりゃ。民主大勝(笑)

自民 小選挙区 41 比例 47 合計 88

民主 小選挙区 246 比例 92 合計 338(ただし 8候補者数足らず、議席は他党にいく)

公明 小選挙区 0 比例 20 合計 20

共産 小選挙区 0 比例 10 合計 10

社民 小選挙区 3 比例 6 合計 9

国民 小選挙区 3 比例 0 合計 3

みんなの党 小選挙区 2 比例 4 合計 6

日本 小選挙区 1

大地 比例1

無所属 小選挙区4

・・・NHKの世論調査は比較的当たるという。まぁ、まだ態度を決めてない人がおり、情勢は流動的なんだけどね(笑)。

 これ、NHKの幹部は「なんで流出した!」と怒っているらしいね。なんで、「文句あるなら直接いってこい。」といっておきましたが、伝わってるかな?

---------------
詳しくは
8・30衆議院選,国民投票に×をつけよう! 
「一票一揆」と「一罰(×)一揆」で日本を変えよう!
http://blog.livedoor.jp/syukenzaimin/

投票行ってきました。かなりの人でした。皆さんの目に静かな決意を感じました。ただ、国民審査の方は、白票の人が多い。もっと宣伝が必要ですね。ブログを持ってる方がたの今後の課題だと思います。小沢さんのことで、外国のサイトにこんな論評が出てました。

「ミスター小沢は、彼が率いる小粒なミンシュトーの中では、明らかにオーバーサイズである。表に出すと、目立ち過ぎ。隠すと、影の将軍と言われる。ミスター小沢がどういう役目を担うかで、新政権の成否が決まる」なかなかいいとこ見てますね、ガイジンさん。

豪華キャストですね。

酒を用意して見ます。
アクセス大丈夫でしょうか?

官僚すりよりだけはやめてください。

日本の夜明けにふさわしい、ポジティブ討論、ズバズバ、期待いたします。

高野さん、開始前に適当に飲んでおいてください。

参加者に絡んでください。

それでは、楽しみにしてます。

@おまけ@
昨日、投票済ませました

横浜は市長選もあり、40分ぐらい並びました。
帰りの出口で、TV朝日の調査に協力し、一言<TV朝日は高野さん出る、?の番組以外は見ないよ>

若い誠実な男性でした。


NewsSpiral運営の皆さん、ご苦労様です。

むしろ竹中さんや東国原さんの釈明(?)を期待する私は意地悪なのでしょうか。
テレビでは三宅久之さんや世耕弘
成さんが出るらしいフジ系列を見てやろうかと…!!

ここにコメントされる常連の皆さんは並のキャスター以上に厳しい質問をぶつけそうな気がしますねー。
明日以降のコメント読むのも楽しみです。

小沢代表代行が最後の応援場所に選んだ石川2区の応援演説の様子
http://www.youtube.com/watch?v=RtvQiSobbs&feature=related

実際に行かれた方のブログも読みましたがものすごい熱気だったようです。

豊後の小兵衛さま、至高の論説文の代理投稿、誠にありがとうございます。

以前、かなり前に、TVの密着みたいなコーナーで小沢さんが言っていたことを思い出しました。
ご自宅(?)の居間あたり(?)にて、和やかな雰囲気の中、
インタビュアー「次に生まれ変わっても政治家になりますか?」
小沢一郎「(少々沈黙の後)・・・やだね、・・・うん、日本ではやりたくないな」
(うろ覚えです。このようなニュアンスです、ご了承ください)

まだまだこれからで、始まってもなく(決まってもない)今、こんなこと言うのは不謹慎かもしれませんが。
私は、30年後40年後、小沢一郎亡きあと、後の一般の人々は知るのではないか。
「私たちの国には50年ほど前、今のこの当たり前の先進国に見劣りしない議会制民主主義を、【身を捨てる覚悟】で信念をもって確立を目指し実現に導いた、偉大な政治家が存在したんだ」、と語り継がれるんじゃないだろうか。

そう、現代の一般人感覚からみる歴史人でいえば、「坂本龍馬」のような位置付けです。

少なくとも、私にとって、今現在までも、小沢一郎とはそういう存在であります。


ただ、小沢一郎の歴史はこれからが後半戦の本番です。

すみません。
「たなか美絵子打上演説会小沢演説」①~③です。

天下を動かす!

小沢一郎氏の歴史・履歴を知れば知るほど、悪評が鋭くなればなるほど、口下手な方の威力がそれほど逆接的に巨大・巨人であることの証明でしょう。

日本という国の体制をひっくり返すような人物とは、限りなく私利私欲を少なくし、自己の信念・理念・哲学に真に生きる方、たとえれば、西郷吉之助どんのような方。

明治をつくったのが、あえて薩摩というならば(その後、利を得たのが長州)、平成の革命は東北人にあり。

薩摩ことばが、東北でも通じたといったのは、確か司馬遼太郎先生では?

小沢一郎とは、歴史に残るでしょう。

純粋とは?

清濁あわせ飲み、下痢を起こさず、地道に地方を行脚して、川上のおじっじやおばばに語りかけ、優しく政治を説き、また一方では若い政治家の卵を育てておられる。

泥の中のエッセンスをくみ上げ、ハスは咲く。

赤子はけがれなく生まれるけれども、浮世に鍛えられて、もし、純粋な心を持った人間に育てば、人を、政治を変革できる、に違いない。

小沢さん、これまでガンバッて来られましたね。

しかし、正念場は、明日からですね。

小沢代表、5月11日の辞任会見にて
「国民自身が政権を選択して、自らこの国と国民を救う またとないチャンス。国民の生活が第一の政治を実現して日本の経済・社会を根本から立て直すこと、
政権交代によって日本に議会制民主主義を定着させることが、民主党の歴史的使命であり、政治家としての最終目標」
総理への思いは、の質問に対し、
「少なくともそのスタートを切れることを自分の目で確かめることができたなら、それはまさに政治家の本懐、男子の本懐」と。

聞きながら泣きました。今、どのような思いでその時を待っているのかと・・・胸がつまります。

「西松事件」では煮え湯を飲まされ辞任を余儀なくされ悔しさで一杯でしたが、やはり「政治の神様」は小沢一郎に微笑んだんですね。これからは思いっきり小沢イズムを発揮できる。「数は力」です。一人でも多くの「小沢チルドレン」が誕生しますように・・・

ただ今、たまたま本日(8/30、pm5過ぎ)の衛星放送にchを合わせたら、NHKの大河ドラマ「天地人」は、豊臣秀吉の死去でした。

日本の歴史は、これから新たな局面を迎えました。

何か示唆的です。

民主党に約260年を求めませんが、せめて10年は続けて欲しいナー。

小沢一郎さん、健康に留意され、国民をあなたの思う方向に導いて頂きたい、これ切なる願いです。

★美酒★ 前祝いで飲み始めました

新聞報道300超当選もあリましたが 動物的感覚で世の流れと共に敏感に感じ取っていたのは私だけでないと思っています。
皆さんも取って置きの酒ご用意して快報速報お待ちの事とご推察致します。
私の美酒はこの日の為に密醸造した*どぶろく*です。
ダメデスヨ!! 自家醸造は どぶろく裁判 最高裁で故前田俊彦氏が争ったが 酒税の徴収確保に支障を生ずることが予想されると結審されていますので。果実酒OKはさておいて
税務署に尋ねたがその方法は酒税法にひっかからなでしょうのお墨付きの どぶろく があったのです。
これがまた美味いのなんのって! 
勿論麹菌を使っての醸造です 酵母の細胞壁には抗アレルギー作用免疫機能を高める作用があるよで インフルエンザ流行の兆しもありますが 大変な激戦選挙活動されお疲れの民主党の皆様におすそ分けと思いますが 後惹かれると困りますので まずは仲間同士で前祝いとさせて貰っています。
この日を待ち焦がれ嬉しくて嬉しくてたまりません。
em5467-2こと恵美様へ
秘書不足発生が報じられていますが、小沢さん秘書を足がかりとして来年参議院如何で御座いましょうか、期待申し上げております。

なぜ、東国原知事が出るのか?
この企画の評価が下がります。
反面教師として出すのでしょうか?

ふわふわ | 2009年8月30日 17:33 さんへ

城山三郎さんへの想い(例えば、男の本懐)は、お互い引き継ぎたいですね。

小沢一郎さんに期待、大いに期待!

引用:「少なくともそのスタートを切れることを自分の目で確かめることができたなら、それはまさに政治家の本懐、男子の本懐」と」、私も涙します。

司馬遼太郎によれば、明治時代、男は皆の前でも泣きました。

小沢的生き方に、私も号泣したい、するでしょう。今夜は、、、。

★すき焼き★草坊主様、私は前祝いですき焼きを食べてます(笑)。すでにお風呂にも入り、用意万端であります。
密造のドブロク、いいですねぇ〜。
8時になったら、私は缶ビールをプシュと開けます。

7時すぎたのに映らない、インターネット放送の限界?

>密造のドブロク

マリファナ自慢に今度は犯罪自慢かよw

未だにネット上でこういう犯罪行為を平気で暴露している奴って何なんだろうと思う。

今時こんな犯罪自慢をネットで行えば、それも他人のサイトでやれば、どういう事になるのかわかってないんだろうな、このマリファナで脳がラリってる人は。
サイト炎上とか通報とか知らないんだろうか。

em5467-2こと恵美様
 以前にもあったと記憶していますが、おかしな投稿者が執拗に貴女を攻撃しています。まるで民主党に対する自公両党のネガティブキャンペーンみたいです。おそらく、小沢さん主導の「日本一新」を願って説得力ある論陣をはられる貴女に対する嫉妬でしょう。逆に言えば敵はそれだけ貴女を恐れているわけです。西松事件で小沢さん追い落としを計ったように。名誉ある中傷と考え、無視して下さい。

編集部の方、生放送ぜんぜん映らないのですが、こっちの問題?そちらの問題ですか?

できれば、フォローコメントください。

現在その対処で大あらわ真っ只中でしたらスイマセン。

ちょっと音が割れ気味の感じ。
見てるスタッフさんいたら音声出力関係を出来る範囲でバランス調整してみて下さい。
こっちも長丁場、無理しないでねー

いよいよ南部の鈍牛が立ち上がる時がきた。口下手な岩手県人は賢人でもある事を改めて認識した。大都市中心の論理だけでは世の中は動かない事を教えて頂いた。今まで論陣をはった方々も、郷里やエコに想いを巡らし心の通い合う世の中を目指したら如何だろうか。勝ち負けだけに金切り声をあげているメディアにはあきあきした。

日本の政治の「夜明け」に
「国中の」日本人の良識の凝縮に
乾杯!


恵美さま
豊後の小兵衛さま
ここでご紹介いただいた世川行介さま
そしてすべての皆様
「今宵逢う人みな美しき」です。

田中康夫さん、当選おめでとう!
公明党の冬柴氏が落ちて嬉しい。
笹川、尾見両氏も落選。後何人の自民党の大物が落ちるか...
巷の皆さん、何となく、民主党が勝つかより、自民党の誰が落ちるかを楽しみにしているようです。

民主党おめでとうございます!

最大の功労者小泉元総理に感謝しましょう! 自民党をぶっ壊してくれてありがとう!

ぼけたパソコンなので、やはり動画が見られませんので、携帯TVを見ていますが
民主党、単独過半数ですね。連立ではなく、本当に、本当に、政権交代なんだという実感をひしひしと感じます。
梅光さんほか、熱烈な民主党の支持者の皆さん心からおめでとうございます。
今回比例単独候補ともに、私も民主党に入れましたが、今後は、無党派に戻り、厳しく文句を付けさせて頂きます。
まずは新しい日本の夜明けに乾杯です。

やった!徹底的に勝った!やった!長かった!

これでいじめられずに 人間らしくすごせる! 

まずは民主党候補者にお疲れさまを言いたいです。

これからいろいろ大変だとは思いますが、辛抱見守りつつ、叱咤激励していきたいと思います。

あと、当番組が視聴できないため、朝日ニュースターの選挙特番を中心に見つつ、地上波の選挙特番を見ていましたが、地上波のキャスター、コメンテーターの顔の曲がり様を見ると、誰が自民を応援(癒着)していたかが良く分かり、二度楽しめました。

英二さん
オールドメディアの癒着が疑いなしなら、明日から番組は、民主党の新人議員の、ほめ殺しと誘導尋問によるバッシングの嵐でしょう。よく、よくメディアの監視をしなくてはなりませんね。あしたのミノの番組など本当に危険かもしれませんね。

堀口さま
お久しぶりです。

ご指摘の通り、ミノの番組は危険そうですね。友人の二階氏も当選しましたし。
あと、今、TBSの特番を見ているのですが、この度の自民の得票率に反比例して自民応援メールの掲載が多く、恐らく工作員の方々のご尽力のような気がしますが、それをそのまま流すTBSも何を考えているのかよく分かり、面白いです。

英二さん、こちらこそ、お久しぶりです。

私はせっかく受信料を払っていますから、NHKの味気ない開票速報を見ていました。他の民放を見るより、精神衛生上良さそうなので。TBSも御用メディアの最たるものですが、これだけ大勝しても工作活動をするところが、侮れません。真っ先の改革は記者クラブの廃止でしょうか?有権者も利口になって、メディアを潰すくらい、TVを見ないということも必要になるかもしれませんね。選挙の結果を見れば、草の根活動が出来る程、気骨が有るとは思えませんが、メールをしつこく送るマメさは工作員恐るべしです。

美酒と自棄酒両者の込み酒を飲んでます。なんせ、神奈川県民なもんで(笑)
(なんで、小泉の息子が当選なんだよぉ~~~っ!)

自民党が下野したとはいえ、100議席超とはビックリしました。まだまだ日本人って甘い。甘すぎるでしょう。
もっと、冷徹に、もっと極端に。そうでないと舐められますよ。少なくとも、安倍、小渕や小泉の息子を当選させた選挙区は、自民党に舐められますね。

国民は主人なんです。子分の政治家に舐められちゃいけないんです。何やってんだか…と、ヤケ酒込みの祝い酒になってしまったわけです。

私は、民主党に即効性は期待していません。当面は、実直に仕事をしてくれればいいと思っています。8年スパンで成果を見るつもりでいます。だから、民主党には、8年間緊張感を持って仕事に向かっていただきたいと思います。

堀口さま
昨日夕方、池袋に行きました。
麻生さんが19時15分からの演説だったので、最初、池袋東口に行きました。
ただ、日本国旗を振っている動員と思しき方々が多く、雰囲気になじめなかったので、早々に西口に行き、民主党の演説会場に伺いました。
ここでは対照的に、買い物帰りと思しき方々が多く、鳩山代表演説の時間が近づくにつれ、どんどん聴衆が増えてきたことから、民主党の勢いを肌で感じました。
工作員の方々のエネルギーには脱帽しますが、都内で自民党がポスティングした民主党の非難広告は、新興宗教思しきものであった為、他地域に比べ民主党の圧勝を導いた要因の一つになっているものと思われます。
安易にナショナリズムに火を付ける方法は、行き過ぎると今回の有権者の投票行動にも表れた通り、マイナス方向にしか働かないものだと思います。

英二さま

演説会場で国旗が振られている…異様ですよね。ナニコレ珍百景じゃないんですから。

自民党が「国旗がどうのこうの」と言った時点で、勝負あったという感じです。

なぜなら、民主党のマニフェストをどう読んでも、米国と対等になろうという意思は感じられますが、売国政策であるとは読み取れないからです。

英二さま

演説会場で国旗が振られている…異様ですよね。ナニコレ珍百景じゃないんですから。

自民党が「国旗がどうのこうの」と言った時点で、勝負あったという感じです。

なぜなら、民主党のマニフェストをどう読んでも、米国と対等になろうという意思は感じられますが、売国政策であるとは読み取れないからです。

(なんか重複投稿になりそうdすが、こちらが正当投稿です。)

昨日〜明け方まで、熱い1日となりましたね。
英二さま、匿名さま、Rioさま、皆様お疲れさまです。私は、早々寝てしまいました。
演説会場で日の丸が振られていたんですか。自分たちがナショナリズムにどっぷり浸かっているため、それが選挙戦としては異様な光景であることに気がつかないのでしょうね。
確か、以前ドイツで若者の間でネオナチが吹き荒れたときは、外国人労働者に仕事を奪われた若者が増えた時でしょうか。やはり生活不安が増大すると、一時的に生活苦からの脱却を求めて、安易なナショナリズムに乗る傾向は、人間心理としてあるいのかも知れません。しかし、経済交流の観点からも、国際社会の一員としても、この時代にナショナリズムに走ることが、何ら意味を持たないばかりではなく、かえって国家的損失となることを若い世代には、解く必要が有るでしょうね。日の丸、ネガキャンを見て思ったのですが、ナショナリズムを提唱し事件を吹聴する側が、あまりに幼稚で稚拙なために、多くの一般国民が、この事件が、民主党への単なる言いがかりであることを見抜いたことが、大きかったと思います。
理想論をどんなに説いても、やはり人は基本的な生活が出来るということが一番です。歪んだナショナリズムを横行させないためにも、日本人の未来の生活に道筋がつくように、なんとか頑張りたいものです。
ナショナリズムを煽動した結果、交戦論や過剰な防衛論が出たとしたら、過去の教訓として、そういうことが、多くの一般人を犠牲にし、また、一部の人間は、無傷のまま利益を得るということを、夢忘れてはならないと思います。まあ、そこまで日本人は馬鹿ではないと思いますが。

<M.I.(団塊世代)様>
アドバイス頂き、感謝します。私も気付いていました。ただ、blogのバージョンアップで、初めて投稿する場合は、内容チェックがあるはずと油断していました。
高野さんは、ザ ジャーナル宣言で、出来るだけ本名での投稿を呼びかけていますが、フルネームを明かさないで良かったと思っています。
最近は、被害妄想かも知れませんが、ザ ジャーナル事務局が、わざと個人に対しての人格攻撃者を野放しにして、私自身をこのサイトから追い出そうとしているのではないか?とも疑ってしまう日々です。
以前、親切な方が、事務局に削除を依頼してくれましたが、その後も晒したままでしたから...。

民主党の大勝利おめでとうございます。鳩山さん、小沢さんありがとうございました。小沢党党員の小生は周りの多くの人たちに民主党に投票する様に頑張りました。

勝って驕らず、謙虚に国民とのマニフェストでの約束を守って頂き、次の参議院でも勝利をして頂きたいと思います。

一年生議員の教育もしっかりして頂きたいです。

小生の周りの多くの方が小泉改革に対して怒っていました。また、選挙前での麻生降ろしもマイナスであったと思います。この事はこれから先の民主党政権の運営でも言えると思いますが、例の小沢元代表に対する「愚かな議員」がとった様な発言は厳に謹んで頂きたい。(早めに近藤洋介・小宮山洋子・渡辺周などに注意をして下さい)(玄葉も絶対に閣僚にしない事)

麻生さん・自民党は自分の政策は「責任力」のみで、民主のマニフェストのあら探しと鳩山代表や元小沢代表の政治資金の問題だけを訴えていたのもマイナスでした。自分の政策のない様な党にどうして国民が投票しましょうか?

国民にとって、鳩山代表・小沢元代表の例の問題はどうでも良いことで、それに固執したのは自民とマスゴミのKYでした。

大勝利の民主党にとってのこれかあらの野党は自民党では有りません。国民が与党であり、野党であると思います。一度、一票の力の威力を味わった国民は民主党が自分達の味方「与党」と思っている間は協力してくれるでしょう。逆にマニフェストは守らないとか小泉の様に「こればかのマニフェストは守らなくてもたいした事ない」とか「人生色々、会社もいろいろ、、、」などの人を小バカにした様な態度を取れば、必ずしっぺ返しを食らうと思います。


京セラの稲盛名誉会長の有り難いお言葉「おごることなく、浮かれることなく、国民のために誠実に慎重に政治を行うことが重要だ」と指摘。「日本が本当の民主国家に変わっていけるかどうかは、民主党の双肩にかかっているという自覚を持ち、国民の期待に応えるべき重責を果たしてほしい」を肝に銘じて民主党議員の皆さんは国政に励んで頂きたいです。

恵美様
こんにちは
>ザ ジャーナル事務局が、わざと個人に対しての人格攻撃者を野放しにして、私自身をこのサイトから追い出そうとしているのではないか?とも疑ってしまう日々です。

これは無いと思います。
麻薬のブログのところでの「一市民」さんというハンドルネームの方でしたよね。だいぶ酷いことを書かれておましたが、他でもM.I.(団塊世代)様のように恵美さんを弁護されている方がいましたから、あえて私は弁護のレスは書きませんでしたが。
恵美さまの投稿は、このサイトでも影響力がかなり有ると思いますし、ファンも多いので、反対意見をお持ちの方の攻撃対象になってしまうのかもしれません。
ただ、おそらくこういうところで、個人攻撃する方は、概して何度も投稿されるような方でしょうし、編集としても全て削除できないのかもしれないと、推察します。
匿名とはいえ、やはり個人攻撃は一種の恐怖を感じます。私もyahooで個人攻撃を受けたことが有りますが、それでもここは、管理が行き届いているせいか、yahooや2chのように酷い炎上は有りません。投稿される方達、ロムする方達の良識と編集部を信じても良いかと思います。

em5467-2こと恵美様

 具体的で正直で明瞭できびきびしている、あなたのコメントを読むのを楽しみにしています。雑音は気にせず、いままで通りの自由自在な投稿を期待しています。われらが日本を愛しすべての国民の幸福実現を願って、ここ、THE JOURNALに参集する紳士淑女のみなさんも同じ思いだろうと拝察しています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.