Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 民主党を根幹から変革した小沢流選挙の全貌!
メイン
注目選挙区レポート!【静岡7区】片山さつき×城内実×斉木武志 »

「来た、見た、勝った」 ── <無血革命>一週間前の点描 

二見伸明氏(誇り高き自由人、元衆議院議員)

 落語の楽太郎師匠が「明治以来の権力構造を変える選挙だ。生易しいものではない。皆さんお一人お一人が、一票一票掘り起こしてください。行政に何かしてもらおうという時代ではない。私たちが政治を変え、社会を動かしていく時代なのだ」と熱弁をふるっていた(8月18日正午、東京・江東区の民主党公認候補、東祥三の出陣式)。区会議員たちは、私の問いに「外交問題の専門家が4年間、区民と膝をつきあわせて語り込んできたことを、区民は知っている。本人は生命を賭けている。だから、今日、集まってきた支持者の顔ぶれも顔付きも、4年前とは大違いだ。小選挙区の戦いは真剣勝負だ。『風』をあてにしていない」と、意気軒昂であった。


 その晩、鎌倉で旧友たちとの懇談会があった。話題の中心は選挙である。

「小選挙区制は、個人より政党を重視する選挙で、イギリスでは、党首の識見、人柄、政治力などに信頼があり、それを支える党幹部がしっかりしていれば、候補者は誰でもいい。『ブタでも当選できる』とさえいわれている。日本はそこまで成熟していないので、候補者の人柄や実績も重視されるから、世論調査どおりにはならない」

「新聞記者時代の経験だが、あまり『民主党有利』と書かれると、小泉純一郎の『刺客選挙』の反動もあって、『それじゃ、自民党にも付き合っておくか』という振り子現象もでてくるのではないか」

「それにしても、自民党には総理にふさわしい人材がいない。民主党は、小沢、鳩山、菅、岡田の四人が、がっちりスクラムを組むと、自民党は、歯が立たないだろう」。
「民主党にはミクロのスペシャリスト(狭い分野の専門家)は多いが、広い視野から判断できるマクロのゼネラリストが少ない」

「剛腕・小沢の存在が大きい。小沢流選挙運動が浸透してきて、若手の動きも堅実のようだ」

「公明党はどうなっちゃうのか。党幹部や創価学会の首脳の考えはわからないが、普通の支持者や学会員の考えは民主党の政策に近い」

「支持者には、イラク戦争で、ブッシュ大統領にヨイショして、小泉のお先棒を担いだことへのトラウマがあるようだ。自民党が下野した場合、自公野党連合戦線を組む度胸はないだろう」

「政権担当能力という点では、自民党はゼロだ。民主党には不安もある。しかし、未知なるがゆえに、大化けの期待もある」

「官僚出身者が多いので、公務員制度に十分にメスがいれられるだろうか」

 私たちの結論は「自民党の政治の先は見えている。一度、民主党に、『安保改定50年のアカ落とし』をさせ、『霞ヶ関改革』をやらせてみよう。うまくいかなければ、政界再編だな」であった。

 翌19日午前、東海道線藤沢駅前にある民主党公認、中塚一宏選挙事務所で、旧知の選挙参謀と話しあった。地元有力者と思われる紳士がひっきりなしに訪れ、「町内に配るよ」とマニフェストを持ち帰っていた。「4年前とは全く違います。だからといって、『風』に浮かれているゆとりはない。自民党候補、社民党候補は、知名度のある前議員だ。地べたを這いつくばって一票一票広げる以外に勝つ術はない」と必死だった。事務所の女性運動員も、訪ねてきた人を「単なる支持者ではなく、家族、友人に声をかけてくれる強力な支持者になってもらおう」と、応対に懸命だった。
 20日午後、藤川富雄・土浦市議と茨城県つくば市の労組委員長を訪ねた。彼は「初めて、自分の一票で政治が変わると実感している。組合員も今回の選挙の意義を理解して投票所に行くと思う。公約が直ちに、全て実現出来るとは思っていないが、一つでも二つでも実現し、この選挙で登場する沢山のチルドレンを、小泉チルドレンの二の舞にしないように全力を尽くしてもらいたい。我々は喜んで応援させていただくが、有権者の一人として、厳しく監視もする」と好意的かつ真剣に語ってくれた。

 1993年10月、カナダの下院選挙で、政権政党・進歩保守党は154議席からわずか2議席に激減した。この惨敗の一因に、カナダ保守勢力内にあった反目、対立が指摘されているが、それ以上に、小選挙区制特有の怖さを示していると言えよう。20日付朝日新聞の選挙情勢分析によると、25%の人が、「選挙情勢によっては、投票先を変える」と回答している。「民主優勢」の報道に油断することを「権力の魔性」は舌なめずりしながら、期待しているのではないだろうか。「風」に油断することなく、「風」を利用するしたたかさがあれば、雪崩現象を引き起こして、自民党を壊滅・解体に追い込むことも可能である。勝負は小選挙区だ。

 日本に必要なのは小手先のメンテナンスではない。抜本的なリフォームである。
クレオパトラを射止めたローマの英雄、シーザーではないが「来た、見た、勝った」の報を全世界に発信したい。

<追記>
新型インフルエンザが猛威をふるいはじめた。握手の自粛、消毒液の確保など選挙運動にも影響してきた。投票日まで1週間。新型インフルが大爆発した場合、投票率にマイナスの影響を与えるだろう。マスコミの報道のしかたを注意深く見守る必要がある。また、自民党はこれを奇貨として「新型インフルに万全な対応が出来るのは自民党だ」と宣伝するだろう。民主党も政権交代を意識してか、厚労省からヒアリングをうけている。いずれにせよ、これを政争の具にさせてはならない。

  *  *  *  *  *  *

【プロフィール】 二見伸明(ふたみ・のぶあき)
1935年2月10日生まれ。69年12月の衆院選に初当選し、以後8期23年。小沢一郎、羽田孜、石井一、森喜朗と同期。公明党政策審議委員長、副委員長、運輸大臣を経て、94年、新進党。97年暮の新進党解体により、小沢の自由党結党に参加。総務委員長、国対委員長。2000年春、自由党分裂に際し、小沢と行動を共にする。小沢対羽田の一騎打ちの新進党党首選では「四海波穏やかなときは羽田がベストだが、激動期は小沢の豪腕がベスト」と表明し、小沢の推薦人になる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5372

コメント (10)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

二見様

公明党にも貴方のようなご立派な人がいるとはこの掲示板覗くまでは全く知らなかった。 貴方とは同じ年の暇人。 貴方のご意見は見事だズバリ真実をついている。
益々のご活躍期待しています。

<二見様>
暑い中、動き回られているご様子、ご苦労様です。二見さんが、ご指摘の様に、新型インフルエンザのマスコミ報道には、注意が必要ですね。
だいたい、死者の人数をカウントしている時点で、相当怪しい。今の所、3名がお気の毒にも、亡くなったとの報道ですが、季節性のインフルエンザでも、毎年約1万人が亡くなっていることを考えると、取り立てて報道する意味がどれだけあるのだろうか?
致死率は、とても低いのだから、病院や介護施設などリスクが高い方々を精一杯守る努力するだけでいいはず。一時的に面会を制限したり、スタッフにワクチン接種やタミフル&リレンザを予防薬として投与するだけで重症化は防げるはず。発熱患者は、大病院には決して行かせず、クリニックに任せればいい。最近は、大袈裟な報道に接すると、何か裏があるとピンと来るようになりました。3・3小沢氏秘書逮捕以来、かつてない位、多くの事を学ばせて頂きました。
日本が実はとんでもない国だった事、日本は真の民主主義国ではなかった事、司法が時の権力によって歪められてきた数々の過去...そして今。
長い濃密な時間でしたが、今となっては気付く事ができて良かっと本心から思えます。
あと、一週間、革命的な統治機構の改革のチャンスは、もう目の前、後は、8・30に一票一揆を起こすだけです。

久しぶりの日本は、’きっと選挙で盛り上がって誰しもが政治の話題で口角泡をたて議論して” て、想像していたのがまったく様子が違ったのでびっくり。 
私の友人達もさめた様子で、「まあ、今回は民主党でしょ」くらい。 このJOURNALや、他のサイトで感じていた雰囲気は何だったんだろう。

でもいい。二見さんがおっしゃるように、
<「来た、見た、勝った」の報を全世界に発信したい。>
そうなのです。
世界の人々に私達の国だってちゃんと、民主主義が生きているんだぞって言いたいのです。 これからは、米国に隷属する国ではないぞっていいたいのです。
 口に出さずとも内に熱いものをたぎらせている人はたくさん居るはず。そうでなければJOURNALがこんなに盛り上がるはずもない。 まずは8・30の行方を見守ろう。

< それ みた ことか >

 二見さんのご指摘は何時もながらご尤もと存じます。

 民主党支持の底堅さは、先の小沢氏を潰そうとする策謀事件のとき明らかになっていますが、予断は許せません。
 来週末の投票日辺りの天候は下り坂です。また、新型インフルエンザ感染は、学校始業と相俟って広がることが予想されます。

 ところで、新型インフルエンザの致死率は、オランダ・ユトレヒト大の西浦博研究員(理論疫学)らが19日までにまとめた報告によると、米国とカナダでの流行初期に0.5%程度との推定結果だそうで、これは、季節性インフルエンザの0.1%程度を大幅に上回り、1957~58年に流行したアジア風邪(H2N2型、死者約200万人)と同程度ということだそうです。侮れません。

 あちこちで、次期民主党政権閣僚名簿なるものが流布され、民主党当事者や周辺の民間当事者の、心卑しき関係当事者の心を惑わそうと躍起になっている輩がいるようです。(大笑

 ともかく、未だ何の結果もでていないのですから、当事者の方々も、応援される方々も、残り後一週間、後に< それ みた ことか >と嘲弄されないように、観測報道に阿呆みたいに浮かれることなく、気を緩めずに戦い抜いて欲しいものです。

何が何でも、<無血革命>を実現する。国民のための、国民による政治、これを必ず実現しなければならない。いまこそ、歴史を塗り変える時。その使命感に燃え、国民とともに、国民のための政治を行うんだと国民の心に訴えてください。民主党の議員のみなさま。

鳩山さんの燃える思いに、負けずにがんばって燃えてください。あと一週間です。燃えに燃えて、突き進んでください。国民も、ともについていきます。われわれ国民はその本気度を知りたいのです。本気の燃える思いに、動かされて、われわれはついていくのです。あと一週間です。がんばってください。

楽太郎師匠の東祥三出陣式での応援演説は凄いですね。ズバリ核心を捉えています。ま、師匠は青学大法学部&落研出身ですからね、並みのお笑いとは違います。それにしても東さんには何としても当選して貰いたいです。創価大の大学院を出て国連職員を8年間務めて90年に公明党から政界進出、新進党時代には小沢一郎の理論ブレーンとして小沢流安保論を作り上げた中心人物です。私が昔、小沢と安保論議を交わした時に、小沢が「僕の言っていることは全部、東君が整理してくれたんだ」と言っていたのを今も鮮やかに覚えています。新進党が分解して小沢が自由党を作る時に、二見さんと東さんだけは公明党に復党せずに最後まで小沢に従ったのでした。93年細川政権の羽田外相の外務政務次官、99年自自公政権の河野外相の外務総括政務次官も経験していて、来るべき新政権では小沢外交・路線の担い手になるべき人材です。是非とも議席を得て活躍して頂きたいと思います。

二見さん           あなたは、小沢氏を始め民主党の幹部諸氏の中に、肝胆相照らす同士の方が数多おありであろうと存知ます。そこで、当ブログの趣旨に外れて大変申し訳なく思いますが、私の喫緊の提案をご一考下さればと、誠に勝手ながらお願いする次第です。それは鳩山政権を前提の閣僚に、是非、拉致家族問題担当相という専任の大臣を設けて、北朝鮮に、今度の民主党政権は本気で解決に向けて、貴国と交渉しますという、強固な意志を伝えるのです。よろしくご配慮の程お願いします。 

国民から夢や希望を奪い去ったのが自民党の政治であり、そんな自民党に長期政権を許してきたのが、大人達である。
「もう、自民党は要らない。」そういう大人達の覚悟と行動が、子ども達へ夢や希望を取り戻すことになる。

教科書を何遍も読むより、今回の選挙で「民主主義とはこういうものだ!」と示すことが、大人の責務だ。
躾とか教育とは、そういうものなのだと思う。

1世紀に一度あるかないかの大変革。もしかしたら、教科書に載るくらいの大変革。
そんな一瞬に立ち会える時代に生きた奇跡を無駄にしてはいけない。

棄権なんていう、まだ選挙権を持っていない未成年達に恨まれるようなことだけはすべきではない。
未成年達は、どんなに怒りや苛立ちを抱えていても、結果を大人に託すしかないのだ。
棄権は、未成年達への裏切り行為だ。

「歴史の一証人」だけでは勿体無い。
選挙権を持っている人は、「歴史を動かした一人」になれる権利を持っているのだ。

高野さん

東祥三さんのこと勉強になりました。HPも見てみました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.