Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 海江田万里さんが麻布十番祭りに登場! 18:00ごろから生中継します!!
メイン
注目選挙区レポート!【北海道11区】中川昭一×石川知裕 »

青木理:被害者なき詐欺事件 ── 刑事司法の実態

 さる7月16日、公安調査庁長官や高等検察庁検事長などを歴任した「大物検察OB」に対する一審判決が東京地裁で言い渡された。在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)本部の売買取り引きをめぐり、東京地検特捜部に「詐欺」容疑で逮捕・起訴された緒方重威氏である。

 緒方氏が逮捕されたのは2007年6月のことだった。公安調査庁の元トップが総聯本部の売買に関わるという驚愕の事実に、当時の新聞やテレビには関連報道が溢れ返ったが、あれから早くも2年以上の時が過ぎた。公判で緒方氏側は一貫して無実を訴え続けたものの、東京地裁が言い渡したのは懲役2年10月・執行猶予5年の有罪判決。緒方氏側の主張はまったく受け入れられず、法廷の場で一蹴された形となった。

 しかし、この事件は今なお謎に満ちている。

>>続きは「THE JOURNAL×Infoseekニュース」で

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5362

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

この事件について、私は全く知りません。
安倍政権のとき、総連に対し、かなり強硬なことをやったことは、雑誌などを読んで知っていましたが、この事件もそれに関係することなのでしょうか。

このときの警察庁長官は漆間巌氏のようですね。警察ではなく、東京地裁が捜査。なぜなのでしょう。

>総聯本部をめぐる事件で当時の法務・検察上層部は、時の政治情勢と北朝鮮バッシングのムード漂う世論動向を睨みながら必死で“自己保身”に走り、歪んだ捜査権を平然と振りかざして恥じなかった、というのである。

何とも、恐ろしいことです。まさに、アレなんでは?って思ってしまいます。

緒方重威『公安検察~私はなぜ、朝鮮総連ビル詐欺事件に関与したのか』(講談社)、読んでみます。

この裁判はおかしいところが多々ありますし、何より青木さんが指摘している、被害者のない「詐欺」事件もあるという奇想天外なものを見せています。

僕はこの本「公安検察―私はなぜ、朝鮮総連ビル詐欺事件に関与したのか」を一昨日読み終えたのですが、本当に読み応えのある力作でした。

また緒方さんが、いわゆる「公安的な発想」で総連ビルの売買に関与してところも興味深かったのです。

PS)次の読書は、偶然にも青木さんの「絞首刑」です。

「公安検察」一気に読み終え暗澹たる思いと怒りに震えています。
「法治国家」が聞いて呆れる法務官僚の醜い姿が、これ程強烈に描かれたことがあったでしょうか。
三井環事件のときも痛感したのですが、元検察官が起訴されると、裁判所が公正に裁かないことも不思議というほかありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.