Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 公示日、海江田万里候補の出陣式は大盛り上がり!
メイン
鈴木亘:安易で無責任な「中福祉・中負担」論 »

岡部一明:自治体は市民団体である

 道州制をめぐる議論の中で、高野氏がいろいろなところで「地域主権」の大切さを訴え、その論拠としてヨーロッパで発展してた「補完性・近接性の原理」の考え方を援用されている(http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/08/post_334.html)。それも重要だが、私はさらに一歩踏み込んで、自治体というのはそもそも市民団体なのだという論を展開したいと思う。荒唐無稽に聞こえるかも知れないが、欧米の自治体、さらにアジアの伝統的自治体にその片鱗は見える。私たちはこれまで本当に自治体というものを知っていたか。明治以降の日本の地方制度が見失ってきたまったく別の自治体の可能性を探るのもこの際無益ではない。

 慎重に展開したいが、残念ながら今その余裕がまったくない。しかし、それについて世界の動向を調査した上で書いた拙著『市民団体としての自治体』(御茶の水書房、2009年)がある。そのまえがき部分で私の主張の概要がわかるので、ここにそのまま掲載したい。失礼な発言の仕方であるとは思うが、選挙を前にして議論が深まる中、本サイトでのレベルの高い議論の参考になれば、と思い提起する次第である。

------------------------------------------------

510EIIfC+UL._SL500_AA240_.jpg


 自治体と市民。そう問題を立て人は考えがちである。自治体、それは行政であり、それに対する市民の団体としてNPO(非営利団体)などがあった。
 そう思っていた。しかし、アメリカの自治体を見るうち、その境界があいまいになった。自治体はもともと市民団体ではないか。市民が自治を行うのがそもそも民主主義であった。

 アメリカの自治体は、市民が設立する。その地域の住民が住民投票で「つくろう」と決議して初めて自治体ができる。逆に言うと、住民がつくると決めなければ自治体はない、ということだ。実際、アメリカには自治体のない地域(非法人地域、Unincorporated Area)が面積の大半を占め、約一億人(総人口の三八パーセント)が自治体なしの生活をしている[U. S. Census Bureau, 1997 Census of Government, Volume I Government Organization, 1997, p.IV.]。無自治体地域では、行政サービスは通常、州の下部機関である郡によって提供される。それでも最低のサービスは保証されるが、警察や消防が遠くの街(郡庁所在都市など)から提供されるのは不安だし、地域の発展を直接自分たちでコントロールしたいということで「自治体をつくる住民運動」が生まれ、住民投票を経て自治体が設立される(第一章参照)。

 情報公開、住民投票、陪審制、NPOなどいろいろなアメリカの市民参加制度が日本に紹介されてきたが、長くアメリカに暮らし調査をしてきた私としては、その自治体制度に最も大きな衝撃を受けた。アメリカの自治体はその存立の基本からして市民団体に近い。すでに「ある」のでなくて、市民が自由意志で結成するものなのだ。

 結成した後も、自治体は極めて市民団体的である。例えば市長や市議は通常、ボランティアだ。カリフォルニア州の場合は州法で五万人以下の市なら月給四〇〇ドル以下、三万五〇〇〇人以下なら月給三〇〇ドルなどの報酬額が定められている[California Government Code, Section 36516.]。このような名目的な給料では生活できないから、市長や市議は通常、他の仕事をもっている。市議会など彼らの重要職務は夜遂行される。昼の間、彼らの命の下に市事務局(市行政)を取り仕切る役人のトップがシティーマネジャー(助役と訳されている)だ。ボランティアと言えば、福祉やごみ拾いなどNPO活動をイメージすると思うが、アメリカでは市長や市議からしてまずボランティアなのだ。

 市議の数も通常五人、多くても一〇人程度で少ない。夜開かれる市議会は住民集会のようなもので、市民が自由に参加できるのはもちろん、発言さえできる。アメリカの市議会を見ていると、ほとんどの時間、市民が次々に発言している。その後で市議の間で若干協議して採決をとる。発言する人は、希望を出して順番を待つ。一議題につき一人一回まで発言できる。その街の住民か、アメリカ国籍かどうかさえ問われない。聞いてはいけないと法律に書いてある。日本の市町村議会で発言したことがない人でも、アメリカに行けば市議会で発言できる。連邦、州、自治体の各レベルで制定されている公開会議法(Open Meeting Laws)がこうした市民参加を体系的に保証している[こうした自治体の市民参加制度について、その概要を岡部一明『サンフランシスコ発:社会変革NPO』御茶の水書房、二〇〇〇年、第七章に記した。]。

 自治体は市民がつくるものなので、中にはかなり小さい自治体もある。アメリカの自治体約三万六〇〇〇の半分が人口一〇〇〇人以下だ。一〇〇人以下の自治体も三〇〇〇以上ある。何と人口一〇人以下の自治体も一〇〇程度ある(第一章3)。小さくたって、市長、市議はボランティアだし、有給職員もほとんどゼロだから費用もかからない。街への愛着は深まって公園づくりから緑化まで、ボランティアが活発に活動する。

 また、アメリカの自治体(Local Government)には通常の市や町以外に特別区(Special District)がある。これは日本の特別区とは違って、単一サービス型の自治体だ。有名なのは日本の教育委員会にあたる学校区だが、その他水道区、下水道区、大気汚染監視区、潅漑区、高速地下鉄区、蚊駆除区、商店街街灯管理区、電力区、その他いろいろある。必ずしも市や町の下部組織ではない。複数の市町村で運営する一部事務組合でもない。トップが独自に公選され、領域も独自に持つ独立した自治体だ。領域が市町村とほぼ同じ場合もあるが、それとはおよそ異なって線引きされている場合もある。協同組合を考えるとわかりやすい。例えばある地域で安価な生活物資を調達するため消費生協を設立する。同じように、例えば一定地域で水道サービスを提供するために、住民が水道区自治体を設立する。協同組合と違うのは、領域をもつことと全員加盟制になること、会費を税金として払うことだ。理事などの役員を住民(加盟員)選べるし、その会議は住民参加で行なわれる(第二章1)。

 「自治体は領域をもった全員加盟制のNPOである」という認識を、アメリカで調査するうち私はもつようになった。そこで見聞する自治体は、それまで「行政」としかとらえていなかった日本の自治体と大きく異なるものだった。私たちは本当に「自治体」を知っていたか。「地方自治は民主主義の学校」と言われるが、なるほど自治体は、このようなものであってこそ初めて学校になるのか、と目から鱗の体験だった。そして、自治体がこういうものであるなら、その先にある「国」だって本当はどうなのか。

 その後、ヨーロッパなどアメリカ以外の諸国の自治体制度を調べる機会があった。当初、アメリカの自治体は特別と思っていたが、他の国にも多かれ少なかれ、似たような市民的自治体制度が存在していた。例えばドイツには一万六〇〇〇の自治体があり自治体当たり平均人口は五〇〇〇人(日本は一八〇〇自治体、平均人口六万七〇〇〇人)。フランスには二〇〇年以上前のフランス革命以来あまり変らぬコミューンが三万六〇〇〇も残り、イタリアにも八〇〇〇のコミューニがある。市町村合併を活発に進めた英国でも、基層にあるパリッシュと呼ばれる草の根自治体はむしろ強化される傾向にある。アメリカと同様、無給で働くドイツの市議会議員が、市議をボランティアにする理由を聞かれて「政治のプロではなく、普通の仕事をしている市民がその考えを議会にもってくることが大切だ。」と言っていたのが印象に残る(第五章2)。

 確かに東アジアには、何千年にも及ぶ専制国家の歴史があって、自治制度は弱かったかも知れない。しかし、そういう東アジア諸国でも歴史をさかのぼると、専制支配は村の表層までで、その下には豊かな村人たちの自治の営みが続いていたことを最近の諸研究は明らかにしつつある(第七章)。欧米の事例を研究して、その後で自分の持ち場である「日本」を振り返る、というのが普通のやり方かも知れない。しかし、ここで私は敢えて「東アジアに返る」という手法を選んだ。私たちの文化的基礎に返る場合、国境に縛られた国内にこだわる必要はない。自治を東アジア的な伝統の中でとらえ返し、そこから日本を含めたこの地域の自治の可能性を考えるという手法にこだわった。

 本書はこうした世界のあちこちで築かれ機能してきた自治の姿をたどり、「市民団体としての自治体」の可能性を検証した試みである。私たちが通常考える「自治体」とはまったく別の自治体がありえるのではないか。そもそも自治体とは何であったのか。政府とは何か。それを考える中で今後の市民社会ガバンナンスを模索する。進行する市町村合併など日本の現状に直接には触れていないが、もちろん問題意識の原点はそこにある。世界各地で試みられる住民自治の可能性を探り、私たちの伝統の中にも埋もれる自治を振り返りながら、今日の私たちの課題を考える。


【プロフィール】岡部一明(おかべ・かずあき)

愛知東邦大学経営学部地域ビジネス学科教授。NPO論や自治体論、市民社会のガバンナンスについて研究している。1950年栃木県生まれ。若い頃から世界を旅し、1979年カ リフォルニア大学自然資源保全科卒業後、日本に帰り環境シンクタンク勤務、フリージャーナリスト、日米のNPO勤務など。1992年から再びサンフランシスコに移り、現地のNPOやコンピュータ事情を調査し、日本にレポートする。2001年4月より愛知東邦大学でNPO論、インターネット社会論などを教えています。2009年4月より現職。

ホームページ:http://www5d.biglobe.ne.jp/~okabe/


 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5344

コメント (4)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

日本人が子供扱いされ、国際貢献の場で「フリーライダー」が嫌われる背景がここにある。
米国人の倫理観や価値観がイコール世界標準ではないが、それは日本人についても言えることだ。

岡部先生の前書抜粋を読ませて頂き,ベイエリア,ペニンシュラの付け根付近の,過っては果樹園であった長閑な住宅地で過ごした四半世紀昔の数年を懐かしく想い返しました。時期になるや,道路脇の草原にメイヤー候補者やシェリフ候補者の名札がパラパラと並びました。メイヤーは家庭の主婦らしき方が務めるのが極自然のことの様で,夕刻,ご自宅で市会が催されると言う公示等も目にしました。日系かと想われる名前等に,しばしば,出会うは何よりも心楽しいことでもありました。
小生,是まで,中央集権の弊を延べ,地勢的地域毎の自治圏の復活を提唱して来ましたが,背景にはこの時期の経験も色濃く有る事は否めません。
退職帰郷,既に古稀を過ぎ,記憶も定かならねども,幼少の折を思うに付け,過っての集落の内には今では想像も付かぬほどに自律自治の気概が満ちて居たと断言できます。言う人は其れを封建制度の名残と切捨て来たことが今日の地域崩壊を招いたと言っても過言ではあるまい。
主権は国民一人一人にあることにて,国家,地域,地方主権等と論ずる諸賢の理解を疑わざるを得ません。其の点,先生の主張には大いに勇気付けられました。唯一,
先生の書に市民団体とあるを,せめて,住民,若しくわ,地域住民団体と改められん事を願う者です。
市民と言う概念はこれまた,曲者とはお考えになられませんか。
早くから自治意識に強く目覚めた集団であることは認めますが,都市部に在って他を見下して己の権益を主張した集団で在ったことも事実では有るまいか。

SHOW 子・隠滅 〇 共犯幇助◎ 税 R


失 踪 を もくろむ 軽視 腸 ◎ 不治3軽

イイジマ 裏犯罪(:35) ◎ 利犬サークル

いずれ I am sorry 濃い毛 ◎ 百合子


  小泉純一郎 NO 再婚阻止

 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.