Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 本日12日(水)16:30〜麻生vs鳩山のガチンコ党首討論
メイン
宮台真司:「まかせる政治」から「引き受ける政治」へ »

鈴木亘:社会保障分野の民主党・自民党マニュフェストを考える

■民主党・自民党マニュフェストを比較する
 
 遅れていた自民党のマニュフェストがようやく公表され、民主党、自民党、その他各党のマニュフェストが出揃った。既に、新聞やテレビではマニュフェスト比較が行なわれ、各党とも盛んにお互いのマニュフェストを批判し合っているところである。このうち、今回の衆院選のメインテーマの一つである社会保障分野について、民主党と自民党はそれぞれどのようなマニュフェストをつくり、どのように評価できるのだろうか。考えてみたい。

 まず、両党のマニュフェストの特徴を見てゆこう。民主党のマニュフェストの目玉はなんといっても、子ども一人当たり月額2万6千円という「子ども手当て」である。出産一時金55万円への増額を含め、5.5兆円の財源を必要とするとしている。また、介護人材不足対策についても、介護報酬を7%引き上げ、ヘルパー給与を月額4万円増額するとしており、かなり思い切った内容である。

>>続きは「THE JOURNAL×Infoseekニュース」で

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5330

コメント (27)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 まず両党とも、地方分権に大きくかかわりのある市区町村の意見を聞くことや調べること殆どしていないまま、掲げられたと思われる。道州制については、民主党は掲げておらず、自民党がやけに先走っている感がする。多分 日本経団連の意向にそつて掲げられたと思われる。全国町村会は道州制を導入するなと両党に強く申し入れしている。
 彼等は「地域主権型道州制」(著者 江口克彦、発行所 PHP研究所)をバイブルというか鵜呑みにして 書いているのかも知れない。
 もう一つ 彼等は知事会のみの意見斟酌して書いているのかもしれない。
 とにんく「調査なくして発言権なし」である。
 町村会が なぜ道州制に反対し、大都市が「特別市制、都市州」を志向しているのか 自民、民主 両党とも 調べるべきと思われる。

<また、マニフェストですか?>
今回の選挙のテーマは、今の自公政権の元での生活がいいのか?
それとも民主党の元での生活がいいのか?の選択であって、それ以上でも、それ以下でもない。
自民党のマニフェストと比較してどうするのでしょう。自民党のマニフェストなど空手形です。4年前の自民党のマニフェストは、郵政民営化こそ、改革の本丸として位置づけ、郵政が民営化すれば、景気が良くなり、生活も楽になり、社会補償も充実し、日米外交も良くなるという、とてつもなく胡散臭いものでした。
でも、今回、有識者が口々に検証・検証といっている民主党のマニフェストみたいに問題提起されませんでした。
自民党は、どんなにいい事をいっても信用できない。それは、この4年間の実績を見れば明らかです。
だいたい、実績を見ずして民主党と同じスタートラインで、マニフェストを比較しましょう。など、盗っ人猛々しい。片方は、大ぼら吹きだと分かっていて、今度は嘘をついているとは限らないので、皆さんもう一度検討してみませんか?などと、鈴木さんは何故書き込まれたのでしょう。不思議でなりません。

首都・阪神は除外=高速無料化で「修正」-民主幹事長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまた愚かな発言。一言多いんです、岡田さんは。細かい事は政権を取ってからで良いんです。

ブレル様な発言は百害有って一理無しです。

TBSのNews23で6党の党首討論を取り上げていたが、麻生総理の「安心」「活力」 「責任」を取り上げていたが、ちょっとおかしいのでは、、、。政権交代が何故直ぐそこまで来ているかという事を考えれば、今までの自民政治が「不安」「非活力」「無責任」を造り出して来た事に多くの国民が怒っているからです。(私もその一人です。もともとは自民党員でした。今は小沢党です。)その反省も無しに、野党になるための準備の様な民主党攻撃には呆れてしまいます。TBSは麻生さんの勝利の様な発言で、恐らく都合の良いところばかりを選んで放送しているものと思います。

自公政権によって多くの国民の精神的にも肉体的にもズタズタにしてきた傷跡(ショウセキ)を麻生さんはしっかりと見つめ直し、まず国民にお詫びしてから、また前回のマニフェストのデタラメも謝ってから、国民に必ず出来ると思われる政権公約をして下さい。マニフェストと言わないで、、、。

こんばんわ。

どうにも今の政権では、人生の泥沼から抜け出せない。

そんな人たちの中に、民主のマニュフェストが人生の希望になっている人もいます。

「公約なんて実現できなくてもいい」なんて小泉さんは言いました。

しかし、マニュフェストに上げたからには、民主党には命がけで実現してほしいです。

民主のマニュフェストが一つでも実現されれば、人生に希望を持っていける人がいることを忘れないでほしいです。

政治家がのたまう選挙公約の文言に、食傷気味になっていましたが
マニフェストが初めて出てきたとき横文字のハイカラさに感心したもので
ございます。しかし大衆誘導のハッタリ屋・小泉が30兆円の公約を
守らなくてもたいした事ではないとゆう始めた時、マニフェストは自民党に
とって対外的には選挙用の美辞麗句を並べながら議員商品を、ではなくて
自民を売らんがための口先だけのキャッチコピーになり下がったと思う。 
民主を含め外野で長い間、政治の貧困を痛感してきた野党のマニフェストには
真摯な真面目さを感じましたが、自公にとっては政権党の基盤が
揺るがない程度の国民眼くらましのリップサービスに過ぎなかった。国民は
飽きもせず長期に自公のアホな政権を許してきた。当然自民党内の老害政治家の
仕切りは進取の・国民の為の改革などマニフェストに採用する訳がありません。

政権交代後の民主の子供手当ての約束が実現し、国民の多くが拍手する時初めて
マニフェストが本物の評価を受けると思う。政策の実現可能の途中半ばで
ばら撒き云々の横槍を入れる馬鹿げた誹謗中傷が気に入らない、要は政権交代で
可能になる国民に歓迎される政策が実現することに意味があると思います。
小泉が、安部が、福田が、アホウ失礼麻生が大衆国民の為に、利すること
得することが一つでもあったのか? アホウが選挙演説で政策をゆう前に何を
国民のためにやってきたか具体的に並べて欲しいものです。
気骨のある一言居士のトップであれば、政権の外野に居る野党のマニフェストに
左右されず国を活況に導くオリジナルの>膏薬を示して欲しいものです。
馬鹿に限って自説を展開する前に、相手の揚げ足だけを取りたがる貧困さが
目に付きます。
政権の頂点にただただ執着した人間模様の浅ましさと、だみ声と顔の筋肉が
萎縮した麻生の場合それが目立ってしまう。

エコカーのキャンペーンで限定車が爆発的に売れ、高速道路低額下で走り回る
国民の正直な順応性を見せられると、内需を喚起する一番の近道は広く国民が
歓迎する政策を実現するのが最良なのかと思ってしまいます。
少なくとも官僚や族議員の限られた集団に税金が横流れするよりは、
ましかいな?と思うのですが余りに長すぎた自公政治だったのでしょう。

 またまたおかしな事を言いましたネ。

””「政権を取れば4年間、解散せずにやっていく」。民主党の岡田克也幹事長は13日夜、都内で開かれた若者らとの座談会で、こう明言した。
 もっとも、政権交代を果たしても首相に就くのは鳩山由紀夫代表で、発言は「鳩山首相」の専権事項に触れかねない。終了後、岡田氏は記者団に「ちょっとわたしも失言してしまった」と認めた上で、「われわれの政策をしっかりやるには1年や2年ではできない」と「失言」の真意を説明していた。”” 

直ぐ訂正をされましたが、解散権は幹事長でなく、総理にあると言うのに、、、。困りました。
あの時、鳩山さんで無く、岡田さんが代表になっていたかと思うとゾッとします。

未だに、新聞では反小沢グループがなりやら選挙後の党の態勢について画策していると報じられています。ネガティブチャンペーンでしょうが、東京6区・静岡6区の方などは特にご注意下さい。

「山形2区の近藤何がし」も未だに愚かなホームページを削除無しに掲載している。まだ、民主党公認ですか?  誰か他の候補は居ませんか? 重複で戻らないように比例重複には絶対しないで下さい。山形県民ではありませんが、日本国民です。

<梅光様>
私は、昨日、鳩山代表にメールをしました。
まるで、政権をとったがごとく、幹部が政権運営について話をするのは、百害あって一利なしだと・・・。幹部同士の会議の内容は完オフにすべきなのです。
私が、憤っているのは、廃止するとしていた事務次官会議の復活が報道されたからです。
一部幹部に霞ヶ関からの手が入っているのは、確実でしょう。

>認可保育所、特に公立保育所は著しい高コスト構造となっており、無駄をカットする余地は大きい。

既得権益を維持したままの再配分ということは与党の考えと一緒ですね。


既得権益を引き剥がしたうえで再配分を行うのが民主党政権です。

 またまたおかしな事を言いましたネ。

””「政権を取れば4年間、解散せずにやっていく」。民主党の岡田克也幹事長は13日夜、都内で開かれた若者らとの座談会で、こう明言した。
 もっとも、政権交代を果たしても首相に就くのは鳩山由紀夫代表で、発言は「鳩山首相」の専権事項に触れかねない。終了後、岡田氏は記者団に「ちょっとわたしも失言してしまった」と認めた上で、「われわれの政策をしっかりやるには1年や2年ではできない」と「失言」の真意を説明していた。”” 

直ぐ訂正をされましたが、解散権は幹事長でなく、総理にあると言うのに、、、。困りました。
あの時、鳩山さんで無く、岡田さんが代表になっていたかと思うとゾッとします。

未だに、新聞では反小沢グループがなりやら選挙後の党の態勢について画策していると報じられています。ネガティブチャンペーンでしょうが、東京6区・静岡6区の方などは特にご注意下さい。

「山形2区の近藤何がし」も未だに愚かなホームページを削除無しに掲載している。まだ、民主党公認ですか?  誰か他の候補は居ませんか? 重複で戻らないように比例重複には絶対しないで下さい。山形県民ではありませんが、日本国民です。

「総論賛成、各論反対」
組織の中で調整役をした経験がある方なら誰しも表題の様な現象に遭遇したことがあると思います。特に、新しい事柄を始めるときにはそうです。岡田氏と鳩山氏はこのような経験がないのでしょうかと疑問に思います。
 何度も同じ内容で恐縮ですが、自民党のお歴々は総論しかいいません。世論というものをよく理解されているのです。各論に踏み込めば反対意見がうじゃうじゃ出てくるということを。民主党は国立追悼施設建設だのなんだのと各論ばかり。このまま選挙戦に突入すれば、各論反対包囲網ができあがることは必定です。
 さすがに4年前大敗しただけのことはあります。いつ、どこで、誰に、何を、どのように伝えるべきか。リーダーの基本をもう一度勉強されたらどうでしょうか。

マニフェストを掲げての選挙自体は前にも書いたのですが支持します。問題はそのマニフェストが、その政権の任期後に評価できるものを出しての選挙戦になれば問題ないのです。
今回、自民党の出したお約束?
◎平成29年に道州制
◎平成27年までに国家公務員8万人削減
◎10年後に衆参3割議員を削減
◎10年で家庭の手取り100万円
◎平成32年までに2000万人外国人観光客を目指す。
全て4年後に評価仕様の無い無責任な約束です。これ全て公約とはいえません。

財源にしても人の党を貶す以上に酷い内容ですよね。天下りはもう無いのだという主張をしている首相ですから。

http://www.genron-npo.net/library_politics/000116.html

マニフェストは政権を獲ったことの無い民主党が政権交代後の未来図を見せようとした手段として導入し自民党も対抗して今のマニフェスト合戦が当たり前になりました。しかしルールが不明確である為に、民主党支持者から必要なしの声が上がるのです。

言ってみれば戦うリングに上がる際、自民党は空手形という武器を持ち、素手で戦った民主に勝った。判定を下すジャッジには、何処をポイントにするのかを決めずに!だから判定しにくいし責任も取らない。

そして今回の選挙でも同じく空手形を翳している。レフリーはちゃんと武器を取り上げて戦わせる。勝った政権のは、期後にきちっと判定をしてもらい責任を取らせる。

これは理想論で、与党が呑む筈はない。マスコミも面白おかしく報道し、今の不条理はそのまま。マニフェストは要らない。そうかもしれませんね。今のままなら・・・

自民党は、民主党に対して「財源は?」と訊きまくっていますが、財源は税金等に決まっています。あまりにも幼稚な質問を繰り返す自民党には、民主党も半ば呆れているでしょう。
民主党は、限られた財源であることはふまえた上で、その「配分=やりくり」を工夫するんだと言っているのに、自民党は、配分の中身や配分率を批判するのではなく、馬鹿の一つ覚えみたいに「財源は?」と訊くばかりです。

今まで自民党がやってきたのは、生活費や医療費を削り、足りない分は借金をして高級車を買うという、やりくりとは到底呼べない、優先順位がグチャグチャな「手口」です。
「養育費が足りないから、高級車を買うのは止めて普及車にし、差額分を養育費に充てよう。」とか、「今年は医療費がかかりそうだから、テレビを買い替えるのは来年にしよう。」といった、優先順位をふまえてやりくりをするという発想がないのです。高級車も医療費も生活費も同レベルにして「みんな必要だ。」と考えてしまうか、むしろ逆に、家族の命よりも世間体を優先して、医療費を削って高級車を買っていたのです。

限られた財源を適性の配分するという、与党の責任を果たさず、官僚の言われるがままに無駄遣いを許してきた政党、又、(官僚から出される資料を見るだけで自ら調べないからなのか、)未だに何が無駄遣いなのか判っていない政党、それが自民党なのです。

自民党と民主党、選挙にあたり、この2つの政党のどちらかに清き一票を入れるとして、その選択の判断材料は、

自民党については
 これまで、なにをやってきたの
 かを
民社党については
 これから何をしようとしている のかを

考えるのが、マットウなことではないでしょうか。

マニフェスト同士をくらべるのは、ナンセンスというものです。

マスコミは、重箱の隅をつつくよ
うに、民主党のマニフェストをとりあげてくれていますが、
一方、この4年間自民党が何をしてきたかを取り上げようとしません。
これは、片手落ちというものです。
マスコミがとりあげてくれないのなら、有権者一人ひとりが、しっかり、自公政権のしたことを思いだして、選挙の臨みましょう。

小泉政権が声高に叫んだ改革は、
なにをもたらしたか。
一億中流とまでいわれていたこの国を、ほんの数年でアメリカに次ぐ貧困大国にしたこと。
数百年をかけ、人類が営々と養ってきた「社会保障」というものを、ほんの数年で、中世に戻るかのようにズタズタにすることができるのを、目の当たりに示してくれたこと。
そして、郵政民営化の言葉の裏に忍ばせていた深く恐ろしい闇。
積み上げた800兆円の財政赤地。
母子加算を切り捨て、老人を病院から追い出したこと。介護保険の最初の目的、「介護の社会化」をくつがえしたこと。
小泉政権後では、施政方針演説の次の日に政権をほうりだした安部氏、そして、福田氏麻生氏と、国民の信も問わずに3人の首相の首をすげたえたこと。
そして、麻生氏におよんでは、就任当初から、「解散して、国民に信を問う」と大上段に文芸春秋に寄稿しながら、支持率の低さに脅え、経済危機を口実に、解散の勇気もないままに、だらだら正当性のない内閣を10ヶ月も延命させた。この政権の私物化により、わが国が、こうむった被害は、はりしれない。正当性のない内閣は、小泉政権にけじめをつけることも出来ず、、この経済危機に、まともな対策を打つこともできず、先進国のなかで、最も激しい経済の落ち込みをもたらし、10ヶ月でわが国をGDP2位から18位まで落とした。
麻生氏は、4度の予算を組んだことを功績としてあげているが、
その内容は既得権益者と官僚組織に、貴重な国民の税金を効果測定もないまま、注ぎ込むという代物であった。
そして、解散後のドタバタ劇。
東国原までかつぎだす醜態で、党はバラバラ,もはや政党ともいえない内実を国民にさらした。

ざっとかぞえあげても、これだけの失政。

麻生さんの言う「責任力」という言葉の馬鹿馬鹿しさ。
「責任という言葉は、あんたには、言われたくない。言わせない。」
と思っています。

財源は何処から・・・右も左も財源論をのたまうがそもそも金は何処から
出て来るのでしょうか? 政治で三流の後進国に追い込まれた今、無駄にする
金は一万円たりともないのが不況の現在だと思います。
自公で積み上げてきた負の遺産・とりわけ自民から財源論をシャーシャーと
対選挙用語でオーム返しに度々聞かされるとハラワタが煮えくり返る。

国家の財政・・・特別会計・一般会計の詳細は知りません。
国家の総予算が各省庁の積み上げ式とか言われているところがよく解らん。
会計学のプロでもないので疑問は単純ですが個人が生活するのに
給料の収入があって諸々の生活費のトータルの出費がある。
出費が重なれば節約に努め辛うじて僅かな貯蓄があれば取り崩しながら
正常に生きる為の収支を月単位で納めていく。

積み上げの予算とは官僚が決めた事業計画に基づき必要予算を作成する。
官僚が自在にコントロールできる税金の再配分は、お上感覚があらゆる箇所で
顔を出す。国民へのペイバックではなく配分で恵んだという霞ヶ関の論理が
先行する。優先順位を敢えて付けると属する省庁の予算確保が前提であり組織と
自らの余禄となる天下り生活・人件費のかさ上げに恣意的な知恵を絞ることが
見え見えである。省庁の何処までが必要事業なのか皆目わからず何処までが
省庁任せなのか税金はあぶく銭なのかてんで解らん。

一般会計で一軒家をローンで購入したのはよいが、生活をエンジョイする為、
ベンツが欲しい・庭にうちっ放しの設備ゴルフケージが欲しい・
女房のためにBMWのセカンドカーが欲しい・夏の暑さと冬の寒さを避ける為
完璧な住居設備を追加しよう・・・
などと我が家の贅沢出費を特別会計から捻出する。
余分な金がある訳でもなく積み上げ贅沢項目を実行する為、
銀行と消費者金融を利用することになった。オーバーした出費は先送りしながら
支払い元利が増えようが子孫に負の遺産にして残すことにした。
身分不相応の特別会計は便利なものと都合のよい解釈ができます。

わが家庭には未来の50年の大計もなく借金だけが見事に増えました。
特別会計の金額が増えるにつれて我が身のあさはかさを知ることになりました。
対外的には詐欺的借入の方法だけはマスターしました。税金のように使いたい
放題の収入源がある訳でもなく、国際間の、ではなく個人付き合いや人的信用が
地に落ちたことは明確にわかりました。
結論的には人並みに生活する為には、入るものと出るものを帳尻が合わなければ
いけないことを痛感しました。特別会計は素人解釈に近い麻薬のような・・・
   
勝手気ままな積み上げ予算は身を滅ぼす実体のない借金だと学習しました。
入って来る金に一般も特別もないのだが国民を眼くらましするため
積み上げの項目を限りなく意味不明・複雑にすればいい訳です。
国家予算を隅から隅まで把握している政治家もいなければ官僚もいないとゆう。
詳細が解からず50年先の未来へどのように進んで行くのでしょうか?
どなたかご教示お願い致します。
何処まで現実を把握しているのか自信もありませんが
国家の財政がマイナスに膨れるばかりだというのに、官僚が天下る、
世襲の黒会議員の誕生が簡単に許され、弱者にあてがうべき国家予算が減る政策、
どないなっているのか疑問符ばかりです。

政権交代は必要 善です。

<em5467-2こと恵美様へ>
まぁ、そうカリカリなさいますな。(政権交代前夜の緊迫感は私も強く共有しているつもりですが…)
<鈴木亘様>の今回の論術は、貴姉のお考えとそれほど隔たりがあるとは私には思えませんが、いかがでしょう?また、民主党政権が政策を実行していくうえで、かなり建設的・有効的と思われる貴重なご提言もいくつか見られる…と私は受け止めました。

岡田幹事長については、よろしく叱咤のほどお願いいたします。私も民主党に「グチ・メール」してみましょう。

<hal2001様>
皮肉たっぷりのレスありがとうございます。
お言葉ですが、私はカリカリして書き込みをしている訳ではありません。
不毛なマニフェスト比較にウンザリして書き込みをしました。
なお、私は、時々、民主党のサイトや鳩山代表に自身の意見を投稿していますが、支持者としては、当然の事です。その為の意見投稿欄でしょう。それを、グチと感じる方もいるのだと初めて教えて頂きました。ありがとうございます。

BB 様に賛成です。

小生も4年前の悪夢が思い出されます。余りにも説明のし過ぎです。もっと総論だけを強調し、自民党やマスゴミの誘いに乗らない様にしなければ、タモの近くまで引き寄せて、大きな魚を釣り落としてしまいます。後から、こんなに大きな魚だったと両手で大きさを示しても、誰も信用してくれません。

em5467-2こと恵美様の投稿に毎回感激し、勉強させられております。

私も民主党議員の皆さんが勇み足をしないかといつもハラハラドキドキしています。

特に岡田さんの発言にはびっくりしたり、怒ったりしています。彼を持ち上げる愚かなサークル

的な人間が多い事が心配です。いつまたテレビの前で得意になって、「愚かな発言」を東京6

区・静岡6区・山形2区の方の様にしないか心配します。愚かな発言がマスゴミによって誇張

され、今度は鳩山代表の脚を引っ張らないかと、、、。

民主党支持者がそんな候補者を落としたくても比例で民主党と書くことによって、復活当選し

てしまい、民主党の支持者の気持ちを無にする事になりますから、、、。

この国の進路を決めるのに,老人の意見が反映されやすい選挙の仕組みのままにしているのが,最もおかしいのではと思います。そして,政治家が,老人に軸足を置いた政治活動が,政治的には合理的な行動であり,若者や子供に目を向けることが勇気のいる行動だという評価のままでは,この国の未来は真っ暗でしょう。
子供にも1票分の選挙権を与え,親がその子供の代理として,子供の将来を託せる政治家に投票できるようにすべきだと思います。そうすれば子育て世代に軸足を移すことが票につながり政治的に合理的行動になるでしょう。
また,公職選挙法も改正して,インターネットやコンビニで選挙活動や投票ができるようにすべきでしょう。老人が不利になるからという反論が出そうですが,今までが不当に有利だったのではないでしょうか。
民主党に政権が移ったら,子ども手当てが絵に描いた餅にならないように,是非,そうしていただきたいと思います。

<梅光様>
レス有難うございます。本当に困ったものです。選挙もまだなのに解散時期まで、代表でもない人がいい放つとは...。はぁ〜。溜息しかでません。本人は軽い失言としか思っていないようで、それもまた、困ったもんで...はぁ〜。
今回、民主党及び民主党支持者が学ぶとしたら、自民党の総裁選に際しては、自民党のサイトや各メディアへ「安倍元総理がいい」と一斉に発信する事です。俺って、やっぱり人気がある!と思わせ、調子に乗せてもう一度総裁にすれば、自民党は壊滅的なダメージを被るでしょう。
敵が仕掛けてきた「なんちゃって人気者作戦」、次からは利用しない手はありません。

時持人様

私も、選挙の際に、労害を苦々しく感じることが多々あります。

豊富な人生経験を生かして、国を思って投票していただければ良いのですが、どうも、「おらが村の村長」を選ぶ感覚で国会議員選挙に臨んでいる感じを受けるのです。小選挙区制だと、この傾向が顕著で、特に、過疎地と呼ばれるような地域で目立つ気がします。

そんな老人達の姿勢を目の当たりにしたら、地元の良識のなさに失望し、地元への誇りや愛着も感じなくなった若者が出て行きたくなるのも当たり前です。むしろ、こんな汚らわしいエゴと欲の塊の老人達から、一刻も早く離れたいとさえ思うかも知れません。

理想に燃える若者ほど、こんな超ローカル感覚老人が増え続け、相対的に、理想と夢を託す若者の一票の重さが低下している母国に失望するでしょう。そして、選挙への関心も低くなるでしょうから、投票率が低迷するのも当たり前かと思います。

でも、今回は大きなチャンスですから、若者には奮起してもらって、理想と夢を込めた一票を投じてもらいたいです。

時持人@19850726131431 様

「若者や子供に目を向けることが勇気のいる行動だという評価のままでは,この国の未来は真っ暗でしょう。
子供にも1票分の選挙権を与え,親がその子供の代理として,子供の将来を託せる政治家に投票できるようにすべきだと思いす。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一部賛成ですが、今の様な教育とマスコミの報道姿勢(くだらない番組が多すぎる)では、選挙民がマスゴミに誘導されたり、恰も芸能人の人気投票の様な感覚で第二・第三の森田健作や横山ノック・そのまんま東の様な者を当選させてしまいます。また、政治家も単に若者受けを狙って、ポピュリズムに走り、とんでもない日本になってしまうのでは無いでしょうか?


もちろん、若者や子供に目を向ける事は必要ですね。次の世代を担う若者・子供たちの為に、今度の子育て支援・高等学校の授業料の無料化には大賛成です。これは何がなんでも実行して頂きたい。

配偶者控除の廃止などと同次元で論ずるべきでは無いと思います。下手な説明はする必要はないですね。

時持人@19850726131431 様

「若者や子供に目を向けることが勇気のいる行動だという評価のままでは,この国の未来は真っ暗でしょう。
子供にも1票分の選挙権を与え,親がその子供の代理として,子供の将来を託せる政治家に投票できるようにすべきだと思いす。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一部賛成ですが、今の様な教育とマスコミの報道姿勢(くだらない番組が多すぎる)では、選挙民がマスゴミに誘導されたり、恰も芸能人の人気投票の様な感覚で第二・第三の森田健作や横山ノック・そのまんま東の様な者を当選させてしまいます。また、政治家も単に若者受けを狙って、ポピュリズムに走り、とんでもない日本になってしまうのでは無いでしょうか?


もちろん、若者や子供に目を向ける事は必要ですね。次の世代を担う若者・子供たちの為に、今度の子育て支援・高等学校の授業料の無料化には大賛成です。これは何がなんでも実行して頂きたい。

配偶者控除の廃止などと同次元で論ずるべきでは無いと思います。下手な説明はする必要はないですね。

黙殺も知恵のうち。政権交代後にやるべき事が山積みで楽しみが多すぎて
ついつい一人で勝手にあらぬ想像で期待感がつのりますが?・・・
官僚事務次官の会議総て継続・検察官僚の人事は従来通り・政権交代が
あろうが霞ヶ関の構造は一夜にして変わることはありません。とゆうべし。

などといろいろ一括りにして具体的な革命的?改革案は政権奪取後まで細かい
具体的な細部の政策は未公開で温存していたほうがよい。
あくまで官僚は自民・民主の何れの側かを色分けせず中庸であることを示して
いたほうがよい。とゆうべし。個別的官僚への敵対は早計でしょう。
政権をとる前から、政変後変わるべき組織についてゆうのは寓の骨頂です。
読者が申しておりましたが >選挙時に口上するのは>総論で十分です。

たいへん賛成であります。各論に言及しすぎると国民にとっても残り少ない
選挙期間を考慮すると伝わりにくいでしょう。
政権を取るとすべてが情報開示から始まります。裏取引の情報がオープンになり、
緻密な仕事と時間にも追われると思いますが、官僚の自公に擦り寄っていた事実関係、
関係した官僚が明確にできるようになるでしょう。 その時点で脳天気官僚を
淘汰・降格してもけして遅くはありません。
じっくりと確実に官僚主導の政治をリニューアルすることを期待します。
民主党が政権を担当した時初めてスタートがきれます。
政権交代前は大筋の大儀を、政権交代後は国民から喝采を受ける具体的な
政策実現を望みます。

給付付き税額控除はとんでもないですよ。気楽なパートになんで無条件で給付しないといけないんですか。

社員は納税、パートは給付??
社員のほうが仕事大変なのに不公平です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.