Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 神保哲生:検証・民主党政権で日本はどう変わるのか!<第3回>再分配の優しさと国民総背番号制の冷たさを併せ持つ民主党のフェアネス政策
メイン
世論調査では民主が圧倒 政権交代への期待ゆるがず »

クリントン元大統領が北朝鮮に入国 金正日と会談か

 日・米・中・韓の主要メディアは、米国のクリントン元大統領が4日、北朝鮮に拘束されている女性記者2名の恩赦を求め、北朝鮮に入国したと報じた。記者は3月17日に中朝国境付近で身柄を拘束され、北朝鮮での裁判で労働教化12年の判決を受けていた。

 また、日経新聞によると、クリントン元大統領の訪朝中には金正日総書記との会談の可能性もあるという。クリントン元大統領は、オバマ大統領の特使的役割を果たし、冷却化していた米朝関係をここで一気に好転させる狙いがあるものと思われる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5320

この一覧は、次のエントリーを参照しています: クリントン元大統領が北朝鮮に入国 金正日と会談か:

» 【クリ坊】米政府の尻舐めを続けたら我が国は全世界から莫迦にされるだけだ【上チョソ電撃訪問】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 横田めぐみさんを初めとする無辜の多くの日本人を不法に誘拐拉致し、国家ぐるみで麻薬や偽札作りを行っている地球上最悪の犯罪国家上チョソを巡る6カ国協議に関し... [詳しくはこちら]

» 北朝鮮を語る・・・・ 送信元 九州男児的北京交流部
「キムジョンイルが行けないって言ってるんだから!」道端で大きな声が聞こえた。制服姿の中一くらいの男の子4人が暑さでダレた感じで道端に座りこんだまま北朝鮮に... [詳しくはこちら]

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

よい結果となることを心より願っています。
そして、これをよい機会に、両国の対話がなされ、平和的な解決が果たされていくことを強く願っています。

クリントン夫妻の意志力、行動力には学ぶ所多しと思います。国益と友愛人道的思想との線引きと両立を、与えられた役割の中で見事にこなしているように見えます。さて今回の元大統領の行動が北朝鮮側に、また各国にどのような影響を与えるか。注視していきたい。

北朝鮮のお向かいの某国は、遠吠えばかりするだけで、何も具体的な解決方法を見つけようとしてないのじゃないですか?
拉致被害者は多いのに。

路傍の石様の言われるとおりです。小泉依頼、家族会等がアメリカにブッシュを訪問、韓国にもアップローチ、当事者達の真剣さをよそに、あれから日本は何をやってきたのですか?安倍、福田、麻生。政治家は家族会のブルーのバッチ付けてるだけで何かアップローチして来たのでしょうか?日本の政治家は他国頼み、小泉が直接乗り込んで5人とその家族を奪還したのに、その後政治家は誰一人拉致問題の解決に努力しているとは思えない。対話もなくて客観的な事実で制裁ばかり他国と組んでやっている。核問題と拉致問題をゴッチャにして結局6ヶ国会議で拉致問題を取り上げてもらっていない。麻生も小泉並みの折衝をすれば支持率も上がるに下がる事しかしない。
アメリカは人権問題は人権問題としてキチッと遣っているのに日本の政治家は情け無い。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.