Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

Recent Comments

« 注目選挙区レポート!【北海道11区】中川昭一×石川知裕
メイン
民主党を根幹から変革した小沢流選挙の全貌! »

注目選挙区レポート!【長崎2区】久間章生×福田衣里子

election2009_kyuma_hukuda.jpg

 初代防衛大臣に就任しながらも「原爆投下はしょうがない」発言でその席をはずさざるをえなくなった自民党久間章生(きゅうま・ふみお)氏が、次は9期連続当選の「指定席」までも失いつつある。その相手となるのが薬害肝炎訴訟九州原告団の元原告団代表で民主党から出馬した福田衣里子(ふくだ・えりこ)氏だ。

 地元選挙区では特に目立った選挙活動をしていなかった久間氏が危機感を覚えたのは前回の郵政選挙のこと。選挙時となると他候補の応援に励むのが常であったが、2005年総選挙では2位の民主党候補に約35,000票差に迫られ戦略を修正した。8月18日の事務所開きのあいさつでは諫早湾干拓事業などの実績を地元民の前で強調し、これまでの楽勝ムードとは一転して地元での演説に力を入れている。

■態勢整い本番ムード 長崎2区 久間氏が事務所開き(西日本新聞)
■久間氏「出陣式で14年ぶり演説」=負けられないと福田氏−長崎2区(時事ドットコム)

 民主福田氏は薬害肝炎訴訟での体験をもとに官僚主導の中央集権型政治を批判し、地元県長崎から政権交代をうったえる。昨年9月の出馬表明以降、民主党の鳩山代表や小沢前代表など幹部クラスが次々と同選挙区に入っており、この地区の勝利の価値の大きさと絶対に落とすまいという意気込みがうかがえる。

■「政権交代の象徴」 自民・民主総力戦(MSN産経ニュース)

 これまで自民久間氏の支えだった医師連盟諫早支部が推薦をとりやめるなど組織票に動きが出ている。「新人並み」と自嘲する地元での選挙活動がどこまで支持者を広げるか。はたまた"姫の虎退治"ならぬ"エリのクマ退治"となるか。勝敗の行方や、いかに!?

■医の自民離れ 押し戻す「旧世代」(asahi.com)

line_gray.jpg

 他の注目選挙区もまだまだ取り上げますので、読者の皆様、特に"地元選挙区の方々"からのリアルな情報をお待ちしております。

 候補者の選挙活動に遭遇されたら、是非「写メ」等をinfo@the-journal.jp宛に送ってくいださい。(下のQRコードを携帯のバーコードリーダーで読み込んでいただくと、簡単にアドレス登録できます)

election_qr.jpg

可能な限り掲載させていただきます!(写真には説明も付けていただけるとなお嬉しいです)

line_gray.jpg

長崎2区(島原市、諫早市他)の立候補予定者
久間 章生 68 元防衛相  自現
福田衣里子 28 党支部代表 民新
相浦喜代子 44 元諫早市議 無新
山崎 寿郎 29 元会社員  無新
柴田 愛  35 幸福の科学職員  無新

line_gray.jpg

過去の選挙結果(右端の数値は、全投票数に占める得票の割合)

○2005年第44回衆議院議員選挙
有権者数:338,744人 投票者数: 229,077人 投票率:67.63% 

久間章生(きゅうま・ふみお、自民)123,234 ── 57.80% 当選
大久保潔重 (おおくぼ・ゆきしげ、民主)88,472 ── 38.62%
渕瀬栄子(ふちせ・えいこ、共産)13,088 ── 5.71%

○2003年第43回衆議院議員選挙
有権者数:337,035人 投票者数:201,826人 投票率:59.88%

久間章生(きゅうま・ふみお、自民)126,705 ── 62.78% 当選
熊江雅子(くまえ・のりこ、社民)50,772 ── 25.16%
石丸完治 (いしまる・かんじ、共産)16,235 ── 8.04%

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5369

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 注目選挙区レポート!【長崎2区】久間章生×福田衣里子:

» 長崎2区民主党福田衣里子は「品性卑しい女」 送信元 風流庵
【ganjii解説】 衆院選長崎2区民主党福田衣里子(28歳)は、自分に対する薬剤投与を医師に要請した[ 自己責任 ]も、治療のおかげで全快した[ 薬利の... [詳しくはこちら]

コメント (19)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

スタッフのみなさーん
タイトルが
【長崎2区】久間章生×石川知裕
となってますよ。

お詫び

タイトルを修正いたしました。
ご迷惑おかけしたことお詫び申し上げます。

ご指摘くださいました まろ様 ありがとうございました。

この選挙区は、今回の選挙での象徴的な選挙区となっています。
原爆を認める生命無視の政治、限りある命を守る政治、過去の実績など吹き飛ぶ重い選択の選挙を長崎では繰り広げられているのだろう。

長崎からは遙かに遠いところにいるが、生命の輝きを具現した福田候補の健闘を祈る。

思えば、昨年のこの福田恵衣里子さんの擁立から小沢さんの衆議院選挙での勝利の方程式が始まったんですね。

さすが小沢さん、勝てる素晴らしい候補を擁立したとものだと感心しました。そのころからこの選挙区にはずっと注目していました。

小沢さんのアドバイスを忠実に守り精力的に活動してきた様子に声援をおくってきました。彼女の言葉は人を動かす力があると思います。


ぜひ長崎2区で勝ち上がって、強い者はますます強く、弱い者はますます弱くする政治を変えてほしいものです。

こんばんは(いま22日pm4:31頃です)

久間さんもブッシュ批判なんかやって、
自民党の中では結構、好感もってたんですが・・・。
でも、今回は「命の輝き」を具現化している福田エリ子さんに
勝ってもらわなければならないでしょう。

新しい次元の政治がはじまるのだから。

田中美絵子VS森元総理
福田エリ子VS久間元防衛大臣
永江孝子VS塩崎官房長官

この3地区で、民主党の女性新人候補が勝ったら、
歴史は変わると思ってます。

<頑張れ衣里子>
残念ながら、東京に住む私には、福田候補の演説を生で聞く事はかないません。しかし、テレビで、演説を見ただけでも、何かハートに突き刺さる。彼女の覚悟が、全身から滲み出ている。それは、小さい頃から理不尽と懸命に戦ってきた彼女ならではの発信力があるからなのだろう。
ぜひ、勝ち上がって山井議員とともに厚生労働省に入り込み、国際標準の薬の認可が十年遅れで、一方、薬害が報告されても薬の回収に二の足を踏む厚生労働省を変えてください。きっと、自民党の厚労族とは全く違う立ち位置の専門家になれると確信しています。

福田衣里子さんを TV で見る度に、何故か永瀬清子の詩を想う自分が居ます。
戦後間もなくの詩なので、シチュエーションは違えども、どうにもこの詩と彼女がダブります。

『美しい国』 昭和23年 永瀬清子

はばかることなく思念(おもい)を

私らは語ってよいのですって。

美しいものを美しいと

私らはほめてよいのですって。

失ったものへの悲しみを

心のままに涙ながしてよいのですって。

   敵とよぶものはなくなりました。

   醜(しう)というものも恩人でした。

   私らは語りましょう語りましょう手をとりあって

   そしてよい事で心をみたしましょう。

ああ長い長い凍えでした。

涙も外へは出ませんでした。

心をだんだん暖めましょう

夕ぐれで星が一つづつみつかるやうに

感謝と云う言葉さへ

今やっとみつけました

   私をすなおにするために

   貴方のやさしいほほえみが要り

   貴方のためには私のが、

ああ夜ふけて空がだんだんにぎやかになるように

瞳はしずかにかがやきあいましょう

よい想いで空をみたしましょう

心のうちにきらめく星空をもちましょう


私も遠い空の下から、彼女を応援しています。

正直言って、諫早湾干拓って犯罪に近いものだと思ってました。この方が主犯?
大手メーカーの談合にも関わってたと聞きました。でも危うくなった時入院してた様な気が...長崎の皆さんは何を持ってしてこのヒトを選んできたんだろう...不思議。今回女性刺客?が送り込まれたところのウソツキナタヌキオヤジ達がみんないなくなりますように。。日本がキレイになりますように。。。
コワいから匿名ですぅ。

<福田衣里子>様へ。
不肖オッチャンは、あなたが肝炎薬害訴訟原告団のお一人として登場してきて以来の、大ファンです。前記<LEE>様の応援歌を拝読し、思わず涙してしまう自分に我ながら驚いている次第です。
小沢のオッチャンが どのようにあなたを説得したのかは知る由もありませんが、おそらく、多くの方が評価…というよりは「共感」なさっている、あなたの「真情と誠実さ」の深さ・偽りのなさにこれからの政治家としての大きな可能性を海千山千の小沢氏が感じられたからなのではないでしょうか…。

衣里子様、あなたは必ず勝てます!
不肖私の「ヤマカン予測」では以下の通りです。
久間おじ様の得票率は、長期低落傾向です。前回の衆院選「郵政民営化選挙」でも投票率が約8%上がったにも拘わらず得票率は約5%落ちています。その後の参院選でも全県一区とはいえ、自公サイドは民主党に競り負けています。で、その間の有権者のトレンドの変化は、単なるムーディーな「風」ではありません。前記<トクメイ>様の仰るように「諫早湾 干拓」が地域の自公政権への不信感の源で致命的な結果をもたらそうとしていると言えるでしょう。
そんなわけで、久間おじ様の得票率は、個人レベルで-7%…自公政権レベルで-10%…計-17%。従って久間おじ様の得票率は41%~42%ということになります。
従って、衣里子様は、只管ご自身の主張を訴えて「投票率」を上げることに専心なさればいい。投票率が65%を超えれば、必ず勝てます!
衣里子様が接戦を勝ち抜いて、新しいタイプの政治家として自らを磨き、大成なさることを切望いたします。
長崎2区の皆様!どうか応援してください!

「姫刺客」という言葉に違和感を持っています。彼女たちは堂々たる候補者です。立候補前にも社会活動に参加しており、見識も高い彼女たちに「姫」という名称は不適当であるし、「刺客」などという権力者によって放たれた道具のような響きは不当表現であります。いくらマスコミの受け狙いとはいえ、このような表現が堂々とまかり通る日本の言論界の見識を疑ってしまいます。
 さて、私の周りでは30代前半の女性が元気です。彼女たちは新しいことにチャレンジする度胸があります。しかも困難に立ち向かう勇気もある。すでに多くの職場で女性が重要な地位を占めていますが、国政の場でも彼女たちが輝くことを期待しております。
 私の選挙区にこのような女性候補がいないのが本当に残念です。

<福田さん頑張れ!>
 私は長崎でないので投票は出来ませんが、是非とも勝たせたい。貴方が、”肝炎訴訟”のなかで、福田首相に投げつけた、”みくびるな!”と言う言葉がとても印象に残っています。この怒りの言葉は、今の国民の気持ちを代弁しています。
 「原爆は落とされても仕方なかった」、「諫早湾の干潟がギロチンで死んでも仕方がない」、本当に”みくびるな!”ですよ。
 九州女の意地ででも勝って下さい。

久間章生さん、初代防衛大臣に就任しながらも「原爆投下はしょうがない」と発言したことを国民は忘れません。

基本的に自民支持派なんですが、福田さんを応援します。
久間さんは人間として問題がありすぎです。

よぉ~し!この調子だ!!
http://senkyo.kakaricho.jp/district278.html
口癖の「しょうがない…」を言わせてやれ!
「落ちてもしょうがない…」と!!

今の政治は政権交代でもかまわないかも
そうなると長崎県は最西北の地
にあるため取り残されてしまうぞ。大物は欠かせないのに。
お飾りでは、どうにもならないからだ。もう少し学んで出馬すべきだっだと思う。マスに踊らされる県民。かなしいね。

福田衣里子さんの演説は福田衣里子さんのHPで見ることができます。
http://eriko-fukuda.com/

演説がすばらしい・・・そして何より美しい・・・・
当選して良い政治家になってください。
ちなみに私は長崎県民ではありません。

注目選挙区として全国ニュースに数分取り上げられた中の、わずか数秒か、せいぜい十数秒ばかりの遊説映像で、自分でも信じられぬほどに強く胸を打たれ、自然に涙がこみ上げてくるのを抑えられませんでした。信念と覚悟を持って語られる言葉は、これほどまでに力を持つ。選挙区が違うため私の一票を投ずることは叶いませんが、心から当選を願っています。

うっかりして書き忘れましたが、全て福田さんのことです。心から応援しています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.