Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

Recent Comments

« 山崎養世:高速道路無料化論への批判に答えよう
メイン
注目選挙区レポート!【愛媛1区】塩崎恭久×永江孝子 »

【17:30ごろから演説生中継】小泉純一郎が登場!

【現在再放送中!】19:00〜

*  *  *  *  *

koizumi090826.jpg

報道関係者は見あたらず、独占状態での撮影となりました。

taira090826.jpg

taira_chirashi1.jpg

taira_chirashi2.jpg

応援にかけつけた支持者の方々と丁寧に握手をする平将明(たいら・まさあき、自民党)候補。

shimokawa090826.jpg

shimokawa_chirashi1.jpg

shimokawa_chirashi2.jpg

連日、"お決まり"のような流れになってしまいましたが、また、JR「蒲田」駅前で下川きくえ(しもかわ・きくえ、幸福実現党)候補の街頭演説に遭遇し、少し話をうかがいました。

*  *  *  *  *

【追記】 18:35

生中継は終了しました。

ご視聴ありがとうございましたm(_ _)m

*  *  *  *  *


 本日、小泉純一郎元首相が激戦となっている東京4区に駆けつけ、応援演説を行います!

 いまや麻生首相とともに激しい逆風を受けている小泉氏は、有権者に向かって何を訴えるのでしょうか・・

 編集部では本日も現場に駆け付け、演説会の模様を生中継します。ぜひご覧ください!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5400

コメント (17)

4区在住です。さっきからチルドレンの選挙カーが廻っています。
18日には民主党の候補の応援に駅前に菅さんが応援にいらしたので聞きに行ってきました。
ネットで当たると有名な人の予想では民主が当選なのですが、そうなることを祈って一昨日期日前投票をしました。小泉の顔をわざわざ見に行く気にもなりませんので、ここでの中継を待っています。

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 小泉さんが 喋るとのこと 又 あの絶叫調。ワンフレーズで がなるのでであろうか。
 小泉さん 国民新党の綿貫さんと
 公開討論でもされれば 自民党わみなおすのでいすが。
 竹中平蔵氏と、国民新党 下地氏または社民党 保坂氏と対論し 小泉さが行司役となれば 面白いと思いますが。そんなこと言っても「蟷螂の斧む「糠に釘」かも知れませんが。

ほとんど言い訳でしたね。
小泉さんの言っている「消費税を上げないと所得税も上げられない、法人税も上げられない!」
何で??
どうしてそういう事になるのか訳が分からん???

ですが、語るに落ちるとはこの事です。
結局、自民党の言う『消費税を含む税の抜本的改正』ってこの前したように消費税を上げてその分所得税と法人税を下げるって事なんですね。

経団連は「消費税率を上げるべきだ」と叫ぶけど、消費税を『蔵出し税方式』にして『輸出品の還付は無し』と言う仕組みに変えたとしても同じ事を言うのか聞いてみたいもんですね。
これだけ国に借金があるのだからいずれは消費税率を上げないといけないだろう事は覚悟していますが、国民が感じているのは「今のままの世の中で消費税を上げられてはタマラン!」ただそれだけなんですけどね、分かってないようです。

小泉さんが盛んに言っていた「マジック・・・」は本当にあり得るのかも知れないと思った。日銀の地下室に聖徳太子が積まれているとか、政権交代に隠し切れなかった隠退財宝が
見つかる・・・なんて妄想してしまいました。

自民党を壊した張本人

「政権交代は止む終えない」と小泉氏は言う。そんな男に自民党議員がよくもまあ応援演説を頼むもんだ。

「そんな事、お前に言われたくない。誰のせいでこんな悲惨な状態になったのか分かっているのか」と小泉氏に反発する骨のある議員が自民党にいないのか。

だから「未熟な民主党」にしてやられる。

あいかわらず話がうまい。
郵政選挙の時の怒りを思い出しました。

>勝ちすぎ
自公は2/3議席を持っていながら、何をしたか。

>特殊法人
分かっているなら、なぜ改革しなかったのか。

>財政
消費税は食料品と生活必需品を非課税にした上で増税。
所得税は基礎控除額を増額した上で増税。
法人税は最低保証賃金を増額した上で減税。
あるいは
従来の社会保障制度の抜本的見直しとともに、負の所得税を導入する。
なぜ、そういう話にならないのか。

8月30日は17時で締め切る投票所がありますのでお近くの投票所の閉所時間に注意してください。
自公の悪あがきです。要注意。みんなに知らせてください。

消費税という税金は納付は企業が行い負担は全額個人がするというおもしろい税金です。一銭も負担しない企業の団体である経団連が消費税を上げろというのはおかしいですよね。、

コンビだった竹中氏は、07年から人材派遣大手パソナの特別顧問を務めていたそうですが、このたび、任期1年ながらパソナの取締役会長に就任したそうですよ。

小泉氏、この人は、間違いなく売国者なのではないだろうか?
このような演説ビデオ、とても不愉快に感じてしまう。
私は、新政権の下で必ずや竹中氏と共に「証人喚問」を受ける羽目になると信じている。
韓国などでもそうだが、国民の意思にて政権が変わるときにはトップの犯罪や不正疑惑などが白日の下に晒されるケースが多い。

幸福実現党の大減税と防衛費の増額(でなければ防衛力増強は見込めないはずだが)の主張の開きはマンガみたいだ。
自民党はこんな党にケツを持ってもらわなければならないほどおちぶれ果てたのか。
にしても30年までに3億人の人口増加って・・・・。
創価公明が随分マトモに思えるから不思議だ。

現在のような日本にしたのはすべて自民党が与党のとき.
まーそれを選んだのは国民なのですが.
すべての諸悪の根源を公務員のせいにしているのですか?
そのトップに4年以上もいたのがあなた!!小泉ですよ.万年与党にいたのもあなたです.
すべて自分および自民党には何にもできませんといっているようなものです.
まだまだやることがあるのなら引退するのはチャンチャラおかしい.さらに世襲なんて...
こんなヒトに応援演説を頼むなんてこの候補にも将来性はないですね.
聴衆を魅了する話術には長けているようですが,これも電通のレクチャーのおかげですね.

この期に及んで、未だに「小泉」ですか。
小泉の化けの皮は、とっくに剥がれて、国民の目には正体が露になっているというのに…笑っちゃいますね。

<こういう弁舌を業界では的屋節といいます。>
流石、オジイサマの血筋(沖仲仕の手配師・的屋の元締め・クリカラモンモン)の面目躍如って感じ…。言わば夜店の口上ですよ。
まぁ、こんなもんにコロッと騙された過半の有権者も(勿論見抜いていた方々も多数いらっしゃったんですが)恣意的にバックアップしたマスメディアも情けないって言えば情けない世も末現象。しかし、これ以降大半のマスメディアは視聴者・購読者の信用を失い、今や青息吐息…ってのも一つの厳しい現実。ところが、この因果関係に顛として気付かないマスメディアの当事者意識の欠落は、殆んど絶望的或いは奇跡的ともいえる「厚顔無恥無知」の依存症状態。

脳味噌レベルで比較すれば、麻生ボタヤマ王子様より小泉横須賀プレスリー様はややマシではありますが、それでも、日本国民成人の平均レベルにオッツカッツと断言してもよいでしょう。日本国民成人の約半数は「地盤・看板・鞄」が有りさえすればれば、総理大臣になれる可能性があるってことになります。
小泉氏の政治家としての致命的な欠陥は真の意味の「インテリジェンス」の欠落…が言い過ぎだとすれば浅薄です。理念(知性)と想念(感性)を自己矛盾を乗り越えて一つの「形」に統合化していく作業が真の意味の「インテリジェンス」だと不肖私は思っています。その視点から述べますと、小泉氏がもしそうした「インテリジェンス」をお持ちだったら、自らの構造改革論をどこがどうしてどうなったかを論理的に解説出来る筈であり…「道路公団民営化」や「郵政民営化」についても現状と未来展望を説明できる筈であり…二男氏の世襲出馬についても何らかの釈明は出来る筈である…ってオイラは思うんですけどねぇ。(まぁ、竹中氏に関しては語るに落ちたって感じで当面は「無視」です。)
で、何で不肖私が、小泉氏の脳味噌レベルやインテリジェンスについて「悪しざまに」言えるのかってことになるんですが、不肖私は学部と期は異なりますが同窓です。ですから、私が仮に2チャンネル風に「低能未熟大学・呆学部・劣等生」…といくつかの根拠に基づいて書いても構わないんじゃないかと思うんですが?(残念ながら、もう一人、中川秀直様がいらっしゃいました。この方は同期です。)

もう一点だけ…
安倍元祖KYボクちゃん氏以来の「投げ出し」政権っていいますが、もともと後難を恐れて投げ出したのは「小泉横須賀プレスリー氏」ですよ?

B層で感じること・・・・

食い物でB級は聞いたことがあるが政治世界でB層と例えられると嫌な気分になる。
平たくゆうとB層とは風評に流されやすい、自己判断を持ち合わせていない、政治に無関心で政治への判断能力がないとゆうことでしょうか。馬鹿な国民とゆうことでしょうか。貴方はB層かいな?
政治が官僚と既得権益者の政治家に引っ張られているのか、正確で多くの具体性なことは知りませんが、官僚に代表される税金で生活が成立っている面々が、一般の国民よりは比較にならない位、高所得の収入があり安定した生活基盤を持ちながら、さらに天下りに寄生するのが気にいらない。ましてやその仕組みに歯止めをかけない無策の政治家の振る舞いがさらに許しがたい。税金の配分と高尚にのたまうが、一党長期単独政権は官僚のやりたい放題、そして一部の政治家の私的蓄財の棲み分けを生み出し、巧妙な仕組みになっちょると想像できる。
   
国会議員がいつの間にか特別の先生の代名詞はもらい、遠方の田舎県の出身でありながら東京の一等地で居宅を構える。 久方ぶりの衆議院選で自民党の苦戦が言われると、 先祖帰りではないが自民議員があたふたと田舎に帰り、白々しく握手を重ねるのを目にすると、B層感覚で?腹がたつ。 これ見よがしに盆踊りに招からず客でありながら、作り笑いを浮かべ強引に入って来るさまに嫌悪感が走る。小選挙区は豚インフルエンザを気にせず大衆多数と接触し、手を握る回数と顔の筋肉が硬直する笑いの押し売りの回数かと、思ってしまいます。  落選するとただの人と言われて、国の行く末を論じる職業政治家のプロフェショナルの矜持もなく、当選するのに手段を選ばない、終の就職先を求める哀れさを感じます。  選挙カーの演説合戦も古い時代の流れに見えて来ました。

やがて訪れるネット時代の選挙を前にして、まだ辻立ち演説のほうが、地域住民主権と候補者個人の存在の接点に立ち返り?誠意ある人間模様を表現しているのでしょう。 下品な想像になりますが下手すれば辻立ちも、金掘るオカマのタスキ掛けの人間の模様に近いと空想する?  暑い真夏日、老害にではなくて老体には勝てず後援会頼みの集会所廻りに体力を有効的に使うのが賢明かもしれない。 辻立ちの若い世代に勝てずやがて訪れる世代交代に田舎出身の・ご老体の・東京住まいの・高齢者の輩・既得権益者の生き延び戦略・利益誘導型の・俗議員は政権交代後の国会でどのように生きていくのでしょうか。

この際200・250・300・350・と数字は拡大しても自公が野に下ってしまえば政権交代の大儀が見えます。民主政権下で児童手当がばら撒きで再配分されようが気にならない。
自公政治で見えなかった政治の裏側・・・・似非の正義と裏金が幾重にも絡み合った裏社会を天日干しにして欲しいのです。B層が喝采できる事実が初めて出てくるのを大いに期待いたします。新政権と新規の会計検査局の採用による信用回復、組織改め検察による悪事と不明経理の天日干しの成果を月単位で出して欲しいものです。 官僚と政治家への再チェックを実行するのが当然である。魔女狩りといわれようが一向に気にすることはない。悪事は刈り取るのが当然で、あらゆる階層に関係なく国民大衆は政治の浄化を期待します。 
贅沢な財源が表に出せなければ最低限度の少しでも浄化する政治の動きだけは見たいものです。


小泉選挙で一票を投じた責任がないとは言わない。長い間反自民で社会党を支持していたのだが生活観に不自由さを感じていた訳でもなかった。 殆んど変化のない政治の閉塞状態に飽き飽きしていた。自民党をぶっ壊す、絶叫する小泉に詐欺的に扇動され変化があればと思い選択した一人である。時期を待つというタイムスパンが俄かに世界の彼方から勝手に訪れた。世界同時不況が中流以上と解釈していたわが家の生活財政を直撃した。政治的に小泉の政治が理解できない間に 森・小泉詐欺空間・安部・福田・アホウ・と訳わからず自民政治が続き しばらく政治から遠のいた。
民主の風が吹いた。革命的だろうがなかろうが変化が始まった。生活に窮々としていた中で大きな変化である。民主で生活の余裕変化が直ぐに出るとはけして思わないが、自公を政権からダイナミックに追い出したのは事実です。5年後後かも知れないが我が生活観もきっと小規模ながら変化するでしょう。 そうあって欲しい。変化がないのは辛すぎます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.