Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

Recent Comments

« 注目選挙区レポート!【東京12区】太田昭宏×青木愛
メイン
鈴木亘:社会保障分野の民主党・自民党マニュフェストを考える »

本日12日(水)16:30〜麻生vs鳩山のガチンコ党首討論

touron080912.jpg

m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m

通信不可でした...。

後日、ダイジェストで掲載予定です。

──────────────────────────────

現在、会場にて通信環境を確保していますが、配信できるほどの通信環境を得るのはたいへん難しい状況にあります。

誠に恐縮ではございますが、4時30分になってもこのページで放送が開始されない場合は、

http://allatanys.jp/

...で生中継が行われておりますので、こちらでご覧ください。

何卒よろしくお願いいたします。

──────────────────────────────

麻生太郎首相と鳩山由紀夫民主党代表による一対一のガチンコ党首討論が、12日に都内のホテルで開催されます。

そこで、《THE JOURNAL》では総選挙の帰趨を決定する可能性のあるこの討論会を生中継します!

・・・とはいうものの、当日になってみないと通信環境などの詳細が把握できず、どうしても中継が不可能な場合は録画放送に切り替える可能性もあります。

その際はあしからずご了承くださいませm(__)m

討論会の生放送は、12日(水)の16:30〜18:00にこのページで実施する予定です。

みなさん、ぜひご覧ください!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5328

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 本日12日(水)16:30〜麻生vs鳩山のガチンコ党首討論:

» 【総選挙】罵倒するばかりで最低限の礼すら尽くさぬアホウ太郎に為政者たる資格無し【党首討論】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 昨年行われた米大統領選。あのときオバマ現大統領と共和党のマケイン候補はサシで3回のTV討論を戦った!  その結果、TV討論に勝利を収めたオバマ氏が政権の... [詳しくはこちら]

コメント (120)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

麻生総理が民主党の弱点を突いてくることは間違いないと思うので、鳩山代表にはしっかり理論武装すると同時に、900兆円に及ぶ膨大な借金の責任をしっかり追及してほしい。

消費税を上げるよりお金の使い方を見直し変えることがはるかに重要であることをしっかり説明してほしい。

消費税を上げてもお金の使い方を変えない限り、借金は絶対に減らない。

生中継は楽しみにしています。

民主党は、マニフェストなどについて何か言われたりすると、即対応しているなという印象があります。書いてないことやよく考えたら説明が足りなかったとかいろいろあるかもしれませんが、慌てて応酬するより、よくよく検討してからでも遅くないと思います、、その方が安心感があります。なにか間違っていたとかあったとしても、謙虚に対応されることにより、受け入れられるとも思うのですが、、、甘いかな...?

都議会の早速の混迷を見ていると、民主党が野党の場合は、ぶつかりながらももう少し議論の姿勢があったのに、自公には与党はおろかまともな野党としても期待できない。

民主党単独、もしくは協力野党も含めて3分の2は獲得して、退陣してもらいたい。

日経BPnetに大前研一氏のマニフェストが発表された。
様々な意見があることを知ることは無駄ではないだろう。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090811/173831/

相手の誘導に乗らず、はぐらかして民主党の、否、鳩山代表個人の友愛の哲学を述べるべし。日本語もまともに読めぬ男に21世紀の今後を語る資格なし。それに膨大な借金を重ねた男だ!

 本日の党首討論楽しみにしています。鳩山代表の討論を見ていて思うことは、暑くなり過ぎるきらいがあるように見受けることです。相手は、人間としてのレベルが並み以下の品性下劣なボンボン政治屋です。理念が聞きたくとも、その持ち合わせすらない議員で、早く言えば国政の場には不要な、税金食い潰しの怠け者です。アソーの役目は民主の政策にケチをつけ、大衆の意識に誤魔化しの理屈をスリ込み、選挙での負け幅を小さくすることのみでしかありません。まともに相手にする必要はありません。鳩山代表は粛々と、友愛の理念と、民主が目指すこの国の未来の理想を説くべきです。

ダイヤモンドオンラインが慶応義塾大学片山善博教授へのインタビューを掲載
民主党の地方分権策を評価
どこかの知事に言われたくらいでオロオロするようではだめだ。しっかりしなさい。

http://diamond.jp/series/dol_report/10014/

頑張って、田中美絵子さん!
日本の今の政治を変えないと、日本が沈没するよ。皆さん、応援しましょ〜〜〜

衆議院選挙公示直前の党首討論であるというのに、生中継放送する、テレビがひとつもない。

公共放送として、国民から視聴料を取っているNHKさえ中継しない。
7時のニュースで、都合のよい部分だけを紹介する魂胆がミエミエである。

今、国民が最も関心をもっているのは、間近に迫ったた総選挙であり、党首討論がおこなわれるのであれば、当然それへの関心の高さ
は、とてつもないものである。
NHKはなぜ完全生中継をしないのか!
それは、自らの存在意義をみずから放棄していることだ。
しかも、ここまで、あからさまにだ。
民法は、すべて、党首討論をスルー。
テレビ朝日のみが放映するらしいが、これも生中継ではない。

党首討論は、国民に対して、各党首が、それぞれの政治方針を明かに伝えるために行われるのではないか。
それを伝えようとしない、わが国のマスコミとは、なにか。

新聞市紙上でも、今日、党首討論が、行なわれるれることは、すくなくとも朝日、読売には、マッタク載っていない。

アメリカでのオバマ、マケインの党首討論が、世界に放映されたのは、まだ記憶にあたらしい。

わが国のこのようなマスコミ・テレビのありかたが、今後も許されると彼らは思っているのだろうか。
あさましいにも程がある。

次の衆議院選挙は、まともな民主国家、法治国家で行われる国政選挙ではない。

わが国のこの異常さを、主権者たる国民は、心して、選挙にのぞもう。

一般マスメディアがNHKも含めてこの党首討論を生中継しないというのは実質選挙戦に入っているという判断からだろうか?

これ以上、麻生総理の醜態をテレビでさらすと選挙に自民党が不利なので、テレビ中継をしないのでは?メディアの、自民党擁護は国民周知の事実!

「麻生さんは、良い事も仰ってますが何故政権を持っていらっしゃっている時になさらなかったのでしょうか?」鳩山さんの最初の挨拶に全ては集約されています。
この事だけを言い続ければ良いのです。
「何故やらなかったのですか?」
「何故出来なかったのですか?」
これをひたすら問い続ければよいのです

ニコ動は激混み状態で入れない方はこちらがいいかも▼

http://allatanys.jp/S001/ex31000.html

8/12党首討論についての感想:
両者には、国家を背負う者としては、必須の、品格において、格段の、差があった。

鳩山さんは、質問はパットしませんでしたが、答弁のほうが安定してました。本来、野党に向かないタイプなんですね。

麻生さんは、明らかに野党向きで、攻める側に回ると生き生きしてました。

次期国会が楽しみです。

            党首討論 常催化


政党交付金、交付政党全ての党首に均等に機会があるのなら賛成。
最大与党総裁は、特別扱い当たり前の与党グセがついてますな。

党の理念(ポリシ-)に、規模の大小は関係ない。

本多様

 強烈な皮肉で声を出して笑ってしまいました。ただ、質問にたつのはマスゾエなのでは。

投稿者: なんとかならんか | 2009年08月12日 18:50 様、

>強烈な皮肉で声を出して笑ってしまいました。ただ、質問にたつのはマスゾエな
>のでは。


こんばんは。
総裁は、保守再編後の小野党代表として国会質疑に臨みます。

討論の内容としては、さほど目新しいことはなかったという印象です。

やはり鳩山氏に突っ込まれた、2010年後半までに経済成長率年2%とか、10年間で可処分所得100万円と書いてあるが4年間ならどうするのか、という部分について、麻生氏は話をはぐらかしていましたね。経済は不確定要素が多いと自ら言うのであれば、こんなマニフェストを作るなと言いたいのですが。

印象的だったのは、姿勢です。背筋を伸ばして正面を見て話す鳩山氏、背中を丸めて上目遣いで話す麻生氏。この点だけでも、鳩山氏の方が国の代表としての品格があると思いました。

品格の差。
鳩山氏の演説を聴くと、こちらも知らず背筋が伸びてきます。
麻生氏、またしても官僚作文の朗読。
この差、歴然。

麻生総理、失礼だ。
討論が終わったら相手に対して敬意を表すものだ。握手をしないまでも礼、お辞儀、挨拶くらいはするものではないのか。
まさしく上から目線というか、こういう人を軽蔑しますね。
こんな人間が日本の総理大臣なんて。。。。。。

日本の地上波テレビは今日行われた党首討論を完全生放送をしなかったことで2点において完全に終わったことを今日証明しました。ジャーナリスティクな観点からは政権交代に関しての最大といってもいい判断材料を報道しなかったことです。
テレビというメディアの特性でかんがえれば、そのリアルタイムな情報伝達がもっとも重要な機能です。であるからこそ今回千載一遇の視聴率さえも得られるであろうチャンスを自ら逃したこと。日本のテレビメディアは今日完全に終わったと言っても過言ではないです。
 それにしても鳩山と麻生ではその品格、人格において比較になりませんでした。約一年間、私たちほとんどの日本人は 自分よりも愚かな人間に自分の人生をゆだねていたということが今日わかりました。

ところで、中福祉・中負担の「中」って何でしょう??

いまは、「中」より下なのか上なのか……。

下町のクッキーこと暢朗 様

「握手をしないまでも礼、お辞儀、挨拶くらいはするものではないか」・・・・・・・・・・・

小泉進次郎も対立候補の民主党横粂(よこくめ)勝仁氏にすれ違っても挨拶も出来なかったそうですから、やはり世襲にも愚か者で礼儀知らずがいるものですね。

はじめましてタナカ コースケです。
下町のクッキーこと暢朗 様に同感です。
> 麻生総理、失礼だ。
アホー総理の質問で「手口を教えていただきたい」と言っていましたが「手口=悪事などを実行した時の方法」ですから明らかに間違っています。
もし故意に言ったのならば本当に最低で失礼なヤツです。

麻生総理のダミ声と妙に偉そうな態度が見ていて凄く不快でした。

鳩山代表に迫力が無いのと弱腰な所に不満がありましたが麻生総理の何でも民主党が悪いには呆れました、政権運営がうまくいかないのは民主党が反対するからだって傲慢過ぎる、とにかく民主党は悪だって最初から決め付けている。

鳩山代表の質問にも与党の反省の答弁は一切無く最終的には民主党が悪い?ふざけ過ぎです。

なにこのあからさまに偏ったコメント郡w
論理的に判断しているコメントが少ないこと
政治を感情で語るな

>>アキラさん
常に自民党の政策に反対して衆議院の再議決を使わなければ何も政策が実行できなかったのは事実ですよ。

去年のサブプライムの時、殆どの国では経済を支えるために些細な問題は妥協して与野党が協力してきました。
しかしながら、民主党は自民党が出した経済対策の重箱の隅をつついて協力せず、結局1ヶ月遅れで再議決をして実行したという事実があります。

投稿者: N.R. 様
あなたの言っていることは一理あると思います。
でも自民党が参議院で過半数を維持していたときのやり方は野党を無視して法案を決議していたではありませんか!その後参議院で過半数を割っても衆議院 2/3の議席で再議決を繰り返しましたね、何でも多数決で決めるのは民主主義といえるのでしょうか?
とくに「障害者自立支援法」は自立疎外法だし「後期高齢者医療制度」も無理な制度だと思います。
後期高齢者医療制度が始まったときニュースで自民党税調の島津氏が「私は保険料が安くなりました」と言って手を高々と上げているシーンが強く記憶に残っています。
後日伝え聞くところによると所得比例の上限は800万円だそうです!つまり1億円の年収が有っても年収800万円の人と同じ保険料しか払っていないのです。
私的見解ではありますが国民年金だけで暮らしているお年寄りからこの保険料を徴収するのは無理だと思います。

9月になったら自民党には野党のあるべき姿を是非見せていただきたいと思っています。

 アソーの態度、物言い、まさにゴロツキそのものだ。今朝の各氏のコメントを見ても、自民は下野しても、健全な野党にすらなれないことがハッキリしたように思う。民主政権は絶対必要であるものの、ゴロツキ野党との国会では緊張感すら保てない。かといって健全野党になりうる人材群は、自民内にも、離党組にも見当たらない。これはこれで困ったことである。あ~あ、心配の種は尽きまじですな。

>去年のサブプライムの時、殆どの国では経済を支えるために些細な問題は妥協して与野党が協力してきました。
しかしながら、民主党は自民党が出した経済対策の重箱の隅をつついて協力せず、結局1ヶ月遅れで再議決をして実行したという事実があります。


 この時のいわゆる「経済対策」は福田政権の時に策定されていたもので、他国の場合と異なりサブプライムへの対応などとはおよそ呼べない代物だったことを想起すべきでしょう。

 ついでに言えば、第二次補正を政府与党が出したのはいつでしたか? 確か2008年末ではなかったでしょうか。これまた極めてスローで、いったい我が政府にはまともな「経済対策」を行なうつもりがあったのかどうか、大いに疑問と言わざるをえませんでした。

 討論で麻生氏は民主党の政策をバラマキだと批判していましたが、政府与党こそこの補正予算に究極のバラマキである「定額給付金」を盛り込んだことを、我々は忘れるべきでないでしょう。

下町のクッキーこと暢朗 様

鳩山代表が挨拶に行ったにも関わらず、顔をひん曲げて無視でしたね。鳩山代表としては、良いたいことをかなりセーブしただろうにね。

まあN.R.さんのように国会が停滞したのは野党の所為だと勘違いされる方は、与党偏向報道を鵜呑みにしているか自民党盲信者なのでしょうね。
事実と真実の区別がついてないようですから。
一ヶ月遅れたと言う前に、その一ヶ月が、福田が政権を投げ出した後のパフォーマンス自民党総裁選に時間を費やした、ってことを知らん顔して、当時、小沢民主党代表が早期に二次補正予算を出すよう言っていたのを無視して今年の春まで出さなかった麻生をスルーしている時点で相対性がなく、野党を貶めたい意志ありありです。


国会を停滞させたのは与党・自公政権で、『国民に何の恩恵もなく将来的には負担だけを押し付ける無駄遣い法案』を通すためだけに、2/3の再議決があるから、頑なに話し合い(与党側案押し付け会合を話し合いとは言わない)を拒んでおいて、無駄に延長延長した結果が国会停滞の一番の理由だと考えないのですから。
再議決に執着しなければ与野党話し合いで妥協して、もっとスムーズに流れましたよ。それこそ諸外国のようにね。
もしかしたら大連立に乗りかけた福田は与野党話し合い妥協のテーブルに付くつもりがあったのかもしれませんね。それを壊したのは自民党執行部であり、公明党でしたが。

マスコミの今朝の報道に違和感を感じながら、このコメント欄を見ていると安心して来ます。なかには、全体像が見えない方もいるようですが、麻生総理も同じく全体像が見えないようです。
官僚の書いた原稿を見続けながら、人の言う事を理解出来ないなど知能力の違いがハッキリした。
ケンカ麻生の面目躍如たる態度は威勢よく見えますが、鳩山代表のとんちの利いた質問を理解出来ないB層知能は哀しい事実ですね。
こんな人を総理大臣とし、うたかたの人達が与党を構成する事こそ安心出来ると言う考えに、哀しき夢を見る思いがする。

投稿者: N.R.さん

他の方が言いたい事を言って下さいましたので少しだけ…自民党の政策に苦言も反対も言わないなら
野党の存在価値が無いです、今のようなねじれ国会が一番政治の形として良いと私は思います。

麻生総理は俺は悪くない、悪いのは民主党だと何でも責任転嫁するあの捻じ曲がった性格を直して頂きたい、自らの落ち度や失敗を反省せず野党に対するネガキャンばかりでは総理の資格はありません

N.R.さんへ

ここに来られるのなら、田中良紹氏の一連の論考ぐらいは読んでから発言なさったら如何ですか。

「政治=妥協」であることは、昨秋のオバマの政策を見ていれば判ることです。その妥協を一切拒んで、結果的に時機を失したのは自公政権の方でしょう。次の政権を目指す野党に与党への一方的な協力義務はありません。政策を早期に実現したいなら、与党が野党にギリギリまで歩み寄るべきです。麻生は一歩も歩み寄ることなく、無為に時を過ごしましたよね。責任はどちらにあるのか、明白です。

投稿者: タナカ コースケ 様

障害者自立支援法はどうにかしないといけないと思いますが、期高齢者医療制度についてはやむをえない措置だと考えられます。後期高齢者世代の医療費の負担は僅か1割であって、そこまで叩かれなければいけないほどの負担には見えない。むしろ、その中の掛かり付け医制度は、薬漬けになってしまっている老人を助けかつその分の薬代を抑えられ、よいシステムだと考えます。
体調が悪いからといって常にその分野のエキスパートに見てもらう必要はないでしょう。学校の保健室の先生みたいなもんです。
また、所得比例の上限が800万については、そもそも税金で5割まかなっているのだからその時点で800万も収入がある人は他の人より負担しているといえますし、金持ちの老人に税金を掛けすぎると資産もって日本から出て行ってしまいます。

投稿者: vox_populi 様
投稿者:: Revolution 様
1次補正予算の柱の一つとも言うべき金融機能強化法案が参議院で成立できず衆議院で再議決するまで成立しませんでした。補正予算というものは、関連法の整備もセットで初めて成立したと言えます。1次補正予算の関連審議が終了していないのに2次補正予算の提出をするわけにもいかないと思います。
民主党が拘った定額給付金ですが、2008年12月に発表された税制抜本改革アクションプログラムにおいて「給付付き税額控除」として所得税改革の一環としての給付金を検討しされていました。こちらの方が仕組みとしては複雑になり、コストが掛かったと思います。

投稿者:: 風人 様
田中良紹氏は見た所一貫して民主党をヨイショしていますね。まぁ考え方は人それぞれですが、私の個人的な意見を言わせてもらえば、与党ばかり批判して野党には目をつぶるのはどうかなと。それは考え方の違いなので議論してもしょうがないので横に置いておくとして
政権を握っているのは与党なのでどちらかといえば歩み寄るべきは野党ではないかと考えます。
また、自民党は党首討論やろうといっているのに民主党が長いこと応じませんでした。議論をせずに妥協点を見つけることは出来ないと思います。

今回の党首討論に関しては、TVのノーカット放送が一切無かったことが最大の問題点でしたね。

《麻生首相と鳩山氏、12日に討論=衆院選へ直接対決-民間主催
8月5日21時25分配信 時事通信
(一部抜粋)
 首相と鳩山氏の直接対決は、6月17日に国会で行われた党首討論以来となる。経済政策、外交・安保政策、子育て支援策や、政策実行の裏付けとなる財源対策などが論点となりそうだ。

 党首討論について、自民党は当初、テレビの地上波でノーカット放送することを条件としていたが、NHKと民放各局が応ぜず、最終的に同党が譲歩した。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000223-jij-pol》

【主張】党首討論 国家像をもっと知りたい
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090813/plc0908130240003-n1.htm
(一部抜粋)
《首相は、民主党の政策の多くの疑問点を的確に突いていた。鳩山氏はインド洋での補給活動やソマリア沖の海賊対策をはじめとする安全保障や外交政策、さらには財源問題であいまいさを拭(ぬぐ)いきれなかった。

 しかし、解党的出直しを迫られる自民党総裁として、首相は従来の実績を訴えることに力点を置きすぎたのではあるまいか。「この国に責任を持つ」という繰り返しだけでなく、どういう日本にするかを語ってほしかった。

 民主党の政策には、経済成長戦略が抜け落ちているとの首相の批判に対し、鳩山氏は子育て支援や高速道路無料化などの家計支援策により可処分所得を増やし、内需を拡大する考え方を示した。

 だが、1人当たり年間31万2千円を、中学卒業まで所得制限もつけずに一律支給する子ども手当が、どの程度の経済波及効果を生むのかは示さなかった。少子化対策という意味はあるにしても、果たして自律的な成長を促す戦略といえるだろうか。

 さらに、鳩山氏は農業、海洋資源、航空宇宙産業などを成長分野と位置付けたが、何年後にどれくらいの雇用が生まれるかといった数値目標は語らなかった。

 一方、首相は平成22年度後半に年率2%の経済成長を達成させると強調した。自民党は3年間で40兆~60兆円の需要創出や200万人の雇用確保をうたっている。民主党は党首討論に先立ちマニフェスト(政権公約)を修正したにもかかわらず、引き続き財政健全化目標への言及がないなど、マクロ経済政策への取り組みの弱さが大きな課題といえる。

 今回の党首討論は、有識者らがつくる21世紀臨調の主催で実現し、「政権選択」を考える有意義な機会となった。両党首は選挙戦を通じて今回語られなかった日米関係や地方分権、教育などの課題にも論戦を重ね、具体的な国の針路を示してもらいたい。》

背筋を伸ばして正面を見て話すから首相に相応しいという意見もあったようですが、
鳩山氏が首相に相応しい人物かどうかには、判断材料となる「実績」が必要と思います。

《ぶれ過ぎる鳩山由紀夫代表
【政治部デスクの斜め書き】呆れた鳩山氏のブレブレ発言
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090802/stt0908021800001-n1.htm
(一部抜粋)

 まず、インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続するための新テロ対策特措法。来年1月に期限切れとなるが、鳩山氏は7月29日、熊本県菊陽町で「基本的に延長しないというのがわれわれの立場だ」と述べ、海上自衛隊を撤収させる考えを明言した。

 この発言は二重の意味でブレている。そもそも民主党は新テロ対策特措法を「憲法違反だ」と言ってきたのではないか。それならば、社民党の主張通り、即時撤退させなければ筋が通らない。

 ところが、自民、公明両党が民主党の外交・安保路線の「不安」を訴え始めると、鳩山氏は17日に「外交は継続性が必要。一気にやめるのは無謀な議論だ」と新テロ特措法の継続を示唆、現実路線への転換をアピールした。これを受けて、岡田克也幹事長も24日に「必要な修正を加えて認めることもないとはいえない」と踏み込み、党幹部も相次いで新テロ特別措置法の延長方針をほのめかした。

 これに連立政権入りが内定している社民党の福島瑞穂党首が「民主党のブレは看過できない」と猛反発。すると鳩山氏は態度を豹変(ひょうへん)させ、「延長しない」と明言したのだ。

 もっとひどいのは、27日に発表した民主党のマニフェストを「実はこの間出したのは政権政策集で、正式なマニフェストではありません」と言い放ったことだろう。大阪府の橋下徹知事らが「国と地方の協議の場の法制化」がマニフェストに盛り込まれなかったことに猛反発をしたため、これを追加せざるを得なくなったようだが、自らの顔を表紙にあしらったカラー刷りの冊子が「正式なマニフェスト」でなくて一体何なのか。そもそも27日に都内のホテルで行われた記者会見では演壇の背景に「2009 民主党マニフェスト発表会」と記した巨大な看板を掲げていたではないか。「看板に『案』を付け忘れていただけだ」と言い訳するつもりなのか。

 消費税率引き上げについても、鳩山氏は「いま議論する必要はない」と繰り返してきたが、27日の記者会見で「将来に関する消費税の議論を一切行うべきではないと曲解されたのであれば訂正したい」と修正した。発言を曲解しているのは鳩山氏自身ではないのか。

 まあ、鳩山氏の「ブレ」は今に始まったことではない。

 平成11年に西村真悟防衛政務次官(当時)が核武装をめぐる発言をした際、鳩山氏は「核武装してもよいかどうかを国会で検討したらどうかと言った瞬間にクビを切られるとなると、国会で核をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。議題に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と擁護した。至極まっとうな意見である。

 ところが、18年10月に自民党の中川昭一政調会長(当時)がテレビ番組で「非核三原則は国民との重い約束だが、北朝鮮の核実験の動向を受けて、この約束を見直すべきかどうか議論を尽くすべきだ」と発言した際は「看過できない。議論も封印しなければならない」と批判している。なにをか言わんや。

 このように鳩山氏のブレブレ発言は枚挙にいとまがないがないが、この辺でとどめよう。なんと言っても「総理にもっとも近い男」なのだから…。(石橋文登)》

《時局から主張が変化した政策
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB
小泉改革
(転向前)2001年6月の小泉純一郎内閣総理大臣(当時)との党首討論の場において「私は民主党代表だが、首相が構造改革を断行する気持ちで努力することを評価したい」と発言し、更に「ヤジを飛ばしている方々は首相の改革路線の足を引っ張っている抵抗勢力なんですよ。私たちは背中を押して差し上げようとしている改革勢力。志半ばで倒れたら民主党があなたの骨を拾ってあげます!」とも述べた。
(転向後)2009年5月15日、民主党代表選挙の前日に鳩山は対立候補の岡田克也に対し「岡田さんが代表の時、郵政民営化の戦い(2005年の郵政選挙)で民主党は敗れ去ったが、結果として地域が崩壊の憂き目にあっている。新自由主義の総括をお願いしたい」と小泉構造改革の総括を求めた。

消費税
(転向前)2005年12月、TBS系の討論番組に出演したさい、消費税の税率に言及し「7%。年金目的で理解される。それでは足りず10%いく時期もある」と答えた。
(転向前)2007年2月9日、記者会見で「マニフェストを作成する中で年金と消費税の議論を行うことが大事だ」と消費税増税に言及した。しかし、7月6日安倍晋三首相が前日夜のテレビ番組で、秋以降に消費税率引き上げも含めた抜本的税制改革の検討に入る考えを示したことが報じられると、「選挙が終われば消費税を上げるぞということが見え隠れしている」と批判した。
(転向後)2009年5月、自身が出馬した党代表選挙では「(消費税率を)上げる必要がないことを試算として出しており、議論をすれば、経済が厳しい時に消費税の議論をするのか、という話になる」と消費税率の議論を封印した。これに対し、自民党の与謝野馨は「岡田さんは逃げない、鳩山さんは逃げる。これが私の率直な印象」と述べた。

自衛隊の海外派遣
(転向前)2000年12月7日、民主党護憲派の「21世紀の民主党を考える会」の会合に講師として招かれ、「平和執行型の国連平和維持活動(PKO)にも日本は参加しなければならない。そのとき、憲法が障害になるなら変えればいい」と述べた 。この発言がきっかけで当時の横路孝弘副代表が代表辞任を求める事態となり、その後、鳩山氏が「私の発言でご心配をかけた。 おわび申し上げる」と陳謝したうえで「憲法にかかわる安全保障の議論は党憲法調査会の推移を見守りたい」と述べた。
(転向前)2008年10月17日アフリカ・ソマリア沖の海賊対策としての自衛隊の派遣について、衆院テロ防止特別委員会[51]において、民主党の長島昭久議員が、「海上保安庁の巡視艇がソマリア沖の海賊対策に当たるのは困難」という趣旨の政府答弁を引き出したうえで、「自衛隊艦艇のエスコート(護衛)は海賊対策にかなり効果がある」と提案した[52]事を受けて、翌18日の会見で「政権交代の暁に、積極的、前向きに検討する」と明言した。
(転向後)2009年1月23日、アフリカ・ソマリア沖の海賊対策として、海上自衛隊護衛艦を派遣するという政府方針に対して、「なぜ海上保安庁じゃだめなのか、なぜ自衛隊なのかというところが、判然としていない」「3党が協力して麻生政権を追い込むため、海賊対策でもできる限り一致するように努力したい」と発言した。

核武装議論
(転向前)1999年10月27日、東京都内で行われた講演で、先に核武装をめぐる発言で辞任した西村眞悟元防衛政務次官の問題に絡んで「核武装してもいいかどうかを国会で検討したらどうかと言った瞬間にクビを切られるとなると、国会で核をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。議題に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と発言した。
(転向後)2006年、核保有の議論の容認発言を行った麻生外相に対して「議論すること自体が(国際社会に)間違ったメッセージを与える。日本の外相がこういう発言をしたことに心から怒りを持つ」と発言し、安倍首相に麻生の外相罷免を要求した。
(転向後)2006年10月17日自民党政務調査会長だった中川昭一が非核三原則を見直すかどうか議論する必要があるとの発言を行ったことに対しても、「自民党の中川政務調査会長の非核3原則をめぐる発言はどうしても看過できない。北朝鮮が核を持つなら日本も持ってやり返すんだというような発想は断じてあるまじきことだ。議論も封印しなければならない」と発言した。
2004年9月15日、アパグループ代表の元谷外志雄邸での「日本を語るワインの会」に夫人を連れて参加。同席した田母神俊雄、大島信三と元谷夫妻の6人で核武装に関する議論などを行っていた。鳩山と同席者達は邸宅内外で記念写真を撮影している。鳩山はこの件に関して事実関係を認めつつも、「失礼ながら余りにも私の思想とかけ離れた話をされていたので、途中でご無礼いたしたことを思い出します。」と自身の2008年11月5日付けのメールマガジンで述べている。また、「田母神航空幕僚長が、かつて日本が犯してしまった侵略行為と植民地支配を正当化する論文を発表して、更迭されたのは当然として、定年退職にしてしまったことは許せません。退職金は6千万円とも言われています。懲戒処分を受けるべき者が、6千万円貰って退職するとは言語道断です。このような処理をした政府の責任を厳しく追及せねばなりません」と田母神を批判している[59]。田母神は鳩山の批判に対して「ウソを言うのもたいがいにしてもらいたい。鳩山はあの日、最後まで会合に出席して楽しんでいた。彼は私や元谷代表らと一緒に、仲良く記念撮影までしている。自分がつらい立場になれば、平気で人を裏切る。そういう人間は、今後も何かあったときに必ず人を裏切ることでしょう。鳩山由紀夫は、まったく信用ならない人物です」と述べている。

政権交代後の官僚人事
(転向前)2009年2月9日に行われた鳩山の講演で、政権交代が行われたときの官僚の人事について「(各省庁の)局長クラス以上には辞表を提出していただき、民主党が考えている政策を遂行してくれるかどうかを確かめたい」と述べた。
(転向後)2009年6月30日、党本部で記者団の質問に答え、「法的には難しい話だ。辞表という形に必ずしもならない」と以前の発言を訂正した。 》


鳩山氏が首相に相応しい人物かどうかは、各個人の判断に委ねます。

現在は、「民主党が政権政党として成熟するべき時期であり、そのために自らを反省する時期」であって、その観点が「全体最適に適う」という意味で、N.R.さんの下記ご意見に賛意を投じます。


私は、須らく議論や意見というものは、論者が(論理的に考えることが出来る前提で)、「どういう局面で、何を目的に」論じているかによって、様々に「正しさ」が成り立つものだと思います。

1.例えば、AmongOthers、個人最適の「正しさ」、部分最適な「正しさ」、全体最適の「正しさ」は、或る意味では、当該論者にとっては夫々に「正解」ではある。
但し、此のTheJournalでは「国民全体のため」を視座とするので、全体を俯瞰し捉えた「全体最適」のみが「正しさ」を持つのでしょう・・。

2.若干切り口を変えて、例えば「目的別」に切り分ければ、下のN.R.さんのご認識は、
1)民主党が「自らの過去の拙さや至らなさを反省し、今後政権政党として成長して成熟を期す」という脈絡では、真に的確な認識だと思います。従って、この観点に立てば、「福田政権時代云々・・」と自公の過去の不行き届きを論う(つらう)ことに何の意味も無いことになる。
2)他方、N.R.さんに異論を挿む方々の視点は、「民主党の反省」ではなく、「自民との優劣競争や比較」に焦点を当てているため、、「福田政権時代云々・・」が意味を持つことになる。

--記--
N.R.さん | 2009年08月13日 04:04の後段引用
【去年のサブプライムの時、殆どの国では経済を支えるために些細な問題は妥協して与野党が協力してきました。
しかしながら、民主党は自民党が出した経済対策の重箱の隅をつついて協力せず、結局1ヶ月遅れで再議決をして実行したという事実があります。】

一見大物風の麻生氏、真面目なインテリ風の鳩山氏。自民党と民主党のイメージが醸し出されていた討論会でした。発言内容を理解せずに大雑把に聞けば、麻生氏の貫録勝ちですね。鳩山氏の質問を軽くいなして、鋭い突込みを入れる麻生氏。対する鳩山氏は、ここと言う時には声を大きくしていましたが、終始小声でぼそぼそ言っている印象がありました(鳩山氏が長身でマイクの位置が低かったのが一因と思いますが)。TVで生中継されていたら、麻生氏の評判が少し戻ったと思います。
 一方、発言内容を吟味すると、麻生氏は質問に対し誠実に答えずはぐらかしてばかりでした。言質を取られる事を恐れたのか、質問内容が理解できなかったのかは定かではありませんが、国会答弁そのままの抽象的答弁に終始していました。質問も想定範囲内のことばかりで目新しさは全くなし。対する鳩山氏の答弁は、質問に対し誠実に答えようとする姿勢が好感を持てました。現実的な判断に基づく答弁で、安心感を視聴者に与えました。質問内容も、冒頭から核心部分をついておりよかったと思います。ただ、麻生氏が質問の中心をずらして答弁していたので議論としては全くかみ合っていませんでした。
 総括すると、雰囲気だけで判断すれば麻生氏に軍配、発言内容で判断すれば鳩山氏が明らかに優れていたと思います。いずれにせよ、この党首討論を全部ビデオで見た有権者は何人いたでしょうね。新聞の報道記事では全く雰囲気・中身ともに伝わってきません。読者も、いつもの新聞解説・社説の延長上で捉えているでしょう。
 本討論会の主旨はよかったですが、今回の選挙結果には全く影響しないと思います。

麻生さん、自民党支持を回復するためにも他党を批判しないで

私は佐藤、田中、大平総理以来、ずっと自民党を支持してきました。当時、自民党は過半数をとっていたにもかかわらず弱小社会党の意見も取り入れ政権を運営してきました。

また野党の厳しい批判にも耐える一方、他党を罵ることもしていませんでしたし、国民もそんな自民党に頼りがいを感じていました。

ところが昨今のようなねじれ国会では、もっと野党の意見を取り込めばいいのにと思うのですが、2/3議席を持っている傲慢さからか、野党の意見を無視して強行採決を連発しています。

また選挙になってもあまり説得力の無い「批判のための批判」を繰り返すだけで大政党としての誇りや矜持を感じられません。

我々自民党支持者もかつての三角大福時代のリーダに比べここ10年くらいの自民党リーダの何と小粒なことかとがっかりします。

もっとも民主党でもまともなリーダといえば小沢氏くらいでしょうが、今更ながら彼が自民党にいてくれたらこんな体たらくにはならなかったのではと自民党支持者の集まりでも愚痴をこぼしています。

党首討論については、BB様のご意見に賛同します。

NR様

>>政権を握っているのは与党なのでどちらかといえば歩み寄るべきは野党ではないかと考えます。

直近の民意は参院選なので、現与党である自公が民意に支えられた民主党に歩み寄るべきであったと私は考えます。
逆に、自公がそれをしていたらここまでの逆風はなかったのではないでしょうか。

また、権力側である与党を批判するのは当然です。野党を批判しても意味はありません。
民主党が与党になったときに、国会運営を吟味すればよいことです。

まずは現与党を下野させるというのが今の民意であり、これでよいと私は思います。
民主中心の与党の評価は次回の参院選ですればいいことです。

ただ、自公が国民の信頼を取り戻すのは容易ではないと思います。民主党が政権を取ることで国民の政治的意識が変わると私は考えているからです。

他の方のコメントに重複する部分もあると思いますが、敢えて自分なりの感想を綴らせていただきます。

マスメディアの間接情報でなく、自分の目で見て、耳で聴いて、両党首の一言一言をじっくり観察できる。また、国会といういわば働き慣れた仕事場でなく、民間の団体が提供する緊張感のある(野次の全くない)舞台で「ガチンコ」で対峙する。このような極めて貴重な舞台がリアルタイムでお茶の間に流れない現実。淋しい限りです。

さて、この討論で重要な観点は、個別の政策論(いろいろな場所で既になされている)もさることながら、党首の人間性を見ることではないかとも思うのです。

麻生総理は冒頭から終止一貫した批判的攻勢の態度でした。しかし私には、その迷いなき強気の口調も聊か一本調子の感が否めなかった。冒頭の演説などは特に芝居がかって聞こえてしまった。生身の人が語りかける「暖かみ」があまり感じられなかった。また、メディアの格好のネタにされる言葉遣いに関しても、やはり気になるところがあった。(「拝命されて」はまだしも、「手口」はいただけない。)全体的に批判色の濃い語り口は民主党支持者ならずとも耳に心地よいものではないのでは、と思いました。
 鳩山代表の冒頭の演説は対照的に「自分の言葉で」丁寧に語るという印象、従って言わんとすることがすんなり耳に入って来る。また討論相手への最低限の礼を尽くす、という態度は容易に見て取れました。ただし、多くの方が感じられたように、麻生総理に比してかなり「おとなしい」印象。見る人によってはやはり「防戦一方」との印象も受けるでしょう。しかし、答弁の姿勢は常に真摯であったと思います。
 本討論は、特に政策論争に食傷気味の人にとっては、両党首の人間性、リーダーとしての資質などを自分の目で確かめるのに恰好の材料であり、その点でも多くの人が視聴されることを願って止みません。

下町のクッキーこと暢朗 様

>討論が終わったら相手に対して敬意を表すものだ。握手をしないまでも礼、お辞儀、挨拶くらいはするものではないのか。
まさしく上から目線というか、こういう人を軽蔑しますね。

党首討論全体を通じて、私と同じ感想を持たれていることに、感激。

総理記者会見で壇上に上るときは壇上で聴衆にお尻を向けて看板に頭を下げるのに、昨日は、討論の相手に対する尊敬のかけらも感じることが出来ませんでした。
人間として、心がけるべき基本をアッソーさんは家庭で教育受けていらっしゃらなかったのですね。そういう人を総理大臣に選んだ自民党の多くの議員も同じような人が多いのですね。

今度の選挙では人として尊敬できる人を国会に送りたいです。私の選挙区の民主党候補は、人として尊敬できる候補です。自民党現職はアッソーさんを総理大臣指名で一票を投じました。

<党首討論会について思う事>
とにかく、麻生・細田隠しを徹底する事が、自民党の戦略です。各メディアはおとなし~く、指令に従ってしまいました。NHKは総合が高校野球、教育テレビが子供番組でした。テレ朝は、後で詳しくお送りしますと小宮悦子がいっていたものの、結局は3分程度、酒井法子ネタの一割も時間を割く事はなかった。また、ここの所のテレビの情報番組への出演は、幹事長特別補佐官?なる任命をされた林よしまさ氏と世耕議員が出演する事にして、絶対に細田氏は出演させない。ことほど左様に、テレビメディアは、万全の体制で自民党をバックアップしている。例えば、長崎の被爆者団体を激怒させた麻生総理の発言は、メディアにオフレコ規制の指示があり、ほとんど放送されていない。また、あれほど橋下劇場と煽っておきながら、橋下氏が中心の首長連合が民主党支持を打ち出した事は、ほとんど報道されていないし、されていた場合は、橋下知事が非常に機を見るに敏などの注釈付きだったりする。
麻生・細田隠しと今回の選挙を政権交代がテーマではなく、マニフェストがテーマだとのすり替えを行い、おかげで自民党の支持率がアップした。そして、出ました!お得意のマッチポンプ・・・。ここの所、自民党支持率がアップして民主党が下げていますね。などと報道する。悪質きわまるテレビ局。政府自民党からは、今も広報予算から政府広報の名を借りたスポットCMが投下されている。
今が本当の正念場です。ぜったいに御用メディアの鼻を開かしてやらないと気がすみません。
<国民審査>
最高裁判事の判断材料は以下サイトから・・・。ご存知の方も多いとは思いますが・・・ヤフーのサイトです。
http://senkyo.yahoo.co.jp/judge/
<N.R.様>
おなたに考えて頂きたくて、以下平野貞夫さんのテレビ出演の際の発言の趣旨をアップします。平野さんは、長く自民党の事務局にいて官邸の裏側を良く知っている方です。
「政権担当能力という言葉が氾濫しているが、政権担当能力とは、究極の自己抑制なのです。議会で多数を持っているとい事は、多数決で何でもやっていいという事ではありません。それなら議会はいらないのです。多数の議席を背景に、少数意見をよくよく聞いて、自己抑制しなければなりません。当時、私が自民党の官房長官から聞いたのは、国民に10%の反対があったら、その法案は提出しないという事です。それが、小泉氏以来、何でも多数決でぱんばんやる。これは、本質的な政権担当能力が衰えた事なのです」
と、語っています。自民党はその55年体制の中で、当時の最大野党の社会党の言う事を良く聞いて、7割は野党のいう事を3割は与党のいう事を議決してきました。譲るべきは、与党との考えです。それは、結果、国民の不満を解消して自民党が政権与党として国民の信頼を得るとともに、一億総中流社会を実現し、アメリカから恐れられる社会をつくりました。
自民党だけでなく、民主党議員も自己抑制できない議員が多く、代表のいうことを否定したり、てんでんバラバラな考えをテレビカメラの前で発言したりと、困ったものです。

N.R.様

>1次補正予算の柱の一つとも言うべき金融機能強化法案が参議院で成立できず衆議院で再議決するまで成立しませんでした。補正予算というものは、関連法の整備もセットで初めて成立したと言えます。1次補正予算の関連審議が終了していないのに2次補正予算の提出をするわけにもいかないと思います。


 「金融機能強化法案」などという大変面白いものを思い出させてくださいました。もともと大して使いでのなかった法律を言わば蔵から持ち出して、しかも農林中金や新銀行東京への資本注入の可能性を疑わせる文言入りという、大変問題的な法案だったと記憶しております。これをすいすい通す国会など、むしろ存在意義を欠くというべきでしょう。

 それから、

>政権を握っているのは与党なのでどちらかといえば歩み寄るべきは野党ではないかと考えます。


とおっしゃっていますが、ご存じのとおり参議院は野党が多数派であり、もし政治をスムーズに動かしたければ、歩み寄るべきは当然与党のほうでしょう。それをせずに、法案が成立しなかったのは野党の非協力のせいだなどというのは、自らが政権運営ができない(つまり、政権担当能力がない)ことを白状しているようなものです。

党首討論についての感想と言われると非常に辛いものがあります。麻生は予想通りの、田中真紀子氏流に言えば「ひょっとこ顔」の厚顔無恥丸出しで、一国家の首相としての品格も何も無く、唯ひたすら権力を手放したくないと言う欲望剥き出しに(敢えて言いたい)「いちゃもん」をつけているだけの醜い姿を曝したに過ぎない。笑える発言もありました。「手口を教えて欲しい」「オレオレ詐欺」ではあるまいし。元々私は「マニフェスト」なるものでの議論は無意味だと申し上げて来た。「財布の中身を知らずに、何を買うか議論するようなもの」だと。党首討論で並んでの議論は、どう見ても鳩山代表の方が知的で紳士です。
質問する時も、相手を見て話している。片や麻生は、言いたくもない。あのまんまです。見た目の判断としてはっきりしている。鳩山代表の顔を見ようともしてなかったでしょう。情けない話にもならない。負け犬の姿です。過去の政権政党自民党は貫録もあり、広い懐を持っていた。今その役目が終わっているのに、往生際が極めて悪い。だから醜態を多く曝すことになる。だから全て象徴しているんです。国政の重要な選挙より、「のりぴー」の馬鹿丸出しマスコミ。如何に国民を馬鹿にしているかと言うことです。関心を出来るだけはぐらかそうとしてるんでしょうね。「政権交代。どっちでもいいや!」狙いはこれでしょう。此処からが本当の正念場と言えます。日本国民なんて「赤子の手」と考えている輩が、絶えずその「機」を虎視眈々と狙っていることに最大の注意を払わなくてはならないと思う。くれぐれも油断無きように。

シンイチさん

麻生にしたって鳩山にしたって批判せんたがための記事を集めれば両者ともにきりがなくらい出てくるよ。

このブログは、民主党それも小沢・鳩山ラインという極狭いサークルの意見集なので、党首討論の評価も予想通りなのですが、残念ながら非常に狭いサークル内のいわば、傷の舐めあいです。
ほとんど固定ファンのコメントばかりで、コメント数は多くても参加者は、極少数なのが見て取れます。
このままでは、全体が自家中毒になってしまうでしょう。

あるブログのコメント欄から無党派層の代表的感想を2ツ記してみます。

1.代表チェンジが必要!
昨日の党首討論から見えてきた近い将来の首脳会談

胡錦濤「 教科書に日本が侵略、虐殺したこと、その謝罪までを記せ!」
鳩  「(おどおど)は、は、はい。わかりました。」

李明博「竹島は大韓民国の領土でよろしいですね!」
鳩  「(おどおど)は、は、はい。お返しします。」

金正日・金正雲「拉致問題は解決済み、戦後賠償せよ!」
鳩  「(おどおど)は、は、はい。いくらでもお支払します。」

メドヴェージェフ「北方領土は全てロシアのものだ!」
鳩  「(おどおど)は、は、はい。もちろんです。」

オバマ「鳩は平和の象徴だそうですね。」
鳩  「はい!!!」
オバマ「私は次の予定があるので、では。」
鳩  「(おどおど)・・・(それだけ?、半日も待ったのに)」
鳩は握手を求められ喜ぶが、社交辞令でオバマは先を急ぐ。出口までついていき お辞儀をして見送る鳩。

帰国後の鳩の記者会見
各国首脳の視野の狭さに失望した。今世界で必要なのは世界を超え宇宙を捉えた友愛の精神でしょう。

2.まじで鳩山を外交に出したらだめだろ。

話の理解力が無い。弁が立たない。記憶力が無い。
ルールが守れない。しかも犯罪者。

売国思想をのけても、欠点だらけじゃねーか。

以上、いかがでしたか?

党首討論会と関連報道について思う事。

姿勢とか、はぐらかしとか、劇場政治の再来を感じました。
特にフジの識者と言われる方のコメントに著しい!
自説を押せば良かった、とか、テレビ映りの感想ばかりでした。
本当に何を考え、何をしたいのか、よく考えようと思った有権者です。

青山浩二さん

なんで麻生はそのへんのことを攻めないんだろね?

投稿者: 熱烈な自民党支持者 様
小沢代表代行が自民党の中枢にいる時に大量の赤字国債を発行して公共事業を行ったのですが。麻生首相なんて足元にも及びません。
それと、もし自民党に小沢氏が残っていたなら不正献金事件で間違いなく退職に追い込まれていたでしょう。民主党に居たから深く追求されませんでしたが。

投稿者: pam 様
投稿者: em5467-2こと恵美 様
投稿者:: vox_populi 様
先にも書いたように、自民党は党首討論をしようとずっと言っていました。しかしながら、民主党はそれを受けないばかりか、審議拒否をして委員会に出席すらしなくなった。これでどうやって妥協点を探るのでしょうか?
平野氏の発言は議会運営を行ううえで理想的です。7割も野党の言うことを聞いていたらどちらが与党か分からない気もしますが、恐らく、与党はもちろんのこと野党も身の程を弁えつつ妥協点つまり落としどころを探ってしっかりと議論していたからでしょう。
要するに、互いに議論をしなければ実現できません。
ひたすら審議・討論を避けて歩み寄る姿勢を見せなかった民主党が政権をとったら自民党に歩み寄りを見せることが出来るのでしょうか?疑問です。

投稿者: em5467-2こと恵美 様
自己抑制できない議員については同感です。党内で何を言おうが構いませんが、党外では党の方針にのっとって発言して欲しいものです。

投稿者:: vox_populi 様
1次補正予算関連法案を議論しているのに1次補正予算が通った前提で、2次補正予算の提出が出来るわけが無いということが分かっていただけたようで。

後、何人かに見受けられるのですが、ノーカット放送を要求したのは自民党なのになんで断ったマスコミが自民党の擁護をしているって主張されるんでしょうか?無理がある思います。

青山氏の言うこと単なる、単細胞
何を言いたいのか意味不明。
 大体現状の自公政権に対し何にも語ってない。

青山様
まず「ブログ」って言葉の意味、確認しましょう。

麻生は外務大臣まで勤め、いちおう「外交の麻生」なんて呼ばれたわけだけど
チェコとスロヴァキアの分離を忘れ
カザフスタンとウズベキスタンを間違え
イタリアで財務大臣が無様な酔っ払い会見しても叱責しない。
1番の欠点は、それらを未だ各国民に向けて謝罪できないことです。

1人漫才を披露するのにボケ倒しは難しい、のりツッコミから覚えましょう。

N.R.様 横レス失礼

あなたの理屈だと、民主党はこの4年間、1度も党首討論してない
ずっと審議拒否して、自民党は妥協できなかった、ってわけだが
事実はそうでしたか?

自民党がノーカット放送を要求した証拠はあるのですか?
それは公人としての討論に、いちいち自民党がマスコミに条件を付けた
証拠にもなりますよ。

下町のクッキーこと暢朗 様の言われる通りです。
故意に無視した?のであれば、アホーの上に、超、ウルトラ、人間じゃない!を付けたいです。加えて、あの無機質な理解のできない顔表現は、見るに堪えなかった。
ちっちゃい子供が、欲しがっていたものを手にした時、ソーリの場合には、国内外で他国の方とあいさつする時に見せる総崩れの表情とのギャップが見苦しかった。

投稿者:NR 様

コメントの内容が混ざってしまい要領を得ないやり取りとなってしまいそうですが、与野党の歩み寄りについて、私の意見を言わせていただくならば、最も重要なのは直近の民意だと考えます。

したがって、例え郵政選挙で2/3を取っていようとも、その後の参院選で敗北したことを真摯に受け止め、民主党が審議拒否をしないように政策を調整し、国会を運営するべきは与党だったと考えます。

今回、自公が野党になった場合、民主党が自公に歩み寄りを見せる必要があるかどうかは、衆院選の結果によると考えます。
おそらく比較第1党は民主党になると思いますので、民主党の政策を基本に国会を運営すればよいと考えます。

しかし、民主党の運営が少数政党の意見を無視し、筋の通らない政策を通していくものであれば、いまの自公のように下野することになると考えています。

なお、私は、今の自公議員が確りとした野党として活動できるとは思っていません。それだけの能力を有していない議員で構成されていると考えているからです。

鳩山氏の方が麻生氏より100倍ましですが、なにせ比較の相手が悪すぎる。今度政権交代を成し遂げたら、ゆくゆくはオバマ並みの知性、迫力、演技力のある日本国首相が誕生して欲しい。有権者はもっと欲張るべきです。

N.R氏へ

小沢氏の献金問題などたかが知れています。私の支持する自民党の先生は、自民党が政権にいなければ、半分以上の代議士が迂回献金で捕まるだろうと言っていました。

確かに小沢氏には気の毒だが、たとえ大した罪が無くても反対派であればこのような濡れ衣は覚悟すべきです。

自民党の代議士でも時々つかまっていますが、あれは反対派に刺されたのだろうと先生も言っていました。

このように与党にいれば多少悪いことをしても(私は悪いとは思わないが)うまく逃れることは出来るのです。政治家は清濁併せ呑むくらいでないと本当の政治家ではありません。

その点民主党の議員は書生上がりのトウヘンボクばかりですね。NRさんも自民党を支持しているなら、それくらいの熾烈な権力闘争があることは知っておいてください。

青山様
ブログとは?
このサイトはブログでもサークルでもないと思いますよ。

>話の理解力が無い。弁が立たない。記憶力が無い。 ルールが守れない。<

これ、鳩山さんではなく麻生さんの間違いではないですか?
『売国』この言葉その筋の人々は好んで使われますが、あなたもそうなんですか?
素性は割れますよ。
シンイチ様
この度は大変ご苦労様でした。
鳩山氏の弱点の網羅集と言いますか、よくこれだけたくさん引用記事を集められましたね。ご自分の意見がどのへんにあるのか、探すのが面倒になり、読むのもだんだんいやになりましたが、一応最後まで読みましたが、確かに鳩山氏のぶれもありますが、時代の流れの変化もありますし、ある意味方向是正をするときもあり、これもぶれと言えばぶれになります。
自公党政権もこの10年は間違いだらけの政治をぶれぶれで行ない、今まさに崩壊の危機にあります。
悪意を持てば何でもぶれたと言えるでしょう。民主党の今回のマニフェストの追加部分をぶれたと自公は言っていますが、鳩山さんの説明の悪さでしょう。これをぶれたと言われても人間完璧ではないので、民主党もまだまだ蹉跌の船で揺らいでいるのでしょうか?、
シンイチさんお願いがありますが、これだけの鳩山氏のぶれた記事収集されているのであれば、ぜひ麻生氏のぶれた記事収集をご紹介願えないでしょうか?
多分枚挙にいとまなし、と思いますが、、

青山様、N.R様、そして天敵(笑)シンイチ様。約2週間強で政権交代が確実視されてる今、反民主党信者としてはもどかしい中、民主党バッシングを強めてきましたね。確かにこのサイトには熱狂的、消極的、さまざまな民主党支援者が本当に多く、真剣な思いの書き込みに励まされ続けてきました。それはサイト責任者の高野様をはじめ、田中様、財部様、山口様などの中味の深いコメントに感動・共感し、考えを深めた方々がこのサイトを信頼し今のマスコミが作り上げてきた偏見した与党サイドの報道がおかしいことに気づかされた方々です。
党首討論の感想を共感し、麻生総理の言葉使い、態度を皮肉り、挨拶も出来ない人柄を卑しく感じる。何か問題でしょうか?

反民主党信者の皆様も、自由に書き込めるサイトですし、そんな方々が民主バッシングだけのサイトにも出来る筈です。書かれていることが真実で、その妄想めいたお話に共感できるのでしたら、共感した支持者の書き込みが増えるはずですよ。

ちなみにそんなサイトと化したgooニュース畑では数名の工作員と思われる方が、常に民主党バッシングを一人が数回づつ行い、そのコメントをお仲間通しで評価、民主党の支持コメントを書き込めば数人で何回も反論される自民党支持者には居心地がいいところです。多分、あなた達のコメントなら数十人が評価スルを入れてくれます。「民主売国」それだけで・・・

あなた達の特徴は、民主党とその支持者の批判しか行わない事。政権政党、責任力(笑)のある党の政策を評価したことありますか?
まあ,有ると言い、素晴らしいというのは判ってますが、仮に民主党の政策を自民党の方がが出してたら批判しましたか?多分、民主党が出す政策は絶対駄目、与党の政策は何が何でも良いと言いますよね。
その政治がもたらしたのが今の国民生活、国の借金額、年金問題、弱者切捨てその他数え切れない政治不信、政党不信、国民の怒りです。
与党と野党では責任が違います。野党が反対して出来なかったも含めてその政権の力不足であり責任です。

さて、小沢さんが自民党時代、400兆円も借金を一人で作ったといわれるのを良く聞きます。凄い人ですね。本当にそんなことが出来る大物でしたか?そしてたった一人大統領でもない方に、反論すら出来ない情けない政党でしたか?

そんな凄い方が民主党に居れば安心ですね。(笑)
是非、動かぬ証拠をお見せ下さい。政府ご用達新聞・産経の捏造記者のソースは要りませんから確実な物をお示し下さい。そうでないと只の妄想話でしょ?

<訂正します>
投稿者: em5467-2こと恵美 | 2009年08月13日 11:56
平野貞夫さんの職歴は、自民党の事務局ではなく、「衆議院事務局」でした。申し訳ありません。
豊後の小兵衛様にご指摘頂きました。

T.Kawakamiさん、
>この度は大変ご苦労様でした。
鳩山氏の弱点の網羅集と言いますか、よくこれだけたくさん引用記事を集められましたね。

いえいえ、読んでもらえればご理解いだだけるはずですが、
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090802/stt0908021800001-n1.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB
を一部抜粋しただけです。楽ですよ。

>ぜひ麻生氏のぶれた記事収集をご紹介願えないでしょうか?

ブレに関しては、前にも書きましたが、麻生氏は本当に口が軽いアンポンタンですからね。
面白い記事があったので、転載しておきます。
《「麻生首相はブレてない。毎回ブレてる」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090529/plc0905292301026-n1.htm
(一部抜粋)
民主党の鳩山由紀夫代表は29日夕、国会内で記者団に対し、厚生労働省分割論をめぐる首相発言の変遷に関して「首相はブレていない。毎回、ブレるのを繰り返しているという意味で。国民もああまたか、と最初から信用していなかったのではないか」と皮肉った。》

でも、「すぐに訂正」する麻生氏は、少なくとも、
《27日に発表した民主党のマニフェストを「実はこの間出したのは政権政策集で、正式なマニフェストではありません」と言い放った》
みたいな「お粗末な嘘」はついていないし、
鳩山氏のような「明らかな犯罪(献金虚偽記載等)」は犯していませんよ。
もう一つ、
《現実に直面してブレる民主党は麻生さんへの非難を撤回するべき
http://nobu-bookshelf.cocolog-nifty.com/random/2009/08/post-1f89.html
(一部抜粋)
民主党がマニフェスト(政権公約)に日米の自由貿易協定(FTA)締結を盛り込んだことについて、全国農業協同組合中央会(JA全中)やJAグループの政治団体、全国農業者農政運動組織連盟(全国農政連)など農業関連9団体は31日、抗議する声明を発表した。8月7日には、東京都内で全国代表者緊急集会を開催する方針だ。
西日本新聞:公約に「米と締結」 「農家の危機」反発 自由貿易協定 民・自が火花 問われる農業の競争力強化
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/election/2008syuin/kyushu/20090731/20090731_0011.shtml

鳩山由紀夫代表は30日、長野県での街頭演説で「コメなど重要な作物は簡単に道を開かせない。交渉でしっかり主張するので安心してほしい」と語った。自民党の批判をかわす発言ながら、コメや牛肉など重要品目抜きで米国を納得させられるのか。今度はFTA締結の本気度を疑問視する声が聞かれだした。

元党首・現党首もここ十年来ぶれまくっています。現状で、ぶれて居ないのは民主党政権を望んでいる日教組・自治労・公労そして民主党事務局だけ。子供を持つお母さん、大事に一票をお使い下さい。一時の金で日本が属国に成るとお子さんの居場所が日本には無く成ります。》
鳩山氏の「嘘吐き」であるという人間性は危険です。

ウーさん、
>あなた達の特徴は、民主党とその支持者の批判しか行わない事。政権政党、責任力(笑)のある党の政策を評価したことありますか?

公明党は民主党と大差ありません。
自民党は単独過半数を取れば連立を解消すべきです。
私個人は、公明党に投票したことも、投票する意思も全く無いです。

自民党に関しては、有力な愛国議員が多い政党で、愛国議員によって超売国法案を阻止してきたし、
人権擁護法案(法務省案)や外国人参政権のような危険な法を'党'として推進した事は無い。
当然、BESTでは無いがMUCH BETTERではある。
しかし、公明党の影響も強いのが痛い。
一番駄目なことは、公明党と組んだこと。
愛国議員が多いのはいいが、有力な売国議員も多いので個々の候補者を見極めることが重要。
代表的な売国議員 河野洋平(議長就任により会派離脱中)、河野太郎、中川秀直、山崎拓、加藤紘一、古賀誠。
代表的な愛国議員は安倍晋三、中川昭一、麻生太郎。

将来の展望は、
公明党は、日本の中に朝鮮を作ることが展望でしょう。民主党と同様に、怖ろしい党です。

自民党は、多数を占める保守派議員は現実的に国を運営していくことが展望でしょう。
自民党にも、危険な売国議員はいるので監視が必要ですが。
正直、他国を安易に支援し過ぎな面は、私も当然気に入りません。

と、過去にも書いてますよ。


>約2週間強で政権交代が確実視されてる今、反民主党信者としてはもどかしい中、

そうでもないですよ。
都議会選挙も東国原騒動で脚を引っ張られても僅差でしたからね。
実質は結構、接戦だろうと思います。

《365アンケート「あなたは民主党政権の誕生を望みますか?」集計結果
http://www.hokkaido-365.com/news/2009/08/post-288.html
(一部抜粋)
<「望まない」「どちらかといえば望まない」と答えた方の主な自由記述>

民主党の政策をよく知ろうともせず(知らせないメディアにも大いに問題はありますが)、
『今よりはマシになるんじゃないの?』程度の全く根拠のない楽観論でもって、
外交的にも内政的にも難しい状況にある今の日本を民主党に託す気になる人たちの気持ちが、私にはどうにも理解できません。
もちろん私だって自民党がベストだと思ってはいません。
が、民主党の政策はまさに国家解体を促進するものです。
自民党と民主党とどちらがマシか?と言われたら、消去法で自民党を選ばざるをえないのが現状です。

本命は政界再編です。
売国政治家を追い出してほしい。
自民党か民主党なら間違いなく自民党です。
高速道路無料化、子供手当てなど、聞こえの良い公約を掲げる民主党ですが、現実的ではありません。
財源を示す事が出来ないのですから。
それに官僚出身者が多く、自治労・日教組を支持母体に持つ民主党に改革が出来るのでしょうか。
自民党政治が良いとは言いませんが、それでも『一度くらい民主党にやらせてみよう』と思う訳がありません。
『自民党政治が長く続いたからお灸を据えなければ』なんて感情論はいりません。
民主党支持者は具体的に、どういった事が支持する点なのかお聞かせ願いたいものです。

自民にもウンザリだけど、民主はイヤ。
しかも社民と連立とかますますもってありえない。
というか連立は民主にとっても足かせじゃないのか...?
民主は『無料』『人権』『国民を守る』なんて、そりゃ一見心地よい言葉を並べるけど、内容に説得力が皆無だし、それこそ日本が危ない。
日本が日本じゃなくなったらもともこもないので絶対にイヤです。
自民と、民主の保守派が一緒になってくれれば一番かなと思うんですが。

麻生総理の経済政策で景気は回復しつつあり、これからも総理を続けて欲しいと思います。
民主党は今まで審議拒否と総理へのネガキャンしかしておらず、外国人参政権など異常な政策を推進していて何も期待できません。
鳩山代表など党の幹部もスキャンダルを抱えていて政権につくべきではないでしょう。
今のテレビ、ラジオ、新聞、週刊誌はまるで北朝鮮のようで気味が悪い。

民主党がマニフェストを正式に発表しました。
マニフェストを見ると、外国人参政権法案や二重国籍容認、慰安婦法案などの売国法案に関しては、マニフェストからはずしたようです。
本当に姑息な手段だと思います。
民主党の最新の基本政策を記した"政策INDEX2009"には、目を疑いたくなるような売国法案をずらりと並べているにも関わらず、国民が投票の参考にしやすいマニフェストからはそれを隠しているのです。
マニフェストに明記してあれば国民の目に触れる機会も増え、"争点"の一つになる可能性もありますが、批判されるのを避け、選挙用のマニフェストからわざと外しています。
マニフェストに記載されていない政策は実施してはいけないという法案はありません。
民主党は政権獲得後、党の基本方針に掲げている売国法案を次々と成立させようとするのは間違いないでしょう。
国民は民主党の政策を見るとき、マニフェストではなく、政策INDEX2009などから民主党が本心からやろうとしていることは何なのかを読み解く必要があります。

幽霊が献金したのか。鳩山さん、シッカリして下さい、貴方は場合によっては次の総理大臣かも知れないのですょ。
これじゃー、小沢一郎さんと差はありませんね。
こういう事をすること自体、総理大臣の資格は無い。
それどころか、政治家としても不適格。

うちの両親はともに日教組。
きっと子供達の事なんか二の次、余裕で民主党に投票するんだろうなあ。
父はまだ聞く耳を持っていますが、母の方は...その甲斐あって?先日晴れて、母は教頭試験に合格しました(泣
一方自分で考える頭をもっている父は未だに学年主任どまり...教師としての評価でいえば、父の方が断然高いのにも関わらずです。
誰が見てもおかしい。民主党政権になれば、この傾向がさらに強まると思うと今から気が重いです。

小沢と一蓮托生だと自ら言っていた鳩山が、小沢に代わってぬけぬけと代表になったあたりから、政治家の顔を見るのも嫌になる気の病にかかっておりました。
今度はその鳩山の、死んだ人の名を使った個人献金の粉飾...。
しかし、与党は勿論他の野党も国民もそれを本気で怒る人は誰もおらず、うやむやのまま政権交代の足音だけが高くなるばかりで、ますます気の病が重くなりそうです。

ネットで情報を取ってる人は、まあそう心配ない。
でも選挙結果を左右するのは普段政治にさほど興味もなく、マスコミの情報だけで雰囲気で民主党に流れてしまうような、いわゆる無党派層。そういう人に民主党の実体をどうわかってもらうのか。
最近、そこだよな~問題は・・・などと考えています。

自民にはもっとしっかりしてほしい。
個人の保身を考えずに全員が一丸になって麻生さんを支えて戦えば結果的に自分を救うことにもなると思うのですが...お馬鹿さんが多すぎる。
民主には与党をとらせないようにがんばってほしいものです。あとマスコミいい加減にしろ!!

自民党は言っている事が現実的で納得出来る。
外交と安全保障の事もしっかり考えていれば雇用の対策、景気対策も色々している。
麻生総理は最初から言ってきたことを曲げたりしていないし、経済対策についても海外では高く評価を受けている。
何よりも日本のことを大切に思い、日本人のことを可能性を信じて日本のために日々働いている。
言ったら政局は不利になるであろう増税のこともきちんと説明してくれるし納得できた。

民主党は、党の政策に、沖縄問題、人権擁護法、外国人参政権付与は明確に掲げて広く社会に公表している。
→http://www.dpj.or.jp/policy/rinen_seisaku/seisaku.html 
政党選挙なんだから、民主党が大勝して、人権擁護法、沖縄返還、外国人参政権付与が行われても誰も文句は言えない。
それが民主主義の原則です。
知らない、知らなかったでは、100%済まされないし、仮に裁判を起こしても100%勝てない。》


少なくとも、インターネットで情報を得ている人の多くは、
民主党政策INDEX2009に書いてある
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html
書いてある非常識な法案:
①外国人参政権付与
②元慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど世界でも初と言ってよい慰安婦問題完全補償への取り組み
③国会図書館に過去の日本の「罪」を追及する恒久平和調査局の設置
④早期実現を主張していた選択的夫婦別姓
⑤米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外(海外)移設
⑥靖国神社に代わる国立追悼施設の建立
⑦安倍晋三内閣で成立した教員免許更新制を廃止すること
⑧人権擁護法案
⑨民主党沖縄ビジョン

危険な左翼政策を不安に思っています。

>T.Kawakami様

老婆心ながら、シンイチさんには何を言っても無駄だと思いますので無碍に相手しない方がいいかと思いますよ。所詮、ネトウヨか自民工作員の方です。私も以前、同じようなことを振ったことがありましたけど、まるっきり答えないし、長文書いて悦に浸っているだけの人で、要約とか分かり易さとか言う言葉を知らない方ですから。

>ウー様

仰る通りです。小沢一郎が与党を離れてから16年経っているということは当然、16年以上若い時代ってことになるんですけど、当時の自民党と言えば(方向性が合っていたかどうかは別にして)実力者揃いな訳ですから、小沢一郎一人の力で国債400兆もばらまけたとしたら凄いですよね。

投稿者: ひまじん 様
少なくとも去年の秋からの約1年間はそうであったとしかいえませんね。
風人様の言うように政治≒妥協ですが妥協点を見つけるために協議を重ねてきましたか?
党首討論も討論ではなく主張しかしていなかったと記憶していますが。
政権交代を呼びかけるならそれこそ一番に取り組まなければいけないことは何か?を考えて器の大きさを見せ付けて欲しいものでした。
些事には妥協ノーカット放送については下記URLでも見てください。普通ならこんな条件をつけなくても地上波でノーカット放送するはずですがね。
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c5%de%bc%f3%c6%a4%cf%c0&k=200908/2009080400703
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090812/stt0908120735000-n1.htm

投稿者:: pam 様
pam様の主張にも一理あります。
しかし、民主党は審議拒否に走りました。審議拒否をするというのは参議院第1党となった責任を放棄することに等しいと思います。議論を尽くして1ヶ月が経ち、結論が出ずに流れてしまったものを自民が2/3を使って再議決を行ったならば自民が非難されてしかるべきでしょうが、審議拒否をして何もしないで1ヶ月経ってしまったのなら再議決を使われても致し方ないと考えます。野党としての責任を放棄してしまっているのですから。
民主党は確かな野党として活動していましたか?
定額給付金について反対する所から1連の審議拒否が始まりましたが、民主党も似たような案を出していたのだから妥協する余地が有ったと思います。それなのにバラマキだなんだと非難して妥協点を探ることはしませんでした。
この手の審議は素早さが求められます。グダグダになった時点で自民が撤回してしまっても良かったとは思います。
ただ、確かにある程度の経済効果は有ったので撤回してしまっていたらいまよりも若干国内消費が低下していたでしょう。

揚げ足を取るだけなら誰にだってできます。それが野党の仕事だというなら自民党でも出来ると思いますよ。

投稿者:: 熱烈な自民党支持者様
小沢氏は特定団体からの献金が他の議員と比較して明らかに多かったから非難されました。
私個人の意見を言えば、迂回献金している人全て検察に検挙されてしまって良いと考えます。不正をする政治屋なんて日本に要りません。
国のためにではなく個人のための権力闘争なんかに明け暮れているから支持が減っているのでしょう。
私は自民党を大して支持していません。ただ"マシ"というだけです。

投稿者:: ウー 様
私は小沢氏1人でその借金をこさえたとは言っていません。しかし、金丸信氏と共に公共投資基本計画の立案かかわっていました。ソースが無いというならそれでも良いですが、自民党中枢に居たのは事実です。もちろん海部内閣が一番責任が重いです。しかしその借金を作った元凶の一人であるにもかかわらず、自身を省みることなしに平然と自民党が作った借金だと批判するその姿勢を支持することは出来ません。

ウーさん、
>政府ご用達新聞・産経の捏造記者のソースは要りませんから確実な物をお示し下さい。

それを説明するためには、まず、『新聞』の話をしなくてはいけません。

創価学会のメディア支配の影響力は公明党と創価学会の発行するそれぞれの新聞を合わせることで生まれています。
これは2紙の新聞の“記事”が持つ影響力だけの話ではありません。
“印刷”を通じて、大手新聞全紙に関係しているのです。

あまり知られていないことだが、全国第3位という甚大な発行部数を持つ創価学会の『聖教新聞』と、政党新聞にも関わらず聖教新聞の約半分に
匹敵するほどの膨大な発行部数を持つ公明党の『公明新聞』の2紙は、“自前の印刷工場”を持っていません。
それをどのように印刷しているかというと、実は全国紙を発行する新聞社の印刷工場の空き時間を“買って”全国大手各社の工場で印刷しているのです。
それがどのような意味を持つかといえば、
この『聖教新聞と公明新聞をあわせた2紙の賃刷り』というもので
『産経、朝日、読売、毎日』など全国数十社の大手新聞社にとって
朝鮮が数億円規模の大スポンサーになっているということです。
また、そのグループ企業である『フジテレビ、テレビ朝日、日本テレビ、TBS』にも同様の影響力が及び、
さらにテレビには一社提供番組等の莫大な広告利権を与えることにより民間メディアをほぼ全て囲ってしまいました。
加えてNHKも、予算や決算に国会の決議が必要であり、与党の一角に公明党があることで日本のメディアは完全包囲されているのです。

(※産経新聞、読売新聞、フジテレビなどは中ではまだまともな方です。
  逆に毎日や朝日は中国や朝鮮に制圧された最悪の工作新聞であると言えます。
  ただ、どちらも創価学会に関する報道をしないという点では同じです。)

こうして日本では創価学会と在日朝鮮人関連の情報は「雑誌」などの中小メディアでしか知ることができなくなりました。(政治家のスキャンダルのほとんどが「雑誌」などから発覚するのとよく似た構造。まだ現時点では雑誌のジャーナリズムは圧力では握りつぶせないことが多いらしい)
ここでいう中小メディアとは『中規模・小規模の新聞や、ローカルテレビ、雑誌、インターネット』などの朝鮮の影響が及ばないもののことです。

つまりは、在日朝鮮人の既得権益・利益=創価学会の利益になることを損なう情報はネットか産経系のマスコミからしか入手できないからです。

何回同じ事を書かせるんでしょうね?

【■石原慎太郎の暴露話
小沢総理なんてまっぴらゴメンだ
総力大特集 安倍か、小沢か WILL 2007年9月号  ●石原慎太郎 (東京都知事)
http://www.youtube.com/watch?v=8rXO9BD3IrQ

小沢が「日本の親父」!?

 先週の週末、台風一過で久し振りに多摩川の土手を散歩し、町に出ると、見慣れないポスターが目に付いた。
民主党党首・小沢一郎の顔が、表情の違うものが3枚並んでおり、その真ん中のポスターに「我らの親父」と書いてあった。
 参院選を契機に与野党逆転させ自分の政権を作り、小沢内閣ができて自分が総理になるつもりなのだろう。
そういう意味で、「我らの親父」というキャッチをつくったんだろうが、私は彼が「日本の親父」になるのなんてまっぴらゴメンです。
 若い人は知らないだろうし、年配の方も忘れてしまっただろうけれど、小沢一郎が自民党でさんざん好き勝手をして、大金もつくり、平成5年に自民党を出て新しい政党を作った。
それで政界は大混乱になった。その党は新生党という名前だった。
 昭和49年、私は『文藝春秋』に角さんの金権政治を批判して「君、国売り給うことなかれ」という論文を書いた。
それが引き金になって、立花隆さんと、もう一人は亡くなった児玉隆也さんの田中角栄の批判の記事が載りました。
 立花さんは「田中角栄の金脈と人脈」を書き、児玉さんは「淋しき越山会の女王」というタイトルで、田中派を牛耳っていた佐藤昭という金庫番の女性のことを書いた。
すると、それがきっかけで彼女を参考人として国会に呼ぼうじゃないかということになった。
角さんは「これはいかん」と思ってパッと辞めちゃった。
 角さんが辞めたのはロッキード事件ではない。ロッキード事件は辞めた後のことです。
 私は角さんはアメリカの陰謀の犠牲になったんだと思う。
角さんは何もかもアメリカに牛耳らせてはならない、せめてこれからのエネルギー、原子力のウラニウムの供給だけは自前のルートを作ろうと、首相外交でやろうと思った。
それがアメリカの勘に触った。
 エネルギー問題でアメリカの虎の尾を踏んだ田中角栄を完全に葬ろうとして、アメリカがメチャクチャな裁判をけしかけてきたのです。

  過去にけじめもつけずに

 しかし、金権で倒れた後も、ロッキード事件が起こるまで角さんの作った田中派、「経世会」は、自民党すなわち日本の政治を牛耳ってきた。
そのもとで一番、勝手気ままなことをした金丸信という人の庇護の下で、30代で幹事長をつとめ、自民党を壟断してきたのが>小沢一郎です。
その小沢一郎がさっさと仲間を固めて出て行って、新生党を作った。
その時に、田中角栄の金権政治と戦った立花隆さんは朝日新聞にこう書きました。

  《羽田新党とは何か。あなた方は、要するに経世会の分裂した片割れではないか。経世会とは何か。
要するに旧田中派ではないか。田中派とは何か。
5億円収賄犯・田中角栄をかついで、日本の政治を10年余りにわたって目茶苦茶にしてきた徒党ではないか。
  党外の刑事被告人を領袖とあおぎ、天才政治家とあがめ、田中が右といえば右、左といえば左に動いて、日本の総理大臣の首を次々にすげかえ、数の力であらゆる道理を踏みにじってきた、政治腐敗の元凶のような集団ではないか。
あなた方はその中核だったではないか。
  田中が病気に倒れると、看板を経世会とかけかえただけで、田中派時代と全く同じように、金の力と数の力で政治を支配し、権力のうま味を思う存分吸い取ってきたのが、あなた方ではなかったか。
  あなた方のつくったそうした政治構造が、リクルート事件を生み、佐川事件を生み、金丸事件を生んだのではなかったか。
いまや政治腐敗の代名詞となった竹下・金丸は、あなた方の大親分ではなかったか。
ついこの間まで大親分の集めた黒いカネを喜んでもらっていたのは誰なのか。
  政治改革という錦の御旗を振り回していれば、そういう恥ずべき過去をみんな忘れてくれるとでも思っているのだろうか。
  いま必要なのは、政治改革よりあなた方の人間性改革だろう。
その第一歩は、日本の政治を破壊し腐敗させてきたのは自分たちであると正直に認め、懺悔し、反省することである。
自分たちの過去にけじめもつけずに、何が新生だ。ちゃんちゃらおかしい》
(1993年6月24日)

 かなり激しい文章だが、しかしこの通りだと思う。

  アメリカの経済奴隷に

 日本とアメリカの関係の中で、日本をアメリカの経済奴隷にしたのは誰か。金丸・小沢じゃないですか。
 大都市はともかく、地方都市の商店街はほとんど潰れてしまった。そして代わりに郊外に大店舗が出来た。
私は自分の選挙区での体験から、こんなものを作ったら商店街は駄目になるとわかっていたし、多くの者が反対した。
アメリカの圧力のままに、大店舗法なるものを改悪し、商店街を潰したのは金丸、小沢です。
 それから、やっちゃいけない日本とアメリカの対の経済構造協議というのをやった。
 世界が狭くなってきて、経済先進国同士で問題が起こると世界全体に影響を及ぼすからと、みんなで合議しようということで>経済先進国が集まってWTOとかOECDを作った。
 しかし、アメリカは日本の経済に押されて具合が悪くなってきたので日本をとっちめてやろうと、安保条約で恩に着せて、自分達が軍備を使って日本を守ってやっているんだから言うことを聞けといって、バイラテラル(2国間)の経済構造協議をやることになった。
 私達は大反対しました。案の定、アメリカは270項目の要望を突きつけてきた。中にはとんちんかんなものが随分あった。
 私はそれに反対して、140項目の反対案を作った。
私が主宰している黎明の会という政策研究会のメンバーには、今は自民党を離れてしまった亀井静香くんや平沼赳夫くんがいました。
 そして私達がそれを発表しようと恩ったら、自民党の最高議決会の総務会が4回潰された。小沢幹事長が命じたんです。
会期末だったので、そのまま国会は閉幕。仕方ないから私達は翻訳して、外人記者クラブでも発表した。
アメリカは嫌がるだろうけれど、私はやりました。しかし結局、アメリカの無法な要求はいくつか通りました。

  金丸のひと声で40億ドル

 それをいいことにアメリカが何をやってきたか。毎年、日本はアメリカから年次改革要望書というものを突きつけられている。ああしろ、こうしろといろいろなことを言ってくる。
 例えばアメリカの弁護士は水準が低く役に立たないのが多いのに、日本でも弁護士を増やせ、そしてアメリカの弁護士も日本で弁護できるようにしろと言ってきている。あるいは、金融市場をもっと開放しろとも。
 金丸・小沢が牛耳っていた頃の自民党の歴代の大蔵大臣はたいした危惧も持たずに「ビッグバン」「ビッグバン」とはしゃいで金融の自由化をしました。
 今どうなっているか。ヘッジファンドがどんどん出てきて、日本の会社を買い占めて売っている。
ハゲタカファンドが日本で好きなことをして儲けている。こんなことを許したのは誰かといえば、小沢一郎じゃないですか。
 そして1991年(平成3年)に湾岸戦争が起きた。
プレディというアメリカの財務長官が日本に圧力をかけに飛んできた。
アメリカにはカネがないから、日本はカネを出せと言いに来た。
 当時は傀儡政権の海部政権、これは金丸と小沢が作った内閣です。
金丸は海部の言うことなんか全く聞かずに、自分で人事をし、内閣を作った。
海部は総理にしてもらっただけで、人事は何もできなかった。
 その海部内閣の主要閣僚、外務大臣・中山太郎、大蔵大臣・橋本龍太郎、通商産業大臣・武藤嘉文、内閣官房長官・坂本三十次の4人で紀尾井町の「福田屋」という料理屋で接待したら、ブレディがいきなり40億ドル出せと言った。
 4人はぶったまげて「そんなカネは急には出せない」と断った。
ブレディは繰り返し3回言った後、「駄目なら俺は帰るぞ。駄目なんだな」と念を押した。
 「よしわかった。これで日米関係は悪くなる。あんた方の責任だ。もう1回名前を教えろ。中山、橋本、武藤、坂本だな」。
 そうしたら慌てて一人が立ち上がって「ちょっと待ってください!」。
恐らく宣房長官の坂本でしょう。そう言ってある人に電話をかけた。
 当然、相手は幹事長の小沢です。その後には金丸がいたろう。
小沢が相談して、金丸が「それじゃあ出してやれ」となって、40億出すことになった。

  刻印のない金の延べ棒が

 ブレディは日本に4~5時間しかいなかったのに40億ドルせしめて帰ってきて、ワシントンで記者会見をした。
 私は日本の政治家で一人だけ外人記者クラブのメンバーなんです。年中アメリカ人の記者と喧嘩する。
喧嘩すると仲良くなるので、こちらに嫌な情報も教えてくれる。その一人からブレディの情報を聞いた。
けれども嘘か本当かわからない。
NHKの日高義樹くんが当時ワシントンの支局にいたので、帰国した時に裏をとって聞きました。その通りだと。
 記者会見で、記者が「あまり機嫌がよくないけど、日本はやっぱりカネを出しませんでしたか」と聞いた。
ブレディは「出したよ」と答える。
 記者が「不機嫌なのを見ると、額が少ないんですね? いくらなんですか?」と聞かれて、ブレディが「40億ドル」と言ったら、みんなぶったまげた。
 日本に数時間しかいなくてそれだけのカネが取れたのなら大成功じゃないですか、と言われたブレディがニヤッと笑って
「俺は2日かかると思ったんだが、アイツらちょっと脅かしたら4時間でカネを出した。だったら最初からもっとふっかければよかった」。
こんなことまで言われていたんだ。
 その後、さらにアメリカは90億ドルを要求してきた。
さすがにこれは内閣の一存では決まりませんから、9月に臨時国会を開いて、結局、合わせて130億ドルを出してアメリカの戦争を助けた。
 ところが出した直後に戦争は終ってしまった。カネをどう使ったか報告がない。
日本にキックバックしたという噂があります。
日本のメディアはやる能力も覇気もないから調べられない。
アメリカ人の2人の記者が書きました。
そのカネが誰にいったのか。想像に難くないけれど。
 そして、それからすぐ小沢一郎は党を割って出て行った。
 その後、1992年(平成4年)に金丸事件が起き、金丸さんは略式起訴された。
警察が金丸さんの事務所に踏み込んでみると、刻印のない金の延べ棒が出てきた。
金塊というのは、それを作った国の刻印が必ずあるんです。
刻印のない金塊は北朝鮮です。
北とどういう取り引きがあってのことか。途中で当人が亡くなってしまい真相は闇に葬られてしまった。
  小沢・金丸は何をやったんですか。
アメリカに約束した8年間に430兆のカネを無駄遣いして日本の経済力を弱めた。
 430兆のカネを使って何をやったか。
沖縄の経済需要の全くない島に5万トンのコンテナ船が着くような港ができている。
市長が自慢して見に来てくれと言われたけれど、
船が来るのかと聞けばニヤニヤ笑うだけ。
 北海道で熊や鹿しか出てこないようなところに道路を作った。その先に街なんかありゃしない。
そういう馬鹿なことをやった。みんな国民の税金です。そのため国債も発行した。
それで日本の財政はガタガタになってしまった。
 いまだに670兆という厖大な国債がある。あっという間にイタリアの倍の国債依存率になってしまった。
この体たらくを作ったのは誰なんですか。
(中略)
 小沢一郎のような人物が日本の親父になったらとんでもないことになります。

●「小沢総理」の実現の可能性が近づいているとすれば、「日本もいよいよ独立国としては終わりに近づいた」という印象を受けます。
アメリカ(の支配層)から「自民党潰し」の指令を受けた小沢一郎という“猿回し師”が、いよいよ自分で“庶民騙し”ともいうべき悪猿の踊りを演じようとしているからです。
小泉前総理が自民党の支持基盤を徹底的に壊してしまったあと、それに呼応するかのようにマスコミが動きはじめ、民主党待望論が叫ばれるようになりました。
  しかも、石原氏が暴露していますように、これまで黒幕としてさんざんな悪事を重ね、日本という国を売ってきた政治家が、自ら表舞台に立とうというのですから、まさに「(日本沈没の)機は熟した」と判断しているのでしょう。
私は、安倍内閣誕生以降の政界、マスコミ、財界等の動きから、終末における「サタンのシナリオ・日本版」の幕が上がったと見ています。
ここ2~3年のうちに、テレビのスポーツ番組やその他の低俗な番組を見て浮かれておれるような状況でなくなるのは確かでしょう。心しておきたいものです。
  それにしても、日本の政治の中枢にいる政治家たちが、アメリカの財務長官の脅し文句ひとつですぐに国民の血税から40億ドル(4,500億円超)を貢いでしまったというエピソードには、あ然とさせられませんか。
(なわ・ふみひと)


■日米構造協議とは
日米構造協議(にちべいこうぞうきょうぎ、英: Structural Impediments Initiative (SII))とは、アメリカと日本の間で、日米貿易不均衡の是正を目的として1989年から1990年までの間、計5次開催された2国間協議である。1993年に「日米包括経済協議」と名を変え、1994年からはじまる、現在の「年次改革要望書」への流れを形成した。
⇒年次改革要望書の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/167.html

■愛国者が伝える小沢の正体
http://www.youtube.com/watch?v=S923LRvoc28


実際に話している動画以上に信用できるものはありますか?

タナカコースケさま

もしかしてスキー部出身、ゴルフ上手な方ですか。

Revolutionさん、
>所詮、ネトウヨか自民工作員の方です。

《ネット右翼とは
http://www.geocities.jp/uyoku33/
「ネット右翼」という言葉は、上記でも紹介した「在日」などの反日勢力が広めてきた言葉です。

この言葉は、マンガ嫌韓流の発売時期(2005年)に極東アジアニュース板で作られた言葉であり、

インターネット上で、中国や韓国を批判する人に付けられた蔑称です。

☆右翼団体(街宣右翼)の特徴
・代表者には在日コリアンが多い。
・迷惑な街宣活動は日本人の国家意識を低下させる目的がある。
・暴力団が右翼団体に資金提供する(右翼団体を傘下に入れる)ケースがある。
 (暴力団対策法以降、国や警察に対抗するため、右翼・政治結社を標榜するようになった)
・「アジア(亜細亜)」という言葉を好んで使用する傾向がある
(構成員に韓国・朝鮮籍が多い為)

☆ネット右翼の特徴
・ネット右翼は、「中国」「韓国」「創価学会」などを批判する人に付けられた蔑称。
・「ネット右翼」は在日を批判する傾向があり、右翼団体と連携することもない。
 むしろ犯罪を伴うこともある右翼団体の活動を批判し敵視する。
・ネット上の活動だけでなく、反日団体に対するデモに参加することがある。
・反日的なブログに対して批判を書き込む。
・国益を重視した発言をするのが特徴
・保守系の国会議員を支持する傾向がある。(自民党の5割以上、民主党の1割~2割)
・民主党と公明党が「在日への選挙権付与」を公約に入れていることに対して
特に批判している。

☆「ネット右翼」という言葉を使用している人の特徴
ネット上の保守・愛国派と、危険な右翼団体を混同してしまっている人が頻繁に使用する
(右翼団体は保守・愛国者のイメージを落とすために活動している)

☆「ネット右翼」の使用方法
多くの日本人が中国・韓国びいきである一方、中韓を批判する日本人を「ネット右翼」とレッテルを貼ることで、
「なぜ中韓や在日が批判されているのか」を議論させない。
この言葉を使用している人は、特定の目的、恣意的にこの言葉を多用する傾向がある。》


上記の意味において、私は「ネット右翼」と呼ばれることに特別抵抗は無いですが、
ネトウヨや特に自民工作員とかの言葉を使う日本人は、ほぼ皆無でしょうね。

《2ちゃんに出没する朝鮮系
http://home.graffiti.net/rokusan/evi.html

2ちゃんねるのスレッドで、在日朝鮮人(日本に帰化したコリアンかも)たちが、悪意ある書きこみを行っているらしいことが判明しました。
彼らは、根拠なく日本人をコリア系に見せかけようとしたり、疑わせようとしたりして、日本人を陥れることを楽しんでいるようです。
このページでは、その悪意あるコリアンらしき人物が某板で過去に行ったことを明らかにします。

2ちゃんに出没する悪意ある朝鮮人らしき人物の特徴
 ◆気に入らない発言を引用してさらしものにする。
   (コピーしてさらすだけだが、この陰険さは非日本的。)
 ◆ソースもなく芸能人等を氏名漢字だけで朝鮮・部落系だと
   ほのめかす。
 ◆日本人がデマに反論すると「在日工作員」扱いしてくる。
◆自分が在日のくせに「在日工作員妨害工作だ」と主張する。
 ◆朝鮮系に不利な情報を「デマ工作」であるかのように宣伝。
 ◆複数の日本人の批判に会うと「自作自演だ」「○=△」と書き、
   全部同一人物のしわざのようにでっち上げる。 

2ちゃんのこういう書きこみを見て、私はコリアンには一歩距離を置きたくなる心境になっています。
なお、この朝鮮人らしき人物を援護する別の在日・帰化朝鮮人らしき輩も2ちゃんの特定の板には複数いるようです。

【アジア系が海外で嫌われるのは猿顔のせいですか?】
【原爆を落とされたのをアメリカ人のせいにする日本人は勘違い甚だしいですよね?】
【世の中で最も優れた人種は白人人種ですよね?】
【白人とハーフ・モデル・日本人は猿】の投稿は総連の指示。
「日本人を白人嫌いにさせる」「アメリカと反目させる」究極目的の一端。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214389597》

《在日コリアンたちの本格的な日本侵略が始まっていることに気づいてください。
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-122.html
(一部抜粋)

「最近はネットのおかげで90年代以前なら使えたネタが通じにくいですが民主党さんにはがんばってもらいましょう。」

「くれぐれも違法にならないように、日本人の感情を刺激しないように、慎重に進める必要があります。
最近とくに若い日本人の間での「嫌コリアン感情」は無視できないものがあります。」

「これからは『私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう』というメッセージが必要でしょうね。
日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。

生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。」

「とにかくこれから2年は忙しくなります。
次の衆議院選挙は2009年の9月。ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。
そのためには良識あるアホな日本人をもっとたくさん増やす必要があります。

この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本のマスコミ各社に同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。
その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。

数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することもできるようになりました。
両方から攻めていきましょう。
我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で実現しようとしています。民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう。」

「とにかく日本の左派はまだまだ利用できます。 とくに日本が嫌いなアホな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます

「これから何十年も何百年も続いていく我々の利益のためですからあと何年か、がまんしましょう。
こちらが一歩さがって、日本人の自尊心をくすぐってやるんです。やつらはそういうのに弱いんですよ。ははは!」》


日本人の閲覧者の方々の参考までに。

N.R.様

 大勢の方の意見に一々丁寧に応対なさっておいでで、大変ご苦労さまです。明らかに民主党支持者が多いここのコメント欄でそうでない論陣を張るのは大変労力のいるもので、敬意を表します。

>自民党は党首討論をしようとずっと言っていました。しかしながら、民主党はそれを受けないばかりか、審議拒否をして委員会に出席すらしなくなった。これでどうやって妥協点を探るのでしょうか?


 党首討論が行なわれなかったことについては小沢一郎氏に訊いてください(私は知りませんので)。「妥協点を探る」ことについては、議運での話し合いとか、国対委員長会談とか、国会の委員会以外でも様々なチャンネルがあることはご案内のとおりです。与党の側にやる気さえあれば道はいくらでもあるのです。

 それではまた。

そうなんですか。
自民党が、ノーカットで放映するように、条件を出してていたのだが、その条件のために、危うく討論が中止になる可能性さえあったので、自民党は、しかたなく、ノーカットの条件を取り下げ、このような、どのテレビ局も選挙公示直前の党首討論を生中継しないことになったというのですね。
N,R,さま、ご丁寧に時事と産経の記事を貼り付けてまで、ご説明いただき、私の間違いを指摘してくださっているようで、ありがとうございます。、
しかし、私には、時事と産経の言っていることが、さっぱり理解できないのです。
なぜ、ノーカット放映だと開催が危ぶまれることになるのかが、書いてない。
主催者である21世紀臨調は、多くの国民に選挙の選択に役立つことを願ってこの党首討論を開催する、といっていますから、「ノーカットなら、開催しない」というはずがありません。
では、すべてのテレビ局が、NHKさえ、もが、この重要な時期に、来る選挙に大きな影響をもたらすであろう党首討論を、ノーカットで放映することを拒否したというのですね。その理由とは、なんでしょうか?
ノーカットで放映することになんの問題があって、テレビ局は、拒否したというのでしょうか?
「真実をを報道する」というのが、報道機関の使命ではないのですか。
裁判員制度開始とともに、「取調べの可視化」がより求められるのも、キレッパシの情報に真実はないからでしょう。
文字の上からだけでは、分からない、討論全体の雰囲気や各党首の人間性やその言葉の真実味など、ノーカットで有権者に伝えるべき多くの情報もそこには、あったはずです。

あえて、テレビ局は真実を報道することを拒否した、と時事 産経の記事に、書かれているいるようにも読めます。
こんなことを書かれて、各テレビ局は、よく黙っていられるものです。
どう考えてもこれは「変な話」です。
選挙直前に党首討論が行われているのに、どこのテレビ局も中継しないなんて、そんな先進国、民主主義国家が、どこにあるでしょうか。

何があったのでしょうか。
何かがあったのにちがいない。
でなければ、こんな異常なことがおこるはずがない。

ともかく、テレビ局と自民党の濃密なやりとりが、そこには、あったということが、時事 産経の記事に記されています。

時事、産経の記事を含めて、この訳の分からなさを気持ち悪く思います。
マスコミが、政治権力と結びついて、真実を報道しなくなったとき、ファシズムは完成されるのですから。

ねこのしっぽことsumiko さんへ

普通に考えればなんですが、既に実質的な選挙戦は始まっており、公平性という面から二党のみの討論番組の放送をはばかったということかも知れません。自民&民主の二党だけの宣伝になりますんで。(実際に二党討論への不満表明の党もあり)

N.R.様 レス感謝します。
あなたの満足いくものでなくともこの4年間、党首会談は行われ
与野党で審議はあったようですね。
政治を妥協と呼ぶのは結構、ですが妥協するまでの決断に
時間をかけすぎてはいけません。

妥協できず、ゆずれない争点があるなら、与党は解散できます。
それを金融危機に際して政治空白は許されぬと
先延ばしし、史上最長40日間という選挙のための政治空白をつくる。
この矛盾だけでも、自公政権には大きな失点です。

次に自民党のノーカット放送要求について。
WEBの記事なら他にヤフーにも見かけましたが
いつ・どこで・(自民の)だれが要求したかは正確でなく、証拠とは呼べません。
マスコミの制限、情報統制とも受け取られる条件付けを書面で送るほど
自民広報部もバカではなかったのでしょう。

郵政解散時はなかった姑息な要求に、たやすく屈するマスコミ。
自民擁護と呼ばれる所以です。
それを否定したいのなら
民主党がマスコミへカット放送を要求した証拠を探すべきです。

シンイチ さんへ

>■愛国者が伝える小沢の正体
http://www.youtube.com/watch?v=S923LRvoc28


>実際に話している動画以上に信用できるものはありますか?

私は信用しません。と言いますか、信用しろと言うにはちょっとばかり無理がないか?実際に話している動画だから信用せよってそら無理です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/瀬戸弘幸

山田太郎さん、
>私は信用しません。と言いますか、信用しろと言うにはちょっとばかり無理がないか?実際に話している動画だから信用せよってそら無理です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/瀬戸弘幸>


では、こちら↓はどうですか?

石原慎太郎都知事 「小沢一郎の正体」http://www.youtube.com/watch?v=8rXO9BD3IrQ

も、

なわ・ふみひと氏の
石原慎太郎の暴露話
小沢総理なんてまっぴらゴメンだ
総力大特集 安倍か、小沢か WILL 2007年9月号  ●石原慎太郎 (東京都知事)

も、信用できませんか?

NRさんへ

何か論理破綻していますね。

小沢氏への献金なんて新聞でも明らかなように自民党の代議士に比べわずかなものです。
私の先生など小沢氏より10倍迂回献金を受けています。オバマさんでもそうですが、金を集めることが出来る政治家ほど力のある政治家です。

また個人の収入のために金を集めている政治家は私の知る限り殆どいません。人材を育成したり政策作りで情報を集めたりするのにどうしても政治資金が必要なのです。(政治家を近くで見ている実感です)

あなたには政治家の仕事というものが全く分かっていない。安っぽい正義感を振り回すだけでは日本はよくなりませんよ。
(私の先生は「金権政治化という言葉は官僚達が政治家の力をそぐためにマスコミをけしかけて流行らせた言葉だと言っていました)

ところで自民党が支持を失ったのは、自民党代議士の集金能力が減ったためロクな政治活動が出来なかったからです。

もちろん民主党も金を集めることができないトウヘンボクばかりですから何時までも政権と無縁だったのです。

近年、やっと小沢氏の政治力で政権交代するところまでたどり着いているようですが、小沢氏がいなくなれば、資金力のある自民党が政権を取り戻すのは間違いありません。

<小沢氏は特定団体からの献金が他の議員と比較して明らかに多かったから非難されました。
私個人の意見を言えば、迂回献金している人全て検察に検挙されてしまって良いと考えます。不正をする政治屋なんて日本に要りません。
国のためにではなく個人のための権力闘争なんかに明け暮れているから支持が減っているのでしょう。
私は自民党を大して支持していません。ただ"マシ"というだけです。>

投稿者:NR 様

記事のコメント欄なので、これ以上の私からのコメントはいたしません。ご容赦ください。

審議拒否はそんなにダメですかね?
自公支持者の方は盛んにそれを言いますが、私は野党としては審議拒否もありだと思っています。
与党案に反対で、かつ、与党が歩み寄りを見せなければそれも仕方ないからです。

国会議員は国民の代表です。それゆえ、民意を汲み取れない自公には退場していただくのが当然です。私は、いわゆる無党派層ですが、今の自公を信任することはありえませんね。

シンイチ様

面白い情報ありがとう。
小沢さんは昔からすごい政治力を持っていたんですね。
自民党政権の悪行の数々がすべて金丸・小沢に端を発しているとは、他の政治家は何をしていたんでしょうね。
(一笑に付したら駄目ですかね)

しかし、小沢さんが自民党を出てから何年になりますか ?

WILLは私も時々読みますが、最近の小沢たたきに嫌気がさしてやめました。

900兆円の借金を垂れ流し、国民の福祉を切り捨て不幸のどん底に陥れる無能無策の自民党をなぜ応援するのか私には不思議でかなわない。

ナゴヤシミンさん、
>900兆円の借金を垂れ流し、国民の福祉を切り捨て不幸のどん底に陥れる無能無策の自民党をなぜ応援するのか私には不思議でかなわない。>

その借金の大元を作った人達が小沢氏と金丸氏でしょう?
《いま必要なのは、政治改革よりあなた方の人間性改革だろう。
その第一歩は、日本の政治を破壊し腐敗させてきたのは自分たちであると正直に認め、懺悔し、反省することである。
自分たちの過去にけじめもつけずに、何が新生だ。ちゃんちゃらおかしい》
には、私も同感です。


■鳩山由紀夫氏は本当に首相が務まるのかという疑問
より一部抜粋
産経新聞記者(阿比留瑠比さん)のブログ 2009/08/08

《鳩山由紀夫代表の故人献金問題は、選挙後には間違いなく再浮上することでしょう。鳩山代表の弟の邦夫氏は昨日、福岡県大川市での演説でこうあからさまに兄を告発しています。

「あんまり大きな声で言えないが、兄の問題は、簡単に言えば、表にできない裏献金ばっかりいっぱい受けている。それでは恥ずかしいから、勝手に名前を借りた。だから、死んだ人の名前も借りた。

兄弟だから、私の友人たちがいっぱい入っている。私の友人で、兄に紹介した人たちは、勝手に名前を使われて、私のところに怒って電話をかけてくる。しかも、あっという間にもみ消し工作をやった。あなたが出したことにしてくれ、と随分もみ消し工作をやったら、マスコミのほうが取材が早くて、とんでもない目に遭った人がいる。出していないのに名前を使った。佐賀の知り合い。その方に、もらっていないが出したことにしてくれと兄の事務所が懸命に頼んだ。分かった、といって、マスコミが来たら「政治献金したような気がする」と言った。ところが兄の事務所はあわてて、しょうがないということで全部もらっていないところを消しちゃった。そしたら彼はもらっていないが、もらったとマスコミに言った。私は困っていると。

 もう1つ、脱税をやっている。知り合いには、あなたの名前を借りますがいいですね、と断って、Aさん、あなたが私に30万円寄付したことにしてくださいと。それで30万円、本当はもらっていないのに、寄付したことにすると総務大臣の書類が出る。Aさんが鳩山由紀夫に30万円寄付したと。本当は寄付していないが、所得税が減税になる。脱税をやった。友人たちがいっぱいいる。私はわずかに残っている兄弟愛があるので、これ以上言わない。」》


この故人献金の件は、仮に由起夫氏が首相となったら、早速予算委員会などで野党(自民、公明)から集中砲火を浴びるでしょうし、私が意見を聞いた範囲では、自民党議員・関係者も民主党議員・関係者もみんな「そのときは鳩山氏はもちこたえられない」と見ています。だってこれ、あまりに明々白々に「アウト」でしょうから。故人献金問題に対する告発は、東京地検に受理されていますし、これも選挙後には何らかの動きがあるものとみられます。

実際、これも与野党双方から「鳩山さんは選挙後、首相にはならない」との見方も聞こえてきます。やはり以前のエントリで触れましたが、小沢代表代行は鳩山氏はもたないとみて「次は菅だ」と周囲に言っていると聞きます。この情報は伝聞ですが、全く関係のない小沢氏周辺、与党幹部、政府関係者の口から割と近い時期に異口同音に同じことを聞いたので、おそらく当たっているのでしょう。

まあ、小沢氏にしてみれば、政権さえ取ってしまえば、シャッポは誰でもいい(言うことを聞かない岡田氏はまずいけど)ということかもしれません。いずれ「もたない」と判断している相手を選挙の「顔」として立てていていいのか、という疑問もわきますが、そんな良識が通じる人じゃありませんしね。


■日教組はもはや猛獣ではないがペットでもない、という話 より一部抜粋  2009/07/13
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1129135/#cmt
《森山氏 輿石氏は「教育の政治的中立などありえない」とおっしゃっている。私は教育の政治的中立は非常に大事だと思うが、輿石氏の考えは違う。もし万一、政権交代が実際に現実のものとなれば、輿石氏が文科相となる話がありうる。そうしたら、どうしたらいいのでしょうか。教育の政治的中立はないという人だから、「みんな民主党に(票を)いれなさい」「日教組を尊重しなさい」「日教組が弱い県には(文科省の)予算をやらない」ということがあるかもしれない。私は教育こそ、政権選択の最大のものだと思う》
《八木氏 自民党も右から左までいるし、民主党もそうだ。また、民主党には自民党以上に期待できる議員もいるが、ただ、決定的な違いは、それぞれが抱える「左」の体質だ。自民党の左は、「なんとなくリベラル」だが、民主党には「本物の左翼」「職業左翼」を抱えている。15年前の自社さ政権の再来だ。保守と左翼が野合して、実権は左翼に握られる。村山政権はわずか1年半だったが、その後も効力を発揮し続けているさまざまな政策がある。ゆとり教育の強化がそうだし、男女共同参画基本法の考え方を確立した審議会が発足したのもそうだ。教科書検定では、このときにすべての教科書に慰安婦の強制連行が記述されたし、村山談話もそうだ。本物の左翼を政権に抱え込むとそういうことになる。メディアは民主党が本物の左翼を抱えているということを、なぜはっきりと報道しないのか。

日教組は本物の左翼、マルクス・レーニン主義です。

本来、自民党との違いを訴え、教育における体制選択選挙だともっと前面に打ち出すべきだったとずっと言ってきた。日教組が与党側になれば、安倍内閣の教育再生をゼロベースに戻すだろう。私たちの子供や孫がダメにされる。民主党は早速、日教組の政策に乗って全国学力テストの廃止や、道徳教育である「心のノート」の廃止を打ち出している。(与党側となって)日教組がもっと影響力を持ち始めると、組織に入っていなかった人もそちらの方に流れていくとの懸念を持っている。

日教組は昭和27年に教師の倫理綱領をつくった。この中に、「教師は科学的真理に立って行動する」とある。これは科学的社会主義、マルクス・レーニン主義のことだ。また、「教師は正しい政治をもとめる」「教師は労働者である」という。これが日教組のDNAであり、この倫理綱領はいまだに撤回されていない。これらのものは、ソビエトの教育政策からきている。日教組が言っていることは、破綻したソビエトの教育理論だ》


逆に、私には
無能な審議拒否を繰り返し、
日本国民を不幸のどん底に陥れる目を疑いたくなるような売国法案:
①外国人参政権付与
②元慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど世界でも初と言ってよい慰安婦問題完全補償への取り組み
③国会図書館に過去の日本の「罪」を追及する恒久平和調査局の設置
④早期実現を主張していた選択的夫婦別姓
⑤米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外(海外)移設
⑥靖国神社に代わる国立追悼施設の建立
⑦安倍晋三内閣で成立した教員免許更新制を廃止すること
⑧人権擁護法案
⑨民主党沖縄ビジョン
等を、民主党政策INDEX2009http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html
に、ずらりと並べているにも関わらず、国民が投票の参考にしやすいマニフェストからはそれを隠している民主党を
日本人が、なぜ応援するのか私には不思議でならない。

党首討論はケンカレベルで見れば、麻生総理に軍配でしょう。しかし、国の将来をケンカの勝敗で決めてもらっては困ります。討論としてみるとどうか。
討論になってませんね・・・(泣)。

鳩山氏:
>この4年間で国民のみなさま方のお暮らしはどのように転じてきたのかと、よくなってきたと判断をされるのか。あるいは必ずしもそうではないよという判断を されているのか、この4年間の総括からぜひ、聞かせていただきたいと思います

麻生総理:
>マニフェスト に関してはかなりのものが実現はできたと、私どもはそう思っております

→その結果、国民の暮らしはどうなったのですか?質問の答えになってません。はぐらかしです。マニフェストの実現度は第三者の評価を素直に受け入れて反省すべきです。

鳩山氏:
>郵政民営化をすれば、景気もよくなる、地域社会もよくなる、社会保障も充実をする、外交関係もよく なると、こういう案をマニフェストとしてご提示をされた。私は現実はそうではなかったと<中略>私は総括、反省がきわめて足りないと申し上げなければなりません。そのことに対して改 めてお尋ね申し上げたい

麻生総理:
>今のご質問の中で、外交関係にも触れられました。外交関係、日中、日韓、含めまして、3国の首脳が集まって会談をしたいということをこれまで ずっと要請をしておりましたが、<以下略>

→そんなこと聞いてません。郵政民営化の波及効果について聞いてます。質問の趣旨を理解してください。

鳩山氏:
自民党さんは来年度後半には年率2%の経済成長を見込んでいると。<中略>そうなれば再来年の4月以降、できるだけ早い時期に消費税を増税 するということをマニフェストとしては、現実問題としておっしゃったと、そのように解釈してよろしいでしょうか

麻生総理:
>私らは基本的には、日本では中福祉に対しては中負担が必要だということを申し上げております。<以下略>

→そんなこと聞いてません(笑)。消費税を再来年の4月以降に上げないのなら、一連の景気対策に実績と自信がないということになる。「このまま順調に回復すれば、おっしゃる通り。」と答えるべき。それでおしまい。中福祉なんてあいまいな言葉はどうでもいい。

麻生総理:
>これは経済は生き物ですから、100%の保証は ありません。<中略>来週でもこのQE(四半期別GDP速報)の答えが出てくると存じます。その数字を見た上でわれわれはさらにどうすべきか判断しなければならないとは存じます

→こんなことは誰でも言えます。当たり前です。景気対策と責任力を旗印にする以上、もっと確かなことを約束して欲しい。責任をとる覚悟があれば言えるはずです。四半期別GDP速報の結果がそれなりに良いのは当たり前です。すでに植草氏が指摘しています。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-d000.html

鳩山氏:
>景気回復のために全力を挙げるということは、結局はまた借金漬けにすると、そうなるわけですか

麻生総理:
>(前略)内需拡大に関して引き続き、公共事業をはじめ、学校の耐震化、いろいろやらねばならぬものはいっぱいあります。そういうものを含めて、着実にやっていくことによって経済が自転していく。そこまでの間、われわれは支援をし続ける必要性があると考えております

→こんなことは誰でも言えます。借金するのは良いとして、どこに投資すれば一番波及効果が高いのか、一石二鳥となるのか、という視点が欲しいです。少なくともマンガの殿堂ではないですよね。

前半だけですがこの辺にしときます。

シンイチ、NRは何を粋がっているの??あんたがた個人の意見を聞いても世の中は変らないのです。要は現状の政権が良いならそれで良いではないか。私は決して現政権が良いと思わないから政権交代を望むのですそれだけ、シンイチ NR 誰だか知らないがクダラン屁理屈は言わない方が良いと思うよ。

コメントを読ませたもらいました。この欄で問題にすべきは、なぜNHKをはじめテレビ局が中継(録画を含む)放送をしなかったか。それと討論会の中身がどうであったかの2点でしょう。

テレビニュースでは断片的な情報が流されましたが、これは麻生首相としては望まないものだったと受け取りましょう。

次に党討論会の中身ですが、一つは政策論であり、今ひとつは討論を通しての人間性がどのように出ていたかだと思います。

政策論は新聞情報である程度分かります。新聞によってニュアンスが違いますが、それは承知の上でバイアスを掛けて読み取ればいいことだと思います。

人間性は新聞情報からは分かりません。これはどうしても映像によるしかないようです。
それについては網本さんや、下町のクッキーこと暢朗さんのコメントは大変参考になりました。

最後に蛇足ですが、小沢氏のことなどで、自民・反自民の間でいろいろと議論がにぎわっていますが、今の自民党政治の中枢にいる清和会(岸信介から福田赳夫そして森・小泉・安倍・福田)がどういう派閥かが問題でしょう。
その創始者岸信介にアメリカCIAが資金を提供していたと14日の日経新聞に米マサチューセッツ工科大学のジョン・ダワー氏が述べています。

清和会=アメリカ傀儡政権、旧田中派=日本独立政権の図式が浮かびあがりませんか。
これで全てが見えて来るでしょう。
自民党を支持すると云う事は、日本はアメリカの実質植民地であることを受け入れることですよ。自民党支持の方は、それが分かっているのでしょうかね。

<hamano torakiti様>
おっしゃる通りです。そのCIAと検察が繋がっている事が最大の問題なのです。
検察は、田中派、経世会につらなる政治家は多数事件化しましたが、清和研の政治家には、一切手出しをしません。
戦後日本の政治史は、アメリカのポチの清和研と独立派の田中派との戦いといっても過言ではありません。
アメリカに逆らえば、政治生命を失う国が、日本です。
ただ、検察改革をどうするか?私には、知恵がなく、困ったことです。

横田 邦夫さん、
>シンイチ、NRは何を粋がっているの??あんたがた個人の意見を聞いても世の中は変らないのです。要は現状の政権が良いならそれで良いではないか。私は決して現政権が良いと思わないから政権交代を望むのですそれだけ、シンイチ NR 誰だか知らないがクダラン屁理屈は言わない方が良いと思うよ。>

ここは、議論の場でしょう?
変わるか変わらないかは、やってみなければ分かりません。

hamano torakitiさん、
>自民党を支持すると云う事は、日本はアメリカの実質植民地であることを受け入れることですよ。自民党支持の方は、それが分かっているのでしょうかね。

民主党を支持するということは、
民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html
に、ずらりと並べているにも関わらず、国民が投票の参考にしやすいマニフェストからはそれを隠している
日本国民を不幸のどん底に陥れる目を疑いたくなるような売国法案:
(1)外国人参政権 ⇒ 外国人は民主党に投票
外国人は、外国人を優遇する民主党に投票します。
最初は「地方参政権」だけだとしても、その次には国政選挙権・被選挙権を要求してくるのは疑問の余地はありません。
韓国や中国は、一歩譲ったら二歩踏み込んでくる国です。
これは、村山談話・河野談話・竹島問題・対馬問題・尖閣諸島問題になどで露呈した、
過去の日本政府の失態でも明らかです。

(2)沖縄への移民3000万人受け入れ ⇒ 外国人は民主党に投票
移民3000万人は永住権を取得するため、外国人参政権を取得します。
そして3000万人の外国人は、外国人を優遇してくれる政党である民主党に投票します。
沖縄ビジョン原文
http://www.dpj.or.jp/news/?num=13649
沖縄ビジョンに隠された陰謀。
http://img23.imagevenue.com/img.php?image=69750_okinawa_123_548lo.jpg

(3)人権擁護法案 ⇒ 「民主党は危険」という言論すら封鎖
民主党は人権擁護法案(人権侵害救済法案)を悪用して、「民主党は危険だ!」といった言論自体を潰す可能性が高いです。
これは、国籍法改悪案を成立させる際に、千葉景子(民主党議員)が行った言論弾圧でも証明されています。

(4)民主党沖縄ビジョン ⇒ 沖縄の主権は日本になし
この政策は沖縄を日本から切り離す政策なので当たり前です。

(5)一番の恐怖…。従軍慰安婦完全解決法案の可決。
これで、日韓条約は反故にされ、
慰安婦に政府として直接多額のお金が支払われ、これまた自己申告制となる可能性が高い。 当然ながら、村山談話以上の、強烈な談話も出る。
歴史認識が崩れ、日韓条約が崩れ、
強制労働などの賃金に関する最高裁判決のよりどころも崩れる。
日本は、韓国および 周辺諸国の「財布」と化します。
これは、予知などではありません。
事実として、そうなります。
従軍慰安婦完全解決法案の可決。
これが最強にして、最悪の、売国法案になります。
そして、これは民主党が政権をとれば、即時、通過します。
すでに 民主党は、公言済みです。
民主党の言っていることは、実は財源とか、何だとか以前の話です。
従軍慰安婦完全解決法案の可決。
つまり、韓国の請求権が「永遠かつ完全に放棄された」条約に穴が空くことで、
国は滅びる。この恐ろしさをみな分かっていません。
今後、いわゆる強制連行関係での裁判でも、上記の条約を前提とした判決は出せなくなります。
日本人にとっては地獄、在日外国人にとっては天国。
亡国とはこのことを言います。

こう↑×5なる可能性も、受け入れるということですよ。

「自民党をダメにしたのは極右の清和会」

日本を有数の経済大国に育て上げたのは自民党の旧田中派と旧大平派です。

岸信介や福田赳夫の流れをくむ清和会はヤクザや右翼、警察、検察を操り自民党の闇の部分を担ってきましたが、表でまともな事が出来る連中ではありませんでした。

ところが森氏以降、この裏専門の派閥が表に出てきたことにより、自民党は腐ってしまいました。(日本を戦前の軍国主義に戻そうとする安倍などの右翼の発言には反吐が出そう)


現在の自民党の体たらくは麻生総理だけのせいではなく、清和会出身の森、小泉、安倍、福田の4人の総理大臣の責任が重い。

熱烈な自民党支持者から見ると、清和会を潰さない限り、自民党は立ち直れないような気がします。

元田中派の小沢さん!自民党を再興させるためにも、この4人と清和会会長の町村、細田幹事長を次の衆議院選挙で是非落としてくれ。

シンイチさん

>では、こちら↓はどうですか?

>石原慎太郎都知事 「小沢一郎の正体」http://www.youtube.com/watch?v=8rXO9BD3IrQ

信じないっすねえ。このネタはもう見飽きました。コピペももう他の右翼系書き込みで見飽きました。

それより党首討論について何かお書きになったらいかがでしょう。

NR様
シンイチ様

盆休みで珍しくTVの昼夜のニュ-スを2,3日見てたらバカの一つ覚え
みたいに繰り返しジャンキ-夫婦の話題ばっかり。

同じ偏向ばっかり繰り返すのはあなたたちも同じですね。
洗脳でもしたいんですか?

>私は信用しません。と言いますか、信用しろと言うにはちょっとばかり無理がないか?
>実際に話している動画だから信用せよってそら無理です。

>http://ja.wikipedia.org/wiki/瀬戸弘幸>

ウキ見たけど、こいつイタ過ぎ。
これを盲(妄)信できる人は、こいつの塾にでも参加したら?www

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%B1%B1%E6%81%92%E4%B8%80

山田太郎さん、
>それより党首討論について何かお書きになったらいかがでしょう。

ノーカット放送ご覧になりました?
ここ↓で見ることができますよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7918680


感想書いても良いんですか?
まず、最初のスピーチですが、
麻生氏は普通に10分をきちんと3つの政策を説明していました。
鳩山氏は3つがどの3つか分からないまちまりを欠くものでした。

鳩山氏の質問は、同じ事を繰り返し質問しているようで、麻生氏は何度も「同じ主旨だと思いますが」と前置きして同じ説明をしてあげていました。

内容的には、
麻生氏の発言には全てに「具体的な数字」が挙げてありましたが、
鳩山氏の発言は(小さな上ずった声で)全て「~くらい・~とか・~あまり」な曖昧な表現で説得力に欠けました。


特に、58分過ぎからの麻生氏の質問からは、鳩山氏の声はますます小さくなって震え出し、麻生氏の圧勝だったように思いますが、
どうでしょう?

>>特に、58分過ぎからの麻生氏の質問からは、鳩山氏の声はますます小さく
>>なって震え出し、麻生氏の圧勝だったように思いますが、
>>どうでしょう?

どうぞwww
万人に万人の感想がある。その言い分に利があれば、
大衆からも受け入れるられる事だろうwww

<熱烈な自民党支持者様>
人間は、理屈だけで動くものではない。だから、熱烈な自民党支持者を名乗っておられるのだと思います。失礼を顧みず思いきって私の気持ちを伝えます。
熱烈な自民党支持者様は、もの事の本質を理解されている方とお見受けします。
小沢支持者として、民主党を支持して頂く事はできないでしょうか?自民党は、田中イズムはカケラも残っていません。民主党には、小沢、鳩山が田中イズムの後継者として、センターポジションにいます。民由合併後の民主党の支持者は、元自民党支持で小沢シンパが多数いらっしゃいます。
清和研に支配された自民党には、あなたの様な支持者は、いかにも、勿体ない、と思うのです。
私自身、プチ小泉の前原氏や岡田氏が、代表になったら支持を止めるつもりです。小沢氏の手腕に希望を繋ぎ、小沢イズムを引き継ぐはずの小沢チルドレンの成長を楽しみに、残りの人生を過ごしていきたいと思っております。
大変、失礼な事を申し上げました。お気を悪くなさったなら、お詫びいたします。

衆議院選挙では極右政治家を落とすべし

20年前の東西冷戦時代の思考にいまだ捕われている時代遅れの政治家達。
・神の国発言の森喜朗
・酒乱大臣の中川昭一
・慰安婦問題で米国に叱られた安倍晋三
・政治家としては無能で大言壮語する石原慎太郎
・日教組批判で首になった中山成彬

その他、極右団体である日本会議の幹部の平沼赳夫、古賀誠、小池百合子、高市早苗、山谷えりこ、稲田朋美ら

彼らは自分達と意見が違えば相手を「売国奴」呼ばわりして自分達の弱みを隠そうとする弱虫だ。彼ら風に言うならば「亡国奴」か。

こんな化石のような連中が日本政治の中枢に居続ければ日本は間違いなく北朝鮮のような国家に成り下がる。

自民党好きは何が何でも自民党好きだし、民主党好きは何が何でも民主党好きだし、シンイチ氏のコメントは自民党贔屓のため、鳩もカラスに見えているようで、このサイトでは永久に平行線で、シンイチ氏がどのようなうまい批評をされようと、この投稿欄では無駄と言おうか、あなたは自己満足でも、なんの評価も得られないでしょう。一言で私の感想を申し上げると、女湯に男が入ってきた感じ,逆でもいいですが。
早めに女湯(或は男湯)から出て行かれた方がいいのでは思いますが、、
どうも入る湯を間違っているように思えますが、よろしくお願いします。

もはやマスコミは民主党の動向に関心事が移ってますけど、逆に選挙に負けた自民党の次期総裁が誰になるのかも気になります。

まさか負けたにも関わらず麻生氏が続投するなんてことはないと思いますが、次の人が誰になるのか思いつきません。

大物でも落選する可能性がある方が自民党には多いと聞きますから、今まで執行部でえばってた人が多数落選したら自民党内の勢力図もかなり変わるんじゃないかと思いますがいかがでしょうか?

小泉チルドレンが一掃されることは既定路線としても町村派の連中が安泰とも思えません。

選挙後は何派が自民党の主導権を握るんでしょうか?

森氏の影響力はかなり弱まってしまって自民党内の主導権争いが勃発するんじゃないかと私なんかはみてますがどうなんでしょう?

党勢を立て直せるだけの力量とリーダーシップのある人間が果たして今の自民党にいるのかもちょっと疑問に思ってしまいます。

2大政党の一翼を担う健全な野党としてしばらくがんばってもらわないといけないだけに空中分解という最悪な事態だけは避けていただきたいです。

カマい飽きた。 明日も休みだ。さん、
>どうぞwww
万人に万人の感想がある。その言い分に利があれば、
大衆からも受け入れるられる事だろうwww>


ご自身の感想はどうですか?
鳩山氏では、地上波で流せないとTV局が判断したくらいですからね。

党首討論の内容としては、
①経済の成長戦略
②ゼロ金利でも、企業は借金をして設備投資をしない
金融政策は無意味
財政出動 内需拡大
③「北朝鮮関係船舶への立ち入り検査を可能にする貨物検査特別措置法案」の廃案


辺りがキーワードかなとは思いますが。

でも、鳩山氏と言えば、

熱烈な自民党支持者さん、
>小沢氏への献金なんて新聞でも明らかなように自民党の代議士に比べわずかなものです。
私の先生など小沢氏より10倍迂回献金を受けています。オバマさんでもそうですが、金を集めることが出来る政治家ほど力のある政治家です。>
>もちろん民主党も金を集めることができないトウヘンボクばかりですから何時までも政権と無縁だったのです。

そこへいくと、鳩山氏はトウヘンボクどころか、凄い力を持っているようですね。

《民主・鳩山代表:個人献金5.9億円、匿名が6割
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1279549.html
(一部抜粋)
民主党の鳩山由紀夫代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)が政治資金収支報告書に虚偽の記載をしていた問題で、友政懇が98~07年の10年間に受け取った個人献金は総額約5億9000万円に上ることが分かった。このうち「5万円以下」の条件を満たす匿名献金が6割を占めている。鳩山代表は30日の会見で、虚偽記載の背景について個人献金の少なさを挙げたが、説明に矛盾が生じている。
鳩山代表は30日の会見で、秘書が05~08年の収支報告書に、故人や実際には献金していない約90人から計2178万円の個人献金を受けたとの虚偽の記載をしていたことを認めた。理由について「私への個人献金が少なかったので、それが分かったら大変だったという思いがあったと推測している」と釈明した。しかし個人献金、とりわけ匿名献金の総額は他の国会議員に比べて突出して多い。》

《鳩山邦夫氏:兄の献金虚偽記載を「犯罪だ」
http://s03.megalodon.jp/2009-0712-0000-01/mainichi.jp/select/seiji/news/20090712k0000m010121000c.html
(一部抜粋)
 自民党の鳩山邦夫前総務相(衆院福岡6区)は11日、福岡県大川市で街頭演説し、兄である鳩山由紀夫民主党代表の献金虚偽記載問題について「兄は器用だから、この世に存在しない人から政治資金を集めちゃう。虚偽記載という犯罪だ」と述べた。

 次期衆院選を前に、兄の問題を焦点化して自民党への逆風を和らげたいとの思いがあるようで、「うそで固める民主党なんかに政権を渡すわけにはいかない」などと批判を連発。

 また、「中核派革命軍の残党は民主党にいっぱいいる」とも語っており、同党の反発を招きそうだ。【松尾雅也】》


由紀夫氏の政治資金管理団体の政治資金収支報告書に既に死亡した人が個人献金者として記載されていたことが問題になっています。

ところが違法献金は故人だけではありませんでした。

生きている人間も「献金していない」と言っているではないですか。 


《「献金してない」証言次々 民主・鳩山氏の献金記載問題
http://www.asahi.com/politics/update/0625/TKY200906250172.html
(一部抜粋)
  民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」へ個人献金したとして収支報告書に記載されている複数の人が、「献金した事実はない」と話していることが朝日新聞の調べで分かった。鳩山氏への個人献金については、既に亡くなった人が献金者として記載された事例が明らかになっており、会計処理の不透明さが一層強まった形だ。

 東京都内に住む元小学校教諭は、07年12月に12万円を献金したとして政治資金収支報告書に記載されている。ところが元教諭は、過去に一度も献金したことはないという。元教諭は取材に「鳩山氏はかつての教え子。その縁でたまに会合などで会うことはある」としたうえで、「しかし献金など事実無根。こちらが寄付してもらいたいくらい。どうしてそんなウソが載っているのか。本当に心配だ」と困惑した様子で語った。

 千葉県内に住む会社役員の男性は、03~07年の5年間で計23万円の記載があった。この男性もやはり献金の事実はないという。

 男性は20年近く前に、鳩山氏の選挙区である北海道室蘭市で勤務していたことがあるが、その期間でさえ鳩山氏との付き合いは全くなかったという。男性の家族は「うちは応援する政党も違うのに献金するわけがない。鳩山さんは10年ほど前に選挙応援で来たのを遠くで見かけた程度。違う献金を処理するため名前が使われたのではないか」と憤った。

 鳩山事務所は取材に「担当者が不在のため対応できない」としている。》


《「迷惑掛けた」政治資金虚偽記載疑惑で民主・鳩山代表
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090625/stt0906252015013-n1.htm
(一部抜粋)
  民主党の鳩山由紀夫代表は25日夕、自身の資金管理団体の政治資金収支報告書に記載した個人献金者のうち少なくとも3人が献金の事実を否定した虚偽記載疑惑について「大変ご迷惑を掛けてしまい、おわびを申し上げる」と陳謝した。

 ただ、事実関係に関しては「実務担当の秘書の行為とは分かったが、正確を期さなければならず、調査している」と述べるにとどめた。調査結果の公開については「それほど長くかからないので、しばらく待ってほしい」と述べた。》

>実務担当の秘書の行為とは分かったが、

この言い訳は通用しないと二年前に釘を刺したのはどこの誰でしたか。
《閣僚の政治とカネ厳しく追及していく 鳩山幹事長が会見で
http://www.dpj.or.jp/news/?num=11745
⇒収支報告書などの訂正が相次いでいることに関して、事務的なミス、職員がやったなどとする言い逃れともいえる発言が多い点について、「資金管理団体、政党支部の代表者は政治家本人。領収書の多重使用などは事務的なミスではない」と批判。》

また、民主党は世襲問題で自民党を攻撃しているようですが、小沢氏は二世であり、鳩山氏に至っては四世です。

《自民党の世襲制限に総務相ら反発 「非常に中途半端」
http://s04.megalodon.jp/2009-0522-1144-34/sankei.jp.msn.com/politics/situation/090522/stt0905221104000-n1.htm

鳩山邦夫総務相は22日午前の記者会見で、「非常に限定的で中途半端だ」と述べ、同一選挙区の立候補に限定し、新人だけを対象にした党の方針に異議を唱えた。曾祖父から4代目の鳩山氏は「私はド世襲政治家。選挙区が違っても親が政治家だったからいろいろ有利さは持っている」と述べた。その上で「本当に世襲制限するなら、親が国会議員だったら子供はすべて出るな、とするべきだ」と主張。さらに「現職にも適用すべきだ。自分たちだけうまいメシを食ってあとはダメという決め方は、あまり利口なやり方ではない」と述べた。

 金子一義国土交通相も「本来、世襲禁止と言うなら現職も対象にしないといけない。そうでなければ国民の理解を得られない」と疑問を呈し、「党と議論をしていないので、言う場があれば言いたい」と、自民党に慎重な検討を求める考えを示した。》

政治家としてちやほやされた弟が羨ましくなって、「やっぱ、俺も」と父親の番頭から地盤引き継いで、父親におんぶに抱っこされて政治家になったのが鳩山由紀夫民主党代表。
「選挙区違うから世襲じゃない。」なんて言えた立場じゃありません。
弟も物凄い嫌味を投げたもんです。
家庭環境含めて自分がどう見られているか認識出来ているだけ、政治家として弟の方がまだマトモですね。

《神社、池...鳩山家の名が残る由紀夫の旧選挙区・栗山町
http://www.hokkaido-365.com/feature/2009/05/post-11.html
「地名は弁護士、衆議院議長、早稲田専門学校長の鳩山和夫の経営する農場があったことから鳩山と名付けられた。この地は明治27年(1894)に鳩山和夫と北村萩右衛門、つづいて29年に松平基則が未開地を貸下出願し、それぞれ翌年から開墾に着手している」(71年発行「栗山町史」から抜粋)》


《鳩山氏「兄は小沢氏の番犬に」 前総務相が連携否定
http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062801000237.html
(一部抜粋)
 自民党の鳩山邦夫前総務相は28日、大津市の講演で、兄の鳩山由紀夫民主党代表に関し「気付けば小沢一郎代表代行の番犬のようになっていた。兄は政界遊泳術がうまい」と皮肉った上で、今後の連携に否定的な見方を示した。

 由紀夫氏が、共に自民党議員だった時代に小沢氏を「金権、密室政治」と批判したことを紹介。その上で「兄は(その後民主党入りした)小沢氏の下で我慢を続け、ついに代表になった。あの“我慢強さ”にはついていけない」と突き放した。

 由紀夫氏の資金管理団体が政治資金収支報告書に個人献金者を虚偽記載したとされる疑惑にも言及し「本当ならば犯罪だ。こういうこともあるから、民主党に政権は渡せない」と指摘した。》

まあ、鳩山邦夫氏の言動は分かり易いようで、分かり難いですが。


とかですか。

「違和感を感じる鳩山兄弟」

民主党、自民党の鳩山兄弟など何十億という資産を持った、ただの金持ちのボンボンに過ぎない。

鳩山兄は政治献金なんか受けなくても十分政治活動をできる金を持っているのに(秘書?が)見栄を張って他人から献金を受けたように見せようとしただけ。

これを批判している自民党の(細田幹事長のような)バカ代議士、国民から見るとよっぽど攻め口が無いのだなと思われるだけ。自民党の評判を更に下げるつまらん批判は止めておけ。

鳩山弟もパフォーマンスで格好をつけようとしているのだろうが、金持ちボンボンの中身の無さを暴露し恥ずかしい。こんな連中が閣僚にいたなんて自民党の人材不足は極まった。

大手メディアが決して報じない、
「メディア改革」という重要政策の中身

http://diamond.jp/series/admin_change/10005/

世界に類を見ない「記者クラブ」、権力と結託し自らの利益を優先するような御用マスコミは衰退するべき。日本の大手メディアは日本の恥だ。

熱烈な自民党支持者さん、
>鳩山兄は政治献金なんか受けなくても十分政治活動をできる金を持っているのに(秘書?が)見栄を張って他人から献金を受けたように見せようとしただけ。


それは由紀夫氏の最初の嘘でしたね。
既に、実際の数字が公表されていますよ。


《匿名献金が突出 鳩山代表、5年で2億3千万円
http://www.asahi.com/politics/update/0701/TKY200906300349.html
(一部抜粋)
 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金
収支報告書で、5万円以下などの条件を満たす匿名の個人献金の総額が、03~07
年の5年間で計2億3千万円に上り、国会議員のなかで突出して多いことがわかった。
 匿名の個人献金の処理についても、「故人献金」で今回問題になった公設秘書が
担当したという。謝罪会見で記者が「5万円以下の匿名献金も一定額ある」と
指摘すると、調査にあたった弁護士は「その部分は終わっていない。調査を続ける」
と説明した。
 政治資金規正法は、政治家の活動資金に透明性を持たせる観点から、献金者の
氏名と献金額を収支報告書に記載することを義務づけている。ただし年間5万円
以下、税の控除を受けないなどの条件を満たす小口の個人献金者は氏名や住所を
記す必要がなく、「その他献金」として合計のみを記載すればよいとしている。
 修正前の03~07年の収支報告書によると、鳩山氏が集める個人献金は年間
約5千万~1億1千万円で、与野党の代表クラスの政治家の資金管理団体と比較して
も抜きんでている。ここ5代の自民、民主党の総裁、代表経験者と比較しても、総額で
突出している。
 さらに、鳩山氏の個人献金のうち、匿名の小口献金である「その他献金」は
03年が約8千万円、
04年約4600万円、
05年約4千万円、
06年約3700万円、
07年約2800万円となっている。
年平均で約4600万円は、他の総裁、代表経験者の平均約140万円を大きく上回
る。03年は少なくとも1500人以上の匿名者からの小口献金があったことになる。
 「その他献金」の扱いは法にのっとった処理であり、それ自体に問題はないが、
今回の「故人献金」のように実際に献金したかどうか、第三者が直接確認することは
できない。  鳩山氏は企業団体献金を禁止して個人献金を推進する立場。税額控除
を強化するよう主張もしている。自らの場合は、税額控除の対象とならない匿名献金
が多いという矛盾を抱えた格好だ。》

>鳩山弟もパフォーマンスで格好をつけようとしているのだろうが、金持ちボンボンの中身の無さを暴露し恥ずかしい。

まあ、確かに邦夫氏もろくなもんじゃないですが、由紀夫氏は犯罪者ですからね。

《虚偽献金、知らぬはずない=「兄は黒いハト」-鳩山前総務相
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200907/2009071900001
 自民党の鳩山邦夫前総務相は18日、三重県鈴鹿市で講演し、兄の鳩山由紀夫民主党代表の虚偽献金問題について「(兄は)黒いハトと言われる理由がある。うそで固められた政治資金収支報告書を作っておきながら、秘書がやったと言って責任転嫁する。兄と秘書は仲が良くて一体で、知らないというのは通用しない」と述べた。
 鳩山氏は津市での講演でも「黒いハトは死んだ人から政治献金をもらう器用さを持ってる。本当はもっと(実態を)知っているが、兄弟愛が少し残っているのでこれ以上は言えない」と語った。》


>こんな連中が閣僚にいたなんて自民党の人材不足は極まった。

そんな人物が党首をやっている民主党の人材不足はさらに極まってますね。

《日本列島は日本人だけの所有物ではない
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7244363
-- 『責任取れないことを軽々しく言うな』という書き込みがあります。   『外国の状況を把握してから言ったらどうだ』というふうな声もありますけれども。

鳩:「一部にはありますね。日本人として、もっと自信持たなきゃダメですね。」

-- つまり日本人としての自信があれば、そのぉ…

鳩:「アメリカなんかそうでしょう?もう。私は、アメリカの良さはそういう度量の広さ、色の白黒の問題もありますけれどもそういった方々を全部乗り越えてね…」

-- 「自信の有る無しの問題ではない」という書き込みもありますけれども」

鳩:「だから、みんなそう言っちゃうんですよ。でも自信の有る無しの問題なんです。
自信があれば、もっと度量を広く持てば、

日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから、

もっと多くの方々に参加をしてもらえるような、
喜んでもらえるような、そんな土壌にしなきゃダメですよ。」

<中略>「もっともっと心を広く持たないと。私は仏教の心をね、日本人が一番世界の中で持ってるはずなのに、なんで他国の人たちが地方参政権ひとつ持つことを許せないのかと。
少なくとも韓国はもう認めている訳ですよね。
彼らが認めていて我々が認めないというのは、非常に恥ずかしいと思いますね、私は。」》


大手メディアの既得権益さん、
>大手メディアが決して報じない、 「メディア改革」という重要政策の中身>

《これらの政策はいずれもマニフェストには載っていないが、民主党の正式な政策だ。記者会見の開放はマニフェスト発表の記者会見で鳩山由紀夫代表自身がはっきりと明言しているし、その他はすべて『民主党政策集INDEX2009』に明記されている。》

マニフェストに載っていなくても、『民主党政策集INDEX2009』に載っているからやる気満々。

ならば、
日本国民を不幸のどん底に陥れる目を疑いたくなるような売国法案:
①外国人参政権付与
②元慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど世界でも初と言ってよい慰安婦問題完全補償への取り組み
③国会図書館に過去の日本の「罪」を追及する恒久平和調査局の設置
④早期実現を主張していた選択的夫婦別姓
⑤米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外(海外)移設
⑥靖国神社に代わる国立追悼施設の建立
⑦安倍晋三内閣で成立した教員免許更新制を廃止すること
⑧人権擁護法案
⑨民主党沖縄ビジョン
等を、民主党政策INDEX2009
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/index.html
に、ずらりと並べているにも関わらず、国民が投票の参考にしやすいマニフェストからは隠しているこれらの売国法案もやる気満々ってこどでしょう?

「民主党の政策は万全であって、鳩山代表や小沢氏は非の打ち所のない人物である。」などと思う人はないでしょう。The Journalに久しく接していらっしゃる方々の多くは、鳩山代表や小沢氏の献金問題にしても、単なる白か黒かを超えた所で考え、発言して来られたかと思います。

上にも書いたように、今回の党首討論は人間性を見るによい材料と思っているのですが、「人間性」とは、言葉の表面的内容にではなく、表情、態度、言葉の選択、言い回し、などに表れるものと考えます。これは勝ち負け、優劣という観念を一旦脇において、個人の「人となり」それ自体を見つめることを前提とします。(間接的に見聞きした個人の情報も一旦排除することが望ましいでしょう)一先ず「討論」ということを度外視して、「人間」そのものを極力客観的に観察してみる。そこで初めて政策論とは別次元の「党首の人間性」を物差しの一つに加えることができるのでは、と思います。

また、政策での直接論争は揚げ足の取り合いや水掛け論になりがちである。ならば党首の人間性に着目して見ることも逆に意義あることと思います。

ネット上のセンセーショナルな情報を真偽のほどもよく吟味せず無闇に有り難がる人がいるようです。人を扇動するような、「過度に」告発的、真相暴露的なものである程、取り扱いには慎重を期すべきでしょう。また、(ネト)ウヨ/サヨ、売国、それらに類する言語などは建設的健康的議論とはほど遠い存在かと思います。(言葉つながりで、最近一部メディアで「ブレる」という言葉を濫用しているようだが、流行語大賞にでもしたいのだろうか。。)

選挙の結果とその後の政権がどのような形であっても、日本という国を動かしていくのは最終的には国民一人一人(でありたい)。先ずは、他人を動かそうとすることより、自分自身の判断力を磨き、信念に基づいて一票を投じることを第一義としたい。

シンイチ様

>政府ご用達新聞・産経の捏造記者のソースは要りませんから確実な物をお示し下さい。<

その問いかけに
>それを説明するためには、まず、『新聞』の話をしなくてはいけません・・・ <
この貼り付け文、3回以上使ってますね。

ここは討論の場ですといい、何べんも書かすなと言いながら全てが
用意された偏見コメントを貼り付けただけです。一字一句同じでは・・

貴方は、批判記事に合わせて、待ってましたとソース付の記事にご丁寧に一部抜粋して張り付ける。だから意味も無く長文になる。それが狙いなのでしょうが醜い行為です。

しかも何回も何回も使いまわすので、興ざめして読む気もしません。見たくも無い麻生ポスターをベタベタ貼り付けられているかのようで、2CHでは『アラシ行為』と言われますね。

一度使ったコメントは,普通は使うべきではないですよ。ここは圧倒的に常連様が多いと思われます。アラシ行為を続けるのは、貴方の品格の無さが出てしまうと言うことです。

本当かどうかはさっぱり判りませんが、ご両親が日教組のご家庭と言う経済的に恵まれた方だったんですね。道理で、弱者の気持ちがわからない筈です。今、貴方が貼り付け続けている妄想記事を信じれる余裕はない方が多いのです。

地方の暮らし、追い詰められている国民生活に無縁の方はその深刻さが全く判らずに生活しているんですよね。
単なる親に対する反抗心で、ただ悪ふざけで民主党バッシング、売国政党だと言っているのではないですか?

たくさんある妄想から一つだけに絞りました。丁寧に答えてみてください。沖縄ビジョンで3000万人外国人を受け入れ選挙権を与えると言ってましたね。

現実問題、どこからそんな大量の外国人がこれるんですか?住まいは?仕事は?あの狭い土地に住むことが出来ると思いますか?東京都の3倍ですよ。

外国人の選挙権は憲法で地方参政権のみしか与えられないはずです。それがどうして日本が崩壊するんでしょうか?

真剣にそうなると思う未来を書いてみてと数回聞きましたが、そのマニュアル記事は用意できないということですか?

沖縄県の平均所得の低さや就職できない人の比率などご存知ですか?民主党はそれらの問題を考慮してどうすれば沖縄が幸福になっていけるのかをビジョン、理念として挙げたのです。それを言葉尻を摘み売国と言う貴方達には呆れています。

少々久々ですが、無駄に(意地になって)長い文になってしまいました。
おそらく、ここに普段から集まる大多数の方には不要な内容なので、適当に流し読みでもしていただけるだけでも幸いです。


しかし、本当に、あのアホウのチンピラ言動を見るのは、本当に今月一杯で勘弁してほしいと心底思う。
まともな社会生活しているオトナから見れば、この存在は紛れもなく「日本の恥」であり、一応民主国である限り結局は「私たち日本人の民度の低さの現れ」とも言えることであるのだが、アレを世界中が見ていると想像すると心底に悲しくなる(おそらく、どこかの「北の将軍さま」とそう大差ない程度の低い人物と認識されてるだろうが、他人事ではない、こっちは民主制である限り「それは私たち一人一人の責任」に他ならないのだから)。
あえて、言う。
「論理も、クソも、あるか」
社会保障の基本理念も、罪刑法定主義も推定無罪の大原則も、議院内閣制議会制民主主の立憲に基づく意義も、、だから与党と野党の存在意義その役割と責務の違いさえも、極々備えるべき基本さえこれっぽっちも理解していないヒョットコじいさんに、なに言っても無駄だろう。
ついでに、「経済に強いアホウ」だなんて、誰、一人、まともな識者はもちろん、自民関係者でさえ思ってるヤツなんて皆無だ(「アイツだけはダメだ」との資質以前の動機を理由に、福田前首相との総裁選に大敗したのだろう?党内で正式に無能と判断されてる)
要は、
【会 話 が  成立 しない】
ということ。
*これは「頻繁」を「ハンザツ」と口から音を発してしまうという、単純な読み間違いとは次元が違う、「自らが、視覚を通して見た活字を、脳で認識し判断して、指令を出して、口から音声を出す」という、このコンマの世界の一連の作業の中で、「自分の発した言語によって、前後の文体からその意味を間反対方向へと発信してしてしまう」という、認識・判断力不能さの例を見るまでもないでしょう。

「em5467-2こと恵美」さんの言われるとおりで、完全な発展途上国のように「世界でもっとも一党独裁共産国家体制統治構造に近い」我が国の完成された官僚統治構造の現状では、世界中の主要先進国でありえない近代民主主義の健全な社会に不可欠なはずの「現状マスメディアこそが既得権益集団側」であり「改革の対象そのもの」でもある現状では、加えて、同じく先進主要国に例のない「常設された特捜部」という強権組織が国民の代表者で構成される国権の最高機関である国会よりも「上位」にあるがごとく、説明も合理性も前例もない恣意的で独占された裁量権のみで、国民の代表者たる国会議員の公設第一秘書をいきなりの逮捕長期拘束・強制捜査・公務員守秘義務違反の恣意的未確定情報での公権力を強した情報操作活動の世論誘導形成工作等による「民主主義の根幹に対する破壊」などの現状からも、いくら現在の選挙情勢が有利だろうがなんだろうが、今回の総選挙も全く気は緩めません。

なのですが、嬉しいことに、
あのヒョットコ太郎が、この先も少なからず、TV等画面にて「国民の前で醜態をさらしてくれること、それだけで、見事な反自民票獲得活動の促進に自らが誰よりも貢献しているという」、本当にありがたいと同時に、自民の数少ない心ある候補者には本当にお気の毒というか、いいや紛れもなく自業自得でしょう。

(少なくともここに集まる大多数の)政権交代支持者と、自民妄信支持者の決定的に異なる点は、「民主主義に対する根幹的前提認識の厳然たる違い」だと思う(「熱烈な自民党支持者」様のような方は例外だと思われる)。
やはり面白いもんで、それは支持する鳩山(小沢)氏とヒョットコ総理の、各人の民主主義に対する認識力の雲泥の差と同じでもある(鳩山氏が崇高で完璧な認識だと断定するつもりは毛頭ない、一方は迷いながらも考え覚悟して決断し、他方は根本的に理解出来ないばかりかそれ自体に気づいてもない、ということ)

ヒョットコ太郎は、初めての小沢氏との党首討論にて、「総理職に座り続ける正当性」を小沢氏から問われた際、徹夜で覚えた官僚との想定問答の通り(相変わらず自らの脳で再考と再認識を放棄して)「議会制民主主義の英国でもTブレアのあとGブラウンが就任している、我らも手続きに則っており何の問題もない」と(相変わらずのバカさで「議会制」と「議院内閣制」を言い間違え)例のごとく真顔で平然とほざいた。
いうまでもないが、コイツはバカかと思った。
そもそも「英国で言うところのGブラウンの位置を、我が国に当てはめれば、前の、前の、首相、の、安倍」である。
この時点で「立憲の精神(我が国の民主制正統性の根拠)に完全に反している高い可能性」にも気づかない、脳なし太郎の本領発揮で論外なのが第一点。
それに加え、仮にもし英国でGブラウンが「1年足らずで(腹痛程度で)職場放棄し国民放っぽり出し」、そのあと「全く同じ与党内の大多数の賛同で選出した次の人物も1年足らずでまた職場放棄し」、そのあと「米国リーマン破綻し世界金融危機が勃発しようが国民放り出したまま、呑気に国民に投票権のない党首(総裁)選挙で全国行脚興行を3週間やり続け(=完全無欠で完璧な政治空白)」、また「前と全く同じ連中からの大多数で勝手に選ばれた、理念も信条も哲学も民主主義理念の根幹も理解していない人物(この位置が現在の我が国のヒョットコ太郎)が、『国民の信を問わなかろうがオレ様の正当性に何ら問題はない』などと、もし英国でほざいた日にゃ間違いなく英国国民は全国で暴動を起こし、もしかしたら英国議院内閣制議会制民主制度が危機に扮するかもしれません。

というか健全に成熟した先進民主国ならば、そのはるか以前に、我が国(の、他のどの先進民主国に類のない、世界に名だたる「政治権力ベッタリ」放送局NHK)とは比較にもならぬほど市民から「本質的な意味でメディアとして」信頼を得ている英国BBCが、英国国民に「政府を許すな」と大々的に語りかけているでしょう(反政府もクソもない、それこそが民主国のメディアの原理的な存在意義でもあり、市民に雇われている「公共放送局」の果たすべく最重要責務でもあるでしょう)
その意味でも、神保氏も何度か紹介されてるように、民主党政策インデックスにあることで、民主政権一期目に絶対的に実現すべく事案の一つに「日本版FCC」、すなわち独立行政(放送・通信)委員会設立による、「世界中の民主国同様の、時の政府(権力)からのTV大メディアの分離」の実現です(当たり前に当然に、世界の民主国同様、その時の権力(民主政権)との健全で潜在的な対峙関係である「権力の監視・批判の徹底」のためであり、自民妄信の一部お子ちゃまの思考だと、民主政権樹立後も「【今と変わらず】の権力ベッタリ」が続く方向に「肯定的」になってしまい、「その発展途上国非民主的体制を変える作業こそが今回の政権交代の最重要課題の一つ(=権力に就く民主が、権力監視徹底の強化・確立を強固に提言している現実=全国民の利益)」だということに気づけないようだ)。


とにかく、根本的な基本認識の差があると思われてしょうがない。
民主主義国家の最高権力者(≒政権党)には、その「権力行使に不可欠な正統性が絶対的必須」なはずだ。
いうまでもないが、民主主義国家の統治権力者とは王様でも将軍さまでもない、
「国民の正式で公式な委任を得ている事実(=選挙で勝つ)」こそが、その「手段」として、国民に一時的に委ねられた「公権力の行使に正統性を見出す根拠」ともなり、逆にいえば、それが無いと国民の多数に認識・確定されている時点(≒大多数の信頼喪失状態)、もしくは手続き上でも著しく有効性が乏しいと疑義が生じている時点で、「既に国民に委ねられた公権力行使の権限を失っているも同然状態」なのである(=立憲の精神を踏みにじっている)。
だから、ヒョットコ太郎自身も、無い頭で(現在の自分に「それが無い」現実が分かっているから「こそ」)当初はそれでも「就任後すぐに」その正統性(=新たなる権力者としての信任)を得るべく「国民に信を問う」と月刊誌にて宣言したのだろう(実際は、やはりそこまでの基礎的見識など持ち合わせてない事は誰でも知っていることで、「執筆者は某新聞記者」であるというのは公然の事実だし、そもそも「いち民間月刊誌」で「国民に委ねられてるに過ぎない解散権行使」うんぬんを公言する行為自体、議会に対する冒涜であり、根本的に立憲民主制を理解していない証左でもある)。

ごく直近の選挙にて国民の意を得ており、その準備と覚悟を決めた規模に見合う野党政党がそこに存在するのなら、そこに「民意を失い迷走し国益を著しく損い続けてるにも拘らず、権力保持のみを目的に(と判断される)権力に固執し続ける政権」に対し、民主主義に用意された機能を使い、確信的に「権力を取りに行動する(国民の信を問う=選挙)」ことは、「世界中の議院内閣制民主国家にて至極当たり前の野党政党の取るべき正当な選択肢の一つ」でもあり、民主政治における国民から期待される野党政党の役割・責務でさえあります(国民が現政権に正当性があると見出したなら、その選挙で公式に新たなる正統性を付与すればよいだけの、民主制度に予定された常識)。
それは国民の直近の信任を得ている政党勢力らが「現在の権力勢力は完全に国益を損ね消失させている」と「彼らが彼らの責務で、リスクを覚悟・承知した上で判断したから」であり、それを支持するかしないか最終的に決めるの国民の責務であり、
当然に、投票先の選択行動意志は個々人の全くの自由なのですから、その判断は国民が決着付ければよいだけで、仮にそれでも自公の主張が正しいと判断され再び多数を得られたなら(3分の2条項を失おうが)、そのとき初めて「正式に公式に民主主義の正当で厳粛な手続きで国民の意思を獲得した政党が(当然だが)政権党となり内閣を選出して、妥協するもしないも「(国民の選択した)彼らを中心に』「期間限定の制約された権力」で国政を推し進めていけばよいだけの話である。
ちなみに、自公が再び正式に民意を得た後でさえ、民主参議院が何ら変わらない(もしくは正当性の得られない)行動に突き進んだとするのなら、当然に現在の民主の支持者層からも民意が離れ、来る'10年参議院通常選挙にて惨敗する(させる)だけのことです。

その意味でも、民主党は「与党・野党」という呼称を使わない方向に進めているようだが、私もそれに賛同します。
世界標準で「政権党と反対党」もしくは「多数派・少数派」と改め、政府自ら推奨してゆくべきです。
端的にあえて乱暴にいえば、二大政党政時代の、国民から多数を得た政権党の主要政策は原則として実現してゆくもの、と改めて国民に認識させてゆくべきです。
これは、突き詰めていえば、(立法・行政権力を獲得する)議院内閣制における政権党の主要政策とは(国民全体・メディアの大反対でもない限り)そのシステム上も、最後には「実現・成立してゆくべき」だからです(当然に当たり前に「憲法規定に制約され」ている「期限限定の権力行使」にて実現できる範囲に尽きる政策のみなのは、至極当たり前のことです)。
そのためにも、健全なメディア活動の環境整備は不可欠なのであり、仮に民主政権が一部の世間知らずのお子ちゃまの妄想する活動にまっしぐらに猛進するようなときは、「政府から独立している大資本とツールと、憲法にて言論・報道の自由を保障されている大メディア」の存在がだから必須なのであり、彼らが「徹底的・大々的にオープンに国民に呼びかければよい」だけのはなしで、その結果として、次の選挙で権力から下ろされる可能性大となり自滅への道へ突き進むだけのはなしです。
同様にあえて言えば、反対党(少数派)とは、「徹底的に不備・欠陥を追及し、国民に問題点と次の判断材料を提供することに徹する」べきであり、並行していつでも早い次期の総選挙で政権を獲得できるよう選挙活動と政策研究・立案を積み重ね「国民に『次の選択肢』を提供するべく準備を怠らない」こと、こそが求められる役割・責務です。
語弊を覚悟でいえば、くだらない「実際上非合理的」な『「対案主義」なる、ごく一部の妄想論は捨てること』です。
これは、「多数派の反対する少数派の独自政策など事実上実現しようがないから」であり、より効率的で現実的な対応は、政府提案の政策の不備を徹底的に追及し批判し、少しでもその完成度を上げることに精力を注ぐべきです。
「独自の政策」などは、「次の選挙時」に「正式に国民に提示して」「国民の理解と信任を経てのち」に結果として、「政権交代して実現すればよい」のです(その政策の結果是非判断は、また次の選挙で審判を下される)
そのためにも、「憲法に保障された最低限の社会保障制度、自由と民主主義および自由経済活動を共通項とする」、二つの政治勢力が存在して、「いつでも権力交代の起きうる社会・国家構造の構築へと変換すること」「政権交代の常態化」を促進させることです(=全国民の利益)。

端的に言ってみれば、これが議院内閣制議会制民主政治の英国政治であり、小沢一郎氏が20年来終始一貫主張している日本国の議院内閣制議会制民主主義の目指している一つの方向です(当然に、日本の伝統風土・慣習等を考慮して微調整はする)。
しかも彼らは、成文憲法典を持たずに、これを機能させているという事実です(たぶん、「議院内閣制議会制民主主義の歴史」が、ほとんど「英国近代民主政治史そのもの」であるからではないでしょうか)。
成分憲法典のある我が国に、それが出来ない理由はないでしょう。

念のため、相変わらずのお子ちゃま発想での「憲法は金科玉条か!」とのご意見はご勘弁下さい。
私は、正式に民意を得ている時の権力勢力を中心に、正式な手続きのもと、国民の賛同を経たなら、憲法改正にまるで全くコレっぽっちも反対する立場ではありませんので。
ただし、それ無しに、厳格に絶対的な国民の利益のため、国家権力は絶対的に憲法を擁護し拘束される責務から踏み外すことは、絶対に許されません。
これは、民主主義国家の盟主たるアメリカ合衆国大統領という世界最高の権力者でさえ、合衆国憲法に絶対的に拘束され、場合によっては憲法に従い職を解かれる対象とされる現実と、まったく同様のことです。
いうまでもなく、民主国の憲法とは、「国民を主人とする、国家に対する命令書」に他ならないからです(=民主制の普遍的理念)

【【 国民 → 憲法 → 為政者 → 役人 】】
これが、世界中の立憲民主国の当たり前の大根幹的原則たるヒエラルキーです(我が国は現在まで、ほとんど「完全間逆状態」という構造、の「実際上の独裁共産国タイプの官僚統制統治構造」ですが、この先も、これで行きますか?変えますか?ということ)
*お子ちゃま反論は勘弁してね^^
当然に、その最上位にある国民は、自らをその起点とされる、「法に従い治められる立場となり責務を負わされます」(いうまでもなく「法治国家」ですからぁ)。


欧米先進主要国メディアも全てそう報じているように、まともなオツムを有しているなら誰だって、現在この後進民主国たる我が国に必須な作業は間違いなく「政権交代」です。
「せいかいさいへん!せいかいさいへん!」と「(欧米先進主要国では100%ありえない)選挙が近くなるたびにオモチャ屋で駄々こねてるお子ちゃまみたいに叫んでる風景」は、100年経っても永遠に「せいかいさいへん」とほざき続けるだろう。
「ザイゲン、ザイゲン」と叫ぶ輩もほとんど同様です。
オバマは1ドルたりとも、「大統領就任【前】の一上院議員時代に、ブッシュ政権の予算編成【そのまま】に、詳細な財源提示をし【ブッシュ政権内部の合衆国市民の税金に、一上院議員の資格で手を突っ込み】確保しましたか?」
アンタの理屈じゃ、1000年経とうが、野党には政権交代する資格さえ手に入らない(≒「民主主義制度の否定」です)。
「審議拒否」も、この国の会期制度や国会運営の不公正形態を鑑みるまでもなく、欧州諸国も含め野党政党にとっての立派な国会戦術といわれています。
もしかして、学級会や民間企業の会議あたりの、話し合って良いほうで決まり!と完全に混同視していませんか?
議会における「権力政党(多数派)」と、それの無い「反対党(少数派)」との間の、権力闘争も当然に含まれる、でも最終的な結論は原則決まっているお話ですよ。
国権に最高機関たる国会中継をたかが数日しかしない広報(公共)放送局を先頭とする、先進民主国に存在し得ない「談合統制記者クラブ」発信の、「民主主義を捻じ曲げ、国民の曲解に努めてきた」お話のみを前提に鵜呑みして、判断していません?

>政党選挙なんだから、民主党が大勝して、人権擁護法、沖縄返還、外国人参政権付与が行われても誰も文句は言えない。
それが民主主義の原則です。

「えーーーーーッ、なァんでぇーーー?文句言えないのォ!! 」(松っちゃん風に)
「立憲民主制の国家で、たかが過半数の民主政権が生まれると、即憲法停止して、国民全員と30万人の役人が一瞬にして長期に思考停止・放棄して、戒厳令が敷かれて、メディア活動停止して、電波使用停止して、新聞社取り壊して、電気止めて水道破壊して、鎖国して、・・・」(というか「放送メディアの行政権力からの分離制度構築」を提言している民主党の方向性と『間逆』じゃないですか?)
それとも、これらの法案とは秒殺で、全国民と全官僚が眠っている間に瞬く間に、衆参可決・公示・施行されるのぉ~~
民主党とはそんなスーパーマジック・イルージョン政党なの?
んじゃあ逆に、天下り法人に流れている12兆円オールカットも、消えた年金完全解決も新社会保障制度の完全再構築も、「政権樹立後、5分後には実現できる」」かもしれませんね^^
というか、優先順位として、そんなスーパーイルージョン最強政党としてやることは、経済成長率の早期の5%実現の所得倍増計画即実現ほうが、国民に分かりやすくアピールできると思いますよ(容易いことでしょ?)

ごめんなさい、
そんなもんわぁ「民主主義の原則なわけゃありゃしません」
また、そのような立憲民主制度は、この世界中に存在しません(ファシズムと民主制の区別はついています?)。

たかが選挙で過半数を得ただけの「期間限定で、憲法に制約される、時の政権」が現れるだけ(=国民が樹立させた限定権力=国民が「いつでもひきずり下ろせる」権力)で、あんたや、全国民や、地域や慣習や、社会構造や、時の政権などよりはるかに上位にある憲法の保障する自由と民主主義を(それがあるからこそ、世界中の先進民主諸国と付き合っていられる現実を無視することで日本国が受け入れる国家崩壊に結びつくリスクを覚悟で)完全破棄して、都市の真ん中にいきなり怪獣が現れてビルを粉々に踏み潰すがごとく、すべてが一瞬にして消滅するにですか(ハァ~、書いてて馬鹿馬鹿しくなった)

国民の見解が二分するような熟していない事案について、その環境下のままで、たかが過半数の時の政権が多数決だけで全てを無視して推し進め実行することなど、実際上できません。
ならば、もし本気で、ヒョットコ太郎が「消費税を上げること」それをもって責任力うんぬん決まるとしてるなら、なぜ、昨年の前半にでもすぐ上げなかったのですか。
一言でいえば、正当な説明をする自信がないからでしょう?
「社会保障費増額の財源ため、消費税を企てる【そのこと自体】」を私は反対したいんじゃありませんし、国民の多くも潜在的には許容していると想像できます。

では、なぜ、許さないか。
なぜ、大多数が潜在的理解・許容の想定できる中、得意の「責任力」を掲げて、正面から国民に提言・説得・実行できないか(実現に移す権限は余裕であるのでしょ)。
そりゃ、「正当な説明がつかない、正面から説得する自信がないから」でしょう?
我が国でもっとも必要なツール・正当性・環境を持つ政権与党でさえ、正当な説明で説得する自信(材料を示せない)がない、すなわち「自らに不備・不手際がある」、と自覚しているからこそ、
国民の了解を得られない(=選挙での審判を喰らう)と、の分析結果(帰結)になるのでしょう。
要は、実際上の一党独裁官僚統治体制(インチキ)長期政権でさえこれなんですから、
新政権が、ある意味、国民以外すべての抵抗勢力環境下の、記者クラブ談合統制メディア(=既得権益勢力そのもの)の存在する我が国で、国民を二分するだろう機の熟していない事案を、それを完全無視して「責任力」あたりの脳天気な戯言ほざくのみで、短期的に実行・実現に移せることなど事実上不可能なのです。
だって、今のインチキ・ヒョットコ太郎政権が「国民の多くが潜在的に許容していると想像できる事案でさえ、正当な説明なしに、強行実現を避けるよう」に、より不利な環境で始まる新政権が自ら自滅を推進するような「潜在的に許容されているどころか、国民を二分するような熟していない事案」を強行に実行に移す合理的な理由・動機は、まともなオツムをしている近代文明人なら、どっからどう見ても見つからない、でしょ?

お願いですから、寝言は寝て言うか、戦隊ヒーローもんの中だけで楽しんで、自らの頭の中だけで消化してください。

自民・官僚が、辿れば100年掛けて構築した官僚主権社会構造と、世界中で活用されている民主主義構造を、混同視されてるのでしょうか(もしくは、確信的?)。
現状の構造のまま、民主党政権が続いても100年経とうが、実質的には自民官僚政治の継続されるだけのこと。
仮に、民主党政権が樹立し、仮に様々な凄まじい困難を結果として克服し、仮に彼らの標榜する『世界中の先進民主国で当たり前の世界標準のフェアでオープンで公正な民主社会へと時間を掛けても変換・構築されたとし、仮に、その恵沢として「完璧ではない」が「世界標準の、最後には国民が納得できる民主社会」が確立されたとして、仮にそれが「日本史上に残る大成功を成し遂げた政府」と賞賛されたとして、も、
【それでも】【その権力】とは【国民にいつでも引き摺り下ろされる権限を握られた】【期間限定の、憲法に制約された権力しかない】という【たかが過半数を持つだけの、時の政権に過ぎない】ということです。

そういう、社会構造への、本来の民主主義への変換・確立を目指しているわけです、民主党は(いわば、「自らも容易に引き摺り下ろされる仕組みつくり」です)。
うまく進むかどうかは、この国が民主国家である限り「国民次第」でしょう。

あえて言います。
立憲民主制においては、
仮に、完全無欠の夢の100点満点の世界史上稀にみる奇跡のスーパー政権が出現しようが、、
【国民と憲法の上位に座ることは絶対にありえない】、のです(無論やり遂げた仕事については賞賛されるでしょうが、その種の傲慢な意識を抱いてしまう時点で明確な「赤点・落第」ですし、上位に存在してしまった【その時点で、既に立憲民主制度は機能していない】ということ)

勘違いしていません?
民主主義とは、最悪最低の「人の誤りを【前提とした】」制度ですよ。
ただ、それ以外のが「救いようがないほどリスキーなだけ」で、
それに比べ民主主義は「最終的に、どれだけ誤りを防止・最小化できる可能性」について、明らかに長けているだけです。

ヒョットコ太郎には、これらの観念が一ミリたりとも無く、おそらく生きてゆく中で不要で学んでこなかったのでしょう(それで60代後半で、しかも「気づいてさえ」無い、オツムの程度はどこかの北の将軍と大差ないでしょう)。
キツイ言いすれば、民主社会の成人としても失格です。
当然、小沢一郎氏や鳩山代表らは持っているし、確固たる見識と理性と歴史に裏付けられたうえで構築された、己の理念と信条がある(それを支持するかどうかは、個人の自由ですし、その是非は後世に判断されることです。

なんとなく思い出しましたが、
昔のMLBの名監督さん発したことばです。
「ベーブ・ルースが、どんなに偉大でファンに愛され、歴史に残るスーパースラッガーであろうとも」
「ベースボールよりも偉大であることは、ありえないんだ」
「ベースボールが偉大だからこそ、ベーブも偉大になれたんだ」
某いち名選手と巨人を野球界全体よりも上位に扱う、どこかの国の野球の文化とは大違いだと、つくづく思ったものです。
さすが読売野球協会興行は、トップ並びに親会社同様の低劣文化で成り立っているもんだと。
*現在、某氏は体調を損なっておられる方なので、個人名は控えさせていただきます。

わたしは、ここに集まる大多数の方々は、いわゆる「絶対的な民主党支持者」というのと違うと思っている。
むろん個々人それぞれだが大きく括れば、「現在、絶対的な政権交代支持者」であり、「相対的に絶対、民主党支持者」ともいえるのではないだろうか(この「表現の違い」が判らない時点で、民主主義をどう理解・認識するかの雲泥の差が現れてる証左だと思う)。
そこに、その人材規模と準備、理念・提言や具体的方向性を有していて、同時に、少なくない優れた先見性・資質と経験を持つ指導者の存在する政党として、民主党が存在するので、当然に、大同小異を承知で全力で支持するのである。
だからこそ、(「熱烈な自民党支持者」様は別として)典型的な自民妄信者的支持者(あるいは、国粋排他主義者)のような意見が許せないのである。
私から言わせれば、「当然日本の民主主義のためにも、民主党政権をより健全に進めるためにも、自民党を心から支持する人々のためにも、自民党自信がその次の政権を奪えるよう生まれ変わるためにも、日本国全体の利益のためにも、自民党は下野し、『野党政党として刀を磨くべきとき』」なのである。
その証拠に、政権交代・民主党政権支持者の、おそらく誰一人として、健全な野党政党の存在しない国会運営など微塵も望んでいないはずだ。
*注) 政権をハナから取る気のない、「確かな野党」などとほざいている(=政策の実現を放棄している)、だから恐さも緊張感も生じない、現・日本共産党を、世界標準で健全な野党政党とは呼ばない。


ここに集まる大多数の心ある民主主義社会の発展を願う聡明なみなさんにとってみれば、とうの昔に分かりきっていること等を長々と書き連ねたこと、また一部大人気ない文体表現を使っていることも、合わせてお詫びします、お許し下さい。

自民党を終焉させるな

確かに極右の清和会が自民党を支配するようになって自民党はおかしくなってしまいました。彼らはCIAの手先として安保闘争の岸信介の頃から右翼や暴力団を動かす巨悪として日本の裏社会に君臨してきました。

ここで民主党を「売国奴」呼ばわりしている連中も清和会の影響を受けているのでしょう。こんな奴らがのさばっている限り、自民党は国民から見放され終焉してしまいます。

また自民党を駄目にしたもうひとつの元凶は創価学会です。このオーム真理教と何ら実態が変わらない宗教団体に自民党はその精神をガタガタにされてしまいました。

私は民主党について小沢氏以外は誰も信用していません。とにかく自民党が終われば民主党による1党支配となり、ろくな事にはならないでしょう。

そうならないためにも自民党支持者は清和会の議員と創価学会の手先である公明党を国会から追い払いましょう。

私は支持する自民党の先生に「比例は公明」など絶対に止めてくださいと言っていますが。

一志人様

いつもながらの、長文にも拘らず、ユーモアの聞いた表現力、観察力、心眼力が満ちたコメントに感服し、すらっと読めてしまいます。
ご自分で考え語られるので、その方の人柄や思いが伝わってきます。同じ長文でも、妄想記事の貼り付け作業によるものとは雲泥の差を感じることと成りますね。

「書いていて馬鹿らしくなる。」私もいつも彼らにコメントするときにそう思いながら、でも書かなければ気がすまない。他の人はほって置けば良いだろうと思っているだろうな。そう思いながら投稿ボタンを押すんです。段々大人気なくなる文章になることも含め。

ここに集まる方は政権交代支持者は正解でしょうね。私もその一人でどんなに悪政をみれられても自民党を支持できる妄信支持者とは違います。政権獲得後、今の与党政治と変わらず無駄使い、官僚の言いなり、先延ばし、誤魔化しを続けた。そう判断したなら、民主党を批判する立場になると思います。しかし鳩山党首は、出来なかったら責任を獲ると宣言。自民党にそんな方が居たでしょうか?公約違反をしてもたいしたことは無い。年金を会社が肩代わりして(多分、微犯罪)発覚しても会社もいろいろと開き直る。

今の繁栄を築いたのは間違いなく自民党でしたが、それが余りに長く続いた為、官僚組織やゼネコン、経団連との癒着で汚く間違った税金の使われ方と成っている。
その仕組みを変えないと国民が苦しみから立ち直るのは難しい。だから、政界再編などまやかしであり、官僚は泣いて喜ぶ流れと成るでしょう。だから「みんなの党」
等の行動には嫌な裏取引が垣間見れるので 危惧しております。

田中真紀子さんの入党で元気も注入された感じがしています。後2週間で新しい時代の幕開けがくると信じています。

一志人さん

貴方は、文章の働きを何と心得ているか。
文は、人に読んで貰うためのものでしょう。

自分の「自己満足」のためとしか思えない。
部分的には幾らいいことを云っても読む気にならないのは、文として失格ですね。
せめて、この三分の一で同じ内容が伝えられないなら「達意の文」
ではありません。
才能は、ありそうなのに、実に惜しいよ。

一志人様

説得力のあるご意見、感服いたしました。
十分読み応えのあるものであり、
一気に読み終えました。

上からの目線で 物事を判断する
山崎重彦氏のような方も居ますが、的外れもいいところです。

ウーさん、
>政府ご用達新聞・産経の捏造記者のソースは要りませんから確実な物をお示し下さい。<
その問いかけに
>それを説明するためには、まず、『新聞』の話をしなくてはいけません・・・ <
この貼り付け文、3回以上使ってますね。


ならば、党首討論の鳩山さんのように同じ質問や同じことを書くのは止めてもらえませんか。
何故、産経新聞の記事を多く使うかには、毎回同じ説明が必要になります。
事実も理由も一つしかありませんから。


>本当かどうかはさっぱり判りませんが、ご両親が日教組のご家庭と言う経済的に恵まれた方だったんですね。道理で、弱者の気持ちがわからない筈です。今、貴方が貼り付け続けている妄想記事を信じれる余裕はない方が多いのです。>

それは、
365アンケート「あなたは民主党政権の誕生を望みますか?」集計結果
http://www.hokkaido-365.com/news/2009/08/post-288.html
(一部抜粋)
の中の有権者等の意見でしょう?(苦笑)
同じ事を貼るなという前に、もうちょっと内容を読んでから書いてもらえませんか?
本当に、まるで党首討論の鳩山さんですね。

>沖縄ビジョンで3000万人外国人を受け入れ選挙権を与えると言ってましたね。
現実問題、どこからそんな大量の外国人がこれるんですか?住まいは?仕事は?あの狭い土地に住むことが出来ると思いますか?東京都の3倍ですよ。>

それも、前に書きましたね。
《沖縄3千万人ステイ構想
http://dandyroads.livedoor.biz/archives/51154724.html
「1000万人の外国人を日本に移民させて、【財源(税金)】、【行政サービス】、【地方公共事業】、【教育・学校教育(地方の学校)】などは、外国人の住みやすいように地方自治体独自で決められるようにしたい」
さらに民主党は2005年8月3日の民主党沖縄ビジョン【改訂】
http://www.dpj.or.jp/okinawavision/ では、アジアを中心とした外国人観光客だけでなく長期滞在中心の地として沖縄を作り上げ、道州制導入により九州から切り離し、沖縄単独の「沖縄州」とする構想を打ちたて外国人受け入れによる「3千万人ステイ構想」なる沖縄分断工作をも断行しようとしている。
この3千万人ステイ構想という民主党の政策の上に、人権擁護法案や外国人地方参政権がプラスされたら、恐ろしい結果は目に見えています。》

実際に民主党沖縄ビジョン
http://www.dpj.or.jp/okinawavision/
を見てもらうとばら色の沖縄政策の中に巧妙に恐ろしい事が書いてあります。
・始めは 一国二制度
今の沖縄になんで一国二制度が必要なのか理解に苦しみますが、これは沖縄を中国に提出する第一歩のようです。
・第二は米軍の縮小
中国にとっては米軍は単に邪魔な存在です。
・第三は東アジアを中心とする国際機関、民主党が言う東アジアは中国をさします。
・そして、6ページ。「3 千万人ステイ構想」
改定前はここに東アジア(中国)の3000万人を沖縄に住まわせて選挙権を与え、定住権を与えると書いてありました。
・さらに、10ページ。東アジア人(中国)へのビザ免除
東アジア(中国)のエネルギーセンター
・さらに12ページ 26)。語学教育
中国語などの学習も含め、沖縄の「マルチリンガル化」
以前のマニフェストでは中国語を公用語にすると記載
・13ページ 30) 。国際児の教育権の確立
色々と書いていますが、中国国内に存在する2700万人の一人っ子政策からもれた人々(二人目の子供)を沖縄(日本)の財政で教育と言っています。
・ここに解説した内容が以前のマニフェストに記載されていた沖縄政策です。
巧妙に解りにくくするために他の夢のような政策が追記されているだけです。
ご自身の目で確認して下さい。 

※民主党沖縄ビジョン(改定版)を作ったのはこんな議員です。
沖縄ビジョン改定WT(ワークチーム)役員
『次の内閣』
沖縄北方担当大臣 円より子 本名:山﨑 順子、 恒久平和議連 、いわゆる従軍慰安婦への謝罪と賠償を要求する法律案を福島瑞穂らと共に提出、バウネット関係者
顧問 岡崎トミ子 元社会党議員、 恒久平和議連 、国費を利用して韓国の元慰安婦達の反日デモに参加し応援のコメントを行う
" 枝野幸男 元日本新党議員、 恒久平和議連 、 「がんばろう、日本!国民協議会」に距離が近いとされる議員
" 大畠章宏 元社会党議員、 恒久平和議連 、岡崎トミ子・白眞勲らと共に 歴史リスクを乗り越える研究会 呼びかけ人に名を連ねる
座長 武正公一 「がんばろう、日本!国民協議会」に距離が近いとされる議員

これも巧妙なんですよ。一気にではなく不法滞在を増やし定住権(→永住権)を与えていく。
特亜三国にビザさえも免除して、人口140万人程度の県に、好き勝手に1000万人以上の人が入ってきます。
もはやこの時点で沖縄は日本ではありませんが、永住外国人(有権者)が増えれば住民投票さえ無意味です。


>外国人の選挙権は憲法で地方参政権のみしか与えられないはずです。それがどうして日本が崩壊するんでしょうか?>

《まず、外国人に参政権を与える意味を考えてみましょう。
参政権とは国内の政治に影響力を行使するための権利です。
一国の政治に別の国が干渉することを「内政干渉」と言います。現在の国際社会では許容されない行為です。
仮に実際に他国からそのような要求があったとしても内政干渉については一切応じる必要はありません。
外国人に参政権を認めるということは、この内政干渉を合法的に行えてしまうということに直結します。
国政はもちろん、地方自治体の政治も内政の一部であることは言うまでもありません。
したがって、参政権は国民固有の権利であり、外国人に与えることはできないのです。
ここまでが大原則です。次に各論に入ります。

・地方参政権と国政参政権は別か?いいえ、同じものです。
憲法にも明示されており、地方参政権を外国人に与えることは憲法違反です。

擁護派はよく「最高裁判決で認められている」と言いますが、これは嘘ですので騙されないように注意しましょう。
最高裁判所は、「外国人に地方参政権が与えられないのは憲法違反ではないでしょうか?」という質問(提訴)に対して
「いいえ、外国人に地方参政権が与えられないのは違憲ではありません」と答え(判決)を出しただけです。

ここで最高裁が「地方参政権」に限定して答えているのは「地方参政権と国政参政権が別だから」ではなく、
「地方参政権について質問されたから」だということに注意してください。

「地方参政権と国政参政権は別だ」という根拠には成り得ないのです。
しかも、その判決の中で「憲法には地方選挙に投票できる人を「住民」と書いてありますが、これは「国民」のことです」と明示しています。
この判決は「地方と言えども外国人に参政権を与えることは違憲です」と言っているのです。

ではなぜ擁護派がこの判決を根拠にしたがるか、と言うとこの判決の傍論に裁判官がこう書いているからです。
「しかし、法律を作って外国人に地方参政権を与えることは別にかまいませんよ」と。
これは明らかに本文である判決内容と矛盾します。

なぜこのような矛盾する意見が傍論として書かれたかはともかくとして、これが法的効力を持つかどうかと言えば、答えは「効力を持ちません」。
傍論はあくまでも裁判官個人の感想であり、判決内容には影響しないのです。

したがって、この判決を根拠に「外国人に地方参政権を認めるのは最高裁も認めている」という意見はまったく根拠の無い嘘です。

・税金を払っているのだから参政権を与えるべきだ:
いいえ、与えるべきではありません。
税金は道路、医療、消防、警察などの公共サービスの対価であり、参政権とは関係ありません。
もし、税金によって参政権が与えられるなら、逆に言えば学生や主婦、老人など、
税金を払っていない人からは参政権が剥奪されることになります。

・在日韓国人・朝鮮人は強制的に連れてこられたのだから参政権を認めるべきだ:
まず、現在日本にいる在日の方々は100%自分の意思で日本に居住している人々です。
なぜなら、日本国は彼らに対して帰国を制限していません。
したがって、根拠になりません。

・外国には認めている国もある:
それらの国のほとんどは、特定の国に対して相互的に認めているのです。
日本には、外国人に参政権を与えなければならない理由も責任もないのです。

このように、日本における外国人参政権はすべての面において根拠が無く、日本にとってのメリットもありません。
にもかかわらず、なぜ野党はこの法案を支持するのか。それはそれらの外国人を票田としようとしているからです。

党利党益のために国民にとって最も大切な権利を外国人に認めてしまおうとする政党。
これではとても日本のための政治を行う政党と言えるものではありません。

日本国籍を取得した外国人には、当然参政権があります。
日本国籍を持たない外国人に参政権を与えた場合、その者が国籍を持つ国と日本の両方の参政権が二重に与えられることも問題となります。
参政権付与の反対派の多くは、別に帰化にも反対しているわけではないのですから、外国人が参政権を求める場合は日本国籍を取得すべきです。》


全く払う必要の無い従軍慰安婦保障を世界初に行えば国が崩壊するとは書きましたが、
外国人地方参政権だけで国が崩壊するとは書いていません。

ただ、定住外国人は在日中国人と在日朝鮮人だけで現在170万人います。
大都市であっても集中して移住すれば、ほぼどこに行っても過半数をとれます。
既に十分危険な状態なのです。
それに1000万人の移民受け入れが追い討ちをかけます。
この時点で人口の約一割に達し、オランダと同じ状態になります。
そこに人権擁護法が加われば、もはや抵抗すらできません。

ただ、365アンケート「あなたは民主党政権の誕生を望みますか?」集計結果
http://www.hokkaido-365.com/news/2009/08/post-288.html
を見てもらえればお分かりいただけるように、インターネットで情報を得ている人達の多くは民主党の左翼政策を不安に感じています。


「ウー」様、「やま」様

身に余るお言葉さずかり、心より感謝いたします。
実際のところ、心ならずとも不快感を生じさせたろうと、申し訳なく思うと同時に、
それら呑み込んだうえで、見つめての心使い、すべて含めて、ありがたいことです。


「山崎 重彦 」様

コメントいただいた一言一句すべて受け止め、仰るとおりもあり自省するところです。
それでも「思い」があるからこそ、あえてコメント投稿の行動に移してていただけたものと、(都合よく)受け取り、真摯に感謝する所存です。
冷静さの欠けた行為でもあろうし、「何度も面倒だ、一気に投稿してまえ!」感が否定できないところであり、
どちらかというと、『自分勝手』が適当かと存じます。
たしかに、難しいことをシンプルに伝える能力を磨きたいと、修練してゆきたいと、肝に銘ずるところです。

投稿した内容自体に後悔はありませんが、ある種のマナー違反に踏み入る行為から、不特定多数の方々に不快感等を生じさせてしまいましたこと、
改めて、ここに集まる心ある皆様、編集部の皆様に、心からお詫び申し上げます。
未熟者ゆえ、日々反省の繰り返しです。

投稿者: 一志人 | 2009年08月16日 14:01 様、

>改めて、ここに集まる心ある皆様、編集部の皆様に、心からお詫び申し上げます。
>未熟者ゆえ、日々反省の繰り返しです。

けど、あなたの真摯な気持ちは伝わりました。

自分でも気をつけてるんですが、言葉は 言霊 というんだそうです。
自分の口や手から離れたとたん、自分の心を、放った言葉が支配するそうです。
時にはあなたの運命まで。

一部、偏向記事の切り貼りをしてる御仁にはその恐ろしさがわかっていないのでしょう。
お互いに、気をつけてまいりましょう。(^^

青山浩二様

全ての発言に出典を付けて下さい。
誹謗中傷としか理解されませんよ。
発言は逆効果だけですよ。

シンイチ様

妄想ここに極めりで、ボロ出すぎですね。
>ならば、党首討論の鳩山さんのように同じ質問や同じことを書くのは止めてもらえませんか。
何故、産経新聞の記事を多く使うかには、毎回同じ説明が必要になります。
事実も理由も一つしかありませんから。<

産経記者の記事だけが事実ですか?捏造記事が多発したことご存知有りませんか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E7%B5%8C%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A7%8B%E7%AF%A0%E5%AE%AE%E6%96%87%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E8%A8%80%E8%91%89%E3%80%8D%E6%96%87%E9%9D%A2%E6%8D%8F%E9%80%A0#2000.E5.B9.B4.E4.BB.A3

これも酷い
http://obiekt.seesaa.net/article/3216886.html

だから産経以外でありませんかと聞いたので無いなら無いと言えば良いでしょ?貼り付ける理由になりません。

人の質問には全く答えず
>365アンケート「あなたは民主党政権の誕生を望みますか?」集計結果<
をしつこく何回も貼り付ける。
最初のページに自民党道連のバナーが張ってあるHPのアンケートを
国民の声ですか?可哀想ですが其処までお困まりですか?

まだ小泉郵政選挙時は自民党が有利だったこのネットサイトの方が公平だという判断が出来ますよね。
http://www.election.co.jp/news/2009/news0803.html

>同じ事を貼るなという前に、もうちょっと内容を読んでから書いてもらえませんか?
本当に、まるで党首討論の鳩山さんですね。<
鳩山さんのような優秀な方と同類に扱われて本当に光栄です(笑)

貴方が貼り付けるサイトは とり合えず見ますが、そんなバナーを見つけ真剣に最後まで見れません。多分そのHPには自民党支持者しか集まらない偏見サイトでしょう。


最後も酷い!
>沖縄ビジョンで3000万人外国人を受け入れ選挙権を与えると言ってましたね。
現実問題、どこからそんな大量の外国人がこれるんですか?住まいは?仕事は?あの狭い土地に住むことが出来ると思いますか?東京都の3倍ですよ。<

その答えが
>それも、前に書きましたね。
《沖縄3千万人ステイ構想
http://dandyroads.livedoor.biz/archives/51154724.html

全く答えず酷いサイトに飛ばされてます。神々の国へですか?
そしてこのブログ主、貴方と同じで3000万人外国人を移住ですと。

自分の言葉で答えてといった筈ですよ。
民主党のビジョンは観光客の誘致。現実的には無理でしょうが1年の目標として、観光ビジネスで沖縄を活性化という理念でしょ。
3000万人も移住できる住まいや仕事・そんな土地が有るのかと聞いているのです。日本語判りますか?

ウーさん、
>3000万人も移住できる住まいや仕事・そんな土地が有るのかと聞いているのです。日本語判りますか?>


(2)沖縄への移民3000万人受け入れ ⇒ 外国人は民主党に投票
移民3000万人は永住権を取得するため、外国人参政権を取得します。
そして3000万人の外国人は、外国人を優遇してくれる政党である民主党に投票します。
沖縄ビジョン原文
http://www.dpj.or.jp/news/?num=13649
沖縄ビジョンに隠された陰謀。
http://img23.imagevenue.com/img.php?image=69750_okinawa_123_548lo.jpg
の引用に拘っていたのですね。

確認してみたところ、
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/388.html#id_15489522
の記述が

《5. 長期滞在中心「3000万人ステイ構想」
沖縄の人口は約130万人。ここに特定の外国人が年間3000万人訪れるという計画です。
観光客のみならずビジネスマンや学生等も含め幅広い年齢層を受け入れようとしています。
1日あたり約8万人の外国人が沖縄に来て、約15人に1人が外国人となります。治安が悪化することは間違いないでしょう。
また、観光以外の目的で来た場合、簡単には帰れません。沖縄に長期間住むことになるでしょう。


(4)民主党沖縄ビジョン
「民主党沖縄ビジョン」の具体的な政策は、

1. 軍事基地の縮小
頻繁に沖縄周辺海域を脅かしている中国海軍に批判も非難もしないうえに、軍事基地の縮小を政策としてあげる民主党。
中国はSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射できる原潜を所有していますが、本当に沖縄は安全なのでしょうか。

2. 地域通貨の発行
つまり日本銀行は沖縄に一切関与しないという事です。
円やドルと同等の価値が得られる保証がなく、インフレ・デフレの対策は沖縄が全て負います。

3. ビザの免除による東アジアとの人的交流の促進
民主党がアジアと言うときには中国・韓国・北朝鮮のセットを、東アジアと強調するときには「中国」を暗に指すと言われています。
ただでさえ問題の多い中国人を、犯罪歴や資産調査をせず問答無用で受け入れるという事です。治安の悪化は免れないでしょう。

4. 中国語などの学習
「政策対象は中国であり、中国を受け入れよ」という、民主党が言いたいけど言えない事をよく表している政策です。
沖縄は日本で、世界共通語は英語です。なぜ日本語(沖縄方言含む)と英語以外の言語を教える必要があるのでしょうか。

これらの政策を実行した場合、もはや沖縄は日本ではなくなるでしょう。
そして、沖縄は自国の領土だと影で主張している中国は半独立状態の沖縄を放っておくわけがありません。
外国人参政権を使って自分たちの意見を通し、中国は沖縄を合法的に支配してしまうでしょう。
沖縄ビジョン原文:http://www.dpj.or.jp/news/?num=13649

(2)沖縄ビジョン => 沖縄が中国に乗っ取られる危険性
先ほども触れましたが、中国は、沖縄は自国の領土だと影で主張しています。
外国人参政権が与えられた場合中国人は、沖縄を自国領土とするために沖縄に押し寄せ、知事選では自らが立候補し、
沖縄を中国のものにしようとするでしょう。
尖閣諸島の問題でもそうですが、自分のためならどういうことでも平気でできる民族なのです。
それこそチベットのような大変な状況にもなりかねません。


また、鳩山民主党は「正式な選挙によって選ばれたことですから」などといって関与しないでしょう。 》

と変更されていたので、変更しておきます。

これ引用ですので、念のため。

馬鹿じゃなかろか

<外国人参政権、人権擁護、慰安婦問題等など、これらの法案が通れば日本はますます破滅>

こんな下らん事を清和会の安倍や平沼などのバカ右翼がよく言っているが、それに汚染された人たちも気の毒だ。

バカの壁さん、
>馬鹿じゃなかろか
>外国人参政権、人権擁護、慰安婦問題等など、これらの法案が通れば日本はますます破滅
>こんな下らん事を清和会の安倍や平沼などのバカ右翼がよく言っているが、それに汚染された人たちも気の毒だ。>


では、全く払う必要の無い慰安婦補償が実現されれば、(逆に膨大に膨れ上がりそうですが)「血税の無駄使い」は、無くなりますか?
無くなると思われる場合、何故「血税の無駄使い」が無くなると思うのですか?

外国人参政権、人権擁護法が可決された場合、「日本人」にとってのメリットは何ですか?
どのように、「日本人の」生活は楽になりますか?

シンイチさん

貴方はブッシュの後期からオバマになって世界がどう大変化しているか認識されていますか。その大変化が認識できれば日本はどう対応すべきか方向が見えてくるはずです。

残念ながら、安倍や平沼ら(自民党議員の多くも)はいまだに冷戦時代の思考から抜け出せず、目先の日本の損得や戦前の軍国主義を懐かしむような国粋主義を振り回しています。

今回起ころうとしている政権交代劇はまさに「現状維持から抜け出せない自民党を変えなければならない」と考えている国民の賢察だと理解するべきでしょう。

安倍、平沼や自民党も自分達が時代遅れになっていることに早く気付かないと自民党の再興は無いでしょう。

バカの壁さん、やさしい。
熱烈な自民党支持者さん、バカの壁さんこそ、民主党支持派にとっては本当に
恐ろしい保守支持派のオピニオンリ-ダ-です。
彼らはいま雌伏して時を待っている。彼らが保守復権の狼煙を声高に叫び始め
た時こそ、政権交代時代の、二勢力の本当の闘争の火蓋が切って落とされるこ
とでしょう。
シンイチさん、あなた自身がもっともその闘いで力を発揮できる方法は熱烈な
自民党支持者さん、バカの壁さんの知性を今のうちによく盗んでおくことです。
今、あなたが一生懸命本気で信じ込んでいるクズみたいなダボラとそれを吹聴
している極右主義者は、いずれ訪れる保守の大攻勢のおりには勢力の一番端へ
追いやられ、誰からも省みられる相手では無くなっていることでしょうから。

バカの壁さん、
>貴方はブッシュの後期からオバマになって世界がどう大変化しているか認識されていますか。その大変化が認識できれば日本はどう対応すべきか方向が見えてくるはずです。>

オバマ政権というより、日本と相性の悪い米・民主党政権下での日米関係ということでしょうけどね。
いずれにせよ、民主党が政策集に掲げている左翼政策は日本人には何の利益ももたらししませんが、
国防においても民主党は怪しげで、そもそも連立を明言している社民・国民新と意見をまとめることさえできていません。

そして、鳩山氏はこの↓醜態です。

《鳩山代表、非核三原則の見直し二転三転 党内に困惑も
http://www.asahi.com/politics/update/0810/TKY200908100308.html
(一部抜粋)
非核三原則について、民主党の鳩山代表が発言を二転三転させている。
これまで慎重だった三原則の法制化について「長崎原爆の日」の9日、一転して検討を表明。
三原則の「見直し示唆」ともとれる発言をして以来のブレに、党内では困惑が広がる。

「(非核三原則を)どうすれば守れるか。法制化というやり方もあると思う。今要望があったので、党としてしっかりと(法制化を)検討することを約束したい」
鳩山氏は9日の長崎市での被爆者団体との懇談で、法制化の検討を表明。
ただ4日の会見では「法律は変えられる危険性も逆に持つ」と慎重姿勢を見せたばかりだった。
法制化は政権をとった場合の連立パートナーと見込む社民党が民主党に求めていた。
社民党の福島党首は10日の記者会見で「働きかけてよかった。法制化にぜひ着手し、実現したい」と歓迎した。
しかし、民主党側が社民党に配慮して事前に根回ししていた形跡はない。
民主党の直嶋正行政調会長は10日、記者団に「何も聞いていない。代表に確認します」と語るのが精いっぱいだった。

非核三原則をめぐる鳩山氏の発言は迷走した。
先月14日に記者団から「核持ち込み密約」について問われると、「三原則が堅持される中で現実的対応がなされてきている。北朝鮮の問題も含め必要性があるからこそ、その方向で考えるべきだ」と答えた。

これが見直しを示唆したものと受け取られ、翌日に鳩山氏は「非核三原則は今守られている。近い将来は破られることもない」と打ち消した。
一方で「日米で大いに議論したほうがいい」と強調。発言のブレに批判が集まった。 》

実に馬鹿げた話です。
中国・韓国・特に北朝鮮は次期政権(?)の民主党代表の発言として大いに喜んでいるでしょう。
内心米国でさえこの発言を歓迎でしょうね。
この鳩山発言は、全く国益に反して外交上稚拙な発言と言わざるを得ません。

ドイツもイタリアも核武装をしていないではないか、といわれています。
しかし実はイタリア、ドイツ、ベルギー、トルコ、オランダの五カ国は、アメリカと核兵器を使うという条約を結んでおり、Nuclear Sharing(核共有)と呼ばれるシステムになっています。
NATOの五ヶ国の兵隊は、アメリカの核兵器を使う訓練を日常的にやっています。
訓練をしておいて、ロシアなど核保有国から、核の恫喝を受けた場合は、アメリカの核兵器を使えるというものです。

日本自ら「核を持たない」と言うのは、アメリカにとっては願ったり叶ったりで、抑止力も低下します。
仮に日本が「核を持ちたい」と言えば、言っただけで抑止力は高まる。
ですから、非核三原則「持たず、作らず、持ち込ませず」の少なくとも「持ち込ませず」を廃棄して、ドイツやイタリアと同じことをやらせろと言えばいいと思います。 

ところが、非核三原則を法制化したら、日本を守れません。
アメリカの核の傘があるから今まで何とかなったのです。
もしそれを否定するなら、日本が独自で核を持たなければなりません。
アメリカは多分、日本が核を持つと言えば、絶対に保有させないと言う方向でいろいろ手を打ってくると思います。

民主党は、国家観はないし国防意識はないし、経済音痴です。
そして、国旗を掲げないどころか、国旗を切り刻む、そんなことを堂々とやっており、しかも、その集会の写真をホームページに堂々と掲載していた民主党。
http://img150.imagevenue.com/img.php?image=53623_32119682_3142026449_123_354lo.jpg#
そんな政党には、とても政権を任せられません。

その映像は、以下のアドレス。
《切り刻まれた日本国旗
http://www.youtube.com/watch?v=XLiCu0_oNGs

党首討論会で麻生総理からこの事実を指摘された鳩山代表は事実を認め謝りました。

シンイチさん。

だめだこりゃ。あなたみたいには偏らない、
ここで活躍してる強力な保守支持者達がこの
偏向意見に賛同するか、まぁ試してみたら?

自由には必ず責任が伴うんだから、ここで言
論するんならバランス感覚に優れた他の保守
支持者さんに、あんまり恥をかかさない様に
言論しましょうね。

シンイチさん、
Nuclear Sharing(核共有)とは初耳でした。

私は、シンイチさんの書き込みを読んで、
「私は今のままで十分幸せ」と書くシンイチさんは「現状の保守」を望んでおられる保守派であると認識しております。


ただ、日本の上空を北朝鮮のミサイルが好き勝手に飛んで行く現状で、
日本の国防の現状が望ましいと考える人は皆無でしょう。

左寄りなら、お花畑。。。
完全非武装とか、第7艦隊だけでとか、
最悪なのは、民主党・岡田氏の日本国家主権移譲とか・・・
気が狂っています。

右寄りなら、日本の核武装、憲法第9条の改正とか実現の難しいものが並びますが、
Nuclear Sharing(核共有)は、とても、現実的なやり方だと思います。
何より、同じ敗戦国であるドイツとイタリアが現実にやっているのであれば、
特アと言えども反対するのは難しいでしょう。


例の国旗切り裂きは
鳩山由紀夫代表は党首討論で麻生太郎首相から指摘を受け「大変申し訳ない」とし、「それは国旗ではなく、われわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけない話だ」と問題視していた。

と謝罪?したそうです。
どこの国の党なんでしょうね?

まるで、韓国民潭に迷い込んだようなこのサイトで唯一日本人代表のようなシンイチさん、
相手の喧嘩腰にも全く乗らず冷静な対処も見事です。

がんばって下さい。

シンイチさん

「安全保障は大局を見ることが大切」

安全保障について、報道されている非核3原則など部分的問題について云々するのは間違いです。まず安全保障のあるべき姿を考え、その中で個々の問題をどう取り扱うか考えるのが正しい方法だと思います。(そうでないと本質から外れた論議になってしまいます)


ところで日本の安全保障に関しては地政学面で流動的要素も多いため、どのやり方が最適かはもう少し時間がたたないと明確にはならないでしょう。

しかしブッシュ政権後期からテロとの戦いや兵器の性能向上などに対応した軍事戦略上の大変化(トランスフォーメーション=米軍兵士の損耗を防ぐため、韓国や日本などの最前線からグアムへ実戦部隊を移動させる)が起こっていることは留意する必要があります。

特に米国の国力がイラク戦争などで衰退したため、膨大な維持費のかかる海外駐留は軍事費削減のためにもこれから一層促進されることは間違いありません。

また少なくともオバマ政権が8年くらいは続く可能性があることや、中国と米国が軍事同盟を結び東アジアの覇権を米国が中国に任せる可能性があることも指摘されており、これ等も考慮して日本の安全保障を考える必要があるでしょう。

残念ながら現在の自民党右派の安全保障の考え方は旧来の「日米同盟」への偏重や、領土問題などで中国を敵視するだけで、その先何の解決策も考えていない(せいぜい日本も核武装すべきとか憲法9条を改正し自衛隊を海外に派遣できるようにするという軽薄な考えしかない)のが実情です。

少し前に小沢氏が「日本を守るのは第7艦隊だけでいい」と発言していましたが、米軍の情勢に通じている日高義樹の「ワシントンレポート」でも、現在日本に駐留する米陸軍や空軍、海兵隊の実戦部隊は殆どグアムへ移転することになっており、海軍(第7艦隊)が日本守備の中心になると述べていました。

また先日のオバマの核廃絶宣言に対し、麻生総理は核の傘が破れるのではと心配していました。さらに自民党右派は北朝鮮の核を心配し非核三原則の内の核持込を認めたがっています。

しかし米国は東アジアにおいて「核兵器を原子力潜水艦に搭載するのが最も効率的(位置が特定されず、燃料補給も必要が無いため)」と核戦略の転換を進めており、ここ10年くらい日本に核兵器は持ち込まれていないと言われています。

このように米国や中国の軍事戦略、安全保障体制が大きく変化する中で、日本の安全保障をどうするかは大変難しい問題です。このような環境変化を見抜き、日本の安全保障政策のあり方について真っ当な提案をしているのが小沢氏です。

ところで自民党右派は「自衛隊の海外派遣をOK」とし「戦闘可能な自衛隊を海外に派遣し同盟国とも一緒に戦える」ようにする。それが米国への忠誠を尽くす(=国際貢献)ことになり、北朝鮮の攻撃から日本を守ってくれることになると考えているようです。

一方、小沢前代表の安保戦略は日米同盟に偏りすぎると(イラク戦争のように)米国が間違えたときに一蓮托生になるという前提で、「自衛隊は専守防衛に徹し」国際貢献は国連が組織する国連軍に参加(国連待機軍)し国連の指揮の下で活動するというものです。

国連憲章第7章では「平和にたいする脅威や平和の破壊、侵略にたいして、非軍事的な措置では不十分なことが明らかになった場合には軍事的措置をとることができる」と規定しており、もし日本が北朝鮮からの攻撃を受けたら第7章の発動を要請することになるのでしょう。

この考え方であれば憲法9条を改正する必要が無いため民主党左派も納得しており、また自民党穏健派の福田元総理も大連立騒動のときに賛成しています。(即ち国民的合意が得やすい)

しかし自民党右派は国連安保理でのロシアや中国の反対を恐れ現実的ではないと反対していますが、それこそ外交努力でロシアや中国を説得したり、安保理の改革を推進したりすることが必要なのではないでしょうか。

民主党内部でも安全保障政策は甲論乙駁の状況であることは間違いないのですが、最も筋が通っていて多くの国民の合意を得られる考え方は小沢氏の政策以外は無いような気がします。

ここの問題点はプレスクラブ内という
証拠の残らない形で自民党がノーカット放送を
要求したってことだったはずだけど…
論点が広がりすぎですね。

ノーカットがCMだけでなくテロップ、音声解説も
はさんじゃダメってことなら
地震続報、集中豪雨、渋滞速報が重要だった
当日、実質地上波では放送するなって
要求になります。
マスコミに悪質な編集があれば
なぜ従来通り、各個に抗議しないのか
疑問は残ったままです。

シンイチさん他、皆さんはとっくに
解決済みなのかも知れません。
ならば、そろそろお開きにするか
せめて他のエントリで議論されることを
にわか読者としては期待してますよ。

黒霧島さん、
>左寄りなら、お花畑。。。完全非武装とか、第7艦隊だけでとか、最悪なのは、民主党・岡田氏の日本国家主権移譲とか・・・気が狂っています。

完全非武装とか、主権委譲とかは全く同感ですが、第七艦隊だけは左寄りというより、むしろかなり右寄りだと考えます。

>それは国旗ではなく、われわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけない

われわれの神聖なマークの方でしたか(苦笑)

>まるで、韓国民潭に迷い込んだようなこのサイトで唯一日本人代表のようなシンイチさん、相手の喧嘩腰にも全く乗らず冷静な対処も見事です。がんばって下さい。

フォローに対し、心から感謝します。


バカの壁さん、
>もし日本が北朝鮮からの攻撃を受けたら第7章の発動を要請することになるのでしょう。

ご意見には同意する部分もありますが、同意しかねる部分もあります。
特に、核ミサイルが命中してから発動を要請しても既に手遅れだと思いますよ。

>小沢氏が「日本を守るのは第七艦隊だけでいい」と発言していましたが、米軍の情勢に通じている日高義樹の「ワシントンレポート」でも、現在日本に駐留する米陸軍や空軍、海兵隊の実戦部隊は殆どグアムへ移転することになっており、海軍(第7艦隊)が日本守備の中心になると述べていました。

小沢氏は、今年2月24日に「日本が、自分たちにかかわることはなるべく自分たちできちんとやるという決意を持てば、米軍が部隊をそんなに日本という前線に置いている必要はなくなる。おおむね(海軍)第七艦隊の存在で十分じゃないか」と発言。
小沢氏の論点は大きくは二つです。
一つは、米国のアジア支配(プレゼンス)のための軍事力としては、最低限米海軍第七艦隊が必要であるということ。
二つ目は、それで不足する力は、日本が、極東全域で果たす、ということ。つまりは、軍拡です。

そして、もう一つ触れておかねばならないのは、第七艦隊以外の在日米軍の撤去については、
「政権をとって、米国に聞いてみないと分からない」(27日、横浜)と、早々に前言を撤回していることです。

>最も筋が通っていて多くの国民の合意を得られる考え方は小沢氏の政策以外は無いような気がします。

簡単には合意は得られないと思いますよ。
特に連立を組む社民党は徹底的に反対するでしょうね。
それに、憲法9条を修正しない限り、軍備だけを拡充してもあまり意味はありません。

個人的には、「思いやり予算」を削減するのと反比例して、米軍が日本から撤退し日本が自前の軍備を拡充することには、異論はありません。
そもそも、世界の先進国で、アメリカに100%安全保障を頼っているのは、日本だけだからです。
まずは、Nuclear Sharingの実現。
これだけでも、北朝鮮の脅威はほぼゼロになります。
それが軌道に乗ったら、漸次「思いやり予算」を削減するのと反比例して、米軍が日本から撤退し日本が自前の軍備を拡充する。
国土における自衛に限ってのみは先制攻撃を認めるように憲法9条を修正することも重要ですが、
10年くらいかけて徐々に平和的にやってゆくのが左翼政治家や特亜からの反発を防ぐ意味でも重要だと思います。

ひまじんさん、
>ノーカットがCMだけでなくテロップ、音声解説もはさんじゃダメってことなら
>当日、実質地上波では放送するなって要求になります。
>シンイチさん他、皆さんはとっくに解決済みなのかも知れません。

党首討論に関しては、一方的過ぎて話が膨らまないというのもありますね。
ノーカット放送ご覧になりました?
ここ↓で見ることができますよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7918680
単に、恣意的なダイジェストには悪意が見えるのでノーカットでって意味でしょう。NHKなら十分可能ですよ。

見ていただければ判断できると思いますが、麻生氏はdebateに自信があり、鳩山氏は自信が無かったということでしょう。
debateには、声や表情も重要ですが、
麻生氏は自信に満ちた表情で聞き取りやすい声で語り、
鳩山氏は小さな上ずった声で自信無さ気に語り、質問によっては声が震えていました。論外と言えます。
また、内容も麻生氏は時間を有効に使い、重複を避け、理路整然と説明し・質問し・質問に答えていました。
鳩山氏は、説明もまとまりを欠き、質問では何度も重複した質問を繰り返し、麻生氏の質問にも的外れな答えを返していました。
いずれも、debateの大会ならば、大幅減点の対象です。
大統領選挙の直接対決ならば、アメリカ人は10対0くらいの大差をつけた評価を下したろうと思います。

>ならば、そろそろお開きにするかせめて他のエントリで議論されることをにわか読者としては期待してますよ。

ご意見感謝します。
過去ログで議論しても意味は小さいですからね。
その通りだと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.