Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

« 青木理:被害者なき詐欺事件 ── 刑事司法の実態
メイン
注目選挙区レポート!【長崎2区】久間章生×福田衣里子 »

注目選挙区レポート!【北海道11区】中川昭一×石川知裕

election2009_nakagawa_ishikawa.jpg

 自民党中川昭一(なかがわ・しょういち)前財務・金融担当相が父から受け継ぐ強固な地盤を、民主の石川知裕(いしかわ・ともひろ)前衆院議員が切り崩しにかかる。

 中川氏が8連勝する北海道11区は別名「中川王国」と呼ばれるが、2009年2月ローマでの「もうろう会見」以降は逆風が吹く。

 3月以降は妻侑子さんとおわび行脚で支持者をまわり、8月9日の総決起大会では、「酒を断つ」と宣言。地元事務所前の看板は「新たなる決意」と書き、再出発を目指した。

■ヘベレケ会見の中川昭一前財務相 今さら断酒宣言の哀れ(ゲンダイネット)

 対する民主石川氏は一昨年3月に繰り上げ当選して以降、知名度も上昇。政治資金規正法違反事件で東京地検から参考人聴取を受けたものの、街頭演説を繰り返し地道に支持層を広げる活動をする。その石川氏の強力な援軍となっているのが、同じ足寄町(あしょろちょう)出身で北海道の地域政党である新党大地の鈴木宗男代表だ。

■鈴木氏「政権交代を」 十勝遊説、石川氏と訴え(十勝毎日新聞)

 《THE JOURNAL》でもお馴染みの鈴木氏の応援が、郵政選挙で敗北したリベンジへと石川氏を導くのか。はたまた中川氏が夫婦二人三脚で流れを変えるのか。勝敗の行方や、いかに!?

line_gray.jpg

 他の注目選挙区もまだまだ取り上げますので、読者の皆様、特に"地元選挙区の方々"からのリアルな情報をお待ちしております。

 候補者の選挙活動に遭遇されたら、是非「写メ」等をinfo@the-journal.jp宛に送ってくいださい。(下のQRコードを携帯のバーコードリーダーで読み込んでいただくと、簡単にアドレス登録できます)

election_qr.jpg

可能な限り掲載させていただきます!(写真には説明も付けていただけるとなお嬉しいです)

line_gray.jpg

北海道11区(帯広市、十勝支庁)の立候補予定者
中川昭一  56 元財務相   自前
石川知裕  36 党局次長   民前
渡辺紫   60 元市議    共新

line_gray.jpg

過去の選挙結果(右端の数値は、全投票数に占める得票の割合)

○2005年第44回衆議院議員選挙
有権者数:290,484人 投票者数:212,035人 投票率:72.99% 

中川昭一  (なかがわ・しょういち、自民)107,056 ── 50.48% 当選
石川知裕 (いしかわ・ともひろ、民主)84,626 ── 39.91%
長谷部昭夫  (はせべ・あきお、共産)16,145 ── 7.61%

○2003年第43回衆議院議員選挙
有権者数:290,039人 投票者数:185,932人 投票率:64.11%

中川昭一  (なかがわ・しょういち、自民)112,210 ── 60.35% 当選
山内惠子 (やまうち・けいこ、社民)52,395 ── 28.17%
長谷部昭夫  (はせべ・あきお、共産)16,235 ── 8.73%

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5365

コメント (10)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

もうろう会見

あんな状態で客先にプレゼンなど、民間の会社では考えられない。
仕事を何だと思っているのだろう。

石川氏、応援しています。

<石川さんを熱烈に支持する>
西松事件で、参考人として話をしただけで、まるで事件の当事者のごとく扱われた石川さん。田原氏によると検察からどんどん放送したり、記事にするようにと、各社に指令が下されたとか...。
総理のお友達の中川酩酊氏が有利になる様に、漆間氏、樋渡氏コンビが仕組んだとの噂もあります。
こいつらの鼻をあかす意味でも石川さんには当選して欲しいですね。
できれば、国会公安委員長に就任して頂きたい。

選挙報道を立候補者のスキャンダル合戦に仕立てるのなら、俗に言う「マスゴミ」と同じレベルですね。

普通(常識)の考えかたからして立候補すること事態不見識だと思う。国務大臣ですよ。
     なのに形勢が不利、そんなレベル……??
可笑しいね。多分多くは「シガラミ」だとは思いますが仮に当選したとするなら 区民を疑いますね。断酒を宣言 何コレ?やはり
あの時は(記者会見)酒を飲んでいたんだ を表明した様なもの…

国辱的醜態を世界に晒した中川昭一は、ぬけぬけと選挙に出れるものだな
図太く、ど厚かましいにも程がある。


いまだにこの国辱者を応援する自称保守派に自称憂国の士は、持論でもあろう武士道の精神を何と心得ているのだうか 国旗に唾やゲロを吐いたかのような行為は見逃し、国士であるかのような勇ましい話が出来るだけでも、価値があるのですよと言うのだろうか?
アホか、頭を丸めさせて、どこぞの寺にでも掘り込んどけ。


失敗しても再チャレンジ出来る社会を作るのは大いに賛成するが、国家の権威を貶めた総理大臣や国務大臣に再チャレンジを許すような国家になってはいけない。


頑張れ! 石川知裕 

柳さま

全くおっしゃるとおりだと思います。

中川氏は、日本国民の顔に泥を塗った、とんでもない恥さらしをしたわけです。
日本中を行脚し、国民に土下座をしてから、立候補するのならまだしも、彼は日本国民に対して、どんな謝罪をしたというのでしょうか。

しかも、「酒を止める」のではなく、「酒を断つ」です。選挙期間限定の断酒程度の「新たなる決意」なのであれば、下手に当選でもしようものなら、また酒びたりになるつもりなのが見え見えです。

まともな謝罪すらできない常識的な感覚を持ち合わせていない人間などを当選させてはいけません。

石川さん、この1週間こそ、駅前ではなく農村や山間部へ行って、民主党に対する僅かな疑念さえも払拭しておくべきです。頑張ってください。

麻生首相は19日、中川昭一氏への応援演説で「私たちは人間だから失敗はする。失敗はするだろうけど、失敗は許すことができるのもまた人間でしょう」と頭を下げて支持を訴えたそうですが、私はあの失敗を許す気にはなりません。

あのもうろう会見は、謝って済む問題なのでしょうか。「人間だから失敗はする」当然です。だから、しようがないか、と笑って許すレベルをはるかに超えていると思いますが。どうなんでしょうかね。一般社会の常識ではそうなっているはずですが。政治家の世界ではそれは許されてもよいということなのでしょうかね。そうではないはずですが。一般常識に合っているかどうかの問題です。

一生懸命やった結果としての失敗と、チャランポランにやった結果としての失敗。この違いは大きいですよ。

中川氏は、国の代表という自覚が全く無く、遊び感覚でした。だから、記者会見の直前まで酒なんか飲んでいられたんです。こんな人は、公費を湯水のように使って、私的旅行を繰り返した類に違いありません。

許される失敗と、許されない失敗があるとすれば、中川氏の失敗は後者です。政治家の道は諦めて、自称酒評論家として世界中を飲み歩けばいいんです。その方がお似合いです。

3ポイント後れを取っているぞ!
http://senkyo.kakaricho.jp/district11.html
酔いどれ朦朧大臣を国会に帰ってこさせてはいけない!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.