Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

Recent Comments

自民党が両院議員懇談会、民主党が両院議員総会を開催
梅光 07/21
パン 07/22
中尾友次郎 07/22
大野保志 07/22
匿名 07/22
hiroki 07/22
H.Miyauchi 07/22
梅光 07/22
H.Miyauchi 07/22
堀口雪文 07/23

« 岸井成格が語る「民主党が政権をとって最初にやるべきこと」
メイン
日本は“モノづくり資本主義”で世界をリードする!──榊原英資『大不況で世界はこう変わる!』への異論 »

自民党が両院議員懇談会、民主党が両院議員総会を開催

 21日午前、自民党は両院議員懇談会、民主党は両院議員総会を開催した。

 当初、自民党の懇談会は非公開の予定だったが、本日午前になって公開されることになった。麻生首相は懇談会の冒頭で「国民に政治に対する不安、不信を与え、党の支持率低下につながった。深く反省している」と陳謝し、自らの失言やブレなどで支持率が低下したことを陳謝した。

 一方、民主党の総会では、鳩山代表が冒頭のスピーチで「今回の総選挙は自民党政権を終わらせるような小さな選挙ではない。明治維新以来、官僚主導の受け身型の日本の政治から、国民が主体になる、国民主導の新しい政治をおこす、大きな革命的な解散総選挙だ。歴史的使命感を持ってのぞまなければならないことを確認しよう」と、党所属議員に呼びかけた。両党の会議は、現在の勢いの差をそのまま象徴する会議となった。なお、民主党の総会の模様は、党公式HPでノーカット配信されている。

■麻生首相が陳謝「発言ぶれたと言われ支持率低下。深く反省」(動画あり)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/politics/?1248139296

■民主党両院議員総会(7/21 11:00〜)
http://www.dpj.or.jp/news/?num=16601

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5298

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 自民党が両院議員懇談会、民主党が両院議員総会を開催:

» 殿!風が嵐となりつつあります!そりゃ、タイフーンだな 鳩山由紀夫 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
今日のタイトルはチョット 「苦しい」(笑) ですね。 昨日の高速の渋滞に「気弱な地上げ屋」は、すっかり体が弱っております。 日本での車の運... [詳しくはこちら]

コメント (16)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクに書かれている文章を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

自民党政治って、ただの官僚の広告塔じゃないの?
本当に政治として機能していたのでしょうか?
自分達の利己的な党利党略しかなかったんでしょう?
もはやそれすら機能していませんが、、、、
金持ちの利己的な道楽か???

やっと解散、私に言わせれば「やるやる詐欺解散」。
で、「政局より政策」、「政治空白は許されない」と言っていたのに、史上最長の選挙戦(政治空白)。これって矛盾してますよね。おまけに「景気対策はその成果が少しずつ見えつつあるが道半ばだ」だって。4段ロケットに税金と借金一杯詰めてばらまいて、どこが国民の生活向上に寄与したのか国民投票で確認したいくらいですが、その民意が今度の選挙結果に出るのでしょう。
中川、武部、加藤の3氏元幹事長トリオは最初こそ威勢がよかったが麻生を降ろせず、党も割れずじゃ、選挙後は日曜日の午前のTV出演はもはやあり得ず「TVタックル」の週替わりレギュラーに転進か・・・

自民党の懇談会、お昼にテレビでダイジェストを観ました。

麻生おろし?
オレか?
オレが悪いのか?
おまえらみんなで神輿になってくれっつうから、なったんじゃねえか。
おまえらがやれっつうたことは、ぜーんぶそのまんま、やったよな?
おまえらがやるなっつうたことは、ひとっつも、やってねえよな?
その結果がこれだろ?
オレの言ってること、なんか間違ってる?

ドス黒い孤独に耐えて、それでも一応謝っとく麻生太郎であった。

民主党両院議員総会は非常に一体感がありよかったと思います。

麻生太郎氏に感謝したいと思う。日本国に生をうけ五十有余年、やっと本当の日本政治の実相を確信できたという点で。米国という宗主国があって、自民党、霞ヶ関、マスコミの三者がその傀儡として戦後政治を主導してきた。敗戦がこんなに大きな負の遺産を背負わせた元凶でしょうか。そういう意味で、吉田茂の孫に当たる麻生太郎氏といい、岸信介の孫に当たる安倍晋三といい、祖父たちが米国傀儡政権をつくり、孫たちでその幕引きですか?

鳩山代表の挨拶は素晴らしかった。力強く感じました。
小沢氏の挨拶が無いのが少し寂しかった。黒子に徹したのでしょうか?
民主党の青い皆さん、小沢元代表に感謝を! ゆめゆめ油断なさらない様に。

鳩山さん、最高!感動しました!

官僚主導の日本の政治から、国民主導の新しい政治へ。大きな革命的な解散総選挙だ。歴史的使命感を持ってのぞまなければならない。
う~ん。かっこいい。国民の胸に響きます。革命的な改革のための総選挙。歴史的使命感をもってのぞむ。何度聞いてもすごくいいです。
命がけ、本気の姿勢は、国民を必ず動かすはずです。
民主党の先生すべての方が、歴史を動かす改革者であると自覚し、その使命感に燃えてほしいです。
鳩山さんのその燃える思いが伝わってきました。応援しています。

http://www.youtube.com/watch?v=kZpSfahQ--0

これが自民党政策の公式なCMのひとつ。もう完全に野党気分のようだ。アニメ好きな総理の元ではこのCMも無理ないか?しかしなんとも品位のないCMだろう。

中尾友次郎 様 (投稿者: 中尾友次郎 | 2009年07月22日 04:13)

意味不明の「日本をあきらめない」が,岡田代表が大敗したときのスローガンでした.本来は郵政民営化の矛盾を突いて,反論のスローガンを打つべきでした.
ところで,「根拠のある自民党」とは,上記スローガンの自民党版です.これでは結果は期待できないことは,既に証明されていると思うのですが.

中尾友次郎 様

J-CASTニュースに出ていました。

卑劣なネガティブキャンペーンですね。まさに、品性下劣ですな。

民主・鳩山代表を揶揄 自民党ネット動画が話題7月21日20時5分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000003-jct-soci

匿名 | 2009年07月22日 10:44 は僕の投稿です。名前を書き忘れ失礼しました。

あれが謝罪と反省か?キャビネットに原稿。相変わらず恰好ばかりだ。『国民に』相変わらず立場が上。『国民の皆様』じゃあないの?結局は内部を一本化させる出来レースじゃあないの。謝罪とは頭を下げる事じゃあないのか?フルオープンにしたといっても、質問は出来レースで時間も短縮。結局は自民党は変わって無いと国民には映ったはずだ。民主党は更に対極的に、自民党を相手にするのでは無く、政治を変える為の選挙。自民党の姑息な批判は相手にせず政策を語り、理解を得る為に戦う姿勢を鳩山代表は示した。民主党として挙党一致で戦うことを願って辞任し、選挙活動に終始する小沢氏の心に応える戦いをして欲しい。

握手の茶番 別れの涙

中川氏が麻生降ろしにサインした議員の代表としてあっさり握手したのは見ていて茶番でした。あれだけワーワー言って、何だったの?

麻生さんの涙は目の前の多くの議員が落選して国会に帰ってこれないだろうという「別れの涙」でしょうね。

まあ、小泉チルドレンの多くは4年間沢山の歳費をもらった上に、めったにやれない良い経験をしたと思って諦めて下さい。何もやらないだけでなく、数の力に加担して国を悪くした事だけは反省して下さいね。

そうですね。小泉政権から小泉チュルドレンがこの国、国民の生活をダメにした。彼らは自民党の法案を通す為の1票の役目となって、2/3の採決の貢献者だった。
国会で、自民党は自分達の法案が2/3で最後は通るという事で民主政治を崩壊させた張本人なのだ。野党との議論もまともにせず、野党の法案に耳も傾けず最後は2/3で通る。悪法も数の力には勝てず
。自民党は政権取っても今の組織では変わらない。麻生はこの選挙で
○ ムダの根絶
○ 天下り禁止
○ 国民の暮らしを良くする
”ウソ付け”
こう言う信じ難い事をヌケヌケと言える自民党、麻生。全体に変わらない。

当初、非公開の予定だった懇談会を、公開するところが、落ち目の自民党らしいやり方でした。多分、私はこの世におりませんが、100年後の歴史的評価が楽しみです。
総理に上り詰めた以上、麻生氏に同情は致しませんが、ある種あのふてぶてしさは、希有であったと私は評価します。しかし、今回の自民党崩壊の根本原因は、どう見ても劣化した、すべての自民党議員の資質とそれを支えた、自民党員の衰退で有ったように思えます。麻生氏一人の責任でない事は、明々白々です。長年空気の入れ替えがないと、物は腐るし、干涸びてもカビは生えます。変化を嫌う我々も、未来、利害にしがみつき、競争を怠るならいずれは、こうなると肝に銘じるべきです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.