Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

Recent Comments

« 奥寺康彦×高野孟:ほろ酔い談義 ── スポーツ文化論篇
メイン
岸井成格が語る「民主党が政権をとって最初にやるべきこと」 »

衆院解散が決定!

 麻生内閣は21日午前の定例閣議で衆院解散を決定した。午後1時から開かれる本会議で解散され、その後の臨時閣議で「8月18日公示──8月30日投開票」が決定される。

 報道関係者の事前議席数予測では、すでに「与党の過半数割れは確実」との見方が多く、焦点は「民主党は単独過半数を獲得できるか」「絶対安定多数に届くか」「自民党はどこまで議席を減らしてしまうのか」に移っている。ただ、解散から投開票までの期間が前代未聞の40日間にわたることから、選挙戦で情勢が大きく変動する可能性もある。

 解散の決定を受け、首相は午後6時から官邸で、鳩山代表は午後4時半から党本部で記者会見を行う予定。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5296

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 衆院解散が決定!:

» 【アホウ太郎】今回の総選挙を社会の変革に向けた第一歩として活用せねばならない!【応援要請無し】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 希代の扇動政治業者コイズミが仕掛けた郵政選挙から4年。多くの国民が待ちに待った衆院解散総選挙が目前に迫った!  今回行われる第45回総選挙が、 政権交代... [詳しくはこちら]

コメント (17)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクに書かれている文章を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

40日は長丁場です。自民党や守旧派官僚が何をやってくるかわかりません。民主党は気を引き締めなければならないと思います。都議会議員選挙圧勝のことはもう忘れたほうがいいでしょう。

それと、小沢さんは、高野さんと同じ考えだったようです。

理由として「公明党との連携の可能性や、岩手4区で小沢氏の元秘書が自民党から出馬予定であること」をあげたらしいですね。

小沢氏、「国替え」見送り岩手4区から出馬へ asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0719/TKY200907190360.html

小沢氏「国替え」見送り=岩手4区から出馬へ-衆院選  時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090720-00000019-jij-pol

高橋嘉信を倒さなければなりませんし、もう代表ではないですから、国替え見送りは理解できます。

それにしても、東京12区は古田さんなのかな?

http://www.aspara.co.jp/atsuya-furuta/
当然ながらブログを見たって何もわかりませんが、小沢さんが勝てる候補を立てると言っているのが気になりますな。勝てる候補ということは、それなりに知名度があるという意味であるような気がします。
気になりますが、早ければ、今日の常任幹事会、遅くとも今週中には決まるでしょう。

政権交代をずっと熱望してきました。
小泉売国改革で無茶苦茶にされたこの国の形を元に戻して欲しいと願っています。
しかし、民主党に一人勝ちさせていいのか、と最近考え始めました。
一時期小泉改革をむしろ先取りしようとする流れもありましたし、一部には小泉売国派のながれを組む一派もいるみたいですし。
選挙区では自民党に対抗する当選可能性の高い会派(主に民主党になると思いますが)に票が集中するとしても、比例区では国民新党や社民党等の連立を組む政党にも票が集まり、ある程度の議席が確保され連立政権のなかでのお目付役となることを期待します。

やっと解散ですね。

自民党の末期政権が、この国の形を完膚なきまでに破壊したものを引き継いで何ができるのか。

官僚政治の打破とは言うけれど、われわれ国民一人ひとりがそれを許容してきた事実は、自民党の責任というよりも、国民一人ひとりの責任だったと痛感しています。

貴方は年金制度をどう立て直しますか? 介護保険を正常化するにはどうしたらいいですか。

政党のマニュフェストをあてにするのではなく、自分で考え、行動していかなくては、民主党が政権についても何も変わらないんだと覚悟すべきだと思います。

自公政権が崩壊すれば解決するのではなく、これから何が始まるのかは我々の問題です。

暑い夏が来ました。体調に気を付けながら、できることから足を踏み出していこうと決意を新たにしています。

<東京12区は?>
小沢さんは、岩手4区から動かないようですが、東京12区は「親しい人で勝てる人をたてる」としているが、誰だろう?
まさか、高野さん?しかし、先日「公明党をあえて敵に回すな」とご意見を書き込まれた高野さんの確立は低いようだし・・・。藤井さん?引退撤回で国替え?確かに勝てそうだけれど・・・。いずれにしてもワクワクします。
さて、週刊朝日によると、小沢さんは、すでに学会幹部と水面下で会合を持っているそうです。
なら、東京12区の対立候補を立てるのはマズイのでは?と素人の私は考えるのですが、実は、すでに大田・北側体制を見放し、山口・高木体制に移行するらしい。
なので、大田代表が落選しても容認するのではないか?
さすがに、小沢さんは棋士らしく、一歩も二歩も先を読んでいるようです。
狙いは来年の参議院選挙。絶対に自民党のゆり戻しは許さない。その為の学会への布石なのだそうです。
4年間、待ちに待った総選挙。
一票一揆のスタートです。

40日間の選挙戦は私は長くはないと思いますよ。
日本の将来を左右するというのに、候補者が有権者に政策を説明するには今までが短すぎたのです。
だから今までは名前の連呼ばかりが目立ちましたし、政策が浸透できなかった有権者は知名度で人を選ぶ傾向があったのではないでしょうか。
たぶん金のかからない選挙を目指したせいかもしれません。
私は少なくとも1ヶ月は選挙期間があるべきだと思っているので、このくらいがちょうどいいと思っていますよ。

民主党の両院議員総会が開かれました。
以下はビデオ配信です。
300k
http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090721soukai_v300.asx
56k
http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090721soukai_v56.asx

自民党の両院議員懇談会とやらを見せてもらいました。
唖然としました。
これから衆院本会議場において解散総選挙に突入するわけですが、ここからの約40日間、自民党はなにを目標に掲げて戦うのでしょうかねえ。
テレビ政治屋の大村議員が声を張り上げて「日本のためにも民主党に政権を渡してはならない!」と拳を振り上げていましたが、日本のためにも自民党が下野してくれと願うのが殆んどの国民であることを血が上りすぎてわからなくなったんだろうか?

40日の選挙戦は長過ぎでしょう。
そもそも与党には説明して評価を求める政策を用意する必要なぞ、この期に及んでしまえばありはしません。
私はこの4年間彼等がやって来たことを(否定的に)評価して一票を投じるのみです。
あと40日もあの顔の不自由な男が総理大臣を続けるなんて想像するにおぞましい。

自民党の両院懇とやら。
ガンバロー三唱やってましたが、アレは本来民主党のお家芸なんじゃ。
自民党は自民党らしくバンザイ突撃でもって終わって欲しかったものです。

東京12区。片山前鳥取知事といった線は無いのでしょうか。誰か知りませんか?

[em5467-2こと恵美]様 ( 2009年07月21日 12:26)

「そのまんま麻生」選挙で良かったですね。舛添要一ピンチヒッター首相ではなくて。つい余計なお節介を口走ったおかげで,若干気にしていました。さて<東京12区>はどうなるでしょうか。楽しみですね。たまにはお互いに気楽にいきましょう。

麻生首相もやっと解散を決断しましたね。民主党は実質40日間という長い選挙期間、本当に注意して行動しないと危険もあります。小沢氏秘書逮捕で世論調査も急遽動いた。ウソも100回聞かされたら本当に思えると言われます。本日午後自民党の公宣車が西松云々とスピーカーでやっていた。自民党も地元に張り付く選挙活動を展開するという、今回は彼らも必死で戦うでしょう。各地の民主党公認立候補者は党を背負って戦って欲しい。小沢氏辞任問題の時の様に自分の当選だけを心配する選挙運動では、政権党には成り得ない。自民党の誰かが言っていた、今回は政権党獲得選挙なのだ。自民党立候補者に足元をすくわれない様に戦って欲しいですね。

「一票一揆」・・・・言えてますね。(恵美さま)

 お上、お役人様は「絶対」の昔々の民百姓の心境と現役国民の心境は実はあまり大差なかった。これでもか再放送の「水戸黄門」を見ても、最近は現状の政治とオーバーラップしてきます。

 度々、民主党は脇が甘いと叱咤されますが、国民の脇が一番甘かった。でもですよ、「主権者としての自覚」はあまり教育されることなく、政治のことは政治家と役人に任せておけばいい、彼らは優秀でしっかり仕事をしてくれる。意識的にも無意識的にも何となく教育されて来たのも事実です。それが到頭、いろんな意味で今日(こんにち)の結果に繋がりました。

 B層化された国民も「人間性の目覚め」ならぬ「B層の目覚め」を日に日に起こしているのです。それにも拘らず、与党はB層対策に血道をあげて、ミイラ取りが・・・B層(国民)取りがウルトラB層(与党)になってしまいました。

 とは言え、しかし長い選挙戦のスタート、「官僚検察等の工作、暴走」が投票日を前後して動くのでは無いかと、危惧の念とも妄想とも憑かない想像が頭を過ぎります。

 鳩山代表を初め民主党の皆さんは、死に物狂いで頑張って下さい。追い風など当てにしないで自らが台風の眼になって風を起こして欲しい。そして小沢さん、心身ともに踏ん張ってこの選挙戦を勝ち抜き、待ちに待った「政権交代」の悲願を成し遂げ、「国民の生活が第一」を実現して下さい。小沢ガンバ!

<fujifujiさんの拍手ページの良心派様>
ご心配ありがとうございます。感謝、感謝です。
今、麻生が解散の記者会見をやっている。そして、民主党叩きを散々やっている。マニフェストすら作らず、民主党はバラマキだと罵っている。バッカじゃないだろうか?民主党が反論できない総理会見で、卑怯極まりない。
おっと、いっけない!気軽にでしたね(笑)

<yuimakitu様>
レスありがとうございます。40日間はいろいろあるでしょうね。風が変わる事も有るでしょう。でも、風が変わったら、私たちが再び風を起こしましょう。緩みが見えたら民主党のサイトにジャンジャン意見の投稿をしましょう。

この一週間、自民党はTVをジャックするのに成功しました。ごたごた揉めているふりで麻生総理を降ろすの降ろさないのと、あるいは地方選の総括だの何だのといって、結局全く内容のないことでTVのニュース番組はジャックされていました。そして自民党の両議員懇談会の茶番劇。最後には中川氏と麻生総理ががっちり握手して団結をアピール。何を揉めていて、何が解決して、こんな握手をしているのかまったく????でした。結果的に1週間わけの分らないことで、政策の議論も無く、自民党の茶番劇にTVはジャックされてしまいました。

我々、政権交代を期待するものとしては、このどうしようもない自民党の芝居に見せられて、ことの本質を見失うと言うことはさけなければなりません。勝負は40日の長丁場ですから自民党は、また同じように訳の分らないリングを作り、卑怯な手口を使ってくるかもしれません。

自民党がかなり卑劣なネガティブキャンペーンを張っています。

民主・鳩山代表を揶揄 自民党ネット動画が話題7月21日20時5分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000003-jct-soci

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.