Calendar

2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Entries

« 保守・リベラルは、ぐじゃぐじゃ自公守旧勢力に勝てるか―――無血・一票の革命前夜に記す―――
メイン
自民党がマニフェストを発表 »

自民党のマニフェスト発表会 ニコニコ動画で生中継(31日17:00~)

 31日に行われる自民党のマニフェスト発表会(記者会見ではない)が、ニコニコ動画の麻生自民党チャンネルで生中継される。リンクは下記の通り。

http://ch.nicovideo.jp/channel/ch90

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5317

コメント (10)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

選挙前に、地方分権のセットとして自民党や橋下大阪知事が異様に声高に押している道州制についてもっと知りたいです。
橋下知事などは、道州制じゃないと中央の権限が強くなると民主党にも強く推しているような記事を見たような気がします。
正直、橋下氏はマスコミに持ち上げられすぎて胡散くさいので、あまり信用してないのですが、道州制のデメリットとかないんでしょうか。

自民の後出しジャンケンがどのくらいなのか、楽しみです。
民主も先のインデックスが完全版ではないと言っていたので、これから変更になるんでしょうけど。

橋下氏は計算高さが見え見えで好きになれません。
宮崎県知事ほどではないですが、役者が下手で不自然なのです。
常に何かと対立して怒っている姿が映し出し、マスコミの目を引き引けて有権者を味方に付ける演技、劇場型政治です。
小泉政治のことをみな忘れているようで、細田氏ではないですけど、国民の程度に悲しくなってしまいます。

いまマニフェストという言葉にマスコミが夢中になっています。民主党と自民党、どちらのマニフェストが実現性が高く、財源もしっかりしているのか。街頭で意見をもとめられる人々も、民主党のは財源に根拠が乏しいとか、自民党の子育て支援のほうが分かりやすいなどと答えていますが、私の印象では、そうした答えそのものにも根拠があまりないように思えます。
根拠のないマニフェスト論議を増幅させていくうちに、衆議院選挙の争点はどんどんぼけてきています。
私が何より不安に思うのは、どちらがよりいいのかという、こうしたマニフェスト論議の中で、自民党がこれまで行ってきためちゃくちゃな政治がちゃらにされ、自民党がちゃっかり、うまくいけば、また国民に選んでもらえるチャンスがちゃくちゃくと作られている気がするのです。
いま日本に必要なのは、国民が政治にかかわることができ、国民のために行われる政治環境を作ることではないのでしょうか。それは政権交代でしか実現しないと思います。
私は民主党が欠点のない政党とは思っていませんが、いまこの国に必要なのは、自民党の独裁政治を終わらせることしかないと確信します。
政権交代の可能な政治環境の実現こそ、日本が民主的な国に近づく第一歩です。前近代的な自民党の「老人支配」(海外のメディアで日本の政治について目にする批評です)による閉鎖的な(外交も含めて)政治行動が、日本の評判をどれだけ落とし、国際社会において尊敬される地位を失わせて来たことか。
国民にとっても、国家にとっても、百害あって一利もない自民党による長期支配を終わらせるのか、このままつづけるのかが、今度の衆議院選挙の最大のテーマだと私は思います。

 自民党はなぜ日本語もまともに話せない麻生にマニフェストを発表させたのでしょうか。
「あー」「うー」は故大平さんで揶揄されましたが話された言葉を文章に直した場合大変いい演説でした。
 麻生の場合原稿を読んでいるにもかかわらず音読がちゃんとできていないようです。
 話し方教室で小学生と一緒にや直して方がと思います。
「私がー○○でー」しかもダ○声で聞きづらいですね。
 ここは若い人の愛するニコ動で麻生首相の表現力のみを批評していますのでつい好き嫌いがでてしまいました。

<マニフェストなんかどうでもいい>
要は、どちらが信用できるか?だけです。
自民党が信用できない事は、実証済みです。今までの達成率はスルー(断トツに自殺率が高いのに自殺対策は、A評価の自己評価は驚愕に値する。)して、これからヤルので民主党のマニフェストと比べてね!と虫のいい事をいう自民党。それに乗るマスコミ、財源を突っ込まれてジタバタする岡田さん。大阪の知事に脅されて、オタオタする鳩山さん。
見ていられない。やはり、小沢さんが、一番どっしりしています。

「責任」を争点にしたいなら、「財政再建最優先」を方針とした方が分かり易かった。
へたに民主党のマニフェストを意識するから、中途半端なものになってしまう。
常日頃から自分の頭で考えていないから、こうなる。

em5467-2こと恵美様
これまで何となく(失礼)親近感を覚えておりましたが、中核派シンパでありましたか。たたけばホコリの出るのは全ての市民の皆さん全員であります。私はまだまだホコリの出る身ではございますが、過去に数度そのホコリの掃除までさせられた正に真っ只中に居たものであります。そして何故かたまらなく小沢一郎が好きな中年なのであります。当然ながら自民党に投票など一度もしたことはありません。あなたのおっしゃる通り、今民主党は決して「ジタバタ」しないことです。自公の厚顔無恥が何を言おうが堂々としていることが必要です。それが小沢一郎民主党の貫録というものです。国民はそこを信頼するのです。マニュフェストで宣言と約束をしたのだから、あとは「国民の審判を待つだけ」と澄ましていれば良いのです。やることは一つ「数多くのドブ板」を踏むことに尽きるのです。

<龍司様>
レスありがとうございます。元中核派シンパは、若気の至りでして...。
ただ、親近感を感じて頂いているのは、とてもうれしく、光栄です。私も、常々、龍司様のコメントには、感心することが多く、親近感を抱いております。

この欄にも投稿します。

小生の子供は既に40代です。子供手当ては貰えませんが、明るい未来のために是非実現を!!


「子供手当て」はバラマキでは有りません。未来の日本を担う子供たちへの投資です。

「定額給付金」こそが愚かなバラマキでした。 「さもしい」と言いながら二転三転して頂いた方もいた様です。

どう考えても民主党のマニフェストが上です。 財源は政権を取ればどうにでもなります。
今回の補正での自民党の大判振る舞いはメチャクチャでしたが、、、。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.