Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

Recent Comments

« 検察への対決姿勢?強める東京新聞
メイン
与謝野、渡辺喜美にも迂回献金で、検察はどうする? »

鳩山由紀夫独占インタビュー!:日本のこれまでと、これから

hatoyama_takano2.jpg

 総選挙が目前にまで迫り、永田町の緊張感が高まり続けるいま、《THE JOURNAL》は民主党・鳩山由紀夫代表の独占インタビューを実現。高野孟と「地域主権と地方分権は違う!」をテーマに激論を交わします。政権交代で何が変わるのか、そもそも民主党は政権交代ができるのか。日本の“これまで”と“これから”を考えます。対談の模様は「THE JOURNAL×Infoseekニュース」内でご覧ください!

-------------------------------------------------------------------------------------
(注)このコンテンツはWindows Media Playerを利用します。お持ちでない方はマイクロソフト社の公式HPをご覧下さい。また、Macintoshをお使いの方はwmvをQuickTimeで再生するFlip4Macをご利用ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
section.01 総選挙に向けて~党首討論と総選挙
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/movie_0906_01.html

section.02 ずばり、任期満了選挙になるか?!
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/movie_0906_02.html

section.03 “友愛”と“自立と共生”について
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/movie_0906_03.html

section.04 地方分権と地域主権の違い~友愛精神の厳しさ
http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/movie_0906_04.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5271

コメント (36)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、名前として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

この主題とは違いますが、本日、自民党の古賀選対委員長が、宮崎知事東国原と対談したとき、東国原は≪自分を自民党総裁候補にしてくれるなら、次の衆院総選挙に立候補する≫と、宣言したと言います。
非常に恐ろしい思いを抱きます。まさか、この東国原の要望を、落ち目の自民党が聞き入れると思いませんが、戦前、あのドイツのヒットラー伍長が、混乱の第一次大戦後の、疲弊した敗戦後のドイツに現れて、あの日本も巻き込んだ第二次世界大戦の再現となることを憂いています。

私は視覚障害者です。パソコンは「スクリーンリーダー」という、
画面の情報を読み上げるソフトを使って操作しています。
鳩山代表のインタビューを聞きたい、と思ったのですが、
指定されたページの動画? は、私には操作することが
出来ませんでした。改善をお願いいたします。

<山ちゃん様>
 私もニュース聞きました。まさかと思いましたけど、すぐに断りの口実ではないかと思いました。これを補足するように、大阪府知事が発言していました、「本当に言ったのならすごい度胸ですね、でも、断りの意味じゃないですか?」と。 

いいですね、鳩山総理…じゃなかった代表(笑)
お二人とも落ち着いたトーンで対談されていて好感が持てます。

政権交代準備万端!何時でも来い!!って感じですね。

いよいよ選挙が楽しみになってきました。

♪~早く来い来い総選挙~♪

東国原氏の「総裁」発言は、今回は断る意味だったのかもしれませんが、断る言葉は他にいくらでもあるのにこの種のことを言うのは、一部に本音もあるからではないかと思います。一度騒がせておいて種を撒いておくというか。
東国原氏・橋下氏は人気ある知事として注目を浴びていますが、私は二人を全く違うものとして見ています。東国原氏は宮崎県のセールスマンとしてのみ行動していました。民主党の意見を聞こうともせず、はじめから与党しか見ていませんでした。橋下氏は、歳出カットや教育問題など府政の問題に取組み、そして霞ヶ関との対決姿勢を堂々と見せました。最近の地方分権・霞ヶ関解体の動きは、橋下氏が先導したものであり、東国原氏は橋下氏が言い出すまで一度もそんな姿勢を見せていなかったと思います。それよりむしろ霞ヶ関と与党への「おねだり」知事でした。
インタビューでは「自民党が変わるかどうか」などと言っていましたが、日本のことを本当に考えるなら、一党独裁ではなく、政権交代が行われる構造こそ重要だということが分かっていないようです。

古賀さんは足元を見られてしまいましたね(苦笑)。
その一言に尽きると思います。
報を記者から聞いた与党議員連中のハトに豆鉄砲を食らったようなバツの悪さを見れば、古賀さんの東国原知事担ぎ出しは人気取り以上の何者でもないことを知事に見透かされ先手を打たれ自民党の追い込まれようを満天下に晒す大恥に相成りました。
先週、そして今週発売される週刊誌の総選挙特集の自公政権の大惨敗予想記事と併せ、自民党崩壊がいよいよ現実のものとなってきました。
それにしても東国原知事の思い切った提案は自民党の覚悟を試す意味もあるのだろうが、集票要員として自分を最大限高く売るというPRパフォーマンスもさることながら逆説的な意味で「客寄せパンダじゃないよ」という知事側の矜持も垣間見えたなかなかの大見得でした。
でもどうなんでしょう。
私には東国原知事は宮崎物産店のPRマンとしての顔しか思い浮かばないんですが、県知事の県政運営手腕というのはPR以外、どれほどのもんなんでしょうか?
支持率は異常に高いわけですが、それは宮崎県民にとって痛い思いを覚悟してでも財政赤字を減らすなどのキツイ緊縮財政をとっているというよりはPRに勤しむタレント知事の顔、特に可も無く不可も無いということなんでしょうか?
よくわかりません。

民主党が「官から民へ」をスローガンに掲げながら郵政国営化を目指しているのはどういうことか?
なんか短期で空中分解フラグがたってきたんだけど?
そのことについて民主党は説明する義務があると思います。

民主党の二層制(自治体と中央)の地域主権は多分スウェーデンの地域主権を見習ったものだと思いますが、地域多様性に富んだ日本には向かないように思います。
日本では広域地域毎に特性の違った経済圏を作ることが今後の発展に欠かせないと思います。
それには三層制(自治体と地方政府と中央)がよいと思うのですが、どうなんでしょうか。

いいですね。最高です。
コンクリートから人へ。自殺の増大、母子加算の廃止の問題を挙げて下さった。私は感動しました。党首討論後、河村官房長官はお涙頂戴の話をしている場合ではないという趣旨のことを述べられたようですが、ああ、やはり、自公政権は国民の生活・命のことなど、無関心なのでしょう。鳩山さんは人の命が大事であると強い調子で断言された。国民の胸に響いたのではないでしょうか。私はとても感動しました。

自立と共生。自分任せでもなく、政府官僚任せでもない、その真ん中の、ヨーロッパ流でもない、鳩山流の第3の道。
地域主権。国の中央官僚の力を削ぎ、主権者である市民が受身でない、自立した自治をやる。

「人の幸せをじふんの幸せだと感じれる社会」「友愛社会」
この社会を築いていくために、国民が総参加して、この国を大掃除して、新しい日本をみんなで協力して仕立て上げていく必要があるのでしょうね。これは国民にとってなかなか厳しいことですが、やりぬいていかなければならないでしょう。

国民の命にかかわる問題を軽視する自公政権を、一刻も早く打倒し、革命的な志で、政権交代を実現し、革命的な政治改革をわれわれ国民とともに、協力して実現してまいりましょう。

市民の力はすばらしいと思います。現に、あの派遣村で活躍された湯浅誠さんを中心とした活動はすばらしい例です。日弁連を動かし、労組の三つのナショナルセンターを動かし、政治家まで動かした。テレビを見ていた国民も動かした。各々、命の大事さを強く思い、垣根を越えて、協力しています。本当に、すばらしいことであると思います。ぜひ、政治家の先生方にそうした市民活動に対し、積極的に耳を傾けてくださるとありがたいです。互いに協力し、友愛社会をつくっていくことができると思います。

市民活動に対する国民は無関心でした。しかし、派遣村は強く注目を集めました。これは世の中が変化していく突破口であると私は思っています。歴史の転換点です。市民の力。自立と共生はここからはじまると思います。
日本の国民は諸外国に比べ、労働時間が長すぎます。そのため、諸外国ではふつうの市民活動に参加する時間がほとんどありません。市民活動に参加しないため、自分たちの力で社会をつくっていこうとする意識が生まれません。いまの民度の低さはその原因のひとつとしてあると思います。

ぜひ、市民活動に応援してくださり、多くの国民がそれに参加できるような環境作りを考えてくださると大変ありがたいです。政治献金もわれわれ国民が行うのが本来です。それが何より大事です。われわれがやるという意識でないとダメだと思います。企業献金はなくていい。国民所得は下がっているにも関わらず、企業所得は増えている。膨大な内部留保を持っているにもかかわらず、社員には分配されず、株式配当は増大している。非正規労働者の増大し、ワーキングプアに。国民は生活するのがやっとで、政治献金するお金もないのです。これを変えなければ、国民主権の政治は行うことができません。ぜひ、この点も考えてください。お願いします。

何が何でも、政権交代。国民といっしょに、国民の命を大事にする社会を建設するため、協力して、革命的志をもって、革命的な政治改革を実現してまいりましょう。

東国原氏の発言は単に自民党を揺さぶる効果しかないでしょう。

浮き足立ってる議員たちは総裁と首相を分離して・・・とか言い出すし、常識的な議員はそんなふざけたこと言いやがて・・・と言って結局は党内を揺さぶるだけの効果しかないでしょう。

東国原氏にしたってこういった発言はプラスにはならないですね。彼を支持していた人たちからは「宮崎のためにと言ってたのに・・・」と国政に色気を出したことに失望するでしょうし、多くの政権交代を期待する人たちからはガッカリされることは必至ですから。

自民党にしたって東国原の言うことなんか聞いちゃいません。単なる客寄せパンダにしか見てませんから「何言ってんだか」程度の感想しかないでしょう。

どうせ、仮に東国原が自民党総裁になったとしたって彼の言うことを他の自民党議員が聞くわけないことぐらい今までのリーダーたちの末路を見れば明らかなのに、そんなことに期待している東国原の政治感覚0なのには呆れてしまいます。

知事には相当な権限があるからやりたいようにやれたんでしょけど、日本の首相は首相が何かやろうとしたってそれを支えるチームが一丸となってない限り国全体を変えることはできない仕組みになってますから、1人ドンキホーテやってもダメってことです。

そういう意味ではチームとして方針が定まっている民主党のほうがトップが多少替わっても大きな方針は変更ないですから安心して政権を任せられます。

仮に東国原が総裁になんてなったとしたら自民党も末期症状だなぁと、ある程度見識のある人たちからは完全に見捨てられちゃうでしょうね。そうなったら面白いとは個人的には思いますけどね。

むしろ姑息なことをすればするほど従来から自民党を支持している人たちからも情けなく思われちゃうんじゃないですか?

まぁ、民主党はそんな自民党の右往左往している連中なんか無視して政権交代後に何をするかをしっかりつめておくことが大切だと思います。

今、現代進行形で悪巧みをしている連中をどうするかきちんとつめておかないとすぐにしっぺ返しを食らってしまいますからそこらへんは最優先してつめておくべきだと思います。

<事務局様>
湯豆腐さまの依頼、ぜひご対応をお考えください。私は広告会社の営業で企業のホームページなどを請け負っています。技術者ではないので、大きな事は言えないのですが、視覚に障害がある方への対応は、画像としての文字の裏側にテキストデータとしての文字をいれる事で、比較的簡単にできると記憶しています。
いかがでしょう。せめて、できるか?できないか ?お返事をさしあげていただけないでしょうか。本編と関係ない書き込みで失礼しました。

うちのマックもメディアプレーヤー入っているのになぜか映像受け付けません。
どんなパソコンでもソフトでもそのまま見られる(例えばyoutubeみたいな)ので
配信していただけないでしょうか。
ちなみに、高野さんのほろよい談義は見られました。(面白かったです)

[山ちゃん]様(2009年06月23日 20:24) あなたの状況感覚は鋭いと思いました。「麻生首相と鳩山由紀夫民主党代表と東国原宮崎県知事の三人のうち,誰が新首相に相応しいか」と某テレビ局が銀座でアンケートを取ったところ,「何か新しい事をやってくれそうな人」という意見で,東国原宮崎県知事が最高点でしたが,まさに[山ちゃん]様と同様ヒトラー出現を想起しました。危ないですね。ただ当時のドイツと現代日本の歴史的政治経済状況は異なりますが。民主党にもっと頑張って貰わないといけませんね。もちろん一般大衆と知識人,それにジャーナリズムが覚醒して,反ファシズムに立ち向かう一層の努力が要求されるでしょう。

em5467-2こと恵美 様、ありがとうございます。
また、他の投稿者/閲覧者の方々には、本編と関係無い書き込みで、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
私自身も、3年前に病気のため中途視覚障害者になる前は、目の不自由な人がパソコンを操作している、なんて想像もしていませんでした。
別名"情報障害者"とも呼ばれる視覚障害者ですが、パソコンの普及によって、情報へのアクセスの手段が増え、「障害者自立支援法」など自分たちを取り巻く社会的問題に対しても関心が高まりつつあります。
コストの問題もありますし、時間はかかっても結構ですから、ご検討くださるよう、重ねてお願い申し上げます。

>湯豆腐様

貴重なご指摘をありがとうございます。

さきほど、動画配信をしているInfoseekニュースの担当者に湯豆腐様のご意見をお伝えいたしました。

そこで湯豆腐様にご質問があるのですが、現在、どの時点で再生ができないがご教示いただけますでしょうか?

お手数をおかけいたしまして誠に恐縮ではございますが、今後の参考のために、ご意見をいただけましたら幸いです。

編集部で考えられる理由としては、

1.動画ページの動画の位置がわかりにくい

2.動画の再生ボタンの位置がわかりにくい。または小さすぎてボタンが押せない。

3.動画が再生できない。

などが考えられます。

「3.動画が再生できない」であれば、Windowsであれば「Windows Media Player」を、Macであれば「Flip4Mac」をインストールしていただければ再生できる場合が多いようです。

■WindowsMediaPlayer ダウンロード
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/

■Flip4Mac ダウンロード
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/player/wmcomponents.mspx

なお、上記プレイヤーを導入しても再生が難しい場合は、

http://www.the-journal.jp/inquiry.html
からお問い合わせをいただき、湯豆腐様のメールアドレスをご連絡いただければ幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

>さとうことり様

いつも《THE JOURNAL》をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

さきほど、本文にMacをご利用の方のための再生方法を追記させていただきましたので、ご参照くださいませ。

Macの場合は「Flip4Mac」というソフトをインストールすると、QuickTime上で動画の再生が可能になるります。

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

「そのまんま東」の発言はいかに自民党の総裁・総理の椅子が軽くなったかという事です。東氏の個人的なパフォーマンスにマスコミは振り回されてどうしますか?朝からあちこちのテレビ局が取り扱っている。確かに世論調査で誰が人気が有るとか・選挙の顔になるかなどで安倍・麻生さんが選ばれたのが問題ですね。昔は総理はもちろん、各大臣がもう少し貫禄が有りましたね?大臣の選び方もちょっとおかしいのではないですか?少子化担当大臣も軽いですね。麻生さんも軽いですね。この程度の貫禄の人は私の周りには五万といます。本当に困った事です。国民・県民がもう少し利口になる様に教育もさる事ながら、テレビなども変な芸能番組を少しは減らして、教育・政治・経済などの偏向のない番組を作ってくれないでしょうか?  マジで自民総裁と「そのまんま東」が言ったなら、彼は大マヌケと思いますが、ジョークで言ったなら、自民党もマスコミもコケにされたと思います。笹川氏が言われた「あほらしい」が一番名言ですね。自民党にも笹川さんの様な貫禄の有る方がいるのは少しは救われますね。
 小泉さんが自民党を壊した報いかも知れません・・・こんな「そのまんま東」におちょくられるのは、、、。

うろ覚えで恐縮ですが、以前、インサイダー誌で、東国原氏は、早大・政経に再挑戦して合格し、在学中は「大隈塾」の学生で、高野教授の薫陶を受け、同じ塾仲間が彼を応援して知事選挙に臨み勝利した、という経歴をもつ、との記事を読んだ記憶があります。
たけし軍団の「そのまんま東」は仮の姿で、美人の奥さんと別れてまで政治家を志したといわれていますから’野心満々’であることは想像に難くありません。
テレビに写る東国原知事は、持ち前のサービス精神から道化役に徹し、宮崎県の利益誘導PRにこれつとめているだけに見えますが、中身はどうして「芯のある」政治家だと思います。
今回の「自民党総裁」発言は、彼一流の計算でなされたもので、悪くても「お断りしたかっただけ」とEXCUSEできるようにしたのでしょう。(この辺は政治家らしい狡さの表れなのか)
大阪・橋元知事の「反霞ヶ関」精神と比較したら、自民寄りで甘っちょろいこと間違いなしですが、千葉県の薄汚れた某知事よりは数段’まし’ではないですか。
ヒトラーと比較までされて、彼も本望でしょうね。

ここの主題の一つである「地域主権」は、鳩山代表も高野主幹もいっておられる通り「その住民が自己責任を求められる」訳でいままで以上に民主主義のコストを負担する覚悟が必要になります。
そうすることが主権在民を担保し、友愛を実現する道でしょう。
役人はPUBLIC SERVANTとして文字通り住民に奉仕しなければならなくなる筈です。
早くこんな時代にしたいですね。

きっこのブログ、お馴染みの世田谷通信では東国原知事の担ぎ出しに総務大臣のポストと引き換えというニンジンをぶら下げて古賀さんは宮崎入りしたそうです。
結果、返り討ちにあったというか、値段を二桁も釣り上げられ頭を掻いて帰路に着かざるをえなかった古賀さんの心中はいかばかりのものか(苦笑)。
いよいよもうこうなるとナンデモありの混沌とした剥き出しの欲得づくが大手を振って歩いているようで、明日は誰が狙われるのかわかったものではない。
非常に危ない、なにか大転換を狙ってとんでもない大スキャンダルを仕掛けそうなそんな空気が覆っているような気がしてきました。
嫌ですね。

<訂正させてください>
大阪府・はしもと知事のお名前を「橋元」としてしまいました。正しく「橋下」に訂正します。
推敲不足を恥じ入ります。

高野様・鳩山様

45分という限られた時間内での立ったり座ったりの党首討論は、毎度見ていて苛々してしまいます。高野さんの鳩山党首へのこのインタビューの方が数段分かり易く、脳にすんなり入ってきます。

こういう有意義なインタビューは、infoseek だけじゃ勿体ない!!
もっと多くの国民の目にとまらせるべきだと思います。
大手のポータルサイト(例えば YAHOO や excite 等)にも流せないのでしょうか?
契約料が如何ほどか知りませんが、民主党の広報は是非検討すべきです。
その折には高野さん、どうかコピーライトのディスカウント(若しくは無料?)の検討をお願いします。

小泉劇場で多くの有権者が騙され、弱者はますます弱者になり、今どれだけ多くの人たちが泣いているか?もう国民は騙されません。「そのまんま劇場」をマスコミがやろうとしても、国民には学習効果が出て、前回の様な結果は出ないと思います。小泉氏が総裁になる前から、彼の言動はおかしかったので、周りの人には注意する様に言っていましたが、なかなか理解されませんでした。最近は多くの方々が小泉批判をしております。特に高齢者に反発が多いですね。未だに主婦と経営者の中にはまだまだ小泉氏を支持している人が有り残念です。

[石川一夫]様 (2009年06月24日 16:08)
「ヒトラーと比較までされて、彼も本望でしょうね」 誤解されていらっしゃるようなので,解いておきます。「何か新しい事をやってくれそうな人」待望論が状況的に「危ない」のです。東国原氏がヒトラーだと言うのではありません。髪を振り乱して,拳を振り回し,激越な口調でアジテーションをぶつ救国の志士。ご近所の何処かの国のアナウンサーに似たような女性がいませんか。その種の人物に誑かされると,恐ろしい国になりますね。お互いにくれぐれも気をつけましょう。重ねて申しますが,東国原氏がそうだと言うのではありません。ところで,特捜部はどうでしょうか。その嫌いがありますか。どうでしょうね。

<鳩山様>
日刊ゲンダイに気になる記事がでていました。
憶測を呼ぶ警察庁長官前倒し人事「自民の隠し玉安藤警察庁長官」「民主党の選挙違反を狙いうち?」何でも漆間氏のお友達で、通常は国会閉幕後に人事異動があるはずが、何故か前倒しで、行った。狙いはズバリ民主党候補者を狙い撃ちで選挙違反を検挙する為ではないか、との記事です。敵は冤罪でも何でもやってくると思われます。
政敵を秘密警察を使って潰すとは、まるでどこかの独裁国家のようですが、現実です。とにかく、できる限りの注意を払ってください。

追記:テレビのニュースを見ると,東国原氏は「お断りしたかっただけのEXCUSE」ではなくて,どことなく本気のような気配が漂ってます。もし,仮にその意気込みがあるとしたら,この際,ただの馬鹿でしかない,と言って,間違いないでしょう。「千葉県の薄汚れた某知事よりは,数段“まし”ではないです」ね。

タケシ軍団と言う軍団内でも兄貴分だったそのまんまは、やがてタケシ軍団と離れて行動するようになりました。
六本木の深夜、サンバミュージックの大音響がライブで流れていた時代、寂しそうにはだしで走り回っていた若者は,確か加藤と結婚し子供も産まれていた頃ではなかったでしょうか?
信号も関係なく,歩道、車道も関係なく走り回っては,周囲の人達の顔を見回していた哀れな青年の姿を忘れる事ができません。警察も見て見ぬ振りのそのまんまが良いとそのまんまにしていた結果、児童買春に走り遂に逮捕されるまでになっていました。
改心し立ち直ろうとした事は見上げたものですが、欲望と言うなの電車に乗ってしまったそのまんま東の倒錯した内面は,修正する事もできずに傲慢になってしまいました。
お笑いと言う職業柄の演技力は決して見事なものではないが,普通の人には見分けがつかないほどのプロ化していました。
その宣伝マンとしての,実力は運も手伝って見事に開花したのでした。
だが、政治家としての任務達成に頑迷に立ち向かった姿は見る事が有りません。それからの行動結果とは違い、実力は粗末なものでしかないことを見抜く必要が有ります。。

≪THE JOURNAL≫編集部 さま

早速のご対応ありがとうございました。
教えていただいたソフトで見ることが出来るようになりました。
これからゆっくり見させていただきます。
また、いつも興味深く為になる記事や情報をいろいろありがとうございます。

流石に高野様、貴兄はインタヴューの名手です。
何が凄いって、鳩山氏の「誠実さ」が私心を越えた本物であることを、ごくさりげない対話の中で、スレッカラシを自称する私の胸にストンッと納めてくれたこと…この一点につきます。
内容の詳細については、上記<パン>様が感動的にお話し下さっていますので、以上同文です。

鳩山氏と貴兄の浅からぬ因縁や信頼関係があればこそ、こうしたインタヴューができたぐらいのことは、このニュース・スパイラルにアクセスする方々は百も承知ですが、天下分け目の大決戦(って私が勝手に入れ込んでるんですが)を前にして、プロパガンダを潔しとしない、この穏やかな実質的な対話は何なんだろうって訝しく思う私が、既に高野様の術中にはまっているのです。
貴兄は諸葛孔明なんですか?…なーんちゃって。

インタヴュアーの要諦は、ひとまず「自分を消す」ということにあります。これはメディアの基本中の基本ですが、テレビメディアに関してはそのことが殆んど解っていない。その最悪の例が(私は勝手に無視することに決めた)田原総一郎氏です。高野様はその常識が骨身にしみて解っている。私が流石!と申し上げているのはこのことです。

ついでに言えば、東国原氏の衆院選出馬か?でいろいろなご意見があるようですが、はっきり言って無視してかまいません。東国原氏は衆院選に大した影響を与えるほどの「玉」ではありません。ご本人の大カンチガイです。(国民的人気があると大カンチガイした麻生総理と好一対)自民党はバタバタしているようですが、私に言わせてもらえれば、とんだ「チンドン屋」…切羽詰まった「茶番劇」…て最悪レベルの箸にも棒にもかからないオハナシ。
その端的な例が、そのまんま氏が「千載一遇」のチャンスと思わず口走ってしまったことに現れています。この千載一遇とは東国原氏にとってのもの(野心・私心)であり、宮崎県民や県政にとってのものではないことは、彼が「地方分権」をネタにしてどう説明しようが論理的に破綻していることは明らかです。もうひとつ付け加えれば、東国原氏の県政は行き詰っていると思われます。県の物産販売や観光誘致にはテレビタレントとしての人脈を使ってそれなりの成果を上げましたが、では、財政面や県をどのような形で発展させてゆくかというビジョンの欠片も施策もないというのが現状らしい。つまり、あと2年弱県政を担っても結果はなんなのよ?って事態が目に見えている…ここら辺りが「真相」なんじゃないんですか、東国原さん?

地域主義・地域主権

 鳩山代表が次期首相になられる日を心待ちにする者です。
 インタヴュー中、「地方分権」より「地域主権」が、私たちが目指す地方自治の姿である、とのお言葉がありました。地方分権は小泉改革で喧伝され、その後地方の疲弊は増すばかりです。お二方の地域主権の考えを興味深く、また共感して拝見しました。

 問題は、地域主権を進める「器」だと思います。政権交代は、ドラスティックに器を変える好機です。代表は、国民を真に豊かにする器を選び取って下さると期待しております。
 「道州制」はしばしばマスコミに登場しますが、小沢前代表の持論である「廃県置藩」もある。これは、基礎自治体の規模を国に近く大きくすべきか、あるいは小さくするべきかですが、さらに小さく、より地域に近付けたのが、河村たかし名古屋市長が目指す「住民自治(仮に命名)」です。これは小中学校の学区ほどの規模を基礎自治体として地域主権を進めるもので、現状からみると奇異ですが、欧米では、むしろ主流の考え方のようです。(私自身は名古屋の住民ではありません。)
 地域には、住民をまとめ問題に対処する、高い能力の持ち主が潜在的に多くいるものす。本欄コメンテーターの皆様にも多い気がします。そこで、個人的には住民自治型に期待しているのですが、理想通り事が運ぶとは限りません。河村市長の試みとその結果を予断なく、注意深く観察したいと思います。民主党におかれても、当該プロジェクト・チームを置くだけでなく、進展を随時広くオープンにし、国民の議論と理解を高めて頂きたく思っております。

 釈迦に説法でお恥ずかしい限りの文面ですが、私自身の考えの整理のためですので、皆様お許し下さい。

「地方に財源と権限を」までは、今はあまり反対する人はいないと思います。
問題は膨大な国の財政赤字も分担するのか、という点です。
私はリフレ政策の景気対策効果には疑問を持っていますが、「ハイパーインフレを招かない程度の日銀による国債買い入れ」に大きな問題があるとも思っていません。
むしろ、ダメ元でやる価値はあると思っています。
地方主権を、これとワンセットで論じることは可能だと考えます。
その際は、当然のことながら、地方の財政規律も問われる訳です。
そこに本来の意味での自己責任論があるのだと思います。

<ishida様>
民主党が官から民へといっていたのは新自由主義者の前原氏、岡田氏の時代だったでしょうか?
二人のダメダメ元代表は、竹中なんかに心酔してましたからねぇ〜。
世界的にも新自由主義が破綻し、本家のアメリカですら、大企業をどんどん国営化して、民から官に変わっていますから、今の民主党は、もう新自由主義が主流ではありませんよ。
特に、国民の生活第一を掲げて戦った参議院選挙以降はセーフティーネットを貼った新自由主義と社会民主主義の間に位置し、小さな政府でも地方主権で効率化を図り、NPOやボランティアを含めた共生社会を目指すと思われます。
また、郵政に関しては、国営化に戻すのではなく、拙速に株式を上場しないで、分社化を根本的に見直すとしています。

鳩山代表

今日は、6月26日ですが、最近は選挙を前にしていろいろありますね。
あちこちのテーマに書きたいことが沢山あるのですが、時間が限られているのでここに書かせていただきます。

「友 愛」これこそ、鳩山政権ができたときの最大のテーマになるということだと思います。
地方主権にしてもこの思想を基盤にして行うのだということですね。
是非、3期くらいの時間を十分にかけて仕上げてください。

鳩山代表は,留学の経験を例に挙げていますが、
去年、アメリカから年配の女性のホームステイを受け入れた時に話したことなのですが、
その州では、65歳以上の高齢者は無料で大学院に入れるそうです。
私は、「いいですね。国がお金を払ってくれるなんて。」というと、
その女性は、「いいえ、国のお金ではありません。税金を払っているからです。」ときっぱり返答してきました。
私も、すでに人生の半分以上の時間を、日本という国に暮らし、国家の都合のいいように飼いならされてしまっていると
感じる時が良くあります。確かに、日本人は国家に対して受身すぎると思います。

イギリスに行ったときに思ったのですが、よく街のあちこちでデモ行進をしている集団に会いました。
日本では、警官に先導されて行儀良く行進しているデモがTVに映し出されると、あれ?何か違和感を感じることが多いです。
不況で、今の日本の状況が海外で起きたなら暴動がおきてもおかしくないなどと耳にしますが、
なぜ日本では起きないのかというと、私のようになぜおきないんだ?と言ってる本人が起こさないからなのでしょう。
暴動を起こすことがいい事ではないのでしょうが、そうなる前の段階で何らかの行動を起こしていれば、
道は変わって行く可能性もあるでしょうし、追い詰められて自殺して行くなどという結末にもならないのかもしれません。
アメリカでサブプライムローンで家を失った人々が堂々と抗議している姿を見ると、受身になってはいけないと感じます。

「友 愛」という獏残としたテーマですが、自立と共生という社会を実現させるため、長期政権を目指してください。
私も今までの人生の習慣からできた常識のようなもののうち、長期間民主党の政策に触れることにより、良く変わる事が
一つでもあれば、また新しい自分の発見、成長になりますので、期待しています。

<hal2001様>に賛同
引用; その端的な例が、そのまんま氏が「千載一遇」のチャンスと思わず口走ってしまったことに現れています。この千載一遇とは東国原氏にとってのもの(野心・私心)であり、....引用終り。 私もその通りだと思います。加えてどこかで、「...自民党をドゲントカセナアカン...」とか言っていましたし、結局自分を高く買ってくれるとこならばどこでも、とゆうことでしょうかね? 
私には何羽かの蝶、ではなく蛾が(地方の何々と持ち上げられている方々)ただ民主党のネガキャンを遣らされている様にしかしか思えないのあですけど。如何でしょうか?

オプティミスト様へ。
仰る通りだと思います。「蛾が民主党のネガキャンをやらされている」のです。シナリオを誰が書いたかは解りませんが、橋元氏と同じ樹に住む蛾です。自民党茶毒蛾?

何故、故人献金についてお聞きにならないのですか?
既に報道されていた筈ですが。
今日時点で既に鳩山氏自身が、虚偽記載であったと認めておられます。
1日も早い自首を願ってやみません。
危うく、日本国首相に犯罪者がなってしまうところでした。
それにしても、党代表の資金管理団体が二代続けて犯罪を犯すとは、一体どんな政党なのでしょうか?
いくら脳みその軽い高野氏と云えど、どのような事態なのか理解できたことでしょう。
民主党の解党を進言いたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.