Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

Recent Comments

« 東京新聞が西松事件の捜査批判特集!?
メイン
何が何でも“小沢潰し”に突き進む検察——西松事件冒頭陳述の異様 »

郵便不正事件は第二の西松事件か 大阪地検が民主議員を標的に

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件が、政界へ波及する可能性が出てきた。大阪地検特捜部は14日、厚労省の現役局長である村木厚子氏(53)を逮捕。捜査の次の焦点は政治家の「口利き」が実際にあったかどうかに移っている。

 一方、この事件は発覚当初から特定の民主党議員の名前があがっていたことから、本誌コメント欄で多くの読者が指摘しているように、「政権交代を阻止するための第二の西松事件になるのでは」と指摘されていた。

 そのことを裏付けるかのように、今週発売の週刊朝日(6月26日号)では『政権交代阻止で必死の捜査 気をつけろ!検察が再び民主党を狙っている!』と題する記事を掲載。捜査が民主党議員をターゲットにしていることを明らかにしている。記事によると、逮捕された白山会代表の倉沢邦夫氏(73)の知人で、本人も大阪地検から事情聴取を受けた男性によると、地検は2人の民主党議員と事件の関係に強い関心を持っており、それについてしつこく何度も聞かれたという。

 また、共同通信によると、障害者団体「白山会」会長守田義国氏(69)の弁護人は、再逮捕後の拘置延長に対して「懇意の国会議員に依頼をした経緯ばかり連日調べられ、別件捜査だ」と延長取り消しを大阪地裁に求めたところ、同地裁は11日、「捜査に疑問を感じる」として一度は認めた延長期間を取り消し、3日間短縮している。

 事情通の間では「さすがに選挙前に政治家を逮捕することはないだろう」との見方が強いが、ここ数日の報道では捜査関係者発の情報と思われる「口利き」の実態が具体的に報じられ、大阪地検による包囲網ができあがりつつある。なお、「口利き」を指摘されている民主党議員は、各報道機関に対して疑惑を一貫して否定している。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5268

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 郵便不正事件は第二の西松事件か 大阪地検が民主議員を標的に:

» 【西松問題】官僚主導の政治体制打破するためにも団結して立ち向かうべきだ!【検察ファッショ】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 民主主義社会を基礎から支えるものは何か?それは 「公平な税制」と「公平な裁判」 である。 だが、今の日本の税制を見ると、 大金持ちに対する所得税や軽減さ... [詳しくはこちら]

コメント (57)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、名前として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

どうも自民党の支持率回復の為の姑息な捜査に思えてならない。私も昨日週刊朝日を読みました。大阪地検特捜部は、政治家の関与を中心にしつこく取り調べをしていると言う。選挙前に逮捕しなくても彼らの保身のカードに使われるのではないか?そうでなければこれは、郵便料金不正に関わる問題での捜査が中心のはず。現時点で調べるべき事は厚労省と郵便会社の取引の虚偽問題が優先されるはずだ。本当に懲りない連中だ。麻生政権も懲りないけど、やはり同じ穴の狢と言ったところではないか。

選挙前、ここにきて、何でもありの様相を呈しています。マスコミも検察もよほど既得権益があるのですね。政権が変わったら、既得権益側に、よほど危なくなる方が出るという事でしょうか。これで、ますます政権交代しなければ、消費税も公然と上げられ、国民は北朝鮮のように、全てを搾取されるのではないかと危機感を抱きました。自民党を勝たせるのは危険すぎます。

 国会の閉会を待っての逮捕はありうると思います。結果、無罪の可能性が高いとわかっていても、民主党が利権体質だということを世論に刷り込みたいので、大久保秘書と同じように逮捕の必要性など無視し、マスコミに「逮捕」を大げさに扱わせるためにやってくるかもしれない。それぐらい、検察は政権交代に強い危機感を持っている。
 少なくとも、検察はマスコミに疑わしい情報だけをリークするやり方で、世論誘導をしてくるのではないか。

次ぎは東京新聞か
はたまた週刊朝日か。
いよいよなんでもあり、の様相ですね。
擬制的民主主義国家においては
こんなやり方でしか
権力維持の手法がないのも事実か。
対抗手段は何か。
ひどい国だということを世にしらしめる絶好のチャンス到来。
オイ、野党議員よ
少しは世論啓蒙に精を出せ。
共産党よ、戦前戦後の苦渋を忘れたのか。

まてよ
これは内紛じゃないのか。
枡添の追い落としに
あの麻生側近の漆間の仕組んだことではないか。
もともと官房長を競った相手がいるし、厚労省のイメージダウンも狙っている、のでは。

キャリアといっても、天下りするようなトップ以外は、とうに冷めていて、政権交代後を考えているのに、自省の面子を潰し、多くの中堅キャリアを敵にまわした、今回の「政策捜査」は官公労すべてを敵にまわしたのではなかろうか。
 さらに「労働省」を相手にしていることも見逃せない。「腐っても鯛」の反撃を期待する。って、
次の次官候補にエールを投げておく。

警察か検察か,その実態は判りませんでしたが犯罪行為の逮捕取り調べの関係人の話を聞いてしまいました。
《どうせ、裁判が終わるまでには5年も10年もかかるんだから、たとえ白だって逮捕しちゃった方が勝ちだよ》という恐ろしい言葉を,怪しげな二人の男の会話として聞いた時,恐怖を体験したことを忘れません。
だがその後,目線が追いかけて来て逃げ回った結果,思いもよらぬ病気に陥った事を忘れたいものです。

西松建設がダミー団体経由で二階俊博・経済産業相側のパーティー券を購入していた問題で、東京第三検察審査会は、東京地検が政治資金規正法違反容疑での告発を不起訴処分(嫌疑不十分)としていた二階派の政治団体や会計責任者については「不起訴不当」とした。。。。。。。尾身氏の問題ももっと探れば職務権限が出てくるかも、、、。「郵便不正事件」に騙されないで自民党に対する西松問題を告発したらいかがですか?

今週発売の週刊朝日(6月26日号)では
『政権交代阻止で必死の捜査 気をつけろ!検察が再び民主党を狙っている!』というタイトルには、久々に腹を抱えて一人笑いしました。
実にグッドですが、そういう作文に、マスコミの不甲斐なさを感じるところです。「気をつけろ!検察が再び民主党を狙っている!」でいいじゃないですか!。「あ〜っ、マスコミも、権力に怯えてるんだな〜」て感じさられるコピーだから、
よけいに笑えます。
小泉さんの「ワンフレーズ」ってやつに、マスコミは躍らされたんですから、
「気をつけろ!検察が再び民主党を狙っている!」ってワンフレーズでもって、
世論を引き起こし、沸き起こる真実を、我々国民に提供していただきたいものです。

今回の郵便不正事件における検察の「何年も前の事件を、総選挙の直前のタイミングと合うように、時期を選びながら徐々に蒸し返していくという手法」は、西松事件と全く同じだと思います。

「政権交代阻止で必死の捜査」というのは、検察権力の官僚による私物化ですよね。

山口編集長などに頑張ってもらって、世論を喚起して、検察による総選挙前の野党議員の捜査・逮捕は絶対に阻止しなくてはならないのでは、と思います。

郷原弁護士も、こういう場合の指揮権発動(捜査・逮捕の時期を総選挙後にずらすという意味)は民主主義を守るための検察権の制御だから必要だと書いてますよね。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090616/197741/?P=1

選挙前、正常な検察なら議員逮捕はない
ところが今の検察及び政権交代阻止に
躍起となっている既得権益連中は異常
西松の前例もあるし、悪質だなんだと
理由をつけて逮捕も有り得るでしょう

ただ、秘書が逮捕された西松と違って議員本人の逮捕なら
民主党からするとその議員を切って終了

民主党議員が事件に関わっていると
マスコミにグダグダと垂れ流させ続けた方が
得策だと判断するかもしれないですけどね。

 私の知人もまさに同様の危惧を感じて私に語っています。今や崩壊寸前の自公与党、これと一体の政府は何でも有りだと。現職の高級官僚を潰してまで攻勢を掛けて来ていると。
 主要ターゲットは石井一副代表と見られているそうですが、民主党としてもダメージコントロールは必要かも知れません。
 ですが、私は民主党の受けるダメージは意外と軽いのではないかと予想しています。
 

週刊朝日を読みました!事件の流れからして、”民主党狙い”臭いとは思っていましたが、本当に露骨な話ですね。
一体、どこの国の話だと思います。選挙前に政敵を国家権力の暴力でつぶしにかかる。一体、数十人の特捜が派手派手に、家宅捜査するほどの事件なのでしょうか? 野党議員が持つ権限は知れたものでしょうから、”口利き”の利得問題よりも、むしろ、大きな利権が絡む、簡保の宿や西松自民党筋を調べた方が、国民は納得する話ではありませんか。
 しかし、国会が閉じたら、即、民主党議員を逮捕するでしょうね。意図的に。臨時国会を開いて冒頭解散する前に。白黒はどうでもいい。精一杯、検察がリークして、マスメデイアの”民主党議員逮捕、郵便の障害者援助を食い物に”の大合唱が目に見えます。
 民主党議員や民主党は検察の出方(もう、議員逮捕に来るのは見えていると思いますが)を待つのではなく、先手を打ったやり方はないのでしょうか。弁護士や法の専門家でのリスク管理を検討して、先手打った行動を取るべきと思います。リークされた疑惑を晴らし、検察ファッショに対抗する市民向け説明会でも、先にやったら、どうでしょう!
或いは、「一点のやましいこともない。しかし、この時期に、国民に充分納得いただくには時間が無い。また、選挙への悪影響も考えられる。民主党への迷惑を考え、一旦離党した上で、検察と闘う」と言う方法もあるのでは。もう、闘いは始まっているのですから、検察に幻想は持たないほうがいいと思います。
 ”まさか”続きの検察ですから、間違いなく、最大の選挙効果を狙った”議員逮捕”はあるでしょう。

 でも、もう、国民は誤魔化されません。”劇場型の茶番”には。ちゃんと、民主党に投票しますよ。

供述が新聞に漏れ出るなんて、捜査情報の漏洩じゃないんですかね。

MSN産経
>障害者団体向け割引郵便制度の悪用をめぐる虚偽有印公文書作成事件で、厚生労働省障害保健福祉部企画課長だった元雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)の当時の部下で同部係長、上村勉容疑者(39)が大阪地検特捜部の調べに、「凛(りん)の会」の障害者団体証明書について、「村木局長から『この件はもう忘れて』と言われた」と供述していることが16日、分かった。

仮に巷間言われている噂が本当だとして民主党の国会議員や元部長がどんな罪で立件される可能性があるのですか、誰か教えてください。

まぁ、この問題は姉歯の耐震偽装事件と同じですね。

禿げは罪を免れようと自分が業者と結託してやってきた悪事を上司である村木局長になすりつけようと嘘の供述をしているだけだと思うね。

ここのところ起きている事件の共通するところは姉歯にしろ西松事件にしろ本当の黒幕が自分のやった悪事を人に擦り付けようとしている点にあります。

どういう政治信条からかわかりませんが(まぁおおよそ検討はつきますがw)政敵を追い落とすために検察を使って世論誘導をやろうってことなんでしょう。

ただ、彼らが甘いのは時代の大きな流れにはそういった小手先の工作なんて無駄だってことがわかってないところですね。むしろ政権交代後を考えればかなりリスキーなことをやってるとしか思えません。つまりはそこまでリスキーなことをしなければ持たないほど追い詰められている査証なんでしょう。

将来もある村木局長がわざわざ1企業のためにかなりリスクの高い口利きなんてするでしょうか?自分の出世を考えればそんなことをする蓋然性はほとんどないでしょう。

業者と結託してうまい汁を吸っていた禿げがパクられたから上司のせいにして逃げようとしているってだけの話じゃないの?

代官と商人が城代家老に濡れ衣を着せて自分たちの罪をおっ被せてしまおうという水戸黄門にありがちなパターンだ思うね。(笑)

自公政権の真の姿がいよいよあぶりだされてきている。権力を維持するためにはなんでもありで最後の砦である司法の公権力を乱用しはじめているとおもわれます。国民の目線で監視が必要になってきています。売国奴や第五列にも注意しましょう!味方のような顔をして貴方の側にやってくるかもしれません。用心にこしたことはありません。

西松では東京地検、今度は大阪地検。
東京と大阪で手柄の競い合いですねw。
これだけ前もって騒がれちゃってるので
与党にとって今回は西松ほどの効果はないと思いますが、
ただ都議選に負けた場合は総裁選前倒しとの合わせ技で
若干の支持率回復で総選挙へ、との作戦ではないかと思います。
これなら麻生さんも念願のサミットへ行けて顔も立つということで。

逮捕された前局長の立場で想像しました。。。。(民主党)政治家の関与ありの(検察の筋書とおり?の)話が、色々な関係者の供述として報道され、自分が政治家の依頼をうけて偽証明書を発行を指示したとの供述までも次々と伝えられるようになり、ついには逮捕される。取調べでは接見禁止の密室で、筋書き通りの供述調書にサインするまで精神的に追い詰められ、拘留される。こんな想像はばかばかしいし検察は公正な捜査をしており、秘密警察でないと思いたいですが、今の日本ではいかにもありそうで想像を否定できません。恐ろしく思いながら報道をみています。

週刊朝日の特集の後段。
「これは理屈じゃないんだな。樋渡利秋検事総長の民主党嫌いは相当なもの。」・・・
「総選挙で政権交代があった後に、「民主党憎し」で思いっきりせめてくる可能性はある」・・・
この部分に空恐ろしさを感じました。
やはり検察は国民が選んだ議員より上に存在していると言うことですね?つまり検察の頭の中には、民主主義という概念はちっともない。
たとえ選挙で選ばれても、検察が叩いて政権を潰す。

前に良く「検察ファッショ」という言葉を聞いてきましたが、ここに来てその本体をむき出しにしてきたのでしょうか?

検察職員もきっとこのWebを読んでいる(監視?)でしょうが、どのような気持ちで見ているのか本心を知りたい。
指摘されている問題点を理解しようとしているのか?
個々に記事を出しているジャーナリストとコメンターに対し「権力の恐ろしさを骨の髄まで知らしめよう」と思っているのか?


逮捕された厚労省の女性局長。
私には黒か白かは分かりません。ただ言えることは過去にどなたかが「逮捕されるとまず人間の尊厳を踏みにじるような目に遭わされる」と書いた文章を読んだことがありますが、きっとスでのそういう目に遭わされて、エリートとしての矜恃を踏みにじられて精神的にどん底状態で検察に攻められているのでしょうね。(こう言うのを一般には精神的拷問というのです)

野党の国会議員が立件されるとしたらどんな罪かという質問に答えていただけなかったので、法律の素人ながら自分で考えてみました。収賄罪、斡旋利得罪、業務威嚇妨害罪、犯罪(有印文書偽造罪)の教唆、またはその共犯、など考えてみましたがどうしても該当するような気がしません。つまり逮捕起訴されることはないだろうというのが私の読みです。むしろ先走っていろいろ話題にして騒ぐことが誰かの思う壷にはまるのではないかと危惧します。

ところで不見識なので質問しますが
政権交代した後の検事総長の任命権は総理大臣にあるのですよね。

選挙後、即座に検事総長及び検察庁の
人事刷新を掲げたらどうなるのでしょうか。

腐りきった検察組織。先進国とは思えない検察官僚の恣意的行為。

選挙で選ばれた訳でも無いのに強大な権力を持つ検察。
このような非民主的組織が国民の代表をいとも簡単に恣意的におとしめることが可能なこの司法行政法体系。
政権交代によってこの恣意的な操作・世論誘導に対して徹底的にメスを入れる必要がある。
冤罪がここに来て多数報告されており、一般国民の自由を侵害する悪徳権力の極みが検察と言える。
このような越権行為やり放題が可能な法体系は国会の怠慢によってもたらされた。
多くの責任は殆どの期間政権を担当していた自民党にある。
政権交代によって徹底的に検証・法体系の改正をなすべきであり、関与した検事の処分を行うべきである。

検察裏金事件を隠すために違法逮捕した三井環事件その他悪徳検察事案について国民はもっと知るべきである。

WL1の風様
もしこれがそのようになれば笑い話以上ですが・・・

選挙の投票結果が出る。その前に検察は一斉に選挙事務所を襲う。
当選の報道は拘置所の中で聞くことになる→勿論民主党候補。

または、民主党候補者の当選数が多数を占める。当選証書が手渡される。これで議員としての条件だったかな?
初国会登院前に、ありとあらゆる手段で、検察が国会会期前なので身柄を押さえる。
多数を占めたはずの民主党が、首班指名選挙で少数派として負ける。

こうなると漫画的であろうとも、「(官僚独裁)国家の守護神」検察は何でもありでしょう。

石井一事務所と牧事務所は
否定しています。石井一氏の事務所は倉沢容疑者が勝手に石井氏の名刺を作成していたのではないか、石井氏の名前を利用して活動していたのではないかと言っていました。
とにかくTV局や新聞や週刊誌に抗議するとのこと。民主党や鳩山代表の秘書にも電話で危機管理の甘さを指摘しておきましたし、民主党としてメディアに裏で抗議すべきだということを申し上げておきました。
 倉沢容疑者が石井一氏と関係があったのは今から20年ほど前で石井氏が自民党時代だといわれていますし、倉沢氏はわずか数ヶ月の秘書をつとめただけだといわれています。その後も石井氏の影をちらつけせ、石井氏の名刺を勝手に配っていたのではないかと思います。
 野党の一議員の圧力で本当に厚生労働省幹部が動くのか、自分の人生を棒に振ってまで、そういう不正を行うのか疑問です。
 検察の一方的なリークの可能性があり、またもや第二の西松事件の可能性があります。

<WL1の風様>
最高検検事総長の任命権は、バカ麻生が内閣人事局の案件から外しました。民主党政権になれば、内閣人事局の法律改正をしなくてはならない。
でも岡田氏、前原氏あたりが反対しそうですが...。彼らは権力がどんなものか、判っていない甘ちゃんです。
返すがえすも、小沢さんの総理大臣を見てみたかった。
またぞろ、舛添か石原総理で総選挙ですか?ハァ〜、ため息しかでません。B層の知り合いの説得をどうしようか?はしゃいだテレビに浮されて、自民党の大勝利にならない様、祈るような気持ちです。

教えてください。

障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件が民主党議員をターゲットにしているとの話が、このジャーナルで取り上げられております。

障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件は障害者団体「白山会」会長守田義国氏(69)のみなのでしょうか。

ほかの団体がその役割をしていることはありませんか。

教えてください。

週刊朝日読みました。
樋渡利秋検事総長の民主党嫌いは相当なものというのは本当に恐ろしいです。しかし、政権交代後の捜査なら問題はない。政権さえとれば、あとは小沢さんが何とかするでしょう。

冷戦が終わって、地検特捜部なんてのは、すでに存在意義を失っているわけで、この際民主党が政権をとったら、廃止すればいいと思います。

政治家や官僚の捜査は、イギリスのような国会議長をトップとする議会警察を作って、そこがやればいいと思います。その方が三権分立において理にかなっている。行政は国会の解散権しか持っていないんですから、国会議員の捜査は、行政組織より議会警察がやるのが妥当ですし、官僚の捜査を議会警察がやるというのは、国政調査権という位置づけができるでしょう。

それにしても、週刊新潮は、ひどいな。広告で、石井一を強調してやがる。あの雑誌は、もともと反民主党ではあるが、週刊文春の広告には、この事件についてまったく言及されてないのだから、非常に不適切な広告ではないか。この広告は、多くの新聞に掲載されるわけで、国民に予断を与える。やはり、あの大誤報から何も変わっていないと言わざるをえない。

民主の参議院議員を狙っているであろうこの捜査も、また選挙での参議院議員の鞍替えもすべて民主党参議院議員をターゲットにしている。選挙後の参議院議員数確保に向けて自公が動いている証だろう。嫌な奴は追い落とし、名を辱め、除名などへの裏工作・・何でもあり。
表面だけで見てはならない。全ては選挙後に繋がっている。民主党は心してかかれ!

em5467-2こと恵美 様

>最高検検事総長の任命権は、バカ麻生が内閣人事局の案件から外しました。

初めて知りました。そんなことまであの漆間と麻生は結託して、下野したあとでも自民の影響力を行使しようとしていたのでしょうね。

こうなると、是非とも民主だけで過半数をとり、亀井さん達を味方にして、徹底的に「強行採決」のリベンジという手段をとるのも政権与党の権利、としましょう。

しかし「連立解消」なんて、この時期に口が裂けてもいうべきではありません。鳩山さん「口は災いの元」慎重なな発言をお願いします。

 本日の「日刊ゲンダイ」で面白い記事が
 要約です。 
 やっぱり自民党大物議員の名前が出てきた。
 白山会の倉沢容疑者が自民党の大物代議士の事務所に頻繁に出入りしたという情報があります。
 旧労働省に強いこの議員は・・・
 今は厚労族(賊)のドン的な存在・・・
あーせい、こーせいと指示する事でも有名らしい議員です。
 どなたかこの厚労族の大物はだれか?教えて欲しい。
 検察はどうする。
 以上要約です
 数日待てば、はっきりするのかな。

em5467-2こと恵美 | 2009年06月18日 17:09 様
検事総長、次長検事、検事長の任命権者は検察庁法第15条第1項の規定により内閣であり、今でも変わってないと思いますが、バカ麻生が内閣人事局の案件から外したというのはどういう意味でしょうか?

週刊新潮の新聞広告に、石井一民主党副代表の顔写真付きで、”不正郵便疑惑”で載ってましたが、本人へのウラ取り取材をキチンとやった上なのでしょか?
 ”本事件”の一連の流れは、捜査、逮捕、親切なリーク、国民への報道が、わかりやすいストーリで展開しています。また、それぞれのイベントが政治日程と同期して、絶妙なタイミングです。
 ただ、麻生首相がダイコンなために、演出が台無しになりつつあります。自公政権にも動揺がひろがりつつあるようです。
 マスメデイアも以前ほどの、異様な煽りは少なくなっている感じもします。
 でも、自公政権は”ネバーギブアップ”でしょうから、”劇場型”でたぶらかされないなら、次の手、と考えているでしょう。
 何としても民主党との関りを調べると言う名目で、民主党本部や地方組織の家宅捜査をやる可能性があります。労働団体に対して、よくやってる手です。厚労省にやったのだから、”正義のため”政党本部にやるのも、同じ、と言うかも知れません。選挙が終わるまで、資料(支持者名簿など)などを押収しておけば、大打撃でしょう。一緒にめぼしいリーダを逮捕しておけば、安泰と考えて、最後の手段に訴えるかも知れませんね。物理的な実力行使ですよ。民主党は、しっかりリスク管理をしないといけないでしょう。国民はとにかくウオッチして、変な動きを見逃さないことと、ちゃんと投票することでしょう!

 ところで、誰か、”議員黒書”みたいなものは知りませんか?
普段、マスメデイアは、「こういうことは、キチンと覚えていて、選挙のときに、国民一人一人の権利として、意思表示をしましょう!」と立派なアドバイスをしています。
しかし、まさに、選挙を迎えようとしている今、どのメデイアも、国民が審判を下すべき国会議員の”過去の行動や発言”を報道しない。今こそ、”議員黒書”があっていいはず、と思うが、如何でしょう。

 日刊ゲンダイの記事から連想される与党大物議員は誰か
 主として旧労働族から厚生労働族となっている与党大物議員。
 京都1区の派閥の領袖。富山1区、岩手2区(首相の義兄)千葉11区及び神奈川13区(現閣僚で労相経験者)が知られています。厚生省からの族議員は年金で青森1区(派閥の領袖)、医療で茨城6区、等のほかに故人となった元首相、今回息子に世襲させる元首相が有名でした。
 事件の現場が大阪地検特捜部が担当していることから日刊ゲンダイの記事に信憑性があるならば想像してください。

ここは随分民主党寄りですね。
びっくりしました。

私は、民主党が一瞬でも政権を取ったら日本は終わってしまうと思っているので、
国策捜査でもなんでもやってインターネットをやらない多くの有権者にも民主党の怖さを知ってもらいたいと思っています。

<tsuneo様>
たしかに今までも、名目上は全省庁の幹部人事権は、内閣にありました。しかし、結局、内閣が任命するなど名ばかりで、すべて省内で決められてきました。そこで、実質的に内閣で幹部人事を一元化して、人事権を政府に取り戻す為に内閣人事局が設立されたのですが(しかし、渡辺氏が激怒していたように人事局局長は漆間氏になったので、またもや政府の人事権は役人任せになったのですが・・・)。
その人事局が扱う幹部人事から、警察・検察は、外したという事です。確か、政治からの独立性を担保するとの理由でした。おっしゃるように、名目上は、内閣ですが、実質的には手出しができないという事です。
それが、決定されたタイミングは、例の大久保秘書逮捕で漆間が「自民党には及ばない」発言をした、すぐ後です。あまりのタイミングに何らかの取引があったのでは?
と、このサイトやヤフーみんなの政治で話題になりました。

シンイチさん そう思うなら投稿
しなければ良いだけ。自公政権のデタラメさの何処が良いというのか教えてよ……。此処に投稿している人達は正直 本音を語り高い
レベルの持ち主ばかりと関心したり 勉強になったりです。

シンイチ様へ
思い込み、凄いですね。国策捜査を認めても尚、自民党政権ですか?貴方の言う日本が終わると言うことは今、利権に甘えて贅沢三昧している人たちのための日本のことですよね。圧倒的大多数の方が今の政治にNOを突きつけています。そんなことはどうでもよく、只・利権の為だけに出鱈目を風潮して民主党に流れた票を少しでも取り戻すことがお望みでしょうか?
外国人地方参政権で、日本が無くなる!売国政党!と罵るのはサイトが違うかと。ここではなく2chやgooのニュース畑でご持論を展開してください。あちらには同業者が多く存在しておりますから。このサイトでは貴方と討論するのが恥ずかしい位 論客が揃っていますので、是非 畑の方に御越しください。コメント締め切りまでお付き合いいたしますよ。

第二の西松事件の様相を呈してきた郵政不正DM事件は、何が何でも石井一議員を狙い撃ちにした、S会カルト系の検察官が、あるシナリオにもとづいて悪あがきしているのが実態であろう。S会は散々国会で痛めつけられたお返しに、無理に無理を重ねているのが、マスゴミの執拗な報道の隙間に、垣間見られる。
総選挙が数ヶ月以内に行われるこの時期に、野党第一党の党首、そして野党の議員(S会追及の第一人者)を、検察の無理筋捜査でマスゴミに批判報道をさせているのをみると、まるでスターリン時代のロシアを想起させる。腐敗した権力が倒れるときは、今日の時代においても何でもありだと覚悟しておく必要がある。
一人でも多くの国民は、このことに気づき、何があっても政権交代。小沢一郎曰く「今回がラストチャンス」。
コイズミ・タケナカに騙された国民は、二度目の過ちを犯してはならない。そうしないと、今度こそはとんでもないことになる。ラストチャンスなのだ。

シンイチさんはとても純粋な日本を大事に思われている方のようなので、その考えに同調して日本の現状を簡単に考察してみました。一つアドバイスになれば幸いです。
・少子化で人口減少に歯止めがかからず、日本人という種が減少
・小泉神改革以降毎日約100人が自殺し、日本人という種が減少
・外国人看護士に老後を託さようとしている
・よりよき頭脳は恵まれた環境を求め海外に流出し続けている
・日本郵政を含む企業は外資に脅かされている
このままで純粋な日本という種が絶えるのは明らか。
それでも自民党に任せたままで日本がという概念が存続し続けられると思いますか?

シンイチさん 歪んだ見方はやめましょう。自公政権が良いというならそれで良し…此処に投稿されている方は 可也の知識を持った方が多いと思われます そう思いませんか?麻生の何処が評価できるのか云って貰いたいものだ。

em5467-2こと恵美 | 2009年06月19日 16:10 さん
以下は法律を変えないでも検事総長の任免は内閣総理大臣ができることを主張するための反論です。各省庁幹部を含む職員の人事権は各省庁にありました。そのうちの幹部人事を内閣府に一元化するために内閣人事局を作ったのが今回の公務員改革でしょう。その際警察と検察の人事権は移さないでそのまま法務省、最高検察庁、警察庁に残したということではないですか。しかし検事総長、次長検事、各検事長の認証官の任免権は従来から各省庁ではなく内閣にありました。この場合内閣という意味は閣議決定するということです。こういうことに名目も実質もありません。内閣の長たる総理大臣のやる気です。政権交代とはそういうことではないですか。ただし検察官には裁判官とほぼ同じ身分保障があるので辞めさせるは難しいかもしれません。その身分保障が認証官にも及ぶのかどうかは知りませんが。

テレビのニュースで舛添大臣が前局長のコメントで「働く女性の希望の星」とありました。
 鳩山前総務大臣の辞任と言い、今回の問題も与党の支持率には逆効果と思えます。
 世論に従った方策の方がかえって支持率アップになるのではないでしょうか。例えば、かんぽの宿・まだあります。

THE NEWS ワンカーマン様 貴方は名誉毀損及び国家侮辱罪で訴えられますよ.....小沢氏を評して、THE NEWS ワンカーマン様 貴方は名誉毀損及び国家侮辱罪で訴えられますよ.....小沢氏を評して、

なにせ年代物のPCをいまだに使っているものでして。
<THE NEWS ワンカーマン様 貴方は名誉毀損及び国家侮辱罪で訴えられますよ.....小沢氏を評して> 尻切れトンボのまま投稿してしまいまして。ワンカーマン様(確か午後7時のニュース)曰く、<....小沢氏はコソコソ逃げるように議場を後にした...> 更に<....今の自民VS民主はサッカーJ1とJ2の入れ替え戦の様なレベルの低い戦い...>ですって! あなたは何様ですかと問いたい。そんなレベルの低い報道に編集しているのは誰ですか?未だ騙し続けられると思っているのですか? 筑紫さんならどの様なコメントになるのかなあー...と思う今日この頃です。

<tsuneo様>
ご指摘感謝します。
>しかし検事総長、次長検事、各検事長の認証官の任免権は従来から各省庁ではなく内閣にありました。この場合内閣という意味は閣議決定するということです。
従来から事務次官も官房長官の任命案件でしたが、大臣と次官が揉めた場合は、小池百合子氏、田中真紀子氏をはじめ喧嘩両成敗との事で、せいぜい差し違えることしかできなかった。
これは、結局、官邸にやる気がなかったからだ、という事なのですね。

em5467-2こと恵美 | 2009年06月19日 22:19様

自分のコメントを読み返すと高飛車な物言いに恥ずかしくなります。話は検事総長等に絞って述べましたが、他の検察官については全く恵美さんの言うとおりです。人事局の案件から外されました。また小池百合子、田中真紀子、今回の鳩山騒動にしても総理大臣の支持がなければ大臣の権限を行使できないということなのでしょう。内閣総理大臣の権力の強大さを認識しましょう。

 塩田幸雄元障害保険副支部長(現天下り特殊法理事)の立場からすれば噂の民主党参議院議員は族議員でもないし、どちらかと言えば運輸建設関係の議員見られており関係は薄い物と思われる。密接な関係はなく人事についても影響力を持っていない野党議員の依頼にに乗る可能性は少ないと思われますこの点は大塚様が述べられているものと同じ意見です。
 一方同議員は反学会の急先鋒である点及び議員の名前を意識的に(20数年前に数ヶ月間の私設秘書であった点を考慮)厚労族大物議員に変えて元議員秘書を根拠として名前を出した点で2つの可能性が考えられます。
 民主党に打撃を与えることで政権交代を阻止し天下り渡りの現状を維持したい欲望があることは否めない。
 検察が村木さんへ「議員案件」として指示(命令)しているのに逮捕を免れていることはなんとなく大久保秘書の前任者高橋嘉信を髣髴させます。

鳩山民主党が「友愛」という政治理念を掲げて「人権擁護法案」「外国人参政権」「東アジア共同体」「外国人の公務員採用」「無防備地域宣言」
「沖縄一国二制度」「日本移民国家」これらの法案をことごとく成立させれば、日本はどうなるんでしょう?

しかし、それはこの記事とは直接官憲がないので、

 同割引制度で、普通は1通120円の郵便料金が最低8円で郵送できます。
事件の中心となった自称・障がい者団体「白山会」(前身は「凜の会」)は、活動実態がないのに割引制度の認可を不正に取得。
企業のダイレクトメール(DM)を大量に郵送、正規料金との差額計十数億円の料金を免れたとされ、関係者が逮捕されています。
報道では、逮捕された白山会代表A氏は石井氏の元私設秘書で、凜の会を割引制度の適用団体に認可申請した際、石井氏の事務所関係者を名乗っていました。

 一方、同じく逮捕された白山会会長B氏と牧氏は“20年来の仲”。
同会が不正DMの発送を日本郵政公社に断られたため、牧氏側に陳情。
牧氏の秘書が同公社に問い合わせし、そのころ、発送が実現したといいます。

 石井、牧の両氏は事件への関与を否定していますが、
最近、厚労省の元部長が大阪地検に、凜の会の認可で、石井氏から直接頼まれたと証言していると報じられ、
牧氏は白山会のライバル団体を批判する国会質問までしていました。
この事件は社会的弱者の制度を“食いモノ”にした極めて悪質な犯罪です。
石井、牧の両氏が説明責任にほおかぶりするのは許されません。

としておきます。

田原氏も日経BPで民主党議員の関与の件に触れていた。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090619/161315/?P=11
但し、西松事件の検察批判の時と違い、検察批判を行わず、民主党議員に捜査の手が向かうとコメントしており、氏が応援する自民党が崖っぷちにたたされ今迄にない危機感を感じているからなのか、執拗なまでの西川氏擁護と併せて、実に面白い。

私達が政治家に求めるのは、国家国民を豊かにすることであって決してクリーンであるのが目的ではない。
完全無欠の人間を選んだつもりが最悪の選択だったことはよくあることだ。
人間は、俗世間に生きている以上完全無欠を望む方が無理がある。政治家に望むのは、政治家が豊かになるのとせめて同じくらい国民も豊かにしようという志をもっているかどうかである。
マスゴミは、田中角栄氏やその愛弟子の小沢一郎氏を悪の権化のように国民に報道しているが、少なくとも、彼は自分も潤ったかもしれないが、国民も同様に豊かになっていった。しかるに
現政権のように、自分たちだけはアメリカの後ろ盾で利益を享受し、多数の国民を地獄に突き落としても良心の呵責を爪の先ほどにも感じていないのは最悪の政権政治家だ。
それにもかかわらず、この政権政治家を、小沢一郎のみを非難し続け、竹中小泉を初めとした売国政治家を擁護するとは、偽善もきわまれり、一切マスゴミを拒絶するしか方法はないであろう。
マスゴミは広告主から広告料をもい、あたかも公平かのように見せかけているが、広告主に利益誘導するような報道を恣意的に行ってきた。そのマスゴミが、国会議員が口利きをしたのはけしからんと、それも民主党だけが口利きをしているかのようなねじ曲がった悪意のある報道を流し続ける。
それなら、おまえ達は、莫大な広告料を取ってサラ金の広告を
流して国民に口利きをして、多くの国民を、サラ金被害者に陥れてサラ金被害が社会問題になった途端に、正義の味方面で、救済すべきだなんて、よくもぬけぬけと言えたものだ。
マスゴミこそ、口利きの胴元なのに人のことが言えた義理か!!
なんでもありの、現政権だから、これはあくまで妄想だが、北朝鮮とアメリカに頼んで日本にミサイルを撃ち込んで、非常事態宣言を出して、
選挙を中止して政権に居座り、その間に言いがかりをつけて民主党をつぶしにかかるというような、とんでもないことを考えるかもしれない。
もしそんな悪夢のような自体になれば
まるで戦前の言論封鎖の世界で、北朝鮮と同じになってしまう。どのような民主党がらみの事件を引き起こされても、民主党を応援し続けることが
唯一の対処法のように思います。

私達が政治家に求めるのは、国家国民を豊かにすることであって決してクリーンであるのが目的ではない。
完全無欠の人間を選んだつもりが最悪の選択だったことはよくあることだ。
人間は、俗世間に生きている以上完全無欠を望む方が無理がある。政治家に望むのは、政治家が豊かになるのとせめて同じくらい国民も豊かにしようという志をもっているかどうかである。
マスゴミは、田中角栄氏やその愛弟子の小沢一郎氏を悪の権化のように国民に報道しているが、少なくとも、彼は自分も潤ったかもしれないが、国民も同様に豊かになっていった。しかるに
現政権のように、自分たちだけはアメリカの後ろ盾で利益を享受し、多数の国民を地獄に突き落としても良心の呵責を爪の先ほどにも感じていないのは最悪の政権政治家だ。
それにもかかわらず、この政権政治家を、小沢一郎のみを非難し続け、竹中小泉を初めとした売国政治家を擁護するとは、偽善もきわまれり、一切マスゴミを拒絶するしか方法はないであろう。
マスゴミは広告主から広告料をもい、あたかも公平かのように見せかけているが、広告主に利益誘導するような報道を恣意的に行ってきた。そのマスゴミが、国会議員が口利きをしたのはけしからんと、それも民主党だけが口利きをしているかのようなねじ曲がった悪意のある報道を流し続ける。
それなら、おまえ達は、莫大な広告料を取ってサラ金の広告を
流して国民に口利きをして、多くの国民を、サラ金被害者に陥れてサラ金被害が社会問題になった途端に、正義の味方面で、救済すべきだなんて、よくもぬけぬけと言えたものだ。
マスゴミこそ、口利きの胴元なのに人のことが言えた義理か!!
なんでもありの、現政権だから、これはあくまで妄想だが、北朝鮮とアメリカに頼んで日本にミサイルを撃ち込んで、非常事態宣言を出して、
選挙を中止して政権に居座り、その間に言いがかりをつけて民主党をつぶしにかかるというような、とんでもないことを考えるかもしれない。
もしそんな悪夢のような自体になれば
まるで戦前の言論封鎖の世界で、北朝鮮と同じになってしまう。どのような民主党がらみの事件を引き起こされても、民主党を応援し続けることが
唯一の対処法のように思います。

私達が政治家に求めるのは、国家国民を豊かにすることであって決してクリーンであるのが目的ではない。
完全無欠の人間を選んだつもりが最悪の選択だったことはよくあることだ。
人間は、俗世間に生きている以上完全無欠を望む方が無理がある。政治家に望むのは、政治家が豊かになるのとせめて同じくらい国民も豊かにしようという志をもっているかどうかである。
マスゴミは、田中角栄氏やその愛弟子の小沢一郎氏を悪の権化のように国民に報道しているが、少なくとも、彼は自分も潤ったかもしれないが、国民も同様に豊かになっていった。しかるに
現政権のように、自分たちだけはアメリカの後ろ盾で利益を享受し、多数の国民を地獄に突き落としても良心の呵責を爪の先ほどにも感じていないのは最悪の政権政治家だ。
それにもかかわらず、この政権政治家を、小沢一郎のみを非難し続け、竹中小泉を初めとした売国政治家を擁護するとは、偽善もきわまれり、一切マスゴミを拒絶するしか方法はないであろう。
マスゴミは広告主から広告料をもい、あたかも公平かのように見せかけているが、広告主に利益誘導するような報道を恣意的に行ってきた。そのマスゴミが、国会議員が口利きをしたのはけしからんと、それも民主党だけが口利きをしているかのようなねじ曲がった悪意のある報道を流し続ける。
それなら、おまえ達は、莫大な広告料を取ってサラ金の広告を
流して国民に口利きをして、多くの国民を、サラ金被害者に陥れてサラ金被害が社会問題になった途端に、正義の味方面で、救済すべきだなんて、よくもぬけぬけと言えたものだ。
マスゴミこそ、口利きの胴元なのに人のことが言えた義理か!!
なんでもありの、現政権だから、これはあくまで妄想だが、北朝鮮とアメリカに頼んで日本にミサイルを撃ち込んで、非常事態宣言を出して、
選挙を中止して政権に居座り、その間に言いがかりをつけて民主党をつぶしにかかるというような、とんでもないことを考えるかもしれない。
もしそんな悪夢のような自体になれば
まるで戦前の言論封鎖の世界で、北朝鮮と同じになってしまう。どのような民主党がらみの事件を引き起こされても、民主党を応援し続けることが
唯一の対処法のように思います。

投稿者: シンイチ


典型的な自民党工作員。

日本国民は貧困率世界2位の現状や
自殺者数が先進国でダントツ一位の日本を変えようと思っている。
その結果多くの人が政権交代を望んでいる
それを阻止するための国策捜査をも肯定し売国の片棒を担ぎ
日本国民を奴隷扱いする自民党を支持しながら愛国ぶるなんて笑わせんな。

自民党には移民推進議員が80人もいて(民主党はたったの6人)
中国人1000万人に国政参政権と地方参政権を与える移民法を出した
経団連が強く推している政策で経団連の犬・自民党ならやりかねない
こういうのも全てスルー。

この間まで外国人参政権で民主党批判するのがお決まりだったが
民主党が公約から外したんで大変だな。
工作やったって手応えを感じない焦りが伝わってくるよw

シンイチさんへby郵便不正事件~自民党、津島雄二

郵便不正事件~やっぱり!自民党大物議員の名前が出てきた

「厚労省の当時の部長は、特捜部の調べに対し、
石井議員から電話で依頼されたと話しているらしい。
しかし、厚労行政については素人同然で、
何の権限も影響力もない野党議員が電話でお願いしたところで、
厚労省が動くでしょうか。利にさとい役人が、
野党議員のために違法行為にまで手を染めるとは考えにくい。
重要法案を通したい時期だったため、
野党議員の頼みをむげにできなかったという見方もあるが、
倉沢容疑者らが与党の族議員に対しても“口利き”を
依頼していたと考えた方が自然です」(ベテラン政治部記者)

そこで浮上しているのが、自民党のある大物議員の名前だ。
「倉沢容疑者が自民党の大物議員の事務所に
頻繁に出入りしていたという情報があります。
労働省に強いこの議員は、省内事情にも通じ、今や厚労族のドン的な存在。
厚労行政は、彼の了解がなくては動かないといわれるほどで、
なじみの店に厚労省幹部を呼びつけて、“あーせい、
こーせい”と指示することでも有名です」(厚労省関係者)

そんな大物議員からの話であれば、
無理にでも便宜を図らざるを得ないというわけだ。
検察はどこまで踏み込むのか。

「厚労省のドン」で検索すると「自民党の津島雄二」が出てきます。

★ 厚労省キャリア局長の村木厚子容疑者(53)が
大阪地検に逮捕された事件はどうも怪しい。
「有印公文書偽造は1年以上10年以下の懲役と軽くないが、
現職のキャリア局長をあげるネタとしては軽いのです。
カネの受け渡しでもあれば別ですが、そんな話は出ていません。
自ら決裁して証明書を作成すればよかったのに、
わざわざ文書を偽造したというのも不思議な話です」(司法事情通)

「国会議員から依頼を受けた」と
民主党の石井一議員の名前を挙げている(石井サイドは否定)。
白山会代表の倉沢邦夫容疑者(郵便法違反で起訴)は石井議員の元私設秘書。
25年前に数カ月在籍しただけだが、
マスコミは「石井の秘書」と大々的に報じている。

昨年5月に国会で白山会寄りの質問をしたとされるのも、民主党の牧義夫議員。
しかも、麻生執行部に反旗を翻し更迭された鳩山前総務相の秘書だった。

江戸の敵を長崎で討つつもりの自民党?

「大阪地検特捜部はこの事件にかかりきりで、ほかの部からの応援検事も投入。
これまでに十数人を逮捕し、民主党のバッジを狙ってきました。
ただ、石井と牧両氏の周辺からは、金銭授受に関する供述は得られていない。
局長逮捕で打ち止めになる公算が大のようです。
それでもマスコミがしたり顔で“背景”を解説すれば、
2人の印象は悪くなり、民主党にも大ダメージ。
新党を目指すとみられる鳩山前大臣にもボディーブローのように効いてくるでしょう。
どう転んでも麻生政権にプラスという展開です」(大阪地検事情通)

小沢事件が中途半端に終わった麻生政権と検察は、
「江戸の敵を長崎で討つ」つもりかもしれないが、
こんなことで国民が望む政権交代が潰れるなど、あってはならない。

ネットから。

自民党、津島雄二も徹底的に調べらてもらいましょう。

永田町、霞が関の事情通によれば主役は富山1区(事件当時、元内閣官房副長官、法務大臣を歴任中)の方の模様。

 自民党の話が出てから以降これに関する記事(リーク)が少なくなりましたね。
 東国バルさんに話題が変わってしまいました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.