Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

Recent Comments

【特集:静岡空港問題】開港直前インタビュー!
牛頭蛇尾 06/04
hon 06/04
北陸の人 06/04
静岡県東部在住 06/04
labo 06/04
kuri 06/05
北陸の人 06/05
yop 06/05
kuri 06/05
静岡県民 06/14

« 俯瞰で見る中国経済の現状
メイン
新聞業界最大のタブー「押し紙」を週刊新潮が暴く! »

【特集:静岡空港問題】開港直前インタビュー!

 富士山静岡空港(静岡県島田市、牧之原市 以下静岡空港)がようやく開港の日を迎える。約20年の歳月と県政史上最大規模の予算をつぎこんだプロジェクトは、3度の開港日延長を経て「暫定開港」という形で次のステップへと移る。

 「結局会見でも責任の"せ"の字もなかった。」
 行政のミスを訴え続け、最後まで県知事の引責を求めた地権者、大井寿生氏。問題の立ち木の伐採を終え、行政権力との闘いに一つの区切りつけた大井氏が《THE JOURNAL》のカメラを前に現在の心境を語ってくれた。

 「本当のことが伝わらない」「何もしなければ消される」そんな状況下で大井氏がもっとも怖れたものは、権力でもメディアでもなく、表面だけの情報に動かされる「無責任な世論」だった。

(これまでの空港問題の詳細については2度のインタビュー記事(文末にリンクを掲示)をご覧下さい)

■静岡空港開港直前インタビュー 2009/5/23(土)撮影 

-------------------------------------------------------------------------------------
大井寿生氏(地権者)
(インタビュー映像より一部を抜粋)

Q:地権者として取材を受けるだけでなく、自ら資料を作成して配布するなどメディアへの協力を惜しまなかった理由は?

 本当のことが伝わらない。行政の方に偏った報道であるわけだし。逆に何もせずに手をこまねいていると、立ち木を盾にごねてる目障りな野郎として行政がおれのことを抹殺しにかかってきたことは間違いないわけで、そういう意味ですごく怖かった。...
 これは情報戦。だって圧倒的に金も力も行政側の方が大きいわけだからそういうものと喧嘩するわけで、世論からも一つ間違えば袋だたきにあっても無理もないような状況にいる。だからそういう意味で怖かった。そういうことの方が寝られないようなストレスがあった。

Q:権力に対しての恐怖感はありましたか?

 行政権力というのは確かにやばいものとは思うけど、起こった問題に対して上っ面なことしか知らずに無責任な世論が動いてしまうことについての方が怖いなと思う。

Q:空港問題に当事者として関わり、20年を振り返ると...

 問題の大きい小さいに関わらず行政権力やメディアが絡むようなことが頻繁に起こっているんだと思う。そういう時に「そんなもんだ」と思わずに、思っていることをあきらめずに言う、おかしいことをおかしいと言うことが基本になってくる。

(続きは映像にて...)

-------------------------------------------------------------------------------------
【特集:静岡空港問題】

(1)"虚構"の静岡空港 県民に知らされていない大問題
 ─相川俊英:静岡空港の問題点を語る(09.1.26)

(2)続 "虚構"の静岡空港 県がひた隠す開港延期の本当の理由
 ─大井寿生:県の無責任体質を明らかにする(09.2.5)

-------------------------------------------------------------------------------------

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5256

コメント (11)

空港は必要で無かったかも知れないが、いったん決まった事に対する反対に疑問が残ります。当事者でないとわからない感情はどうすることも出来ないでしょうが、、、、。死刑廃止・臓器移植の問題と同じように、、。ただ、民主主義・多数決などに従えば、この間石川知事が選挙で勝ってきたという事は県民の多くが彼・空港を認めてきた訳です。道路整備・鉄道などでの立ち退き問題も1人に反対されたら何も出来なくなります。石川知事は任期途中で止めるべきではなかったのでは、、、。英断でもなく、逃避でしょうね。

県民の多くが空港建設を認めた、という表現は当たっていないと思いますよ。
石川知事は再選出馬のときに、空港反対派の相手立候補が「空港建設」を選挙の要に据えてあえて県民に問おうという信任選挙にする策に乗らず、争点にしなかった。
静岡県民が本当にこの空港を欲していたかはよくわからない、地元マスコミがメディアスクラムで囲い込んでしまい、空港建設問題はいつの間にか頑迷に反対する空港建設反対派の無理無体な振る舞いという誤った情報が一人歩きしていったんだと思います。
全国ネットのニュースでは反対派の意見も取り上げられもしましたが、静岡県の地元メディアでは全くといっていいほど反対派の意見は取り上げられていません。
地元新聞に載るといっても囲み記事程度でした。
これでは県民が空港建設反対、賛成の意思を問おうという空気もなくなるのは当然だと思います。
石川知事は立ち木問題の決着をつけるために大井さんの条件を飲んだというのは態のいいカッコつけだと思います。

静岡だけの話ではないですね。

今週の週刊ダイヤモンドに相川氏の静岡空港特集記事が掲載されていました。

県知事選挙3選目の直前の話ですが、空港建設の是非を問う住民投票条例請求で約27万人分の署名が集まり、「建設の是非を住民投票の結果に委ねる」と言ったはずの知事ですが、当選後は結局投票が行われなかったようです。

相川氏の解説(http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/05/post_274.html)にもあった「ころころ変える」代表の前では「世論」も消されてしまいそうです。

北陸新幹線も、本気で地元が喜んでるか?と言えば違います。
地元で「反対」なんて言えば村八分にされかねないですが。

東京へ急ぐ人は小松空港から飛行機に乗って行きます。1時間かかりません。新幹線で新潟周りなんてアリエナイです。
在来線の特急が廃止されることは決まっているし、県境においては信越線のように寸断される可能性もあります。
特急を廃止したあと、普通列車だけで採算が取れるほどに、在来線には需要はありません。

石川にも富山にも空港があります。
新幹線が出来れば、ただでさえ少ない客を空港と新幹線で取り合いです。
どっちにも税金を注ぎ込んで、馬鹿みたい。

北陸新幹線が誰に利便を与えるのか理解できません。

いい加減に目を覚まして欲しいです!

空港は反対でしたが、できた以上使えるモノに育てなければならないと思います。
そういった意味では石川知事には責任を持って事業を見届けてもらいたかったと思います。
他方、大井さんの存在は、県民も開港直前(TV報道される)まで知らなかったのではないでしょうか?
率直にTVだけの印象では「ちょっとアブナイヒトなのかな?」と思っていました
このTHE JOURNALを見て初めて大井さんを知ったような気がします。
県民として、今日大井さんのインタビューが見ることができた事に
大井さんをはじめ、関係者の方々に感謝致します。

大井様。
なんといったらいいのか、適切な言葉が見つかりません。
「お疲れ様」としか表現できないなんて、歯がゆい気持ちです。

私は静岡空港の成り行きに関しては、若干ではありますが、関心をもっていましたが、ネットなどで批判されていたことは知りませんでした。権力側にとってはなんて御しやすい国民なんでしょう。市民が「お上には逆らうな」と言ってくれるんですから・・・。
いったん始まったら決して見直すこともなく、決まったんだから、従うのが当然といわんばかりの行政。
造ったはいいけれど「やっぱり必要なかった」いつまでこんなことがつづくのでしょう。

本当に県民が望んでいたのでしょうか?単に空港工事が、地元の利益になる(一時的なのに)潤わせるんだ。との考えしかなかったのではありませんか?

茨城空港も北陸新幹線も、八ッ場ダムも・・・考えるだけでむなしくなります。

抗議の自殺をされた方がいましたが、メディアは黙殺しました。ひどい話です。
石川知事は立木問題を理由にして、責任を取ると潔さをアピールするかのごとく殊勝な顔つきで辞任しましたが、本当にそうでしょうか?ひねくれた見方かもしれませんが、西松建設の件で名前が挙がっていましたね・・・

私は金沢の人間ですが北陸新幹線には賛成です。

「1時間かかりません」というコメントがありましたがそれは「小松⇔羽田」であり「金沢⇔東京」ではありません。

金沢から東京にいくことを考えると金沢駅から小松空港に向かう時間や空港での手荷物検査などの待ち時間、羽田から東京駅などの都心へ向かう時間を考えると3時間にはなるはずです。乗り換えなどのアクセスが悪ければ3時間半になるでしょう。

これが新幹線なら2時間半になる。2時間半というのは東京から大阪に行くのとかわらない。

金沢が全国的に有名な観光都市であることを考えれば東京から来やすくなるというのは地元にとってもとても大きなことではないでしょうか。

できるメリットや組織ぐるみの情報隠蔽など静岡空港のケースとはあまりにも違うと思います。

管理人様主題と全く異なる話題提供で申し訳ありません。
不適切でしたら削除願います。

kuri様
金沢を起点にする意味が分かりません。電車でどこにでも行ける地方じゃないんですから。

小松まで車で行って飛行機に乗る。
これが北陸地方のビジネスマンの感覚だと思いますが。わざわざ金沢に出る方が時間かかります。(駅前の会社なら別ですが)

電車派の利便を考えるならば、小松まで在来線を伸ばして、その電車の中で搭乗手続きが出来て、電車おりたら、そのまま飛行機に直行できるようにしてくれたら時間もかからずカネ(建設費)もかからない。

同じようなことを富山でもやったらいい。

新幹線に税金いれて空港に税金いれて、さらに高速も税金で1000円にして・・・
全方位に税金ばらまいてるだけじゃないですか

で、お互いで競争して、勝ったところは、その企業の利益になり、負けたところには、更に税金補充

将来にわたって赤字を垂れ流すか、もう支払ってしまった金額はしょうがないが、これ以上金を無駄にすることが無いようにするか。
国のやることが正しいって盲目的に思っちゃうような人が多いと政治家や官僚は楽なんですよねえ。

北陸の人様

地元民の利便性ということについては確かに小松近郊などに住んでいる方から
みれば話は違ってくるのかもしれません。

しかし金沢近郊に住んでいる私から見ればその利便性は大きいです。
金沢⇔東京が2時間半であれば間違いなく飛行機をやめて新幹線を使います。

・時間が1時間程度短縮できる
・乗り換えや待ち時間などのストレスがない
・持ち物検査などがなく気軽に乗れる
・ダイヤが正確である(めったに止まらない)

金沢近郊のビジネスマンや住民にはメリットは高いと思います。
金沢近郊のビジネス街はほとんどが東京本社でしょうし。
現に私の周りでは軒並み新幹線には賛成です。

北陸の人様がおっしゃるのも方法のひとつだと思いますが、
新幹線のほうが利便性が高いのは変わらないのかと思います。

また観光面についてもメリットが高いと感じています。以前、東京在住の友達に、
「金沢って有名な都市なのにアクセスすごい悪いんだな。知らなかったよ」
と言われたことがあります。
これは東京から金沢へ行こうとした人ほとんどが感じていることではないでしょうか?

それが東京⇔大阪と変わらない時間になる。
それなら観光客がもっと増えてもおかしくないのではないでしょうか?
北陸新幹線は有名な割には経済的に大きくない金沢が
発展できるトリガーになりうるのではないかとも感じます。

・・・とここまで申し上げましたがご指摘のとおり
これはあくまで私の周りにいる金沢市民の感想です。
一個人として北陸新幹線には納得しているということです。
咋今の公共工事には批判ばかりがつきまとっていますがこと北陸新幹線については
メリットを感じて納得している人も相当数いるということを皆様に申し上げたかった次第です。

長文失礼しました。

kuriさんの意見を読んで感じたのですがそれなら静岡空港を建設するメリットはまったく無いですね。東京まで新幹線で1時間余り乗換えを考慮しても羽田まで2時間で行けます。浜松方面の住民なら名古屋空港へ行けば同様です。東名もありますし第二東名もあります。さらにビジネス需要の多い東京便大阪便が距離が近すぎて就航できない地域で年間数億円以上の赤字を出してまで空港を造る必要性は全くないと感じます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.