Calendar

2009年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Entries

« 与謝野、渡辺喜美にも迂回献金で、検察はどうする?
メイン
自公政権の液状化は「政権交代→日本再生」への千載一遇のチャンス »

オモロー 東国原新首相で永田町がMー1グランプリ状態に

 本誌2月12日付のコラムで、田中良紹氏は「日本の政治はMー1グランプリかと思えるほどオモローなレベルになってきた」と指摘したが、本当に3年前までお笑い芸人だった人間が次の首相になる可能性が出てきた。

 自民党の古賀誠選対委員長は23日、東国原英夫宮崎県知事に次期衆院選の出馬を要請。東国原氏は、(1)自分を次の総裁候補にする (2)全国知事会の要望を次期衆院選のマニフェストに盛り込む──の2つを条件に、出馬の検討に入ることを明言した。

 また、大阪府の橋下徹知事は24日夜、都内で中田宏横浜市長らと会談し、自治体首長らによる政策グループを結成し、次期衆院選で地方分権を推進する政党を支持することを明らかにした。現在、全国約20人の首長が賛同しているという。

 ただし、地方自治体は自民・公明が議会で多数を占めることが多いため、議会の影響なしに中立・公平に政策判断ができるのかという疑問は残る。一方、人気の高い首長の動きは与野党ともに無視できず、特に、民主党に比べて地方分権の意識が低い自民党に対して大きな圧力になることは間違いない。

 さて、地方自治体の首長が与党の政策に脅しをかけるほど弱体化してしまった麻生政権に、この圧力を跳ね返す力は残っているのか。「オモロー」な政局が始まった。

------------------------------------------------------------------------------------
二木啓孝氏(ジャーナリスト)
「3つの勘違い」(6/25)

 東国原知事には3つの勘違いがあります。

 1つは、知事とはその地域の大統領のようなものですが、「衆院議員になって480分の1の陣笠議員になりたくない」という話です。たしかに知事の権限は強大だけれども、そのことは国会議員よりも偉いということではありません。かつて、武村正義さんが滋賀県知事を経て国会議員に当選したとき、「私は知事を経験したから、当選3回の扱いにしてください」と言って、総スカンにあったことがありました。本人としては、知事としてその地域の大統領的に予算を編成したという気持ちがあったのでしょう。ですが、「知事を経験したから陣笠議員扱いするな」というのは、やはり国政に対して失礼です。

 2番目の勘違いは「県知事は国政へのステップなのか」ということです。25日付朝日新聞によると、発言後に宮崎県庁に届いた電話などの意見は287件(24日午後3時現在)にのぼったそうですが、その約8割が反対だった。任期半ばにして国政を目指すというのは、どう考えても宮崎県民に対して失礼ですよね。

 3番目の勘違いは「宮崎は、どげんかなったんですか?」ということです。「どげんかせんといかん」と言って彼が知事になったのは、知事と保守政治家の汚職で県政がどうしようもなくなったから。しかし、彼が知事に当選して以降の宮崎はどうなったのでしょうか。彼の知事としてのスケジュールは、3日に1回は県外で、週末はだいたい東京。やっていることはマンゴー売り。いったい宮崎県政がどうなったのかという話は聞こえきません。宮崎と比較すると、批判もありますが、橋下徹大阪府知事の方が、はるかにやっていることが見えています。
 実は、彼が東京にしょっちゅう滞在していると、県議会は楽なんです。なぜなら、宮崎県政は大きく変わらなくてすむから。議会にとっては「県知事元気で外がいい」。ここを彼は勘違いしていて、メディアは彼が「国政に出るのか」ということに注目しているのであって、世の人は「宮崎県政がどう変わったのか」ということはほとんど見えていない。

 こういった勘違いをしたまま、おそらく、彼は自民党とどこかで落としどころを決めて衆院選に出るのでしょう。ただし、「次の総裁候補に」と言っても、総裁は自民党の議員でないとなれないので、選挙に通ってからでないと基本的には無理です。自民党にとっては「骨太の方針」も骨細になってしまったし、もはや小手先の手段で化粧を厚くして、新装開店のパチンコ屋のように選挙を戦うのでしょうが、表向きを改装したからといって中身が変わったわけではありません。

 また、橋下さんの動きについては、この動き自体は面白いのですが、横浜市の中田宏市長など、現在のメンバーだけでは寂しい。知事レベルの人材がもっと集まらないと驚かない。なぜ人が集まらないかというと、橋下さんが地方分権の路線を貫くのであれば、どう考えても民主党を支持しないとおかしい。ところが、知事会で地方分権を支持した各知事たちは、地元に戻れば多数派である自民・公明と仲良くしなければ予算が通りません。そうなると、選挙のときだけ知事は民主党を支持するというわけにはいかない。しかも、支持した政党が負けた場合は国からしっぺ返しを食らう可能性もあるわけです。

 その意味で橋下さんが「覚悟を決めて」と言ったことは正しい。ですが、逆に支持した政党が政権を取れば、「参加しなかった知事はしっぺ返しを食らうぞ」という意味でも取れます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5273

この一覧は、次のエントリーを参照しています: オモロー 東国原新首相で永田町がMー1グランプリ状態に:

» 【シロアリジミン】有権者を投票用紙の束としか思っていない奴らに怒りの鉄槌を!【東国原】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 衆院の任期切れが刻一刻と迫る中、発覚した増税大好き与謝野に対する迂回献金疑惑は、 職務権限を有する大臣時代も受領していたことから、東狂恥犬がマトモな捜査... [詳しくはこちら]

» 「六本木が好きです 銀座はも〜っと好きです」 東国原英夫 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
いい加減、こういった 「くだらないハナシ」 からは離れたいですね。「 詐欺式市場」 でご活躍だった野村 (証券) 出身の増資詐欺の常習犯の話題... [詳しくはこちら]

» あ*としか言い様がない 送信元 雑感
  東国原氏が、総理候補か総裁候補かは知らないがのたまうものだから朝からテレビはその話題で盛り上がっている。 宮崎のために国政にうって出でる! 但し東京比... [詳しくはこちら]

コメント (76)

■コメント投稿について編集部からのお願い

いつも《THE JOURNAL》にご参加いただき、ありがとうございます。

他のサイトでは見られない質の高い真剣なコメントに、ブロガーや編集部はもちろん、ジャーナリストを含む多くの方が参考にしているとの声が寄せられています。

今後もこの意義ある場を維持してゆくため、コメント投稿者の方々には、以下のことを厳守いただくようお願いいたします。

投稿は原則として本名で行ってください。本名での投稿が難しい場合は、名前として不自然でない名称でお願いします。これは、理由のない安易な偽名・匿名の乱用は、《THE JOURNAL》のコメンテーターと読者が本当の意味で責任ある議論の場を育てていくことにマイナスであるとの高野孟の信念に基づく考え方です。

また、編集部が記事に対する批判コメントを削除することはありませんが、「誹謗中傷」「常識に反するワードの使用」「日本語として理解不能」「記事内容との関連性がうすい」「匿名や複数ハンドルネームでの投稿」など、このコミュニティの発展を阻害する投稿については削除させていただきます。そのほか、議論の展開のなかで投稿者同士が感情的な応酬になりそうな場合、編集部の独断で該当のコメントを削除する場合もあります。最低限のマナーを守って投稿していただければ、いかなる内容のコメントでも、こちらの好みで削除することはありません。

なお、コメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されております。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

以上になりますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

この話題が出たのであらためて投稿します


そのまんま騒動がにぎわしている。

ただ、 この東国原という人物の行動を冷静に見れば、過去の三流タレントだった汚名を「政治」という触媒を介して挽回しようとしているとしか思えない。

タレント時代は、まったく華やかなポジションにいなかったが、運良く宮崎県知事というポジションを手に入れた途端、過去に活躍できなかったテレビ業界でちやほやされるようになった。週末になれば東京に出向き、テレビに出ている。年間の三分の一は地元にいないとの報道もあった。

今回の騒動も、知事になったことで芸能界でちやほやされるようになった旨味を東京という華やかな舞台で発揮したいだけが動機なのではないか。

偉そうに地方を変えたいと言っているが、彼の目に見える実績といえば宮崎県の知名度を上げたPRマンとしての役割くらいだろう。あとは地方にありがちな閉塞感を打ち破ったような雰囲気を有権者に植え付けたことくらいだろうか。

それ以外の政治の役割として大事な政策の部分で何の実績を上げたというのか。何も見当たらない。そんな男に何を期待しているのか。

あるテレビが行った銀座の人に聞いたアンケートによると、麻生、鳩山、この男の3人の中で「首相にふさわしい人物は?」との問いに、この男がトップだったという。

少なくとも、中高生を相手にした調査ではない。銀座のような場所を行き交いするのだから、それなりに所得のある分別のあると思われる成人が答えての結果がこれだ。暗澹たる気持ちになる。

この騒動で、自民の末期症状は明らかになったが、テレビは人気がある(テレビに出したい)そのまんまへの批判は避けているが、このメディアのダメさ加減も露呈した。

この男を自民党は総裁にはかつがないたろうが、総選挙の目玉候補者にはする可能性はある。郵政選挙で小泉にだまされたB層はまたアホな行動を取るのだろうか

オモローなら笑える話だが 程度が低過ぎて見ているだけで吐き気がする。

そのまんまが先頭を走り 橋下とその他がタイミングを見てそのまんま支持イコール自民支持を宣言すると そんなところでしょうな。

民主は毅然と無視をしていればよい。

今日も昨日も東国原の問題がTVを賑せています。確かに彼の功績は評価されます。しかしそれは政治面ではなく、宮崎のトップセールスマンとして物産を全国に売り歩いた。しかし、これはお笑いタレントとしてTV界でのパイプがあり、彼としてはそれ程の難しい問題を達成した程の物ではない。
現に、宮崎の医療問題では医師会からの案件も放置しっ放し、特に地方の政治は高齢者の医療、福祉、介護等の生活面での政策は全く見えて来ない。支持率は異常だ。しかしこれは宮崎県民の評価つまり現実論として、観光も増え、産業に貢献した部分での評価だ。現に宮崎で選挙に出ることに反対が絶対数だ。これを無視して中央に出る事が本当の意味で県民の為の約束を反故にして国民の為の政治が出来るのだろうか。中央政界にそれ程のパイプの無い東国原に果たしてどれだけの事が出来るのか?政治は一人では出来ない、特に民主主義のルールとして、かれが県民の為、地方の為にリーダーシップを握りたいと言うなら果たして国会でどれだけの国の政治案件に賛同が得られるのだろうか。まだまだ勉強の時期では無いか?任期を全うし、県民の後押しが得られて初めて知事の職責を果たした事になる。

今朝のスパモニで原口さんが自治体首長政策Gと話し合うって言ってました。

民主党の従来からの主張だった『300自治体と国』という形も見直すとか…。

どうか、話が付いて首長政策Gが民主党を支持してくれますように祈ってます。

地方分権推進する政党を支持と言えば現在のところ民主党になりますが、橋下氏には強い保守思想をも併せ持った基本姿勢も伺えます。自民が完全保守というわけではありませんが、見方を変えれば自民に地方分権推進を促がしているようにも見えます。

ぜんぜん面白くないです。
「オモロー」ってなんですか?
まぁ、だいたいはわかりますけど。
郵政選挙でホリエモンが亀井氏の刺客で出たとき、マスコミが大騒ぎした、あのときと同じような不快感。
田母神氏が「そんなの関係ねー」とお笑い芸人の真似をしたときのような軽薄さ。
この記事はなぜ署名ないんですか?
コメントに本名もしくは不自然でない名前をお願いしているんですから、署名記事にしましょうよ。

「オモロー」な政局になったと喜んでばかりはいられない。これほどまでに「おちょくられた事態」になったのは、麻生さんばかりの責任ではない。小泉さん時代から国民に人気があるというだけで総裁を選んだ自民党議員、それを選んだ国民にも、マスコミにも責任がある。単なる二世と言うだけで、世間では1銭で通用しない連中を担ぎ出し、当選させてきた。困った事だ。いっそ行くとこまで行かなければ駄目かも知れない。
 小選挙区制が必ずしも良かったとは思われない。国民のためと思う優秀な若者でもなかなか立候補出来ない。信念を曲げて、別の党から出馬し、当選してからおかしな行動をとる。この馬鹿な「そのまんま東」にあやかって、いっそ芸人等・御笑い党・スポーツ党・評論家党などを立ち上げ、「踊るアホなら、踊らなきゃソンソン」と国民がマスゴミに踊らされて、踊りまくったらどうだろうか、、、? ほんとうにどうかしている。  今回の問題で、橋下知事は「東」とちがう。マスコミは同列に扱うが、われわれ素人から見ても、月とスッポン。大将と二等兵の違いがわかります。今日も午前中、75歳以上の人達と話す機会が有ったが、以外に高齢者は冷静で、「東」のアホを指摘しています。少しは救われます。

「次期総裁選候補」と言うことでまるっきり「消防署の方から来ました」詐欺と同じ。

橋下グループが支持する政党なぞ分かりきってます。政権交代なれば民主党、ならねば自民党です。情勢をみながら与党へ収斂してゆきます。

なんかフィリピンのエストラダ大統領のことを思い出しました。あの頃はフィリピンのことを笑っていましたが、日本もお笑い芸人が本気みたいですね。

いろいろ取引があるのでしょうが、与謝野大臣の疑惑をほとんど報道せず、お笑い芸人の発言を大々的に報道するマスコミはなんてレベルの低い連中なのでしょうか。

また、争点をぼかして劇場型の選挙をしようと考えてるのでしょうか。付き合いきれません。今回の動きは、少しでも選挙を与党有利に進めようという恣意的なものを感じます。

たけし軍団DNA
東国原知事は自分を自民党総裁にしてくれるのが条件だといい、古賀氏の要望を断るための言わばシャレだと思っていたが、自民党からのバッシングにおびえて、私は真剣にに国政に出る事を考えていると、慌てて取り繕っているようにも見える。
この一連の騒動ははたけし軍団のDNAのそれではないか?
後先など考えずに思いつきでやってしまう(総裁にしてくれるなら)。お笑いの世界ではそれが大受けして,お前が!?ゲエー、となり成功するかもしれない。しかし、たけしはもうそれは過去のものにして、計算づくの映画の世界で成功している。東国原氏は知事選挙では師匠たけしのイケイケドンドンとご自身の地方を”どげんかせんといかん”の熱情で当選されている。そして宮崎の広告塔と営業マンで成功されて支持率90%以上を2年以上維持されている事には敬服するが、どうも未だにたけし軍団を引きずっているように見えて仕方がない。実は私は宮崎出身ですが(今は東京),宮崎の今は東国原氏がすべてと言っても過言ではない。しかし政策においてはほとんど実績を残していないともれ聞いています。(進行中ということでしょう)
彼の勇姿はハッピを来て宮崎特産を売る、TVに出る、宮崎ブランドは東京でもトップクラスと言っていいかも知れません。しかし自民総裁=総理となって今度は何を売るんですか?
かみなりおこしでも売るのか?TVでふざけるのか?
そんな総理見たくもない。DNAは替わらないから替わらないでしょう。
 どげんかせんといかん は宮崎ではヒットでも国政ではそのぐらいのコピーでは屁にもならないでしょう。総裁にすぐにでもなりたい、何か勘違いしているところはたけし軍団のDNAを未だ彼の肉体に閉じ込めているからではないか?本当に今の宮崎を出たいのか?自民党総裁になりたいのか?あの大笑いした馬鹿げたパフォーマンスをやって来たたけし師匠の血液が残留していて宮崎では通用しても、オバマ大統領と並んだとき、これはまさにお笑いの舞台を見ている錯覚に陥ると思う。ま、東国原氏はご自身を理解していると思うから、あのDNAとはおさらばして、宮崎で研鑽してほしい。

東国原知事で本当に自民党が変わるならいいが、そんなわけないですよね。
氏も政治を理解するならわかってるはずです。総裁候補出馬記念と大臣の椅子が用意されれば、氏の経歴からすると言い方は悪いですが、もうこれで人生を終えても悔いはないということですね。マニフェストが実現されないなんてことは百も承知。氏の提言がマニフェストに乗るという歴史的事実がなにより大事なことですものね。実現されないそのときは自民党を批判して離党すればいいだけですよね。あまり調子に乗りすぎても抹殺されるだけですしね。口の達者なタケナカヘイゾー氏がそうであったように、氏は権力層の傀儡になり、氏の発言はB層をとりこむことでしょう。その分氏は性質が悪いということを自覚していただきたい。
いみじくも氏が言ってるように、内からの自浄は不可能です。本当に国民のことを思うのであればまずは政権交代をし、成り行きを見据えた上で判断をしてもおそくはないのでは・・
東国原知事、お願いです。考え直して宮崎のために100%以上の力を発揮して、このような氏にとってありえない人生をもたらしてくれた宮崎県民に是非恩返しをするべく、とにかく任期満了までどげんかせんと。次期総選挙後の日本がそれでも変わらなければそのときに熱い思いを実現させるべくがんばるのがいいのではないでしょうか?
どうですか、私利私欲を捨てて、全国知事Gで交渉しましょうよ、日本のために。

一部訂正・・・・
「オモロー」な政局になったと喜んでばかりはいられない。これほどまでに「おちょくられた事態」になったのは、麻生さんばかりの責任ではない。小泉さん時代から国民に人気があるというだけで総裁を選んだ自民党議員、それを選んだ国民にも、マスコミにも責任がある。単なる二世と言うだけで、世間では1銭で通用しない連中を担ぎ出し、当選させてきた。困った事だ。いっそ行くとこまで行かなければ駄目かも知れない。
 小選挙区制が必ずしも良かったとは思われない。国民のためと思う優秀な若者でもなかなか立候補出来ない。信念を曲げて、別の党から出馬し、当選してからおかしな行動をとる。この馬鹿な「そのまんま東」にあやかって、いっそ芸人党・御笑い党・スポーツ党・評論家党などを立ち上げ、「踊るアホなら、踊らなきゃソンソン」と国民がマスゴミに踊らされて、踊りまくったらどうだろうか、、、? ほんとうにどうかしている。  今回の問題で、橋下知事は「東」とちがう。マスコミは同列に扱うが、われわれ素人から見ても、月とスッポン。大将と二等兵の違いがわかります。今日も午前中、75歳以上の人達と話す機会が有ったが、以外に高齢者は冷静で、「東」のアホを指摘しています。少しは救われます。

そのまんま東は、昔熱湯コマーシャルに出ていたときとあまり変わってないな。もっとも人間の本質はそんなに簡単に変わるものじゃないが……。どういうわけか、同じ番組に蓮舫も進行で出ていたが……。いずれにしろ、こんな虫けら以下のバカを知事に戴く、宮崎県民もいい面の皮だ。森田健作の千葉県民と双璧だろう。

今回の騒ぎは事前に仕組まれた茶番でしょう。
さまざま不自然な要素が物語っていますよ。
古賀-初代そのまんま東 の大芝居、劇場政治ですよ。
マスコミの目を向かせられたのですから、ここまでは大成功でしょう。
ただその目的は、麻生政権のままで自民を活性化させたいのか、本当に首を代えたいということなのかは、分かりませんが。

一方での橋本知事もこのタイミングで起こした行動も、偶然なんでしょうかねぇ?
マニフェストを見て支持政党を決めるといいながら、今日自民議員の中川秀と会談する橋本知事は、出来レースしてるんじゃないのかと。

こんにちは(いま25日pm2:40頃です)

いまのところですが、僕はこう思っています。

東国原知事は、自民党維持派
つまり、中央の官僚政治は是認。でも、地方分権を認めて!
という官僚政治の依存型だから、ニセモノ。


橋下知事は、中央集権政治からの脱却を訴えているのは
ホンモノだと思っている。

橋下さんはいろんな意味で、自民党的なひとだとは疑っていたけれど、
ここにきて変わったのではと思っています。
やってみて、これじゃダメだと思ったんでしょう。

目覚めたひとだと思っていまます(笑)。

話題を独占させた意味はあったんでしょうね。
昨日から今日、とにかくこの話題ばかりがイの一番に上げられていますが、アナウンス効果としては見事に自民党の狙いは当たったわけです、ここまでは。
まあ、古賀さんは選対ですからもうここに至っては背に腹は変えられぬということで、党に持ち帰って検討するポーズ(ひょっとしたら)の思わせぶりで話題をもう少し引っ張ろうとしてるだけでしょうが。
しかしまあ臆面も無いというか、どなたかも仰っていましたがフィリピンのエストラーダ大統領が重なって見えた、は私もそう感じますね。
エストラーダは貧民街の人々に爆発的な人気を得て迎えられました。
元々、俳優で国民的人気がありましたが、彼の人気は日本でいうところのかつての石原裕次郎のようなもので、政策云々よりエストラーダがやったことは貧しい人たちへのばら撒き、それも演説で行く先々で本物の現金爆弾をばら撒いたわけです。
そういうわけで彼は大統領に成り熱狂的に受け入れられました、最初は。
確かその後、汚職と収賄に手を染めて失墜したと思います。
完全なるポピュリズム、それも貧民層を支持層に利用する点でエストラーダは東国原知事と似通っています。
フィリピンのような極端な貧しい層はいませんが、ポピュリズムに弱い拝金体質の国民性は共通しているように思います。
他人(人)を質す前に我を疑う、自分たちはまず間違えないと思っていても実はそうではないということもよくあることです。
こんな混迷で明日も不鮮明な時代では何が確かなことであるかを問うためにはまずは己を疑ってみるというのも悪くはないと思います。
日本人は熱しやすく醒めやすい国民性ですから。

どこがオモローなのか。

こういう事態を面白がる、または、面白がらせよう、というセンスこそが、

オモロー

自民党内部のごたごたを強調する姿勢も、

オモロー

勢力争いや票取り合戦なんぞが「政治」の前面に貼り付けられて報道され、
そんなものを面白がって政治に関心を持ったような気になっている人々こそ、

オモロー

「びーそー」以下の私としては、

どぉかカンベンしてくだせぇまし、センセーさま。おらはどーなってもかまわねぇだ。
けっども、わらしっこはなぁんもしてねぇだ。どぉかカンベンしてくだせぇまし。
センセーさま。

な、世界観を持たざるを得ない、ということになる。

ナケルー
イヤサレルー

な感じぃ?今だとぉ?

そのまんま少女買春知事は騒ぎ立てると調子に乗るから、、、この人は偽者だということはまともな人なら見抜くんじゃないの。むしろ元奥さんの加藤さんはあの事件のときは彼を見捨てず女を上げた。彼の郷里の人々も彼を許し彼を救った。この2者を裏切ったら彼は人間として救われない。この大恩ある2者をまず幸せにすることに責任を持つべき。

橋下徹氏は本日、新しい政策集団を立ち上げるにあたり、真っ先に中川秀直氏に会いに行ったそうだ。
実際、彼らが支持する政党を表明するかどうかはわからないが、日頃日教組をボロクソに批判し、先日は民主党の地方分権策に対して”政権担当能力がない”と評価した橋下氏が民主党を支持するとは考えられない。
東国原氏や渡辺喜美氏らと連動して自民党延命策を必死に画策している勢力と考えるのが妥当。

テレビが日頃から飼っている人だけ目立つ政局ですね。
古賀さんとそのまんま東さんは、もう何度も打ち合わ済みですよね。
テレビの前で双方利益になるようにパフォーマンスしているだけです。
選挙で有利になるために、テレビを使って人気者に仕立てていたのですから、自民党から立候補しますよ。
そして、橋下知事を府知事選挙に担ぎ出したのも古賀さん。
テレビで人気者に仕立てているのも同じ構図。
本当は、双方、それほど人気ないと私は思っています。
私は、二人とも大嫌いです。
彼らは、人に優しい政策を実行していますか?
橋下知事とそのまんま東知事の共通項は古賀さん。
それで今後の展開も見えるでしょう。
郵政選挙も本質は、テレビVS国民の構図でしたが、再び、テレビVS国民の選挙となって、過ちをくり返すのでしょうか?
もし、そうなら、貧困化も自業自得ですね。

「そのまんま東」は25日、県庁で記者団に対し「自民党の改革派にぜひ、決起していただきたい」と言ったとか。まず、杉村太蔵に声をかけたら、、、。山本一太に声をかけたら、、、。石原蚤心晃に声をかけたら、、、。ワーワーキャーキャー言っている多くのお馬鹿さんがいると思っているみたいだが、国政選挙となれば、今度は多くの国民が今の自民党政治に愛想をつかしており、「東」が思うほど・自民党のアホな国会議員が思うほどには集票能力がないのでは、、、。二匹目のドジョウはいないのでは、、。落選して、捨てられるより、今のまま・そのまんまテレビに出てばかりで、知事の報酬とマスゴミからの報酬、あちこちのパーテイで稼いだ方が良いのでは、、。その内、売れなくなりますよ。森田知事を当選させた千葉県民は後悔しているでしょうね。そろそろ起訴されても良いのにと思いますが、なかなか検察は動かない。マスコミ様はなんでもっと取り上げないのか、、?

留守ばかりあけて、宮崎県の役人はやりたい放題やれて楽でしょうね。もっとも今の自民党政治も役人に操られている議員が多いみたいだから、国政に出て、国会を空け、宮崎に行って舞台でも良し、大道芸人でも良し、とことん頑張って下さい。  こんな問題にかかわるのは健康上よくないかも知れませんが、パソコンに向かう事で多少ともボケ防止になると思えば救われます。「そのまんま東」さんありがとう。

地方分権とはなんだろう?
東国原や橋下の言う地方分権とは、道路建設を地方の思い通りにしたいというのが根底にあるのではないか。
橋下の自分の意見に従わない府下市町村に対する恫喝は相変わらずであるが、これと地方分権とはどう整合性があるのだろう。

二木さん、
「新装開店のパチンコ屋」は笑いました。
あれ最初の三日ぐらいは出るけどその後はゴッソリとヤラレますからね。
橋下さんと中田市長の温度差を見ると
橋下さんは効果的な場面で与党支持と言うのかな。

1930年生れ、今年79歳になる私は、今年こそ【政権交代】の年になると、信じて生きてきました。
その私の願望が、宮崎県の東国原知事や大阪の橋下知事など、お笑いタレントの動向で、あえなくバブルとなって消えかかっています。
あの≪小泉劇場≫の悪夢が,四年後、再び、蘇るのです。彼らの得意とするテレビを使っての演出で、一般大衆が苦もなく騙されて、自公政権を延命させるのです。

ああ、悲しいかな !

それにつけても、昨日付の某プログに、東国原知事のことを、次のように書いています。
≪性犯罪、暴行などの前科があり、何の政治的な実績も上げられないタレント知事≫
これについて、私は全く知りません。デマかも知れませんが、本当なら【日本の首相候補】として大変な問題です。
真実でないことを祈りつつ、どなたか、ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか。

東国原氏と橋下氏のあとは、渡辺喜美新党を同様にメディアは取り上げるだろう。
渡辺氏は”地方分権(道州制)”も政策として掲げているので、東国原氏や橋下氏の政策と合致する。
東国原氏がいう”自民党の改革派”とは中川秀直氏らと考えられるので彼らの動向を郵政選挙のときと同様メディアは連日放送して民主党の影をどんどん薄くする。
完全に作られたシナリオですね。

大爆笑の次元ですね。
国民も自民党もそこまで馬鹿じゃないでしょう。

なぜ、テレビも誰もかれも東を批判するのだろうか?元芸能人&過去の過ちはそんなにも拒否反応を起こすものなのか?まだまだ勉強が足りないって?何を偉そうに!今いる国会議員がそんなに素晴らしいですか?散々アホ呼ばわりしていたくせに。宮崎県民の8割が反対。そりゃそうでしょう。自慢の県にしてくれたこの人をそばに置いておきたいもの。でもマスコミはそういう人達の意見と、任期途中で放棄みたいな意見をごっちゃにして叩いてる。僕は素直に受け止めたい。東がボロボロの自民党をうまく踏み台にしてこの国を良くしようとしていると。東が自民党を乗っ取って、橋本とか民主のまともな人達とかくっついて、希望の持てる党、政治を進めてくれることに期待します。

はしもっちゃんの事を自民・民主を天秤にかけてると思われてるかたがいるようですが、彼は一貫して自民党です。自民の応援&自身の知名度で当選したのですから当然です。
彼は内側から変えようとしてるんじゃないですか?誰かさんの逆で。自民を

以前から、この男がまともに「正義」を考えているとは到底思えなかった。何故なら、お笑いの世界で身に付けてきただろう小ずるさ、狡猾さがテレビを通じてモロに伝わってきたからだ。
集票のためなら何でも利用したい自民と、己の権勢欲にひた走る人物とが互いに手を結びあう(かもしれない)、まことにおぞましき光景である。そのまんま東に群がる幾多のマスコミと称する連中の喧騒とあいまって、この国の政治風景は完全に「痴呆」化しようとしている。

<二木様>
ご苦労様です。BS11のインサイドアウト、楽しく観させて頂いています。
さて、東国原氏の騒動は、一年後に振り返ってみれば、あの騒ぎは何だったの?と言われる程度の事で、これ以上、マスコミには騒がないで頂くのが、日本の国政にも、ひいては国民の為にも賢明かと思われます。格差が拡がり、介護と生活苦から親殺しや夫婦間での殺人がニュースにならない日はない国になってしまいました。20歳代30歳代の死因のトップは自殺になりました。もうこれ以上、自民党に任せていたら、私たち国民は殺されかねません。マスコミのど真ん中にいらっしゃる二木さんにお願いしたいのは、民主党を支持してくれなくてもいいから、政権交代を邪魔する事だけは、何とか防いで頂けないでしょうか、という事です。残念ながら政策の伴わない顔だけ総理やパフォーマンス総理を面白がり、勢いで投票してしまうおバカさんが多数存在します。二木さんを始めとする良心的なジャーナリストには、国民を煽るのではなく、醒ます役割をお願いします。私は二木さんが編集長をつとめられていた当時から日刊ゲンダイの愛読者です。また、ヤクルトファンとしてもシンパシーを感じています。

自民参議院議員の山本一太氏がご自身のブログで次のように書いています。
http://ichita.blog.so-net.ne.jp/2009-06-24

「仮に次の衆議院選挙の直前に麻生総理が内閣改造をやったとして、「総務大臣就任」を求めるというシナリオもありだと思う。」

東国原知事を総務大臣!?
こんなことって可能なのでしょうか?
ここまでやりますかね~~??

ニュースではやたら流れてるけど、あんまり興味ないんですよね。
要は自分たちで求心力が保てないから、客寄せパンダで連れて来るわけだし。

なったらなったで、理念のない党だと言う認識がさらに増すだけなので、お好きなようになさればいい。それよりさっさと解散してほしい。

↑篠田氏に激しく同感。

感情的高揚を作り出して大衆を惹きつける「お笑い」のスキームが、こんなにうまく政治の世界で通用するとは、東国原も内心驚いているんじゃないの。今の政治家が、本来あるべき専門性(料亭会談や利権誘導じゃなく、富を公平に分配し、納得性の高いシステムをつくるなどのための高い専門能力や知識)を持たなくても通用してしまうことの逆説的表現とも言える。麻生を見れば、誰でも総理はできると思ってしまうのかもしれないが。そのうち藤原紀香が名乗りを上げるかもしれない・・世も末だ。

先程の「THE NEWS」で、国の直轄負担金と同様のシステムが全都道府県と市町村の間でもあるとのことである。
さもありなん。
橋下が「ぼったくりバー」と言ったとき、各知事さん「いらんことゆうとんな」と思ったかもしれません。
さて、我が大阪府はどうなんでしょうね。
知事さん、ぼったくってないでしょうね。

阿部元総理、福田元総理そして麻生総理。この三人を見て東国原知事も自分にもできると自信と勘違いをしたのではないでしょうか。多分国会議員の多くは同じような思いでいるのでは?それほどひどい、資質のない方々でした。国民のこの不幸、どれだけ自民、公明党の方々は理解しているのでしょうか?この責任はしっかり国民に審判してもらわなければなりません。話は変わりますが、最近の阿部元総理お元気ですね?何かおかしい。貴方が野党を批判する権利があるのかと聞いてみたい。馬鹿としか言いようがない。

東国原知事 国政転出騒動への疑問
http://www.data-max.co.jp/2009/06/post_6061.html


注目される東国原知事が国政への思いを語れば語るほど、
「知事の権限はたいしたことはないのか。
やっぱり国会議員のほうが偉いのか」と考える人も少なくないだろう。
果たしてそうだろうか。知事は政治家としての顔を持つが、
行政のトップでもある。
都道府県で最大の権力者は知事であり、
県政においては国会議員といえども知事の権限にはるかに及ばない。


宮崎県で改革の実を挙げれば、全国に波及させることも十分可能である。
そうして国を変えていくことは、決して不可能ではない。
「地方分権!」と叫びながら、
永田町に行かなければ実現できないというのでは矛盾している。


国政転出が「チャンス」だとする東国原知事からは、
目指すものが何なのか伝わってこない。
権力への階段を登り詰めるためのチャンスだとするなら、
有権者は裏切られたことになる。


1部記事から。

宮崎県のために知事になったのだから最低でも1期の任期は、
務めないと責任を果たしていないと思います。

宮崎県に高速道路が欲しいという考え方はすごく古い考え方ですし、
「宮崎県が独自で高速道路を作れば良いのでは?」の質問にたいして。
東国原「いや国に作らせるんです」これが古い考え方ですし、
知り合いの宮崎県出身の人が宮崎県に高速道路は必要ないんだよね、
と言ってました。


あと自民党参議院幹部が
「選挙には客寄せパンダは必要だが足元を見られたものだ」と
古賀を批判した人がいたそうですが、
選挙に客寄せパンダは必要ないと思いますし、
弱者や、庶民のための選挙です。


東国原知事発言の波紋、麻生政権へ逆風にも
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090624-OYT1T01080.htm


橋下徹大阪府知事、森田健作千葉県知事らを回り、
選挙での応援などを要請する計画も立てていた。


1部記事から。


16歳の少女と淫行事件もありましたし、
暴力事件も起こしているんですね。

東知事の件、政権交代の最後の大波ですね。たとえ引っ掻きまわされたとしても、万に一つ自民等が逆転しても、あと2年の参議院での第1党が効いてきます。安倍・福田・麻生・がもたないんですから、たとえお笑いがなんとかしても、3日ともちません。あまり皆さんが話題に乗せませんが、いかにあの参議院選の結果がこの状況の安全弁になっているかを思う時、小沢一郎のなした事は日本の政治史のキーポイントになると思います。

自治体の直轄負担金は天下りした人間の退職金と給料に使われる。


ハローワークで仕事を探さない天下りした奴らに使われるなら直轄負担金は禁止した方が良い。


テレビで国家公務員にハローワークで仕事を探す気はないのかと質問したら、
「何故?俺達がハローワークで仕事を探さなければいけないのか、
はっきり言ってふざけるな!」
という気持ちだそうです。


何様のつもりなんでしょうね。

仮に東国原氏の総理就任が現実のものとなったら、確実にYou Tubeで、過去の氏の出演番組が全世界に配信される。中にはとても見せられない姿が映し出されているものも含まれているだろう。そのとき世界は日本人をどう思うだろうか?私はその屈辱にはとても耐えられない気がする。(今でも十分味わっているというのに)
これだけでも、氏が総理などという野望を打ち消す理由となるだろう。

他の方も書かれていたが、そのまんま知事の件は、発言も含めてすべてシナリオ通りだろうと思う。橋下知事の動きも連動してきた。地方分権、官僚政治打破というのなら、検討するまでもなく民主支持になりそうなものだが、彼らは決してそうは言わない。自民を支持するシナリオだからだろう。橋下知事が中川秀直氏と会談したという事からしても、既定路線なのだろうと思う。

あくまでマニュフェストを検討した上で、支持政党を決めるという。その大義名分のもと、「地方から国を変えるのだ、官僚政治打破だ、二人の人気者知事と自民改革派が立ち上がった」とか何とかマスコミが派手に報じる。
郵便不正事件の勾留期限は7月4日、また世間の目をひくリーク情報を流せる。民主議員の名前も、今度こそ出せるかもしれない。7月14日には西松前社長の「予定通り判決」が出る。証拠提示もできなかった検察作文が、再びマスコミの全面協力のもと「事実」のふりをして一人歩きする。
自公にとっては、いずれも明るい話題だ。自民の疫病神麻生総理から国民の目をそらすことができる。民主をたたける。検察・マスコミみんなでつくる神風によって、自民は息を吹き返せる。ということだろうか。

小泉劇場では、多くの国民が踊る愚民になった。そのまんま橋下劇場で、今回もまた踊ってしまうのだろうか。小泉劇場と同様、彼らは自民党の改革派vs抵抗勢力、または地方vs国の2つに分けるつもりのようだ。マスコミはまた、演出・広報を担当するのだろう。

国民の意思とは関係ないところで、国民の流れが作られて行く。現時点では、これからどうなるのかわからない。けれども何かとてつもなく嫌な感じがする。

 おねだり淫行大好きの2流お笑い芸人知事と、お仲間の権力志向派で独裁的な弁護士知事が自民党と組んで三文オペラというか小泉郵政選挙の再現を狙ってのパフォーマンスだと思っています。
 低レベルの視覚メディアはすでに朝から晩まで大騒ぎしています。流されないように注意する必要があります。彼らの公約の実行度を的確に示すことにより多くの良識ある有権者にいい加減さを認識させる必要があります。

橋下知事が民主党支持を打ち出したら本気モードと信用し、関西人として応援します。

 ところで自民党?(古賀選対委員長)から最終回答期限はいつまでになっているんでしょうか(笑)
 たくさんの記者がいるのだから当然の質問だと思うが。
 最後通牒という言葉を思い出しました(笑)

私も篠田さんのコメントが全てを言い表していると思います。
相手(自民党と古賀氏)の弱みに付け込んで、ダメもとで法外な要求を突きつけて、マスコミが騒げばしめたもの。
あの落ち着かない眼がそんな魂胆を物語っています。
それだけのことであって、いい大人が大騒ぎするほどのことではありません。

悪人は殺してもせいぜい数人だが、無能な人間は千人単位で人を殺す。

私は政治家という職業に善人であることを求めません。
かといって、オモシロさも求めません。

自社さ政権は最悪でした。

大阪府知事も宮崎県知事も国政には関係ない地方の一首長にすぎません。

今回の騒動は、自民党の話題作りです。大騒ぎすればするほど、自民党の思うつぼ。

マスコミは、市民が注目する話題が欲しいのは解るが、騒ぎ過ぎ。

二木さんのご指摘のうち、根本的に問題なのは2番目だと思います。
ほかは考え方の問題という面もあると思いますが、「宮崎を何とかする」と言って当選した知事が、1期目の途中で国会に出るようなことを言うのは論外です。

再度のお願い。
全く知らないので、次の自民党総裁候補(日本国総理大臣)に押されている、宮崎県東国原知について、再度、教えてください。
私の読んだ某プログに、次のように書かれています。
≪性犯罪、暴行などの前科があり、何の政治的実績も上げられないタレント知事≫
ここに指摘されている【性犯罪】とは、女性にとって、極めて重大な犯罪です。しかも、今回の衆院選挙は≪自民党が担ぐ東国原知事は、日本の総理大臣として相応しいか、どうか≫を選択する、重大な総選挙です。
絶対に、過去の事件をあげつらうのではなく、世界に通用する【日本の顔】を選ぶ、極めて重大な問題です。
どうか、私の真意をお汲み取りのうえ、有識者の方々から、何も知らない普通の私たちに、お教え頂くようにお願いいたします。

これについて、今夜【みちのくさん(20.07)】は、≪16歳の少女の淫行事件≫と、触れていらっしゃいますが、それ以上のことは分かりません。
日本の総理大臣を選ぶか、どうか、の問題です。もう少し【事件について】知らない私たち普通の人々に、事件の顛末について、十分分かるように教えてください。

「そのまんま東事件」とも表現したいくらいです。篠田様の認識と全く同じです。私は日本国民の政治意識レベルに絶望すら感じますが、同時にテレビや新聞といったメディアの恐ろしさを痛感致しております。それは何を報道し、何を報道しないかの選択が彼らにあるからです。もちろん人は過ちを犯すこともありますので過去に犯した誤りでその人物を全否定すべきではないと思います。しかし、そのまんま東が過去に行った行為は彼が大政党の総裁を目指すとすれば忘れられたり、看過されて良いものとは私には思えません。伊藤亮三という方が2007年1月24日のプログで書かれています。そこには
①1986年12月9日に言論を暴力で封じようと計り、暴行罪で現行犯逮捕
②1998年10月13日に当時16歳の少女にわいせつな行為をして東京都児童福祉法違反容疑で事情聴取を受ける
③1999年11月22日に後輩タレントに対する傷害容疑で書類送検される
とあります。このところ警察もあまり信用できませんが、こうした破廉恥な経歴があることをテレビも新聞からも私は聞いた記憶がありません。古くは横山ノック、青島、石原慎太郎、最近では森田健作、橋下大阪府知事などテレビにさえ出てれば当選してしまうという日本の現実と政治の私物化。京セラの稲盛さんのような立派な方も中にはおられますが、自社の利益のみも追求する財界人に支配される昨今の新聞、テレビにおける偏向報道。戦前より少しましなのはインターネットで多くの情報が居ながらにしてとれることぐらいでしょうか。しかし、それが出来るのはまだ少数で大多数の国民は新聞、テレビに洗脳されてしまいます。衆愚政治は官僚からすれば大歓迎です。次期総選挙は日本の民主主義と国民主権にとってまさに正念場です。

おおなげかわしい。困った事だ。テレビの街頭取材で若者にたずねると「次の総理は誰が言いか?」・・・「わかんな~い」・「小泉さ~ん」・「誰がなってもおんな~じ」  高齢者は結構しっかりしているが、今の若者はどうかしている。お馬鹿キャラのタレントがもてはやされたりするのもテレビの悪影響か、、。もう少し良い番組を作ったらどうだろうか?  若者の観る番組の中で少しはまっとうなコメンテイターを入れたりして説明したら、、さりげなく、、。今回の「東」の問題も自分の身の程を知らぬ大ばか者のなせる技と思われるが、、。それにのっかかる横浜市長も何か胡散臭さを感じる。責めて橋下さんには同類項で行動しないで欲しい。今の府知事として頑張って頂きたい。期待しています。常々、橋下知事と「そのまんま」では「月とスッポンポン」位の違いがあるように思えますので、、、。それにしても、このところの総理大臣の程度の低さから「そのまんま」だけでなく、皆さんが誰でも「総理になれる」と思うでしょう。 安部元総理しかり、副田前総理はもちろん、阿相総理に至っては小学生でもなれると思ったのでは、、、。「東」が思って当たり前。せいぜい、ノックの二の舞にならない様に頑張ってや!!!

・・・・あっ、総理の漢字をみな間違えてしまった。

本テーマに関するコメントは別欄にて投稿済みで↓
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/06/post_302.html#comment-79221
繰り返しになってしまうのですが、以下追加コメントお許しください。
本日駅売りの夕刊フジの見出しを見て卒倒しそうになりました。
「自民vs民主“橋下争奪戦”激化」
http://www.zakzak.co.jp/top/200906/t2009062527.html
与野党関係無く議席恋しき議員達にとって、担ぐ神輿の人物と思想信条はこの際関係無いということでしょうか。
東国原、橋下両知事ともに単なる「えーかっこしー」だけでなく、大衆に対する扇動的な言動は非常に危険なモノを感じます。特に橋下知事の過去の言動、例えば光市母子殺人事件での安田弁護士に対する一連の言動等を考えると、弁護士としての資質にも疑問を感じます。
民主党では前原元代表等(大雑把な言い方をすれば松下政経塾出身者的エリート)、自民党では安倍元首相的な思想を持った人々が橋下氏と結びつくようなことがあれば、危険極まりない事態だと危惧しています。
あとメディアに露出の多い人物ほど、メディアにとって些細な事でもニュースソースとなります。つまりメディアにとってもメシの種となるわけです。露出・報道の多さに惑わされてはいけません。

M.I.(団塊世代)様      古くは横山ノック、青島、石原慎太郎、最近では森田健作、橋下大阪府知事・・・・・おっしゃる通りです。    この内、今のうちまっとうなのは橋下知事位です。彼らを当選させたのもマスコミです。森田知事の時など選挙の投票日直前までキャンペーンをしていた。「みのもんた」ひどかった。おまけにその後、献金問題・支部長問題などはほとんど報道されていない。

山ちゃんさん

≪性犯罪、暴行などの前科があり、何の政治的実績も上げられないタレント知事≫

Wikipediaに詳しく載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/東国原英夫

本当に「宮崎をどげんかせんといかん」と思っていたら、去年といい今回といい、国政に出るなんて言えるはずはありません。こういう口先男をその気にさせる自民党、マスコミは許せない。

愚劣な政治家にも腹立たしいが、何といっても、政治をエンタメ化し、大仰なナレーションと映像で、これでもかと視聴者を煽る地上波メディアの異様さが際立っている。
隠された特定の意図のもと、視聴者をある方向に誘導しようとしていると疑わざるを得ない内容も多い。はたして、経営陣、番組プロデューサー、ディレクター、さらに提供広告主の良識は保たれているといえるのであろうか。
官報になりさがったように見える旧態依然とした新聞メディアとあわせて、その堕落した姿が、いまはっきりと姿を現しているように思える。

この状況に対処するには

志のあるジャーナリストが集まる、真に良質なメディアを育てる。
(例えばこのサイトがさらに充実していき、読者は購読料を支払う)

あわせて、現状では既存メディアにどんどん自分の意見を寄せる。

しかないのではないか、と思う。

初めて投稿します。
神戸に住んでいますので、毎日テレビで橋下知事の話が出ています。東国原知事よりはましですが、小泉よりはひどい競争原理主義です。やったことは人件費と福祉、文化関係の経費を削ったことくらいで、後は大して成果も方向も出していません。
地方分権を叫んでいますが、地域主権ということは全く理解できない独裁主義者です。
府民に知事の方針を実行しない市長は選挙で落としましょうと呼びかける人格の欠如した人間です。
豚インフルエンザで修学旅行に行けなかった私学の高校に対して、外国に旅行にいくなんてあるまじきことである、補助金は出さないと言っている。とにかく自分のやりたいことをやる、屁理屈でも通すといった知事である。
さて橋下知事の地方分権推進の一連の動きを見ていると自民党と連携しているのではとも思えます。
昨日麻生総理から自民党役員の改選と一部の内閣改造の話が出ていましたが、東国原を総務大臣にして、知事会の地方分権の要望をマニフェストにして、全国の知事を取り込み、橋下、東国原を全国遊説させる、選挙テーマは地方分権を進めるのか否かという小泉流の選挙を描いているのではと思われる。
そして今回の東国原と橋下のマスコミの取り上げ方は異常である。おそらく選挙への伏線ではないだろうか。
郵政選挙のように自民党が内部がゴタゴタする方が、注目度が高まると喜んでいるのではないか。
郵政選挙に続き、地方分権選挙で二匹目のドジョウとなるのかどうか、国民が自民党に試される選挙となりそうである。

二階や与謝野の献金事件に対する

モザイク役じゃーないの(冗談です)

着地点に関わらず
今回の活動で、
東国原知事は、戻れない程の評価を下げることに間違いなくなります。

橋下知事も一旦落とされる状況ですが、助ける人物が登場しますネ。

多くの方々の(例えば前記<奥野様>の)鋭いご指摘のように、このオッチョコチョイ知事コンビは自民党の別働隊です。崩壊しつつある自民党の一部がナケナシノ知恵を振り絞って思いついた、乱戦模様に持ち込んでせめて「惜敗を期して」という仕掛けです。
この「チンドン屋茶番劇」のキーワードは「地方分権」…しかしながら、このシナリオライターが(誰かは知らないが)浅はかだから端っからケツが割れている。何故かっていうと、自民党はこの件に関して民主党のマニュフェスト(地域主権)をパクルわけにはいかない。そこで外野を使ってチンドンやらせてなんとかこの争点を暈したいって目論見が見え見え。
かてて加えて、役者が未熟すぎる。
例えば、東国原氏と橋元氏が「地方分権」を声高に言い募り始めたのはここ数カ月だと記憶している。(間違っていたらご指摘ください。)尚且つお二人が金科玉条のように掲げている全国知事会の「地方分権への要望」は財源と権限をよこせって言ってるだけのもの。そうするためには何が必要かって(中央集権制度の解体・霞が関改革)いう政治の根幹は何にも語られていない。
まぁ、自民党は二匹目の「郵政民営化」を狙っているんだろうけど、そうはイカのキンタマ(この語源どなたか教えてください)でぇ。
これはほぼ断言してもいいが、全国知事会も、各自治体の首長も橋元氏が喚いているような(政党支持を明言する)動きはとらない。やる人はもうとっくにやっているし、そんなことをやる意味もない。集まっても多分10人程度なんじゃない?また、橋元氏が民主党を支持することもあり得ない。民主党の方だって傍迷惑な話だよねぇ。
以上、結論としては、いずれ馬脚を現すから、ほっときましょう?

「オモロー」な政局ですか…。
 なんか郵政選挙と同じきな臭いにおいがしてきましたね。メディアの方が「政局が面白くなってきた」といって面白おかしく煽ることが、日本の政治にとっていいことなのか?再考くださいな。

このエントリーの趣旨については、今この時間になったらすでに、そのまんま東は自民党からも見捨てられそうだし、世論の支持も得てない。
気にするほどの問題でもないと感じます。
コメント欄を読んでいて、梅光さまのコメントにちょっと反応してしまったので、エントリーの趣旨から外れますがコメントさせていただきます。

梅光さま
6月25日23:29のコメントですが、少し不安な気持ちになりました。

梅光さまは若者を心配されているのだと思いますが、テレビ局が好き勝手に編集しているであろう「テレビの街頭取材」を根拠に「高齢者はしっかりしているが、今の若者はどうかしている」と断言されるのはどうでしょうか?
しっかりした考えを持つ若者もいれば、そのまんま東にキャーキャー握手を求める高齢者もいます。
「今の若者」と年齢で区切り、一律に「ダメ」と切り捨てられてしまうと、対話そのものを拒否されてしまった感じがします。
このようなご意見を仰られるのですから梅光さまは「若者」の世代の方ではないのでしょうが、ご自身の若い時代、明らかに今の若者とは異なるまっとうな判断を常にされていたのでしょうか。

「若者の観る番組の中で少しはまっとうなコメンテイターを入れたりして説明したら」
ということですが、「まっとうなコメンテイター」とはどのようなコメンテイターでしょう。
「まっとう」は形容詞。
二木さんや高野さんを「まっとう」と考える人もいれば、岸井さんや竹中さんを「まっとう」と考える人もいます。
人が正しい判断をできるようになるためには複数の異なる意見を聞くなりして最終的には自分で判断するしか方法はありません。

そして「正しい」の尺度も人それぞれです。
おそらく梅光さまと私の考え方はすごく近いのだと思います。「正しい・まっとう」と感じる対象は同じだと思います。
けれど、それを「正しい」と考えるようになる過程は、受け身では無理です。
自分で、試行錯誤を重ね、ときには間違った判断もありかもしれない。
その上で、人から教えられたことを「正しい」と信じるのではなく、間違えてもいいから自分の頭で考える必要が、年代に関係なく、あるのだと思います。

生意気申し訳ありません。

東国原氏はどういう大義名分で国会議員になろうとしているのでしょうか、
未来永劫自公政権が続くとでも思っているのでしょうか?
地方の有力者がよく言う中央との直結を言って選挙を戦うつもりでしょうか?
何が何でも日本国の為に自公政権と中央集権官僚支配構造を守る必要が有るということで選挙を戦おうとしているのでしょうか?

橋下知事、自民・古賀氏から衆院選出馬の打診 比例1位で
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090627/lcl0906270301000-n1.htm


有権者をなめてますし政権維持のためにはなんでもありですね。


弱者切り捨てする自民党と自民党支持者と経団連の悪党ども。

あくまで推測ですが、今の政治劇の企画・脚本・演出を担当しているのは、メディアと政治のそれぞれに深くつながっている、広告会社という可能性があります。

篠田 様

ご意見拝見。

ご提案に賛成です。
この種のネット空間で、検察やメデイアの批判をしていても、それだけでは検察もメデイアもあまり痛さを感じず、改めもしないでしょう。
メデイアへ意見を送っても、民放と大手新聞には広告スポンサーがいちばん「怖い」存在。
NHKは予算承認で「与党」に首根っこを押さられていて これまた国民への目線は期待薄。
なんとも悩ましいところです。

本当はいちばん怖いのは購読取りやめのはずですが、購読しないと(図書館に毎日通わぬかぎり)報道事実に基く批判もできないので、これも最後に抜く刀かな?

篠田様ご提案を活かして、こういうのはどうでしょうか?
ジャーナルに集う人で、メデイアの「偏向」を何とかしたい人が 購読紙の「社長」とか、「主筆
とかへ手紙やメールを送る。

内容は 現状報道姿勢を改めて欲しい。
しかるべき期間中に改善が見られない場合は購読を取りやめる!!
というような。
そしてこれを実行した人は 本サイトで報告し合う。
一人ではなんの波紋も生まないでしょうが、百人、千人、一万人となれば 田中さんの言われる「北京の蝶」にならないでしょうか。

本当は 一行政機関に過ぎない検察の暴走を国会がチェックすべきなのに、与党にはもとより期待しないが、野党もなぜか(倍返しでいじめられる とでも思っている??)腰が引けているのが歯がゆいので、上記のことを検察に対してもやれないか?とも考えますが。こちらはまだ考えが煮詰まりません。

東国原は今度の選挙は「地方分権選挙だ」といっているらしいが小泉劇場の二の舞は国民はしてはならない。自民党は選挙が終わば、そのまんま東は用なし! 頭を冷やすのだ!そのまんま東さん!あなたの言動は宮崎を踏み台に当初から国政に進出するのが念願だったと思われてもしかたがない。国会議員は国のために働く、宮崎のためにではない。地方分権は簡単な問題ではない。そんなに国民を甘く見ては困る。政権交代を多くの国民は願っている。この際たけしに頼んで芸能界復帰を考えておいたほうがいい。

「宮崎のために国政に出る」この言葉がいかにも嘘くさい。

もしこれを実行したら昔の自民党政治です。

fugumi 様
梅光さまは若者を心配されているのだと思いますが、テレビ局が好き勝手に編集しているであろう「テレビの街頭取材」を根拠に「高齢者はしっかりしているが、今の若者はどうかしている」と断言されるのはどうでしょうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 御意見ありがとうございました。もちろん若者にもしっかりした方がおります。いい歳をして、宮崎県庁の前で「そのまんま東」にキャーキャー言って握手を求めている呆れた中年おばさんがいる事も事実です。いずれもマスコミがおもしろおかしく報道しているからかも知れません。  「高齢者は以外にしっかりしている、、、。」というのは
報道による判断でなく、仕事柄毎日多くのご高齢の方とお話する機会が有り、日常生活・政治などについて話しかけると皆さんしっかりした返事が返ってきます。いつの年代も「今の若者は、、、」と言われているのかも知れません。自分も若いときはいい加減であったかも知れません。それ故、これ以上政治が悪くならない様に稚拙を承知で投稿しました。
 昨日、今朝もテレビでタレント知事の問題を取り上げております。「そのまんま」に総務大臣のポストを用意するとか、、、。自民党はそんなに人材不足かと心配になります。総理の椅子もテレビによって作り出された人気でえらばれ、今の麻生さんまでの三代にわたるお粗末総理。それを担いだ自民党議員は本当に情けない。
不満ばかり書くと年寄りと言われそうですが、まだまだ自分では若いつもりです。父がサイパンで戦死していると言えばおよその年齢は分かるでしょうが、、、。
ボケ防止にまた投稿致しますので、少し過激で有ったり、政権交代を望む強い気持ちから偏向意見になるかも知れません。悪しからず。

葛飾様のご意見、
拝見しました。

ちなみに今の新聞、紙面はギトギトの通販広告ばかりで、その合間に記事が浮かんでいるといった風情です。紙面が汚いだけでなく、見出しも含め記事スタイルの古臭さは際立っています。新聞はこういうものといった旧来の発想から、なかなか抜け出せないのではないでしょうか。すっかり魅力を失い、逆に影響力も小さくなっているのかもしれません。
広告費減、読者減による経営縮小は深刻で、大手広告主がどんどん新聞から逃げていっています。本来でしたら、この機会にもういちど中立かつ読者本位の立場へと姿勢を改め、読者離れを食い止めるチャンス(もちろん読者離れは中味とは別に起きていることの方が大きいのですが)だと思うのですが、やはりどこかで読者を軽んじ、自分たちは権威だと考えているんでしょうね。だから逆にやすやすと権威に迎合する。
民放はというと、もう喋る気にもなれませんね。音声を聞いているだけでもうるさ過ぎて。(静かなNHKがましに見えます)まさに視聴者を永遠に眠りにつかせるための装置です。
既存メディアの見ていられない姿に慨嘆し、このサイトでバランスを取り戻している方も多いのではないでしょうか。
一方、Journalを含めこの種のサイトは、大手メディアに比べればまだほんの砂粒のような存在なのではないかと思います。私が願っているのは、こうしたサイトがさらに中味を充実させ、大手メディアの偏りを正す中立・公正な立場のバランサーとして、その存在が多くの人々の前に顕在化していくことです。既存メディアが無視できない存在にまで育つことです。あわせて、ネットに散在する数々の貴重な正論や事実報告が集結し、人々が容易にアクセスしやすくなることです。そのためでしたらもちろん購読料も支払うのが当然だと考えています。

既存メディアへの意見投稿について。
ネットを通じ簡単に意見を提出できますが、現場の責任者やスタッフは、その量も含め、確実に影響を受けるものと信じています。トップダウンによる指示がある場合を除いては、例え少なくでも牽制効果を期待できるのではないでしょうか。複数連名での意見投稿も効果大だと思います。なぜこの件についての記事を載せないのかと質問を出すのも面白いと思っています。できるだけ痛いところをつくかたちで、ぜひ皆さんも。
(これについて、できればメディア関係者の本音を聞きたいところです)

配役が悪すぎる。Ga-ko氏, アノママ知事、ハシモッチャン、皆芸が足らんよ!シナリオも今三歩。殆どの人は、小沢秘書の当て逃げ事故以来、物凄く学習しているんで、この位のシナリオでオチャクッテモ、イカノンタマよ。(残念ながら私も語源知りません。)
CHEEP STUFF!!!

この国のみなさまは、小泉にいちころで騙されたんだから、三流芸人にも騙されるかもしれません。何処かに亡命したくなります。

こんなことを、ある人が、あるところに書いていました。

東国原知事を比例東京ブロック1位に指名検討、ですか。舐められたものですね、この国の大衆も。
まさに自民党もマスコミもこぞって今回の選挙を陳腐なものにしようと躍起になっているかのようです。この国が長きにわたって蓄積してきた深刻で病的な状況、さらに自民党が陥っている不可避な窮状をひた隠しにして、この選挙もいままでの選挙と変わりない、ただの人気投票のようなものだという雰囲気(つまり「オモロー!」なのでしょうが)を演出しようとしているのではないのだろうかと危惧の念を募らせるばかりです。
事実、私の周囲にも「政治なんて誰がやっても変わらない」と、達観されたご意見の方がまだまだ多くいらっしゃいます。小泉選挙の時も、この男の口車に乗せられて自民党に投票しようかと思ったことがありましたが、すんでのところで踏みとどまり民主党に投票しました。別に民主党支持者というわけではありませんが、かように私たちの多くが皮相的な人寄せパンダや甘言に流されやすいということでしょうか。
政権獲得後の民主党には一般会計と特別会計の一元化を是非とも実現して欲しいものです。私たち国民の財産がどこでどのように使われているのか白日の下に晒していただき、徹底的に無駄を省き、限りなく明朗会計の国にしていただきたいと思います。無益な増税論をふりかざす現政府や、その尻馬に乗るマスコミ連の鼻を明かしてやってください。いや、それとも特別会計の方も公開できないほど無残に侵食されてしまっているのかな。
もう一つは財源委譲による地方分権の促進を期待します。地元の建設業者しか欲しがらない道路だ、下水だ、建物やらをだらだら造り続けても、地方の借金が増えるだけで、住民サービスは低下する一方。病院はあるが医者がいないなんて、先進国だと胸を張って名乗れるほどの国じゃありません。さらに国や地方の役人の皆さんにも、限りある財源でどうしたら美しい国が実現できるか、活気ある街づくりができるか、有り余る人材と時間を使ってじっくりと考えていただきたいと思います。
最後に、今回の選挙でより賢明な裁断を下したいと考える東京都民の皆さん。あんなにも寝返りの速い芸人知事に清き一票を浅墓にも投じてしまった県民の二の舞にならないよう、くれぐれも熟慮いただくよう切望いたします。

署名記事にしろという、上記コメントに同感。

記事中の「次の首相になる可能性が出てきた」?。あまりにも阿呆臭いたわごとを知事が口にしたから、だからマスコミが取上げ、全国で茶化しているだけで、そんな可能性などみじんもない。出鱈目を書くな。と申上げたい。

次期首相にという要求は、出馬拒否の婉曲的な表現として、あるいは、自民党の安易な人選への批判としての発言として言ったのかと思ったが、本人は本気なのか?。本気だとしても、自民党議員やマスコミや字義通りで理解して、騒ぎ立ててどうする?。

首相の器かどうかは、首相になる上で、全く考慮されないらしいことは、現首相の就任の際に明らかになった。森首相のときにすでにあきらかになっていたといってもいいだろう。品位のかけらもないような人間にも、「次の首相になる可能性」があることが分かったのは、ずいぶんとマエのことだったと思うのだが。

東国原が自身の人気を背景に国政に進出しようとして、マスコミもあいかわらず追いかけまわしている。政治の芸能化、劇場化での過去のいくつかの過ちを性懲にもなく繰り返している。また自民党も節操のない行動をこりもせずやつている。さすがに党内や国民も、そんな猿芝居の本音を今回は冷静に見抜いているようだ。古賀選体長は新しい事をする時に批判はつきものなどとのたもうている。こんな国民をめくらますような東国原を選挙のために担ぎ出す事のどこが新しい行動と恥ずかしくも言うのか、国民も随分と軽くみられているようだ。東自身民主党政権になればフアシズムになるとか、政党はどちらでもいいとか、まあいい加減な事を芸能人ばりに発言して笑いで茶化している。地方分権、地方分権と聞こえのいい事を言つているが、政治を利用して、大臣でもなつて、自分のボストを確保し、ゆくゆくは都知事でもなつて権力を持ちたいといつたところだろう。地鶏とマンゴーを売るのに飽きて東京で遊びたいのだろう。宮崎の財政問題も解決もされてはないか所詮、政治にかぎらず東は自分をいかに高く売れるかといつた処世術しか頭の中にはないとおもわれる。少しは純
粋な情熱を継続性をもつて地道にやるべきである。テレビのバラエテイに頻繁に出演(呼ぶテレビ局もどうかとはおもうが)せず、宮崎県民に選ばれた初心を忘れず、田中康夫を見習ってもつと真面目に県民に接する事ですね、それに橋本知事さん、タレント知事でお友達なのはいいが、東をひとみごくうなどなんていつてあまりもちあげることはやめたほうがいい。彼の魂胆をよく観察するようにすることですな、 地方分権、道州性(私の記憶がただしければ大前研一氏が遠い昔、熱く語られていた) も国民にとつて何がよくなるか、橋本氏はよく理解はされてるとはおもうが、私など市会や府会議員のええ加減さや役所の人間のやる気のなさを経験してる者として多いなる危惧もおぼえる。地方分権は決して知事さんのためにあるのではなく、市民のためのものだという事ですと前知事の片山善博氏はいつておられ、それらを市民に具体的に語るべきだとも言つていた。方向として霞ヶ関解体、天下りの禁止は正しいが、それらを実現するのは至難であり、自民党では絶対出来ないと果たして民主党では?半信半疑ですとも述べられておられた。8年間鳥取県知事
を勤め地方自治を知りつくされた片山氏の言葉は正確で演出もない。私は彼がもう1度、大きな政治の舞台で活躍される事を願つている。最後にこんな有名な言葉、「黒い猫でも白い猫でもネズミを取つてくる猫はいい猫だ- 要はいはゆる大きな政府でも小さい政府でも国民を幸せにするならどちらでもいいという事である。


『賢い借入れ、賢い返済』
⇒オススメ6社一覧比較!


驚異の最高6億円!
Yahoo! totoで当てる!

Yahoo! JAPAN

ritumeiさんに、新着通知はありません

Yahoo!サービス

Yahoo!メールをグレードアップ
メールアドレス変更
メールアドレスを無料で変更できるサービスです

マイネームアドレス
一生付き合えるメールアドレスを持とう

広告が表示されなくなります
迷惑メール対策に加えて、さらに機能充実
ウイルスチェックに新機能追加
広告が表示されず、すっきり使えます

ご利用中のYahoo!メール画面はただいまベータ版で提供しています。 ベータ版とは?


2009(平成21)年7月10日(金)
東京都 東京(東京)
32℃/26℃
週間天気
設定

トピックス: トップ
東北で豪雨 一部に避難勧告
皇后さま カナダで子守歌披露
通称「新漢検」使用に待った
市職員、食堂に勝手に自販機
グーグル携帯、日本で販売開始
俊輔は「新ベッカム」熱烈歓迎
マー君「お泊まり愛」撮られる
草なぎ復帰後ドラマ初回17.5%
速報  ランキング  バックナンバー
ごあんない
サービスからのお知らせ
迷惑メール対策
Yahoo!知恵袋で質問
ベータ版リリースノート
モバイル版Yahoo!メールにアクセス!
URLをケータイに送信
モバイル版Yahoo!メールの説明を見る

v4.0.5
PR

50代にオススメ!のローン credit.orix.co.jp インターネットで申込ならVIPローンカード公式サイト。 突然、口から英語が飛び出す! every-e.com Yahooショップでランキング独占!今、ネットでバカ売れの英語教材 <法人のDELL>と検索 www.jp.DELL.com マイクロソフト製品、インテル技術搭載PCがお買得 詳細はこちら! インタレストマッチ - 広告の掲載について
MS Pゴシック
12pt










絵文字
1px
削除 | 一番上に戻る
東国原が自身の人気を背景に国政に進出しようとして、マスコミもあいかわらず追いかけまわしている。政治の芸能化、劇場化での過去のいくつかの過ちを性懲にもなく繰り返している。また自民党も節操のない行動をこりもせずやつている。さすがに党内や国民も、そんな猿芝居の本音を今回は冷静に見抜いているようだ。古賀選体長は新しい事をする時に批判はつきものなどとのたもうている。こんな国民をめくらますような東国原を選挙のために担ぎ出す事のどこが新しい行動と恥ずかしくも言うのか、国民も随分と軽くみられているようだ。東自身民主党政権になればフアシズムになるとか、政党はどちらでもいいとか、まあいい加減な事を芸能人ばりに発言して笑いで茶化している。地方分権、地方分権と聞こえのいい事を言つているが、政治を利用して、大臣でもなつて、自分のボストを確保し、ゆくゆくは都知事でもなつて権力を持ちたいといつたところだろう。地鶏とマンゴーを売るのに飽きて東京で遊びたいのだろう。宮崎の財政問題も解決もされてはないか所詮、政治にかぎらず東は自分をいかに高く売れるかといつた処世術しか頭の中にはないとおもわれる。少しは純
粋な情熱を継続性をもつて地道にやるべきである。テレビのバラエテイに頻繁に出演(呼ぶテレビ局もどうかとはおもうが)せず、宮崎県民に選ばれた初心を忘れず、田中康夫を見習ってもつと真面目に県民に接する事ですね、それに橋本知事さん、タレント知事でお友達なのはいいが、東をひとみごくうなどなんていつてあまりもちあげることはやめたほうがいい。彼の魂胆をよく観察するようにすることですな、 地方分権、道州性(私の記憶がただしければ大前研一氏が遠い昔、熱く語られていた) も国民はとつて何がよくなるか、橋本氏はよく理解はされてるとはおもうが、私など市会や府会議員のええ加減さや役所の人間のやる気のなさを経験してる者として多いなる危惧もおぼえる。地方分権は決して知事さんのためにあるのではなく、市民のためのものだという事ですと前知事の片山善博氏はいつておられ、それらを市民に具体的に語るべきだとも言つていた。方向として霞ヶ関解体、天下りの禁止は正しいが、それらを実現するのは至難であり、自民党では絶対出来ないと果たして民主党では?半信半疑ですとも述べられておられた。8年間鳥取県知事
を勤め地方自治を知りつくされた片山氏の言葉は正確で演出もない。私は彼がもう1度、大きな政治の舞台で活躍される事を願つている。最後にこんな有名な言葉、「黒い猫でも白い猫でもネズミを取つてくる猫はいい猫だ- 要はいはゆる大きな政府でも小さい政府でも国民を幸せにするならどちらでもいいという事である。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.