Calendar

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

Recent Comments

« 北野誠が不適切発言で芸能活動休止 最終回放送にアクセスが集中
メイン
「身体論」から見た麻生・小沢のリーダーの資格は? »

民主党が「政治資金問題第三者委員会」を立ち上げ

 小沢一郎代表秘書の起訴を受けて、民主党が「政治資金問題を巡る政治・検察・報道のあり方に関する第三者委員会(政治資金問題第三者委員会)」を立ち上げ、4月11日にその第1回会合を開くと共に、専用のホームページを立ち上げた。

 http://www.dai3syaiinkai.com/

 この委員会は、小沢代表および民主党の同事件への対応、説明責任について検討するとともに、政治資金問題をめぐる検察およびメディアのあり方について議論を行うことを目的として、民主党から独立して設置されたもので、メンバーは、飯尾潤=政策研究大学院大学教授(座長)、郷原信郎=名城大学教授・弁護士(座長代理)、桜井敬子=学習院大学教授、服部孝章=立教大学教授の4人。実質的な中心は郷原と見られる。

 ホームページでは、第1回委員会の議事録、委員の記者会見動画、委員のプロフィルなどを閲覧できるほか、意見箱に投稿することが出来る。

-------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】
■郷原信郎:小沢代表が今、行うべきこと
─第三者委員会で検察、メディア問題の検証を行うことの意味(日経ビジネスオンライン)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4935

コメント (7)

そうです、そうです、これで良いのです。だとすれば、私は、自民等他政党も含めて超党派での委員会の立ち上げも要求したいです。民主党の第三者委員会が報道のあり方までもターゲットにしているなら、マスメディアも第三者委員会を立ち上げてほしいところです。さらに、フリーの報道関係者や記者クラブに加入出来ないメディア、さらにインターネットメディアの方々が合流して、国民の前で見える議論を期待します。例えばNHKが、各大手主要紙・各大手テレビ局・各小メディア・フリー・インターネットメディアの方々を合同で呼ばれて議論する番組などを期待します。なかなか難しい企画ではあるかた思いますが、各セクションがバラバラに議論するだけでなく、一度、どこかでまとめて全体像を見せていただきたい。

<遅すぎです>
逮捕当日にすぐ、調査委員会を立ち上げよ、と鳩山幹事長にメールしましたが、やっとか、の思いです。
小沢=悪のイメージが醸成されてしまった、今からではどれだけの効果があるか?疑問ではありますが、方向としては良い方向に向かっていると思われます。尽力した原口代議士の働きを労うものです。
さて、会議議事録をブリーフィングで知らせるとの事ですが、一歩進んで全公開にしたほうが国民受けがよいと思います。
そして私は、むしろ、対外向けより民主党内に向けての効果を期待しています。
財界トップ周辺から「小沢辞任すべし」の指令を受けたとされる前○氏、遠戚周辺のスキャンダルの隠蔽と引き替えに「小沢後の代表を狙え」とフィクサーからの指令があったと噂の岡○氏、さらには代表選出馬の断念以来、小沢の首を狙っていた野○氏、55年体制の自民・社会党の付き合いから、小沢氏を辞任させよとの鼻薬を効かせられたとされる仙○氏などの輩にグウの音もでない調査結果を期待したい。

地検も、たぶん特捜部にヒアリングはしているのだろう。
検察全体の権威を守るため、選挙の前に手を打った方がいい。
もう昔とは違うのだ。

私の世迷言だと思って聞いて下さい。恐らく、勿論恐らくですよ…この事件は、検察官僚の「大チョンボ事件」として処理される。責任を誰が取るかが今、検討されている。検事総長なのか東京地検のトップなのか特捜部の部長なのか…。
その意味では、森田健作氏の事案はかなり大きい。検察側は二進も三進もいかない状況に追い込まれつつある。逃げ場が見当たらなくなっている、というのが私の真相です。

em5467様
「<遅すぎです>」でも無いかもしれません。
>小沢=悪のイメージが醸成されてしまった、今からではどれだけの効果があるか?
 私も同感でしたが、第二回委員会のビデオニュースを見て考えを改めました。確かに直接世論を動かす効果は少ないかもしれませんが、裁判の行方には大きな影響を与えるでしょう。
検察の方もこっそり見ているかもしれません。どんな組織だって本当に一枚岩と言うことは無いのだから、これからの毎回の委員会報告が楔のように食い込んで、ミシミシという音が外部にまで漏れ出すのを期待しています。

動画を見ていて今気づきました。
ビデオニュース・ドットコムがここでも活躍していたのですね。
目立たない努力かもしれませんが、意味のある仕事だと思います。
応援しています。

毎日新聞のコラムのご一読を。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090503ddm002010097000c.html
遅まきながら論調に真実が垣間見えてきたと感じるが、メディアの小沢叩きのマグマが抜けてきたのか?それともこれまでの視点を別なIssueに転嫁させようとしているのか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.