Calendar

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Entries

« 金正日はいつ後継者指名をするの?
メイン
民主党が「政治資金問題第三者委員会」を立ち上げ »

北野誠が不適切発言で芸能活動休止 最終回放送にアクセスが集中

 タレントの北野誠(50)が、自身がパーソナリティーをつとめるラジオ番組「誠のサイキック青年団」で不適切発言があったとして、テレビとラジオを含む全番組を降板する方向で調整していることが明らかとなった。

 ところが、この問題では肝心の不適切発言の中身が「関係者に迷惑をかける」として明らかにされておらず、ネット上で様々な憶測を呼んでいる。しかも、この番組と定期的に開催される有料番組イベントでは、そもそも民放では放送できないような爆弾発言であふれており、一体どの発言が問題となったのかが誰も特定できず、騒動はおさまる気配を見せていない。

 最終回の放送でも具体的な原因については明らかにされていないものの、インターネットにアップされた動画には現在アクセスが集中している。

【最終回放送リンク】
■誠のサイキック青年団 2009年3月8日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4934

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 北野誠が不適切発言で芸能活動休止 最終回放送にアクセスが集中:

» 北野誠が芸能活動を休止、その理由は創価学会? 送信元 医療関連のニュースcom
北野誠が芸能活動を休止することとなった。 しかも自ら芸能活動を休止するわけでなく、自身の朝日放送の人気ラジオ番組「誠のサイキック青年... [詳しくはこちら]

コメント (4)

たとえ芸能人であったとしても、内容がちんけな話であったとしても、マスメディアの中でコメンテーターとして社会的な発言をしていた個人が、すべてのメディアから突然、存在を消滅させられるという日本のメディアの状況に恐ろしいものを感じます。これは異常事態ではないのだろうか?

でも、これがいまのメディアの現状ではないでしょうか。植草氏しかり、森田氏しかり。
メディアがレジームと対峙する存在という幻想は捨てざるを得ません。
そもそも日本におけるメディアは天皇制以上の共同幻想だったのでは。依って立つべき批判的精神基盤がそもそも育たなかったのでは。
確かに立派なジャーナリストはいたし、今もいます、日本にも。
けど、産業としてのメディアは成り立たず、土着しなかったのかも。
記者クラブ、あれこそアジア的村社会の典型ですよね。
あれは、よその国ではメディアとは呼ばないでしょ。

「芸能界」はジャーナリズムの対象としては甘く見られますが、マスメディア自身の収益に大きく関与してます。
また「広告」を通じて企業や役所と関係があり、経済活動や統治機構にも結びつきがあります。
そういう意味では今回の件は芸能界や日頃正義漢面してるメディアのダークサイドのみならず、日本社会の「見られたら恥ずかしい部分」の一端を暗示したのではないのでしょうか。

同じケースが、サ○○近くの某ラジオ局で今年の三月をもって番組を終了した某昼番組でも起きている。
放送局関係者は視聴者やリスナーの声をちゃんと聞いているだろうか。放送局は誰に向いて番組を作っていますか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.