Calendar

2008年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Entries

« 元厚生次官宅襲撃事件:憶測飛び交う犯行動機の謎
メイン
麻生の心ない言葉で医師の「心が折れた」! »

文春の麻生手記は朝日新聞・曽我豪氏による代筆だった

 上杉隆氏が月刊「新潮45」12月号に寄せた記事が話題となっている。
 
 記事によると、今年10月に発売された文藝春秋11月号に寄せられた麻生太郎首相の解散宣言手記は、朝日新聞編集委員の曽我豪氏による代筆だという。

 問題になった麻生手記については、かねてから「総裁選の多忙中に執筆できるわけがない。ゴーストライターがいる」と囁かれいた。一部報道では、朝日新聞社の編集委員が代筆したことをほのめかす記事が出ていたが、実名で記事になったのははじめて。

 上杉氏は、実名の公表に踏み切った理由を記事の中でこう述べている。

 米国では大統領の一般教書演説を大統領自身が書くということはほとんどない。専属のスピーチライターが存在し、多くのスタッフを使って練りに練って演説原稿を仕上げる。またそうした職業自体が認められ、ジャーナリズムの取材対象となっている。(中略)
 ところが、翻って日本となると、なぜかそうした職業について言及されることはない。スピーチライターの存在に薄々気付きながらも、政治ジャーナリズムがそれを取材することもない。
 だが、国家権力の頂点に立つ内閣総理大臣、その政治決定を左右する人物を無視するということは、国民の知る権利からしても、まったくもって奇妙なことではないか。

 まったくもって正論である。

-------------------------------------------------------------------------------------
田中良紹氏(ジャーナリスト)
「麻生の周りにはヨイショをしてくれる記者しかいなかった」(11/22)

今回の文藝春秋に発表した論文についての騒動の一番の原因は、麻生が傍流政治家だったからではないか。麻生は、首相になるまでに権力の中枢にいたことがないため、政治についての理解が浅いのだ。

権力の中枢にいる政治家は口が固く、担当記者も取材が難しい。権力者がうかつに何かをを話すと、自分がやりたいと考えていることがうまくいかなくなってしまうからだ。だから、一般的に主流派を担当する記者は、原稿を書く機会が少なくなってしまう。

ところが、自民党の中でも傍流に属する政治家は、新聞記者と一緒になって権力者が何を考えているかを取材し、情報を集める。だから、傍流政治家と新聞記者は立場が一緒になりやすく、両者の関係に緊張感が失われてゆく。麻生手記を朝日の記者が代筆したとしても、傍流政治家と記者の関係であれば、ありうることだ。

麻生首相が傍流政治家であることがよく理解できるのが、番記者に対する対応だ。
総理番は各メディアの若手記者が担当するが、そういった若手の小物記者に対して麻生はイラついている。これは、裏を返せばこれまで傍流政治家であった麻生の周りには、自分にとって都合のいい、しかもヨイショばかりする記者しかいなかったということを証明している。

主流派の政治家であれば、番記者のような質問を毎日されるのは当たり前。イヤな質問をどう切り抜けるかで、権力者としての資質がわかる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4815

コメント (4)

9行目の「傍流政治家と政治家は立場が一緒」は間違いではないですか。文脈がおかしいと思います。

>森清広さま

ご指摘ありがとうございます。

「傍流政治家と政治家は立場が一緒」→「傍流政治家と新聞記者は立場が一緒」に訂正いたしました。

「だんだん本質が見えてきました」
この記事でだんだん麻生氏の本質が見えてきました。KY:“漢字読めない”に加え、10月29日のぶら下がり会見で、株の時価会計緩和策の賛否を聞かれ、「株を“満期”まで持っている人にとっては、時価会計は手続きが大変になるだけで、おおよそあまり意味がない」と答えたとの報道があり、今度はKY:“経済分からない”と言われる始末です。この発言を聞き、経済の麻生を名乗っている人物の化けの皮がはがれたと、暗澹たる気持ちになったのは私だけでしょうか。
歴代の総理の中で、政治報道を見ていて、日本国民として恥ずかしいと思った人物は宇野氏と森氏でした。麻生氏が外相だった頃、漫画を大量に機内に持ち込んで出発する映像を見て、これが海外に報道されると恥ずかしいと感じましたが、その人物が総理になってしまったのですね。
高野論説で「アソイズム」というサイトを作ろうか!というコメントがありました。ぜひ実現を期待したいものです。

前から、曽我豪サンの話は出ていたが、誰が書こうとも、麻生とネームが出ているのだから、すべては麻生さんの責任。そんな事も判らない人が、もっと大きな国のリスクコントロールをできる訳がない。
 ところで、こんな麻生さんを見て、安倍さんはどう考えているだろう。俺ならもう少しうまくできると…。
 前も書いた事があったけれど、小泉氏があの程度やれたのだから、自民党の議員でも三分の二くらいは、準備が無くても総理の職を全うできるかと思ったけれど、これだけの人が、こうなるとは殆どの人が無理なのかもしれない。
 本音では思っていても構わないけれど、オフィシャルな場で、小沢一郎なんて信頼できないと平気で言ってしまうのだから、理解し難い。
 いずれにしても、田母神さんの問題もそうだけど、基本的に日本が戦争をする事は無いけど、万が一させられてしまった時には、前回と同じ様な、ミスを繰り返してしまうのでしょうね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日々起こる出来事に専門家や有識者がコメントを発信!新しいWebニュースの提案です。

BookMarks




『知らなきゃヤバイ!民主党─新経済戦略の光と影』
2009年11月、日刊工業新聞社

→ブック・こもんず←




当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.