« 芸能ジャーナリズム
メイン
酒井法子騒動[Part 1+2] »

芸能界薬物汚染、同情の余地なし

俳優の押尾学容疑者(31)に続き、タレントの酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)も覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕され、いつまでたっても薬物と縁が切れない芸能界の現状があらわになった。

芸能界の薬物汚染を30年以上、追い続けている芸能レポーターの梨元勝氏は今回の逮捕騒動をどう見ているのか。

「逮捕されても、すぐに復帰できる芸能人特有の”甘えの構造”が、いつまでたってもなくならない芸能界薬物汚染の元凶」

「一連の騒動を報じる芸能レポーターのなかから同情を匂わすコメントが聞かれた。はっきりと言いたい。酒井や押尾に同情は不要」

時には声を荒げ、芸能界に蔓延する薬物問題に対して怒りを隠さない梨元勝氏の声をお届けいたします。

■《THE JOURNAL》インタビュー:梨元勝

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2541

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 芸能界薬物汚染、同情の余地なし:

» 【覚醒剤】法の下の平等を確保する意味でも酒井法子は厳罰に処するべきだ!【逃げ得】 送信元 ステイメンの雑記帖 
 覚醒剤取締法違反で逮捕され19日まで10日間の拘置延長が認められた酒井法子容疑者であるが、 共同通信などの報道 によれば、  ①尿鑑定では覚せい剤反応が... [詳しくはこちら]

コメント (20)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

酒井や押尾のバックにはびこる巨悪を断たなければ一生この問題は解決しないね。
酒井の逃亡サポートした人間や押尾に殺された女性の部屋から見つかった末端価格1億円のコカインなんていう見え透いた証拠は、
そこいらの安物作家の死人に罪を着せるトリック以外何者でもない。
こんなことがわかっていながら、検察は酒井を起訴せず、押尾は死んだ女性に罪をなすりつけることがまかり通るのなら、
この世の中は終わりだろう。

別に同情しなくてもいいのですが 酒井容疑者 酒井容疑者と毎日30分も報道を続けるマスゴミのあり方には いささかうんざりです 毎日生い立ちまで遡って生きざまを報道され 6日間の居場所の追跡がさも重要な様に報道される 何だか小沢秘書逮捕時の異常報道を彷彿させる しかも閣僚までが捜査に口出しをする始末 小沢秘書逮捕もやっぱり と思わせる 他に報道するネタがないのならいざ知らず 小泉以来自公政権が行ってきた でたらめな政策の数々の分析でもすればいいのに

同情の余地がないことは当たり前です。

ところで、押尾の件はどうなっているのでしょう。
あちらは、死亡者まで出ている事件です。
確か、公式な発表はなかったと思いますが、キロ単位のコカインまで出たとかでないとか。
暴力団も絡んでいると考えるのが常識でしょう。
さらに、事件の起きた部屋が、高名な(どういう意味で高名かは知らんが)下着屋さんの所有物であった。
この下着屋さん、芸能界、更には政界にも顔が利く方だとか。

馬鹿ママタレントについて、いろいろ騒ぐ腐ったマスコミは、この押尾事件についてほぼ知らん顔が現在のスタンスだ。

なんというか、とてもいやらしい感じがしてならない。

当たり前です!
同情の余地は全く有りません。
薬抜きの為に失踪するような姑息な手段を使う麻薬犯罪者に何故リポーターは同情的なのか?

TV局のプロデューサー・ディレクターにタレントが誰であれ数字(視聴率)が取れる企画を立案する能力が無いことに問題がある。
タレントの持っている人気に依存して安易な企画で番組を作ってしまっている為、人気タレントを抱える芸能事務所に対してTV局はものが言えないどころか常に顔色を伺わざるを得ない状態になっている。

歌の上手い人が歌手になり、演技の上手い人が役者になる。
本当に才能のある人がしっかりと努力した結果、その分野でプロになると言う一般社会ではごくごく当たり前のことが芸能界の常識にならないといけないんでしょうが、これは翻って人気を支える国民の側の選択眼の問題でもあるんでしょうね。

のりピー逮捕が8月8日ですので、ニーズ的にこの記事は「遅くとも」翌日の9日までに掲載してほしかったです。

犯罪を犯したら裁きを受ける。ただそれだけです。
同情するもしないも個人の自由です。
ただ、私は転んだ人間をさらに踏みつけるようなことはしたくないと思います。
重要なのはトカゲのしっぽ切りに終わらせないことです。

梨本さん

ジャーナリスト、コメンテーターへのお怒りはごもっともですが、コネクションの問題や資金源云々は、まさに天に唾吐く、ご自身にも跳ね返ってくるお話なのでは?

どんなに善良でも、自身を観察者という批判対象外の立場において発言されている限り、外道芸能マスコミにすぎません。
外道の世界に必死にしがみつくのは、もうバカバカしくなってきている方も多くなってきているのでしょうね。

芸能界のドラッグ、セックス汚染の影響は、不正なコネクションと、それによるコンテンツの質的劣化に尽き、また、金を食い漁る妖怪たちの芸能、広告、政治を牛耳る手段の一例程度のものでしょう。梨本氏の含意するご発言からもそう受け取れます。

そもそも印象操作された「アイドル」なんてものがいる事自体が不健全なんですよ。

私はテレビを全く見ませんので、コメンテーターがどんな発言をしているのか知りませんが、
刃に衣を着せ話す方々の心理は「甘い」で片付けられる単純な話ではないと思います。
黒い白鳥の突然の出現に、驚き、息を飲んでしまい、普段の言説空間(スタジオ)と歩調を合わせようと話した結果なのでしょう。

ヒステリックに懲罰論をドラッグ汚染問題に関してぶってはならないと危惧します。

もしかしたら我々の心を揺さぶった古今名作の多くが変容意識下における活動の賜物なのかもしれませんし、
依存症の問題はソレとは次元を逸する殺伐とした社会の労働環境によるところの問題でしょうし、
場合によっては我々が確信する現実は全体の一部でしかないのかも知れません。
「違法薬物」と十把一からげにされ、得体の知れないものに奉られ、希少性によるブラックマーケットを産み出している事が発端なのではないでしょうか?

また、今の警察、検察に「しもじもの民の世俗」に理解を持って捜査する能力を有するか、甚だ疑問です。
黒澤の「天国と地獄」の世界は完全に化石化したんです。
地方公務員含め、下から上まで官僚の無責任な行政を許した我々のツケです。

酒井の件で押尾を隠そうとするのはどうでしょう?

http://www.rondan.co.jp/html/news/mori/index.html

この高級マンションの部屋を自由にさせていた下着屋の社長については、どのマスコミも追求しないのかな。

誰が考えても月40万もする賃貸しマンションを、いく部屋も所有して知り合いに自由に使わせるというのは「常識的」に考えられない。

実は一般大衆女性には下着を買わせ、政財界や芸能界の大物にはその中身を買わせていたのでは?

そこをきちんと追求したら、さすが梨元氏も東京湾の海底に行くことになるのかな?

梨元氏のご回答を知りたい。

ジャニーズを叩けない芸能レポーターが、芸能界の汚染について何を言っても説得力はありませんよ。

前記の補足。

梨本さんは、比較的ジャニーズ叩きをしている方かも知れませんが、それでもまだ温いと思います。
増してや、他の芸能レポーターなんて、取材というより宣伝を請け負っているだけじゃないかと思ってしまいます。
さらに言えば、「芸能人」ではなく「芸能」を取材している自称芸能レポーターが、果たして何人いるのやら、と思うのですが。

梨元様

僕もこの二人に、個人的には同情などいたしません。

それよりも、酒井や押尾の背後にある暴力団や、それの手先であろうアダルトビデオの社長と下着屋の女社長んあどが、結局追求されないまま、このままトカゲの尻尾切りになりそうな流れになっていくのを見ると、本当に悔しくてなりません。

なぜ、こうまっとうに生きている人たちが浮かばれない世の中なのでしょう。

こうなると腹立ちを通り越して情けなくなります。

梨本様
他の方もリンク先を教えてくれていますが、ネットで探せばどうやら背景らしいものは、素人の私でも分かります。
下着屋の女社長さんは、高価な部屋をたくさん借りて、どうやら秘密の売春をしていたらしいこと。
そのユーザーは一般人ではなく、特別な地位や経済力を持っている人ばかりなこと。
その売春には、ドラッグもセットになっていたこと。
また、押尾事件の直後に酒井の旦那が捕まったのは、押尾事件を追及されては困る人たち(政治家など)から捜査に圧力がかかったらしいこと。同時にメディアにも圧力がかかり、押尾事件を最小限に、酒井事件を最大にして大衆をごまかそうとしていること。
実際のりピーのことはもううんざりするくらい報道するのに、人が一人不自然に死んでいる押尾事件については、あまりにも報道されないことが多すぎます。
しかも今回、のりピーが上手に逃げて時間稼ぎをしたおかげで、高相ルートのやばい人たちはみんなしっかりクスリ関係は処分してるでしょうから、もう次につながることはなさそうな気配です。これは本来なら警察の失態では?
多分そうではなくて、警察と893と、もしかしたら芸能界の大御所事務所あたりの裏取引の茶番ではないですか?
そこらのテレビコメンテーターと同じような話ではなくて、もっと深層の、リアルな話を教えて欲しいと思うのですが、さすがに命がいくつあっても足りないですかね。

こちらの方が分析としては一枚上手かも知れませんね。


http://www.cyzo.com/2009/08/post_2546.html

今回の件は押尾事件を隠す為の生贄として酒井容疑者が居たのではないでしょうか?
以前からリークされ又法案改定の
材料としても格好の材料で逃走及び証拠隠滅等を大々的に暴露してる様な感じがします。
エイベ解雇・・・押尾逮捕・・・サンミュージック事務所と行政の取引・・・高相逮捕・任意拒否・・・失踪(逃走)・・・捜査願(逮捕状請求時期検討)・・・逮捕状・・・薬物抜き期間(裏取引)
・・・・自首・・・米・メキシコ・カナダ麻薬撲滅協定・・・・政府介入等
この間に親戚及び知人(弁護士関係者)と一緒に行動していた等余りにも作られて感じの事件です。
押尾容疑者の方をマスコミが徹底解明するのと同時に酒井氏に関しては芸能・マスコミが再犯させ無い様な環境を整えて上げる必要があると思います。
未成年時から金の亡者の世界で食い物にしてきた貴方方もその責任があるのだと思います。
SMAPのクサナギ事件・酒井法子麻薬関連には何かすっきり行かない
部分が多過ぎます。
芸能・マスコミ界も末期に来ているのではないかと?

まず、杉田カオルさんとの件をここで納得のいく説明をお願いします。私の認識が間違っているのかもしれませんが、私の中では杉田さんは売名に使われたという認識です。その辺の説明を是非ともお願いします。
---------------------

正直、勝手に薬やって勝手にラリッてるならどうでもよくないですか?押尾君の場合は死人がでているので別ですが。特に押尾君の件はTVのニュースで、当初より‘死因に事件性は無い模様‘と連呼していた。おかしいーなー。。。

ラリッても復帰できるならそれでもよくなくないですか?芸能界はその程度って証明ですよね。
ミカワさん、ピーターさんその他もろもろ。今までもたくさんいらっしゃたはずです。ラリッてまた芸能界に復活なさっている方々が。なぜ、梨本さんはそれを言い続けないのですか?別にサカイさんのファンではないですが、サカイさんの件をいうのであれば、梨本さん、今までラリッた方々を名指しして再度バッシングをお願いします。芸能界から追放して下さい。

梨本さんが本当に今回の件、芸能界の甘えとおっしゃるなら、その甘えの構造の闇を明らかにして下さい。梨本さんならご存知のはずです。他にもラリッてる方々を。そしてその薬はどういう経由できているかも。個々人をたたくだけなら、その辺のくだらない記事と一緒です。

また、
元アイドルだったの友人の話ですが、少し売れ出した頃、ある偉い脚本家の先生の相手をするなら主役にしてやるといわれ、友人は拒みました。
見事に、芸能界から干されてしまいました。
こういった話はドラマだけと思っていましたが、現実にあるとは。。。
だから、日本のドラマ・映画はレベルが低いと合点がいきました。最近のドラマの視聴率、たかだか10%台いくとヒットというらしいですが、なるべくしてなったとい感じです。
正直、今の芸能界は芸能がある人がほとんどいない。

もし、梨本さんが、現状の芸能界を愁うなら、上記の件の追求を、芸能事務所とTV局の癒着の追求を、芸能事務所と政治家の癒着の追及を、芸能界と財界の癒着の追求を、個々人をバッシングするのではなくその元の追求を是非ともお願いします。

次の選挙ではほぼ政権交代すると思います。その際、現状では公にできなかった事を公にできるチャンスが来ると思います。
今回の件でいえば、自民党のパチンコ業界の役員のH氏関連。(話はずれますが、ほんと~団体・~業界の役員には自民党議員がたくさんいらっしゃいますねー不思議です)

梨本さんとジャーナルに寄稿されている方々なら可能だと思います。是非お願い致します。

人を必要以上に叩いて飯を食う人間が何を言うか。もっとも、所詮その程度の人間だから、人のゴシップで稼ぐ人間なのだろう。

梨本氏には、そんなくだらない個人的意見を伝えるのではなく、もっと深部について語ってほしいと思っていたが、そういう期待をもつ梨本氏ですらこの有様では、芸能記者など無用とすら思ってしまいます。

あなたは、ワイドショーの三流記者の象徴です。
それと、噂や個人的憶測で憎しみを煽るのは止めてください。

ダルビッシュ有選手の弟のブログで
弟お2人のコメントです。

541 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/09/16(水) 20:13:06
翔、ケンタにお塩のとこ行こうと誘ってるね

542 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/09/16(水) 20:22:50
ラリ友w

頭ごなしに怒鳴りつけて悪かったな。
でも俺にとってはたった一人の可愛い弟。お前の気持ちとか好奇心を一番理解してんのも俺やけど、わかるからこそその道を踏ませたくないってのもある。
俺はお前も有も、不器用ながら助けていくつもり!!
来週押尾学さんとこ行こな
マジでいい人やからね

[引用]2009/09/16 18:18

561 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/09/16(水) 20:55:00
>>554
わかってまんがな!!
だから俺もあんときうざい
とは思わんかった。
サンキューな
いきまひょいきまひょ
KENTA
[引用]2009/09/16 18:26

316 名前:通行人さん@無名タレント[] 投稿日:2009/09/17(木) 11:38:38 ID:Uhuul6HY0
検索にもひっかからない携帯専用サイトのブログが最初に貼られたログ

557 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:11:50
サセコ来てたのかw
http://dclog.jp/kentakunblog/
ここにも書き込みに逝けよw

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

梨元 勝(なしもと・まさる)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年法政大学社会学部卒業。
1968年講談社「ヤングレディ」取材記者。
1976年テレビ朝日「アフタヌーンショー」リポーター。
1980年株式会社オフィス梨元設立。
1988年テレビ朝日「やじうまワイド」「スーパーモーニング」リポーター・コメンテーター。
2000年芸能リポーターとしては初めての客員教授として北海道・函館大学に就任。
2002年飛騨高山ら~めんのキャラクタ-となり“恐縮ら~めん”を通信販売にて全国発売(発売元;板蔵)。趣味はゴルフと海外旅行、クルージング

-----<出演>-----

メ~テレ「どですか」
(毎週木曜日)

福岡放送「めんたいワイド」
(毎週月曜日)

BS11「恐縮です!梨元勝です!」
(毎月最終日曜)

KBCラジオ「中村もときの通勤ラジオ」
(毎週火曜日)

TBCラジオ「EARLY BIRD」
(毎週土曜日)

東海ラジオ「土曜スタイル!」
(毎週土曜日)

TBSラジオ「荒川強啓ディキャッチ」
(毎月火曜日)

RKKラジオ「山崎町おとなの時間」
(毎月第一月曜日)

YBCラジオ「ゲツキンラジオぱんぱかぱーん」
(毎週火曜日)

BookMarks

梨元勝の恐縮です! http://www.nifty.com/nashimoto/

芸能!裏チャンネル
http://ura-channel.jp/pc/

-----<著書>-----


『梨元勝の大恐縮』
2005年7月、大洋図書


『梨元勝の恐縮戦記』
2004月11月、ソフトバンククリエイティブ


『噂を学ぶ』
2001年6月、角川書店


『腰の低い人、頭の高い人』
2001年3月、サンマーク出版


『ほんとうの愛 みせかけの愛』
1998年6月、大和出版

『パンドラ―松田聖子のように生きてみないか…。』
1997年6月、リヨン社

『梨元勝のつくり方―行動派マニュアル キャッチ人間は脚光をあびる』
1994年5月、三心堂出版社

→JOURNAL←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.