Calendar

2010年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Comments

« 年の瀬に考える「被害者」と「加害者」の関係
メイン
2011年が皆さんにとって良い年でありますように! »

表現の自由と自由なる取材

 宮崎学である。

 まずは12月28日の午後に入ってきたニュースから。

 小沢一郎さんが来年の通常国会の政治倫理審査会に出席する意思を表明したというものだ。

 これについて「これで民主党内の混乱が収まり、菅政権が続く」などと論評する「ジャーナリスト」もおるようだが、そんなことはない。小沢さんは今までの主張をわかりやすく繰り返しただけである。

 この「ジャーナリスト」氏の見解とは逆に、党内の亀裂はますます深くなるだろう。
その理由は、反小沢三派連合が「ポピュリズム」を党内対立抗争に持ち込んで民主党内の対立構造を激化させたことにある。これで、党内自治が壊れてしまったのだ。この手法は、小泉の郵政民営化時の守旧派批判と同質のもので、その根底にあるのは新自由主義的な思想である。

 前置きが長くなってしまった。今回は検察とメディアの問題を考えてみたい。新検事総長関係で新聞をチェックしてみた。なぜか今回は毎日新聞が異常なまでに好意的である。

ひと:笠間治雄さん 第26代検事総長に就任 2010年12月28日 0時27分 毎日

 検事任官から36年余。法務省での勤務経験は一度もなく、現場一筋で歩んできた。東京地検特捜部の在籍は計12年。部長在任中は、KSD事件の村上正邦元労相を含めて計4人の国会議員や元議員を汚職や詐欺で起訴し、永田町から恐れられた。

 だが、素顔は決してこわもてではない。高齢の政治家を汚職で逮捕した事件では、勾留期限を待たず、8月10日に起訴して捜査を終結させた。「お盆前に家に帰してあげたかった」。反省の態度を示した被告への配慮だった。「末端の部下一人一人の意見をよく聞き、上司にも物が言える」と、苦楽をともにした後輩たちの信頼も厚い。総長以外の検事の定年は63歳。来月2日の誕生日で検察庁を「卒業」するはずだった。「悠々自適に暮らします」。師走に入ると、送別会であいさつし、知人には「特捜部改革ができなかったのが心残り」と淡々と語っていた。

 「君が適任だ」。郵便不正事件と証拠改ざん・隠蔽(いんぺい)事件を受け、辞任を決意した前任総長から後継指名された。その姿は、ロッキード事件の主任検事を務めた吉永祐介元総長と重なる。5億円の闇献金を受領した金丸信・元自民党副総裁を罰金で済ませて検察が非難を浴びた際、信頼回復の「切り札」として登用された。

 「現場に何ができるか、しっかり考えたい」。図らずも火中のクリを拾う形になった「たたき上げ」の総長に、検察の命運がかかる。【三木幸治】

【略歴】かさま・はるお 愛知県出身。中央大卒。趣味は写真。印象に残っている本は、旧日本軍が敗れた原因を分析した「失敗の本質」。62歳。

 あと郷原信郎弁護士がツイッターで笠間についてつぶやいているので、参考までに主要部分をピックアップしておくが、詳しくは http://twitter.com/#!/nobuogohara を参照のこと。

2010-12-16 22:16:18 総長辞任は当然、遅すぎたぐらいです。これで、笠間検事総長が実現するのはうれしい限りです。笠間氏が最高検にいれば、昨年以来の東京特捜の暴走もなかったはずです。検察再生に向けての貴重な一歩です

2010-12-17 05:56:05  24日に公表される最高検検証結果が厳しく批判されることは必至、それで責任を追及されて辞任に追い込まれるより、先に辞意を表明する方がましとの判断では?

2010-12-17 06:56:35 確かに個人的な思い入れもあります。私が長崎地検次席検事から東京地検に異動になり、公判部ヒラ検事で干されている時、唯一人、私を支援してくれたの笠間さんでした。その後、私が、経済刑法、コンプライアンス等の研究の道に転じ、今の私があるのも笠間さんのおかげです。

確かに、表面的に見ると、特捜検察の構造を正していかなければならないのに、特捜部長出身の笠間氏が検事総長になる、ということに違和感があるかも知れません。

しかし、私は、今の検察の最大の癌は、最近の検察の暴走を止められなかったどころかそれを主導してきた関東軍的な一部の検察幹部だと思っています。関東軍が司法メディアと結託し歯止めが利かなくなったのは、笠間氏が2年余り前に最高検次長から広島高検検事長に異動した後です。笠間氏が最高検の中枢にいてくれたら、ここまで状況が悪化することはなかったと思います。まずは、そういう関東軍的暴走の芽をつむことが先決です。戦前の日本の関東軍の暴走も、軍の中枢に事態を客観化できる良識のある人間がいれば止められたかもしれません。

今後を検察組織を抜本的改革していかなければならないと思いますが、それに対して立ちはだかるとすれば、検察組織内の関東軍だと思います。特捜検察の構造的問題についても、笠間氏は、自らの体験を踏まえて、客観的にとらえることができる人だと思います。

 ちなみに郷原弁護士は、ワシがアップした村上正邦氏「司法・検察の抜本的改革の実現をめざすために」について

そういう批判はあり得ると思います。しかし、まず必要なのは最近の「暴走検察」を正常化すること、そういう意味では、特捜検察での経験を有し、なおかつ、適切な判断力を持っている人が特捜検察を含めた検察の総責任者として適任です、その上で、検察組織の構造的な問題を明らかにし、抜本改革をめざしていくことが必要になりますが、それは、検察内部だけでは無理です。まさに検察の在り方検討会議での議論を深めていくことが必要です。笠間氏が検事総長に就任することがベストかどうかはわかりませんが、少なくとも現場経験が乏しい法務官僚よりはベターだと思います。

と書いている。

 もう一つ、こんなのもあった。日歯連事件でも死人が出ておったのだ。

吉田前議員の第二秘書自殺 日歯連事件で東京地検の聴取受ける 2004.03.02 東京朝刊 39頁 (全424字)  読売

 日本歯科医師会(日歯)の政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)の政治資金規正法違反事件に関連し、東京地検特捜部に事情聴取を受けた吉田幸弘前衆院議員(愛知三区、昨年の総選挙で落選)の公設第二秘書だった夫馬(ふま)嘉彦さん(29)が、東京都内の自宅で自殺していたことが一日、分かった。

 知人から連絡を受けた警視庁代々木署員が先月二十九日午前二時ごろ、渋谷区代々木四の自宅を訪れ、首をつって死んでいる夫馬さんを発見した。玄関は施錠され、遺書があったという。検視結果などから、死亡したのは同二十七日午前十時ごろとみられている。
東京地検などによると、夫馬さんは同二十六日、吉田前議員の他の公設秘書経験者らとともに、事情聴取を受けた。それ以前にも聴取を受けており、この日は午後一時半ごろから夕食をはさんで同九時半ごろまで行われたが、特に変わった様子はなかったという。二十七日も聴取予定だった。同地検の笠間治雄次席検事の話「謹んでご冥福(めいふく)をお祈りします」

 死亡記事はともかく一連の新聞記事は、いったい何なのであろうか。

 私は文章を書くことを生業とすることになってから、とりわけ表現の自由には神経質になっている。そして、当たり前のことであるが、「表現の自由」の根底には「取材の自由」があると考えるに至った。

 その視点から見ると、これらの記事は「自由なる取材」によるものではない。笠間新総長様に対して"新聞的な"エールを送ったに過ぎない駄文である。その思惑は、今後の検察への取材がやりにくくなることを回避しようとするもので、それは「自由な取材」を放棄することを宣言したものである。

 「自由な取材」という立場を取るのであれば、たとえば日歯連事件の際に不起訴や処分保留にした政治家についても言及すべきであろうし、村上正邦さんのKSD事件については特捜部の「虚構のストーリーありき」による捜査手法の有無を追求すべきである。

 先日紹介した村上正邦さんの「司法・検察の抜本的改革の実現をめざすために」の一文を改めて引いておく。

 笠間氏の検事総長就任人事を報ずる新聞各紙は、笠間氏は特捜検察の経験が長く、東京地検特捜部長として辣腕をふるい、4人もの政治家を逮捕したことを「実績」として高く評価している。

 しかし、この「実績」に問題があるのだ。笠間氏自身が、いま国民の批判に晒されている特捜検察の捜査手法を駆使し、ストーリーありきで幾多の事件を作り上げてきた中心的存在の人物なのではないか。

 いま我が国の検察が直面しているのは、今回の大阪地検特捜部の「事件」が何故起きたのか、そしてその根本にある「検察文化」とは一体、如何なるものだったのかを、自ら真摯に問うことである。

あわせて、笠間氏が指揮をとった全ての「事件」の検証があってしかるべきことは、論をまたない。

 27日に引責辞任した大林宏前総長と笠間新総長の「差」にメディアが強調するようなものなどない。私の友人がよく使う「ウン○味のカレー」と「カレー味のウン○」くらいのもんである。

 メディアはことさらに「新総長様の現場の経験の長さ」を評価しているが、その現場こそ「大阪地検特捜部の証拠捏造」を生んでいたところではないのか。

 私に引きつけて言うと、このメディアの「ゴマすり構図」というのは、実話雑誌がヤクザを批判しにくいことと同じように思える。その批判しにくい構図の中にあっても表現を工夫し、時にはリスクを覚悟して表現していくべきだと考える。

 こんなレベルのメディアから情報を与えられるこの国の国民は不幸である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7729

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

宮崎 様

甘いも辛いも噛み分けた宮崎様のお話、重く受け取りました。

調子よく擦り寄ってくる人がとんでもない敵であり、常に鋭い批判をする人が,案に相違して、大変な理解者であったり、人を見抜く力を持っていないと、酷いことになりますね。

人間は弱いもので、あくまでも自己中心であり、甘いことをいってくれる人を大切にして、あるとき、裏切られたといって不満をぶちまけている。見苦しいことであり,自省しなければならないと、常に戒めています。

宮崎様のお話は重く受け止めています。来年も今年に変わらぬ投稿を期待しています。よい年をお迎えください。

宮崎様

小沢さんの問題はお見立て通り行くところまで行ってしまうんでしょうか。
小泉さんの時と違うのは、小泉さんはなぜか国民から支持されていたが、今の政権は支持を全く失った点が違いますのでどう転ぶのかは分からないと思っています。
郷原さんが新総長を支持されているとはびっくりですが特捜から捜査権を取り上げるか専門チーム制にするなどの改革を期待しています。

> こんなレベルのメディアから情報を与えられるこの国の国民は不幸である。

おっしゃるとおり、本当にわれわれは不幸だと思う。(笑)
日本のマスコミはいつの時代もことあるごとに「政治不信」などといってきたが、実情は、いつの時代もマスコミの機能不全が問題の根本にあったのだ。
どこの民主主義国でも、国民は「政治」など信用していない。つねに問題があると思っており、つまり、「政治不信」が代議制における主権者=国民の基本姿勢なのだ。だから主権者自身が監視を怠らない。その、監視する主権者に情報を提供するのが、分業化された社会でのマスコミの仕事ではないか。これが日本の場合、彼らのサボタージュによってなされない。日本では、政治と国民との関係が分断されていることになる。これは国民は賢くなる機会を奪われつづけていることを意味する。

最悪なのはマスコミの記者たちは滑稽なことに「夜討ち朝駆け」で仕事に打ち込んでいると信じていることである。

日本のマスゴミが情報を提供しないのは、あるいは歪んだ情報を提供するのは、それが彼らの使命だからであって、官僚の意のままに「民を愚かに保ち」、「由らしむべし知らしむべからず」を貫くためだ。

官僚は誤った選良意識のために国民の代表である政治家を下に見ているし、政治家に自分たちへ情報上も依存させるために、政治家が独自の情報網やシンクタンクを持つような動きを封じ込めたい訳で、政治に金をかけるなといったマスゴミのプロパガンダとマッチポンプの形で金権腐敗などを騒ぎ立てて、情報操作によって「政治不信」を演出する。

その目的は資本主義のこの世の中では、何をするにも金がかかるに決まっているのに、政治にだけは金をかけてはいけないとのデマゴギーでB層を洗脳し、政治家が自前で情報を持って官僚に対抗しようとする芽を摘みたいだけである。

日本人秘書だけでも数多いのに、英国人・中国人・韓国人秘書、いわば研究員を事務所に抱え、欧米系の情報のみならず華僑圏や朝鮮半島など東アジアの情報分析までさせるような小沢氏が目の敵にされるのは、官僚組織とマスゴミに徹底抗戦しているのだから、ある意味で当然なのかも知れない。

しかもクロスオナーシップの廃止や、完全オープンの記者クラブ無視なども持論である小沢氏の姿勢は全て気に入らないのだろう。

>宮崎先生を最高裁の判事に推薦します・・・・・

私は知識に乏しく上手くコメント出来ないが、日本の政治の仕組みは行政官僚に上手くコントロールされていると思う。官僚個人の悪者の前に既得権が跋扈する改革を望まなかった組織力の弊害だと思う。樋渡が傷を負わず、大林が退職し、笠間何がしが最高検のトップに入れ替わろうが検察仕組みを変えない限り一時しのぎのメディア、無知国民向けの人事にしか映らない。

郷原氏が笠間の就任を歓迎するのは笠間氏に対する個人的な評価にしか過ぎない。しかし・・そいで・孤軍奮闘する郷原氏を笠間氏が抜擢登用していくことがあるならば笠間の爺さんを支持したいと思う。改革を望みながら起こりえない厳しい二八政治の実際環境で改革の狼煙を上げる検事長が誕生するわけが無い・・・と思う。

時の権力政権に上手く取り入り追従し、とりわけ過去の自民政治と共生饗畜してきた司法で、贅沢安定に暮らしてきた特待の検察住民達は、あえて自分らの特別な身分を損ねるような改革を考える必要も無く、世間様に正義セイギをちらつかせながらも独立した司法の執行をするわけが無いと思う。組織を逸脱した改革の仕掛けはことごとく潰される日本国の伝統芸は、司法に関係なく官僚世界に蔓延して毒か・・・している。

政治が変わらないと霞ヶ関が変わるわけが無い。
ハッキリ物申す宮崎先生は一匹狼ですか。

宮崎さま

おっしゃる通りと思います。

 三井環さんや、仙波敏郎さんの話を聞いて、検察・警察が、今だ”日常的に不正な資金作りの犯罪行為”を行う組織であることを思えば、その組織での”いい人””悪い人”は、目くそ鼻くそ”の違い程度のものでしょう。
 民間企業ならいざ知らず、”正義”を売りとする、超法規的な権力を恣に行使して来た”要人”です。
 もっと、厳しい目を向けて、本当の正義から検証がぜひ必要です。
 私は、笠間氏には期待することは出来ない、と思う。
 

御用マスコミが、捏造報道を垂れ流し既得権益を守ろうとする様は醜い餓鬼ならではの仕業だと言えます。

その誤報を盾に、更なる報道を連鎖し恰も、捏造報道が真実であるかのように国民が信じる。そしてお決まりの世論誘導調査を行い、自ら造り上げた世論を武器に、改革者を攻撃する。

表現の自由で、何を書いても構わないとしたマスコミの報道に規制を掛けるのは良くないのでしょう。

共産国のように、全ての報道をチェックし、都合の悪いものをカットし洗脳する報道は当然ながら国民を不幸にする。

しかし、今の日本は大手マスコミが既得権益に守られ、その利権を死守すべく、ある意味共産国のマスコミに近い一方的な保身報道を続けている。

官僚の、無駄使いを生んだ体質と同じであり 全てに無責任な自らは守られた中で、暴走しているからでしょう。

このニュースは、「誰が取材し、誰から聞いた話しだ」とした裏付けを義務化する法律を通せば良い。

もし、嘘、捏造なら、重罰を与える。悪質なら放送局や新聞社なら許可さえ取り上げるようにすれば西松事件など出来無かったでしょう。

期待された小沢総理が今頃は、改革の道を押し進めていたはずなのですし、国民の生活も光がさしていたでしょう。

マスコミにリークした検察も、当然、守秘義務違反で逮捕起訴が妥当でしょう。

政局が絡むような、その人物を陥れるかもしれない記事なら、ちゃんと裏付け、確認した取材をし、その証拠ビデオもあっての報道にすべきです。

証拠がないなら、疑惑があり程度にしなければいけないのに、わざと誤報を断定し、執拗に攻撃する御用マスコミ。

無罪が確定した西松事件を報道した記者、マスコミで誰一人責任を取った人もいないし彼等は、悠々と既得権益を今も楽しみながら生きている。

陥れられた人間の苦悩など、微塵も感じることも無く。

この無様なマスコミの改革が、最優先で行うことこそ、新総理誕生の際には必要となるでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

宮崎 学(みやざき・まなぶ)

-----<経歴>-----

1945年、京都のヤクザの家に生まれる。
早稲田大学法学部に進むが、学生運動に没頭して中退。
週刊現代記者として活躍後、京都に戻り家業を継ぐが倒産。
「グリコ・森永事件」ではキツネ目の男に擬され、重要参考人Mとして警察にマークされる。
自身の半生を綴った「突破者」で作家デビューを果たした。
2005年には英語版「TOPPA MONO」も翻訳出版された。
最近は、警察の腐敗追及やアウトローの世界を主なテーマにした執筆活動を続けている。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://miyazakimanabu.com/

魚の目(魚住昭責任編集)
http://uonome.jp/

-----<著書>-----


『ラスト・ファミリー 激論 田岡由伎×宮崎学』
2010年1月、角川書店


『談合文化論』
2009年9月、祥伝社


『近代ヤクザ肯定論―山口組の90年』
2007年6月、筑摩書房


『安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介』
2006年9月、同時代社


『法と掟と』
2005年12月、洋泉社


『近代の奈落』
2005年12月、幻冬舎


『TOPPAMONO』
2005年9月、Kotan Pub


『万年東一(上)』
2005年6月、角川書店


『万年東一(下)』
2005年6月、角川書店



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.