Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 夏だ!山だ!海だ!北海道だ〜!
メイン
談合文化論 »

9月25日 堀江貴文「徹底抗戦」ナイト4

ホリエモンと魚住くんとトークライブをやるでえ。

みんな来るように。

*   *   *   *

9月25日 堀江貴文「徹底抗戦」ナイト4

『警察・検察の闇を暴く』

【出演】堀江貴文

【Guest】宮崎学魚住昭

日時:9月25日(金)OPEN18:00 / START19:00

前売¥2,500 / 当日¥2,800(共に飲食代別)

前売券は8月25日(火)よりローソンチケットにて発売。

【Lコード:39109】

●会場・お問い合わせ

LOFT / PLUS ONE

新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2
Tel.03-3205-6864

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5379

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 9月25日 堀江貴文「徹底抗戦」ナイト4:

» 「風車のお百合」 「石原どぶ板ブラザーズ」 そして、シメは 「佐藤 ユカリタン」 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
「この人」 が興に乗ってくると手がつけられません。 内容は 「演説」 というより 「漫談」 に近いのですが (マキコセンセイごめんなさい!)、... [詳しくはこちら]

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

宮崎さんの著作に「神に祈らず」がありますが、ホリエモンの伝記の題名は「神を超えて」がいいですね。

「反転」において田中さんはホリエモンのことを、どこの馬の骨か分からないと酷評されていましたが、私にとっては、だからいいのだ、という思いです。

しかし反転を読んで以来、田中さんと許永中にはまります。

宮崎さんとホリエモンとで、突っ込み所満載の検察・警察について語り合った共書を出していただきたいです。

村上龍の「希望の国の~」という小説の主人公がホリエモンに似ているような気がします。

宮崎オヤブン
25日、ラジャーです。
前売り4枚購入します。
ところで、先日ちょいとお見かけしましたが、少しお痩せになったのでは(笑)。
このままじゃ、ひとの良さそうなオッサンになっちゃいます。しっかり「飲んで」ください。
ところで、今回 "キツネ目党"はどこで"いく"のですか?
ご指示がないので、我慢できず、期日前投票に行っちゃいました(笑)。
最高裁判事は、涌井・那須・両タケ・「バツ」で行きましょう!


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

宮崎 学(みやざき・まなぶ)

-----<経歴>-----

1945年、京都のヤクザの家に生まれる。
早稲田大学法学部に進むが、学生運動に没頭して中退。
週刊現代記者として活躍後、京都に戻り家業を継ぐが倒産。
「グリコ・森永事件」ではキツネ目の男に擬され、重要参考人Mとして警察にマークされる。
自身の半生を綴った「突破者」で作家デビューを果たした。
2005年には英語版「TOPPA MONO」も翻訳出版された。
最近は、警察の腐敗追及やアウトローの世界を主なテーマにした執筆活動を続けている。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://miyazakimanabu.com/

魚の目(魚住昭責任編集)
http://uonome.jp/

-----<著書>-----


『ラスト・ファミリー 激論 田岡由伎×宮崎学』
2010年1月、角川書店


『談合文化論』
2009年9月、祥伝社


『近代ヤクザ肯定論―山口組の90年』
2007年6月、筑摩書房


『安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介』
2006年9月、同時代社


『法と掟と』
2005年12月、洋泉社


『近代の奈落』
2005年12月、幻冬舎


『TOPPAMONO』
2005年9月、Kotan Pub


『万年東一(上)』
2005年6月、角川書店


『万年東一(下)』
2005年6月、角川書店



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.