メイン
虚構だらけの大麻報道 »

麻枝光一の「大麻は日本を救う」が。いよいよスタート!!

日本の伝統的植物大麻は、戦後、占領軍GHQによって禁止された。

政府厚労省とメディアは戦後のアメリカの日本支配と保守長期政権のもとで、大麻を悪と決めつけてきた。

大麻の真実を明らかにすることは、日米関係の戦後を検証することであり、日本の真の独立につながるものでもある。

ブログでは厚労省とメディアのウソ・デタラメを暴いていきたい。

GHQ
General Headquartersの略で、意味は総司令部。日本では、第2次世界大戦後に日本の占領政策を指揮・命令した連合国最高司令官総司令部をさす。1945年(昭和20)8月14日のポツダム宣言受諾から、52年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効までの期間おかれた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1619

コメント (4)

まさか、麻枝さんがこちらにいらっしゃるとは!?
いつもJOURNALを見ている者ですが、麻枝さんのコラムが始まることは大変楽しみでございます。正直なところ、相当驚きましたが(笑)

私はまだまだ、若輩者で弱小の者です。
表に出れる程の勇気がありません。

ただし、あと少しだと思っております。

コラムは楽しみにしております!応援しております。
恐らく相当な反論が来るかと存じます。

がんばってください!!

麻枝さんがTHEJOURNALに登場とは驚きました。

タイトルがタイトルなだけに、今後、このブログがどうなっていくのか楽しみで仕方ないです。

大麻に関する真偽の疑わしい報道に「待った!」をかける意味でも、麻枝さん、頑張ってください。

麻枝さんのブログでTHE JOURNALのブロガーになると知って以来、いつ始まるんだろ?と首を長くしてました。
ここ半年くらい(?)での報道などで、大麻問題は以前よりも注目されていると思うので、麻枝さんのこのブログも注目を集める事になると思います。
応援してますし、僕自身も大麻問題に関しては知識も意識も不足してますので、勉強させていただきたく思ってます。
頑張って下さい!

初めて投稿します。麻枝様がこの時期に本舞台に登場され、これから大麻に関して、世のマスコミ、そして厚生省に対し真実を暴いていただけるものと確信しております。覚せい剤と同じ扱いにされている大麻は、環境にやさしい産業用品であり、そして医療にもやさしい医薬品である。これからも圧力、嫌がらせに負けずに突き進んでいって欲しいと思います。団結してがんばっていきましょう!応援しております。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

麻枝光一(まえだ・こういち)

-----<経歴>-----

1950年大阪生まれ。
1975年大阪外国語大学(現大阪大学)朝鮮語学科卒業高校教員、海外派遣員などを経て、1991年イラク・クルド問題の取材を始める。NHKなどでニュース解説や雑誌に記事。その後、放送大学非常勤講師(3年)。
1994年大阪にて大麻雑貨「大麻堂」開店。
1996年東京「大麻堂」開店。
1998年大麻料理専門店「レストラン麻」開店。
1999年市民団体「医療大麻を考える会」設立。
2003年作家中島らもの大麻事件に関連し幇助罪で懲役8ヶ月。「医療大麻を禁止する大麻取締法は違憲」であると主張して最高裁まで争う。
2005年大麻食品の販売を始める。
2008年大麻オイルの化粧品会社シャンブル設立。
2009年政治団体「大麻平和党」準備中、医療大麻合法化運動を再開。

BookMarks

麻枝光一的日常
http://taimadobrog.livedoor.biz/

医療大麻裁判
http://www.iryotaimasaiban.org/

大麻堂
http://www.taimado.com/

大麻料理専門「レストラン麻」
http://www.asanomi.jp/

「ヘンプキッチン」大麻食品通販
http://www.hempkitchen.jp/

ヘンプオイル・アロマ化粧品「シャンブル」
http://www.chanvre.jp/

-----<著書>-----


『マリファナ青春旅行〈上)』
1997年11月、幻冬舎


『マリファナ青春旅行〈下〉』
1997年11月、幻冬舎

→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.