Calendar

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 「第三極」か「第二極」か
メイン
選挙の基本 »

大政局一歩手前の総選挙

 民自公の3党合意がもたらした総選挙が近づいてきた。私の言う大政局一歩手前の中盤の山場が近づいてきたことになる。メディアは選挙情勢ばかりを報道しているが、政治の帰趨はそれで終わらない。選挙後がいよいよ本番の始まりである。

 何のために国民が投票に行かなければならないかと言えば、民自公3党が協力して消費増税法案を可決させたからである。協力の条件が「国民に信を問う」であった。だから国民に問われているのは消費増税の是非と3党合意に対する信任である。本筋はそういう話である。

 本筋から導き出される選挙の構図は、民主党、国民新党、自民党、公明党という消費増税賛成勢力vs反対した政党との戦いである。前者が選挙で過半数を獲得すれば国民は消費増税を認め、3党合意を支持した事になる。後者が過半数を得れば消費増税は廃止される。それが本筋である。

 ところがそうした構図にしたくないのが民自公3党である。自公は自分たちを権力の座から引きずりおろした民主党を攻撃して自公政権を復活させたい。そのための手段として3党合意に踏み切っただけで、民主党と同じ側になりたくない。民主党政権の未熟さを並べ立てて民主党政権の実績を問う選挙にしたい。

 一方の民主党も国民の目を消費増税からそらせたい。だからTPPを持ち出したり世襲禁止をアピールしている。民も自公も消費税以外に争点を作れば愚かな国民を目くらましにできると思っている。しかし民自公は選挙で違いを見せつけても、選挙が終われば3党協力の枠組みに戻らざるを得ない。参議院の「ねじれ」が決定的にそうさせるのである。

 そこにもう一方の主役として登場してきたのが大阪の橋下徹市長率いる「第3極」であった。中央集権打倒、地域主権を掲げて大衆的人気を獲得し、選挙で民自公に匹敵しうる議席を獲得するか、あるいは「第3極」の総結集を図って民自公を敵に回す「第2極」になれば、政界再編のカギを握れるはずであった。ところが野田総理の突然の解散に慌てふためき、政治のわかる人間が周囲にいない事が分かってきた。

 みんなの党の渡辺喜美代表に「勤皇か佐幕か分からない」と言われた石原慎太郎前東京都知事と手を組んだばっかりに、「第3極」どころか自民党の補完勢力に過ぎない事が明らかになった。中央集権体制を支えてきたのは自民党である。それを倒して政治主導を確立すると言った民主党も霞ヶ関とアメリカの「壁」に屈し、中央集権を支える側に回った。

だとすれば「第3極 」は民自公体制を打倒する以外に存在理由はないはずだ。ところがその印象が急速に薄れてきた。政策を次々後退させたり、石原代表がメディアの選挙予測を前提に安倍総裁を次期総理と見て選挙前から取引を繰り返しているからだ。民主党の菅政権が参議院選挙前にみんなの党との連立を口にしたのと同じレベルの愚かさだ。

 これで総選挙の構図は民自公3党+補完勢力としての日本維新の会vsその他の政党との戦いになった。そこに嘉田由紀子滋賀県知事の「日本未来の党」が登場し、小沢一郎氏や亀井静香氏が合流した事で選挙情勢を一変させるほどの衝撃を永田町に与えた。民自公3党が一斉に「日本未来の党」を批判している事がそれを物語っている。

 かつて国会議員だった石原慎太郎氏は国民的知名度はあるが、全く政治力のない政治家として知られていた。同じ「青嵐会」でも渡辺喜美氏の父親である渡辺美智雄氏とは雲泥の差があると言われていた。亀井静香氏が協力しなければ自民党総裁選に出馬する事もできなかった。国会議員をやめて東京都知事に転身したのは非力さゆえの逃亡と永田町では見られていた。

 それが尖閣問題で再び都知事に居続けることが出来なくなった。あのまま居続ければ非難の嵐に見舞われていたはずである。国政への転身とメディアは持ち上げたが、私にはまたまた逃亡を図ったとしか見えなかった。国際政治の舞台で何かをやれるほどの交渉能力も政治力も持ち合わせてはいない人物と提携した時に橋下氏の国政進出は大した話でなくなった。

 国政は国際政治の謀略と闘う世界である。海外に人脈を配置し、絶えず情報収集を行っていなければ官僚情報に頼らざるを得なくなる。官僚情報に頼る政治家が中央集権打倒などできる筈がない。中国はもちろんだがアメリカにも全く相手にされていない石原氏を代表に据えて国政進出を図る意味が私には理解できなかった。

 事前の選挙予測で総理に復帰する事を確実と考えているだろう安倍晋三氏の軽佻浮薄ぶりも際立ってきた。強気の発言をすることが非力でない証であると考えているようだが、そこに非力さが現れている事に気づいていない。大量議席を得て総理に就任したとしても、その勘違いを克服しないと安倍政権は短命に終わる。

 参議院の民主党に頭を下げなければ思うような政権運営ができない政治力学を分かっているのかと思うほど、安倍氏は労組出身議員が民主党に多いことを批判している。かつて総理に就任した時も自民党参議院を批判して自分の首を絞める事になったのを忘れているようだ。通常国会では定数是正を図る選挙制度改革が焦点になるが、労組出身議員の多い参議院民主党と安倍氏の攻防は見ものである。

 「ねじれ」の政権運営を経験した事のない安倍氏が次期通常国会を全うできるかはなはだ疑問である。しかも来年になれば永田町は参議院選挙一色になる。対決含みの政治が続くことは間違いない。通常国会が「ねじれ」で行き詰まれば、「ねじれ」を解消するために衆参ダブル選挙が行われることもありうる。

 その時には嘉田由紀子氏や橋下徹氏らも立候補して天下分け目の一大決選が行われる可能性がある。それが私の言う大政局の終盤である。一歩手前の総選挙を皮切りに激動の政治がいよいよ始まる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8518

コメント (20)

昨日の党首討論会での嘉田由紀子・日本未来の党代表のコメント

「なぜ、みなさん小沢一郎さんをそう怖がるのか?小沢さんの力を自分のために利用してきた方たちが、怖がっているのかな?」

という発言は正しい。細川内閣、鳩山内閣の2回の政権交代を実現した功労者はいずれも小沢氏である。これらの政権がその後瓦解したのは、いずれも官房長官や補佐役たちの内部抗争であることを考えると、嘉田氏の「自分のために利用してきた方たち」という表現が的確に的を射ている。

今回の石原氏も驚天動地の究極の後出し政党を作ったのが、

・2回の政権交代を成し遂げた小沢氏
・新進党から政権を奪い返した亀井氏

であることは注目に値する。

未来の党結成により、衆院選が俄然面白くなってきたと思います。
相変わらず、マスコミの小沢バッシングは酷いですが、「生活」の頃の意図的なスルーに比べれば雲泥の差であり、報道がマスコミの導きたい結果と逆方向へ民意を動かす可能性もあると見ています。
あとは、小選挙区の候補者の数がもっと増えたら、比例票ももっと増えて、誰もが予想できないような結果を生み出すと思うのですが・・・

 やはり一度は自民党政権が復活するのですか・・・、困ったもんだ。
 日本の情勢は、自民党の復活とその失敗を経て新たな政局に入ってゆく、といったような悠長なことが許されるのだろうか?

 こうした回り道を国民に強いるのは、マスコミと既得権者どもの情報操作という犯罪行為だね。
 
 いつまでも通用する「振り込め詐欺」。どんなに啓発しても無くならないのと同様に、詐欺の国政情報操作は、どこまで国民を欺き続けるのだろうか?

TPPについて「国益に反する場合には参加反対」などと橋下氏、安倍氏などが言っているが、これほど幼児的な愚かな言葉を聞いたことがない。

何事も交渉ごとというものは、自分の利益のために行うものだ。だがすべて自分の言うとおりになどなるはずがない。だから譲れるところは譲って、時には犠牲も出して纏め上げるものである。

特に日本は世界的に見れば「経済大国」なのだから、他の国に対して譲るところが多いのは当たり前だろう。

それを、「ボクチンはいっさい損したくな〜い!」「そんなこというなら、ボクチャン辞めてやる〜」などと言うのは馬鹿なガキの言うことである。

今論議するべきは、どこまでを守るのか、どこまで譲るのかの論議のはずである。

田中 様

民主党内は、自民党的公共事業中心主義と共生国民主体主義の二つの集団が混在しており、自民党も同じ様な構成となっている。

マスコミは第三極といっているが、日本未来の党と太陽の党の第二極が競っていると見たほうが妥当なのではないか。

今回の衆院選は、第一極内の政権争いと、補完勢力である第二極内の援軍の戦いでもあると見たらよいのでしょうか。

確かに今回の選挙だけでは、政局を握れるところはどこもないといえるので、参院選が天下分け目の戦いになると見るべきなのでしょう。

選挙後の参院選挙対策が効果的に取れる党はどこかと見ていくと、小沢氏の日本未来の党が主役になるような気がしています。

民主党が勝たない限り、日本未来の党が連立政権に入るわけではないので、小沢氏は、全精力を選挙に投入できる。一兵卒として、全国行脚すると同時に、企業団体に支持者を増やしていくのではないかと、期待しています。

大政局を乗り越え、国民主体の共生社会機構をつくろうとする勢力が一大勢力となり今の社会機構を支持する勢力と台頭に対峙するようになってほしい。

今後のキーワードは韓国人勢力のあがき。伸び悩む橋下市長や、大惨敗する嘉田知事の国政進出は殆どノーチャンスです。それが世の流れというものでしょう。

いつもながらあっぱれな政局分析と思い読みました。
ですが、あっぱれなだけに現実の政治の不毛さが露わに感じられてしまい複雑な気分です。
そんな愚かな政治家たちに振り回される国民は何なのか、いや、そんな愚かな政治家たちであるからこそ成り立つこの国の官僚やメディアの浅ましさに悲しくなります。
そもそも中国の暴動を誘発し、加えて原発は核兵器のために必要などと言い始める政治家が、政権を担う政治家の「選択肢」として堂々と名を連ねている状況が異常なのです。
田中先生のいう「大政局」が本当に来るのかどうかも疑わしいし、この国では民主政治そのものが無意味なものになっている気がして、もう「手遅れ」なのでは、というのが本当の感想です。

山本太郎が新党の名称は「今はひとり」を立ち上げた。

しかし 残念なのはドンキホーテの域を出ない。


一人では何も出来ない。勘違いしないで、未来の党から出るべきだ。一人では連立の政権にも入れないで、共産党と同じだ。反対・反対と叫ぶだけ。


一人の党で『未来の党」の票を奪う。これまでの共産党が自民党時代に勝てない選挙区で候補を立て、野党の足を引っ張った。

浜岡の町長選でも原発反対派の足を引っ張った。


今回、例えば枝野氏のところで立てば、反枝野を二分させ枝野を利するだけだ。知っていて一人でやるのは反原発支持者への裏切りだ。それも分からないのは単なるバカだ。役者バカは津川雅彦だけでいい。本当に観ていて気の毒になる津川雅彦の様にはならないで欲しい。

>そんな愚かな政治家たちに振り回される国民は何なのか、いや、そんな愚かな政治家たちであるからこそ成り立つこの国の官僚やメディアの浅ましさに悲しくなります。

同感ですね。
ここにも約1名愚かな政治家、メディアに振り回されている人がいるようです。
出所のいい加減な情報に振り回され、yahooニュースのコメ欄レベルのことを書いている方が。
ここで自分がこれまで書いてきたことが、どれだけいい加減なことだったか分かっていれば、恥ずかしくてとてもここでコメントすることはできないと思うんですけどね。

山本君未来の党から出馬しなさいよってw (通りがけ)
2012-12-02 20:55:29
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/a2f2ec893c155d7fe3caca0150532bd3

おや、山本太郎氏無所属出馬ですか。いまここみて知ったけど。

惜しいですな、未来の党から出馬すれば総理の椅子にすわったでしょうに。本人はそれが怖かったのかな?

総理なんぞ下痢腹の甘ちゃん甘下り安倍でもあほうでももとい麻生でも森の狸でも子ネズミ男でもスッカラカンでも豆鉄砲食らった鳩でも野っぱらのブタでもつとまるんだから100倍まともな山本太郎くんならお茶の子さいさい朝飯前でんがな。腰掛け総理で地位協定破棄だけしたらさっさとス辞職してまた俳優の仕事に精を出したらよろしい。

日本未来の党の未来は山本太郎君の腰掛け総理の椅子にかかって居るのです。
しのごのいわずに日本未来の党から出馬しなはれ。


ス辞職? (通りがけ)
2012-12-02 20:59:29
総辞職の間違いでしたw

田中 様

野田総理の言葉と行動の乖離は、あまりにも酷すぎる。このような人を民主党の代表にしたことを悔いることがなく、ただただ、民主党にしがみついている人が、かわいそうであり、哀れである。

消費税増税は、命がけであり、この法案が通らなければ、議員辞職するつもりであったなどといっていたが、選挙が始まろうとしているとき、ちゃっかり重複立候補している。

党を分裂させ、この選挙では逆風が吹き荒れて、当選できる人は100名を切るかもしれないときに、己だけは、落選しない安全パイを用意しておくなどは、大将として失格である。

この論理を飛躍させると、原発事故が起きた場合、国民を被爆の中におき、己だけは海外に逃避すればよいと考えているのではないか。
民主党の候補者たちが哀れでならないが、自分たちで選んだ代表であり、討ち死に覚悟なのでしょう。

「野田を緊急逮捕して自衛隊撤退帰国命令させよ」

日本国内では道徳派が優勢になった。しかし浮かれてはならない。福一は今も放射能をばらまいている。戦争と同じ放射能を。

優勢なのは国内だけだ。国外は未だにユダ金米軍が絶対有利である。国外シリアでは我が同朋子弟自衛隊が野田に憲法違反派遣されてモサド・ジャッカルの血に飢えた牙の前で無防備だ。直ちに撤退帰国させなければユダ金のショックドクトリン「シリア自衛隊攻撃を受け全滅」の悲報が国内のユダ金スパイマスゴミへ送付され拡散されるだろう。

憲法9条の最大の危機が目前に迫っている。

野田を直ちに逮捕して自衛隊緊急撤退帰国命令を出させよ。

シリア駐屯の自衛隊現地司令官は現場最高責任者としての裁量判断でただちに全隊武装解除してロシア軍基地または駐屯地へ帰国難民として保護をねがって移動せよ。武器弾薬は放置して良い。

最大緊急である。

皆さんとっくに気づいておられると思いますが、日本未来の党のイメージはkiroroという2人組の歌手が歌う「未来へ」という曲の感じに似ていますね。言葉自体が既にプラスの価値を持っている単語はなんとはなく気恥ずかしい感じですが、「未来の党」というのもわるくないですね。関係ないような投稿ですみません。

テレビ討論会など観ていると確かに流れは変わってきた様な気がするが・・・・・。

しかし、新聞社のアンケートでは比例の第一は自民党、第二位が維新の会・・・・・・


それでいて原発反対が6割、TPP反対派4割・・・・・・・・・・・・・・・・一体これは何か?アンケートの仕方が悪いのか?それとも国民が馬鹿か?

今日も多くの人と話をしていて、皆さん納得してくれる。

だが、日頃感じている事ではあるが、60代の中小企業の社長は新聞・テレビに一番洗脳されている。今日も・・・・一人の社長が・・・・・


1、私はTPPに賛成だ。


2、TPPに賛成しなければ、日本はアジアから締め出されて、開国出来なくて出遅れてしまう。

3、まず参加して、議論をして、日本に有利なように交渉すればいい


4、小沢は新進党などこれまでいろいろ壊してきた。

5、兎に角、小沢は個人的に嫌いだ。

この総選挙で自民は比例では50議席そこそこかも知れないが、小選挙区で多党乱立の漁夫の利を得て、200議席以上獲るかも知れない
そうなれば、単独過半数で自公政権は衆院では安定するが、参院は民主の卑しい協力が無ければ国会運営は参院を主戦場として混乱するだろう。
民主は次の代表を巡って、野田後継の自公民連立路線派とそれに異を唱え完全野党する路線で激しく対立する可能性が高い。ひょっとして、その気力もなくなるくらい惨敗するかもしれないが。

この総選挙で民主大惨敗後に、来年7月参院選へ民主参議院議員現職のうちどれだけが公認候補として選挙しょうとするだろうか。
消費税法案に反対した議員も処分保留のまま残っているが民主公認で出るだろうか。
佐賀県選出の川崎議員は国民との約束に反して法案に賛成したケジメを付けるとして出馬しないと決めたようだ。

この総選挙がどのような結果になろうとも、次期参院選挙の争点も『脱原発か継続か』『消費増税強行か凍結・廃止か』の二大争点であるだろう。

総選挙で壊滅的敗北した民主が一つのまとまった党として選挙に臨めるか、はたまた松下政経出を中心とした保守派や中間・リベラル派に分裂し解党したうえで、各が自分の政策に近い他の政党に合流して戦う選挙戦が分かりやすいと思う。連合組合系議員も消費増税や原発推進に賛成する電力総連系議員は堂々と自民党へ合流すべきではないか。

この三年三ヶ月余の民主党の有様は日本の政党の未熟さをあらわにしただけで、もはや存在し続ける価値はないと思う。

民主党という看板政党は解党して消え失せるべきが日本のためではないかと思う。

保守の中核としての自民、その衛星としての維新の会とみらい、
中道リベラルの中核として 日本未来の党ができたてのほやほやであるが今後大きく成長し、その衛星として北海道の新党大地や沖縄大衆党の地域政党や社民党が存在し、左翼として共産党が独自として存在しつづけると思う。

このとき、特異な宗教支援団体政党である公明が、自らの存在価値を高く売るために、どの政治勢力と連携するか、想像することは出来ない。

この総選挙が一票の格差のまま憲法違反状態で強行されること、比例区定数削減があることを考えれば、この次は極めて早い時期の解散総選挙になるだろうと思う。 

今の政治状況は、かってなかった程異常な状態と言わざるを得ません。
「大政局」が仮にこれからあったとして、心細いのは、いったいこの状況を打破できる政治家がいるのかということです。以前の政権交代時には、それなりに注目される政治家がいたが、今回は誰1人として注目できる人が居ません。求心力の無いリーダーがいて、烏合の衆が右往左往している様子は正直辟易するばかりです。もともと真面な政治家とは言い難い石原氏に振り回されるようでは、先が知れています。さりとて、それでは他にと言っても皆同じ。日本の政治が日本国のリスクであるとは心が痛みます。

「野田の罪」

阿修羅にて>>http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/216.html#c98
>>67民主党は何も悪いことなどしていません。
>国民を騙してもいなければ裏切ってもいません。
>野田さんは立派な総理であり、毎日この国のために頑張っています。

この1年:
1.政治資金規正法違反
2.出入管法違反:軍事演習キーリゾルブで対自国対相手国ともに何の外交通知もせぬまま公海上で米軍領軍艦へ単身乗艦し密談した。日本の総理始まって以来の破廉恥な国民欺し憲法違反外交である。
3.官邸前デモにおける警備違反=過剰警備で警察公安に命じてあまたの国民に対する基本的人権侵害(移動の自由、表現の自由、思想の自由を甚だしく侵害)および身体生命に対する直接的侵害である特別公務員暴行凌虐致傷罪をあまた犯行せしめた無差別暴行傷害教唆指嗾。
4.明らかな戦闘地域へ自衛隊を派遣するよう最高指揮官として命令を出した「精神障害」。精神障害なら罪を免れるがそうでなければあからさまな憲法違反であり未必の故意の自衛隊員無差別大量傷害殺人罪である。

その前:
昨年311のとき財務大臣野田はアメリカ政府へ独断メールして「東電が賠償責任を負うための財政出動は一切しない」旨確約した罪。この「財政出動無し決定」でどれだけ多くの国民が被災地でせっかく生き延びた尊い命を落としたことか。天も泣き大地も怒りに震えるはかりしれぬ大きな罪。

政治は最大公約数を求めるものなのだなとつくづく思う。

ここの小沢支持派の人たちのような意見でさえも、
彼らを暴発させないためには取り入れないといけない
それが政治というものなのだな。
とね。

受け入れたくなくても、現実を把握しないといけない時期だと思う。

KENさん
この手遅れの中で、小沢さんが選択肢を用意してくれて感謝しています。ここでまず、生き残って先につなぐことです。

自公政権 で プログ検索中です
自公政権が 政権交代の要員は 無駄な税金の使い方だったかなぁ。それと その中で 消費税増税20%ぐらい だったかなぁ。その時 民主党は 国の予算の 事業仕分けを する。ダム反対。消費税増税7% だった。消費税増税額が かなり 安く 有権者は 思えた。消費税1% 2%の重みは 中小企業 商店には 重圧だった。倒産 閉店。
自民党の議席は 100議席は 堅く 取る。今回 自民圧勝と言う声も 聞きます。民主党は 人気を なくしている。第3極とか 第4極とか 違う 呼び方が いいのだろうけれど、議席は 50議席 取れるのか?
3点セット といわれる 政策の逝くへは~
奇跡を 起こすのか。日本の従来の政治に 戻るのかなぁ
歳末衆議院選挙は 第3極を 支持する人にとっては 宝くじで 1等を 当てる ような 選挙かもしれない。
収支は 1等を 取っても プラス マイナスゼロ~政治研究会(名前検討中
民営化の意味を よく理解していない人も 多いのかなぁ?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.