Calendar

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

違憲総選挙の行方
トーク銘 11/15
元株や 11/16
小倉摯門 11/16
Longo 11/16
町衆 11/17
大塚正人 11/17
梅光 11/17
理駅遊道 11/19
sakebuningen 11/20
yamadataro 11/23

« 米国版「決められない政治」
メイン
「第三極」か「第二極」か »

違憲総選挙の行方

 14日の党首討論で野田総理は選挙制度改革の実現を条件に「16日に解散する」と発言した。これに自民、公明の両党が協力する姿勢を打ち出したことから、12月16日総選挙の流れが固まった。しかしこの選挙は選挙制度改革を条件にしているとは言え、あくまでも憲法違反の状態の中で行われる違憲総選挙である。

 野田総理の発言に沿う形で民主党はこの日に選挙制度改革法案を国会に提出した。法案の中身は、小選挙区定数の0増5減、比例代表定数の40削減、また比例定数の35議席に中小政党に有利な比例代表連用性を適用すると言うもので、通常国会でいったん提出して廃案になったものを取ってつけたように再提出した。

 しかしこの法案を16日までに取りまとめる事は事実上不可能である。従って今国会では憲法違反状態を解消する0増5減だけを実現させ、消費増税の見返りとして国会議員が身を切る定数削減は次期通常国会で実現させる事を確約すれば解散すると言うのが野田総理の主張であった。

 ところが違憲状態を解消する0増5減案を16日までに成立させても、それを受けて区割りの変更を12月4日の公示日までに行う事は不可能である。選挙は現行の憲法違反の状態のまま行われ、選挙結果はやはり違憲になる。裁判所が選挙無効の判決を出す可能性も全くないとは言えない。

 選挙無効になれば違憲選挙に踏み切った民主党だけでなく、違憲状態のまま早期解散を迫った自公両党の責任も問われる事になる。国民は無効になるかもしれない総選挙を民主、自民、公明が3党合意で仕組んだことを腹に収めて投票に臨まなければならない。

 一方で野田総理の狙いを私なりに解釈する。それは来年の通常国会までに定数削減の選挙制度改革について確約を迫ったところにある。民主党が提案している比例代表連用制は自民党にとって受け入れがたい制度だからである。この制度が導入されれば自公の選挙協力に楔が撃ち込まれる可能性がある。

 連用制は小選挙区で多数を得た政党が比例ではその分を削減されるので、中小政党が生き残れるようになっている。仮に日本で導入すると民主党や自民党は議席を激減させるが、公明党などは議席を減らすことにならず、かつては公明党が熱心に導入を主張していた。

 連用制が実現すると公明党は自民党との選挙協力がなくとも現状の議席を維持できる。そうなればキャスティングボートを握れる政党になり、状況次第で連立の相手を変えることが出来る。困るのは自民党である。公明党の協力がなくなれば自民党は小選挙区でそれぞれ3万程度の票を減らすことになる。自民党は公明党との選挙協力の結果、実は足腰の弱い政党に成り下がっている。だから自民党はかつての中選挙区制に戻りたい。3人区を作り公明党も生き残れるようにして公明党との関係を維持しようとしている。

 従って選挙制度改革での確約は民主党の連用制と自民党の中選挙区制との綱引きになる。自民党は連用制を憲法違反だとか、分かりにくいとか言っているが、中選挙区制こそ世界に例のない特殊な選挙制度で、比例代表連用制はニュージーランドやドイツなどが採用している。中小政党が生き残れることから連立の時代の政治に適していると言われる。

 違憲状態である事を承知の上で選挙に踏み切ると最高権力者が判断した事は、主権者国民から見れば挑戦状をたたきつけられたに等しい。そうであるならば16日までにどのような確約が政党間で実現し、それが国民にどのような意味を持つのかを吟味する必要がある。そして挑戦状にもきちんと答を出さなければならない。

 特に景気後退がはっきりしてきた今、その原因が消費の減退にあると言われている今、その消費をさらに冷え込ませる消費増税を認めるのかどうか。主権者国民の知らないところで決められた3党合意に対して、ようやく国民が意思を示せる機会が訪れた。

 テレビを見ていると「どうせ政治は良くならねえ」とか「誰がやっても同じだ」など自分で自分に唾する発言を耳にするが、国民生活に最も直結する問題は消費税の導入である。それに意思表示をしなければ景気がどうなっても文句は言えない。来年夏の参議院選挙と2度にわたって意思表示ができる機会をむざむざ無駄にするのは本当に愚かである。


▲  ▽  ▲

■お知らせ

田中良紹さんが講師をつとめる「壬辰田中塾」が、11月28日(水)に開催されます!

田中良紹さんによる「政治の読み方・同時進行編」を、美味しいお酒と共に。

ぜひ、奮ってご参加下さい!

【日時】
2012年 11月28日(水) 19時〜 (開場18時30分)

【会場】
第1部:スター貸会議室 四谷第1(19時〜21時)
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 302号室
http://www.kaigishitsu.jp/room_yotsuya.shtml

※第1部終了後、田中良紹塾長も交えて近隣の居酒屋で第2部を行います。

【参加費】
第1部:1500円
※セミナー形式。19時〜21時まで。

第2部:4000円程度
※近隣の居酒屋で田中塾長を交えて行います。

【アクセス】
JR中央線・総武線「四谷駅」四谷口 徒歩1分
東京メトロ「四ツ谷駅」徒歩1分

【申し込み方法】
下記URLから必要事項にご記入の上、記入欄に「年齢・ご職業・TEL」を明記してお申し込み下さい。

21時以降の第2部に参加ご希望の方は、お申し込みの際に「第2部参加希望」とお伝え下さい。

http://www.the-journal.jp/t_inquiry.php

(記入に不足がある場合、正しく受け付けることができない場合がありますので、ご注意下さい)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8510

コメント (17)

自民党による公明党支配も、昨日の野田総理の言う「自民党政権の負の遺産」なのでしょう。だからこれを解消することの確約を自民党に迫っての解散宣言。迫力ありました。

そもそも昨日の党首討論は首相の希望で行われたもの。そうならば首相が主導権を握って何かを仕掛けてくることは明白なのに、安倍野党総裁は何も準備をしていないで望んでいる。それで喧嘩を売られてオタオタと・・・。

事前に何も情報が無かったのだろうけど、自民党が嫌がることが持ち出されることは子供でもわかるはず。何を言ってくるかわからないのならば、最初に「条件付けずにさっさと解散しろ」と言うべきだったろう。また、確約を迫られた後に、「約束を果たすのに新たな条件を付けるのは泥棒の論理だ!」と言うべきだったろうが、そこは育ちの良さからかオタオタと・・・。

総理の冒頭の「負の遺産」発言にしても、「そんなこと判った上で政権交代を訴えたんだろ?」「そのマニフェストを自ら破ったんだろ?」「それを自業自得というんだよ」となぜ言えぬ?喧嘩の出来ない野党党首なんかいらないよね。

民主党にすればこの選挙で敗北しても、「違憲判断による再(衆参同日)選挙」という一手を握ってのバクチみたいなもの。

一方は、政権を取ってしまえば、こんな約束は反故にしてやる!と思っているのかもしれない。

いや〜、おもしろい!

田中さんのブログは、政治の変わり目の時は、特に注意して見ております。野田首相が選挙制度改革にこうまでこだわる理由が納得できました。自民、公明に楔を打ち込むーーー。政治の世界は、本当に奥深いというか、魑魅魍魎な世界ですね。

御意!街に待った選挙です。反消費税、反TPP、反原発が争点ですね。

まだ、解散総選挙は決まっていません。昨日は、朝刊で中国の指導者交代に伴う胡錦濤国家主席のパフォーマンスの一方がデカデカと伝わってきましたが、日本では野田総理の自爆かとも思える捨て身の反撃で安倍自民党総裁が腰を抜かしていました。とたんに円安に大きくふれたようです。憲法違反の投票は日本の普通選挙制度を傷つけ、イタズラに国政を混乱させるだけです。過去に遺恨も残します。全閣僚は反対してください。それで阻止出来ます。マスコミははなからチェック機能を果たす気なんかありません。それでも解散が宣言されたら、選挙管理委員会は、その良心に従って、選挙管理事務を放棄してください。最後になりますが、私は【政治家小沢一郎を弾圧し続けた法務検察とマスコミこそ、解散せよ!】こう言いたいですね。

田中 様

現在の政治を見ていると、論理的推理などは無用であり、自己本位であり、党もなければ、当然所属議員の身分を護ろうとする覚悟もありません。国民に託されて総理になった人の取る道とは、全く思われません。

しかし、現実に起きていることは、自我の世界であり、日本という国の倫理観がここまで落ち込んでいる現実を見せられ、今後の日本の進んでいく道も想像できます。

国土、国民の生命財産は、米国に護られているから、平和ボケの生活をしても、自己本位で、生活が苦しくなれば、生活保護など政府に依存すればよいし、健康保険などなくとも、救急車で保護されれば、医療は受けられるし、年金に頼らなくとも、生活保護に頼れば生活が確保されるし、自立するなど馬鹿な人が真面目に取り組んでいることになりかねない。

総理から庶民まで、主体性なく、他に依存することで生きられるなどという考え方が蔓延したら、この国の将来は、完全に米国の属国といえる。寂しい流れが進んでいると感じずには居れない。

田中様

騙されたふりをすれば、16日になってみないと何とも言えないところはありますが、もしも明日に解散すれば、違憲状態での総選挙ということになるわけだし、その後になって選挙制度改革を行ったところで、自民党の政権にでも戻ってしまえば、うやむやにされかねないのでは無いかと感じてしまいますよね。
もう一つは、野田総理が騙されたふりをして、16日に内閣総辞職をするなんてことになったら、どうなるのでしょうか。
本筋から言えば、違憲状態の一票の格差是正を行ってから、総選挙をするのが筋道だとすれば、来年の通常国会以降に解散総選挙ということになるわけだし、小沢一郎の国民の生活が第1の動きによって変わって来る様な気がしてならないし、いずれにしても解散総選挙となれば、公明党はともかくとしても、自民党や維新の会、太陽の党なんかには、絶対に投票する位なら、建設的野党に過ぎないとは言え、共産党にでも投票しておくのが望ましいのかも知れませんよね。
民主党についても、使い物にならない間抜け議員なんかは、野田内閣をはじめとする松下政経塾と共に落選させるしか無いのでは無いでしょうか。
もしかすると、野田総理としては、わざと騙されたふりをして自民党を揺さぶっているのでは無いかという見方の出来なくは無いのですが、アメリカや中国からすれば、自民党をはじめとする下手な右翼政権でも誕生されることになっては、たまったものではないだろうし、中国から、何をされるのかわからないことを思えば、日本国民からすれば、こういう右寄りの勢力に対しては、幾らでも騙されたふりをして揺さぶり、崩壊させることで、こういう偏狭なナショナリズムこそ、幾らでも堕落させた上で、これを乗り越えて行くことで、対米従属からそっと静かに離れて、日本の国益がアメリカや中国の国益にも叶うような心豊かな外交へと変えて行くことで、経済成長は諦め、脱経済成長と脱原発、エネルギーや食糧自給率の向上により、新自由主義的な競争社会とは訣別し、その跳ね返りに過ぎない偏狭な国粋主義とも訣別して、幾らでも経済規模を縮小させることになっても構わないし、質的改善に繋げて、貧富の格差を縮小させ、強欲な大企業や富裕層と、極めて身勝手で悪質な貧困層の両方だけを没落させて行くことで、極めて良心的な中堅企業ならびに中小企業を中心に、安定した収益を確保し、中間層の増大に繋がって行くことで、東京や大阪については、人口や首都機能の分散化などにより、幾らでも衰退させることで、喜んで没落して、地域経済の活性化に繋げてあげることで、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らせる社会に変えて行けるところに投票するのが望ましいものの、変なマスゴミ報道等に騙される人も数多くいるのでは無いかと思うと、心配でならない様な気がしてなりません。

田中先生の言う『自分で自分に唾する発言』こそ、この閉塞状況の全てだろう。

野田総理の「解散宣言」を受けて、民主党から離党者が続出してとうとう与党は過半数割れしたそうだ。これを民主党の崩壊とみるのがマスコミ一般の見方のようだ。

しかし、この離党者は与党が過半数割れしてしまうから離党しなかった人々と見るべきだろう。少なくとも与党を過半数割れさせて、野党に有利な政局を作らないだけの配慮をしてきた人々であり、彼らが踏みとどまっていたからこそ、総理が党首討論での電撃解散を宣言できたのだ。

また、民主党からの離党者のほとんどが自民党以外に散らばっているのを見ると、広範囲な「自民党包囲網」ができているようにも見える。

今朝のマスコミは野田総理の「やけくそ解散」のような書き方が多いが、政治の世界は一般の常識が通用しない冷徹な世界であることを考えると、この「電撃解散」には深遠な奥行きがあるように思える。

政党政治、議会制民主主義の無視。
つまるところは、
「俺が決めた事が全て。文句あっか。」
民主主義とは何なんだろうという疑問だけを残して、この連中は去っていくのか。

こんな総理大臣、こんな政党を作ってしまった方々(小沢一郎も含めて)、
特に、その原型を作って喜んでいた方々の責任は、重く重く問われねばならないだろう。

田中良紹さん  ≪憲法論vs道理≫
「0増5減」法が成立しても次回選挙が「違憲状態下で行われる」という正しい憲法論を承知の上で、田中さんが「国民が挑戦状にきちんと答を出さなければならない」と違憲選挙を容認する立場を採られたことが、広深永で素晴らしい。

巷間には、日経【各地の弁護士ら 「一票の格差」衆院選後に一斉提訴へ】という報道もある。
そもそも弁護士は、所詮は無機的な”法律”や狭浅短な“コンプライアンス”を盾にしていれば、己の生業が立つ存在でしかない。職業的に、国家の誇りや国民の生業は彼らの眼中にはない。
翻って政治家は、本来の政治システムを回復し機能させれば、有機的で複雑な”道理”を盾にし智慧を紡ぎ出し、国民の生業を成り立たせて初めて、己の生業が立つ存在だと。
どちらが、広深永で複雑で正しい立場と存在なのかは、歴然だと思う。

憲法は国家の安定と安全や国民生活の安寧を求めるものだが、憲法やそれに基づく法律群に従う(=コンプライアンス)だけでは、憲法や法律群が求めるものは実現されないのだと。交通安全法規を完全に遵守していても、時に交通事故には遭うのだから。

まあ、然し、弁護士には前提はなく略々間違いなくその役割を果たすのでしょうが、対する政治家の現実は、理想からは程遠く未熟歪や老歪に支配されている。その歪んだ性根を叩き直すには、「国民が挑戦状にもきちんと答を出す機会=選挙」を増やすに若くはない。現実は、その“きちんと答を出す”点に懸念なしとしないのだが、其の懸念解消の為にも「選挙を増やすに若くはない」。
言葉は乱暴で汚いのですが、「違憲選挙論なぞ、糞喰らえだ!」(笑)
何だか、小沢裁判時の私の持論と重なっている(笑)。
草々

え?政治に詳しくない私は、バカ丸出しですが、全然分かりません。
違憲の状況で選挙をして、その選挙そのものが無効になる可能性も
あるって、今の大騒ぎは何ですか。

無茶苦茶とか滅茶苦茶とかこういう時のための言葉ですね。
野田さん、嘘つきと言われるのが嫌だったというのは表向きで、
何か秘策があるということですか。避難先でどうやって年を越そうか
思い悩む人たちに、嘘つきだの嘘つきじゃないのって、バカバカしい討論
だったでしょうね。政治空白で滅茶苦茶なのにこの国がどうにかもって
いたら、政治家の皆さんが壊そうとしている中央官僚が優秀だからと
証明しているように思えますが。

石原氏の言ってること皆さん分かるんですか?どうしてメディアの皆さん
まともに報道するんでしょう。政策を捨てて大同とは、そりゃ無茶苦茶だと
誰も言わないんですか。そんな質問はするな、と質問を封じるようなことを
言われても大騒ぎで報道するって、メディアの方々ってマゾっぽいんですか。

尖閣を民主党が国有化したのは良かったんでしょうか。あのまま都が
買っていたらどうなっていたんでしょうね。もしかすると何かの法に阻まれて
購入できなかったかもしれない。その時は石原氏の責任が問われますね。
もし買えたとして、攻撃的に出て、日中関係に何かあれば100%、都の、
石原氏の責任ですね。あのまま放って石原氏に任せていたら、石原氏は
自滅したんじゃないかしら、残念だったわね~なんて政治に疎い女性達は
話しています。障害者、女性、人種、差別発言を繰り返した老人に国民は
何を期待しているのか、メディアの大騒ぎを冷ややかに見ています。

閣僚はとうとう憲法違反選挙に繋がる解散を認めてしまったようだ。良識の府などとうそぶいている参議院も憲法違反選挙に異議すら唱えなかった。選挙管理委員会も、その良心に従い選挙管理事務を放棄したとは聞いていない。最高裁判所長官も憲法違反選挙の中止命令声明文を出したとは聞いていない。そんな中、早速、警察のトップが、公職選挙法違反行為を厳しく取り締まると発言したそうだ。やっぱり。憲法違反選挙下における公職選挙法違反行為を法は問えるのだろうか?逆に言えば、この選挙で公職選挙法に違反しても新しい選挙をやってしまえと考える有権者が登場してもおかしくないからだ。更に言うと、憲法を守らなければならない立場の人々が憲法を守ろうとしなかったのだから、ここからは我々の出番だと考える憲兵が登場してもおかしくない状態に突入している。警察か軍かのどちらかだ。多分、自衛官だろう。すると我々は、【前回の選挙では検察の介入を許してしまった。今回は軍の介入を許していいのか!】って話しになるわけだ。すると、軍は『うるさい、憲法違反選挙をやろうとするおまえらが悪い』我々『何!憲法違反の自衛隊は黙ってろ!(笑)』とでもやらなきゃいかんのか!(笑)二度に渡り【汚れた選挙になってしまいそうだ】【前回は検察の介入、今回は憲法違反選挙】。野田総理も安倍自民党総裁も当然、そこまで考えて実行したんだよな。

違憲状態下で当選した国会議員が無効とされた時、従来違憲な試験制度下で輩出された税理士・弁理士等の士業は現に営業している旨を主張して当選無効にされた国会議員は抗弁できると考えます。
そして、国会議員の当選が無効とされれば当然士業も職を失うことになります、
この場合、社会に対する影響が大きすぎるので士業は失職せず、結果的に違憲状態で当選した国会議員も
失職することはないと考えます。

違憲であろうと野田氏は解散し選挙に突入した。

マスコミは橋下・石原の報道ばかり。太陽の党を数日で解党し、代表に祭り上げられるには、単なるボケだけでなく、何か美味しい毒饅頭を食らったか人参をぶら下げられたのだろうか?

反対に橋下氏も何を血迷ったのか言いたい放題の暴走老人を担いだのか?

減税日本を一日で袖にした石原は自分のどら息子のためなら、一日で維新橋下も切る事になるだろう。

もっとも、マスコミに造られた維新・橋下・マツイの化けの皮が剥がれたという点では「生活」にとっては有利に働くだろう。

それにしても、優柔不断で性懲りもなく民主にしがみつく鳩山由紀夫の選挙区には是非新党大地か「生活」から早く候補を出して頂きたい。


小生の住む静岡8区、それに7区、静岡の議員でどうしようもない民主党議員を落選させるため1区にも「生活」から出して下さい。

 不謹慎かもしれぬが、違憲状態での選挙も改正後の選挙も、結果はあまり変わらないように思う。
 そして、違憲判決が出ても再選挙を行う可能性はほとんどないのは、善悪ではなく最も可能性の大きい予測であろう。
 民意が反映されるかどうかは、選挙制度によって小さな影響はあろうが大勢が定まるわけではないだろう。

 だから、今回の選挙制度改革を掲げた野田の解散は、中心テーマを離れた国の方向性を問う選挙ではない。

 問われるべき政治的課題は、
官僚の行政姿勢を知悉した指導による政策実現力・事故を見据えたコスト意識による原発廃棄・米国に都合がよく国内の地方と都市の格差を助長するTPPの冷静な分析(反対)・思い切ったデフレ脱却による雇用情勢の好転・地方活性化による均衡ある都市と地方の発展。

 選挙制度は、政権交代可能な制度なので良しとする。中選挙区制のままだったら、自民党は永久政権であり続け、今頃は腐敗しきった政権党となっていたろう。
 小沢氏の活躍も小選挙区制度の実現から始まっているのである。

 自民党は、改革されることを嫌い中選挙区論が台頭し始めている。これはどうしようもない政権の腐敗を生む。

 消費税を廃し景気を浮揚して税収を確保し、官僚を仕えさせ彼らを自分に奉仕する集団から国民に奉仕する集団に脱皮させ、米国と渡り合って日本の国益を守り、中国を取り込んで地域の安定を確保すること。

こうしたことを実現できるのは、小沢氏しかいないのではないのかな?

そもそも、今回の衆議院選挙に法的正当性があるのかねぇ?どの党が12月の選挙で勝っても、ねじれ国会で国会運営もままならない状態の上に、さらに違憲状態で選ばれた衆議院議員が選んだ内閣がはたして、日本国の代表として、政事ができるのか?国際会議に参加できるのかねぇ?
この深刻さを、もう誰かしら言ってはいると思うのだが・・・。
誰がなってもいばらの道だが、特に安倍が首相なったら、自身が攻撃し続けてきた「三年と数カ月に及ぶ民主党の外交」よりも見るの絶えない醜態を晒すのではなかろうか?

厳粛であるべき国政選挙を、橋下日本維新の会が、国民を撹乱していているとしか見えない。

それにしても、橋下氏は何を考えているのだろうか。関東の人間には全く理解を超えている。政治家に淡い期待しか抱いていない関西人には、どうでもいいことかもしれないが、関東人は言動の激しさについていけない。

本当に、日本の将来を憂いて、国政に参加するのであれば、先ず、石原氏と同じ様に大阪市長をやめて、選挙に打って出るべきではないか。何か、失敗したらそのまま、そ知らぬ顔をして、市長に居座ろうとしているように思えてならない。

天秤を掛けて、どうも石原氏と組んだだけでは、思惑通りいかないと見て、みんなの党に呼びかけている。信念の政治家である渡辺氏がなびくとも思えない。

信念なき政治家は、国民の支持が続くと考えたら大きな間違いであり、そのうちに、「ヤーメタ」にならないことをお願いしたい。自分の行動には、自分が責任を取ってほしいが、馬耳東風であろう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.