Calendar

2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

政治はアートである
つむら・ひくし 11/07
梅光 11/07
おちあい 11/07
中性子 11/07
梅光 11/07
中性子 11/08
yamadataro 11/08
小倉摯門 11/11
梅光 11/14
梅光 11/14

« 石原東京都知事辞職の憂鬱
メイン
米国版「決められない政治」 »

政治はアートである

 「政治はアートである。サイエンスにあらず」と書いたのは、明治期の外務大臣陸奥宗光である。幕末に坂本龍馬の腹心として「海援隊」を組織し、明治維新後は政府のやり方に不満を抱いて政府転覆を企て投獄されたが、伊藤博文の誘いにより一転して明治政府の外務大臣となった。

 徳川幕府がアメリカの圧力で結ばされた不平等条約の改正に辣腕を振るい「カミソリ大臣」と呼ばれたが、一方で官僚政治と闘う自由民権運動の星享と親交を結び、政党政治家原敬を育てた。その陸奥が伊藤博文に送った手紙の中に冒頭の言葉がある。

 意味するところは「政治は理屈や理論ではなく、職人芸の技(わざ)の世界」という事である。どんなに正しい理屈を言っても実現しなければ政治にならない。実現させる「技(わざ)」こそが政治なのである。

 私の経験で言えば、政治は「理屈」より「経験」、「知識」よりも「知恵」が大事で、「手触りの感触」や「感性の鋭さ」を磨き、「俯瞰で見る能力」と「歴史に学ぶ姿勢」が必要である。そして「目的に真っ直ぐ進む」より「紆余曲折をして見せる」方がゴールに先に到着できる。

 ところがそれを理解できない人種がいる。特に自分を「インテリ(知識人)」と思っている人種に多い。そういう人種は理屈に合わない事を拒絶する。しかし世の中はそもそも理屈に合わない事で成り立っている。その不都合な世界を調整するために政治がある。理屈通りに物事が進めば政治の役割は小さくなる。

 理屈に合わない世界を理屈に近づけるのに理屈を言うだけでは解決しない。理屈に合わない事情が存在する理由を一つずつ片づけていくしかない。そのためには紆余曲折が必要となり時間もかかる。しかしアートよりもサイエンスの目で政治を見ると、そうした動きはいちいち批判の対象になる。「政治は何をやってんだ!」となる。

 中には「政治こそ諸悪の根源」と言う人もいる。そういう人には「自分の顔を鏡でよく見てみろ」と言いたくなる。鏡に映った顔こそが諸悪の根源を生み出した顔なのだ。民主主義は国民の選択が政治を作る。政治が悪なら国民も悪という事になる。政治を「駄目だ」と言っても人は政治と無縁では生きられない。政治に唾を吐けば、唾は自分に返ってくる。政治を批判するだけでは何の解決にもならないのである。

 ところが困った事は日本のメディアがサイエンスの目でしか政治を見ない事である。世界にはクオリティ・ペーパーや政治専門のテレビなど「大衆」を相手にしないメディアがあり、アートの目で政治を見る人間を相手に政治報道しているが、この国には「大衆」をお客様にする新聞とテレビしかない。売り上げを伸ばすためには「大衆」に「うっぷん晴らし」をさせる必要があり、そこで権力を持つ政治家叩きが有力な売り物になる。

 こうして「知識人」を自認する新聞社の解説委員やテレビのコメンテイターは「これほどひどい政治はない」と悲憤慷慨して見せ、国民は「日本の政治は駄目なんだ」と暗澹たる思いに沈み込む。しかし私の見るところ日本の政治だけがおかしい訳ではない。世界中の政治がみな不安定で、それは冷戦後の世界構造がそうさせている。今は世界中の政治が手探りしているのである。

 冷戦時代の日本は自民、社会の二大政党が「万年与党」と「万年野党」という極めて「安定した時代」を作り出した。しかし冷戦が終わると政権交代なき政治構造は継続する事が出来なくなる。それまで与党自民党を支持してきたアメリカがその必要を認めなくなったからである。

 冷戦の終焉と共にイデオロギー対立も終わり、日本にもアメリカやイギリスのように政権交代可能な政治構造が求められるようになった。そこで自民、民主の二大政党制が作り出され、3年前に初めて政権交代が実現した。ところが1日も早く政権に復帰したい自民党は党派性を強め、それに「ねじれ」構造が絡まって、日本政治は「何も決められない」機能不全に陥った。

 今、我々の目の前で行われているのはその機能不全状態から抜け出すための再編劇である。自民対社会の安定構造から自民対民主の不安定構造を経て、次なる政治構造に脱皮する「産みの苦しみ」を味わっているのである。それが最終的に二大政党制になるか、あるいはヨーロッパ型の多党制になるかは分からないが、そのためのプレイヤーは出揃いつつある。

 今、メディアがやるべきは国民生活にマイナスを及ぼす政治家叩きではなく、野田佳彦、安倍晋三、小沢一郎、石原慎太郎、橋下徹ら各氏の中で、次の時代を作る「アーティスト(政治の職人)」になるのは誰かを国民に探させる材料を提供する事である。

▲  ▽  ▲

■お知らせ

田中良紹さんが講師をつとめる「壬辰田中塾」が、11月28日(水)に開催されます!

田中良紹さんによる「政治の読み方・同時進行編」を、美味しいお酒と共に。

ぜひ、奮ってご参加下さい!

【日時】
2012年 11月28日(水) 19時〜 (開場18時30分)

【会場】
第1部:スター貸会議室 四谷第1(19時〜21時)
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 302号室
http://www.kaigishitsu.jp/room_yotsuya.shtml

※第1部終了後、田中良紹塾長も交えて近隣の居酒屋で第2部を行います。

【参加費】
第1部:1500円
※セミナー形式。19時〜21時まで。

第2部:4000円程度
※近隣の居酒屋で田中塾長を交えて行います。

【アクセス】
JR中央線・総武線「四谷駅」四谷口 徒歩1分
東京メトロ「四ツ谷駅」徒歩1分

【申し込み方法】
下記URLから必要事項にご記入の上、記入欄に「年齢・ご職業・TEL」を明記してお申し込み下さい。

21時以降の第2部に参加ご希望の方は、お申し込みの際に「第2部参加希望」とお伝え下さい。

http://www.the-journal.jp/t_inquiry.php

(記入に不足がある場合、正しく受け付けることができない場合がありますので、ご注意下さい)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8507

コメント (13)

逆説的ですが、いま『「大衆」を相手にしないメディア』を本気でつくったら、一人勝ちは確実なように思います。

ほんもののジャーナリズムに飢えている多数の成熟した人びとが、戻ってくるはずです。本気で取り組めば、ネットジャーナリズムは吹き飛ぶかもしれません。

(旧式のビジネスモデルは、すでに見透かされています。現体制のままどんな技巧を凝らしても無駄な抵抗でしょう)

人的資源は、各界にあり余っているのは明らかです。
現状(ムラ人)をガラポンして、総入れ替えする勇気さえあれば、歴史に名が残るにちがいありません。いまが分岐点かと思います。

結果的に、「人民のメディア」になれば、間違いなく人民が支えるでしょう。
そのほうが毎日気分も晴れやか、やりがいがあるに決まってます。同窓会にも堂々と出席できるでしょう。
……と、妄想してみました。


いつも田中先生炯眼に敬服しています。しかし、今回の記事では以下の二つがどうもしっくりこないのですが、ご説明お願いできますか?

>>実現させる「技(わざ)」こそが政治なのである。
狭義の意味での「政治」を使うなら、その通りだが、広義の意味で「政治」という言葉を使うなら、これは違うと思う。そう言い切ってしまうと、政治には哲学を必要としないように聞こえる。理論や政治理念だけでは政治は動かせないが、政策を実現するためには権謀や術数をも包含する、広い意味での(哲学のある)政治が必要と思う。ただし、民主主義社会では、虚偽で政敵を貶めたり、陥穽を仕掛けたり、詐欺、恫喝、暴行まがいのことに公権力を使ったりすることは、掟破りなのは当然である。

>>しかしアートよりもサイエンスの目で政治を見ると、
>>そうした動きはいちいち批判の対象になる。
ここでも、「サイエンス」が自然科学としての狭義の意味での「サイエンス」が使われているように思う。社会科学(social science)はサイエンスではないのか?社会科学は自然科学と比較して実証性や再現性が確かに難しいが、仮説(理論)を立て、矛盾のないことを検証していくことは共通である。「未知」を「知」に変えようとするのが科学「サイエンス」だとすれば「政治」も「サイエンス」の目で見るべきだと思うのだが、いかがでしょうか。

政治とは、結果を得ること。

万言の美辞麗句も名言の数々も、結果が無いなら価値は無い。

無論、結果は短期的ばかりでなく長期的なそれもあるので、評価は即時的な効果ばかりでなく中長期的な効果も顧慮すべきであるが、

政治は結果がすべてである。
プロ同士の対決と同様に。
成果を上げた者の過程を検証し学ぶことは良いが、成果あっての過程の評価であるのは、厳しい真理であろう。

ドイツのビスマルクは、「鉄血宰相」でありながら否鉄血を意識していたが故に、微妙な欧州の困難な和平を、複雑に張り巡らされた条約網で実現した。

次の時代、実権を行使した派手な皇帝は、第1次大戦で自国を滅亡させた。

政治は、何より結果が求められる。

>自民党は党派性を強め…
自民党の右傾化が目立ちますが、自民リベラルの人はなにやってるんでしょうね?

政治はアートで有ってくれれば良いが、現実には幼稚園児や小学生の絵よりも拙い絵画をマスコミが更に下手に修正して国民に見せようとしている。困った事だ。

昨日、名古屋の知人に田中大臣の問題を投稿したままをメールした。その返事・・・・。


""
自民党の安倍晋三総裁は5日朝のTBS番組で、田中真紀子文部科学相が大学設置・学校法人審議会の答申を覆して3大学を不認可としたことについて、「既に決めたことをこんな形で急に変更するのは間違っている」と批判した""

新聞もテレビも政治家までもが田中氏を「決まっている事を覆す悪い奴だ」と報じるが報じる方がどうかしている。これまで認可されなかった例は無いというが、全例認可する方がどうかしている。

マスコミは何故認可されなかったかをもっと徹底的に調べてから報じるべきである。最終決定権が大臣にあるのなら、安倍氏が言う事は官僚依存の議員である。ましてや総理まで経験した自民党の総裁が個人的な批判をするのはいかがなものか?自民党時代の外務大臣の時の更迭も「小泉・外務省」のトラの尾を踏んだ事を隠すためのマスコミ総抱えの陰謀であったかも知れない。今のマスコミの報道を見ていると充分考えられる。

マスコミの報道はもう少しまともになって頂きたい
                            梅光


こんばんは
不認可になった学校が、どうゆう学校か知りませんが
大臣が、最終の認可権限を持っているのですから
大臣が自分で判断して可否を決めるのが当たり前ですから
梅光さんの意見に大賛成です。
そもそも審議会の言うとおりにしなければいけないのなら
大臣に答申する必要がないと思います。

安倍氏はお腹が痛くって突然総理大臣を辞めたのを
忘れたのでしょうか。
もしそうだとすれば認知症が心配です。






   


いつも田中氏のご意見を拝読して、溜飲を下げている一人です。
何せ、バカバカしいほど何も動かせない今の政治情勢を冷静に読み取れば、今回の“アート視点”にも、総じて賛成したくなります。
特に一般市民にとっては、全既存メディアが、出演者をして理屈で分析させ、複雑な関連性を解きほぐしているかのような無責任な解説を、毎日いくら繰り返したところで、何の役にも立たないと思います。しかも、ジャーナリズムの責務も矜持も持も持ち合わせないメディアのようですから、なおさらです。
もはや、合法的に結果を齎しめるためには、多面的・総合的に国民の感覚に沁み込むような訴求にこそ、唯一活路があるように思われてなりません。
それが、田中氏の言われる“職人芸の技の世界”であり、“アート”なら、まさに芸達者な人物に、是非その役を果たして欲しいものだと、大いに期待しているところです。

私は政治家ではないので大それたことは言えませんが、「政治はアートである」と言われると、なるほどと思ってしまします。職業柄、ほとんど「理屈」の世界で生活していますが、つくづく感じることは、この世の中で生活し生きていくうえで「理屈」(と言う言葉が適当かどうかは置いておいて)の占める役割はそんなに大きくないのかなあ、ということです。「理屈」あるいは理論、仮説、サイエンス(自然であれ社会であれ)の一番の特性の1つは、程度の差こそあれ、それが「汎用的」であるという点にあると思います。そういう意味で「理屈」で生活はできないのでしょう。もし「理屈」で生活するとすると、多くの人が同じような生活をすることになるのでしょうが、現実の社会ではそんなことはまず起こるはずもありません。(そういうことが起きるとするとかなり恐ろしい世の中になりますね。)政治が個性を持った多数の人々の生活を支えるものである以上、やはり「サイエンス」ではありえないのでしょう。それで「アート」ということなりますが、果たして政治とは何なのでしょう?

""
田中真紀子・文部科学大臣が来年度の開設を申請していた3つの大学の認可を見送るとしていた問題で、田中大臣は先ほど、これまでの判断を覆し、一転、認可する考えを明らかにしました。""


やはり普通の大臣でした。期待しただけに残念。自民党の大臣経験者も民主党の田中氏も所詮官僚より下でした。


マスコミも絵にもならないお粗末な行動を取りました。

昨日書いたコメントが掲載されるかどうか確かではありませんが、田中さんの謂われることの肝心なポイント(と私が思っていること)を外してしまいましたので、再投稿します。
「世界中の政治が手探りしている」ということに関してです。仰るとおりだと思います。アメリカ、欧州を始め、日本、中国等みな政治が手探り状態、ということを強く感じます。どういう方向に向かっていくのか、知識、知恵の少ない私ではわかりませんが、漠然と感じることは、経済成長が抑えられた(抑えられざるを得ない)これからの世界は、じわじわと「管理社会」(民衆を管理する社会)の方向に向かっていくのではないか、という懸念です。国家に管理、監視されながら生きる、というのは(私にとっては)つらいですね。出来得ればいろいろな選択肢を残して、それを選べるような未来であって欲しいですが。

田中 様

お話の内容はよく理解できます。
今、国民にも、国会議員にも、ともに求められていることは、お話のように、健全な二大政党、ないしは多党が乱立する正常な競合関係の成立が強く求められているのではないでしょうか。

現在の民主党は政党の体をなしてはいないが、自民党の時代に分からなかったが、民主党政権になってオープン化されたことが多くあります。民主党がだめだといっても、二大政党は否定すべきではないと、強く感じています。

二大政党が、正常な競合関係にあれば、国民に目隠しして、政治を行うことが少なくなり、政治がオープン化され、国民と政治家の垣根が低くなっていくのではないかと、政治に希望を持ちたいと思います。

政治家の皆さんに望みたいことは、選挙のときだけでなく、信念に基づいた政策で常に国民に問いかけて、競い合っていき、政治に反映すれば将来に展望が見られるようになるのではないかと、淡い期待を抱いています。

マスコミには、残念ながら、いくら期待しても、国民に開放した経営に徹しない限り、企業などの圧力に抵抗できず、堕落を続けるしかないのでしょう。行き着くところまでいけば、どこかで、転換点が出て、必然的に転換せざるを得なくなると見ています。

中性子さん | 2012年11月 7日 21:05
ご無沙汰です。お元気そうで何よりです。
【この世の中で生活し生きていくうえで「理屈」の占める役割はそんなに大きくないのかなあ】
この悩みは大きいのではないでしょうか。然ぁし‥。

「政治はアートである。サイエンスにあらず」と宣った陸奥宗光が言った「アート」の真意は理屈と対立するものではなく、孫子の「兵法the Art of War」に通じていると思います。即ち、政治の概ねは理屈や合理が占めるべきなのだと。
但し、その「理屈や合理」は複眼でものを観て多様で複雑な思考回路が生み出すものでなければならない。そうではなくて、単眼でものを観たり錯綜はしているが直線的な思考回路で結論付けて仕舞うと、真にサイエンスになって仕舞うと。
(勿論、サイエンスを貶めている訳ではありません。サイエンスの遠い対極に政治があるのだという趣旨です。)

以上の脈絡で‥、
私も未だ読んでいる最中なのですが、次の本が非常に豊かな示唆を与えてくれると思いお薦めします。
西部邁さん「知性の構造」http://goo.gl/oeor9
無機的な論理や理屈の権化のような西部邁さんが、有機的な経験や情緒の重要性を、また広深永な視座と複雑多岐な視角を「難解に語る」(笑)本です。
読んでいて教えられることも多く、痛快でもある(笑)。

例えば、
①「”保守の構え”とは、伝統と云う名の(歴史の試練を潜り抜けたという意味での)多数性に依拠しようとすることである。その構えを欠いた知識人は世論と云う名の(現在の流行となっていると云う意味での)多数性に依拠せざるを得なくなるわけだ」
②「この不毛の精神的荒野を更に不毛にするのがマスメディアの宣伝する破壊主義である。‥権威・権力の破壊の中に”平和主義と民族主義””進歩主義と人ヒューマニズム”の実現を夢みるとき‥打倒すべき権力を捏造して‥大衆リンチめいた民主主義の悲喜劇を演じ続ける」
痛快でしょう?(笑)
草々

""野田佳彦首相は14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に対し、「次期通常国会で(衆院の)定数削減を必ずやると決断してもらえるなら、16日に解散してもいい」と表明した。""


無理な条件を押し付け、「近いうち解散」が出来ないのは自民党の反対で出来なかったと釈明するためか・・・。言葉は上手いが、詐欺師の手法だ。

まさか 谷垣に続いて安倍氏も騙されるのだろうか・・?

来年の通常国会に野田氏がいるかどうかも分からないのに、おかしな提案だ。

詐欺師は次の選挙で退場して欲しい。

16日解散もまた嘘をつくと思ったが、どうも本当らしい。

定数削減も嘘のための方便だと思ったが、どうもそうでもないらしい。

05だけが通れば、比例の削減はどうでも良いのだろう。


ひょっとしたら、野田氏は次の選挙には立候補しないかも知れない。


或いは選挙後の談合を考えれば、野田氏の選挙区には自民も公明も候補者を立てないかも知れない。

野田氏はもはや民主党はどうでも良くて、アメリカべったりの自民党員となったのだろう。


管・野田を選んだ民主党員は次は木から落ちた猿以下となる運命を自分で選択した己を哀れんで余生を送って頂きたい。

それにしても選挙後は民・自・公それに維新・みんな・太陽の大政翼賛会になるだろう。


がんばれ『国民の生活が第一」

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.