Calendar

2012年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Comments

他力本願自民党
とーくめい 10/03
yamadataro 10/05
梅光 10/05
梅光 10/06
大塚正人 10/11
梅光 10/15

« 中盤の序盤の締めくくり
メイン
現代の戦争 »

他力本願自民党

 野田第3次改造内閣がスタートした。私の言う大政局の中盤はいよいよ解散を巡る攻防が佳境を迎える。改造内閣を巡って「論功行賞内閣」とか「在庫一掃内閣」とかバカの一つ覚えの論評だらけだが、私には早期解散しか目に入らない自民党をあらぬ方向に引きずり込む「深慮遠謀」の内閣に見える。

 カギを握るのは輿石幹事長である。この人事は要のところに輿石氏の意向が反映されており、一見「解散先送り内閣」に見えながら、同時に「論功行賞」を目立たせて離党予備軍の不満を募らせる内閣にも見えるようにしている。そこに「深慮遠謀」が隠されている。

今回の民主党代表選挙を私は野田再選より輿石続投に重きが置かれていると書いた(「中盤の序盤2」)。野田氏が初めて代表に選ばれた去年も今年も民主党代表選は同じ事の繰り返しである。去年は輿石幹事長の誕生、今年は輿石幹事長の続投がカギなのである。

 去年の代表選挙で野田氏は全く勝ち目がなかった。同じ陣営から前原誠司氏が立候補したからである。野田氏と前原氏はそれぞれ小沢一郎氏に面会して協力を要請した。すると小沢氏は前原氏だけ不支持を表明した。それから野田氏は輿石氏と面会し、相田みつおの「どじょう」の色紙を見せられる。

 決選投票での野田氏の「どじょう演説」は輿石幹事長起用のサインである。中間派の鹿野グループが背広を脱ぐ合図で野田氏への投票を促し、それが勝ち目のなかった野田氏を代表に選ばせた。野田氏は三顧の礼で輿石氏を幹事長に迎えた。

 今年は輿石氏の支持勢力が細野豪志氏に代表選出馬を促し、細野氏がその気になると1日で出馬をやめさせた。細野氏が出馬すれば野田再選は危うかったが、細野氏の不出馬で野田再選が確定した。細野氏に出馬を促した人たちは野田総理の輿石幹事長続投を確信したので細野氏の出馬をやめさせたのである。

 従って野田氏は再選されるとすぐに輿石氏に続投を要請した。しかし輿石氏は回答を留保する。留保したのはその後の政権運営と人事について輿石氏の考えを飲ませるためである。そのうえで輿石氏は幹事長続投を受け入れた。党役員人事や組閣に輿石氏の意向が反映されるのは当然である。

 細野氏は次の「選挙の顔」として政調会長に抜擢され、輿石氏と並ぶ執行部の一員となった。また安住財務大臣を幹事長代行として輿石氏の下に就け、財務大臣に輿石氏と気脈を通ずる城島功力氏を就けた。城島氏と同じく輿石氏の指揮下にあった樽床伸二氏は総務大臣として地域主権問題を担当する事になった。樽床氏は大阪選出議員だから地域主権改革を掲げる「大阪維新の会」にとって強烈な牽制となる。

 一方、代表選挙では小沢一郎氏に近い議員らが田中真紀子氏に出馬を促し、真紀子氏がこれを辞退して野田再選を支持する一幕があった。これで野田総理は真紀子氏を処遇せざるを得なくなった。真紀子氏もまた細野氏と並ぶ次の民主党の「選挙の顔」つまり代表候補の一人となる。

 そしてこの人事で最も肝心なことは反野田派を処遇せず、党内の離党予備軍の不満を見せつけた事である。自力で解散に追い込む力のない自民党はそこに目が向く。それが「深慮遠謀」に見えるのである。

 3年前の総選挙で大敗した自民党は衆議院で120議席、公明党の21議席と合わせても過半数に遠く及ばない。従って内閣不信任案を可決できない。出来るのは参議院での問責決議だけである。しかし問責は憲法にも規定のない「いやがらせ」のようなものである。総理が問責を受ければ解散するというものでもない。要するに自民党は解散に追い込む力を持っていないのである。

 東日本大震災で無能ぶりをさらけ出した菅総理に自民党の谷垣総裁は不信任案をぶつける事が出来なった。民主党の小沢一郎氏が菅総理の退陣を要求して初めて不信任案を提出した。小沢グループが不信任案に賛成し、民主党が分裂する事を期待しての他力本願の不信任案提出である。しかし小沢氏には初めから不信任案を可決する気はなく、菅総理から「退陣」の言質が得られれば矛を収めて、不信任案は否決された。

 メディアは不信任案に賛成しない小沢氏を非難したが、醜態をさらしたのは本当は他力本願にすがるしかない自民党の方である。それが野田政権になると今度は自民党を消費増税に引きずり込んだ。もとより自民党は消費増税を選挙公約に掲げてはいるが、それが選挙で不利になる事を誰よりもよく知っている。そのため民主党が不人気でいるうちの早期解散と引き換えにしようとした。

 ところが小沢氏が声高に消費税に反対し、最後は分裂までして見せたので、自民党はその分裂劇に目を奪われた。解散の保証もないまま3党合意に引きずり込まれ、臨時国会中の解散を党内から迫られて谷垣総裁は窮地に立たされた。しかも政治の構図として言えば、民主党から分裂して野党に転じた小沢氏らに協力を求めなければ、自民党は内閣不信任案を可決する事ができない。

 臨時国会での解散にこだわった谷垣総裁は最後に小沢氏らが提出した野田総理の問責決議に賛成した。それが3党合意を否定する内容なのにである。この矛盾した行動が谷垣総裁の再選を阻む理由に挙げられて谷垣氏は自滅した。

 民主党を解散に追い込むためには民主党を離党して野党に転じた勢力に頼るしかない。そして自民党が小沢氏らに協力を求めなければ解散に追い込めない構図はこれからも変わらない。だから自民党は民主党の過半数割れを期待する。それを分かっているから民主党は離党予備軍を抱えて分裂含みである事を見せつける。

 しかし自民党が赤字国債発行法案や選挙制度改革法案を取引のカードとして解散・総選挙を迫っても、民主党離党組がそれで自民党の内閣不信任案に賛成するとは思えない。彼らが賛成するのは3党合意の破棄と消費増税の廃止なのである。そう考えれば民主党が分裂含みを見せつけているのは自民党を翻弄するためだけかもしれない。

 自民党が早期解散にこだわって執行部に年内解散のハードルを設けたりすると、硬軟両様の政治手法を使い分けられない安倍新総裁は谷垣前総裁の二の舞になる可能性もある。

▲  ▽  ▲

■お知らせ

田中良紹さんが講師をつとめる「壬辰田中塾」が、10月31日(水)に開催されます!

田中良紹さんによる「政治の読み方・同時進行編」を、美味しいお酒と共に。

ぜひ、奮ってご参加下さい!

【日時】
2012年 10月31日(水) 19時〜 (開場18時30分)

【会場】
第1部:スター貸会議室 四谷第1(19時〜21時)
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 302号室
http://www.kaigishitsu.jp/room_yotsuya.shtml

※第1部終了後、田中良紹塾長も交えて近隣の居酒屋で第2部を行います。

【参加費】
第1部:1500円
※セミナー形式。19時〜21時まで。

第2部:4000円程度
※近隣の居酒屋で田中塾長を交えて行います。

【アクセス】
JR中央線・総武線「四谷駅」四谷口 徒歩1分
東京メトロ「四ツ谷駅」徒歩1分

【申し込み方法】
下記URLから必要事項にご記入の上、記入欄に「年齢・ご職業・TEL」を明記してお申し込み下さい。

21時以降の第2部に参加ご希望の方は、お申し込みの際に「第2部参加希望」とお伝え下さい。

http://www.the-journal.jp/t_inquiry.php

(記入に不足がある場合、正しく受け付けることができない場合がありますので、ご注意下さい)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8496

コメント (6)

成る程。
偶然の結果かも知れないけど、田中良紹氏の論旨も通っていますね。

田中 様

自民党の考えていることは全くわからない。わかっていることは、ただ解散に持ち込みたいだけである。政策的には、野田第二自民党と違いはなく、むしろ自民党でも右寄りの見方考え方である安倍自民党とどこが違うのか、全くわからない。

自民党がこのようなことをしていると,離党者がでて半数われにならない限り、解散総選挙は当面はないのでしょう。

政権交代し、二大政党が折角誕生したのに、野田政権は本来の民主党の魂を置き忘れ、第二自民党化してしまい、自民党は本来の政策的違いで戦うことができないので、解散戦術しか打ち出せない。

我々日本人は、民主主義をよく理解していないのではないか。皆が皆、政権与党的考え方をとるのであれば、切磋琢磨して国民に寄与できる二代政党など育つ訳もなく、従来からの悪い利権主義がのさばるだけのような気がしています。

日本人には、信じる宗教がなく、従って生き方に信念がかけ、打算と追従主義が生き続けるとしたら、民主主義など育つ訳もなく、米国に追従する属国でしかなくなってしまう。それも一つの行き方であるが、希望ある未来が切り開かれるとは思えない。若者にとっては、最悪の状況ではないか。

腐った議員に由る民主党内閣は早く退陣して欲しい。

とは言え、過去に腐ってしまった自民党も再び表紙の繕いで政権奪還が決まった様なはしゃぎ過ぎ。

「生活」の力を借りなければ、民主から少しばかりの離党者が出てもどうする事も出いない。勇ましい事を言っても犬の遠吠え以下だ。

民主も自民も全員去って欲しい。

国民が今の政治に怒りを持っている。こういう時だからこそ、「生活」は信念を持った人間を候補者として発掘して欲しい。

例えば天木氏・孫崎氏・鈴木哲夫氏・郷原氏


間違っても「そのまんま東」の様な男は候補にしないで欲しい。


TPP反対をもっと鮮明に!!!   


いよいよ民主党の過半数割れが近づいて来た。


民主党の比例区で当選になるはずの人間を当選したら「生活」へ行く疑いがあると言う事で除名する事は問題ではないだろうか?


実際に今でも政党を変えた比例区の議員が議員辞職していない。

ましてや 疑いだけで当選させないように除名するのは国民への背信行為・憲法違反ではないだろうか?


当事者や支持者は民主党を裁判に訴えるべきではないだろうか?

>彼らが賛成するのは3党合意の破棄と消費増税の廃止なのである。そう考えれば民主党が分裂含みを見せつけているのは自民党を翻弄するためだけかもしれない。

そういえば、5月6月に小沢・野田・輿石 3者会談がありました。
このとき、3党合意の破棄と消費増税の廃止のシナリオが書かれたのかもしれません。

消費税増税は、鳩山元首相の普天間問題の目くらましのために菅前首相がぶちあげたものですから。

次の選挙の争点は

「原発・消費税・オスプレイ」とか

「原発・消費税・TPP」 とかいわれているが


原発は争点にならない。何故なら大飯原発再稼動させた民主党も


これまで原発を推進してきた自民党も経済界との関係で原発反対は出来ないのに建前は原発反対だ。

すべての党が反対しているから選挙民には比較できない。


だから、「消費税反対・TPP反対」か賛成かが分かり易い争点になると思う。


毎日、多くの方とお話しているとTPP(良く説明すると)に一番反対してくれる。不平等条約の罠にミスミス引っかからない様に説明が必要だと思う。賛成者が多ければ、その後の国民の不幸は自己責任として諦めていただくしかないのかも知れない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.