Calendar

2012年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

Recent Comments

「動機」の政治と「結果」の政治
em5467-2こと恵美 02/25
yamadataro 02/25
佐藤和代 02/26
信貴明 02/26
奥野 02/26
蝉しぐれ 02/26
sawa 02/27
時々パリ 03/01
em5467-2こと恵美 03/02
asa 03/02

« 民主主義と無縁の人たち
メイン
茶番の演出 »

「動機」の政治と「結果」の政治

 政治は「結果」である。どんなに「動機」が正しくとも「結果」を出せなければ意味がない。ところが「動機」が正しければそれで良いと考える人たちがいる。その人たちは正しい事を主張するのが政治で、正論は必ず理解されると信じているらしい。信ずるのは勝手だが、それでは余りにも世の中を知らない。人間は「理屈」で動くのではない、「利益」で動くのである。

 しかも正論は人さまざまである。全員が正しいと思うことなどまずない。誰かが「正しい」と言えば、別の誰かは「正しくない」と主張する。時代が変われば正しさの基準も変わる。正しい事を実現したと賞賛された政治が後に批判された例はいくらでもある。

 以前書いた『増税の「理」と「利」』で、私が坂本龍馬を一級の政治家と評価した理由はそこにある。「維新の志士」と呼ばれる人たちは、ひたすら「尊皇攘夷」を正論として結果も考えずに突き進んだ。しかし龍馬は「理屈」を叫んで世の中が変わると思っていない。薩長連合は、薩摩には米を、長州には武器という「利益」を龍馬が与えたから成就した。

 そして龍馬には新時代を切り拓く戦略とシナリオがあった。徳川家に「大政奉還」させ、天皇中心の体制を作るが、しかし政治を執り行う能力に乏しい公家や薩長の田舎侍に政権を任せるのではなく、それまで政治を執り行なってきた徳川体制を温存させ、ドリームチームとでも言うべき公武合体の大連立政権を作ろうとした。それが欧米に対抗するための日本国誕生のシナリオであった。

 ところが龍馬は暗殺され、ほどなく戊辰戦争が起こり、龍馬の描いた「公武合体政権」のシナリオは消滅した。代わりに「動機」の正しさを主張する幼稚な連中が明治を作った。だから「週刊新潮」に文芸評論家の野口武彦氏が連載するように、明治の「め」は目茶苦茶の「め」なのである。そう考えると坂本龍馬が暗殺され、彼の戦略とシナリオが消えた事が日本を政治未熟の国にしたとも言える。

 こう書いてきたのは、昨年11月のG20で「消費税法案の2011年度内提出」を国際公約した野田総理が「結果」を出すための戦略とシナリオを持っているように見えないからである。野田総理の発言を聞いていると「動機の正しさを認めてくれ」と言っているに過ぎない。

私は全くそう思ってはいないのだが、仮に「社会保障と税の一体改革」が正論であっても、仮に「財政赤字の解消」が正論であっても、増税で金を取られるのは国民だから、国民にどのような「利益」がもたらされるかを具体的に示さない限り物事は動かない。将来不安を言い募って脅すだけでは国民はついていかない。会社の社長が将来不安だけを口にして給与を下げようとしたら、従業員は社長を代えてましな経営者の下で働きたいと思う。「動機」の正しさを言うだけなら政治家は要らない。政治家の仕事は「結果」を出すための戦略とシナリオを持つ事なのである。

 しかしこの国には「動機」の正しさを主張するだけの政治家が多い。前の総理もそうだった。戦略とシナリオがないから負けてはならない参議院選挙に敗北し、「ねじれ」という負の重荷を背負っても、それを解消する戦略もシナリオもなく、ひたすら野党にすり寄るだけの政権運営を行った。そのくせ「正論」の如き口ぶりで「理屈」だけは言った。

 その前の総理も普天間基地の県外・国外移設を主張したが、その「結果」を出すための戦略もシナリオも持ち合わせてはいなかった。アメリカは普天間基地の辺野古移設が困難な事を百も承知である。だから自民党政権の「努力」を冷ややかに見てきた。自分たちは冷戦後に見合った再編計画を独自に作成していた。自民党に代わってアメリカを納得させるシナリオを出せるのかと思っていたら、結局は絶対に実現するはずのない辺野古移設を認めるという自民党と同じ結論に戻った。

 野党に転じた自民党も酷いものである。「政権奪取」という目的のためならなりふり構わない。「動機」が正しければ何でもやれとばかりに民主党攻撃を行なって自らの人気を下げている。へまをした子供とそれをいじめる子供の喧嘩を見せられているのが今の国会で、公明党の方が本格野党に見えてくるから、つくづく自民党に政権が戻る事はありえないと思ってしまう。この政党の政治家にも「結果」を出すための戦略とシナリオがない。

 歴史学者の中には「陽明学」が「維新の志士」たちに影響を与え、「動機」の正当性を重視する政治風土が生まれたとする見方がある。「動機」さえ良ければ後の事は考えずに「やっちまえー」と言ったのが幕末維新だった。戦後の「60年安保闘争」もそれに似ていると言うのである。

しかし私の知る限り、かつての自民党には「結果」を出すための政治技術があった。シナリオを書ける政治家がいて、誰にも知られずにシナリオを書き、誰にも知られずにそれを実現して行く。大方の政治家はそのシナリオによって動かされている事に気付かない。そして「結果」が国民のためになればそれで良しとする考え方だった。それに比べるとテレビで口角泡を飛ばす政治家や「理屈」だけを言う政治家が子供に見えてくる。古い自民党には悪いところも沢山あったが、しかし今よりは大人の政治をやっていた気がする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8387

コメント (10)

<田中良紹様>
こんにちは。「正論」論面白かったです。私は世の中に正論なんてないと思っていて、立場、立ち位置によって正論なんて邪論になるからです。霞ヶ関文学が最たるもので、例えば三宅雪子議員なんて金にも票にもならない福祉政策を懸命にやっている訳です。ところが、彼女の部門会議での悩みは、官僚が作った予算内で堪え難い結果に怒ったり、嘆いたり、抵抗したりの繰り返しです。
結局、官僚の掌の上で、政治家は踊っているだけ。彼女の立場では仕方ないし、信頼していますが。
ことほど左様に、私も役所と多少の付き合いがありますが…まあ、できない事の言い訳作りはうまいものです。野田政権も役人から「畏れながら…」の言い訳に乗っかっています。そして、結果よりも「何となく何かやってくれそう」に期待ばかりする国民が橋下なんて小泉の二番煎じをヨイショしたりするのです。本当に全てをリセットしたくなります。
だけどね。リセットしないで、努力している小沢一郎の気持ちを思うと我慢しなきゃ、と堪えるのです。
今、解散選挙になれば、維新だの、みんなだの、石原さんだのに票が行き、でも過半数を取れないから日本の政治状況は混沌とし、国民は極端な勢力=全体主義を望むかもしれない。僕は心配です。と語るオザワンは、無実の罪に落とされてなお、国民の事しか頭にないのです。
彼が作りたかった共生自由主義を見るまでは我慢しなきゃ、と。
だから現時点での小沢新党には大反対です。小沢グループの議員で新党を作りたい、なんていう奴は、何も小沢さんの気持ちが判ってない。自分が得をする事しか考えてない。その程度の心構えで、この国の統治システムを変えるなんて血みどろの戦いに勝てる訳がない。「結果」を得ることはできない。
戦いは「時」を選ばなければ勝てません。孔明だって、皆から「何をぐずぐずしてる!」と言われながら、じい~と風を読み、電光石火「赤壁の戦い」を仕掛けたのだから。

田中 様

野田総理が唱えている消費税増税は、確かに間違いではないが、小沢氏の言っておられる通り、時期とか、説得力があるかが、重要な点であることは間違いない。

[動機」に付随する政治技術というか、戦略が不足していることは否めない。野田総理は、小沢氏を説得するなどと、「正義」「大義」は自分にあると考えているようである。田中氏のお話が野田総理に伝わるとよいのですが、残念ながら伝わっても小沢氏、田中氏の説いておられる本質に気づくことはあり得ないのでしょう。松下塾は何を教えたのでしょうか。

鳩山氏も菅氏も政治理念というか、何とか現状を打開しようと、アドバルーンは上げたのであるが、その理念を具体的に国民に訴える方法にかけていたというのは疑いようがありません。

政治的政策の違いを議論することなく、自分の信じるところを絶対視し、党を二分してまでも、己の政治理念を実現しようとしても実現できるわけもありません。小沢氏の力を利用するずる賢さがなくては、他党を巻き込む迫力もなく、国民の共感を呼び込む力が得られるはずもありません。

今回の田中氏の政治家としての心構えを説いておられる貴重なご意見が民主党議員の中に浸透することを祈っているのですが、無駄な願いに終わるのでしょう。

田中良紹様
 今回は少し難しいお話のようで・・!
 最近の政治家の発言を聞いていて
感じることですが、政治的センスを持った”政治家”が見当たらないなと・・・。
 大変お勉強家で、何でもよくご存じのようですが、国民が本当に知りたいことが伝わって来ないような気がするのです。つまりどんな国にするつもりなのか・・・ということが
具体的に・・。
 野田総理が、消費税を増税しないと社会保障制度は維持できない、待ったなしだということは解ります。 そのために払い過ぎた年金を引き下げ、消費税を上げて、弱者層が生活破たんを来した時に、何を持って支えるつもりなのか!?
 そういう具体的な絵図が見えてこないのに動き出してしまって良いのだろうか!? 逆三角形の国家は危うくならないのだろうか!? 
 近い将来、年金世代が40%を超えるとしたら、消費税を上げるくらいで何とかなるような話ではないと思うのですが!?
 年金を物価にスライドさせるという旧来の案を実行するだけでよいのだろうか!? 年金世代にできる仕事の創設を共にしていかなければ、暮らしが成り立たなくなるのではないかなどなど!!
 また国内の資産配分を均等化させる知恵は他にないのだろうか!?
 官僚の言い分を鵜呑みにしていないだろうか!?
 こんな点をちゃんと説明してもらいたいと思っているのです。
 そこまでして初めて”正論”と言えるのではないかと!!

 今の自民党の”言い分”は良く分かりません。同じことをするなら自民党に任せてというのも解らないではありませんが、それしか言うことないのとの思いが残るだけです。

 国民はこの国を何とかしたいという”本物の政治家の声”が聞きたいし、彼らの闘いが見たいのだと思うのですが、”春の夜の夢”に終わりそうです。
        つくば市 佐藤
      
 

政権交代で分かったことは、官僚支配あるいは米国追従に反する者は抹殺されるということです。逆には官僚のパペットとなりえる人物しか総理になれません。官僚の要求をのむことで、国民の要求を完全に無視ができてしまう。自らの既得権益を守るために理性の無いマスコミがこれに加担し、がんじがらめのこの国。アラブ国家のように分かりやすい独裁者がいれば、国民も対抗しやすいが、日本のように独裁者の顔が見えず構造的な既得権益国家は、ターゲットをしぼりにくい。さらには、アラブ諸国のような若年層が少なく、メディアリテラシーの低い高齢者が多い日本では簡単に世論誘導されてしまう。

田中様

素晴らしいです。
しかし、野田を擁護しすぎです。
動機も不純です。動機が不純、戦略皆無だから国民の支持が低下して尻すぼみです。
なぜ動機が不純か、国民は民主党に統治機構の変革による行政の無駄排除と官僚の特権排除を依頼したのであり、それを無視した財政再建など企業リストラを経験した国民はありえないと判断し、野田を見捨てだした。
当然の判断である。
一方小沢は動機は正しいが、明治維新の薩長と同じで、その後の準備がなく、いつも混乱だけが生じている。
新進党の羽田おろし、民主党の鳩山、菅おろしのその後は一層悪くなっている。
菅おろしの後の海江田などはお粗末そのものであり、国民の小沢離れを加速させた。
しかも日本ではおろしの張本人がトップに立つことは許されない。
小沢には小沢の代わりに泥をかぶる人間がいないのは致命的である。小沢にも全く戦略が開けていない。
小沢は自ら裏方に徹する以外にない道を選んでいるとしか思えない、一番の失敗は代表辞任であり、二番目の失敗は鳩山と魂胆相唱和できなかったことである。
選挙対策より普天間対策と統治機構の変革にあたるべきであったのだ。鳩山・菅おろしの結果は散々で、民主党を松下政経塾という官僚下僕に乗っ取られ、小沢本人は党員資格停止ということで民主党から追放された。
これで国民は民主党を見捨てたのである。今の小沢の動きは新人議員のための解散防止しか移らない、野田をおろしても先が見えないのである。いわば民主党は誰が総理になっても、大臣になっても今より悪くなるとしか思えない。
だから、第三局に期待するのは当然である。
橋下は少し過激だが、小泉二世ではなく、小沢二世である。
小沢もかつてはバリバリの競争主義で金丸とともに米の自由化を謳っていた。あれでよく選挙に通るなと感心したものだが。
橋下は長期入院の一高校生からの投稿に対してすぐに先生派遣制度を作るという早業で、民の声に対して聞く耳は持っており最低補償という考えはしっかり持っている、一方で公務員のリストラには素早い。
何よりディベートに強いのと全ての議会、委員会、議事録をオープンにするという情報公開の面で先んじている。小沢にない強みである。
統治機構の大変革に取り組み、地方から国を動かす力は今までの首長にはない。中央官庁の課長クラスと経団連などは捕らえており、現場の実行責任者、いわば営業所所長であった首長の地位をがらりと変えた。民主党攻撃の一方で、前原に接触して大都市統治の法改正案を与党に作らせようとしており、過半数に達しない大阪市議会では公明党に擦り寄り、衆議院選の選挙協力を条件として市議会での与党化を促すなど裏技、寝技を持っている。
私は第三局から坂本竜馬が出ると確信している。民主党と自民党は一つの官僚党になり、第三極の新党との二大政党になると予測している。
官僚党の代表には今の大権力者財務省の勝次官になってもらいたいものである。

「アメリカは普天間基地の辺野古移設が困難な事を百も承知である。だから自民党政権の「努力」を冷ややかに見てきた。自分たちは冷戦後に見合った再編計画を独自に作成していた。自民党に代わってアメリカを納得させるシナリオを出せるのかと思っていたら、結局は絶対に実現するはずのない辺野古移設を認めるという自民党と同じ結論に戻った。」

そう、アメリカ外交防衛当局は本心として、現地沖縄県民の合意が得られない辺野古移転は困難と判断しているんですね。

沖縄基地問題でも、小沢氏は辺野古移転は困難だと明言しており、それに代わる代替策を中期、長期策として具体案を持っていると思われる。

霞ヶ関外務省や防衛省官僚は米筋の本心を見抜けず、端からアメリカ外交防衛筋は日本政府の主張は入れないと思っており、地元沖縄県民も日本国民も辺野古移転に反対であるのでそれに代わる代替案を真剣に協議してくれるように申し入れることをしない。はじめから米政府筋と対等に話し合い、問題解決を図ろうとする姿勢がないのである。

鳩山政権時に辺野古移転と海兵隊グアム移転はリンクしているとして、鳩山政権へ辺野古現行案を迫った米政府はあっさりと両問題を切り離した。あれだけ鳩山を追いつめ現行案を飲めと迫った自公野党や大メディアはどのツラしてこの米政府の方針転換を国民へ説明できるというのか。

沖縄基地問題にしろ、消費増税問題にしろ、あれだけ脱霞ヶ関官僚支配・国民が選んだ政治家主導の政治を訴えて政権を獲得したのに
菅直人は 国家戦略担当相や財務大臣になるやいなや官僚に洗脳取り込まれ、総理になるや早々に唐突な消費増税を参院選の公約だと言いだし、全てが狂いはじめたのである。

霞ヶ関官僚は 井戸の中の蛙にすぎず、大海を知らない。守備範囲の専門分野は詳しいが、国政全般を踏まえ、国民意識や感情、国民の納得を考えて大局的判断をおこなわない。所詮、霞ヶ関の既得権益に執着しているだけである。
所詮官僚は行政実務者にすぎず、霞ヶ関官僚機構は国会で決まった政策を行政執行する行政執行機関にすぎない。

国会議員が 官僚依存になることは 政治家魂を自ら放棄するに等しい。
国民は国会議員に 官僚目線を求めていない。国会議員へ官僚の代弁を求めていない。

あくまでも、日本国民への恩恵と福利を追及することにその使命があるはずである。

動機と結果が相反することは、歴史の上でいくらでもあります。政治は確かに結果が大事であるのは分かります。歴史上高く評価されるのは、大きな結果を出した政治家であって、立派なことを言ったくらいでは所詮大したことではないでしょう。今の米国大統領のように。そして動機を優先している政治はまさに今の民主党そのものでしょう。その民主党を作ったのが小沢氏である。かつて福祉税の創設で夜中に記者会見しいきなり発表して、すぐに撤回する羽目になり細川内閣が崩壊したが、これも動機が正しければということですかね。小沢氏でさえも結果は出せない政治家ということですかね。

随分久しぶりに、コメントさせて頂きます。
「口先」だけの政治は、一人だけでは有りませんね。
それにしても、
>信ずるのは勝手だが、それでは余りにも世の中を知らない。人間は「理屈」で動くのではない、「利益」で動くのである。
に関しては、やや異論があります。
当の「世の中を知らない」政治家達自身は、しっかり『利益』で動いていますよね。
むしろ『利益でしか』動いていないと言った方が早い位です。
つまり、自分達の行動原理は顧みず、国民は「口先」の正論(のつもり)で動かせると思っているらしい事は、それだけ国民を甘く見ている訳ですね。
世の中を知らず、「幼稚な連中」が世の中を動かすつもりになっているこの現実は、明治維新以来まったく変わっていない、何んら進歩していない日本人だと言う事を、痛感させられてしまいます。

<時々パリ様>
こんにちは。全くです。口先でなんとでも国民を誘導できると思っている政治家の何と多いことか。
そして、マスコミも同様、国民を誘導できると思っている。
小泉フィーバー~橋下フーバー、馬鹿にされても仕方ない国民がいる事も確かです。09年の総選挙、小沢流マニフェストを掲げ、小沢氏は乾坤一擲勝負しました。
知力・財力・人脈力を使って・・・。全300選挙区を詳細に分析・調査し、勝てる戦略を行使しました。マニフェストさえ実行してもらえれば、本望だと。しかし、勝利に沸く民主党において岡田幹事長(当時)の発言が異色でした。
「この大勝利、小沢戦略が当りましたね」に対して「小沢さんの力だけではない。我々幹部も働きましたから」と苦虫噛み潰して答えました。
彼なんか選挙カーの上から演説したり握手したりしていただけで、それ以上でもそれ以下でもありません。小沢さんの戦略「地方選挙でも決して自民党と相乗りはしない。負けても知名度が上がるから国政選挙の候補になる」すら理解してなかったのでしょう。地方津々浦々に分け入り、宴席で下座に座り、お酌して回る小沢一郎の気持ち。御曹司で「東大赤門倶楽部」の住人で、米国のジャパンハンドラーともパイプがあり、政策新人類と若い内からマスコミに煽てられていた彼のエリート意識は、国民から最も乖離した場所にあります。
それを野田は、政権強化の切り札として副総理にした。政権弱体の切り札とも知らずに。
政治家は、「利益」でしか動いていない。とは、全員を指しておっしゃっているのでしょうか?私は、見所のある政治家はいると未だ信じていています。
ただ、明治維新も含め、「自己利益」で動く政治家が結局国を動かしてきた事も事実です。坂本龍馬が何故殺されたのか?彼は気づいてしまったからで、自分の行動が「ある勢力」を利する事になると・・・。
日銀も含め、事実上、わが国はわが国の自由にならないのであり、オリンパスの最大株主がコールドマンサックスになったと報道されても、やはりね!と納得するのは日常茶飯事なのです。
その中で少しでも国民の事を考えている政治家は冤罪で落とされる訳で、実権を持った政治家は、口先と自己利益しかないクズになります。
我々国民にできる事は非常に小さなことでしかありません。嘘をつきそうな政治家を嗅ぎ別け、落選させる程度です。

田中様

正に、「理」は「利」よりも強しということが、日本人には理解することが出来ていないところに、虚しさというものをつくづく感じてしまうところです。

アメリカにしても中国にしてもロシアにしても、中東やヨーロッパにしても、政治というものは、理屈があって利益は後からついてくるものですよね。
ところが日本だけは、目先の利益があって理屈は後からついてくるものでしかないと言うところに、根本的な違いがあるどころか、物凄い断絶となっている点に、気づかなければならないし、これを改めて乗り越えていかなければならないのでは無いでしょうか。

だとすれば、日本はもう幾らでも衰退し、国際社会での存在感も喪失させて、わざといないふりをすれば、物騒なことに巻き込まれることが回避することになるのなら、これに越したことは無いし、それにより、富の公正な再分配によって、この国で暮らす国民の全てが、ただ普通の暮らしが出来て幸せに暮らせる社会となって、自分の利益が、他人の利益になることだけをすることによって、共に助け合い、分かち合い、支えあうことを通して、地域経済の活性化に繋がり、日本経済を支え合うことにより、地道ながらも安定したプラス成長を維持していくことによって、それが日本の国益となりさえすれば、同時にアメリカの国益にも繋がるばかりでなく、中国やロシアにとっての国益に繋がるばかりか、韓国や北朝鮮をはじめ、アジア太平洋地域全体の国々にとっての国益を齎すばかりか、地球上に存在する全ての国々の国益を齎す結果へと拡大することによって、全人類が一つの絆となって、世界経済を支え合い、共に助け合い、分かち合うことによって、資源や食料の争奪戦を回避すると同時に、廃棄物を幾らでも減らすことによって地球環境破壊を食い止めることに繋がると同時に、国際社会全体の平和と安定に寄与することになるのなら、もう此れほど喜ばしいことは無いし、それによって日本が注目されることになるのなら、これだけを大いに誇りとすれば、地球市民社会にインテグレートされた社会福祉国家として生まれ変わることになりさえすれば、日本はもうただひっそりとした国となっても構わないものの、社会が幾らでも良くなることに繋がるのなら、それだけで良いのでは無いか、つくづく感じるのですが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.