Calendar

2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

「うそつき」の「もがき」
蝉しぐれ 06/15
独言 06/15
理駅遊道 06/15
独言 06/15
じゅげむ 06/15
独言 06/16
yamadataro 06/16
毘沙門天 06/17
じゅげむ 06/17
イチロー オザワ 06/17

« 菅政権の最期
メイン
想定どおりの退陣劇 »

「うそつき」の「もがき」

 内閣不信任案の否決は菅政権を支持した否決ではない。政治空白を作らずに菅総理を辞めさせるための否決である。そして菅総理が延命のためにもがけばもがくほど自分の首を絞める仕掛けである。ところが案の定と言うか菅総理とその周辺は延命のための「もがき」を始めた。

 鳩山前総理が口頭で今月中の辞任を迫ったとされる合意書には「退陣」の「た」の字もない。しかも内輪の合意書であるため「民主党を壊さない」とか「自民党に政権を戻さない」とかが真っ先に書かれてある。これが表に出れば自民党が反発する事は必至である。そこに仕掛けがある。

 その上で不信任案は大差で否決された。大差の必要があったからである。これで菅総理の心に「延命可能」の思惑が生まれる。大差の否決は延命のための「もがき」を誘う。しかしなぜ大差の否決だったのか。それは小沢一郎氏の指示があったからである。「自主判断」の指示がなければ大差の否決にはならなかった。

 合意書には「退陣」が書かれていない。不信任案は大差で否決された。菅総理の表情に笑みが生まれる。そこで菅総理は鳩山前総理との口頭での約束を反故にし、原子炉の冷却停止のめどがつく「来年1月」を退陣の時期と明言した。しかし原子炉の冷却停止が来年1月に出来るかどうかは誰にも分からない。ズルズル延びる可能性もあり、菅総理はいつまでも居座る事が出来る。

 むしろ延命のために冷却停止を引き延ばせば、総理の延命が国家の損失を招く事になる。ところが岡田幹事長や枝野官房長官ら菅総理の周辺は「合意書にある事は退陣の条件ではない」と一斉に鳩山発言を否定した。これを鳩山前総理は「うそつき」と呼んだ。現職の総理、官房長官、与党幹事長を「うそつき」と断じたのだから尋常ではない。鳩山発言が本当なら日本は「うそつき」が権力を握った国になる。

 しかし「もがき第一弾」とも言うべき菅総理の発言はメディアにも評判が悪かった。メディアは「総理退陣表明」でニュース速報や号外を出した手前、来年までズルズル居座られると立場がなくなる。「それはないよ」と言う話になった。これを見て鳩山前総理の言う「うそつき」たちは「もがき第二弾」を点火した。退陣時期を8月に前倒しすると言い出したのである。

 民主党代表選挙が9月に行なわれる事から、そこまで菅総理を延命させ、民主党内の菅支持派の体制を立て直そうとしたのである。メディアは「総理周辺が菅離れを起こした」と書いたがそうではない。菅総理の影響力を削がれまいとする「うそつき」たちの「もがき第二弾」なのである。

 そしてそれも難しいとみるや「もがき第三弾」が点火された。それが「大連立」である。菅総理は鳩山前総理との約束どおり今月中に退陣する。そして「小沢抜き大連立」を図ろうと言うのである。大臣ポストと民主党マニフェストの破棄をエサにして、内閣不信任案で共同歩調を取った自公と民主党内小沢グループの間に楔を打ち込み、総理周辺は生き残り、菅総理も退陣後の影響力を確保しようと言うのである。

 これらの「もがき」に共通するのは全く国民の方を向いていない姿勢である。第一弾、第二弾は自分の利益と自分たちの都合だけであった。第三弾は一見与野党が協調する体制を作るかのように見えるが、まったくそうではない。マニフェストの異なる政治勢力が連立を組むためにはそれなりの手続きが必要で、まずは辞めていく総理の側が提案する話ではない。

 自民党の谷垣総裁が「新しい民主党代表が決まらなければその話をする事は出来ない」と言うのはその通りである。それにも増して国民が選んだマニフェストを変えるには国民の理解を得る必要がある。この時期に選挙をやる訳にはいかないから、国会議員が良く良く有権者の意見を聞きながら党内で調整を図っていく必要がある。

 与野党協調の道は「大連立」にあるのではない。これまで協調体制を作る姿勢をまるで見せなかった菅総理に退場していただき、全政治勢力が結集して「復興のための臨時政権」を作る事なのである。マニフェストを変える必要もない。大臣ポストを各党に割り振る必要もない。復興のための組織に超党派で適材適所の人物配置を行なえば良い話である。

 復興のための組織は時限的なもので、復興の道筋が出来れば解散する。しかし現状の菅政権では国民経済にも被災者の救済にも見通しが立たないため、今回の不信任案提出問題が起きた。それが不信任案を可決しようとした与野党の共通認識である。「大連立」を組まなくともすでに与野党には共通認識と協調姿勢があり、政治空白を作らずに復興作業を行う事は出来るのである。

 鳩山前総理の言う「うそつき」たちは「大連立」を提案すれば時間稼ぎが出来ると思っているのかもしれないが、「大連立」で時間を浪費する訳には行かない。しかし「うそつき」たちが「もがいた」ため、ついに自民党の谷垣総裁は菅総理に対して来週中の退陣を要求した。「もがき」によって退陣時期は早まっていくのである。

★   ★   ★

■お知らせ

田中良紹さんによる「居酒屋田中塾」の第17回日程が、6月29日(水)に決定しました!

田中良紹さんによる「政治の読み方・同時進行編」を、美味しいお酒と共に。

ぜひ、奮ってご参加下さい!

【日時】
2011年 6月29日(水) 19時〜 (開場18時30分)

【会場】
第1部:スター貸会議室 四谷第2(19時〜21時)
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 301号室
http://www.kaigishitsu.jp/room_yotsuya.shtml

※第1部終了後、田中良紹塾長も交えて近隣の居酒屋で第2部を行います。

【参加費】
第1部:1500円
※セミナー形式。19時〜21時まで。

第2部:4000円程度
※近隣の居酒屋で田中塾長を交えて行います。

【アクセス】
JR中央線・総武線「四谷駅」四谷口 徒歩1分
東京メトロ「四ツ谷駅」徒歩1分

【申し込み方法】
下記URLから必要事項にご記入の上、記入欄に「年齢・ご職業・TEL」を明記してお申し込み下さい。

21時以降の第2部に参加ご希望の方は、お申し込みの際に「第2部参加希望」とお伝え下さい。

http://www.the-journal.jp/t_inquiry.php

(記入に不足がある場合、正しく受け付けることができない場合がありますので、ご注意下さい)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8097

コメント (93)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

田中様のおっしゃることに同感です。

将棋に例えると玉の逃げ道はどこもなく明らかに即詰みとわかっているのに「負けました」と投了もせず、ただひたすら残った時間の浪費にしか頭にない悪徳グループである。
しかも、岡田、枝野の悪徳グループの手下が次期内閣での大連立に言及している様は滑稽でしかない。余程自分たちの影響力を少しでも残したいと云う魂胆だとは誰にもミエミエである。もう彼らの打つ手は限られてきた。
参議院、統一地方、衆議院補欠、知事選挙と相次ぐ大敗を繰り返しても執行部の責任論も有耶無耶にし、学級崩壊のままに放置されたままではないか。
早く両議員総会を開き反省と総括をしない限り、また同じ道を繰り返すばかりである。そして早く新執行部の決定により学級を立て直すべきだ。それから大連立の議論に入るべきだ。
この悪徳グループ抜きでの新体制で被災地、避難民のために積極的に取り組んで欲しい。

不信任案否決からここ数日の動き、前回と今回のコラムで合点がいきました。
これまで言葉を何度もひるがえしてきた菅さんを信じて不信任案を否決したのか、なぜ辞めていく人たちが自分たちが辞めたあとの政権の枠組みについていろいろ意見するのか、不思議でなりませんでした。
納得がいきました。
そこで、小沢さんのシナリオには、当然ポスト管、そして救国内閣の枠組みについてが織り込まれているのでしょうが、どうも先が読めません。
民主党も自民党も公明党もすべて官僚の言うがままの政策を打ち出してきているように感じているのですが、どのようにして国民生活、震災復興が第一の内閣を打ち立てるのでしょうか。

かつて福田政権と小沢民主党の大連立を否定していた筈の方々が、突如として大連立論を口にしはじめました。しかも辞めてゆく身の方々がNHK討論会でその後の形まで論じており、わざわざ自ら国民の前であぶり出されているわけです。今や漢(おとこ)を上げて晴れて自由の身となり国民的な人気を博す(笑)松木先生が産経の取材に答えておられましたが、今とこの先を考えるのに物凄く分かりやすい内容でした。私も大筋で松木先生の意見に賛成です。以下に添付致します。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110607/stt11060721300010-n1.htm

しかし往生際の悪い奴とはこの管にぴったり当てはまる。
与謝野が自民党比例区のバッヂを付けたまま民主党政権の官僚に豹変したときは、自民党所属議員の立場からは単なる一人の偏屈者でしかなかったが、与謝野からは数百人と云う同志を裏切ったことになる。
その与謝野を三顧の礼によって誘惑した管が同じ道をたどろうとしていることは偶然ではない。ペテン師のレッテルでは不十分なのか別の形容詞までも探しまくっている。

執行部への意見が閉ざされて、意思疎通は執行部からのみの一方通行のみの姿となった民主党の体質。このままでは「民を主とする」政党によって国体が弱体化しファシズム化の危険がある。
自民対非自民の構図の画策のみで政権を取った理念不一致の民主党の取らざる施策はその場しのぎでしか生きられない。そこには常に新たな不条理が生まれてくる。
「過ちを観て斯に仁を知る」の言葉がこの管執行部を的確に表現している。

<田中良紹様>
私も田中さんの見立てに賛同いたします。
さて、岡田幹事長は学習能力がありませんね。思えば政権交代の夏、民主党の政権奪取が確実視される中、彼は選挙中から「政権移行チーム」を提唱し、政権交代の原動力である小沢氏の排除に動きました。当時の小沢さんは代表代行、組閣チームから排除できるポジションでした。要は鳩山代表に人事をさせない、という目論みです。
選挙中からはしゃぐ岡田氏に小沢さんは「まだ早い」と取り合わなかった。そして実際に政権を奪取すると鳩山氏も岡田氏の案に乗ろうとしました。小沢グループがつぶしましたけど・・・。
ことほど左様に、岡田氏は、他人の力を自分の力だと勘違いし、権力を行使しようとします。今回も新代表が決定する迄の間隙をついて、自民党から仲間を補充して政権内の小沢グループの影響力を薄めようと動いています。
谷垣氏がまともだったから良かったものの・・・。大連立など、政策の刷りあわせや人事・・・平時ですら時間がかかります。
震災対応のスピードアップが求められる今、彼ごときの力量でできる訳がありません。そんなに消費税を上げたいなら、さっさと離党して自民党にお世話になればいいんです。
尤も、一度は小沢氏の庇護に入り、その後離反した船田元氏と同じ末路を歩む覚悟が必要ですけど・・・。一兵卒として汗をかけるか?そんな覚悟もなく、党勢衰退の立役者の自覚もない彼には未来がないと思いたい。

民主党所属の衆議院当選1回生たちの「その他大勢の議員」の意味するところ。
彼らは政治の場でどのような仕事を果たしているのか。いきなり政治の世界に飛び込みいまだに仮免許状態が続いているのではないか。
先のコメントで「天秤ばかりの重りの役目しか果たしていないのではないか」と投稿したが、彼らのうち比例区当選の議員は地盤もなく、国民の声を直接聞ける手段すら持っていない。
この150名近い議員が様々な委員会に所属しながら政治が運営できているのであれば、その他大勢の存在価値にしかならない。
極端に云えば衆議院議員定数削減の目途としてこの150が最大基準値とされるべきである。
民主党マニフェストの一つでもある議員定数削減にも期待していたが、民主党は何でもありの体質だからまさか「国会議員は含まれていません」と得意の詭弁で逃げ切るつもりか。
しかし今この詐欺マニフェストをながめていると、我々国民のどれほどが騙されてきたのかあほらしくなってきた。

白いペンキで塗り固められた嘘の塊のような政権だった。そのペンキ塗りにいそいそと余念のなかった、岡田、枝野、仙石などが、総理の辞任時期や連立の組み立てを論評し関与するなど、ちゃんちゃら可笑しい。西岡参議院議長が定例会見で示唆したように、「共同正犯」たる岡田、枝野、仙石などが、今後の党運営にずるずると係わるのは論外なのである。

こと恵美さんの指摘するとおり、菅は当然、岡田の政治生命も尽きた。というより、次はない、状態にすべきである。なぜなら、彼らは嘘で塗り固められた菅政権の一兵卒ではない。参謀本部にあって、嘘で塗り固めることを天職であるかのように、余念なく励行した張本人の一人だからである。

今回のことで、面白いと思うことが一つある。手柄は横取り、常に自分中心、悪評は他に責任を押し付ける・・・菅の常套手段であるが、大変興味深いのは、岡田と枝野、仙石たちが、きちんと菅のこの手法を学習し踏襲していることだ。

彼らの行動は次のように主張しているように見える。嘘吐き政権が嘘吐き政権であった責任は、すべて菅ひとりに押し付けてしまえばよい。菅ひとりが退場すれば、こんどは俺達が政権の中枢に残るのだ。悪いのは菅であって俺達ではない。

嘘の連鎖としか言いようのない岡田、枝野、仙石の行動である。けっ!ちゃんちゃらおかしい。と西岡議長は言わなかったが、一般庶民はそう思う。岡田が一丁前のことを言う都度に、「お前らも責任があるだろうが!」とテレビに向かって怒りをぶつけているのは私だけではないだろう。

 やはり、人間的魅力なんだよ。

 田舎の選挙で何度か候補を応援し、広報、事務局を担当しているが、組織や支援者の広がりの最後は、候補の人間的魅力だと思う。運動員や遊説車に乗るウグイス嬢の熱意が加わるには「あの人のために」という候補が強い。
 周りに怒鳴ったり、不利の情報でいらついたりする候補は勢いは尻つぼみになる。

 やはり議員は人に好かれてこそ、支持者が増える。小沢さんはマスコミに叩かれていても、いまだ政治力が失わないのは人間的魅力だと思う。平野貞夫氏の「小沢一郎絶対無罪」の本を読んで、そう実感した。
 小沢叩きは、旧勢力と、古くから存在するマスコミの小沢排除のシステム(知る人ぞ知る三宝会)がいまだ機能していると認識する。それに国民がマスコミに刷り込まれて、まともな小沢判断ができなくなっている。
 しかし、誰もが、小沢さんは政治の要諦と勝つ選挙を心得ていると思っているから、政敵はウソもねつぞうも、検察を道具にしてでも叩きまくってくるのだろう。

em5467-2こと恵美さん

そんなにケチョンケチョンに貶し捲くらなくてもいいのでは。

彼もまだこれからの政治家ですし、あなたが思うほど悪意に満ちた人物でもないと思いますよ。不相応な役回りを持ち前の実直さ(まあ、融通の利かないということでもある・・)で精一杯遣っているんだと思います。熟せてないのは、偏に彼の力量がその役職に及ばないのであって、だからといってこの政党に他に熟せる人材がいる訳でもなく、「小澤一郎」を党首にでも仰がない限り現状の未熟集団では如何ともし難く、一々論っていても疲れるだけでしょう?

このままなら、官僚の犬にまで成り下がった者がソウリの座に着くという悪夢が現実となるやもしれません・・(さすがにあのナルシシストの目は無いと思いますが)カンジチョウ如きに熱くなっていたら身が持ちませんと老婆心ながら申し上げる次第です。

今、周りの同志には充電を促しています。国家を想うが故のあなたの尊い旺盛なエネルギーも所を得て初めて意味を持つのだと思います。今は「耐え難きを耐え」の時だと存ずる次第です。

田中 様

「うそつき」の「もがき」、今の管政権の実情を的確に捉えた言葉で、「言いえて妙」と、納得しています。

初心者が水泳で、もがけばもがくほど、溺れやすい道理を、政治の世界で再現している感じで、愚かとしか言いようがないのですが、権力亡者の見苦しい姿を国民にさらしていることに気づかないほど、今回の不信任騒動は、ショックが強かったのでしょう。

小沢氏を党員資格停止して幽閉し、小沢氏の力が衰えていると、錯覚したのでしょうが、ポストを按配できる権力も持たず、潤沢な資金を配布できる立場にないのに、今なお不信任を可決できる力を保持していることに対する驚きは、想像に難くありません。

今回の意味のない行動は、恐れが募ってくるための「もがき」にすぎないのに、本人たちは至極真面目に、偏向報道機関を使って、自己延命を図っているのは、滑稽ですらある。利己的で、自分たちのことしか考えないから救いようがありません。

自民党は、渦中にないから極めて冷静であって、こんな民主党に手を貸すなどは、損になっても特にはならないと、損得勘定がよくできています。

野たれ死ぬ前に、きちんと辞任表明をすべきです。また、代議士会の時の、管氏の情けない泣きべそをかいた痛ましい顔を、見たくはありません。最後ぐらいは、自分の身は自分が処置できなくては、一国の総理としてみっともないと、助言したい。

岡田、枝野、安住ら悪徳グループのもがきは醜いそのものである。
先の内閣不信任案提出は管に対してだけでなく内閣とそれを支える執行部に対して信任していないからである。
内閣不信任案提出理由発言の大島氏、斎藤氏の内容には管の固有名詞しかないことを盾に、この悪徳連中は己は信任されていると錯覚している。
うそつき、ペテン師とまで形容詞が付いたのは管のみでなく悪徳連中を含む管擁護の連中も同じことなのである。
うそつき、ペテン師が官邸での会見や報道期間に対する発言を行ってもその言葉には重みすら感じない。

仰る通りです。大連立は国民のためでもなく、菅政権の延命策に過ぎず、まさに末路の悪あがきでしかない。そもそも震災後3ケ月近くも経って、何で今頃大連立かとなる。ここまで、国民を愚弄し、冗談にも程があろうというものだ。

人間の日頃の言動は恐ろしいもので、人の顔や眼に写し絵のように現れる。菅、仙谷、岡田、枝野、安住の人相が特に醜い。とにかく、理念、ビジョン無く、場当たりで、ウソにウソを重ね続けているだけに。

殺人犯であろうと、どんな人間にも「良心」というものが宿っている。しかしながら、菅、仙谷、岡田、枝野、前原、渡辺、玄葉、安住等、さらには裏権力行使する行政官僚、文科省20ミリシーベルト官僚連中には、良心の欠片も見えず、こやつら本当に人間だろうかと見紛う。!!!


「耐え難きを耐え」の時だと・・・・

 今は、原発事故戦争。あの太平洋戦争も、めちゃくちゃな戦争でした。内閣の判断、外交の破綻、陸軍の穏健派が暗殺され「強行派」が戦争に突入。さらに悪いのが、戦意高揚をあおった新聞です。(今も酷似)
 広島、長崎に落とされた原爆は、実際に被爆した市民だけではなく、あとで救助に奔走した人達も細胞内に侵入した放射線で内部被爆者が何千人と治療になったとか。
 福島原発事故は、どうなるのか。ゆううつです。

田中良紹様

>与野党協調の道は「大連立」にあるのではない。これまで協調体制を作る姿勢をまるで見せなかった菅総理に退場していただき、全政治勢力が結集して「復興のための臨時政権」を作る事なのである。マニフェストを変える必要もない。大臣ポストを各党に割り振る必要もない。復興のための組織に超党派で適材適所の人物配置を行なえば良い話である

深く深く納得同意します。
これら実践のため、あの合意書が有り、あの不信任案否決が有ります。

体内が我欲で充満した「うそつき」たちの浅はかな思考行動など、小沢氏には先刻お見通し。大人と子供。自分らの頭脳を過信し自惚れた『幼稚で愚かな策士』たちは、その愚かしい策に溺れ自ら墓穴を掘ったのだと思います。

ネット上にも「小沢の敗北」「小沢の冷血」「小沢の終焉」「鳩山の裏切り」等が少なからず見受けられ、我ら支持者もザワザワと心乱されつつある中、それこそ絶妙なタイミングの二度目の寄稿。

頭が下がります。有難うございました。

田中様
以前、小沢一郎先生が福田自民党と連立を組もうとした目的は、経験がない民主党議員を育てるため与党を経験させる目的だったのではないかと考えます。
しかし、今回の大連立騒動は与党に戻りたい自民党古参議員と大連立においても小沢外しを画策している菅グループとが動いています。特に、仙石副官房長官の動きは顕著です。
連立を組む目的が不純で、震災復興をだしにしています。
小沢一郎先生が参加しなければ、大連立は機能しないのではないかと考えます。
小沢先生に不純な大連立を阻止してもらいたいものです。
(評論家は壊し屋だからと言うでしょうが。)
自民党は6月末に問責決議を提出し、西岡議長は問責が出された場合は参議院を開かないと明言されております。
政局から目が離せません。

こういうのを「トロイの木馬」といわずして。

知らぬは国民ばかりで、木馬の中の人間は、異教徒であった。
であれば「破れかぶれ解散」も「あとは野となれ山となれ」なのかもしれない。

解散すれば、200%で民主党は下野する。下野するのが嫌だから悪あがきは続く。続けば続くほど、もがけばもがくほど、占め縄は絞り込まれ、自らの首を締める。もはやあり地獄から抜け出る手立てはない。もう二度と騙されはしまい。国民はバカではない。

ようやく「メルトスルー」なんぞをいい始めた。はやく「再臨界」を白状しろ!
とりあえず子供達を避難させよう。武田先生、小出先生の声に従おう。

私は、田中さんの解説に長く違和感を覚えてきた。
それが、今回よくわかった。
それは、先ごろも書いたが、田中さんの解説は、常に陰謀説であり、深いはかりごととしてしか政治を見ようとしないからだ。
そこには、「誠実さ」がない。

今回も、
<「それは小沢一郎氏の支持があったからである。「自主判断の支持がなければ大差の否決にはならない。>とのことだ。
しかし、私が見た限りでは、小沢氏は悩みに悩んだ末に行動している。
民主党を潰しても仕方ないと判断したのは、今回の事が震災対応の不備が原因だからだ。
決して、自らに対する菅総理の理不尽原因としたものではない。
はなから、不信任の成立を望み、結果、万一民主党が壊れても仕方ないとまで思っての行動だと考えている。

第一、鳩山氏が当日の朝に菅と会う事を、小沢は知っていたのであろうか。
状況を思うに、その可能性は薄い。
もし、そのような予定が有ったなら、予定の行動であったなら、鳩山氏のあの嬌態はなんなのだろうか。
いかに菅直人および執行部を批判するためとはいえ、自らが選んだ総理に「うそつき」という言葉を投げるなど、おおよそ感情が言わせた言葉としか思えない。
とても、綿密な計算によるものとは思えない。

<自民に主導権を渡さず、小沢の力で辞めざるを得なくさせる。>
いかにも、細かな策略で有り、精緻を極めた計算づくの作戦、陰謀である。
しかし、上記の理由で、私は小沢がそんな小技を使う筈がないと思っている。
それよりも、民主党を壊しても震災後の災いを取り除く方向を探ったモノと思っている。
その為に、正面から「誠実」のみを武器に仲間を説得したのだと思う。

カラオケ屋から出てきた小沢一郎が、笑っていたと云う、機嫌が良かったとマスゴミは言う。
機嫌がいい訳がないのだ。
集まった人数は少ないし、途中退席も有ったという。
不信任賛成を呼び掛けた手前、謝るしかない人間が、機嫌が良い筈がないのだ。鳩ポッポの不手際が、不愉快で仕方ないのだ。
小沢一郎が、機嫌の良い顔をする時は、機嫌が悪いのだ。
当たり前だ、正直に顔に「不機嫌」をさらす馬鹿な政治家など、大した奴じゃないのだ。

私は思う。
田中氏のように、政治をはかりごと・裏技のみの世界かの様に書く人が、国民を政治から遊離させ、果ては小沢一郎を怪物のように思わせてしまっているのだと。
政治評論家が、小沢をおかしな存在にしている。
政治から、国民を引きはがす役割をしている。

震災後の状況下において、政治家が政局にうつつを抜かすのは論外ですが、マスコミや評論家も一緒になってやっているのを見ると、このような震災を受けても変わらないのだなと呆れてしまいます。現状最も報道や論評すべきは、東電が示した工程表の進捗状況や震災からの復興対策における各自治体の取り組みや市民からの要望等国内だけを見てもいくらでも重要なことはあります。海外でもチリの火山よる被害や国際的な原発への対応、アラブの春など重要なことはいくらでもあります。
いいかげん、このような馬鹿騒ぎから脱皮できないのでしょうか?政治家もマスコミも評論家も、そして国民も。

宮城から千葉までの沿岸の海藻類の汚染を政府は調べているのか、それとも調べてデータを保有しているのかも明らかにしない。地元漁民、漁連は、憤っている。東京新聞によれば、NGOが外国分析機関へ依頼し、海産物蓄積汚染評価をしている有様である。本来、政府や自治体の仕事である。昆布等の海藻類でヨウ素が1kgあたり10万ベクレルを越えたほか、セシウムで2500ベクレルを越え、ともに規制値をはるかに越えている。当然、海藻、貝、蟹、魚も汚染が進行している。地元漁業関係者は死活問題である。


既投稿者の中に「「耐え難きを耐え」の時だと存ずる・・」とか、ほざいているものがいるようだが、太平洋戦争じゃあるまい、菅、仙谷、岡田、枝野のデタラメ政治ではらちがあかないから、声を大にしているのではないのかね。

<Mr.Southpaw氏>
私は岡田氏を「これからの政治家」ではなく「これまでの政治家」だと思っている。
本来彼のポジションは「殿、これまでです。共に黄泉の国にまいりましょうぞ」と介錯するか、「党を混乱させた責任は自分にある。自分が辞めるから殿のお命だけはお救いください」という立場です。その様な行動をすれば、彼は「これからの政治家」になれた。
彼が幹事長になってから、参議院議員・地方議員・・・どれだけの仲間を路頭に迷わせたと思っているのか。敗戦の度に彼は「小沢さんの政治と金の問題が響いた」「震災の対応で充分に応援できなかった」と一度も自身の責任には触れず仕舞いだ。これでは、落選した議員が気の毒すぎる。
地元三重の県知事選挙で11回も応援に入っていながら擁立候補が落選し「震災の対応で応援が充分ではなかった」と言い訳するばかりで、候補に申し訳なかった、とは決していわない。11回も応援に入って勝てなかった事実は隠蔽した。
かろうじて、石井一氏が辞任を申し出ると、慰留してチャンチャン。無責任、みんなで亘れば恐くない、
岡田氏に替わる人がいない、なんてチャンチャラ可笑しい。菅氏サイドには・・・という注釈付きでなければ理屈は通らない。別に平野博文氏でも良い訳です。元官房長官なのだから・・・。極端にいびつな人事が、枝野幹事長→官房長官 仙石官房長官→仙石副官房長官 岡田外務大臣→岡田幹事長とぐるぐる移動しているに過ぎない。
私は岡田氏をかっていた時期がある。人情がある人だと思っていた時期がある。
今では恥ずかしい。

どうも民主党には単純思考回路の人物がはびこっている。いや完全な左寄り発想主義なのか。
管は云うに及ばず、鳩山もその先駆者だった。いきなり中国を含めた東アジア共同体構想をぶち上げた。結果的には鳩山がとんずらしたおかげで自然消滅しホットしたが。
この東アジア共同体に対して当時のマスコミも懐疑的な論調も見当たらなかった。
以下にど素人の私の見解を述べてみたい。
我が国は昭和の時代に入って太平洋戦争に至るまで東南アジアまで軍隊を派遣し戦線を拡大しながらも、終戦後は日本に対しては極めて友好な関係を維持してきている。
その理由の一つ目は白人社会からの植民地解放を成し遂げてくれたことであり、二つ目は中国共産党による侵略を警戒しそれを日本が防いでくれたこと。
そして三つ目は台湾、パラオに対してはインフラの整備、病院、学校の建設を行い社会貢献を高めたからである。
このような状況で日本が中心となって東アジア共同体構想でひとつにまとめてくれさえすれば、中国は一網打尽に手中に収めることは明らかである。台湾問題も一気に解決する。
まさに、東アジア共同体構想が進んでおれば中国の手先となって動いていたことになるのである。
中国の狙いは太平洋領域への進出であることは明らかである。米国軍隊がフィリピン撤退直後に中国領土から遠くかけ離れたフィリピンの島を領有権宣言したり、最近はベトナムとの間で武力衝突のトラブルも発生している。
中国が日本抜きに密かに米国に持ちかけたとする第一次防衛線、第二次防衛線という構想を国政を担う政治家は果たしてどれだけ知っているんだろうか。
皮肉なことに鳩山の首相辞任によって東アジアは救われたのである。そして管の辞任によって日本の弱体化だけは救われる。
管辞任時期騒動の中「仙石の動き急」の報道があるが、「自衛隊は暴力装置」、「日本は中国の属国になっている」などの発言をするような人物に日本のトップに据えることだけは絶対阻止すべきである。東大の安田闘争の中にいたのに弁当配りが役目だったとも国会答弁でごまかしている。
このような危険人物と連立の交渉をする自民党:大島もあきれてしまう。

ここのコメント欄を見ているとよくわかります。
今回の茶番劇は単に電力利権当事者と権力ゲームに明け暮れる政治家と小沢信者とネトウヨの利害が一致しただけのこと。
ちなみに私も世に言う小沢信者ですが、年齢的に考えても彼は終わりでしょう。
何より、こんな悲惨なことが国内で起きて、しかも現在進行形なのに自らの地位のことしか頭にない政治家に心から失望しました。その中に残念ながら小沢さんも含まれています。もともとは国策捜査による失脚があるにしてもね。

>これらの「もがき」に共通するのは全く国民の方を向いていない姿勢である。

少なくとも、菅おろしにのみ躍起になっている、政局優先主義の方々よりはましだと思いますが、いかがでしょうか。
復興第一と考えれば、誰が首相であっても協力できるはずです、いや、すべきです。

まあ、すべきだと言っていても世の中は回っていきませんので、政局優先主義の方々に合わせていかなければいけませんね。

一番の不安は、菅首相が辞めても政局優先のあまり、復興への道筋が立たないことです。
そのために、今の内に菅首相後にはどうするのかを協議しておかないといけないわけです。
辞任という、現状最大のカードを切るためには、切った後に今よりよくなる保証がなければ無駄死にになります。

菅首相を辞めさせたいのならば、辞めた後にどうなるのかしっかりした形を作り、安心して辞めれる環境を作ることが一番よい方法と思います。

田中さんの話はとても面白いです。
僕らが思いつかないような種明かしが素晴らしい。
この騒動が「馬鹿らしい」と高所から嘆いておられる方は、菅やマスコミと一緒にただ嘆いておられればいいんじゃないですか。
僕は、今のゴタゴタは次の政権(たぶん大連立)への枠組み作り・主導権争いだろうから、大事な儀式だと思うので、面白がって見物させてもらいます(笑)。

連立工作に奔走する仙谷氏の、真意がよくわからない。

現状分析すると、
1.管氏は辞任は表明しているが、時期は明確化していない。
2.党の方針は、新代表の専権事項であるのに、新代表の行動を拘束しようとしている。
3.連立などの基本的事項は、両院議員総会などで、議員の賛否を問うべきものであるのに、執行部が独走している。
4.連立を組む時、政権交代時の公約は、破棄するのか、党内議論が進んでいない。
5.小選挙区制度における選挙事情に対する配慮は、期限限定の連立で議員の了解が得られるのか。
6.連立を反対している国民新党との信義をどのようにかんがえているのか。

そのほか、閣外協力ならまだしも、連立を組む場合の障害は、かなり多いので、簡単に進むようなものではない。わかっているはずなのに、マスコミを利用して既成事実化PRをしようとしている。

また、時間稼ぎの姑息な「目くらまし」をしているのであろうか。
きわめてわかりにくいが、仙谷氏と管氏との間に意思疎通があるかどうかが、ポイントではないか。

意思疎通がないとすると、二人とも裸の王様で、見苦しいとしか言いようがない。
意思疎通があると、民主党が極めて深刻な事態に陥るのではないか。二次補正を棚上げにして、国会延長を見送るような話が出ているが、管氏の得意技で、まさかのまさかの責任転嫁を図ろうと画策するのであろうか。ここまで来ると、「往生際の悪いうそつき管総理」として、名前が歴史に残るのでしょう。

いずれにしろ、国内だけでなく、海外も注視しているだけに、最後は見苦しくしてほしくはない。

>太平洋戦争じゃあるまい、菅、仙谷、岡田、枝野のデタラメ政治ではらちがあかないから、声を大にしているのではないのかね。

「堪える時」というのを戦中派の如き勝手に玉音放送に被らせて熱くなっている人もいるようですが、現状はここで如何に声を大にして何をほざこうとどうにもなるものではないですよ、だから一市民の出番がある時まで血の気はとっときましょう、と言っているのがわからんとですか?漁業関係者の死活問題を心配する気持ちは尊いが、ここでそれを宣ふ前に最低限義援金を自らの納得出来る形で済ませることが先決ではとも言っているのですよ、昆布 さん

既に実行されているのならご無礼の段深謝致します。

元株や氏の見立て通りどう見たってただ単純に小沢の敗北なのに、田中氏はどうしても小沢の勝利と言わなければ気が済まないようですね。

事実を(わざと)取り違えて無理繰り”小沢の陰謀が勝利した!”とすることで何か得があるのでしょうか?
田中氏の得にもならないしましてや国民の得にも一切ならないと思いますが。

また「うそつき」で言えば、各種メディアで発信していた小沢の発言は「うそつき」にはならないのでしょうか?
「不信任案が否決されれば離党し、新党を作る」これは誰の言葉だったのでしょうか?

小沢のウソは自公をも騙し自身の思い通りに政局を動かす綿密な謀略で、菅の(鳩山の詰めの甘さでウソだという証拠すらない)ウソはペテン師扱いなのでしょうか?どこに違いがあるのでしょうか?

またぞろこんな記事も出ていますが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110607-00000123-jij-pol
どうも小沢の思惑と田中氏の見立ては大きくずれているようですね。

em5467-2こと恵美(2011年6月 8日 10:24 )氏のように
小澤氏を ほぼ原理主義的に感じられる方もおり、
Mr.Southpaw (2011年6月 8日 11:48)氏のように
それを たしなめるような方もおられ、
元株や(2011年6月 8日 16:38 )氏のように
田中氏を批判される方もおられる。

 民主主義の 本質は法に触れない限り、意見が異なるものを内包できるか否かでしょう。

 3月11日の東日本大震災&大津波災害・東京電力福島第一原子力発電所人災から、3ヶ月が過ぎようとしてます。

 残念ながら 管直人政権は この3ヶ月の間に 政府として陣頭指揮を執って、福島原発災害に、何が出来ましたか?
何もできておりません。
相変わらず 朝起きれば 速報されるニュースは様変わりしかねない状況が続きます。

 これは いけません。
管直人氏は3月12日朝6時に官邸からヘリコプターで 福島原発に赴きました。
8時30分に現地で視察を行う予定とのこと。
午前2時の時点で 官房長官は”要請というより指示によって” 管直人氏の現地視察後に 「ベント」を行うように“指示”したと はっきり表明しております。

 管直人首相は 3月12日から 東京電力福島第一原子力発電所にとどまり、現地対策本部長になるべきであった。。
”カイワレを食った”時のように、

こと恵美さんのご意見に賛同します。
自分も岡田氏を郵政選挙の当時は指示していましたたが、これほどまでに状況が読めない人とは思いませんでした。原理主義者と言われているようですが、原理しか知らない狭き人物であり、菅現首相とともに次期選挙以降は国政に出るべき人物ではないと見受けます。

恵美さんの憎悪の経緯は解りますが、血の気は「いざ鎌倉」まで出来るだけ温存しておきたいものですというのが趣旨です。まあ、オカダは2年前とは変わってしまったことは確かです。人情家という印象は持てなかったが真面目さは新鮮で気に入っていたのであるが・・与党の幹事長という一番不向き(というか無理)な役を引き受けたことが彼の運の尽きかと。

あと、一連の騒動のことはシンプルに見るか深謀の見地から分析するかで当然見解は分かれますわな。個人的には後者の田中さんの方が好きですが、元株やさんのピュアな見解に賛意を覚えることも又確かです。

それ以上の議論は控えますが、個人的には、敵味方双方が「不戦也」の思わくで一致した出来レースであったという見方です。その根底に政治家の保身があったことは言うまでもありません。

 小沢氏の笑顔は、小沢氏が不機嫌な時に見られる、というのはその通りかもしれない。

 しかし、古株の議員連中の底を見通せる小沢氏が、必要な時に権謀術数を駆使するのも大いに可能性のある話だ。
 それを評論家諸氏が顕在化するのは、政治的判断の貴重な判断材料ともなり得る。その程度の事が出来なくて誠意だけで通用するなどと考える政治家は逆に信用できない。
 これを不気味に感じる国民は、政治判断ができない人だろう。だからって、その姿を国民に隠し8割の国民の偽りの支持を得ても、表面的には国民に辛い国益を追求することはできない。

 小沢氏は田中氏に見えるほど正直な政治姿勢を貫いて、少数の理解者と共に国益を追求している。

 小泉政治は決して国益に繋がらず、真の国益追求は大多数の国民の支持を得られない。

 その現実を踏まえ、国益を追求するか地位を得ることを最終目的とするかで、議員の姿は2つに大別される。

 もちろん、個々の議員はその2つの間で揺れ動いているが。

福島第一原発から全国各地へ飛び散る放射性物質が顕在化している。
東京都大田区、神奈川県平塚の下水汚泥処理施設で極めて高く濃縮されていることが、相次いで見つかっており、問題となっている。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4746251.html
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110513ddlk14040272000c.html

さらには今後、一般ゴミ焼却場や産業廃棄物焼却場でも、枯れ草や生ゴミには放射性物質が確実に含まれているため、焼却煙に混ざり、放射性物質が空気中へと、とどめなく拡散することが、容易に想定される。もちろん焼却灰を最終処分場で埋め立てれば、地下水への放射能汚染連鎖へと拡がる。知らない間に外部、吸入被曝となる。これらの評価、処理体制を整えることは喫緊の課題である。しかし、地方自治体役人は先手、先手で頭を使ってくれればよいが、現実は?だ。

政府も行政も、また地方自治体行政のやることといえば、隠蔽するか、パニックになるから公開を控えた等はもはや犯罪で有り、国民に被曝をわざとさせていることになり、今後、訴訟問題となろう。未必の故意で国民に放射性物質による外部被曝、内部被曝させてしまうことになる。行政は早急に評価し、都民、市町村民にデータを公開すべきである。

以下は福島県行政、政府、霞ヶ関行政のデタラメぶりである。
<転載>
県、高放射能データ公表せず 3月、福島市などで検出
2011年6月5日
 東京電力福島第一原子力発電所で最初に水素爆発があった3日後、原発から約50キロ離れた福島市内の雑草から、1キログラム当たり100万ベクレルを超える高い放射能が検出されていたことが分かった。福島県は政府に連絡したが、公表されたのは、翌日に別の場所で測った6千分の1ほど低いデータだけだった。県は「意図的に公表しなかったわけではない」としている。

 県は3月15~16日に第一原発から福島市までの国道沿いや、福島市の県原子力センター福島支所など5地点で、雑草や水道水(上水)、雨水を採取し、放射能を測った。

 その結果、5地点から採った計七つの試料のうち、ヨウ素が10万ベクレルを超えたのは五つに上った。川俣町の国道114号と349号の交差点付近の雑草からは、放射性ヨウ素が1キロ当たり123万ベクレル、放射性セシウムが10万9千ベクレル。福島市の国道114号付近の雑草からはヨウ素が119万ベクレル、セシウムが16万9千ベクレル検出された。

 しかし、県が当時公表したのは、同支所の水道水から出た放射性ヨウ素の177ベクレル、放射性セシウムの33ベクレルだけだった。公表を限定した理由について、県は「数値の高低ではなく、直接体内に入る可能性があるため、上水を優先した。それ以外は政府で発表すると思っていた」としている。

 政府の現地対策本部によると、測定結果は、県から報告を受けた同本部がファクスで経済産業省の原子力安全・保安院に連絡している。3月16日以降の周辺モニタリング結果は、文部科学省が一括して発表する段取りだった。このため、15~16日のデータの発表を県と文部科学省のどちらがするのか、あいまいになっていた可能性があるという。
http://mytown.asahi.com/areanews/fukushima/TKY201106040444.html
<転載終>

「国語力」
無名 | 2011年6月 8日 22:54 氏が指摘されたものを一読しました。
「民主党の小沢一郎元代表は7日、自らに近い若手議員と会い、菅直人首相の後継を選ぶ党代表選に関連して「(衆院選公約撤回を求める)野党の協力を得られる人でないとだめだ」と述べ、公約修正に柔軟な考えを伝えた。」
(  )は記者が付け加えたものと思いますが、今までの小沢氏の主張から論理的に考えるとこの( )に入るのは「(政治家として・人間として)野党の協力を・・・」あるいは「(この国難を克服するために)野党の協力を・・・」などの言葉が入ると思いますが、如何でしょう。国語力の問題だと思いますが、この(  )は当然東北大震災・福島原発問題の解決を想定した与野党協力の必要性を訴えたものと理解しました。
 前後の発言内容がないので私の理解が間違っているかもしれませんが、ここで(公約修正)という文章を挿入されると「あれ?」という違和感を覚えます。新聞記事の(  )の文章は、あくまでも記者の立場表明だと思いますが。 

無名さん

みなさん、新聞の記事やマスコミの誘導を信じすぎですよ。

>「野党の協力を得られる人でないとだめだ」

の発言が、どうして〈公約修正に柔軟な考え〉の根拠になるのか。

恣意的に事実を捏造するマスコミの体質を忘れてはいけません。

いざ、人の生死に関わる重大事故が起きれば行政府は国民の命など二の次となり、パニックを恐れて、ウソをつき、情報を隠蔽する。本来、国民に参考情報でも開示していれば防げた被曝を無為無策で放置した。今でも深刻化する海の汚染状況を公開しない。これもパニックを恐れてか。ふざけるな。

行政府のいい加減さを今回の福島第一原発人災でまざまざと見せつけられた。いかに政府というものが信頼に足り得ないものであるかということが。ウソをつき、正しい情報を隠蔽するのであるから、国民はどうすればいいのか。東京電力はその昔から隠蔽会社であることは定着しており、もともと信頼など出来ない。しかし行政府がデータを隠蔽し、じっと時を見計らい情報を開示するやり方は陰湿で犯罪行為である。おまえたち、国民は被曝しろといっているようなものである。


抜粋転載開始:週間朝日DAN「談」6月10日号
食品安全検査は機材も人も足りずにお手上げ
じわじわ広がる土壌・海水の放射能汚染
◆国の暫定基準値はアテにならない◆
 厚労省が定めた「暫定基準値」そのものが問題だと指摘する研究者もいる。美作大学大学院の山口英昌教授(食環境科学)はこう憤る。

「セシウムの基準値で上限とされた500ベクレルという数字は、野菜などを1年間摂取し続けても、セシウムの総被曝線量が5ミリシーベルトを超えないという根拠に基づいて算出されている。しかし、一般人の年間被曝量の上限は1ミリシーベルトに過ぎない。なぜ突然『5倍浴びても大丈夫』となるのか」

 汚染された水や食べ物を口から摂取する「内部被曝」は、体外から放射線を浴びる「外部被曝」とは危険性がまったく異なるという。
「外部被曝であれば放射線源から遠ざかったり、遮蔽したりすることで防御することもできる。だが、体内に入ってしまえば、直に24時間、放射線を浴び続けることになる」(山口氏)

 琉球大学の矢ケ崎克馬・名誉教授(物性物理学)も言う。
「内部被曝の恐ろしさは、1千万分の1グラムのヨウ素131が体内に8日間とどまっていた場合、1シーベルト被曝した計算になるほどなのです」

 1シーベルトといえば、一般人の年間被曝上限である1ミリシーベルトの1千倍である。全身に浴びれば、遺伝子の自己修復が間に合わなくなり死亡者が出る可能性もあるほどの線量だ。
「『基準内であれば食べてもいい』というのはまったくの詭弁(きべん)。国家によるダマシです。少量であっても放射線が遺伝子を傷つけることは間違いない」(矢ケ崎氏)

 ではわれわれは今後、どうしたらよいのか。
 矢ケ崎氏は、汚染された土壌の入れ替えを早急にすべきだと主張する。
「住民の生活および生産の場から放射能をできるだけ取り除くことです」
 だが、汚染実態すら把握できていないのが現実だ。

 前出の山口氏は言う。
「セシウム137の半減期は30年。チェルノブイリ原発事故から23年が経過した2009年にスウェーデンから日本に輸入されたキノコが基準値を超えていたため、輸入禁止になったこともある。数十年単位で考えなければなりません」

 われわれは子や孫の代まで放射能と向き合っていかなければならないのだ。 (本誌取材班)
http://www.wa-dan.com/article/2011/06/post-110.php
転載終

現時点では、田中様のおっしゃる通りだと思いますが。。。

田中さんの「うそつき」「もがき」も良いが、局面的な観察に過ぎず、日本の政治を考えた時にどのようなお考えをお持ちなのかを聞きたいところです。

政権交代後の約2年間を振り返って見ると、
今回の大災害、原発問題は除き、日本には様々な課題があったにもかかわらず何一つ解決に向けて前進出来なかった。自らが掲げたマニュフェストも何一つ実現できなかった。
この原因を推察するに、多分、稚拙な「政治主導」に行き着くのではないか?
鳩山さんは普天間で行き詰まり、菅さんは震災対策、特に原発処理で行き詰まった。
政治の混乱は、自ら主張した政治主導の空回りと密接に関連しているのは間違いないところだ。

小沢さんなら出来たと思っている人もいるかも知れないが、代表戦で負けた上では、言っても詮無いことだ。むしろ逆に、絶えず政局に持ち込む手法は許し難いと考える人は多いだろう。
この難局に、民主党内からの倒閣運動は国民の理解を得るのは難しい。

正直なところ、次の展開を予想すると暗澹たる気持ちになる。
民主党は下野しよう!民主党をぶっつぶす!という野人が出てくれば信用もするが。。。

いよいよ菅首相の最後が近付いて来たようです。思えばこの菅首相を支持する母体の哲学なり思想というものが最後まで見えませんでした。【真ん中中道やや左】とか【リベラル】とか【市民】とかいう、気分の政治というものからの発展的な展開が全くみられなかった。私が高校生の時には世の大人達から気分やファッションで政治を考えてはいけない・そのようなものを体現する者をリーダーに選んではいけないと教わりましたが、菅さんを支持する考えの背景にはいつも、そればかりが見えていました。それから次の復旧内閣についてですが、第1次がお友達内閣で烏合の衆内閣(お友達と烏合の衆はイコール)であったわけですが、第2次復旧内閣は、誰が後ろだてになるのかとか、まとまる為の一致点とかのあまりにも当たり前の話ばかりで、期待出来そうにありません。なんで、一緒にやるということと、お友達ということの違いや、互いに緊張感を持って事にあたるということと、烏合の衆の違いという、社会人1年生に教えなきゃならないことを、我等町衆が教えなければならないのでしょうか?キング仙谷は果たして日本を救う事が出来るのでしょうか?もう、小沢さんのせいにしとけばなんとかなる論はヤメテね。ちゃ

民主国会議員に告ぐ、

何をやってるんだ、

早く両院議員総会を開け、、
執行部、総退陣させろ、、

その流れが難しいのであれば、
執行部側(約50人)を残し、
350人集団離党しろよ、、

今、執行部側が行ってる事、目に余る、
1.幹事長補佐の再編成、
1.造反者の代表選挙権の停止への誘導、
1.当事者能力のない者が次の内閣への関与、

どっちが政局をやってるんだ、

①3年間は解散選挙をしないとか、
②412人内閣とか、
③いずれは君達若手に権限を譲るとか、
④機密費を使っての取り込みに、まんまとはまり、

ニンジンをぶら下げるしか、人心を掌握出来ない者、
又それを喰おうとする者、、

お前ら人間として、恥ずかしくないのか。

<小沢一郎の実力>
「大連立」で税と社会保障の一体改革をやると姦しい。背後は「財務省」なのだろうが、現実的に考えてできる訳がない。今、増税したら日本が持たないこと位、私にでも分かる。
大量の雇用が失われ、財産が海にながれた。「景気」とは文字どおり「気」が大事であり、「節電」や「華美なイベントは自粛する」という世の中の空気に追い討ちをかける「増税論議」など、テレビで報道されるだけで、内需が縮小する。
今、岡田氏・枝野氏はじめ菅政権の要職についている人間が加速度的に「大連立で増税」に走っているのは、滑稽ですらある。
田中良紹さんが以前に分析されていた通り、自民党でも経済の現実が判っている人間は、増税など口にしない。参議院選挙において、自民党は消費税の増税をテーマに掲げ、菅氏も後追いでパクッた。自民党は政権与党ではないから、実現しないと見て、有権者は安心して自民党に投票した。
同じ政策でも、民主党は政権与党だから、有権者は投票しなかった。惨敗である。その有権者心理すら判らない岡田幹事長は、どこまでも空気が読めない人間であり、自民党は連立与党になれば、消費税はやりたくない。景気を冷やすからである。
だから、岡田主導の「大連立」は頓挫しつつある。
財務省寄りといわれる谷垣総裁ですら、テーマを絞り、連立しなくても協力できると拒んでいる。
もともと脱小沢で乗り切れると考えた菅一派は小沢氏の実力を低く見すぎていたのではないか?党内をお仲間だけで運営し、少しでも小沢氏に近いメンバーは徹底して粛清し、自民党さん一緒にやりましょう。公明党さん細野を大臣にしようと思います。などと猫なで声で電話する。
要は、権力欲に取り憑かれ、それだけで政界を渡ってきた菅は、自民党・公明党は政権の連立というニンジンをぶら下げればホイホイついてくる。
小沢一派など頼らなくても政権運営ができるとタカを括っていた節がある。それが相手に透けて見えるから、「党内を纏めてから来い!」と突っぱねられる。彼は「損得だけで人は動かない」という事が理解できない。
岡田主導の連立工作もその延長線上にある。「復旧」「復興」「原発の被害対策」のスピードアップのみをテーマにすれば国民益に叶うのに「消費税をあげましょう」「TPPをともにやりましょう」「米軍海兵隊の辺野古移転をやりましょう」などと、大連立の大儀を逸脱し、大政翼賛会の様に国民的な議論が必要なテーマまで拡大しようとする。それを掲げて、全ての選挙で負けてきたことすら判らないのだろう。発想が民主主義ではなく、ファッショである。
小沢さんの実力は残念ながら菅一派には判らず自民党の方々の方が良くお判りなのだろう。味方につければこれほど頼りになる人はなく、敵に回せばこれほど恐い男はいない、と。
無役の一兵卒が総理の首獲り寸前までやれる男なのである。

嘘をつく必要はないが、この様な政治状況がおかしな時には、小沢氏の党員資格停止を

初めからやり直す必要がないだろうか?


管政権・岡田幹事長の偏った人選によった委員会で決定した資格停止を両議員総会で無効にする必要がないだろうか。

もしそれが適わなければ、新党をつくり、堂々と反旗をして、民主党から政権を奪う方が良いのではないだろうか?


総理を自民党か国民新党に渡しても、今より明るい世が来れば、歴史が認めてくれるのではないだろうか?


小沢さん達も思い切って減税・国民の政治を旗印に減税日本とも協力して流れを変えたらいかがでしょうか?


時には嘘も方便。もっと対決姿勢を出すべきではないのではと思う。


ましてや、敗戦将校の岡田氏の呼び出しなんぞに応じる事なんぞ全く無い。


熱か腹痛を起こせば済む事だ。

田中 様

民主党の人たちは、権力、地位にどうしてこんなにも先走るのであろうか。

物事には順序というものがあるのに、ステップを踏むことを省略してしまう。野党生活が長く、ついつい喜び勇んで脱線してしまうのでしょう。ライバルの餌食になってしまうのが分からないようで、本質的には単純な方たちが多いのでしょうか。

参院選で民主党が勝ちそうな雰囲気にあった時、管総理が勝ったつもりになり、有頂天になって、消費税増税を言い出して、自民党に完敗してしまった。

今回は、管総理が具体的に退陣日程を表明するどころか、不信任案が否決されたので、復興の諸問題が解決するまでは辞任しないようであるにもかかわらず、管氏の意向を無視し、仙谷氏が動き回っている。

小沢、鳩山両グループ、野党の抵抗がないということで、野田氏を候補にして、ちゃっかり御自分の幹事長ポストを、新聞辞令で流し始めている。

既成事実化しようとしておられるのであろうが、この世界では、最初に出た名前は消えることが多いのであるが、それにしても、動きすぎるのではないか。隠密裏に深く潜行してやらないと、この世界では、消される運命が待ち構えている。策士、才におぼれているのではないか。

何といっても鳩山、小沢両氏の影響は大きく、両氏に対する根回しができているのか、成功のわかれ道のような気がします。

野党は復興基本法案が成立したら管は即時6月末にも辞任しろと要求しているが見通しが甘すぎる。この法案が成立しても当分の間管は首相の椅子に座り続けられる。
悪徳グループの枝野、岡田、安住の手下連中が口を合わせたように続け様に8月退陣を発言したが、彼らの狙いは8月末を考えている。
この法案の成立後の重要法案は2次補正予算案であり、管はこの予算案審議の始まるまで最低限逃げ伸びられることになる。
6月末に提出される震災復興構想会議の取りまとめ案をベースとする復興予算案の組み立てが行われるが、国会に提出できるのは早くても8月中旬頃に引き延ばすはずである。
場合によっては国会期限延長などせず22日で閉める可能性もある。そして臨時国会の開催時期を8月中旬以降とする可能性だってありうる。
臨時国会で再度内閣不信任案が提出されたとしても、悪徳グループには8月退陣と明言した以上悪影響すらない。
復興基本法案は早急に成立する必要もない。2次補正予算案の素案を作成する段階でもいいはずである。
この法案可決後には大きな落とし穴がまだまだ潜んでいると推測する。ペテン師はあくまではぐらかし、だますこと以外は考えていない。良識など持っているはずもない。

管を始めとする悪徳グループが「次期内閣は野党との連立が必要」との発言が相次いでいる。何とも煮えたぎらない気分である。
内閣不信任案は否決されたが、一般の法律と異なり「内閣を信任せよ」と何ら法的拘束があるものでもない。自民、公明は振り上げた刀を鞘に収めたはずでもなかろう。
野党は内閣不信任案を提出した以上これらの連中の発言することに対して「野党を相手にした発言は、お節介なことだ」とピシャッと断言すべきである。
管は曖昧な首相辞任を発言したにも関わらずその時期を明確にせず、風向きが変わるのを期待しているのではないか。
仙石が裏で動き回っているらしいが、野党はもっと毅然とした態度を取るべきである。
復興基本法案成立前に最後のトドメをさすべきである。ここ数日が勝負とみている。

YKKさん

菅は、震災じゃなく、最初の参院選で行き詰っています。

小沢なら出来る、などというのは絵空事です。現実には、党員資格さえ無いんです。
そうじゃない、小沢なら、なんとかしようとする、くらいの事でしょう。
それでも、やってれば震災対策は、もっとスピードアップしていたでしょう。
これは、間違いない。谷垣だってやったでしょう。
菅だから、出来なかったんです。

原発については解りません。
しかし、福島に乗り込みはしなかったでしょう。
検証がなされないので、なんとも言えない部分ですが、総理が現地入りしなければ、こんなひどい事になっていない可能性だってあるんです。

ところで、「小沢が政局に持ち込む」とは、一体いかなる意味でしょうか?
常に政局を仕掛ける、持ち込むのは、菅だの岡田だの、仙谷だの、枝野だの、党執行部と政権にある連中からじゃなかったんですか?
小沢一郎は、常に受け身でしたよ、今回を除いては。

そして今回、小沢一郎は、「民主党をぶっ壊す」とは言わなかったけど、事実上ぶっ壊しに行ったんじゃないですか?

とりあえず両院議員総会ですな。

 小沢という大きな力に対抗するための菅総理という接着剤を失った反小沢勢力が、どれほど結束できるか。
 菅の力というよりも、反小沢という力学が半ばを超えた民主党も、小沢氏の党員資格停止で敵を失い結束に陰りが見えてきている。

 この隙をうかがい、中央突破を図るという小沢戦略が見られるか、見ものです。

巷では菅さんや仙谷グループがグルになって、悪巧みを行っていると評判が悪い。我等町衆としては、ほっとくわけにもいかないので、最後はオッペケペーの世界で唄を歌うしかないようだ。私はコノテの唄は大好きなのである。では、今だ誰も菅さん支持を強く表明しないので、サヨナラの唄を歌います。
【永田町大人の童謡シリーズ】から
『はととかん』
作詞 植草一秀
http://m.youtube.com/watch?v=Ha64Qfhl3aM&locale=ja_JP&guid=ON&gl=JP&hl=ja
会社帰りにお友達をお誘いの上、カラオケ等でご唱和下さいね(笑)

政権交代以来できるだけ偏らない見方をしてきたつもりですが、、、小沢さんをそこまで排除する方々の気持ちが理解できません。昨年の代表選と最近のWSJインタビューで心のうちを語ってますが、一貫して「政治家の覚悟」が大事だと説いています。もし間違えば責任を取って潔く辞める。その覚悟で国家の舵を取れと。周囲のおしゃべり議員やマスコミ、評論家たちが勝手にいろんな謀略やら疑惑やらを流布しますが、手元原稿なし(=たぶんゴーストライターではなく本人の言葉)で信念をこれだけ語れる政治家がほかに居ますか?またこの内容で心が動かない議員もおかしい。現在のような緊急事態には、与野党とか政局を超越した「信念」が大事ではないか。ちなみに責任というとすぐ献金疑惑を持ち出す輩がいるが、事実を見ずに疑惑段階で責任を語ることに違和感を覚えないのだろうか。

 どうも、この国の人々は、もちろんこういう方々はごく一部だと願っておりますが、情報というものを疑ってかかり、特に政治家という表裏を使い分る職業に対しては細心の注意で見極めなければならない、ということができないようだ。

 ここで、御仁方々の賛否はありましょうが、大事なことは、立派な意見ほど、誰かの味方に(見方に)なって話をしていないんですね。

 小沢という人間が善か悪か、歴代の総理たちが善か悪かというのは、もうマスコミの方々の言い分で充分じゃないですか。
 大事なことは、我々名もなき草々が、飽くまで自分という器の中で何を支持し、どう行動するか、だと思います。

 あえて名前は出しませんが、せっかく様々な意見が出る中で、誰の言ってることが正しいとか間違ってるとかの論を展開されている方々は、この国を動かしている連中の格好のカモなのだと知るべきだと思います。

 とにかく応援しましょう。この国の一大事を救えるのは、彼らをおいて、他にいないのですから。

小沢の評価にはそれぞれの見方をされていますね。
私は彼の存在価値を以下の様にみています。
・とにかく彼はカネにからむうわさが多すぎる。「疑わしきは罰せず」は彼のような政治家には適用できないものと考える。
 現在のウラガネ献金公判の他、自由党を解体し民主党に吸収されるときの政党助成金の残金10億円の行く先も不透明のままになっている。
・「ぶちこわし屋」の呼称がついているが今に始まったことではない。宮沢内閣のときからその本質が現れている。
 これは排他的主義者なのである。排除ではない。相手の真に対して平然と偽をゴリ主張し相手を絶対排除する彼の性格そのものであり、常に権力闘争の渦中にいる。
・バラマキ4Kの維持を頑固主張するのであれば、片方で国債発行の大幅な抑制も行うべきである。
 これは食事を奢りながら後で請求書を本人にこっそり送り付けるの同じことでないか。
 建設国債は国会決議なしで発行できる制度になっているが、無駄な乱発も運営費の増加にも結びつく懸念がある。
・勢力拡大のために名古屋の減税日本と連携した。財源に余裕があれば減税の前に赤字国債の繰り上げ償還の努力をすべきであり、財源に余裕のない名古屋以外には住みつけない党である。名古屋市民も過去の東京都、大阪府の人気取り政策の結末を勉強すべきである。
危機的状況の時は彼の剛腕が存在価値を高めたかもしれないが、平時の政局状況では彼の負の要素が勝ってくる。震災直後には必要な政治家だったかもしれないが今となってはどうでもいい政治家になった。

「菅は、風向きが変わるのを待っている。」

正しく菅はそのとおりだが、事の中心は菅から離れ、岡田を離れ枝野・前原を経由し、仙谷に辿り着いたかに見えるが、彼らの「反小沢大連立」が成らない限り、政局の主導権は、小鳩連合にある。


政権を担う前のトロイカの一人菅直人の求心力は、今のどの候補よりも強力だった。

 それでさえ小沢氏とは僅差の勝ちだった。
 小沢氏が推す候補に誰が勝てると言うのか。

 まして党員資格停止中の小沢氏を表立って標的にすることは難しい中で、小沢氏の力に対抗できる誰が居るのか?


 親小沢、民主党挙党体制の確立。
 その団結が成れば、参議院の野党切り崩しも進むだろう。

政局の焦点は菅内閣総辞職の時期と次期民主党代表選のゆくえに撃ったが、菅退陣の時期は6月末から7月上旬もしくは8月中のふたつに分かれているようだ。
策士仙石元官房長官が早期退陣で早々に自民との大連立を企てたがさすがに谷垣自民は拒否反応のようだし、今度は野田財務大臣を代表にして、菅一派の延命と共に元々財務省増税派の自民谷垣総裁に連立をやろうと秋波を送っているのが現段階。

いづれの時期にせよこの夏は政局である。 政局より政策だと大人しく真面目な国会議員も少なからずいるが、代表選は政策の対立軸を明確にした戦いにした方がよい。

国民生活・成長経済重視派か 財政再建・財政規律重視派か

復興財源として 特別会計見直し等霞ヶ関既得権洗い出し派か 臨時特別増税派か

衆参捻れ国会・参院過半数回復策として 公明やみんなの党や社民など中小政党との連立連携派か
自民党との大連立派か

今までの菅政権執行部内でも、総理の菅直人はどうやら自民との大連立志向ではなく、 岡田幹事長や仙石らは大連立で消費増税やTPPまで一気に成立させようとする考えのようだ。

岡田や仙石・前原グループが野田財務大臣を担いで、見え見えの一方の対立政策軸である以上、対抗する側はできるだけ纏まって候補を擁立する必要がある。


管の9日の国会答弁では「内閣不信任案は大多数によって否決され信任を得た。仮設住宅に入った人が生活できるようにすること、がれきの処理...までは責任を持って取り組む」とか云い出した。
彼が被災地現場で陣頭指揮をとるわけでもなかろう。これ程までに発言を翻すとは本当に恐れいった男だ。
悪徳グループの手下もこのままでは共倒れになり党への影響力低下を危惧しているはずである。ついに手下が管と距離を置き造反し離脱するような気配を感じる。悪のグループには必ず裏切る人物が一人はいるはずである。
最後の管は「まる裸の王様」で終わるのか。

投稿者: 独言 | 2011年6月10日 06:35 さん

事実認識が間違っていると思われます。

>「疑わしきは罰せず」は彼のような政治家には適用できない<

これはありもしないでっち上げで疑われても、政治家をやめろと言っているのと同義。自民党政治家には「疑わしきも罰せず」を適用するのか?基準が曖昧。仮に小沢さんが白だったら誰がどのような補償をするのですか?

単純に考えて小沢さんがカネをたくさん持っているのは支持者が多いから。庶民の金銭感覚で政治家を語るべきではない。

>現在のウラガネ献金公判の他<

なんですかそれは?たかが帳簿の期ズレですよね。問題になっているのは。村木事件はご存知ですか?検察が調書を捏造した疑いを持つのが普通だと思いますけど。

>相手の真に対して平然と偽をゴリ主張し相手を絶対排除する彼の性格<

相手が偽の場合もあるでしょう。偽に対し断固たる姿勢をとれないのであれば政治家をやる資格は無い。例えば、管さんを真と考えますか?真か偽かは相対的なもの。コンピューターの世界みたいに絶対的なものではない。

>バラマキ4Kの維持を頑固主張するのであれば、片方で国債発行の大幅な抑制も行うべきである。<

これは意味不明です。限られた財源の中でやろうとすれば不可能だが、特別会計を含めた予算の大幅な組み替えと行政のスリム化によって財源は捻出できるのでは?日本の国家予算の費用対効果はすでに最適化されているとお考えか?ポイントはアメとムチによって官僚をいかにやる気にさせるかでしょう。理論的な問題ではないと考えます。

>とにかく応援しましょう。この国の一大事を救えるのは、彼らをおいて、他にいないのですから。

正論をしたり顔で吐かれても・・

まあ、こういう方々がごくごく一部であることを切に願う

管が8月まで居座るなら、小沢さんは、民主党別会派に入ればよいでしょう。

 一年生議員は、自分の選挙に自信があれば、どちらに入っても良いでしょう。

 問題のハトは巣箱に入れて、外からカンヌキをおろしておくのがよいでしょう。

 管・仙石一派の手の内は、朝日新聞を見ればわかりますが、管援護、後継に野田、時間を稼いで党員サポーター参加に持ち込めれば、どうにでもなるというスタンスのようですね。

ポスト管が動きだした。

今 上がっている人たちは「帯に短し、襷に使えぬ」だ。


誰がなってもこの国難を乗り切るのは大変だ。

マスコミや現執行部の人間は国難を救おうとの気持ちなど微塵も無く、唯自分達の都合が良い人間を持ってくるかのみである。


民主党が真に国民の事を思うなら、一日でも早く小沢氏の資格停止を解き、一人の総裁選候補者として立たせるべきだ。

そして小沢氏が勝てば、彼の力を充分発揮してもらえば良い。


もし他の方が勝てば、今度こそノーサイドで小沢サイドの人間にも活躍の場を与え、協力願うべきである。


菅さんの様に愚かにもマスコミの誘導か何方かの浅はかな知恵かは知らないが、ノーサイドを反故にし、腐った根性そのものの嘘で丸めた政権運営をした。


小沢支持のグループには多くの有能な議員がいるので、適材適所で使うべきだ。


小沢なしでの政権運営は(テレビでマイクを向けられたマスコミの誘導視聴者ならいざ知らず、少し政治に関心があれば・・・)成り立たない事くらい分かる。

もし、どうしても小沢の資格停止が解けなければ、党を割っても総理を目指し、立ち上がるべきだ。

いろいろな評論家が「小沢は終わった」とたわけた事を言っているが、ここは奮起して立ち上がって欲しい。


歳の性か考えが一貫しないが、小沢氏がダメなら亀井静香か西岡しかないだろう。


頼むからマスコミの皆さん、今の政権中枢にいる「失敗何人衆」の名前だけは総理候補に上げないでくれ!!!

小沢さんは、実直な方だと思います。ただし、国民に対して。政治家の間をかいくぐり、官僚の中をすり抜け出てきた結果が国民に対して誠実なものだったということだと思います。
永田町でうとんじる人が結構いるという事は、何かあったんでしょう。国会周辺に群がる人達だけでうまくやって行こうよと思っている輩にとって八つ裂きにしたい存在なのかもしれません。ここに書き込まれている皆さんはずっと小沢さんに注目し続けてこられた方々なんでしょうか。私は、自民党時代も新進党、自由党時代もさほど関心はありませんでした。注目するようになったのは民主党代表に就いてからです。

自民を飛び出して民主に合流するまでの彼は、”艱難汝を玉にす”状態だったんじゃないかと想像します。日本に民主主義を定着させるを目標としていると話されてます。民主主義を定着させるとは具体的にどういうことなのかと考えると、常に相手と反対の意見を提示し、国民に選択の権利を保障するということだと思います。スタンスが変わると批判されてますが、まず官僚支配政治を終わらせるのが地ならしで、正式な民主政治はそれから後にスタートという段取りだと思うのです。
ここへ来て、又中途半端な政治状況になりつつあるのが、もうウンザリです。我々が出資して、国民によるオーナー政党って出来ないものでしょうか。一人千円で500万人出資すれば50億円、一人一万円で50万人でも50億円。すぐ政権とれるだけの政治家集められる。七人の侍に出てくる農民の心境です。夢かなー。

文藝評論家 山崎行太郎さんのブログから

詐欺師・仙谷由人が画策していた「大連立工作」が、大失敗ということらしい。当然である。

ついに菅直人首相の寝首までかこうとした詐欺師・仙谷由人が、ここは俺の出番とばかりに、意気揚々と画策していた「大連立工作」が、誰にも相手にされず、早くも大失敗ということらしい。当然である。誰が、こんな落ちぶれた詐欺師の言うことを信用するか。言うまでもなく、詐欺師・仙谷由人に次期政権を語る資格はない。仙谷由人と枝野幸男こそ、菅内閣失政の主犯(共同正犯)である。この2人を道ズレに、菅は早期退陣すべきだ。そうすれば、最後にいいことをしてくれたということで、菅直人首相の人気も少しは上がるだろう。さて、朝日新聞と時事通信みよると、この詐欺師グループが、懲りもせずに、次に画策しているのが、「野田佳彦擁立工作」らしい。野田佳彦本人も乗り気らしいが、これも、詐欺師・仙谷由人、枝野幸男、岡田克也等、つまり菅内閣のA級戦犯たちの「生き残り」を賭けての必死の陰謀工作だろう。野田佳彦なら、仲間だし、菅内閣のメンバーが、頭を入れ替えるだけで、そのまま生き延びれるというわけだ。しかし、野田佳彦を含めて、菅内閣の詐欺師グループを政府から排除しないかぎり、国民は許さないだろう。言うまでもなく野田佳彦という人物は、財務省増税派のロボットであり、傀儡である。ようするに政治家としては、「脳なし」である。

自民の幹事長石原の言からして、2対1の割合で大連立に反対が多いらしい。
反対派の論拠は 議会の9割が与党議員となり議会の機能が失われるという本筋論から大連立しても3ヶ月から半年にして解散総選挙で政権を奪取する戦略でそうでなければ自民に利益がないということらしい。年配議員にはあと2年も野党暮らしでは干しあがるので与党になり利権に関与したい本音のものもいるがどうも少数派らしい。

本格的な大連立は可能性がなく、震災復興のための与野党協力としての連合政権は短期間ならあるというのが現状。
やはり、衆参捻れ対策、参院過半数割れ対策として公明、みんなの党などとの連立工作をやれる代表でなければならない。

この1年の菅政権を支えたような執行部では到底無理なことが分かったのだから、次の代表は 鳩山政権時代に公明に接近した小沢・鳩山グループに中間派を糾合した勢力で参院過半数割れを克服することが第一となるだろう。

『野田佳彦財務相は10日の記者会見で、菅直人首相退陣後の民主党の体制について「誰かから脱する、誰かを除くというのは不毛だ。一番超えなければいけないのは怨念の政治だ」と述べ、(以下略)』 asahi.com

野田議員、なかなかいいことを言ってます。
おそらく、誰かとは菅首相や枝野官房長官や仙石氏や岡田氏のことだと思いますが。

菅直人は、本当に辞めるのか。

今日の参院予算委員会の国会中継を見ていても、菅直人は当分辞めそうにない。

菅首相が辞めるという前提で、民主党幹部の【大連立構想】とか【次の首相を誰を担ぐ】とか、真にナンセンスそのものである。

菅直人の狙いは【一日でも長く総理に居座りたい】の一念である。

その唾棄すべき【菅直人の欲望】に振り回されている与野党の思惑を、私は心から危惧する一人である。

報道に寄れば仙石などの推す野田に対抗して鹿野氏なら中間派で良いだろうと小沢派の中からも容認論が出ているようであるが、一寸待って欲しい。鹿野氏が二世議員で、温厚で、当選回数が多く、自民党とのパイプも有るという事は理解出来る。

だが、鹿野氏も現政権の閣僚だ。


それよりも小沢氏が立候補すべきだ。そうで無ければ、原口でも川内でも良い。これまで管政権を批判して来た人間を堂々とたてれば良い。


だめなら野党覚悟で穴を捲れば良い。出なければ、小沢派はじり貧になって行く。

インチキな委員会で決められた「当院資格停止」は全員が一致団結すれば解除出来るはずだ。その上で、管と岡田を除名または当院資格停止にすれば良いだけだ。

報道によれば・・・・
""
民主党>次期代表選…野田・鹿野氏「党内融和」強調""


嘘つきはここから始まる。

管総理は総裁選で何と言ったか?

ノーサイド 全員野球 挙党体制


全て真っ赤な嘘だった。

こんどの不信任案に対する前日の議員総会での話も済んでしまえば反故にする。

これまでの嘘で丸めた国会答弁・記者会見を見ていれば、本来こんな人間の言う事を信じた鳩山氏以下多くの皆さんが「騙された貴方が馬鹿だった」と言う事。


今度こそ信念で行動して頂きたい。

負けても支持者は付いて行く。自前の候補者を擁立すべし!

なぜ?という必要はないか・・・。

役にもたたぬ総理候補の面々。

マスコミは、自分たちをより良く改革せんとする者を狭量にも排除し、都合良く耳触りのいい事を羅列している。

戦時中、戦争を賛美し、多くの命を戦争に追いやった犯罪が、今は自浄能力の欠如という形でマスコミを横溢している。

それらが推す候補は、反小沢だ。


マスコミの犯罪性、ここに極まれり

>頼むからマスコミの皆さん、今の政権中枢にいる「失敗何人衆」の名前だけは総理候補に上げないでくれ!!!<

ホントに、 梅光さんのお気持ちに共感します。


菅内閣を引きずるという最低の選択に国民を誘導するな!マスコミども!!!

昨日の参議院予算委員会で義家議員が質問しました。
教科書問題に関して「チャンチェーシー、ユワンシーカイ」と云う人名のことと神奈川県日教組の作成した副読本では竹島を独島と表現していることを問題視しました。
蒋介石をチャンチェーシー、袁世凱をユワンシーカイと表記した教科書があるとのこと。
管などの閣僚の答弁はいつものごとくはぐらかし答弁に終始し、このような実態を容認していることと同じである。民主党政権は国民をじわりじわりとおかしな方向に導こうとしている。
このことはメディアは他人ごとのように報道すらせず、国民が民主党の実態を知る機会すら奪っている。綱領もなく基本理念すらない何でもありの政党であることをどれだけの国民がわかっているのだろうか。

日教組または過激活動家が潜む労働組合からの支持を受ける議員がいる民主党には期待したくもない。危険人物が多すぎる。

この震災と原発事故対応のまずさが政治混迷を招いた要因とみられがちであるが、冷静にみるとこの国家危機は総国民による人災ではなかったのかとも考える。
雪崩現象のごとく崩落していく自民党政権を目の前にしつつ「一度は民主党に政権を任せてみたら」との甘い期待でこの政権にしてしまった。そして多数の議席の獲得で「4年間は政権の座に居座り続けられる」という大きな錯覚まで与えてしまった。
ニセマニフェストの4Kは具体的な経済対策も打ち出ださず、ごまかしの民主党ディール政策である。
政権発足から震災前までは迷走を続けダメ政権のレッテルを貼られながらも震災発生によって継続している。そのダメ政権が震災と原発事故の対応をせざるをえなくなり、結果は皆が知るとこである。
民主党は8月末までにマニフェスト検証を行うらしいが、その報告もごまかしと云い訳だらけに違いない。
先の衆議院選挙の「民主党への甘い期待」が大きな人災の始まりだったと思う。

「うそつき」の仲間で、もがいてる奴らの一人に山口二郎なる大学教授さんがいる。
「私心を捨てて限られた時間で、震災対策に没頭することで求心力を高める」のだそうだ。
「今までの対応を、全面的に見直し、政治家菅直人の理念を前面に打ち出す事が必要」なのだそうだ。

菅直人の周りの連中というのは、少しかいっぱいか知らないが、頭がどうかしてるんじゃないのだろうか。
とても、まともな連中には思えない。

菅直人は、この3カ月、いや1年間というモノ、何をやってきたのだろうか。
菅本人はもとより、官房長官、幹事長、そしてこう言ったエセ学者たちは、きちんと説明出来るのだろうか。
何をやってきたのかさえ分からない状態で、何を「全面的に見直し」するのだろうか。
見直して、この1年、いや3カ月の空白が埋まると云うのだろうか。
瓦解した原発が、元に戻るとでも言うのだろうか。
ヘリコプターが飛んだあとは、元に戻るのだろうか。

もともと私心だらけで始めた政権だが、ここでその「私心」を認めてしまう無神経さは、どう云った精神状態の中から出てくるものなのだろうか。

ただただ、情けない思いにくれる今日この頃だ。
「理念」って、どんなモノが有ると云うの?

日経のネット記事から

民主、来週後半にも両院総会 首相退陣圧力強まる
2011/6/11 19:17

 民主党は来週後半にも、4月の統一地方選を総括するための両院議員総会を開く。菅直人首相の政権運営に不満を持つ勢力による再三の要求に党執行部が応じた形で、首相の早期退陣を求める声が相次ぎそうだ。首相の引き際をはっきりさせて、野党の協力を取り付けたい執行部の思惑もある。

 小沢一郎元代表に近い議員や鳩山由紀夫前首相のグループなどは、両院総会開催を求める署名を集めて圧力をかけていた。執行部は先送りを続けてきたが、9日の党代議士会で、岡田克也幹事長が来週中の開催を約束した。

 首相はなお続投に意欲を見せるが、党内には早期退陣を求める声が広がっている。元代表に近い川内博史衆院議員は11日のテレビ朝日番組で「混乱の原因は菅さんだ。辞めてもらい新体制をつくるべきだ」と訴えた。

 執行部が両院総会開催を決めたのも、首相が退陣時期を明確にすることを期待しているためだ。野党は首相退陣を協力の前提にしており、このままでは今年度予算の執行に不可欠な赤字国債発行法案をはじめ、重要法案を処理するメドが立たない。6月22日までの今国会の会期の延長幅すら決められない状態だ。

 自民党の大島理森副総裁は11日、来週中に首相退陣に向けた駆け引きがヤマ場を迎えるとの認識を示した。参院への首相問責決議案提出をちらつかせる。公明党の高木陽介幹事長代理はTBS番組で「民主党が一歩引いて野党の話を聞く形をとれば、スムーズにいく」と指摘した。

まったく日本のマスコミは下劣だ
菅降ろしの不信任案騒動を国難の時に政治空白をつくるなと非難しながら、一転して菅総理退陣の時を明確にしないのに、後継を仲間内から立てて生き残りを企てる現執行部連中の先走りを囃したてている。 国民を馬鹿にしたマスコミ政治記者連中は地獄へ突き落とし閻魔大王に舌を抜かせねばおさまらない気分だ。

しかし、来週後半には両院協議会が開かれそうだし、菅総理も具体的な退陣時期を示さねば収まりがつかないだろう。さもなくば参院での問責決議可決を突きつけられのっぴきららぬ事態におこたる。
参院民主党は菅執行部に批判的勢力が大勢であり、これ以上退陣時期を曖昧にしておくことは許されない。

おそらく復興基本法は17日頃国会を通過するとして、23年度予算の特例公債法案成立と首相退陣の時期明確化を取引するのではないか
福山副官房長官も特例公債法案の取り扱いに関してそのような趣旨の話をしたようだ。

岡田ら現執行部が後継に野田財務大臣を推す報道がこの一週間マスコミを賑わしたが、出た候補の名前は全てが準共同正犯か中間派と言われる者ばかり。
一方菅執行部を批判してきた側、親小沢・鳩山グループが推す可能性のある者は皆無だ。
こちらは 次期民主代表選がはっきりした時に名前が出てくるだろう。海江田が菅政権に経済産業大臣として取り込まれていなければ一番手に挙っていただろうが、原発事故処理に巻き込まれており今回はアウトだろう。
他には小沢、鳩山の主以外には原口衆院議員。彼は東大でも法学部でなく文学部心理学卒で一種の仁徳がある数少ない国会議員。公明にも人脈がある。
私は小沢、鳩山氏以外では小鳩グループを代表して政権を担える人材だと思う。

いかに霞ヶ関に支配され霞ヶ関の広報機関化した大手マスコミかであるかが分かるだけ。
裏を返せば、菅執行部側にはほとんどこの菅政権下で大傷を負った連中ばかりになり、見え見えの財務省の傀儡を出さざるを得ない困窮ぶりだと言うことが透けて見える。

鳩山のペテン師発言以降は、小沢・鳩山サイドから、早期退陣発言はほとんど出ていない。逆に、菅サイド(閣僚・党執行部)からのみ早期退陣発言が積極的に出てる。この意味を考えれば、今後の動きも想像が付く。

ただ、小沢もやるべきことをもっと真剣にやれ、議員立法とか、すぐやれることがもっとあるだろ、と思うようになった。
最近は、目くそ・鼻くそのようにも思えてくる。
目くそは、目尻ではなく目頭にたまる。

今日の午後より首相官邸にて「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」が予定されている。元サッカー監督やミュージシャンも参加するらしい。
昨日も被災地を訪問し二次補正予算の参考にしたいと発言したが、やる気があるのなら全ての与党議員を総動員し別の角度からの実態調査をせよ。ただの一箇所を視察し全体の状況が把握できるものか。
この管は何を考えているのか。こんなことだからパフォーマンスだけを考えているとみられるのだ。いや政治感覚すら欠けている。
この懇談会も「車が脱輪し日も暮れ土砂降りの最中、のんびりと脱輪防止策を講じている」ようなものだ。今すべきことは一刻も早くジャッキで持ち上げることだ。
先日の国会答弁で「仮設住宅に入った人が生活できるようにすること、がれきの処理...までは責任を持って取り組む」と発言したが、ただ傍観しているだけではないか。
今日の懇談会も先の森だけみているとしか思えない。今は原発事故収束、放射能汚染拡大防止、汚染土壌と海を元に回復するという森の中の木に集中することではないか。

暴威 さま| 2011年6月12日 00:59

> 鳩山のペテン師発言以降は、小沢・鳩山サイドから、早期退陣発言はほとんど出ていない。逆に、菅サイド(閣僚・党執行部)からのみ早期退陣発言が積極的に出てる。この意味を考えれば、今後の動きも想像が付く


小沢・鳩山サイドには退陣後の展望がないからです。
あとにすわれる人材がいないからです。
逆に菅サイドは豊富で、少しでも復興・日本の立て直しを前に進めなければならないという危機感から、動いている(たぶん仙谷系)のですよ。

小沢さんは原口くんあたりに期待してるようですが。

 民主党国会議員の皆さま

 来週の両院議員総会,岡田氏をターゲットにするのは,かまいませんが,岡田氏など辞任に追い込むのは当たり前のことで,それをもって両院議員総会の目標を達成したなどと勘違いなさらないください。

 目下,問題なのは仙石氏です。彼は,黒子に徹するといっては,ハデに立ち回って,次の代表・首相への意欲むき出しです。次の代表・総理候補を自分で担ぎ出しては潰して,最後に自分がその椅子に居座ろうとしています。

 仙石氏こそが,民主党の政権運営・党運営に反小沢などという政策にもならない政策を持ち込んで(裁判所に任せておけばよい問題です),選択の幅を狭めて,民主党を自滅させた張本人です。

 現象面を後追いするだけではなく,これから起ころうとすることにしっかり備えていただきたいと思います。

菅直人は辞めない。

民主党の両議院議員総会で【辞めなさい】と決議されても、辞めない。

民主党の規約には【党首リコール】の規約がないから、菅直人は辞めない。

菅内閣の閣僚たちが、反旗を翻しても馘首して、党内の大臣病患者を後任に任命すれば良い。


それが【菅直人】という男の、(一日でも総理の椅子に座っていたい本性)なんだ。

投稿者: 元株や | 2011年6月11日 18:32""様の

「うそつき」の仲間で、もがいてる奴らの一人に山口二郎なる大学教授さんがいる。""

に賛同します。


昔、テレビでしっかりとした発言をしていた頃の山口先生はすばらしかった。

最近の山口先生はちょっといただけない。


言い訳・屁理屈が多くなった。


恐らく反小沢を支持し、この管政権を支持した手前、その責任の一端を担っている事を知っているからこそ舵を切れなくなっているのではないだろうか?


高野さんとも少し似ている様に思える。著名人は辛いですね。

今や、ご本人が恥ずかしくなるくらい激励の手紙が届くなか、晴れて自由の身となった松木議員が7日に産経のインタビューに答えて8日の朝刊に掲載されなかった部分のお話しが掲載されました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110611/stt11061118080005-n1.htm

元株や様
 私も同じ様に感じております。東京新聞の本音のコラム欄、毎日曜の担当が山口さんで、度々 反論や考えを新聞社宛に送っていました。
 最近、送った一部を書かせて戴きますと、「党の綱領が無いせいか、常にその場 限りのスタンスで今に到っているように見えますが、山口さんは 民主党をどんな政党だと思っておられたのですか。
 国立大学教授の肩書きをもって語ってこられたのですから、総選挙時とは、正反対の政策を打ち出す オリジナル民主党メンバー内閣にどう対処なさるお考えでしょうか。山口さんは、そのことを語る責任と義務があると思います。傍観者的態度は 絶対許されるものではありません。当事者のメンバーの一人だと思います」
 学者やジャーナリズム関係の方達の話しを聞いていると何か、立っているところが、まるで違っている気がします。阪神・淡路大震災がボランティア元年といわれ、あれから各地に様々なボランティアグループやNPOができました。地元のボランティア協議会々長が「私達は行政の補完ではありません」と発言して、それまで行政の分野だった所に初めは市民参加、次に市民参画という形で住民自治を前に進める人達が出現しています。 そういう方達の意志という事に学者やジャナーナリズムの人達が気付かず、相変わらず永田町ばかり見て、ものを言っている気がします。それは 連合も同じで、労働環境に対して労組が国政に関与したいという事はありますが、労組が地元自治体へ何を持って関与するのかといったら、結局は各人の生活者としての立場で関わるしかないのではと思います。
 原発を例にすれば、彼ら自身 自己矛盾を内包しているわけですから、どちらかを選択しなければならない所にあるのだと思います。
 山口さんやマスコミ関係者も生活者としての己自身をどこに置くのか、その原点を問われている事に気付かないと議論がかみ合いません。

安住が「減額補正」を言いだしたらしい。
これは、人災のレベルを超える。

こいつらは、日本を攻撃しているに違いない。
ここで減額補正などと言い出したら、日経平均は6000円目指してまっしぐらになっちまうぜ。

日本を壊そうとしている。

管氏の「もがき」に気を取られていたが、今現在の動きから分かってきたことは、「管おろし」内ゲバ陰謀の延長線上にあるようだ。

管おろしを仕掛けたのは、仙谷氏で、自民党には内閣不信任案の提出と大連立を持ちかけ、不信任を成立させるためには、民主党からの造反が必要で、小沢氏とコンタクトし、不信任の流れを仕掛けたのではないか。

小沢氏は、管氏には辞任してもらうことには賛成で、仙石氏の仕掛けに乗ったのであろう。ただ、民主党を割ったり、自民党に政権を明け渡すことは、鳩山氏と同じように反対であり、管氏も同意したからこそ、辞任を前提にした確認書を交わしたのでしょう。

管政権発足の時は、徹底した小沢氏排除の、反小沢、脱小沢を徹底し、党員資格停止に追い込んだ後は、同じ仲間であった管氏を排除しようとするすさまじい内ゲバである。

小沢氏、鳩山氏に共通する革新的保守主義と管氏、仙谷氏に共通する独裁的社会主義とは、根本的に相いれないとは、最初からわかっていたが、ほとんど思想的に共通すると思っていた仲間が相いれないようであり、セクト主義を露骨に表わし始めた。

こんな低次元の政党は解体に進んだほうがよいのではないか。解体せずとも、国民に理解されない内ゲバ集団は、選挙で消滅することが確実であり、国民より、己の権力の保持が大事であっては、存在価値が0%といってよい。

現実の厳しい深刻さを真剣に捉えようとしない政治はこのままでいいのか。
管は国民の追及から逃れたいためか或いは先駆者として後世に名を刻もうとしているのか夢物語なことに時間を費やしている。
・電力発送電分離
・太陽パネルなどの自然エネルギー発電
これらは実がなったとしても20年以上も先のことである。今はこの時期の「被災地の産業回復と被災者の自立した生活」、「原発事故収束と放射能汚染された土壌と海の汚染除去」、「電力節電策と緊急的な代替エネルギー対策」を専門家を含めた議論と施策ではないか。
マスコミにも本質はどこにあるべきかの重大な責任もある。内閣の「電力発送電分離」発言のときはマスコミも同調するように報道したが今は下火にもなっている。昨日の「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」に関しマスコミが触れなかったことに救われた気分になった。
枝野曰く「この一年を振り返っても大した大きな実績を残したといえばそうでもない」内閣が今後も実のある仕事ができるはずもない。
自然エネルギー=太陽パネルのようにいきなり結論付けされた発想もおかしい。これらの新しい課題よりも現実に残っている課題の解決を優先すべきである。

””菅・鳩山・小沢トロイカ一線を退くべき…仙谷氏””

管政権の中心にいて、いたるところで嘘と画策をした人間が再び都合のよい人間を担ぐための姑息な発言でしかない。


管は総理をやり、とんでもない史上最低・最悪の総理だと歴史に刻まれるでしょう。


鳩山氏はちょっと宇宙人的で普天間で躓いたが、それ程名前が歴史に残らないだろう。

小沢氏はまだ総理をしてない。あくまでも未知数だ。だが、多くの反対派から嫌われる議員も少ない。逆に言い換えればそれだけ大きいと言う事だ。


反小沢・マスゴミ・検察などに捏造を基にして攻撃されてきた。


それでも支持している人間が多いという事は一度総理として、今の国難に対処して欲しいからである。


こう言う事は管政権にいた人間は言うべきでなく、また次の総裁を誰にしようなどと画策すべきでなく、ただただ反省をして公平な選挙で選ばれた人間が総理になるべきである。

ニュースを見ていたら、また8人が党員資格停止になった。


もう大概にして欲しい。いつまでもやられっぱなしで何んとする。


ここは表向きは黙っていても、国会の首班指名では80人以上が自民でも誰でも良いから一致団結して投票したら・・・。


こんな管・仙石・岡田が同じ与党として扱う必要などさらさらない。


自分達は参院選以後連戦連敗してきたのに何も責任を取らないで・・・・。

もう堪える事はないんです。心を楽にして下さい。もう皆さん、ガマンに我慢を重ねて来たのです。


同じ党と思うから腹が立つのです。いらいらもするでしょう。


もう我慢しないで下さい。総裁選では皆さん棄権してください。


そうして野党になりましょう!首班指名で再び別の与党に返り咲きましょう。


史上最悪の最低の内閣の共同正犯の末席を汚す事は止めましょう。

小沢さんの扱いが贔屓目に見なくても明らかに不当で気になります。「トロイカ世代は引退すべし」「不信任案に賛成したから党員資格停止」・・・?
菅がやめるのは菅政権の責任(小沢派は政策決定に関わらせてもらえない)なのになぜ共同責任なのか。不信任案に賛成しておいて今ごろ菅批判をし始めた「後出しジャンケン」野郎たちが、なぜ不信任案に反対した人を処罰できるのか?そもそも前原・岡田は鳩山政権を崩壊させた張本人(基地問題の実働部隊)だし、仙石・枝野は菅政権のマニフェスト無視政策により参院選で民主党を惨敗させた責任者ではなかったか?
こいつらは責任を取らないばかりか、他人を利用しようとする。これで何を信用しろと言うのか。

菅総理が退陣時期を明確にしないということでメディアが混乱させ国民もいらだちを感じざるを得なくなっている。にもかかわらず、菅政権凋落の4人組共同正犯の一人である仙石が脱トロイカで世代交代で自民との大連立だと政局は俺がつくるとばかりにマスコミを扇動しているが、これはメディアの政治記者がその裏にある原因を知りながらほおかぶりしている。

自民の大勢は大連立して政権与党の一角になるよりも、次期総選挙で一気に政権を奪還することであるし、今更に菅政権が退いても安易に方針を転換はしないだろう

しかるに仙石が一人マスメディアにけしかけているのは仙石の個人的理由によるものだ。

ズバリ、衆参捻れを解消する一番は参院に19議席ある公明と連携することだが、その公明は菅直人と仙石を嫌っていることが公然の秘密なのである。
小鳩グループ主導の代表が誕生し民主と公明、社民などとの連携連立による中連立政権ができれば仙石は完全に蚊帳の外に放り出されおそらく菅直人と同様に政治生命は半ば失われることを知っている

しかし、今週末には民主の両院協議会が開催されれば、否応なく退陣時期はを明確化しないで済まされない。第二次補正予算の編成をメドがつくのは7月半ばか、8月中か、いずれかを言明しないわけにはいかないだろう。

菅政権発足以来、政策運営、国政選に地方選挙対策、東北震災津波やフクシマ原発事故など何もかも失敗続きで党勢凋落をつくった菅政権・党執行部の主要メンバーサイドから次の代表が選ばれることは政党政治の常識から考えられない。 政党がピンチをチャンスに変えるためには現政権党執行部に与していなかったサイドから選出されなければならない。

岡田幹事長や仙石が会長を務めるグループが推し、菅代表就任の旗振り役を演じ菅政権の主要閣僚である野田財務大臣が後継となる可能性はほとんどない。

にもかかわらず、野田を推す岡田や仙石は 鳩山退陣後に菅に取り込み民主党を牛耳った時と全く反対の苦しい立場に追い込まれている今日の状況は スケールははるかに小さいが、平家物語に言う「おごれる者は久しからずや」、『盛者必衰の理をあらわす』を地で行くがごとき政治の世界のごく普通の一コマにすぎないだろう。

最近執行部以外の与党議員からの発言がめっきり減ってきた。次の代表の椅子をめぐる渦中にいるのか。
それとも内閣不信任案提出前の代議士会の管鳩原の発言によってせん馬にされてしまったのか。喜怒哀楽の一つでも喪失した感情の欠落した人間の姿は面白くもない。
今週にも開かれるという両議院総会での彼らの真の姿をみてみたい。むしろ走路を外しがちな亀井こそせん馬にした方がいい。

主役になりそうな者は寡黙になる。

吠える者は蚊帳の外だと意識して、諦めの怒号を発しているものだ。

タノシミは増えてきたね。

ついに財界のボス;米倉会長が首相の椅子に居座り続ける菅にブチ切れた。
元々経済界は本音として民主党政権に交替してからその実行力と責任感に疑念を持ち続けていたがついに堪忍袋の緒が切れました。
リ-マンショック後の景気回復も不十分なのにバラマキ思考に終始し、新たな経済対策も講じてこなかった民主党。これでは企業を後押しする政策もない中で独自の企業努力で対応するしかなかった。
震災直後の管の「共にがんがりましょう」の会見にも違和感を持ちここにもコメントした。そして3ヶ月が経過し復旧すら遅々として進んでいない。
亀井のモラトリアム法の制度化にも違和感を持っていた。一時的な景気悪化であれば応急措置として中小企業の支援策に有効であったであろうが、並行して景気対策すら打ち出さず返済時期を先延ばししたに過ぎない。モラトリアム法を利用した中小企業にとってどれだけの効果があったのか。むしろ抜本的な景気対策の方がましだったと後悔しているにちがいない。そして決算委員会でこのモラトリアム法の検証すらされていない。
法律を作るばかりで結果検証すらできていない政治があっていいのか。そして管内閣は浜岡原発を法律無視で停止要請を行い結果検証すらできなくしてしまった。
民主党には活力のある日本を復活させるための構造改革を願ったがもうひと欠片も期待できない。連立よりも民主党も自民党もそれぞれ党を割り政治理念に基づく再編成をした方がいい。
一般の団体社会では必ず理念に基づきそれぞれ行動している。政党綱領すら持たない民主党は団体ではないことに気がついた今はあきれて笑ってしまうしかない。

最近の政局を見ると、どうやらここで管氏を叩いている連中の思惑と全然違う方向に進んでいるようだ。

今、管氏を辞めろと思っている人間の多くは、管氏の責任どうこうというより、物事が決まらないから辞めてくれと思っているのだろう。
つまり、本当はこんな状況で辞める必要はないが、辞めないと野党が協力しないから、とりあえず辞めてくれと。

しかし、管氏は直ちに辞める気はない。
すると、どうなるか。
「どうして野党は管を辞めさせようとするばかりで協力しないんだ」と。

この問題は言ってみればコインの裏表の関係にある。

管氏から見れば野党は国民を無視して政局に溺れていると考非難し、野党から見れば管が辞めないから国民が犠牲になっていると非難する。

では、国民はどう見ているだろうか。
答えは簡単。
どっちもどっちだと。
なぜなら立場が違う者たちが単に同じ事象を自らの立場から相手を非難しているだけだと分かっているからだ。

では今後はどうなるだろうか。
おそらく、管氏はすぐに辞めるようなことは絶対にないだろう。
すると管氏を辞めさせる手段がない以上、野党にできる手段はせいぜい参議院の問責決議ぐらいとなる。
現に、公明党の山口代表はTVに出演して二度目の不信任案には消極的な発言をしていた。
結果、管氏が政権の座に居続ける。
野党はこれに反対して国会の会期延長に反対する。
しかし、国民は「管が辞めないなら、野党は協力するべきだ」と考えるだろう。
なぜなら前述のとおり、管氏を辞めろと思っている人間の多くは、管氏の責任どうこうというより、物事が決まらないから辞めてくれと思っているだけだからだ。
結果、管氏が辞めないのに野党が協力しなければ、必然的に野党への批判が強まるだろう。
現に自公は自らへの批判を警戒し始めている。

ここには頭のすげ替えで物事がうまくいくと本気で思っている連中ばかりがいるようが、おそらく多くの国民はそんな根拠のない夢想事など信じてはいない。

公明党・漆原国対委員長が民主党・安住に対して「君は軽い」と激怒しました。
この安住を含む民主党上層部には薄っぺらな政治家が多いことかと違和感を持っている。それが偽マニュフェストに実像として表れている。そして国民は虚像を見抜けなかった結果衆議院選挙で多数を占め錯覚し奢りを増大させてしまっている。
岡田も同席の場で注意した漆原氏には無念の気持ちだったと推察する。躾すら教育されずできの悪い子供をその親の前で叱るのと同じであろう。
この2月の代議士会にて「学級崩壊」の様相がみられたが「家庭崩壊」もすでに起きていたのだ。残されたのは「学校崩壊」しかあるまい。漆原氏は偉い。でも民主党の上層部のだらしなさにはあきれる

田中 様

管氏、仙谷氏などは、心より物に重点を置いて行動する人たちと見ていたが、この人たちにもかなり差があるようだ。

管氏の一定の時期に若い人にバトンタッチするとの辞任表明から、仙谷氏が、先走って、かなり派手に動き回ったが、あまりの先走りと、思い込みのひどさによって、攻撃され、この数日は貝になってしまった。

変わって、にぎやかに、饒舌になって張り切っているのが管氏であり、辞任すると思っていた人が、なんと内閣改造をするという、亀井氏が復興相との話題も出ており、何が何だか分からない状況になり、マスコミなど対応ができなくなっている。

心を徹底的に排除した唯物的人間の心理など覗きようもないし、人間的情感を持っては全く理解できない。そこに管氏の存在性があり、皆がまごつき判断停止の状態に置かれる理由がある。

権力亡者の管氏に対し、仙谷氏などの親分肌の情感の強い権力志向の人が、太刀打ちしてもかなうわけがない。このことは全部の国会議員が同じであり、管氏の権力志向にまごまごするばかりである。

これまでと全く違った権力者が亀井氏、小沢氏、鳩山氏と一体になって、排除しようとすればするほど、タッグを組み、まだまだと頑張るので、この壁は厚く、若い人たちがかなうわけがない。

この壁は越えなければ、次の若い人の時代が開けないのであって、一致団結することが不可欠である。個々の主張は抑えて行動することが求められるのであるが、自己主張の強い人ばかりであっては、この壁を乗り越えるのは、難しいのかもしれない。

内閣改造?

じき辞める人間が内閣改造してどうなるんだ?

腰かけ大臣を粗製乱造してどうするのか。

自分の選んだ大臣が、新首相に引き継がれる事を狙ってるな?

もう辞めろう!!!!

菅氏がなかなか辞めない状況になってきたが、おそらくこのコメント以降、次のような書き込みが増えてくるだろう。
①マスコミに対する批判
「菅氏が辞めないのはマスコミが情報を隠蔽して彼を擁護しているからだ」と。

②国民に対する批判
マスコミ批判で満足しない者は、最終的に国民全体を批判し始める。
「政権に騙され、マスコミに洗脳された国民は愚かだ」と。
自分たちの考えに固執しバランス感覚を失うと、最終的に自国民を「愚民」と呼ぶような人間になる。

遅かれ早かれ政界を去るであろう菅氏と共に、与党の人間でありながら野党と手を組み政局にはしった小沢氏や鳩山氏も政界から去ってくれることを説に願う。

投稿者: gatos | 2011年6月12日 10:24 さん

<小沢・鳩山サイドには退陣後の展望がないからです。
あとにすわれる人材がいないからです。
逆に菅サイドは豊富で、少しでも復興・日本の立て直しを前に進めなければならないという危機感から、動いている(たぶん仙谷系)のですよ。


いや~菅サイドは人材豊富ですばらしい。さすが!震災後の100日間な~んにも進んでない。消費税10%発言で参院はボロ負けでも責任は取らず。岡田の選挙は、連戦連敗で地元三重ですら不戦敗でも責任は取らず。安住は偉そうにしてるだけで国会審議は進まず(参院決算委員会は全く進まず)野党と交渉も出来ない程の役立たずでも責任は取らず。枝野は国民に「安全です」なんてウソを垂れ流していたにも関わらず責任は取らず。
人材豊富なんだから菅に投票した206人で新党作ればすばらしい政党が出来て震災復興も進むんじゃないの?
あっ無理か・・・参議院は20人くらいしかついて行かないから一本も法律が通らねぇ・・・

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.