Calendar

2011年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

最大の震災復興策は菅総理辞任
ウー 04/06
syouzou 04/06
元株や 04/07
匿名 04/07
ウー 04/07
千田和寿 04/07
syouzou 04/07
三浦晴彦 04/08
ウー 04/09
世直し人 04/10

« 小役人的政治家の危機意識
メイン
天罰 »

最大の震災復興策は菅総理辞任

 危機の時にリーダーが判断を間違えると国民は長い苦しみを味わう。バブル崩壊から現在に至る「失われた時代」がそれを物語っている。バブル崩壊後の経済危機の時代に橋本龍太郎総理が「財政健全化」を断行した事が日本を長期大不況に陥れた。

 海部政権で大蔵大臣を務めた橋本総理は大蔵官僚の影響下にあった。1996年に総理に就任すると政府の債務が対GDP比で他の先進諸国を上回っていることを理由に、「改革」と称して消費税増税を行い国債を減らす緊縮財政路線を採った。

 その頃私はワシントンに事務所を構え、アメリカ議会情報を日本に紹介する仕事をしていたが、アメリカの学者も政治家も日本政府の緊縮財政路線に驚いた。そんなことをすれば内需は抑制され不況が到来する。日本は世界一の金融資産を持つ国で、債務と資産を比べれば、「財政危機」を騒いだり、「財政健全化」を言う状況ではない。それがアメリカの見方だった。しかし日本は緊縮財政に踏み切り、アメリカが予想した通り大不況になった。

 それより前、日本がバブル経済を崩壊させた時もアメリカの学者や政治家は呆れた。バブル経済による地価の上昇が問題になると、日本の大蔵省は金融機関に「通達」を出して不動産関連企業への貸し出しを一斉に停止した。「バブルを収束させるには余りにも乱暴。日本にバブル経済をソフトランディングさせる知恵はないのか」とアメリカは言った。

 「通達」というのは法律でも何でもない。「お上」が身内に出す指令である。ところがそれによって国民全員が奈落の底に突き落とされた。アメリカの懸念通り、混乱は不動産業界にとどまらず日本の全産業に波及し、経済大国を誇ってきた日本はあっという間に「失われた時代」に突入した。

 官僚は国債が増えれば金利の支払いが増え、その分税金の使い道が制約されるから困ると考える。しかし国債を持っているのは国民で、国民にとって国債は孫子の代まで収入を保障される資産である。それを官僚は「孫子の代までツケを残す」というレトリックで危機を煽ってきた。増税したいがためのレトリックである。

 アメリカから見れば橋本総理の緊縮財政は全く理解できない政策であった。橋本総理の後を継いだ小渕総理は、緊縮財政で不況を招いた反省から一転して国債を増発する政策を採り、自らを「世界一の借金王」と呼んだ。しかし既に大不況に陥った日本は国債発行で公共事業を行ってもカンフル注射程度の効果しかなく、病は癒えるどころか財政赤字が積み上がるだけとなった。

 そして小泉政権が登場すると再び緊縮財政路線が復活した。小泉総理は大蔵政務次官を務めた事のある「大蔵族議員」である。さすがに増税は封印したが、財政収支の黒字と赤字を均衡させると言って「構造改革」を始めた。ところが緊縮財政路線は税収を減らす効果を生み、財政収支はますます悪化した。

 また小泉政権は、強い者をさらに強くし、強い者の利益のおこぼれを弱者にしたたり落とさせる事で経済を上向かせようとした。ところが弱者は全く恩恵を実感できず、格差は開くばかりで、弱者はしたたり落ちるのを待てなくなった。それが09年の政権交代につながる。

 民主党が掲げたのは、したたり落ちるのを待つのではなく、国が弱者となった国民に直接分配して生活基盤を向上させ、国民に活力を与える事で経済を強化しようという政策である。それを野党は「バラマキ」と批判した。普通「バラマキ」とは「地域振興券」のように一回限りの分配を言う。一回限りだから効果は小さい。しかし子供手当のように恒常的に分配すれば政策減税と同様の効果がいずれ出てくる。

 ところが政権を失った自民党は対立軸を作るため、官僚が言い続けてきた「財政健全化」を持ち出して消費税10%増税を政策に掲げた。するとそれに同調したのが菅総理である。谷垣自民党総裁も菅総理も共に財務大臣経験者で橋本総理と同類項の政治家だからそうなる。日本は再び「失われた時代」のスタート時点に戻った。

 大震災が起き、日本が未曾有の危機に直面した時、与野党党首会談で同類項の政治家同士が話し合い、そこで谷垣自民党総裁が提案したのは復興財源を増税で賄う案だった。菅総理は谷垣自民党総裁に復興担当大臣としての入閣を要請したからその構想に賛成したのも同然である。

 橋本龍太郎氏は日本を大不況に陥れたが、官僚の言いなりになって政策を間違えた事に痛切な責任を感じていた。「国民に迷惑をかけた」と謝罪した。しかしこの時の教訓は危機に際しては初動が極めて重要だということである。石橋を叩く式の官僚的思考が危機をさらに深刻なものにする。だから大連立をしようが何をしようが同類項の政治家に危機を乗り切る事は出来ないのである。

 震災発生直後からの菅総理の行動を見ているとリーダーの資質がまるでない事がよく分かった。例を挙げればきりがないので書かないが、外国では見られないような対応が随所に見られた。だから外国の政府も私と同じように見ていると思う。

 問題は外国が資質のないリーダーに率いられた日本を御しやすいと見るか、あるいは自国にとっても利益にならないと見るかだが、現在の日本の危機的状況から言えば私は後者だと思う。特にアメリカのオバマ大統領は原子力発電の推進を掲げて大統領選挙を戦おうとしていた矢先だから、菅政権の対応には不信感を強めたと思う。

 来年はアメリカ、中国、ロシア、フランスなど大国が軒並みリーダーの交代期を迎える。その時期にはどの国も経済を上向かせたい所だから、日本に足を引っ張られたくはない。強いリーダーによって日本が危機を乗り切り、復興の初動で橋本総理のような間違いを犯さない事を望むはずである。

 菅総理は政権延命のための策として「平成の開国」と「税と社会保障の一体改革」を掲げた。それはアメリカと官僚に媚びる策であったから、震災と共に吹き飛んでしまった。これから必要なのは21世紀の日本をどう作るかという長期構想である。日本の国家改造計画である。

 戦後復興に比肩するプログラムを書かなければならない時、しかも初動を間違えないようにしなければならない時、菅総理が己を知るならばまずは身を引く事を考えるべきである。関東大震災では「大風呂敷」と呼ばれた後藤新平が帝都復興を計画したが、今回はそれ以上の規模の復興計画が必要になる。

 そうしたことに対応できるのは、かつて「日本改造計画」を書いた小沢一郎氏しか見当たらない。菅総理が後世の評価に耐えられる政治家になろうとするならば小沢氏に後事を託すことである。それが最大の震災復興策になる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7959

コメント (48)

 何時も理論整然とした論調を拝見し、敬服しています。私はチッポケな業界紙(印刷技術関連)の主宰者ですが、今、日本のマスコミの「ジャーナリズム精神の劣化」に怒り幻滅して、TVを5年前に、新聞は今年元日から購読をやめました。
 日本がこの危機的状況を乗り越えるには、マスコミが国民に「何が起こっているのか」を真摯な態度で報道して、国民を納得させる義務がありますが、“情報操作で洗脳”するのみ。「悪魔の所業」と言えます。
 田中様のご意見に人々が簡単に接して拡大できれば・・と思っています。これからも“鋭い切り口”で人々の迷いを払拭し、勇気づけていただける事を心から祈念しています。
ご健闘を祈念しています。

田中良紹さんによる「居酒屋田中塾」の第15回日程が、4月27日(水)に決定しました!

田中良紹さんによる「政治の読み方・同時進行編」を、美味しいお酒と共に。

ぜひ、奮ってご参加下さい!

【日時】
2011年 4月27日(水) 19時〜 (開場18時30分)

【会場】
第1部:スター貸会議室 四谷第2(19時〜21時)
東京都新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル 301号室
http://www.kaigishitsu.jp/room_yotsuya.shtml

※第1部終了後、田中良紹塾長も交えて近隣の居酒屋で第2部を行います。

【参加費】
第1部:1500円
※セミナー形式。19時〜21時まで。

第2部:4000円程度
※近隣の居酒屋で田中塾長を交えて行います。

【アクセス】
JR中央線・総武線「四谷駅」四谷口 徒歩1分
東京メトロ「四ツ谷駅」徒歩1分

【申し込み方法】
下記URLから必要事項にご記入の上、記入欄に「年齢・ご職業・TEL」を明記してお申し込み下さい。

21時以降の第2部に参加ご希望の方は、お申し込みの際に「第2部参加希望」とお伝え下さい。

http://www.the-journal.jp/t_inquiry.php

(記入に不足がある場合、正しく受け付けることができない場合がありますので、ご注意下さい)

  ★   ★   ★   ★

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

原発処理より、小沢処理に熱心な大連立。
国民の生活が最後の大連立。
既得権益がゾンビ化する大連立。
格納容器の壊れた原発と同じ大連立。
ブレーキの壊れた暴走列車と同じ大連立。
国を滅ぼす最短コースの大連立。
次の選挙で落とすまで我慢するしかないのでしょうか・・・

やはりそうですよね。その選択しか無いと私も思います。国家の一大事なのですから、強烈なリーダーシップと高い見識が必要だと思います。他に思い浮かぶ人がいません。小沢立つべし!!

なんでもかんでも小沢一郎に話を持っていこうとするこの人の姿勢に、怒りすら感じる。

政権交代して大喜びしてたと思ったら、管政権が反小沢シフトを明確にした途端に、なりふり構わず管下ろしを叫びだした。

その姿には、もはやジャーナリストの面影はなく、小沢系プロパガンダにしか映らない。

評価というのは、本来後出しジャンケンみたいなもの。
だから、始めから賛成ありき反対ありきの人間にとっては、相手が何をしようと偏った評価しかできない。
どんなに薀蓄を垂れたところで、所詮、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」だけ。

ちなみに、個人的に言わせてもらえば、西松事件については小沢さんは無罪だと思っている。あれで小沢さんを有罪にするのは無理がありすぎる。

しかし、小沢一郎の政治家としての寿命はとっくに尽きているという考えは始めから変わらない。

久しく動く菅首相は見ていなかったが、昨日ひょんなことから、菅首相の年頭会見を見た。311以降のバイアスもあるのだろうが、空恐ろしい程の空疎だった。

いつも成程と納得しながら読ませてただいています。

>そうしたことに対応できるのは、かつて「日本改造計画」を書いた小沢一郎氏しか見当たらない。菅総理が後世の評価に耐えられる政治家になろうとするならば小沢氏に後事を託すことである。それが最大の震災復興策になる。<

全く同感です。序に復興担当大臣職が設けられたら、亀井静香氏になってほしいと思っています。

<民主党は終わった。>
 昨年の民主党代表選挙で小沢氏が敗れたとき、「もう小沢氏は終わった。」と勝利宣言をしたバカな評論家がいたが、菅氏が代表になることで実は民主党が終わったのである。それが、その後の政権運営や現状の災害に対する対応で証明されている。
 もう誰も菅氏に日本国の運営を託そうと考えるものはいない(マスコミに洗脳されてる者を除いては。)
 もともと一昨年の政権交代は、菅氏や仙石氏等の活躍て手に入れたものではない。小沢氏の手腕がなければ今も万年野党のままであった筈だ。
 官僚や米国と手を組んで検察やマスコミを利用して小沢氏を排除し、官僚主導・米国従属の復活を図って自らの政権保持を図ってきたのが今の菅政権である。一昨年の選挙による政権交代の意義を無視し、いわばクーデターの如くに政権を手に入れたのである。
 こんな政治家達を支持する政党に未練はない。早く総選挙をやって、かっての社会党の如くに消滅させるしかない。

諸外国からも手抜き工事と隠蔽体質の東電に加えて、資質なきものが、リーダーである日本の不幸についての報道が目立ています。
確かに、福島原子力発電の事故のニュースは海外メディアの方がずっと解りやすく、気象状況や自然環境なども考慮に入れた説明で、その放射能汚染の危険性も納得できるものです。
事故が起きた直には、古くからの日本の東電と政治家の癒着の問題や設計のGEの株価の下落まで海外メディアで知りました。
25年前のチェルノブイリの事故で、1800km先のフランスのコルシカ島
の住民が被爆していたといいます。甲状腺がんの多発と事故の影響の訴訟が打ち切られそうだということも知りました。米国でも、原子力規制委員会が、米国内の原子力発電所に安全上に問題があったものもあると発表しています。
そして、問題の日本は、まだ一つも解決していないのに、情報操作の世論調査で、今の内閣のポイントが上がり、原子力発電も国民の半数以上は認めているという結果がでたと放送していたチャンネルがありました。いくら広いとはいえ、海の汚染も一過性のものではなく、小さな植物性プランクトンなどが汚染され、それを小魚が食べ、その小魚を食べた魚をまた大きな魚がと・・・蓄積しながら広がるのです。汚染はその場だけでないのです。それを風評と言えるのでしょうか。
小沢氏をがんじがらめにした人たちは
日本を救うためにも、これ以上の邪魔はしないでください。もし、外国からも圧力があったのであれば、どうぞ世界に、混乱と悪影響を及ぼさないためにも、日本のリーダーにふさわしい人を、潰さないで応援してください。それが、世界のためにもなるのです。

<想定外>
田中様、こんにちは。
さて「想定外」では済まない状況が展開されておりますが、私は小沢さんと小沢さん周辺の側近の方々に恨み骨髄です。
いくら「人を見る目がなかった」と反省されてもいくら何でも鳩さんを降ろして「菅で挙党一致内閣」など目論んだ無責任さについて怒り心頭なのです。
俺と鳩山が悪者になって、菅で参議院選挙の勝利、なんて目論みは、いくら言い訳されても、我々国民をバカにしているとしか思えないからです。
国民を舐めてもらっちゃ困ります。
国民は一度たりとも菅総理を民主主義の根幹=選挙において承認していません。
小沢さん、貴方は今、何を思うのか?
さっさと菅を降ろして自らが立ち上がり責任を果たさんか!
国民が望んでいるのは、テレビが創るカッコイイ総理なんかじゃない。海部さん以来、小沢さんが担いできた総理は…。はじめはカッコ良く写っても、すぐにメッキがハゲた。
ジャガ芋みたいにゴツゴツしていても、民を思う信念がある人じゃないとこの難局は乗り切れない。色男なんて、平時は良くても困った時には頼りにならない、顔じゃ国民のメシの種にはならんのです。
これから日本は国の在り方が問われます。
東京からは多くの大使館が退避しています。関西圏の首都構想も視野に作り変えが必要になります。
また、食料の問題です。東北の一部エリアは、食料生産地として、暫くは多くを望めなくなります。農業の在り方も、減反政策も見直しが必須かもしれません。
震災と原発の人災によって、日本の背骨が歪んでしまいました。
新たな国づくりを!小沢さん、貴方以外に誰ができるのか!

田中様

菅総理としてのトップリーダーとしての資格欠如の要点が、本ご投稿に述べられていないが、重要なことであり、講義内容を斟酌し、下記追加したい。

与野党の党首会談が行われたが、期待を大きく裏切った。復興税などが話題になるなど、今回の災害に対する基本認識に危機感が欠如している。日本の構造改革を進める絶好のチャンスであるのに、残念ながら国家のグランドデザインができていない。

菅総理をトップリーダーにしている限り、日本の閉塞感を打開できない。本来、トップリーダーである菅総理は国家全体の状況を良く鳥瞰し、今後の国家の進むべき方向をトータル的に描き出してから、各方面に指示を出さなければならないのに、場当たり主義であって、そのときそのときの火消しに終わっており、これでは、部下は仕事の進め方がどうしてよいか分からず、混乱をきたしてしまう。

将来展望が開けないために、一緒に仕事をする人の意欲を削ぐだけでなく、社会全体に活気が出てこない。根本的にご自身に胆力がなくトップリーダーとしての資格が欠けていることを自覚し、小沢氏に移譲すべきではないか。最後に人間的な大きさを見せてほしいのですが。

 いろいろな疑問が、田中先生のお話で氷解してゆきます。

 
 問題は、器で無い者が地位を占め、無謀な策を人気取りを念頭に進め、最後に日本に大被害をもたらす。

 怒りが収まりません!

 佐藤英佐久前福島県知事が、国の原子力政策に反対し冤罪で知事の座を追われた。
 この官僚の暴走は、危機に対処できる英明な総理候補を刑事被告人にしている。

 怒りが収まりません!

震災からすでに3週間も経つのに、政府は何を目的としているのかさっぱりわからない。現時点でやることは2つ。被災者の震災関連死を防ぐために、被災していない地域に被災者の同意が無くとも連れて行き、生命の保護をはかること。それともう1つは、原発から空気中に放出される放射性物質を止めること。放出をほっとくと、東日本のほとんどが人が住めなくなるほど汚染されてしまう。

田中さん、こんにいちは(いま4月4日pm4:40頃です)

なぜ、菅がだめなのか。
小沢しかいないのか。
その理由をちゃんと言ってください。

菅さんの初動について、原発視察についてはいろんな意見がある。
きょうの毎日新聞では動きが鈍い東電に業を燃やした菅さんが視察を契機として東電を怒鳴りつけたという。
それでも、その取り巻きは原発村の連中だから、判断は偏りがある。だから、東工大の専門家を入れてよりバランスを取れるようにしたとある。
菅さんは菅さんなりに、最善を尽くそうと努力しているのがみえると思う。

小沢さんならどうするというのですか?
少なくとも、小沢代表のとき、06年のときに「過渡的エネルギー」から「安全を見極めがら原発推進」に路線変更があったという。
原発に対する姿勢は民主党すべての議員に責任があるが、そのときの代表の責任は免れないでしょう。
どう思いますか。

確かに菅さんも欠点の多い政治家だと思う。でも、いま小沢さんに変えることが本当にできることなのか?
ジャーナルの小沢信者がいうならしかたないとも思う。
でも、田中さんの言論としては無責任極まりないものだと思います。

 この非常時に政権を交代すべきでないのか?

 交代すべきなのか?

 今の状況では、内閣は不要に見える。現場に任せ、資金を渡せばよい。それは劣悪な政治的な判断は復興の阻害要因でさえあるからだ。


 だから、内閣の役割とは「短期的な指揮」は中心になく、長期的な根本的な総合的なビジョンに基づく、リーダーシップ溢れる再建策の実行だろう。

 「この非常時に政権交代かよ。」という者は政治を知らない者だ。非常時だからこそ政権交代はあるのだ。
 そしてそれが国家の危機を救う事になる。

xtcさん

>>小沢さんならどうするというのですか?<<

菅さんなら、未曽有の大災害で国民全てに負担させるという名目で消費税ほか増税路線を取ると思います。

消費税が逆進性の強い弱者にとって最も不公平な税制です。

国民保険料・年金保険料なども一律に上げるので弱者の負担を大きい。

其の上で、義援を目的の税を定額税
で行うかもしれない。消費税と同じ徴収で。

それが、増税有り気の自民党との連立実現で簡単に実行できるでしょう。当然、既得権益の無駄使いは温存したままでね。

小沢さんなら、まず既得権益の無駄使いを先に削ることから財源を考えると思いますよ。国民生活がギリギリに追い詰められていることを知ってるからね。

この非常事態は、既得権益を切り崩すのに最高の時期だと思います。あの悲惨な状況を見て、弱者の私達でさえ、少額ながら義援活動しています。

天下り法人で殆ど仕事もせずに国民平均の数倍も当たり前に所得を貰いながら優雅な生活を続ける心苦しさを今、解放してさし上げれば良いのですよ。

一括交付金もすぐに行い、地方の二重行政も迅速に正常化させる。

それに伴い、公務員の優遇も、民間並みに落とす事も今なら出来るでしょう。

菅総理に、そんな勇気や気配はありませんね。小沢信者や田中さんはそこを言ってるのではないですかね。

もし、官僚主導で増税路線に舵を切ったら、先の見えない菅政権大不況が弱者をどれだけ苦しめるのか?津波以上の犠牲者を出しかねません。

恐らく自殺者は倍増するやもしれませんよ。

被災された方の苦しみ・大変さは理解できます。そしてそこまで行かなくても弱者も苦しんでいます。

ではどうすれば良いか?
リーダーが道を間違えば最悪の未来がこの国を襲います。

菅総理が国民を幸せに出来るのでしょうかね?勇気が出せず、決断が出来ないのであれば私は安倍さんの使った病気で辞任をする作戦が一番いいと思います。

06年の代表は小沢さんだけでしたか?
前原さんは違いましたか?
責任の所在というなら方策の転換を最初に促したのは誰だったか調べてから批判されるべきだと思いますが。

印日議員フォーラム一行の前原代表表敬・意見交換

http://www.dpj.or.jp/news/?num=7431

【次の内閣】分権・公務員制度・医療制度改革など活発に議論

http://www.dpj.or.jp/news/?num=7542

【参院本会議】京都議定書の実現と今後の対策につき質疑、谷議員

http://www.dpj.or.jp/news/?num=40

政権政策委員会、案文取りまとめに向けて精力的に議論続ける

http://www.dpj.or.jp/news/?num=9211

もちろん小沢氏にそれ相当の責任がなかったとは言いません。
しかし、それを措いてなお当時の民主党執行部は小沢代表、代表代行菅直人、幹事長鳩山由紀夫となっている以上、菅さんの見立ての甘さも同等に批判されてしかるべきですし鳩山さんも同類です。
それ以上に批判されるべきは前代表の前原誠司であります。
批判のための批判に終始するあるブロガーが自分のブログコメント欄に投稿された情報を前後関係をろくすっぽ調べもせず記事として書き込んだものがあるサイトに貼り付けられて今の原発事故はこのとき小沢氏が容認したから起きたといわんばかりの曲解がアンチ小沢派によって喧伝された経緯を知っているわたしにはxtc4241 氏の言い様には納得しかねますね。

総理を代えることでそんなに物事が良い方向へ動くのでしょうか。今,一番必要なことは,自宅を失って(または
原発の影響で)避難している人たちに早急に支援することだと思います。総理を代えることや大連立などの話は,支援がひと通り行き渡ってからにしてほしいと思います。

国民の生活第一 これらからも小沢さんを 私は100%支持するのであるが、政権交代を成し遂げた その後のエネルギーが残っているのであろうか?10年前であったなら小沢待望者に確実に答えられたのではないだろうか。
あれだけ とことんバッシングされ それらを無関心装っていても たとえ強靭な小沢さんでも? まず自分の身が最優先であり完全無罪が判っていてもこの事を まず始末しなければ・・・なのだろか?
被災者が今一番見たい顔は そうですあの顔を見るだけで
どんだけ力ずくか 復興の源は底知れないあの笑顔なのです。

欠点の多い政治家ねぇ、菅総理を擁護したいが良い所が無い為そう言うしかないのですね。最善を尽くしてこの現状ですから、そのときの代表の責任より今の代表の責任の方が重いと思いますよ。小沢憎しで菅擁護の気持ちはわかりますけど、この大惨事に菅総理の時で良かったと思ってる人いないでしょ、経験があり尚且つ腹が座っていて肝が太く 言い出すとキリが無いが、何人位いるでしょうかこればかりはやってみないとわかりませんし、小沢氏ならすべてよしとも思えないし第一小沢総理なんて現実無理でしょう。いろんな事を考えるに今や怒りを通り越して諦めの境地です。 

「震災と原発の人災によって、日本の背骨が歪んでしまいました。」

確かに!
とにかくこの国は元来バックボーンが危うい。
今回のが致命傷にもなり兼ねないが、天災に加え、人災(無論政治も含む)の部分が大きく係わっているというのが何とも情けない・・

犠牲となっている無辜の皆さんの苦難は計り知れないが、土壇場でこの国は民族の知恵を蘇えらすことができるのであろうか・・

今回の論説は素晴らしい。

>国民にとって国債は孫子の代まで収入を保障される資産である。

これに尽きますね。
個人的な意見ですが、まだまだ円高水準であることから、国債を増発してもOKじゃないのかな。いや円安傾向に振れるからむしろ望ましい。
白川さんは常識的な優れた日銀総裁ですが、この大変な時期に思い切った決断をなさっても、誰も氏を責めることはできないと思いますよ。

国民は堪え忍んでいるのに、政治は何をしているんでしょうかねぇ。
菅が日銀に一言「日銀引き受け」を要請すれば、法はクリアできるんですけどねぇ。
どうせ史上最低の総理大臣って評価なので、駄目もと(?)でやってみればいいのに。

私は、いわゆる理系の人間です。文系ジャーナリストにも、「論理性」を備えた方がおられることを、田中さんのコラムを読むようになってはじめて知りました。
 小沢シンパなどという、あるもがなの書き込みもあるようですが、不偏不党の位置に立てるのは、口と胃袋だけで脚がない大手メディアと幽霊だけです。生身の人間は、やはり自分なりの立ち位置が必要でしょう。
 小沢シンパになったところで、一銭の得にもなりません。しかし、それでもそこに立つのはジャーナリストとしての信念と論理性によるのでしょう。わたしは、あなたのサムライ精神に同調しながらも、日本の人びとはまたしても、玉砕の道を歩むのではないかという、気弱な予感を打ち消すこができません。
 八百万の神々よ、われらを守りたまえ。
 

せっかく良い文なのに途中からいつもの論調に、そして最後は、又また、小沢一郎氏を総理に!!
ここに集う小沢ファンの皆さんは喜ぶであろうが、長く実際の政治・政局を観察してきた田中氏なのに、何故に小沢氏なのか?

小沢氏の復権、特に総理大臣就任なぞ、金輪際ありえないことを知っているのに何故、ファンをあおるのであろうか?

原発は100%安全なので、万一の対策は必要ない。と言うのと小沢氏総理就任論は出発点が同一である。

国難の時ですら内閣支持率が30%にしか伸びない菅総理大臣が無能でリーダーの適性がないことは自明であるが、本人に辞任の意思がなく、ボロ負け必至の解散もするわけがないのが現実である。

ここから考えを始めなければならないではないか(もちろん、私も大不満であるが)バカでアホでもリーダーとしてかつぎ、周りをせめてマトモなスタッフで固めて大困難を進まなければならない。まことに不幸な事であるが、これが現実ではないか。

本人が、突然、真実に目覚め、総理を辞任したとしても、代わりは民主の岡田か自民の谷垣であろう。

残念ではあるが、日本改造・復興の議論をするのであれば、菅総理を前提に、代替として岡田か谷垣をリーダーとして論じなければ意味がないではないか。あるいは、20年前、小沢氏の代わりに「日本改造計画」を書いた竹中平蔵氏や当時の課長代理クラスの若手官僚たちにリーダーになってもらうのも選択肢の一つになるかも知れないが。

今回の未曾有の大震災発生における頭の中身スッカラ菅総理のパフォーマンスだけの立ち居振る舞いは見るに堪えません。
また企業としての社会的責任が極めて希薄なトップに率いられていることが今回の事故で露見した東京電力から提供された曖昧情報をただ口移しに読み上げて「ただちに人体に影響はない…」と繰り返すだけの、枝野官房長官のお粗末会見も鼻につきます。
ましてや、この非常時に天皇陛下を認証式にお呼びたてして問責決議を受けたばかりの仙谷を復活させたり、キャンペーンガールOGで中身のない蓮舫を節電担当にしたり左翼活動家OGで中身のない辻元を災害ボランティア担当にしたり、マスゴミ受けを狙ったのかもしれないが、このような意味不明の支離滅裂の人事を行うとは、スッカラ菅は狂っているとしか言いようがない。

今回は、超大規模の自然災害の地震と津波そして明らかに異常時対策システム構築の手抜きが原因の人災である原発事故がダブルに重なった戦後初めての国難ともいうべきものです。

この難局を乗り切るためには、目先のパフォーマンスだけで自分の立場性や政権延命を有利にしようという低次元の魂胆しか持っていない市民運動アジテーターOBの菅や左翼弁護士OBの仙谷、枝野などに任せず、危機管理能力に長けた非常事態救国内閣を組織すべきです。

たとえば、政治家は先見性とリーダーシップ性の高い小沢氏、亀井氏、原口氏を主軸に、危機管理専門家の佐々淳行氏、防災専門家の山村武彦氏、財政政策専門家の植草一秀氏、国家戦略構築専門家の寺島実郎氏などをそろえて、非常事態救国内閣を組閣すべきだと考えます。

連続して投稿が非掲載と成る。言葉が問題なのか、パソコンのフリーズが原因かは判らないが・・・

家庭の諸事情で忙しく、疲れの溜まった今、整理されない頭ではコメントがおかしくなってて掲載されないのだろうか?

一応、丁寧に書いてみます。

xtcさんが言う、「何故菅さんがダメで小沢さんなのか?」

未曾有の大災害と原発事故が起きれば恐らく、誰が総理であっても大した違いは無かったでしょう。

初動が遅れたために原発事故が大きくなった!?これも、初動が速ければ治まったという安易な話ではありません。

元々、人間が作るものに100%完全は存在しない。自民党政権から続く、原発利権が齎した、嘘とごまかしの安全神話が崩壊し、反対派の提言が現実になっただけです。

これを菅総理がダメだなんて私は言いません。問題はこれからなのです。

菅総理は、増税路線で自民党と大連立を企てています。大災害を盾とし増税、国民負担が当たり前の風潮を御用マスコミが協力して作り上げるでしょう。

マスコミ、既得権益・官僚・大企業は消費税増税こそが祈願なのであり、国民生活がどうなろうと関係がない。

小沢さん達は、地方の疲弊や国民生活が追い込まれている現実を直視している。だからこそ「国民生活が第一」という看板で政権交代を目指した。

政権交代後も、その公約の無駄使い排除は全く達成されていない。

この災害時こそ、既得権益を壊し、無駄の排除が財源捻出と出来る時期だと真のリーダーなら考える筈です。

しかし、そこは聖域と考えるのか?菅総理にそんな決意も発言も全くありません。

だからこそ、そう訴え続けてきた政治家が必要なのだと思います。

後、別スレで三浦さんにコメントした長文の大反論も非掲載でした。後半部分だけ書いてみますが
これでまた削除かも。

>小沢さんが居なくて民主党が政権交代できたと思っていますか?<

>>あれほど圧勝ではなかったでしょうが、民主党が第一党になっていたことでしょう。
政権交代の第一の要因はマスコミの異常な自民党バッシング、安倍・麻生内閣に対する長期間のバッシング報道と実はたいしたこともなかった長妻ミスター年金・応援報道の結果でしょう。<<

小沢さんが政治家生命をかけて政権交代を目指した功績の一つが小選挙区制度を実現させたことです。中選挙区制度のままでは、政権交代が不可能だったと思いますよ。

よく、工作員との口論で、マスコミが民主党を擁護するという。絶対にそんなことありません。

特に小沢さんは、20年間叩かれ続け、嘘や間違った報道で、巨悪のイメージを付けられ続けてきました。麻生さんの失言どころではありません。

年金問題は、最初マスコミは全く取り上げなかったのです。それを自民党に持って行ったが門前払いされたフリーの記者が、最後に長妻さんに持って行って、長い間かけてやっと認めさせた。

既得権益・大企業・官僚と癒着関係が作ってきた関係がなぜ、民主党擁護になると思いますか?

民主党にそんな力等ありませんでした。おそらく、郵政民営化反対発言などがバックにあるのではないでしょうかね。

なんと、菅内閣の支持率が上がりましたよ!
この国民にして、この総理あり、です。
ここの読者の方々のような慧眼の持ち主は少数派、なにもわかっていない羊のような人間が大多数なんです。
そして、羊の群を率いるのがメディア。
そのメディアの先頭で指揮棒をふるうのは、たった数人なんでしょうね。

【NHK原発導入のシナリオ】
読売グループによる世論操作の末、米国の核ブロックに組み込まれていった日本

http://p.tl/ErwG
http://p.tl/9GmZ
http://p.tl/b6v_

ワトソン
「日本では新聞を押さえることが必要。日本の社会は新聞に大きく影響を受けるから。」
「科学者は地位を失うことをおそれて断れなかったようだ。」

読売新聞は元日の新聞で原子力平和使節団の来日記事を書き、それ以後5ヶ月にわたって、キャンペーン記事を書き続け、日テレとともに、社をあげて原子力平和使節団受け入れの世論づくりに邁進した。
← 反小沢キャンペーンとそっくりな構図。米国らが小沢氏を排除すると決めた以上、国民に相当のメディアリテラシーが無い限り現状を覆すことは難しいでしょう。

みなさん、こんにちは(いま4月5日pm2:40頃です)

小沢・前原が10で、菅・鳩山が7くらいですか?そして、あとは民主党全体の責任でしょう。それで、気がすみますか。
でも、僕が言いたいのはそういうことではない。
小沢さんならなんにも間違えない。初動から収束まで間違わないでやり遂げるという論説に与しない。英雄待望論もいい加減にしてほしい。
誰もがはじめての未曾有の天災・人災です。こういうときに政権云々を言うときではないと思うのです。
だから、小沢さんはいまでも意見を言うべきです。アウトサイドからではなく、インサイドから。

これからについて・・・
いまのところ菅さんは消費税は凍結すると行っている。
僕も消費税は上げなければならないと思うが、いまではないでしょう。
それに財政破綻は、ムードみたいなもので、危ないんじゃないかという雰囲気が連鎖したときにおきる。
世界の見方はそうでしょう。
でも、いま世界は日本に同情的だと思う。この機に、破綻させようとは考えないし、見放しはしないと思う。
もし、菅総理がこの震災を機会に消費税を上げようとしたら、僕は菅に見切りをつけます。
次は誰かはわからないが。岡田さんか、谷垣さんか?いずれにしても、物足りない。

世界は見放さないといったが、この原発の処理をどうするかに大きく関わってもいると思う。オバマ大統領が原発に固執しているのは気になるところだ。共和党に気を使っているだけならいいが。市民の声が大きくなっているから、自然エネルギーにシフトすることを望んでいる。そのためには、報道のしかたなどの問題が大きい。
最近、NHKの報道も変わってきている。単なる楽観論ではなくなってきている。悲観的な見方、あるいは科学的、論理的な見方をしてきていると思う。でも、解釈はそのひとの立場によってどうにでもなるものでろう。
だから、放射線量の数値はより客観性を持っていなければならない。
枝野官房長官の発表には、そうしていこうとしているように思える。

小沢氏ならどうするこうするなどと、支持者や取り巻きが言っても意味がありません。
小沢氏本人が、意見を述べ、提言をしなければ意味がありません。

意見表明の場なら、日本自由報道記者クラブ協会なりニコニコなりYouTubeなり、使われればよろしい。

その小沢氏の意見・提言を聞いてから、小沢氏の評価をしたいものです。

[僕は菅に見切りをつけます。]

見切りも何も最初からスッカラ菅といっている人がここには多くいるということ・・与しないとはそういう人達の台詞でもあるのです

瑣末な政治家を総理にしてしまう「二八国家」を目の当たりにしている思いがします


小沢氏に期待する人の多くは、小沢氏に完璧なんて全く求めていませんよ。
彼はとても人間的な人ですから、失敗もするし、甘い見通しを立てることもあるし、弱音を吐くこともあります。今は落ち込んでるんじゃないかと思ってます。
それでも、私は、その落ち込んでいる小沢氏の背中を叩いてでも、立ち上がっていただきたいと思っています。
それは、小沢氏が完璧だとか、豪腕にぶら下がりたいからだとか、そんな理由ではありません。
将たる器である、と思うからです。彼が代表戦で描いて見せた、日本の未来を見てみたいと思っているからです。
その実現に協力したいと思っているからです。
そう思わない人がいるのは理解しますが、そう思う人間がいるのも事実です。
この人になら、協力したい、そう他人に思わせる人間こそが、先頭に立つべきです。
菅総理の最大の問題は、この人を助けたい、とそう思う人間が全くいないことです。(利益を共有している連中を除く)

[僕は日本に見切りをつけます。]

総理が、圧力が高まりすぎているため、若干の放射線がでてもいいので気圧を下げるためにベントを開けろを指示しても、もたもたした東電。そのため、爆発!!
状況を勘案すると、炉心のメルトダウンはおろか格納容器の亀裂あるいは破壊もおこっているいことでしょう。当然、経済産業省と保安院、東電とも「ないしょ」にしているでしょうが・・。
この次期に総理を変えろとか、大連立ってなんの意味があるのでしょうか。この期に及んでも内向きの「内政」ですか?日本の、東電の、福島の事故はこの先100年は語り継がれる問題だし、現在の先進国も将来の先進国にも電源開発の道を閉ざしたことになるのは間違いないという事実を認識されていますか?
小沢に変われが何が変わるの?福島の問題がなくなりますか?世界への汚染がなくなりますか?
あまりにくだらない論調に驚きです。
今回の記事は、特に、脈略がなくひどい。本当に記者だったのでしょうか。
何がいいたい?
好きなときに好きなことを書いておられ、一定の評価と影響を与えておられるかたの事実認識と文章とは思えません。

>小沢・前原が10で、菅・鳩山が7くらいですか?そして、あとは民主党全体の責任でしょう。それで、気がすみますか。

なにを言ってるんですか?私は執行部の方針転換追随の責任分担を申し上げただけで当時野党であった民主党が原発行政そのものに影響を及ぼしていたわけでないことをまず先に考えれば、小沢氏の責任の根本的な所在など存在しないということがよくわかるだろうとあえて前原誠司を持ち出したんです。

更に言えば方針転換の主犯、前原誠司にしても責任の所在においては政策執行権を持たない野党の代表であった時代のことをあれこれ詮索しても意味がありません。
原発行政の根本的な責任はどう言おうが自民党に行き着くことは明白です。
けれども今起きている地震と大津波の衝撃による原発事故問題の大部分は初動からミスを繰り返し隠し続けた東電や保安院の詭弁に翻弄された民主党執行部が引き起こした人災であり、政権を担っている与党として後手後手の対応に追われてもはや手のつけようがない事態に追い込まれている。
今現在の菅政権の責任は7どころではありません。
自民党に連立を求める前に挙党一致、実力を持つ政治家が同じ党内にいるのになぜ菅さんは協力してほしいと三顧の礼で迎えないんでしょうか?
小沢氏は協力したいといっているんですから。
菅さん自身自ら手に余る事態なのだから人材活用すればいい。そこに変な政局や執行部交代を画策するほど小沢氏は姑息なんですかね?
また小沢氏の意見や提言を聞かなければという方もいますが私にはこれも意味がさっぱりわからない。
そういう問題なんでしょうか?
評価がどうとかそういう問題ですか?
緊急事態に及んで連立を申し込んで参院のねじれを解消したいとこの後に及んで自民党に誘い水を向ける民主党執行部の姑息なやり方こそ批判しなければいけません。
与野党協力を震災や原発問題を糊代に折衷に持ち込んであわよくばと算盤をはじくことより、まず与党内の一致のため首相自ら胸襟を開いて挙党一致体制を構築させるべき。
菅首相も官邸も宝の持ち腐れを率先してやっている。
考えられない愚行です。

xtc4241さんへ


汚染水の海洋投棄

これは、総理大臣が記者会見を開いて説明し、海外の記者を交えて質問を受け付けるべき「出来事」なのではないですか。

東電だの、枝野の説明で済む問題なのかいな。

環太平洋諸国
ま、言うところのTPPの「お仲間諸国」へのご挨拶が、官房長官ですか?
結構深刻な問題の筈ですけどね。

おまけに、記者クラブだけ?

海外のメディアだって、質問したいわな。

どんなもんかね、
xtc4241さん

震災の後、小沢さんはどう行動すれば良かったのか、なかなか発信しないことに不安を感じていたので、田中さんの見解をお聞きしたくて、政治塾に駆けつけました。その後の居酒屋談義に参加していれば、もっと具体的な話が聞けたかとも思いましたが、いかんせん
帰りの電車の都合で見合わせました。返す返すも、この様な非常時に菅さんが首相であることの国民の被災者の不幸に改めて思いを強くしました。小沢さんは積極的な原発推進者ではないことの確証も得ることができたことにもも胸をなでおろしています。リスクが大きすぎ、しかも後世にわたってつけを回し続けるものに、国民は原発に厳しい目を向けているのかと思いきや、世論調査では真逆の結果でした。中庸の考え方を持つ1議員を20年にも亘ってマスコミを使って攻撃し続け、しかも仲間であるはずの者たちからも後ろから撃つようなことまでして身ぐるみ剥ぐ、つくづく日本国民でいることを辞めたくなることもあります。三週間過ぎてもめどが立たない被災者の様子をテレビで観るにつけ、つい、イフ、の気持ちがよぎって来ます。

田中さんの見識は正しいと思います。
ここも親小沢と嫌小沢が混在していますが、田中さんの意見はそんなもので計れる考えでは無いと思います。
今の日本は梶山静六・加藤六月・渡辺美智雄・金丸信のような政治家がいません。
彼等が存命中当時から年少ながら頭一つ抜けた存在が小沢一郎であった。
彼等が絶命し日本には小沢一郎がたった一人残った。という事でしかない。
これが田中さんの「小沢一郎しかいない。」発言の真実だと思います。
小泉・竹中を信奉する方も多くおられますが、グランドデザインを持った政治家が小沢一郎しかこの日本にいない悲劇が現実だという事なのでしょう。
好き嫌いでトップリーダーを選び続けたツケを日本は今後払うことになると思います。
様々な情報が乱れ飛んでいますが、いま海外で行なわれている事象をよく考える時期です。国連が日本国民の生命財産と原発処理の不手際による世界的危機を理由にリビアに軍事的内政干渉をしたように日本政府を国連が指導する動きも囁かれています。
私はもっと利口にならなければならない瀬戸際に日本国民は追い込まれているのではないかと思います。

投稿者: ウー様 2011年4月 5日 11:21

私の意見に反論されているので、私からも再反論いたします。
その前に、誤解されると困るので、私も菅総理については、リーダーとして全く評価しておりません。この国難を前にして鳩山由紀夫氏より少し良い程度で、最悪・最低の総理に変わりなしと思っています。
ただし、小沢一郎氏も行政手腕未知数だし、リーダーとしての才能は小泉純一郎氏より格段に劣っていると思っています。
しかも、政治家として既に詰んでいる、チェック・メイト状態であると考えています。

さて、私の意見「政権交代の第一の要因はマスコミの異常な自民党バッシング、安倍・麻生内閣に対する長期間のバッシング報道と実はたいしたこともなかった長妻ミスター年金・応援報道の結果でしょう」に対して
ウーさんは「①小沢さんが政治家生命をかけて政権交代を目指した功績の一つが小選挙区制度を実現させたことです。
②マスコミが民主党を擁護するという。絶対にそんなことありません。
特に小沢さんは、20年間叩かれ続け、嘘や間違った報道で、巨悪のイメージを付けられ続けてきました。麻生さんの失言どころではありません。
既得権益・大企業・官僚と癒着関係が作ってきた関係がなぜ、民主党擁護になると思いますか?
③年金問題は、最初マスコミは全く取り上げなかったのです。それを自民党に持って行ったが門前払いされたフリーの記者が、最後に長妻さんに持って行って、長い間かけてやっと認めさせた」と反論しています。

①については、私も小沢氏を評価しています。細川政権の時に完全な形ではないが小選挙区制を導入したのは小沢氏でした。
②については、自費で価格もリーズナブルなホテルのバーに通っていた麻生氏をテレビのバラエティ・ニュースショーは、連日連夜、1日に数回、東京ではメジャー4局が非難・批判の放送をしていました。それに比べて、自由が丘の高級すし店や中華料理屋に連日通った鳩山氏やホテルのレストランやすし店、代官山のフランス料理屋で毎日、夕食を取っている菅氏はどうでしたか?
テレビ局の温度差は異常じゃないですか?
バンソコウを貼ってたことを質問攻めにして辞任させたり、・・・還元水を責め立てて自殺に追い込まれた大臣がいた安倍内閣に対して60歳過ぎの総理大臣が母親から巨額の子供手当をもらっていた件、外国人から政治献金されていた大臣の件、マスコミの追求の何と淡白で短期間だったことか。
小沢氏は、確かに自民党の幹事長時代、朝日新聞がしつこく攻撃していました。金権田中の後継者だったこともあるでしょう。しかし、自民党を出た後は野党のリーダーということで、それほど攻撃されていないでしょう?サンプロ時代の田原総一郎なんか小沢氏と石原都知事を前にすると露骨にヨイショしていたでしょう。
新聞社の上層部は、裏(資本関係)では時の権力と密接に関係を保っているが、記者特に団塊世代は、学生運動経験者(ヘルメットをかぶって機動隊と闘うレベルでなく、いわゆる心情3派レベル)が多く、自民党を嫌っているものが多いのでは。
③の年金問題は、厚生省の官僚もアホだが、組合員公務員も劣悪だった。長妻氏が年金問題の根本的問題摘出と解決を考えていたならば、自民党や官僚だけでなく、組合公務員も批判・非難すべきであった。
しかも、彼は情報提供者の云う通り現行制度の欠点をあげつらうだけで、改革案について構想も具体案も出せなかった。彼は決して「ミスター年金」ではなく「ミスター文句ユウノスケ」にすぎなかったのです。

ところで、ウーさん、既得権益者って誰のことなんですか?
日本国民である以上私もいくつかの既得権益を持っているし、官公労・自治労なんかは巨大な既得権益手放さないし、おっかなくて大きな声で言えないけど、関西における・・解放同盟なんて、冗談でなく泣く子も黙る存在なんですけど。

春未だ浅きか・・

反論とか仰ってますがナンセンスですね、甚だしいというか
見解と価値観が著しく乖離していてお話にならない
ようするに土俵が違うってこと


三浦さん

コメントありがとうございます。

>>小沢一郎氏も行政手腕未知数だし、リーダーとしての才能は小泉純一郎氏より格段に劣っていると思っています。<<
う~ん、そうですね。リーダーとしてマスコミを使って国民を洗脳する能力で言えば、小泉さんにかなう人は居ない。

しかしリーダーってその能力だけで判断できる?

口先で国民を熱狂させて支持率を上げて強行採決できる数を貰って行った自民党の政策は、国民を更に苦しめた。いわば詐欺です。

見た目も悪く、愛想も無いが政治家として国民のための政策を行う為、変わらぬ信念を貫き実行してきた方のほうがリーダーに相応しいと思います。

>>しかも、政治家として既に詰んでいる、チェック・メイト状態であると考えています。<<

高野さんもその他の評論家も聞いた言葉ですが、そうであって欲しいのでしょうね。本当に詰んでればマスコミが名前さえ上げませんよ。凄い政治家です。

②についてですが・・・
何度も同じ議論をニュース畑で繰り返してきました。

基本、マスコミ特にテレビは公平中立を演じねば成りません。そしてバラエティ化したニュースを含め、基本は視聴率重視です。

ネットで暴露され盛り上がるフリーランスや週刊誌記者、いわゆる非記者クラブの流す総理叩き情報も取り上げないわけには行かない。

だから、麻生総理と鳩山、菅、同じくらいのバッシングはあります。

ただね、その麻生総理や与謝野大臣に持ち上がる献金疑惑は報道しなかった。マスコミが民主党擁護なら、少なくとも小沢さん程度か、それ以上に騒げばいいでしょ?

逆に小沢さんの事件は西松をはじめ裏献金も無くなったのです。訴状にも上がらない、幻の総理大臣を変えてしまった国策事件でした。

何故、そこを擁護のマスコミ?が突っ込まないのでしょうか?絶対に出来ないんですよ。

癒着関係の自民党と検察、マスコミの関係ではね。言い間違い、ホテル通い、絆創膏にして、小沢さんの報道と比較して、対した問題では無いと思いますがね。小泉さんなら笑い話ですんだでしょ。

小沢さんは常に、政治生命さえ危ぶまれるバッシングです。その実態は西松以下、解ってると思いますが、基地外沙汰の報道と実体の無い罪なのですよね。

>>小沢氏は、確かに自民党の幹事長時代、朝日新聞がしつこく攻撃していました。金権田中の後継者だったこともあるでしょう。しかし、自民党を出た後は野党のリーダーということで、それほど攻撃されていないでしょう?サンプロ時代の田原総一郎なんか小沢氏と石原都知事を前にすると露骨にヨイショしていたでしょう<<

野党の政権交代が程遠い時は、当然マスコミはそれほどは取り上げません。
しかし、TVタックル、たかじん委員会、朝生、サンプロなどで小沢さんをよいしょなどしてませんよ。いつもの機密費評論化が金に汚い、壊しや豪腕、いわゆる偽りの悪いイメージを植えつけ続けていました。

それと、上杉さんのビデオ、見ました?如何思いました?全て嘘だと?

常にオープンにしてきた政治家、1円から透明の報告書を出してきた政治家は他に居ない。

その事実をどのテレビ、誰が言いました?ネット普及によるフリーランスの記者からやっと国民に少しづつ解ってきたのですよ。

③の長妻さんのことは如何思おうと良いです。私も期待はずれ感が強いので。厚生大臣は仕事が多すぎるのです。

年金担当大臣として、国家プロジェクトで消えた年金を素早く解決して欲しかったです。

>>ところで、ウーさん、既得権益者って誰のことなんですか?
<<

基本的に血税を貪る人達のことですよ。官僚と一概には言えないが
その組織に入れば、志も無くなり
上に逆らえず、天下りを行う人生になる。

その為に無駄な許可認可検査などあらゆる理屈で法律と共に天下り団体を作る。無駄な公共事業予算を作り建設会社に天下り、予算を水増しする。

そんな官僚組織と結託し法と予算を通し見返りの献金と組織票を得てきた自民党政治も既得権益。

同じ構図で、大企業優遇政策、税制を通す見返りに献金と組織票を得てきた。

その大企業がスポンサーであり、検察・警察から情報を得たい言いなりのマスコミも同じ狢です。

そしてその仕組みを国中に蔓延らせ、地方自治もひも付き補助金で縛り二重行政で更なる無駄を作り
あげて来た。

細かくは農協をはじめ税金の使われ方に悉く利権構造を作り上げた一党独裁政権下の日本のシステム。

この構造を壊そうという小沢軍団は、敵が多いですね。私は小沢総理であっても改革が出来ない可能性が高いと思っています。

しかし、この国のシステムが世界一の借金大国にし、その国債発行が今の国民を苦しめている現実。

それをぶち壊すことを言い続け戦ってきた政治家は日本では小沢さんしか居ません。

だから冤罪であっても叩かれている。その政治家しか期待できないでしょ?誰か他に既得権益に本気でぶつかって戦う政治家が居ますか?

小沢さんが倒れ、その無駄使いを続けても良いと思っていますか?

毎日閲覧させていただきありがとうございます。
すこし話題とずれますが、思いを書きます。
日本の原発は安全だと思っていました、だまされました。
日本で作った物が世界から、つまはじきにされています。
日本の加工貿易が出来なくなりそうです。
①原発を全て廃炉にするので、物を買ってくださいと、世界に、お願いする。
②既得権益集団の政、官、財、学、マスコミ、を解体し戦後のように、皆で一生懸命に働けば、加工貿易が出来ると思う。
この二つを小沢さんに実行してもらいたい。
米国の強欲資本が怖くて、廃炉に出来ないでいる間に、別の場所の原発に想定外な事故が起こり、水素爆発したら、世界から人の往来も、閉ざされ、日本は孤立無援になる。
なんとか出来ないでしょうか。

物事の見方・読み方の問題であるとか、感性の問題であるとか、反論のやり方には色々とあるのだが、
三浦氏の書き方は、いつもただの好き嫌いからとしか受け取れない。
この20年間の小沢一郎に対するマスゴミの接し方を、20年間見ている人間にとっては、彼のご意見(笑)は、読むに堪えない。

まして、麻生だの安倍だの、鳩山などと比較して語る事が間違っている。

だから、三浦氏のいちいちの言葉について書く気はないが、
「既得権益」についてだけは書かなければならない。
・原子力学会
・原子力安全保安院
・原子力安全基盤機構
・原子力安全委員会
こんなモノを構成し、ここからお金を頂いて紳士然としてる連中を「既得権益者」と呼ぶのだよ。
更に書けば、
原子力安全委員会の関連団体に、
・原子力委員会
・原子力公開資料センター
・日本原子力研究開発機構
・放射線医学総合研究所
なんてのが、ずらずら並ぶ。
最後の医学・・・なんてのは良く解らないが、
他の組織が、いかに見せかけだけのモノで、国民の血税を食いながら、何の役にも立たなかった事の「事実」「真実」を、今回はっきりと見せてくれた。

こう言う、一見立派で、お金がかかって、他者を寄せ付けない閉鎖性を持ち、最終的に何の役にも立たない「お荷物」だけど高圧的な連中を、既得権益者と呼ぶのですよ。
(マスゴミの著名人を思い起こしてしまうなァ)

国民全員が、「既得権益者」だなどという馬鹿を言う人には、解らないかもしれないが。

上記の立派な組織を構成し、大そうな名誉と金にまみれている秀才たちを排除することこそが、民主党の改革の筈だったのです。
原発などというモノを辞めるだけで、上記の連中がいなくなってくれる。
これこそ「規制撤廃」「規制改革」ですね。

脱原発は、金がかかります。
しかし、その技術を確立する事は、大きなビジネスにもつながります。
いづれ、フランスもアメリカも、ロシアも、どいつも、原発の処理に悩んでいますから。
改革は、金儲けにつながる・・・かな?

もういろんな議論をしても無駄ではないでしょうか、外務大臣が汚染水放水を国際法上問題ないと強弁しました、この都合の悪い会見には菅総理は出てきません、この汚染水海洋投棄で日本の国際的立場は歴史的転換点になるのではないでしょうか、貿易・輸出・向こう何十年にも影響するでしょう、大気圏内核実験をした国に言われたくないけど相当な批判を受ける覚悟をしなければなりません、いきなり小沢さんが総理になれるわけもなくと言う意味で議論は無駄だと思ったんですが、この国は変われない国だった、で終わりですあきらめましょう。 

補足、これを書き忘れてました。

マスコミが自民党を擁護する最大の理由は、お金が絡んでいることが野中発言で明らかに成りました。

抽象的に、マスコミは自民擁護だ、民主擁護だと支持者とバイト工作員が主観のみで口論を続けても埒が明きませんでした。(ニュース畑の話)

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100503/1272818106

官房機密費を、政治評論家やお笑いタレントにまで配り、世論を造り上げてきたのが暴露された。

その暴露した野中さんの意図を読むのは難しいが、恐らく野党に成りお金を配れなくなったが、「此れまで通り宜しくね。でないと、ばらしちゃうよ。」といった所では?

兎に角、証拠が挙がったのです。当然、御用マスコミは追及などしない。上杉さん達が頑張ったが、結局闇の中ですがね。

以前、ニュースステーションで常識的な庶民感覚で政治を、政府を批判していた久米キャスターが、番組審議会にまで介入していた自民党に下ろされた。

癒着関係の上場企業の社長何人かが久米降板を喜んだという。

それ以降、まともな意見を言うキャスター、コメンテーターが激減した。跡を継いだ古館・みの・たけし・辛抱・太田総理・・・・

それでも、ネットの普及も手伝いフリージャーナリストの少数精鋭の鋭い突込みが国民を目覚めさせてくれた。

アンバランスでありながらも彼等の活躍が政権交代の手助けになりましたね。

だが、菅総理に成ってから機密費が廻り出したのか?きな臭い動きが小沢さんの正当性を語る少数コメンテーターを襲う。

昨年は江川さん。

この四月は更に鳥越さん、岩上さん、山口編集長も降板した。

朝・昼のワイドショー、ニュース番組、政治バラエティ番組のキャスター・コメンテーターを見て判断してください。

番組内容は勿論、一人一人がどの政党支持で小沢・反小沢であるかを表にして○×付けてみれば良い。

毎朝3時間の生番組、朝ズバで小沢擁護者がひとりでも居るのか?

たかじん委員会やテレビタックルにおける出演者の偏り具合を考えてみてね。仮に民主党議員であっても小沢派は川内さんぐらいか・・・

記者クラブの意図に逆らい、自身の会見全てをオープンにした小沢さんを、敵対するマスコミが擁護してきたなんてありえない事を。

元株やさん。

的確なコメントを有難う御座います。

政治は結果であり、今、正ににその政治家の真の力量が問われているのでしょう。
東日本大震災発生後の岩手県と宮城県の対応を比較してみれば、明らか(例えば、岩手は発生後1週間もしないうちに、建築棟数を明確に発表し、すぐに着工した。避難者の受け入れ問題に対してもいち早く手適切な受け入れ態勢を発表して、それを実行している等々、宮城は10歩、下手をすると100歩も対応が後手。この違い、小沢氏の力が働いていないと言い切れますか?目の前の事を即座に解決する力のない物に、将来の様々な問題への解決力は期待できなしでしょう。今の内閣、全員失格。

元株や、さん
匿名、さん
よく理解できます。
東京大学が、悪徳役人を作り出している。
神が、東京大学は戦前の、独裁、隠蔽の軍部と同じですよと、一回目の水素爆発で教えてくれた。
神が二回目の水素爆発をどこで、起こすか、心配です。
東京の近くにしてください。


投稿者: ウーさま 2011年4月 7日 11:02

>上杉さんのビデオ、見ました?如何思いました?

まだ、見ていません。見ての感想はジャーナルのどこかに書き込みます。

>リーダーとしてマスコミを使って国民を洗脳する能力で言えば、小泉さんにかなう人は居ない。

ニコニコ動画で池田教授に尋ねられて小沢氏は「日本改造計画出版時と考え方は同じ。まったくブレていない」それでは小泉氏とどこが違うのかと問われて「彼はセーフティーネットを考えていなかった」と答えたそうです。
不完全であったが構造改革を実行し、不良債権処理を成し遂げた小泉氏に対して責任を取る必要のないスローガンを叫ぶだけのお気楽な立場
の小沢氏による「後だしジャンケン」ぶりが良く出ていると思うのですが。

既得権益者に対するウーさんの見方はよく理解できました。私も同意します。ただ、私は、東大卒・エリート・金持ち≒悪、貧乏人・私大卒・高卒・庶民≒善とは、全く考えていません。
また、ウーさんが指摘した既得権益層を作り上げた自民党の中心にはかつての小沢氏もいたんですよね。
小沢ファンは、小沢氏がそれを嫌い、改革するために自民党を脱党したとお考えでしょうが、私は、彼は単に経世会の中の権力闘争に敗北して、自民党内での居場所を失い、しかたなく脱党したと見ていましたが。
また、ウーさんの指摘する既得権益者の中に、かっての総連・民団・創価学会・官公労等々の団体と幹部も含まれると思うし、一般市民に害をなすのは実は後者のほうが大きいと考えています。

>官房機密費を、政治評論家やお笑いタレントにまで配り、世論を造り上げてきたのが暴露された。

官房機密費が政治評論家や新聞記者にばらまかれていたのは、昭和30年代初頭からで、確証はなかったけれど、大相撲の八百長と同じで普通の国民は知っていたでしょう。
権力とはそんなもので、買収される人間がおろかなだけです。
それよりも、ウーさん、「椿事件」をご存知ですか?

今回の政権交代時のマスコミの動きは第二の椿事件と云われています。
もちろん、証拠はありません。

>ニュースステーションで常識的な庶民感覚で政治を、政府を批判していた久米キャスターが、番組審議会にまで介入していた自民党に下ろされた。

私もニュースステーションはずっと見ていて久米氏の番組進行は上手いなと思っていましたが、彼に庶民感覚があるとは思えなかったし、説明責任を求める批判は鋭かったが、自身の愛人騒動に沈黙を保ったのはおかしかったですね。
番組終了は自民党の圧力というより視聴率の低下と久米氏の所属する事務所の要求ギャラが高すぎたのが本当のところではないでしょうか。

>昨年は江川さん。

このひとの着眼点は独特で鋭く私も評価します。

>この四月は更に鳥越さん、岩上さん、山口編集長も降板した。

鳥越氏と山口氏は仕方ないのでは。
コメントする前から内容は想像できたし、実際想像通りだったから。
特に、鳥越氏の老左翼的コメントの数々は、さすがのテレ朝でも擁護しきれなかったのではないでしょうか。いずれにしても本人と家族のためにも降板して良かったのでは。

三浦さん

貴方は、私のコメントした既得権益者に同意したのですよね。勿論私も東大エリートが悪だなんて言いません。

一党独裁と官僚主導政治が長い年月続くことによる癒着腐敗構造が徐々に構築され、そこに入る優秀な官僚も一個人では、到底改革など出来ない。

上に逆らい、国を国民を思う考えを封鎖し、それを言おうものなら
官僚人生がジ・エンドという組織に成ってしまった。

それが、国中の既得権益を受ける組織の拡大され、歪なマスコミという権力を造り上げています。

その仕組みを根本から変えないといけないという政治信念を貫き通し、戦いを挑んだ政治家は小沢さんしか居ません。民主党全てがそうだったら今頃、随分違った政治状況だったでしょう。

三浦さんは以前
「私は民主党支持者ではないし、民主党の党則も知らないのでコメントのしようもありません。ただ、小沢氏は幹事長や党首の出頭指示を何回も拒否していましたね。私が知る事実はそれだけです。」と言いました。

それで、知らない事実を教えてあげたのですが、未だに見て居ないでの小沢批判は片手落ちでしょ?

ニュース畑での工作員との口論も同じで、真実を語るフリーランスの記者のビデオソースを何度添付しても見る価値がないだの、ソースを批判した貴方のソースも見ないだとか・・・

結局、真実を話しているであろう都合の悪いことは見ないで、御用マスコミだけを妄信して小沢を叩くという偏見ぶりを出すのです。

私は、どちらの情報も全て見て、どちらが正しいのかを自分で考え判断しています。

三浦さんは、彼等工作員とは違い、ちゃんと意見を見聞きし、同意までされる方ですよね。

だったら、チャンと見て下さい。その上で、どちらの言い分が正しいのかを言ってから、それでもマスコミ報道が全て正しいと判断したのなら小沢批判をしてください。

このソースには、小沢さんは出演した生の会見が沢山登載してあります。
http://ymj-ozawa.tumblr.com/


上杉さんや3ページの岩上さんとの出演ビデオが参考に成る筈です。勿論全てを見ることが、小沢批判者の義務でもあると思いますが如何です?

マスコミの流し続ける、切り剥ぎ編集した小沢悪報道の嘘が判ると良いですね。

>>不完全であったが構造改革を実行し、不良債権処理を成し遂げた小泉氏に対して責任を取る必要のないスローガンを叫ぶだけのお気楽な立場の小沢氏による「後だしジャンケン」ぶりが良く出ていると思うのですが。<<

長くなるついでに反論。小泉構造改革なる詐欺は、郵政民営化・道路公団民営化・無駄を温存し既得権益を温存したこと、非正規雇用を増やし格差拡大した事実が全てです。

その間、7年間で50兆円の国民負担増をした見返りが、金持ち優遇税制、大企業の内部留保と役員報酬の倍増でしかなかった。

小沢さんは総理に成ってないので後出しも何もない。ただ、その本以降も出す本全てが、ちゃんと変わらぬ政治理念を発信し続けています。

>>権力とはそんなもので、買収される人間がおろかなだけです。<<
幾ら愚かと言っても、その罰も責任も取って居ないで、未だに嘘、捏造報道を大手という権力の元
撒き散らしてますね。放射能と同じ害悪です。

>>それよりも、ウーさん、「椿事件」をご存知ですか?<<
はい。椿さんが小沢信者か?新権力に擦り寄ろうとフライングしたのか?定かではありませんが・・・

でもね、テレビ朝日のトップとして新政権を擁護しようなどと議会で発言したが、現実は???でしょ。

その頃は政治はニュース番組でワンコーナーだけ扱う程度だった。
小泉ワイドショー政権から、朝から晩までワイドショーやニュース番組、娯楽バラエティまで政治を扱うようになったのです。

当時の椿事件の影響など、今の小沢バッシングと比較してどれ程のことでしょうか?記者クラブ全体で100倍酷い真正・椿事件が小沢さんに対して行われているのです。

>>特に、鳥越氏の老左翼的コメントの数々は、さすがのテレ朝でも擁護しきれなかったのではないでしょうか。いずれにしても本人と家族のためにも降板して良かったのでは。<<

だからこう言ったコメントになってしまう。私が、そして小沢信者が言ってきた大手マスコミが記者クラブという既得権益を守る為、小沢排除をしてきた真実を見てからにしてね。

テレビ朝日が擁護?タックル・スクランブルその他キャスターのコメントを聞いてますか?

機密費のため、記者クラブ利権のため、スポンサーの為だけに真実を隠しています。本当に朝日が擁護なら西松事件を検証しますよ。

鳥越さんは数少ない、小沢さんに対しても逃げずに真実を語り下ろされたジャーナリストです。三井事件も白バイ事件も取り上げた番組が、この春無くなった。

高野さんがミヤネ屋で、小沢さんに対してここで言うように無罪だとテレビでいえないのが事実です。

次々と既得権益を追求してきたコメンテーターが、局上層部からの圧力で降板させられていく。

真実を知って、まだ下ろされて良かったなどと言えるのでしょうかね。私は今の現実が恐ろしいです。

http://www.ustream.tv/recorded/13808412


 4.16「脱原発社会を作ろう!」デモ開催のお知らせ


ブログ「一市民が斬る!」より
http://civilopinions.main.jp/2011/04/48.html

被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
そして、命を賭して、現地で懸命な修復作業を行っている方達に心から感謝いたします。


<4.16「脱原発社会を作ろう!」緊急デモのお知らせ>

4月8日、二見伸明(元運輸大臣)他有志が集まり、下記の要領にて緊急デモを行うことを決めました。

私達、そして次世代の人達が安心して暮らせる日本にしていくため、積極的にデモに参加しましょう。


『        4.16「脱原発社会を作ろう!」デモ

冠スローガン
「脱原発社会を作ろう!」
「菅首相は危機対応に失敗した責任を取れ!」

この大きなスローガンの下に、明治公園から、渋谷の町へと練り歩きます。

日時      4月16日(土)
集合       11:30
デモスタート  12:00

集合場所   明治公園
   東京都新宿区霞岳町
   JR「千駄ヶ谷」徒歩5分、地下鉄大江戸線「国立競技場」2分、
   地下鉄銀座線「外苑前」徒歩15分

実行委員長 二見伸明(元運輸大臣)
反原発運動の団体の皆様と一緒に活動していきます。   』

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.