Calendar

2007年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

« 大連立を見てみたかった
メイン
鳩山発言を吟味してみる »

勘違いが続いている

 小沢民主党代表が辞任を撤回し謝罪と反省の弁を述べて状況は党首会談以前の段階に戻った。これからは与野党が対決姿勢を強めることになり、次の衆議院選挙で民主党が過半数を獲得出来るかどうかが焦点となる。
 しかし今回の小沢氏の一連の行動はまだ民主党にも国民にも理解されていないようで、その後の新聞・テレビの報道を見ていると勘違いもはなはだしい議論がいまだに延々と続いている。
 まず「自公政権を倒すといって参議院選挙で大勝したのに、何故民主党は衆議院選挙で戦うことをやめて自公政権に協力するのか」という発言が正論のごとくまかり通っている。もっともらしく聞こえるが勘違いに満ち満ちていると私は思う。

 これはまず前の参議院選挙で国民は自公政権にノーをつきつけたという前提に立っている。また参議院選挙で大勝したのだから次の衆議院選挙でも国民は民主党政権を選択するはずだという前提に立っている。本当にそうだろうか。民主党がどのような選挙総括をしたのか知らないが、私が見るところあの選挙で国民がノーを突きつけたのは自公政権というより安倍政権に対してである。

 国会での度重なる強行採決に見られるように国民は安倍政権の強権的な姿勢に反発を感じ、政治とカネの不祥事に断固とした対応をとらない優柔不断さに最高権力者としての資質のなさを感じた。そして小泉構造改革路線を継続していること、つまり都市と地方の格差を拡大させたことに対して地方が反乱を起こした。それが与党惨敗の大きな理由ではないか。民主党は「安倍政権の失策」によって選挙で勝つ事が出来た。民主党が自分の力で勝ったとは言いがたい。それが私の総括である。

 それを「国民は自公政権にノーを突きつけ、次の選挙で民主党政権を待望している」と考える民主党議員がいるとすれば、お目出度いとしか言いようがない。安倍政権が交代して福田政権が誕生し、ひたすら低姿勢と小泉構造改革路線の見直しに言及しているが、その福田政権は世論調査の支持率を安倍政権末期の倍近くに回復させたではないか。それでも国民は次の選挙で民主党政権を待望していると考えるのか。真面目に選挙に取り組んでいるならば軽々にそのような考えには立てないと思う。

 国民に対する宣伝戦で「参議院選挙で勝たせてもらったから次の衆議院選挙も民主党が勝利して政権交代だ」と叫ぶ事は一向に構わない。しかしそれは表向きであって、次の選挙を厳しいと思っていないのなら勘違いもはなはだしい。福田総理が自ら言うように与党は背水の陣を敷いている。死に物狂いで選挙を戦うだろう。だから選挙に勝つためにはありとあらゆる知恵を働かす必要がある。小沢代表が大連立の話に乗って見せたのは政治家ならば十分にありうる話だ。それを理解できない民主党が私には理解できない。

 次の大きな勘違いは、連立をすることが自公政権に協力をすることで、挙句の果てに民主党が吸収されてしまうという考えだ。どうしてそう思えるのだろうか。今回の連立話は自公政権が行き詰っていることの証明である。「ねじれ」を野次馬は面白がっているが、国家を経営している側にとってこれほど深刻なことはない。国家を機能させるために通常は一つの国会で百本近くの法案を成立させなければならない。それが「ねじれ」のままでは難しい。「ねじれ」はどうしても解消しなければならない異常事態なのだ。

 解消するには選挙か連立しかない。法案ごとの政策協議という方法もあるが、与野党が歩み寄れる範囲の狭い問題にしか対応できないので国家の機能は半分麻痺の状態になる。
 選挙で解消するのが一番良いが、問題は時間がかかる事だ。民主党が次の選挙で勝てばよいのだが、そうならないと事は面倒になる。何度も選挙を繰り返すしかなくなる。さもなければ6年後の参議院選挙で自公が勝つしかない。しかし昨今の世界情勢の激動を見ると日本政治が長期に機能不全でいる事は国民のため絶対に許されない。

 連立は自公政権の方が必要としている訳だから、連立のための条件協議は民主党が有利になる。小沢代表が言うように民主党の政権公約を実現できるチャンスであった。安全保障政策の大転換や年金、子育て、農業問題で民主党の政策が実現する可能性が高かった。また連立を組めば福田総理の解散権も制約できる。決して民主党に不利なときに解散されなくて済む。大臣ポストも得る事が出来るから、例えば長妻昭衆議院議員に年金問題担当大臣をやらせ、舛添厚生労働大臣と比較させて、次の衆議院選挙で国民にどちらを信頼するか選択させれば良い。

 連立をしたからと言って党が一つになることではないから選挙では敵味方に別れて戦う。
 鳩山幹事長は「連立を組むと選挙で戦えない」と思っているようだが選挙協力をする必要は全くない。民主党は自民党が飲めない政策をマニフェストに掲げて対立軸を作れば良い。以前にも書いたが昭和27年、吉田自由党と鳩山自由党が再軍備の是非を巡って真っ向から対立して分裂選挙を戦った。一つの政党でも全く相反する主張を掲げて選挙を戦う事が政治の世界ではありうるのだ。鳩山幹事長にはお祖父様の前例を頭に入れて、政治とはそういうものなのだということを理解してほしかった。

 三番目の勘違いは、小沢代表が誰にも相談せずに独断専行した事が、何か党の民主的運営を無視しているという批判だ。リーダーとは何かという問題だが、常にみんなと相談しながら決めなければならないというのならリーダーは要らない。じゃんけんをして交代でリーダーになればよい。企業でもそうだがこれまで経験したことのない新しい事をやるとき、リーダーが独断で決める事はおおいにありうる。その代わりリーダーはその決断に責任を持つ。失敗すれば一人で責任を取る。それは当然の事だ。だから今回小沢代表は大連立の方針を役員全員が反対したとき辞任を表明した。

 四番目は「国民の意思によらないことは民主主義の否定になる」という勘違いだ。
 大連立が国民の意思かと言われればそれは違う。だから小沢代表は国民の民意を無視して大連立に乗ろうとしたという批判がある。参議院選挙の民意は「安倍政権を倒せ」というもので「自公政権を倒せ」という民意かどうかは疑わしいという事は前に述べた。それでも小沢代表の行動は国民の了解を得ていないからおかしいと言うことなのか。政治が何かを決断するとき全て国民に聞いてからでないと駄目なのかという問題だ。
 アメリカでもイギリスでも先進民主主義国の政治家が国民の意思を聞いて、賛成が多いから実行し、賛成が少ないから実行しないかと言えば、そんな事はない。何か大きな決断をするときには様々な要素を考え、熟慮の結果一人で決断をするのであって、場合によっては国民の意思を無視する事もある。そして民主主義の民主主義たる所以は、その決断に対して国民は後で審判ができるということだ。民主主義はリーダーの孤独の決断を決して事前には妨げない。そうでないとリーダーは思い切った事は何も出来なくなるし、国家存亡の危機にも対応できなくなる。後でそのリーダーを辞めさせる事が出来るというのが民主主義ではないのか。
 
 小沢代表が自分の考えが受け入れられなかった事を理由に党の代表を辞めようとしたのは筋が通っている。ただそれを辞めさせなかった民主党の対応は全く訳が分からない。本音は小沢氏に党を割って出られたら困るということだろう。それを大連立はやらないということにして、小沢氏が一応謝罪と反省をする形にして、辞任を撤回してもらった。これで訳が分からなくなった。今回の騒動で民主党が国民の支持を失うとしたら、それは小沢氏の行動よりも、大連立には反対だと言いながら小沢氏に辞任を撤回してもらった民主党の方に責任があると私は思う。いずれにしても民主党は小沢氏に大きな借りを作った。こうなれば次の選挙で民主党が負けても小沢代表に続投してもらうしかない。

 これからは法案ごとの修正協議で国会を進めていくしかなくなった。大連立ではなくパーシャル連合などを提唱する人も現れた。いずれも民主党にとって大連立に比べたらはるかにメリットは小さく、むしろこちらの方が「死に体」の自民党にただ協力するだけの方法になる。これからは間違っても大連立よりパーシャルの方が良いなどと勘違いをされては困る。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3582

コメント (2)

今となっては遅いのかもしれないけれど、平野先生をよんで、高野さんともども、インサイドウォッチで討論をしてもらえないでしょうか?小沢さんの足りなかった事、民主党の役人エリート的グループの中でこのような事もできる可能性がある政治家は出てくるのか…。歳川さんは違い視点で話されていたような気がするけどどのように見ているのかも聞いてみたい。

右も左も上も下も小沢批判のオンパレード一色。森田実氏に至っては民主党を崩壊寸前にまで追い込んだ前原前代表の後見人の仙石由人氏をホメ称えているし。あぁ勘違いは続くよどこまでも。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.