Calendar

2007年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

« 藤波元官房長官の死で思うこと
メイン
大連立を見てみたかった »

小沢代表辞任表明の衝撃

 小沢民主党代表が党の代表を辞任する意向を表明した。福田総理との党首会談を巡る情報が錯綜する中での辞任表明である。国民からすれば何がなんだか分からないというのが正直な感想ではないか。何がそうさせたのか、日本の政治が置かれている状況を踏まえながら一連の出来事の背景を考えてみる。

 現在の国会はご承知の通り、衆議院で与党が三分の二を超える多数であるのに、参議院では野党が過半数を占め、かつ第一党は民主党である。この状態は日本の政治がかつて経験したことのない未知の領域で、政治はいま模索と初体験の日々を続けている。まずそのことを前提として頭に入れておく必要がある。従来パターンの思考を超えた事が起こりうるのである。

 憲法の定めでは衆議院で成立した法案が全て参議院で否決され、参議院で成立した法案が衆議院で否決される可能性がある。予算案だけは衆議院に優位性を認めているが予算関連法案が成立しないと予算の執行も出来ない。一方で憲法によれば衆議院の三分の二で参議院が否決した法案を再議決する事が出来る。従って与党がその気になれば法案を成立させる事は可能である。与党はテロ特措法案が国益上本当に必要だと言うならば衆議院で再議決するのが憲法上の筋道である。

 ところがそれは与野党の全面対決を意味し、1本か2本の法案を成立させることは出来ても政治はこう着状態に陥り、結果として衆議院の解散総選挙を招く事になる。その選挙の結果、民主党が過半数を獲得出来れば政権交代が実現して問題はない。しかし民主党が過半数を得られなかったらどうなるか。自公が過半数は越えるが三分の二には達しないのが最もありうるケースである。そうなると「ねじれ」は今以上に硬直的になる。再議決も出来なくなるので法案は1本たりとも通らなくなる。そうした政治の危機を選挙で解消しようとすれば、民主党が衆議院で過半数に届くまで何度も選挙を繰り返すか、6年後の参議院選挙で自公が過半数を越えるのを待たなければならなくなる。そんな政治状況が国民生活にとって良いことなのかという問題が起こる。

 問題の根本は日本の二院制が他国の二院制と違って参議院の権能が強すぎるという点にある。これまで与党の参議院会長や参議院議長が「天皇」と呼ばれて権力を振るってきたのもそうした事情による。これは政治家や政党の問題ではなく憲法の問題であり、この点で現憲法は見直したほうが良いと私などは思っているのだが、それが初めて現実の問題として浮上してきた。

 自民党と民主党の連立を推進した側の論理は、衆参の「ねじれ」が政治の機能停止をもたらす深刻さを選挙で解消するまで待てないという事だ。政治を機能停止にさせないためには与野党が協力するしかない。それは同時に近づく政権交代を遠ざけ、1日でも長く政権にあり続けたい与党の気持ちの表れでもある。出来れば政権交代を永遠にさせないために小選挙区制を廃止して中選挙区制に戻したいとも考えていたようだ。

 1993年に自民党が分裂したのは選挙制度を巡る対立だった。小選挙区制による二大政党制を目指したのが他ならぬ小沢氏で、中選挙区制を主張する中曽根、竹下氏らと袂を分かち、自民党を離党した。今回大連立を仕掛けたのが中曽根氏の盟友である渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役会長だったと報道されている事をみると、大連立の目的は中選挙区制に戻すことにあったと見る事も出来る。それならば小選挙区制度の導入に政治生命を賭けてきた小沢氏がなぜ大連立に乗ったのか。これまでの自らの主張を裏切る行動ではないのか。

 11月4日に行われた記者会見で小沢氏は、党首会談の申し入れや大連立の申し出を自分から持ちかけた事実はないと強く否定する一方、「福田総理が自衛隊の海外派遣について国連の決議に基づいた平和活動に限定するという安全保障政策上の大転換を表明し、連立が出来ればテロ新法の成立にはこだわらないと約束した。自分としてはそれだけでも連立のための政権協議に入る価値があると判断した」と述べた。また「民主党はまだ政権担当能力がないと国民から見られており、参議院選挙で国民に約束した年金、子育て、農業政策を自民党との政策協議によって実現する事を通じて、民主党に政権担当能力をつけさせる早道だと思った」とも語った。

 しかし2日夜の民主党役員会で小沢氏は全員から自民党との政策協議に入ることに反対された。小沢氏としては自らが選んだ役員に不信任されたと同然だから、民主党員や誠実に対応してくれた福田総理に対して「けじめ」をつける必要があると判断したと代表辞任の弁を述べた。

 この会見を聞いて小沢氏が次の衆議院選挙を楽観していない事が分かった。民主党の議席を増やす事は出来ても過半数を越える自信がないのだ。民主党が過半数を上回る数を取れないと、前述したように日本政治は大変困難な状況に陥る。また小沢氏は参議院選挙と同様に衆議院選挙でも「負ければ政界引退」を広言しているから、民主党が過半数割れなら難しい政治状況を残したまま議員を辞職することになる。それよりも毒が入っているかもしれないが、政治の機能停止を回避するための連立という饅頭を食べる決断をしたということか。

 いつまでの連立かという点について小沢氏は次の衆議院選挙で民主党が過半数を得られれば連立は解消すると会見で言った。従って小沢氏が考えていた連立とは一時的なもので、小選挙区制度を中選挙区制に戻すことを是認したり、政権交代をあきらめた訳ではないようだ。同じ大連立でも自民党と小沢氏とでは全く同床異夢だったのではないか。

 小沢氏の代表辞任によって福田・小沢党首会談から生まれた大連立構想はあっという間に頓挫した。こうなると再び構想が復活することは難しいだろう。しかし小沢代表が会見で明らかにしたように福田総理が安保政策の大転換を決断した事が本当だとすると、小沢氏はそれを実現するため新党を作って自民党と連立する可能性がある。参議院で新勢力が過半数を越えれば「ねじれ」は解消され、政治の機能停止はなくなる。それは自民党の延命に手を貸すことになるが、小沢氏からすればその自民党は政策を転換させた新たな自民党で問題はないと言う理屈になる。その後は政策の中身を見て自民党と連立するか民主党と連立するかを決めても良い。そう考えれば小沢氏は今回の辞任で日本政治のキャスティングボートを握ったと見ることも出来る。

いずれにしても国会は会期末まで数日しかないところにきて再び不透明さを増す展開となった。現状の与党は会期を延長するにしても法案成立のめどは何もない。同時に民主党もリーダー不在の状態を早急に建て直さなければならなくなった。混乱が続くと思う。冒頭述べたように誰もが経験したことのない未知の世界で日本政治は暗中模索を続けていくことになる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3580

コメント (4)

読む政治:幻の大連立構想/民主混乱(その1) 閣僚ポストまで話し合った
http://mainichi.jp/select/seiji/archive/news/2007/11/04/20071104ddm001010019000c.html
ここまで話し合ったのなら、副総理でなく、総理大臣のイスまで取ってこれたのではないだろうか?そうでなければ党内の説明はできない事ぐらいは判ってないのか?ここまできたのだから、小沢さんは参議院議員をできるだけ集めて連立に参加するべきでは、そうして政治生命を終えるのも良いのではないだろうか、衆議院選で負けて議員を引退するのが嫌なら。確かに部分部分(衆議院選挙分析など)判る所もあるのですが、今の時点での分析で、テレビに出れば人気が出るという日本人の中での野党の人気とはいつも、勝つ場合は投票間際が一番高いのだから…。原口君が言ってた様にここまで来たのだから、細かい事は言わないで一緒に遣ろうと言ってたのが印象的だった。
 嫌なら出て行けばよいと言ったあたりから嫌な予感はあったけれど、この様な「まさか」は流石に無いだろうとは思ってたけれど、やはり変われなかったのかな?党首会談は、相手の弱みに付け込んで、引っ掛けて交渉させ、それでは足りないと切って捨てる戦略かと思っていたのだけれど、単に真面目に話したのか、裏で、山田洋行的なプレッシャーがどこからか掛かったのか、この程度の事で疲れたでは、総理になったら済まないから、ある意味良かったのかもしれない。安倍さんが総理になる前、議員さんの半分ぐらいは急に総理になってもなんとかなる資質はあるのかと思っていたが、「安倍る」「小沢る」を見ていた結果、本当に総理に値する議員さんが居ないんだと判ってしまった様な気がする。(寂しいというのが率直な感想です)

傷口に塩をもったほうが早く直るのでちょっとシミルけど案外1週間位でなおるんじゃない、田中康夫もいるしね

傷口に塩をもったほうが早く直るのでちょっとシミルけど案外1週間位でなおるんじゃない、田中康夫もいるしね

平野さんの本音はどうなんだろう?
小沢氏の“懐刀”として知られる元参院議員の平野貞夫氏は、一連の行動に理解を示す。
続きは産経新聞で 
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071105/stt0711052049011-n2.htm

ピンチをチャンスにする事はできるが、どうやらそうでない方へ行っている感じですね。時には元戦友の屍を乗り越える事も必要。訳の判らぬチルドレンは、泣き顔を平気で見せている新人も居たのには、いつもながらがっかりする。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

田中良紹(たなか・よしつぐ)

-----<経歴>-----

1945年宮城県仙台市生まれ。
1969年慶應義塾大学経済学部卒業。
同年(株)東京放送(TBS)入社。
ドキュメンタリー・デイレクターとして「テレビ・ルポルタージュ」や「報道特集」を制作。また放送記者として裁判所、警察庁、警視庁、労働省、官邸、自民党、外務省、郵政省などを担当。ロッキード事件、各種公安事件、さらに田中角栄元総理の密着取材などを行う。
1990年にアメリカの議会チャンネルC-SPANの配給権を取得して(株)シー・ネットを設立。
TBSを退社後、1998年からCS放送で国会審議を中継する「国会TV」を開局するが、2001年に電波を止められ、ブロードバンドでの放送を開始する。
2007年7月、ブログを「国会探検」と改名し再スタート。

BookMarks

日本初の政治専門チャンネル!
↓ ↓ ↓
国会TV
http://kokkai.jctv.ne.jp/

-----<著書>-----


『裏支配─いま明かされる田中角栄の真実』
2011年1月、電子書籍


『メディア裏支配─語られざる巨大マスコミの暗闘史』
2005年3月、講談社

-----<編書>-----


『憲法調査会証言集─国のゆくえ』
2004年7月、現代書館

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.