Calendar

2011年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Comments

Category

« 節電の夏は本を読んでしのぐのだ。
メイン
北海道出身者として恥ずかしい »

ホアンイン ゼンイン アホ

kanehira110801.jpg
↑ 原子力安全保安院のホームページより

 何をいまさら、という声も聞こえてくるけれど、原子力安全保安院が、電力会社に対して、原子力事業に絡んだ地元説明会やシンポジウムなどで、「やらせ」「仕込み」を督促していた事実が次々に明るみになりつつある。原子力施設を安全性の観点から規制・チェックするはずの機関のやることかよ、と建前では言いたくなるが、原子力ムラのなかではいわば周知の事実。今回の場合、電力会社側からの「自分たちだけ悪役扱いされるのはごめんだ。保安院さんよ、アンタにだけは言われたくない」という意趣返しの要素も強いのではないか。病巣はもっと、もっと深いのだ。ちなみに、保安院のホームページにはわざわざ、同院の行動規範のひとつとして「『中立性・公正性』を大前提として安全・保安行政を遂行します」と高らかに謳っているのだから、ブラックジョークにもならない。同ホームページは誰でも見ることができるのでチェックしてみるとよい。

 そこには「広聴・広報活動」の一環として、原子力安全保安院テレビ(通称NISAーTV=ニサテレビ)というのがあって、テレビ番組形式で保安院の活動をいろいろ紹介しているのだが、なかにはこれが保安院の作るべきものかと首をかしげたくなる代物もある。どの番組にも女子アナ(元福井放送とか)が登場してきており、おそらくこれらの番組を実際に制作したのは民放系のプロダクションだったりするのだろう。保安院の「広聴・広報活動」の評価のアドバイザーになっていた読売新聞の科学部記者も同ホームページには明記されている。僕らメディアの加担の現実も根深い。

 孫正義氏が「保安院、全員アホ」(ホアンインゼンインアホ)という回文を面白がっていたそうだ。飯田哲也氏がどこかの講演会で話していたが、まさにこの回文の通りの状況が現れつつある。そこで、僕も回文をひとつ考えてみた。

 いかん!原子炉の炉心、限界。(イカンゲンシロノロシンゲンカイ)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8178

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

金平 様

孫氏は、民間人であり、政治家と官僚の両方とも悪者にはできない。今回の発言は表の現象面を捉えて、保安院をやり玉にしているとしか思えない。極めて政治的な戦略性が色濃く表れています

根本的には、自民党が政官財の癒着関係を長年に亘り築き上げてきた弊害が、原発事故によって露呈したということにすぎない。少なくとも民主党の責任より自民党の責任を追及すべきです。

菅氏が居座り続けて、電力村を瓦解しようと努力しておられるから、癒着構造の一端が現われてきたと言える。

保安院をやり玉に挙げてそれで「THE END]にしてほしくない。これから巨大な利権構造を抉り出す作業につながる政策を具現化すれば、利権の旨味にありつけなくなる目先で動く人々が、社会的不正義を暴露し始めるのではないか。

利権構造が暴かれるのを避けたい人ほど、菅氏の辞職を声高に叫び始めるので、だれが一番激しい行動をとるか、注視していきたい。

何はともあれ、これだけの政官財とマスコミの癒着構造が露呈しているからには、贈収賄事件につながる可能性を大きく秘めていると検察は見ているのではないか。

小沢氏のちんけなことを事件にするより、このような構造的利権にメスを入れてほしいのですが。できなければ検察の社会的正義が消失したといえる。

敢えて言いたい、保安員のみならず全ての官僚は世間を見ていない。今や君らは、今までアホと軽視していた国民が世界で目を覚ました事にも気付かない。だから全てが赤裸々に噴出しているのに。この国の限界は今の公務員制度及び変わらぬ公務員の意識だ。これだけ国民の税金をムダに使って、政治家はそれに手つけず、増税、増税と財務省の言い成りだ。この国は今かわらなければ終ってしまう。小生は年金生活は海外でと以前から思っている。しかしこの国が沈んでは、どうしようも無くなる。安心出来る日本を若い世代についてもらいたい。公務員よ、2-1=1なのに彼らの計算は0なのだ。1は何処かへ消えていってしまっている。歳入は益々小さくなる、歳入を無理やり増やすより、隠した”1”を表に出し、公務員の数、人件費、政治家の数、歳費を徹底的に減らせよ。これが民主党の公務員改革ではなかったのか?

こんにちは、金平さま。「いかん!原子炉の炉心、限界」ですか~。
報道特集は、私がテレビを観ている数少ない番組です。ありえない話ですが、報道特集が無くなったら私はテレビを観ていないことでしょう。
誰かに「あなたがよく見るテレビ番組は?」と聞かれたら一番目に「報道特集です」と答えて、その質問者に「必ず観るように」と言っています。

国会探検でおなじみの田中良紹先生が、かつてTBSに在籍をしていた時に作られた番組ですもんね。

3~4カ月前の話ですが、四谷田中塾に、報道特集のスタッフの方が参加していて、二次会終了後、田中先生が帰られる時に、スタッフの方に向かって、「金平によろしく」と言ってましたよ。

わかりやすい扱いの違い。


岩手派遣の自衛隊が撤収 知事の要請受け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00000072-mai-soci

宮城で自衛隊撤収式 知事が謝辞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000020-mai-soci

宮城県知事はいつも額縁に入ったかのようなきれいな写真や映像だが、岩手県知事の扱いは小さいマスメディア。
同じ被災地知事なのに。

金平さん、こんにちは。

保安院のやらせ問題が噴出して、いよいよ原子力ムラが崩壊し始めたと、私はつい、喜んでしまっている今日この頃です(笑)。

これで、菅さんの脱原発路線を後押しする感じになるのでしょうね。

国民の脱原発の声は、依然として大きいし、ますます高まる気配もありますね。

3・11以来、脱原発を願う国民の一人として、ますます、脱原発へ向かうように、市民がやるべきことをやっていくつもりです。

報道特集で、6・11新宿での脱原発デモの中継してくださり、参加者のひとりとして感謝いたします。
金平さん、応援しています。

金平さんの回文、レベルが高い!!

保安院の元原子力安全広報課長さんが報道各社のインタビューに応じて「あれは動員ではなく参加招請だ」と弁明したそうです。国家総動員法は国家総参加招請法だと言っているようなもんですけど。

佐賀県の古川知事が九州電力に「やらせ」や「動員」を誘発するような面談をやっていたとか。佐賀県民も、こんな知事や玄海町長らに舐められまくっていて怒らないのだろうか? そこで、もうひとつ回文をつくってみました。

しんぶんしよめやはりふるかわちじよじちわかるふりはやめよしんぶんし

新聞紙、読め。やはり古川知事よ。自治わかるふりは止めよ。新聞紙!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

金平茂紀(かねひら・しげのり)

-----<経歴>-----

1953年北海道旭川市生まれ。1977年に在京の民間放送局に入社、以降、一貫して報道局で、報道記者、ディレクター、プロデューサーをつとめる。「ニュースコープ」副編集長歴任後、1991年から1994年まで在モスクワ特派員。ソ連の崩壊を取材。帰国後、同局で筑紫哲也氏がアンカーマンをつとめるニュース番組のデスクを8年間つとめる。2002年5月より在ワシントン特派員となり2005年6月帰国。報道局長を歴任後、2008年7月よりアメリカ総局長としてニューヨーク勤務。コロンビア大学東アジア研究所の客員研究員。2010年9月に帰国。10月より同局「報道特集」キャスター兼TBSテレビ執行役員。

BookMarks

-----<著書>-----

ブログが本になりました!
↓ ↓ ↓

『NY発 それでもオバマは歴史を変える』
2010年11月、かもがわ出版


『報道再生 グーグルとメディア崩壊』
2010年12月、角川書店


『報道局長業務外日誌』
2009年6月、青林工藝舎


『米原万里を語る』
2009年5月、かもがわ出版、共著


『テレビニュースは終わらない』
2007年7月、集英社

人気のWeb日誌、出版!
↓ ↓ ↓

『ホワイトハウスから徒歩5分』
2007年6月、リトル・モア


慶應義塾大学出版会、部分執筆


『ジャーナリズムの条件4』
2005年5月、岩波書店、部分執筆


『従軍のポリティクス』
2004年7月、青弓社、部分執筆


『二十三時的』
2002年11月、スイッチパブリッシング

『電視的』
1997年12月、太田出版

『ロシアより愛をこめて』
1995年3月、筑摩書房

『世紀末モスクワを行く』
1994年12月、パルコ出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.