« 2008年5月 | メイン

2008年6月17日

『希望の国のエクソダス』から遠く離れて(最終回)

村上龍が『希望の国のエクソダス』を書いたのは、今から8年前の2000年、ミレニアムと呼ばれた20世紀の最後の年だった。考えてみると、あの頃はまだ、僕らが暮らしているこの社会に、希望らしきものがあった。それからの8年。一体、この国はどうなってしまったんだろう。社会が野蛮化している。社会というものは進化するものだという社会的デーウィニズムなんぞは元々信じてはいないが、それにしても、この社会の退歩・退嬰の度合いが常軌を逸しているのではないか。社会はより残酷になり、より寛容でなくなり、より弱肉強食化が進んだ。人間を幸福にしないシステムがますます強固になってきている。僕はあと10日で、こんなふうになってしまった国を後にする。またまた外から日本を見ることになる。とてもエクソダスなんて言えたものじゃないのだが。

先日、作家の辺見庸が九段会館で行った講演の映像をみた。僕が仕事をしている放送局の報道の誰かが、取材には行ったが放送に至らなかった代物なのだろう。3時間以上に及んだ講演の内容は、言葉の本質的な意味で、きわめてラディカル(根源的)であり、挑発的であり、「魅力」に富んだものだった。僕は敢えて「魅力」と書いた。そうだ、「魅力」があったのだ。真摯な思考と言葉は人を強烈に惹き付ける。そういう経験をすることがとても少なくなった。そして、辺見の言葉はマスメディアに関わっている僕らを刺す。

きょうもまた3人の死刑確定囚に死刑が執行された。この国のあの法務大臣は、間違いなく任期中に執行した死刑数の記録保持者となり続けるだろう。

アメリカ。いろいろな意味で、日本にとっては生命線の国だ。その国の最大都市ニューヨークとは一体どんなところなのだろう。そこで暮らすことから徐々にそれを見ていこう。

*   *   *   *   *

この「業務外日誌」は、自分の関わっている職務との関係から、「業務内」のことがらを書いてしまうと「元も子もない」状態になってしまうので、それ以外のことを書き綴ってきた。けれども、実は、「業務内」と「業務外」はどこかで連関しているものだ。こんなことが起きていた時に、あんなものを見ていた、読んでいた、聴いていた。つい最近も、強烈な体験をした。人から見るように薦められていた万田邦敏監督の映画『接吻』を見終わった直後に、秋葉原でのあの凄惨な事件の発生を知った。現実と作品の接続に眩暈を覚えるような奇妙な感覚をもった。ストレート・ニュースと文化状況は共振している。そのことを今度は、異邦人として味わうことになるのだろう。
     

*   *   *   *   *

「業務外日誌」をご愛読頂き、また多くの感想を寄せて頂き、ありがとうございました。また、いつか、NYからの通信で再会しましょう。 

2008年6月 5日

忙中閑あり。でも、もう時間がない。

まずは、お知らせから。勤務している会社の人事異動で、日本を離れることになりました。新しい勤務地は米国ニューヨークです。また取材現場に戻ります。それで、「業務外」日誌が成立しなくなり、いったんこのブログを閉じようと思います。3年間にわたる皆さんのご支援を心から感謝します。また、ブログを運営していただいたザ・コモンズの皆さん、本当にありがとうございました。

この数週間は、さまざまな「業務内」雑事に追われ、「業務外」日誌を記す余裕がなくなっていました。そういうなかでも、以前からの約束事や強い勧めにはなるべく応じることで時間を何とかやりくりしてきました。そのうちの幾つかを記しておきます。最終号はたぶん次回の記事になると思いますが。

★5月30日、森山大道との対論トークに参加した@東京都写真美術館。森山さんとのトークに何で僕が駆り出されたのかは不明だ。きっとKさんの陰謀だろう。森山写真の禍々しさとは対照的に、トークショーでの森山さんは非常にものわかりのいい優しい人なのであった。いろいろと挑発を試みてはみたが、写真の巨人の前にあえなく一人踊りを繰り返すのみだった。会場から質問者として参戦してきた日テレの2氏とトークショー終了後に歓談。森山作品との出会いは高校生の頃にさかのぼる。今でもその時に買った雑誌『季刊 写真映像』が手元にある。バカだねえ。とにもかくにも、森山さんの、見ることへの欲望の変わらぬ強度にたじろぐ。それにしても若い人たちが森山作品に惹かれるのは何故なんだろう。あんなざらついた世界とは無縁な彼らが、さ。

★6月3日。ビートルズ世代には堪らないであろう映画をみた。『Across the universe』。何しろ『ライオンキング』の天才演出家が監督した映画だというので、何が何だかよくわからないまま席に座ったがよくできたミュージカル映画だ。アメリカであたったのもうなづける。ビートルズの定番ヒット曲33曲だけで構成されたミュージカル映画で歌の歌詞がっとてもうまくストーリーに組み込まれている。ただ、うーん、何というか、アメリカ製ミュージカルの宿命みたいなもんだが、単純化。それぞれの登場人物の善悪の割り振りの単純化が見ていて痛々しい。ジョン・レノンは実際に武装闘争にコミットしたから、『レヴォリューション』を歌ったんだし。シルク・デュ・ソレイユの『Love』の方が、そういう単純化を免れているだけ、むしろモヤモヤが残らなかった。それにしても、『アイ・アム・ザ・ウォルラス』は名曲だなあ。

★6月4日。カナダの写真家エドワード・バーティンスキーの写真撮影を素材にした映画『いまここにある風景』(原題;The Manufactured Landscapes)をみた。この映画の評価は複雑だろう。下手をすると「反中国映画」と誤読されかねない。だから、『不都合な真実』『ダーウィンの悪夢』の延長線上にこの映画を置いてみるのは、この映画が真に告発している問題に普遍性を与えることになるのかもしれない。例えば、福建省にある世界最大規模のアイロン工場。それは紛れもなく21世紀のアンチユートピアの映像なのだ。上海の急激な都市化。中国共産党が指導する都市化の果てに、登場する裕福な若い女性の不動産業者。虫酸が走るその存在に「中国」をみるべきではない。問題は「中国」なのではなく、中国が急激に追随しようとしている世界の法則の方なのだ。経済グローバリズム。この映画の映像に「美しさ」をみるなんて僕には到底できないが、アル・ゴアは「美しい」という表現をこの映画に対して使っている。理解に苦しむね。

Profile

田原総一朗(たはら・そういちろう)

-----<経歴>-----

1934年、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学文学部卒。
岩波映画製作所、テレビ東京を経て、77年フリーに。
テレビ東京時代の連続番組「ドキュメンタリー青春」で、取材対象者に肉薄する独特のインタビュー手法で注目を浴びる。
現在は政治・経済・メディア・IT等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸又一賞)を受賞した。
2002年より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講。塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生や社会人の指導にあたっている。

-----<出演>-----

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日、毎月最終金曜25時?)

『サンデープロジェクト』
(TV朝日、毎週日曜10時?)

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.