Calendar

2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

メイン

お知らせ アーカイブ

2011年6月 1日

「暮らしの原点を問いなおす」6月11日に地域力フォーラムを開催

 このたびの大震災は、東日本太平洋沿岸の市町村に住む人たちの暮らしの根拠をすべて奪い去りました。そのうえ原発事故は、繁栄をもたらす高度なテクノロジーには危険が伴うものであることを改めて私たちに突きつけました。
 第1回、第2回の「地域力フォーラム」においては、現代の日本の閉塞感を打開する鍵を"地域力"に求めた議論を展開しました。第3回となる今回は、大震災からの復興を念頭において、私たちが築いてきた社会はどこで間違っていたのか、エネルギーを無限に費やして成長する社会に潜む脆弱性とは何か、日本人が祈り続けてきた"無事"な暮らしの復権はできるのか、次世代に安心な社会をバトンタッチするために私たちが負う責任とは何かなど、暮らしの原点を問い直すためのフォーラムを開催したいと思います。
 私もコーディネーターとして出演することになり、多田欣一岩手県住田町長と、福島県飯館村の農家民宿「どうげ」の佐野ハツノさんに被災地の状況などを伺う予定です。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

続きを読む "「暮らしの原点を問いなおす」6月11日に地域力フォーラムを開催" »

2010年11月18日

11月23日に「地域力フォーラム」を開催します

今回のキーワードは「自給の力」「場所の力」「農の力」です。

「現代社会において、私たちが自然とともにある持続をどうつくっていくか。持続する価値観とは何か、持続する文化とは何か。そういうことをこれからひとつずつ見つけ直していく。そしてそれを提案していく。そのときにこそ、本当の意味での開かれた地域、強い地域ができていくのではないでしょうか」

-- 今年5月9日に開催した「第1回 地域力フォーラム」の基調講演「地域の力」を、哲学者・内山節氏はそうしめくくりました。

その問いかけを受け、持続する価値観、持続する文化の見つけ直しと提案をしていきたいと思います。

私の出番は第3部のパネルディスカッションで、『季刊地域 2010年秋号』で紹介した河田珪子氏(新潟市・常設型地域の茶の間「うちの実家」代表)などとともに登壇する予定です。

若干ゆとりがあるのでぜひ《THE JOURNAL》読者もお越し下さい。

TPP(環太平洋パートナーシップ)の一連の対応を見ていると、民主党内に定かでない方向性、ゆらぎが感じられます。解決のヒントは「地域」にあります。それぞれの現場でいま、どのような新しい力が未来を切り拓きつつあるのかを確認し、「ゆるがぬ暮らし」「ゆるがぬ地域」のための明日への力としていくフォーラムをめざします。

*   *   *   *   *

続きを読む "11月23日に「地域力フォーラム」を開催します" »

2010年4月21日

「地域力フォーラム」開催のお知らせ

 ごぶさたしております。

 『季刊 地域』がリニューアル創刊し、ようやくほっと一息ついたところです。

 5月9日に地域・コミュニティ・共同体の「未来への可能性」をテーマにした「地域力フォーラム」を開催いたします。フォーラム当日は哲学者・内山節氏の基調講演と3本立てのパネルディスカッションを予定しております。

 「無縁社会」「オールドニュータウン」「限界集落」...人びとの社会的孤立が深刻化するいま、内山節氏は、近著『共同体の基礎理論 自然と人間の基層から』(シリーズ 地域の再生)でつぎのように述べています。

 「関係性、共同性、結びつき、利他、コミュニティ、そして『共同体』が未来へ向けた言葉として使われるようになってきた。自然と人間が結びつきをもっていることも前近代の象徴としてではなく、むしろ未来への可能性として語られるようになってきた。農村=遅れた社会という観念もいまではすっかり消えている。むしろ都会の退廃の方が人々の課題になっている。わずか半世紀の間に、共同体は克服すべき前近代から未来への可能性へとその位置を変えたのである」

 「女性の力」をテーマにしたパネルディスカッションには、『季刊地域 2010年 05月号』で紹介した野老真理子氏(大里綜合管理・代表取締役)などとともに私、甲斐良治がコーディネーターとして参加します。フォーラムの後には懇親会も用意しておりますので、ぜひ みなさまのご参加をお待ちしています(事前申込み制)。

続きを読む "「地域力フォーラム」開催のお知らせ" »

2008年12月26日

「集落支援員」テレビ放映のお知らせ

すっかりごぶさたしていました。

この一年、よいことも悪いこともさまざまありましたが、よいことのひとつに総務省が8月に立ち上げた「集落支援員」制度があります。これは、「限界集落」という非情な言葉に象徴される危機的な集落に対し「集落の点検活動を行ない、現状と未来についての話し合いをコーディネートし、維持活性化をサポートする」スタッフを配置し、その経費も国が特別交付税として措置するというもので、これまでこのコーナーでご紹介してきたこの10年ほどの間に自発的に農山村に向かった若者たちが支援員に認められれば、彼らにとっても大きな支えとなるものです。

続きを読む "「集落支援員」テレビ放映のお知らせ" »

2006年7月28日

鴨川自然王国・里山帰農塾へ!

fujimoto.jpg

 8月11日(金)~13日(日)は、「里山帰農塾」。2002年7月31日に亡くなった藤本敏夫さんが残した鴨川自然王国で開催される帰農塾も、今年で4年目となりました。藤本さんと私は、生前、一度しかお目にかかっていません。「増刊現代農業」2002年8月号『青年帰農――若者たちの新しい生き方』掲載のために、入院先の虎ノ門病院でインタビューさせていただいたのが最初で最後の出会いとなりました。

続きを読む "鴨川自然王国・里山帰農塾へ!" »

2006年7月 5日

「蜜会」のお誘い

 上のタイトル左の私の写真、不審に思われている読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。じつは私、辛党ではありますが、ハチミツだけは別で、わが家には日本各地やイタリア、ニュージーランドなどのはちみつが並んでいます。また、自然を知り尽くした養蜂家のお話を聞くのも大好きで(というか、入会権の話を聞きに行った郡山のGさんが養蜂家であったように、別件で知り合った農家やデザイナーが仕事や趣味でハチを飼っていることが多いのです)、定年後は養蜂家になろうと考えているくらいです。

続きを読む "「蜜会」のお誘い" »

2006年6月15日

テレビ放映のお知らせ

 今度の日曜日(18日)朝、「若者はなぜ、農山村に向かうのか」および「自然・身体・労働の調和」を考えるうえで、注目のテレビ番組が二本あります。早起きの方はぜひご覧ください。

続きを読む "テレビ放映のお知らせ" »

2006年5月12日

結城登美雄さん講演会「おとなのための食育入門」のお誘い

syokuiku.jpg

 6月9日、東京・虎ノ門パストラルで結城登美雄さんの講演会が開催されます。

——おとなの食育。それは子どもたちの食育を他者にゆだねるのではなく、自らが食の主体になること。そのためには日本の食の現在がもつきわどさ、危うさを見すえることから出発したい。これまでのような「あさきゆめみし」日々の延長にではなく、もう一度、真摯に「食のいろは」から始めていきたい。断ち切られつつある食の環をつなぎ直し、できうれば土に近い場所で向い合いたい(結城登美雄「おとなのための食育入門」増刊現代農業2004年8月号『おとなのための食育入門 環を断ち切る食から環をつなぐ食へ』掲載より)。

続きを読む "結城登美雄さん講演会「おとなのための食育入門」のお誘い" »

2006年5月11日

風水土のしつらい展(大阪・札幌)

top[2].jpg

「灰に還り、灰から生まれる、森羅の回生へ。手仕事が生むアジアの生活は美しい」をテーマに、大阪(大丸梅田店)と札幌(大丸札幌店)で、「風水土のしつらい展」が開催されます。

 企画制作は私がひそかに「ジサマ・ビン・ラディン」と呼んで尊敬している今井俊博さん。

続きを読む "風水土のしつらい展(大阪・札幌)" »

Profile

甲斐良治(かい・りょうじ)

-----<経歴>-----

1955年宮崎県生まれ。
九州大学経済学部卒。
社団法人・農山漁村文化協会(農文協)「増刊現代農業」編集主幹。
『定年帰農 6万人の人生二毛作』『田園住宅 建てる借りる通う住まう』『田園就職 これからは田舎の仕事が面白い』『帰農時代 むらの元気で「不況」を超える』の「帰農4部作」で、1999年農業ジャーナリスト賞受賞。
その後も『青年帰農』『団塊の帰農』『若者はなぜ、農山村に向かうのか』などの「帰農シリーズ」で新しい農的生き方を追究するとともに、「地元学」(ないものねだりではなく、あるもの探し)による各地の地域づくりにかかわる。
都市と農山漁村の共生・対流推進会議運営委員、100万人のふるさと回帰支援センター・里山帰農塾講師。
建築家・石山修武氏、民俗研究家・結城登美雄氏と「21世紀型農村研究会」05年に結成。

BookMarks

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.