Calendar

2007年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

若者たちからのお誘い
magi 06/02
kaiです 06/02
えー 06/02
magi 06/03
magi 06/03

Recent Trackbacks

« ラーメンを食べてきたと言ったら上司と同僚から罵声が飛んできた…
メイン
東北からの結城的革命放送 »

若者たちからのお誘い

●6月5日まで開催中 katakata展

ruvan.jpg

ご無沙汰しています。
皆様、お元気ですか?
横浜から群馬県片品村で生活を始めて4年目を迎えました。

片品村で生き活かされる「生活」を学んでおります。
この度、現在お手伝いさせていただいている炭焼きが縁で小さな個展を開く運びになりました。

燃料・癒し・消臭・電磁波・間伐・循環……炭は地球を救う??
炭アクセサリーに加え炭雑貨や楽しいお話ができれば……と思います。

5月31日~6月5日
渋谷区富ヶ谷・天然酵母のパン屋さん 「ルヴァン」のカフェ「ルシャレ」にて

10時~19時半。
日曜のみ18時まで。

<甲斐より>
katakata桐山三智子さんは生まれも育ちも横浜、ハマっ子。渋谷のアクセサリー店で働いていた元コギャルですが、なぜか4年前から片品村で冬は炭焼き、夏は大豆畑で働いています。今回個展をひらく「炭アクセサリー」は、村のおじいさんがあるとき炭を内ポケットに入れているのを発見。なぜかと問うと「心臓に近いところに炭を入れておくと電磁波を防ぎ体にいい」――「だったらネックレスにしてみたら。アクセサリー販売の経験からデザインはどんどん湧いてきた」(増刊現代農業『農的共生社会』)

katakata.jpg

●6月8~10日 東京朝市アースデイマーケット in 汐留
●6月24日 東京朝市アースデイマーケット

a-sude-.jpg

東京朝市・アースデイマーケットは「食と農のつながり」を軸にしたライフスタイル発信の場です。

生産者にとっても、消費者にとっても、互いに直接対話できる滅多にない機会。それだけに、作り手みずからが消費者と直接コミュニケーションすることを大切にしています。マーケットをつうじて、出店者と東京の消費者とのつながりが、広がり深まることを願っています。

<甲斐より>
昨年からはじまった東京朝市アースデイマーケット。代々木公園ケヤキ並木横での開催が定番ですが、今年は請われて汐留の日本テレビで開催されるエコウィークにも出店。「東京油田開発」「バンブーファクトリー」など、自然と結びつくことで新たな「仕事」を想像している若者たちに出会えます。

●6月9日 地大豆カフェVol.03   地大豆・種まき大作戦

jidaizu.jpg

今年も大豆の種まきの季節がやってきました!
味噌、醤油、豆腐、納豆、枝豆...日本人にとって1年中欠かすことができない大豆ですが、
その中でも日本各地で昔から育てられている「地大豆」に焦点をあてたイベント、
地大豆カフェのVol.03。今回は、地大豆にまつわる物語、個性豊かな地大豆の食べ比べ、
6月から各地で始まる大豆の種まきのお知らせなど、盛りだくさんでお伝えします!
ぜひ、カフェ・スローにお越し下さい。

<甲斐より>
WEBサイトに掲載された昨年2月の第一回地大豆カフェレポートにあった「山形県産の赤豆は、赤茶色でうまみが凝縮された味」――このたった1行の「発見」が、山形県川西町の紅大豆栽培を元気づけ、4名5ヘクタールの栽培が23名、20ヘクタールに広がりました。当日は、「鳴子の米プロジェクト」の1年を記録したDVDの上映や、katakata桐山三智子さんのトークもあります。

●6月29日~7月1日 つながる☆次世代農ツアー

aseed.jpg

「地球と自分にやさしい食について考えたい」
「本気で農家になりたい」
「格差と閉塞の都会生活、農村での暮らしってどんなだろう」
そんな想いを持った青年達と有機農家さんが出会い、
一緒に次の世代の食・農・社会を考えるアグリ(農)ツアーです。

<甲斐より>
「もうひとつの価値観」を探る「農のワークショップ」を私が担当します。シンガーYaeさんのライブ&交流会もあります。

●7月20~22日 鴨川自然王国里山帰農塾 農的生活、夏――太陽の恵みを受けて

teisyoku.jpg
昨年11月の帰農塾でタマネギ苗を植える

syuukaku.jpg
今年5月、立派に育ったタマネギを収穫

「土と雨と太陽と一緒に育てた作物で自分の命をつなぐ。生きて、生かされている――生かされ感というのは、金と交換で得られるものじゃないな。体験してみねばわからんな」(受講生20代の感想)

<甲斐より>
帰農塾塾長はごぞんじインサイダー編集長の高野孟さん。歌手・加藤登紀子さんの講義もあって、お二方と身近にお話しすることもできます。実習の「祭り寿司(太巻き)」づくりは、最後に包丁を入れたときの感動が最高です。

susi.jpg

●8月10~15日(6日間) 10月6~10日(5日間) 08年1月12~16日(5日間) 越後桑取谷 四季のまかない学校

%EF%BD%8D%EF%BD%81%EF%BD%8B%EF%BD%81%EF%BD%8E%EF%BD%81%EF%BD%89.jpg

くわどり谷の一年を一ヶ月で。
里山暮らしの生存技能を学ぶ、春夏秋冬ショートスクーリング。 
ここにしかない、二本立てのカリキュラム方式。
「生きる(体験学習)」+「うらづける(専門講義)」

生きるために必要な衣・食・住の基礎を「自分でできる」ようになることを目指す実践重視の実習と、さらにそれを自然科学・社会学に基づいて裏付ける、知識の学習との二本立てのカリキュラム。どちらも里山の「未来の価値」を自らの手で作り出すための大切な要素です。

カリキュラム「生きる」と「うらづける」は複雑に絡み合いながら進められます。
生活技術や文化行事での実践を学びながら、なぜその作業がその時期に行われるのか、なぜその手順で行われてきたのか、社会や環境に与える影響はどのようなものか、などひとつひとつについて理解する能力を付けていきます。

<甲斐より>
「かみえちご山里ファン倶楽部」は全国から集まった9人の若者たちのNPO。村に入った彼ら・彼女らが最初にやったことは「絶滅危惧生活技術レッドデータ」をつくることでした。そして彼ら・彼女らはそれを文字や映像に記録するだけでなく、自らの身体に記録――自ら受け継ぎ、次世代へ、都市生活者へと伝える「仕事」を開発しはじめたのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3379

コメント (5)

甲斐 様   希望がいっぱい!わくわくします。   絶滅危惧ーーー 記録 伝承 仕事  ボランタリーエコノミー ですね、 感心 感動 !! 

magiさま

今年のタイガースはあまり希望がもてませんが、下記のトラちゃん田んぼは傑作です。

●トラちゃん田んぼ
http://www.h7.dion.ne.jp/~gosakudo/

●「トラちゃん田んぼ」ファンクラブ
http://www.h7.dion.ne.jp/~gosakudo/fankurabu.htm

一株200円の稲の「株主制度」―1反に植えられる稲の株数は2万本ですから、仮に全株オーナーがついたとしたら…!?

一酸化炭素の質も炭のほうが気持ちいいよねやっぱし 練炭や豆炭はつなぎがコネテあるから 不自然だよね なんかB-とタケシが言いそうな落ちだけど 炭のほうが自然な自殺心地だよね わかんないけど

おー ファンタステック! 当地では 10年ほど前に 麦畑に いくつか ミステリー サークルが 出現。---ずれましたね  絵巻物に描かれた  日本の庶民は 陽気  と宮本常一さん。 オッとどっこい だいじょうV   (こちらは 地元 と 正木玉之さんに刺激され やはり FAIGHTERS) 

ごめんなさい  正 玉木正之さん 誤 正木玉之さん でした。 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

甲斐良治(かい・りょうじ)

-----<経歴>-----

1955年宮崎県生まれ。
九州大学経済学部卒。
社団法人・農山漁村文化協会(農文協)「増刊現代農業」編集主幹。
『定年帰農 6万人の人生二毛作』『田園住宅 建てる借りる通う住まう』『田園就職 これからは田舎の仕事が面白い』『帰農時代 むらの元気で「不況」を超える』の「帰農4部作」で、1999年農業ジャーナリスト賞受賞。
その後も『青年帰農』『団塊の帰農』『若者はなぜ、農山村に向かうのか』などの「帰農シリーズ」で新しい農的生き方を追究するとともに、「地元学」(ないものねだりではなく、あるもの探し)による各地の地域づくりにかかわる。
都市と農山漁村の共生・対流推進会議運営委員、100万人のふるさと回帰支援センター・里山帰農塾講師。
建築家・石山修武氏、民俗研究家・結城登美雄氏と「21世紀型農村研究会」05年に結成。

BookMarks

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.