Calendar

2007年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Comments

Recent Trackbacks

« 社会保険料の食生活連動制?
メイン
ラーメンを食べてきたと言ったら上司と同僚から罵声が飛んできた… »

健康保険のメタボ連動制?

19日のこのコーナーに書いた「社会保険の食生活連動制」――「自治体ごとに、連動用の予算枠を設け、食生活のよい家庭の保険料の全部ないし一部を肩代わりする」「(食生活は)インターネットやデジタル・カメラで記録、虚偽をしないよう、抜き打ち的な監視を行政が担当し、通常の記録は消費者に負担させる」――について、小さな勉強会で話題にしたら、メンバーの一人が「それに類することで、すでに現実化しているものがある」と言うので驚いた。

それはいわば「健康保険のメタボ連動制」。「生活習慣病予防の徹底」の達成のためとして、来年(平成20年度)4月より厚生労働省が40歳~74歳までの年齢層への特定健診・特定保健指導を医療保険者(企業)に義務付けた(4月25日決定)。

特定健診とは、企業などの定期健診に、生活習慣病を招く「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)の診断基準となる腹囲(へそ回り)測定を追加すること。
 そして「要注意」のウエストサイズ(男性:85センチ、女性:90センチ以上)、
 かつ①中性脂肪またはHDLコレステロール②最大血圧または最小血圧③空腹時血糖値のうち2つがが一定値以上であれば「メタボリックシンドローム」とする。

そして標準化されたプログラムに基づき全医療保険者の責任で行なう特定保健指導を行なう。ただし、この指導は保険者が健診・事後指導の実施についてアウトソーシングすることができ、経団連は「積極的にアウトソースを選択し、病院、診療所や民間企業等が蓄積してきた技術・知識を活用することは、保険者が自ら事業を行なう場合と比べてより効果的・効率的な事業実施が見込める等、大きなメリットがある」などと歓迎している。特定健診・特定保健指導がビジネスチャンスになるととらえているのだ(経団連は平成17年9月、すでにオムロン、花王、味の素、三菱電機などからなる「ヘルスケア産業部会」を設置している)。さらに平成25年度からの実施をめどに、保険者別に健診達成率、メタボ改善率で後期高齢者医療費の支援拠出金が、加算・減算される。

まさに「アウトソーシングされた身体の国家管理」である。
それと同様、神門氏の「食の国家管理」が民間にアウトソーシングされ「特定食育指導プログラム」によって行なわれる日はすぐそこまで来ているのかもしれない。

鍼灸ジャーナリストの松田博公氏は「真の医療とは常に、人間の自ら癒す能力を不能化し、誇りを失わせ、消費者として医療産業に従属させる文化に対抗し、自ら癒し、生活を律し、暮らしを立て直す文化闘争であったはずである。現代医療の病院システムの崩壊に直面しているわたしたちは、その制度的弥縫策への虚しい期待にとどまることはできない」と指摘している(「江戸養生文化の奥深い世界――日本の医療はどこから再出発すべきか」週刊読書人07年1月26日号)。

消費者ではなく当事者としての「わたしたちレベル」での食文化闘争、医療文化闘争がなければ、食も、身体も、国家と企業の思うがまま「利益の源泉」にされてしまう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3377

コメント (1)

参ります、ビョウキ フエソーーーーnever ending story かよーーいただきます、ごちそうさま。地生え海生え心生え 息吹き をこそまくらはめ とこそおもはるれ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

甲斐良治(かい・りょうじ)

-----<経歴>-----

1955年宮崎県生まれ。
九州大学経済学部卒。
社団法人・農山漁村文化協会(農文協)「増刊現代農業」編集主幹。
『定年帰農 6万人の人生二毛作』『田園住宅 建てる借りる通う住まう』『田園就職 これからは田舎の仕事が面白い』『帰農時代 むらの元気で「不況」を超える』の「帰農4部作」で、1999年農業ジャーナリスト賞受賞。
その後も『青年帰農』『団塊の帰農』『若者はなぜ、農山村に向かうのか』などの「帰農シリーズ」で新しい農的生き方を追究するとともに、「地元学」(ないものねだりではなく、あるもの探し)による各地の地域づくりにかかわる。
都市と農山漁村の共生・対流推進会議運営委員、100万人のふるさと回帰支援センター・里山帰農塾講師。
建築家・石山修武氏、民俗研究家・結城登美雄氏と「21世紀型農村研究会」05年に結成。

BookMarks

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.