Calendar

2011年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Comments

« 本当に困っている人を助けるために
メイン
崩壊国家ソマリアから考える国家本来の役割とは何か »

ラウンドテーブル
漂流する日本の"空洞政治"

マル激トーク・オン・ディマンド
マル激トーク・オン・ディマンド
第542回(2011年09月03日)
ラウンドテーブル
漂流する日本の"空洞政治"

出演:宮台真司、萱野稔人、青木理、神保哲生

プレビュー

 野田政権が9月2日、正式に発足した。政権交代から丸2年。当初は国民の熱い期待を集めた民主党政権も、今やマニフェストの実現を断念し、自民党との大連立に前向きな姿勢を見せるなど、その存在意義すら怪しくなってきている。
 民主党政権の挫折の原因は、民主党という政党固有の問題なのか、鳩山、菅首相の個人的な資質にあるのか、それとも日本の政治には一政党や一首相の能力を超えた構造的な問題が内在しているのか。

 そもそも野田首相は2006年の小泉首相以来、5年で7人目の首相となる。短命に終わった過去の民主党の二内閣、そしてその前の自民党の麻生、福田、安倍の三内閣の挫折の原因を探り、必要な修正を施さない限り、野田政権もまたさしたる成果をあげられないまま短命に終わる可能性は大きい。

 そこで今週のマル激トーク・オン・ディマンドは特別番組として、社会学者の宮台真司、哲学者の萱野稔人、ジャーナリストの青木理と神保哲生らレギュラーキャスター陣の4人が、ラウンドテーブル形式で日本の政治のどこに問題があり、今われわれに何ができるかを徹底的に議論した。

(今週は特別編成のため、ニュース・コメンタリーはお休みします。)
関連番組

マル激トーク・オン・ディマンド 第540回(2011年08月20日)
菅政権に入ってわかったことと、できなかったこと
ゲスト:下村健一氏(内閣審議官)

マル激トーク・オン・ディマンド 第508回(2011年01月07日)
特別番組 菅首相生出演!総理の言葉はネットに響くか
ゲスト:菅直人氏(内閣総理大臣)

プレスクラブ
野田総理大臣 就任記者会見

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8232

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

神保 様

確かに総理大臣がころころ変わったが、自民党と民主党の事情は明らかに異なっており、民主党の場合を考えてみたい。

代表をやめ総理にはなっていない小沢氏を含め鳩山氏、菅氏の三人で考えると、鳩山氏、菅氏は多少の差はあるが、本質的には現実社会体制の否定である。一方の小沢氏は現実利権村社会を否定せず、改革していこうとする現実社会革新です。

従って、菅氏、鳩山氏は考え方に共鳴する部分が多く時と場所に在って協力的であったが、実行段階では鳩山氏は教条的であり、菅氏は時と場所によって考え方をころりと変えポピュリズムに走りがちであった。

両氏とも共通して言えることは、党内半分の勢力を保持している小沢氏を政策の立案実行に参画させない排除の論理をとったため党内対立が激化し、政権の保持が難しい状況を自らが選択してきたのではないか。

一般的に、社会構造をがらりと変えようとする方々は、思想的に偏向的であり、排他的であるという本質は如何にオブラートに包み込んでも包み切れるものではなく、その本性を露出さらけ出すのです。党内融和より自己純化の方が大切であり、おのずから排他的になり、政権基盤を瓦解してしまったと考えます。誰のせいでもなく自ら持っている排他的独善主義によるものとみています。

野田政権は、鳩山氏、菅氏と人材配置が全く異なり適材適所であり、現実的利権村社会を肯定した人事配置をしています。政党の基盤である党を万全の態勢にして、野党対応がいかようにもできるようになっており、大きなヘマをしなければ長期政権になる可能性を秘めていると暖かな目で見ていきたい。

「核武装のために原発は必要だ」

BLOGOSによると、またぞろ懲りない面々の登場である。
http://news.livedoor.com/article/detail/5842043/?p=1
読売新聞が社説で堂々と「核武装のための原発推進」論を展開 宮武嶺

ウソこけ! 仮に石場の意見をもとに言うならば、もう日本は1万発分のプルトニウムを製造、保存済みで、新たに原発で作る必要はまるでなし。

核爆弾の製造には「濃縮装置」を生産ライン化するだけの問題(イランがやっている)であり、濃縮実験(装置の設計)は既に完了している。そういう当たり前のことはもはや議論のテーマではない。むしろ日本のプルトニウムを欲しがっているのはどこの国なのか?という問題。「兵器の輸出」は禁止でも「原材料の輸出」は禁止ではない。

そもそもハチロ氏のいうとおり、原発耐用年数(米国では30年)を超えた原子炉は無条件で廃止する、というだけで十分。新しい築10年以内の原子炉を注意深く運用しながら、別の手立てを考える、のが得策。その運用はあくまで「移行の為の準備運用」にしかならない。
にしても「地震」「津波」に関しては猶予はなく、フクイチ問題で尻に火がついた状態は変わらない。

メタンハイドレードや地熱など、リスクヘッジの観点からのエネルギ再考を国家国民レベルで論じればどうにかなる話である。そのうち「宇宙人」が「核融合」(太陽熱)や「反重力磁場発電」(UFOの動力源)などの技術を教えてくれるであろうし。

もはや「脱原発」あるのみ。「脱原発依存」なんぞ、許すな。「脱原発」イコール「即時撤去」なんぞというバカはいないよ。今から「停止」しても「冷温停止」「はいろ処理」に10年以上かかるのだから、即刻「脱原発」が当たり前の話。

結局 菅のやろう、広島でも長崎でも何一つ「核廃絶」を喋らなかった。許せん!

私はまだ夢を見ているのだろうか。野田総理の姿をTVで見るたびに不思議な感覚に襲われるのだ。なぜこの人が日本の総理なのか、私には未だ納得できない。私の推測では、この人が代表選で勝ったのはそもそも財務省が仕掛け、「反小沢イデオロギ」と「勝馬乗り」の相乗効果が作用した結果である。すなわち国民の希望などとは全く無縁なところで決まったのだ。だからTVで、いかにも総理らしくふるまう野田総理の姿を目にするたびに強烈な違和感を感じるのであろう。
 彼は国民に何一つメッセージらしいものを発していない。増税するのかと聞かれれば「徹底して無駄を省いてから」と答えるが、その無駄の中身は何なのか。私は最低「特別会計」と「天下り」に手をつけなければ無駄を排除したことにはならないと思っているがそんな勇気はないだろう。TPPについて聞かれればかれは彼は「早急に結論を得たい」と答えるが、本当にTPPを勉強していればそんな答えは出ないはずだ。「円高対応」を関係閣僚に指示したらしいが、財務相の自分ができなかったことをだれができるというのか。すべからく言葉に中身がないのだ。
いま野田総理の最重要課題は「復興財源」をどうするかなのではないか。財務省の「PAY AS YOU GO」原則に洗脳された彼は、「震災復興」を人質に「復興税導入」を迫るであろう。したがって菅内閣と変わらず復興は進まない。
 この内閣を「ノーサイド内閣」とか「小沢復権の兆し」とか言って囃す向きがあるが、私は全く悲観的である。
 私は今後この内閣を「注意深く見守る」しかないと思っている。

神保 様

御投稿と直接関係はありませんが、前原氏訪米のコメントをいたします。

前原氏は、9月7日から9日まで訪米し、ワシントンで日米同盟のシンポジュウムで講演し、「PKO武器使用基準の緩和」、「武器輸出三原則の見直し」を主張されるようである。

前原氏は、現在のアメリカのおかれている状況をよく理解されているのか疑ってしまう。ブッシュ時代から続くテロとの戦いを口実にした戦争経済により、1,000兆円に及ぶ巨大な戦費を浪費し、新自由主義経済が破綻し、米国民に厭戦気分がわき起こっているのです。このような時に、テロとの戦争を正当化し、かつまた、わけのわからない何をしでかすかわからない日本に武器輸出など正当化させたならば、米国のためになるなどと納得するわけがないのではないか。
米国のおかれた状況も分からずに、持論である自衛隊の軍隊化を推進しようとする愚かさにはあきれてしまう。どんなことでも、時と場所を得なければ実現できないことがよくわかっておられず、やみくもに主張されているようだ。

使用基準の緩和は、わからないことはないが、武器輸出の見直しはどういうことであろうか。テロとの戦いは、慎重の上にも慎重でなければならないが、日本のような無節操な国は、いつ、どのような形で北朝鮮に輸出するかわからない。原発で明らかなように、安全に目配りせず、原発の平和利用を旗印に危険な状態で原発を稼働させていた日本の体質にもっと目を向けるべきです。

野田内閣に期待していたが、前原氏の独断専行的方法を見ていると何をしでかすかわからない不気味さを感じます。この人から感じることは、自己の理想を実現するためには、日本よりアメリカを選択してしまう恐ろしさです。

空洞化はしばらく続くだろう。それは仕方がない事だ。国民が民主党政権を誕生させたが、「名ばかり挙党一致・嘘のノーサイド」を国民の世論と勘違いして推し進めた管政権の総括がなされていないから・・・。

今の政府・党の執行部の中にも「政治と金」で小沢さんより先に党員資格停止を受けるべき人間が多いが、その本人たちが「小沢氏の捏造事件」を知らない振りをして攻撃してきた。こういう問題を反省してもらわないと前に進まない。

それと野田政権の閣僚を見るといかにも民主党には人材がいないのかと改めて「感心」してします。


安住・玄葉・蓮呆などの起用はその際たるものだ。


反対に自民党をみればこれまたお粗末だ。小物の政治家と自民党を象徴するような賞味期限が切れた古狸が混在する。

やはり小泉氏が「自民党をぶっつぶす」と言ったとおりになった。日本を駄目にした菅さんとならぶ迷総理・悪総理と後世の歴史家は書くでしょう。


小泉に追い出された平沼氏や亀井氏を三顧の礼で迎えて立て直せば今からでも遅くはないかも・・・(無理かな?)


これまで麻生政権の前後に平沼氏を迎えるチャンスがあったのに生かす事が出来なかったのも空洞化の一因だと思える。

歳が若ければ良いというものでなく、今の議員の中では小沢氏・亀井氏・平沼氏が真の政治家ではないだろうか?

「武機輸出禁止」は表だけの話。むしろ自衛隊の安全確保のための武器使用を認めよ。 

というか、国内テロにおける警察の銃器の使用、自衛隊の制圧出動と武器使用
そもそも国内においても基本的なこともできていないくせに、なにがいきなりPKOなのだ。原発をテロの脅威から守る策が優先だろ。

日本は核爆弾は保有していないが、その材料は腐るほど保有している。それを売却すれば「復興財源」になるとしたら、あなたは許容しますか?

現在のイージス艦やらミサイル防衛において日本の電子部品無しで製造開発ができると思いますか。ときの首相があれだけの金額を北朝鮮にプレゼントしながら、パチンコだけでも、やくざよりもはるかに大きなしのぎ金が北に渡っているのに、「武器」は渡っていないと思いますか。肝心な高性能爆薬発火装置が北に渡っていないから、あのミサイルは、多段切り離しが今でもできないのです。金を出すから「武器」を売ってください、と某所から頼まれているのでしょう。

原発稼動問題も似たような話で、ほっておくとろくなことにはなりません。民主党がどうなろうと、やはり「対抗馬」のある二大政党を目指すべきでしょう。もはや自民党とはいいませんが、「二大政党制」には、「自民党的なもの」は必要です。

 辞表を提出した鉢呂吉雄前経済産業相の「死の町」に対して、政治かもマスコミも恰も「国賊扱い」・「被災地の人の気持ちを逆なでする」などと攻撃し、誰一人と深く考えた発言をしない。この様な感情論こそが今の日本を悪い方向に向かわせるのではないでしょうか?確かに、記者に対して「放射能をうつしてやる」という発言はもっての他ですが・・・。


チェリノブイリよりも放射能汚染がひどいと言われている現状をもっと政治かもマスコミも現実として受け止め、少し除染をすれば直ぐ帰れるような変な希望を持たせないほうが、長い目で見たら良いのではないだろうか?


もちろん、国は福島県民の為に、あるいは県外であっても放射線汚染をした方達には一日も早く代替地を用意したり、生活保障・就職の世話などをして頂きたい。


全てのマスコミは何も考えないでただ鉢呂吉雄前経済産業相の「死の町」発言は当然辞任と報道する。

おまけに例の毒饅頭男と思われる平井氏は「後任には枝野氏の様な大物が良い」とさらっと言う。今回の原発被害の多くがこの狡賢い枝野官房長官の「今のところは安全です」によって恐らく大きくなったとやがて裁判で菅さんと共に被告席にならぶでしょう。


野党はともかく攻撃しか能がないから仕方が無いが、せめてマスコミだけは感情を煽るような事は止めて頂きたい。

戦前の事をもう一度思い起こして欲しい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.