Calendar

2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« スマートグリッドがもたらす「引き受けるエネルギー社会」
メイン
これで検察は生まれ変われるか »

出版記念特別番組
これからのエネルギーとこれからの社会に向けて

マル激トーク・オン・ディマンド
マル激トーク・オン・ディマンド
第534回(2011年07月09日)
出版記念特別番組
これからのエネルギーとこれからの社会に向けて

ゲスト:飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)、保坂展人氏(世田谷区長)

プレビュー

 エネルギーと社会のあり方は表裏一体の関係にある。こう語る、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也氏は原発震災以来、再生可能エネルギー分野の第一人者として俄然注目を集め、超多忙な日々を送っている。原発事故というあまり喜ばしい理由ではなかったが、過去10余年にわたり一貫して再生可能エネルギーの推進に貢献してきた飯田氏の努力が、ようやく実りつつあるようだ。

 その飯田氏が、このほどマル激キャスターで社会学者の宮台真司と共著を出した。その名も『原発社会からの離脱 自然エネルギーと共同体自治に向けて』。

 そこで今週のマル激は東京・新宿のライブハウス「ロフトプラスワン」で開催された飯田氏と宮台氏による出版記念のライブトークをマル激スペシャルとしてお送りする。司会はもう一人のマル激キャスター神保哲生が務めた。

 今や押しも押されもせぬ自然エネルギーの第一人者の飯田氏も、かつては自身が命名した「原子力ムラ」の一員だった。その時の経験について飯田氏は、原子力そのものが空洞であることに気づかせてくれたことが、最大の収穫だったと話す。

 その後スウェーデン留学を経て、自然エネルギーへの道を歩むが、飯田氏が見た1990年代初頭のヨーロッパは冷戦の終結からEUの統合へと激しく時代が動く中、電力市場の自由化や炭素税の導入など、矢継ぎ早に自然エネルギーへの舵を切る国が相次いだ時期でもあった。ドイツは自然エネルギー固定価格買取制度の元になる電力供給法を1991年に施行し、スウェーデンのベクショーでは1996年に脱化石燃料宣言が行われる中で、飯田氏はエネルギー政策の転換によって社会が変わる様を目の当たりにしたという。

 エネルギーと社会は密接に関係する。エネルギーの自治を進めることで社会の自治が進むと飯田氏は言う。また、エネルギーの自治は経済の自治にもつながる。秋田県の名産品「あきたこまち」の売り上げが年間約1000億円で、同県の全世帯の光熱費も毎年約1000億円だが、光熱費はすべて東北電力のある仙台へと出て行ってしまう。しかし、もし秋田県内で地域の発電事業が始まり、各家庭でも発電が行われるようになることで、エネルギーの自治が進めば、その1000億は県内で消費され、県の経済を潤すことになる。エネルギーの依存が経済的な依存をも意味する所以がそこにある。

 そうこうしている間に、日本の「失われた10年」は「20年」になり、日本の周回遅れは2周目に入った。もしかすると、この震災は日本がこれまでの依存型の社会から脱却し、新しい自治の社会へと踏み出す最後のチャンスになるかもしれないと飯田氏は言う。

 ライブトークの終盤には、先の世田谷区長選で脱原発を訴えて当選し、初めての脱原発首長となった保坂展人氏が飛び入り参加し、脱原発自治体の可能性について語った。

今週のニュース・コメンタリー
・福島報告
 郡山市の小中学生14人が安全な環境を求める仮処分申請
・現行基準のまま原発を再稼働していいのか
・この震災を機に原発から地熱発電へ
 レスター・ブラウンが語る原発事故とその後にくるもの

関連番組

特別番組
福島第一原発事故

マル激トーク・オン・ディマンド 第517回(2010年03月12日)
祝島の激突にみる電力会社の非合理と民主党の失敗
飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)

マル激トーク・オン・ディマンド 第332回(2007年08月10日)
見えてきた裁判員制度の危うい実態
ゲスト:保坂 展人氏(衆議院議員)

<ゲスト プロフィール>
飯田 哲也(いいだ てつなり)環境エネルギー政策研究所所長
1959年山口県生まれ。83年京都大学工学部原子核工学科卒業。同年神戸製鋼入社。電力中央研究所を経て、96年東京大学大学院先端科学技術センター博士課程単位取得満期退学。2000年NPO法人環境エネルギー政策研究所を設立し、現職。92~06年日本総合研究所主任研究員を兼務。90~92年スウェーデンルンド大学環境エネルギーシステム研究所客員研究員。著書に『北欧のエネルギーデモクラシー』、共著に『原発社会からの離脱 自然エネルギーと共同体自治に向けて』など。

保坂 展人(ほさか のぶと)世田谷区長
1955年宮城県生まれ。都立新宿高校定時制中退。中学在学時の政治活動の自由をめぐり「内申書裁判」の原告として16年間戦う。1976年から1996年まで反管理教育の事務所「青生舎」を運営し、ミニコミ誌「学校解放新聞」を発刊。同年衆院初当選(比例東京・社民党)。2009年8月落選。当選3回。2011年世田谷区長に当選。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8140

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

>その1000億は県内で消費され、

そんなわけはないでしょう。

燃料の購入費などが大半ではないですか。

「1000億円の一部が県内で消費され」に訂正されてはいかがですか。

「この震災は日本がこれまでの依存型の社会から脱却し、新しい自治の社会へと踏み出す最後のチャンス」
とおっしゃる程単純なスキームではないのではないでしょうか?
<依存>というそれなりに意味のある言葉だと思います。個人は他人に依存しており、地域(人間の集団)は他の地域に依存しており、国(地域の集合体)は他の国に依存しており、国の集合体である地球は、、、詰まるところ、やはり個人に依存してくる、と言った循環をこじつけることもできるような気がします。考えてみると、依存、というのは、この地球上に生を受けた人類が、自然との戦い(?)での<弱さ>をカバーするために編みだした武器、ということもできるのではないでしょうか?それがだんだんと変化し、今ではこれだけ地球上に繁殖した人類は、この<依存>無くしては存続できない、というほど<依存>は重要な生活手段になってしまったようです。
ただ、<依存>にも弊害はあります。過度に<依存>する生活というのは、個人にとってはやはり息苦しい面もありますし、<依存>に付随する搾取のような利権構造を生む、ということもあります。また過度の<依存>は、危機管理上も問題が大いにあると思います。
そういう意味で、今の世の中の<依存関係>を見直すことには大いに賛成いたします。ただ最初にも申し上げました通り、上手く見直すのは、そう簡単ではないでしょう。どうすべきか私は今のところ答えを持っておりません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.