Calendar

2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 信用金庫が脱原発宣言をすることの意味
メイン
広島・長崎の教訓を今われわれは活かせているか »

5金スペシャル
ブータンと水俣とある物探し社会への挑戦

マル激トーク・オン・ディマンド
マル激トーク・オン・ディマンド
第537回(2011年07月30日)
5金スペシャル
ブータンと水俣とある物探し社会への挑戦

ゲスト:草郷孝好氏(関西大学社会学部教授)

無料放送中

 日本人の生活への満足度を調べた2005年の内閣府の調査によると、今の生活に「満足している」と答えた人の割合は4パーセントにも満たなかったそうだが、その一方で、国民の97%が「幸せ」と答える国がある。「幸せの国」として世界的に注目を集めているブータンだ。
 ブータンはヒマラヤ山脈の麓に位置し、日本の九州ほどの広さの国土(4万平方キロメートル)に東京の練馬区ぐらい(70万人)の人たちが住んでいる。主要な産業は農業でチベット仏教を国教とし、役所での執務や通学時には「ゴ」や「キラ」という伝統衣装を着用しなければならない。一方で険しい国土を生かした水力発電で電力を隣国インドに輸出し、経済成長率6.8パーセント(ブータン政府資料2009年)など高度経済成長国という側面もある。

 ブータンは1976年、第5回非同盟諸国会議で第4代ワンチュク国王が「GNH(Gross National Happiness)の方がGDP(Gross National Product)よりも大切である」と発言して以来、GNHを国是とする国として知られるようになった。2008年に制定された憲法の9条には「ブータン政府の役割は国民が幸福(GNH)を追求できるような環境整備に努めることにある」と記されている。

 GNHが有名なブータンではあるが、決して経済発展を否定しているわけではないと、ブータンを研究している関西大学社会学部の草郷孝好教授は指摘する。経済発展は必要だが、それは国にとっても個人にとっても目的ではない。あくまで生き方の充足が目的であることを明確にした上で、経済発展をその目的に資する形で活かしていくのがブータン流だという。

 実際、草郷氏とブータンGNH研究所などの調査では、ブータン人が考える幸せに必要なものの上位には「お金」「健康」「家族」などが並び、それ自体は日本や他の先進国と変わらない。

 ではなぜ、ブータンの人々は自分たちが幸福だと思えるのか。その中には、伝統や環境、国王に対する愛着などいろいろな要素があるが、最終的にそれは家族や地域とのつながりではないかと草郷氏は語る。同じ調査で、家族関係について、9割以上が「満足している」と答えた。

 ところが、ブータンに負けないような地域の価値を作り出すことに成功している地域が日本にも存在する。経済発展の負の遺産である公害の代名詞となった、あの水俣病の熊本県水俣市だ。1956年から公式に水俣病が確認されてから、半世紀が過ぎ、現在水俣は知る人ぞ知る、日本初の環境モデル都市として生まれ変わっている。公害都市から環境都市へ、行政と市民が二人三脚になってマイナスをプラスに変えてきた1990年以降の水俣市の歴史は、ブータンの共通するものがあるばかりか、今回の被災地復興の手がかりになるのではないかと草郷氏は話す。

 水俣の歴史は福島と重なる。水俣病発生当時、水俣の人々は就職、税収など社会生活の全般で、チッソに依存していた。そのため水俣では水俣病に苦しむ人々とチッソに依存する住民との間で対立が生じ、地域コミュニティは分断されたという。しかし、その後1990年代に住民、行政側それぞれからコミュニティ再生の動きが出始め、1994年当時の水俣市長吉井正澄氏が「もやい直し」を提唱し、それぞれの立場の違いを乗り越え、水俣再生へ取り組んでいくことになった。

 水俣再生の秘訣は、市民が何をしたいのかを行政がつかみ、それをサポートする、「行政参加」だったと草郷氏は言う。従来の「市民参加」は行政がグランドデザインを描き、そこに市民が協力する形だったが、水俣はあくまで住民側の主体性にこだわった。その結果、住民主体のゴミ減量運動や20種類以上のゴミ分別などが行われ、2008年には日本初の環境モデル都市に選ばれた。

 ブータンと水俣に共通している点として、草郷氏は「無い物ねだり」ではなく、「ある物探し」をしたことではないかと言う。

 震災を奇貨として、被災地、そして日本を再び幸せな国に変えていくために、今われわれに何ができるかを、ブータンと水俣の事例をもとに、草郷氏と考えた。

今週のニュース・コメンタリー

・福島報告
 広がる福島市民独自の取り組み
 除染マニュアルと放射線測定所が開設

・映画特集
 言葉にできないことをどう表現するか
 東京原発とサウダーヂ

関連番組

マル激トーク・オン・ディマンド 第472回(2010年04月30日)
5金スペシャル 映画特集
豊かな国日本がかくも不幸せなのはなぜか

ゲスト:寺脇研氏(映画評論家、京都造形芸術大学教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第351回(2007年12月22日)
誰のための教育改革なのか?
ゲスト:藤田英典氏(国際基督教大学教授)

マル激トーク・オン・ディマンド 第315(2007年04月06日)
アメリカ型格差社会で日本は幸せになれるか
ゲスト:小林由美氏(経営戦略コンサルタント・アナリスト)

特別番組
福島第一原発事故

特別番組 (2011年03月16日)
東日本大震災

<ゲスト プロフィール>
草郷孝好(くさごうたかよし)関西大学社会学部教授
1962年愛知県生まれ。1986年東京大学経済学部卒、1992年スタンフォード大学大学院開発経済学修士課程修了、1996年ウィスコンシン大学マディソン校大学院開発経済学博士課程修了。東亜燃料工業、海外コンサルティング企業協会、世界銀行を経て、1998年明治学院大学助教授。北海道大学助教授、大阪大学准教授などを経て、2009年から現職。2001年から2003年まで国連開発計画(UNDP)上級政策アドバイザーを兼務。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8176

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。

一、コメント欄は匿名掲示板ではありません。投稿は本名(もしくは固定のペンネーム)でお願いします。

一、コメント欄は投書欄ではありません。記事と関係のないコメントや長文(400字以上)のコメントは、内容に関係なく削除する場合があります。

一、コメント欄は噂話を書く場所ではありません。ネット上とはいえ、公的な場である以上、事実関係に誤りがあるコメントは公開できません。情報元のソースはできるだけ開示してください。

一、コメント欄はフラストレーションの発散場所ではありません。感情的な非難や誹謗中傷は受け付けません。なお、最低限のマナーが守られている投稿であれば、記事に批判的なコメントでも削除することはありません。


そのほか、詳細は下記リンクにも掲載していますので、投稿前にご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

国家、地域、家族、自己の関係をどのように捉えているか、極論すれば、子供のころからどのような教育的体験を受けてきたかが、すべてではないのでしょうか。一番大きいのは、絶対評価に重きを置き、相対評価が軽んじられてきたことです。絶対評価すべきものと相対評価すべきものを分けて考えなければならないのに、絶対評価に重点志向した弊害を無視できない。

その教育的弊害は、権利、義務の関係が、権利=義務のあり方でなく、権利>義務となっており、差別的現象を理解した社会的貢献、他人に対する思いやりなどが欠け、殺伐とした社会風土、人間関係が覆い尽くし、心より物に重点を置いた価値観が支配的になっていることです。

災害復興に対して、政府の対策が遅いとか小さいとか声高に批判する人が多い。この人たちは、今回の災害対策の基本が同じ災害があっても、将来に対する想像性を豊かにして、少なくとも人的被害を低くしようとしていること知っているのか、疑ってしまいます。

「減災」の概念があるから、住民の理解がなくては進められないから遅れていることを理解しなけれならないのに、批判ばかりして行政府の苦労を理解しようとしていない。

また、今までは、予算の総額を決めると、各省の分捕り合戦があり、結局、利権と癒着した過去の各省比率が維持されることになり、なんでこんなところに予算がつくのかと不思議な無駄遣い現象がたくさんおきていました。

今回このような無駄な予算配分が出てくるのは避けられないでしょうが、時間がたてば、重点配分しなければならないところと、必要のないところが明確化し、今までのようなあからさまなできの悪い予算にならないのではないかと期待しています。

復興債の出し方が遅いと言う人は、どさくさにまぎれ、災害を悪用し巨額な予算を分捕ろうとする利権者だと断定していいのではないか。私たちは、すべて政府に予算関係で、内容でなく抽象的にいちゃもんをつける人は、災害復興に目的があるのではなく、異常な利権目的につながっているのではないかと、注意深く監視する必要性がありそうだ。

災害復興について、各県が独自に住民の声をくみ上げて、復興予算にまとめるのではなく、宮城県知事のように、県民不在の「特区構想」を具現化しようとしているのは、被害者の心を心としていない典型的な例といえるのではないか。住民の意見を尊重して進めるべきでしょう

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.