Calendar

2010年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Comments

« 税制改革で国のカタチをどう変えるか
メイン
幹事長、民主党政権大丈夫ですか »

物への執着を捨てる「断捨離」という教え

やましたひでこ氏(クラター・コンサルタント)
マル激トーク・オン・ディマンド
第505回(2010年12月18日)
物への執着を捨てる「断捨離」という教え
ゲスト:やましたひでこ氏(クラター・コンサルタント)

プレビュー

 ダンシャリアンが巷に溢れているそうだ。
 欲望を断ち、精神的な執着を手放すためのヨガの哲学「断行・捨行・離行(だんぎょう・しゃぎょう・りぎょう)」の頭文字を取った言葉に、断捨離というものがある。ダンシャリアンとは、不要な物を次々と捨てて、必要最小限の物しか持たず、自ら断捨離を実践する人の通称だという。

 断行・捨行・離行はヨガの世界では古くから使われてきた言葉だが、物も情報も溢れかえるこの時代に、最低限必要な物だけを抱える生き方の教えとして、新たに脚光を浴びているのはなぜか。

 18万部を超えるベストセラーとなった『新・片づけ術 断捨離』の著者でクラター(ガラクタ)・コンサルタントを名乗るやましたひでこ氏は、気がつけば物も情報も何でも抱え込んでしまう現代にあって、今、自分に本当に必要な物だけを取捨選択する力を付けていく必要性を感じ、ヨガの教えを元に新しい片付け術として断捨離を考案したと言う。

 断捨離は基本的には物を捨てることから始まる。まず、今自分に必要な物以外は全て捨てることで(捨)、必要な物と不要な物を見分ける力を養い、不要な物を抱えなくなる(断)。そして、最終的には物への執着を捨て去ることができるようになることで(離)、より自由な人生を勝ち取ることができるというもの。

 ポイントは物の視点から自分の視点に立ち返ることと、それが「今」必要かどうかという時間軸を価値判断に含めることだと、やました氏は話す。いくらその物が使用可能だったり、まだ一定の価値があるとしても、それが今の自分にとって過剰だったり不適だと判断した場合は、潔く手放すのが、やました氏が説く断捨離のルールだ。それができないために、家はガラクタで溢れかえり、息もできないような狭い空間に自らを閉じ込めてしまっている人は、決して少なくないのではないか。

 しかし、現実の世界では「そのうち読まなければと思って買った本」や「使っていないけど壊れていないマグカップ」など、潔く捨てるには決心がつかない物が多い。その時われわれが頭に浮かべるのは、決まって「もったいない」という言葉だ。

 しかし、これに対しやました氏は、そもそも「もったいない」とは物を愛し、愛おしむ気持ちだと説き、たとえば着用していない洋服をまったくケアをせずタンスに押し込んでおくことこそが「もったいない」のではないかと問う。

 低成長時代に入り、豊かさを物に求めることの限界が見えてきた今、物より絆、量より質というように、人々の価値観は変わり始めている。物を所有することへの執着を断つ断捨離が広く人々から注目を集めているのは、時代が一つの変わり目にあることの証なのかもしれない。

 物過剰・情報過多の時代にあって、断捨離の教えは何を意味しているのか。物への執着を捨てることで心の平安を得る教え、断捨離の意義を、やました氏と議論した。

今週のニュース・コメンタリー
・諫早の上告を断念した菅政権の次の課題
・改正青少年健全育成条例が成立
 健全審の健全化が次の課題

関連番組
ニュース・コメンタリー (2010年12月11日)
保坂展人の諫早、青少年条例、八ッ場報告
報告:保坂展人氏(ジャーナリスト)

マル激トーク・オン・ディマンド 第2回(2001年02月23日)
自業自得のメディア規制

マル激トーク・オン・ディマンド 第7回(2001年04月16日)
談合がメディアをダメにする

<ゲスト プロフィール>
やました ひでこクラター・コンサルタント
1954年東京都生まれ。74年早稲田大学文学部卒業。00年からクラター・コンサルタントとして「断捨離セミナー」を全国各地で開催。著書に 『新・片づけ術 断捨離』、監修に『断捨離のすすめ』。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7701

コメント (6)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

当たり前の生き方が、新鮮な生き方として見直される異常な時代にあるような気がいたします。

精神的、物質的諸現象の有無に頓着しない宗教すなわち人生の教示なのでしょう。

精神的な負担をいつも抱えていては、知らぬうちに「鬱病」の暗闇に落ち込んでいくでしょう。また、物質的なものにこだわれば、他との争いは絶えず、失うことに常に恐怖を抱きます。

必要なものさえあればよいという考え方にたてば、考え方も自由であるし、必要以上のものを持たなければ,他と競争することがないから、自由に物が取得できる。

人生に不安がないし、他との争いがない理想の世界が形而上の意識の上で構築できる。あとは、形而下の実践訓練を如何に積み上げるかであろうか。

断、捨,離は、言葉では誰でもわかるが、実践は、誰でも出来るというわけにはいかない。あまりにくだらない政治の世界を見ているとき、このような投稿を拝見すると、正直「ほっと」します。

ヨガはやってないが、プレビューだけ見ると、私もダンシャリアンということになる。だが私の場合は単なる合理的判断だとしか思っていない。
使えるお金が少なくなると、家計簿書いたり事業仕分けしたりと、多くは無駄を省いた合理的な生活行動をとろうとする。そこに「断捨離」という言葉が付いたようにしか思えない。

プレビューだけ見た上でのコメントですが、物への執着依存から脱するというテーマは、いかにも神保氏・宮台氏を含むバブル世代の自己反省的なテーマで結構なのですが(以前の断食のテーマもそうですよね)、物への執着を捨てるなどと呑気なことを考えられない若年貧困層はどうなるのでしょうか?また、肝心の「捨てた」ものはどこへ行くのでしょうか?
これらの問題はどう扱われているかに関心をもって番組を視聴しようと思います。たとえば、私の住むフランスでは、古着や古家具を市民から回収し、貧困層向けに再分配するアソシエーションが多くあり、定着しています(エマウス、カトリック援助団体など)
まだ番組をみていないので、見当違いなコメントだったらすみません。

若年貧困層であっても、今は物は大量に持ってるからね。
100均で何でも新品で安く買えるし、ネットで情報は山のように得られる。ゲームなんて、数千円程度で昔の名作が何百本も買える。
旧世代の価値観である、車やマイホームとかが贅沢品になってるというだけで、物質量・情報量だけなら昔より遥かに多いよ。
貧困ってのは、あくまで持ってる金という見た目の数字だけの話で物質的には持ちすぎてるから若年層であろうが執着は絶った方が生活は楽になる。
何より、持てば持つほど収納スペースが必要になってて、コストが空間+物品の維持コスト>物品の価格になってるのが断捨離の流行ってる理由だと思うし。
日本の貧困は世代間で見ての相対的貧困だしね。

匿名氏へ

「若年貧困層であっても、今は物は大量に持ってる」とのことですが、車やマイホームと100円ショップや中古ゲームと同列に並べて議論すること自体、現代の価値の相対化の進んだ消費社会イデオロギーに洗脳されていませんか?

収納スペースがないことが問題というのなら、マイホームがあれば、そのスペースが生まれ、問題の解決になりますよね。少なくとも100円ショップよりは。

欲を捨てて質素に生きろなどというのは、19世紀から西欧の自由主義に特有な言説です。(もっとさかのぼれば「パンとサーカス」もあります)その方が、国家や貧困階級の要求に縛られない市場経済を回していくのに都合がいいからです。
こういった一見、社会のコンセンサスを得やすい言説は、ライフスタイルを人に押しつけるだけでなく、一定の富裕層の偽善を正統化する効果を歴史的にもってきました。
車やマイホームがぜいたく品と化した今の状態こそが問題だと考えてもよいのではないでしょうか。(但しそれは絶対的な価値でなく、必要条件として)

社会権を要求しない服従的人間を育てるのは、選挙などの形式以外における市民社会不在の日本における特有の支配的言説としてずっと機能してきましたし、今もそうです。

「日本の貧困は世代間で見ての相対的貧困」などと得意顔でいうのは、やめてください。階層間、民族間、地域間、職業間の格差はむしろ拡大しており、何の役にも立たない考え方だと思います。

まだ番組を見ない内から、脱線気味にコメントしてしまい申し訳ございません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

神保哲生(じんぼう・てつお)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。
15歳で渡米。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。
クリスチャン・サイエンス・モニター記者、AP通信記者を経て独立。
ビデオジャーナリストの草分けとして、日米の放送局に映像リポートやドキュメンタリーを多数提供。
2000年1月、世界初のニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を立ち上げ代表に就任。
2001年4月より『ビデオニュース・ドットコム』で宮台真司氏と人気ニュース番組「マル激トーク・オン・ディマンド」のキャスターを務め、現在にいたる。
2005年4月より立命館大学産業社会学部教授を兼務。
2008年4月より、早稲田大学ジャーナリズム大学 院非常勤講師を兼務。
専門は地球環境問題、開発経済、メディア倫理、日米政治関係。

BookMarks

ビデオニュース・ドットコム(有料会員登録制)
http://www.videonews.com/

ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ
http://www.jimbo.tv/

マル激!メールマガジン
↓ ↓ ↓


-----<著書>-----

新刊!
↓ ↓ ↓

『格差社会という不幸』
2009年12月、春秋社、共著


『民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?』
2009年7月、ダイヤモンド社


『オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門』
2008年12月、大月書店、翻訳・解説


『教育をめぐる虚構と真実』
2008年10月、春秋社、共著


『ツバル―地球温暖化に沈む国』
2007年7月、春秋社、増補版


『ビデオジャーナリズム―カメラを持って世界に飛び出そう』
2006年7月、明石書店


『中国―隣りの大国とのつきあいかた』
2007年6月、春秋社、共著


『アメリカン・ディストピア―21世紀の戦争とジャーナリズム』
2003年9月、春秋社、共著


『天皇と日本のナショナリズム』
2006年11月、春秋社、共著


『ネット社会の未来像』
2006年1月、春秋社、共著

『粉飾戦争―ブッシュ政権と幻の大量破壊兵器』
2004年3月、インフォバーン、監訳

『プロパガンダ株式会社―アメリカ文化の広告代理店』
2004年8月、明石書店、解説

『漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序』
2002年10月、春秋社、共著

『地雷リポート』
1997年11月、築地書館

『ビデオジャーナリストの挑戦』
1995年11月、ほんの木

『重要政策全比較―シリウス・日本新党・平成維新の会』
1993年7月、ほんの木

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.